23日の当地は 晴れ 時々 くもり
風はあったけれど 何か 春の息吹を感じるよう
レモンに包んだ あんまんみたい

歯医者へ
スプリングエファメラルに 施肥
スコップを使う
サツキ親株用の畝を クボタで耕す

1_20180223214834785.jpg
25.2.23 出荷の用意か
クリスマスローズ 梅 ビオラが見える
この頃か ビオラの余りを 30円程度で出荷した 記憶がある
今はビオラも クリローもやっていない

2_20180223214836a10.jpg
27.2.23 節分草
今年も 開花が始まったけれど 1週間程度の遅れか

自家用の柿 切り花用 ツクバネ用の畝を 
人間バックホーで 作った
今日からは
アジサイ用の 畝作りを始めた

何せ 他の仕事の合間にしかできないし
人力なので 時間がかかる
費用対効果を 考えると 人にも頼めないし
 
それよりも スコップで 土をほじくることが できる
これが 少しずつでもできる 体力がある
幸せです
スポンサーサイト

ウフフ

22日の県南は くもり
冷たく ややゆったりの風が吹く 寒かった
風が 震えている

県南のセリ市へ お世話になっている人の家に 園芸店に寄る
今日のセリは 盆栽ばかりで 2度声出ししたのみ

1_20180222203858f23.jpg
30.2.18 出荷が 本番近くに
福寿草 節分草 姫梅花オウレン

木製ウッドステアリング
昭和40年代 若者向け車の コマーシャル

オーツムギ 本や カタログで 時々目にする
みちくさでは ワイルドオーツ として販売

団体サッカー 団体バスケットボール
団体パシュート ん パシュートそのものが 団体でしょう
特にかまわないけれど
ウフフ と言う程度の話

いや 日本勢お見事 
努力が実った

彼女は

22日の当地は 快晴
朝は 手袋が欲しい その後は軽装でオーケーそう
今日も ホットキャラメルに ウインナーコーヒーに チンしたカレーパン

キクの植え替え また出て来た 終わっていたはずなのに
セツブンソウの播種
鉢などの整理

1_201504221957017e8.jpg
27.4.22 セツブンソウの種子
ちょっと昨年より早く 弾けだした
今日も 3回程度見て回り 採種
以前は 落ちた種子を ピンセットで拾っていたが 今はいっぱいある
だから 少々落ちても 気にしない
セツブンソウの 自生地になっている
もうすぐ 出雲コバイモが弾け アネモネ・ブランダが続く

2_20150422195703a2a.jpg
27.4.22 カイノキ
もこもこベビーは 花が咲いている
毎年 いっぱい花が咲くけれど 七重八重花は咲けどもヤ○○○の・・・ 全然実が着かない
彼氏は 遠くてもいいけれど この樹が彼氏なんだろうな 残念

ちょいと休憩すると 次に何をするか 考えてしまう
暇 用無し いやいや
することが多すぎて 何からやるか 迷ってしまう
相対性理論か 宇宙自然説か と言うほど早く 夜になる

こりゃあもう

11日の当地は 雪が舞うくもり 午後からは ゆっくりと日差しが出て来る
けれど 風は冷たい
春への鍵は まだかかっている
アンパンマンと バイキンマンが 戯れる

散髪 ~ 用土を買いに
草取り かたづけ
転作の申請など 米も豆も 一粒も作らない まっ 何か植える

1_20150311213419967.jpg
27.3.11 エランシス・シシリカ
標準和名 黄花節分草として 販売されている
透き通った マンゴーをちょっと垂らした レモンイエロー
とても この時期に鮮やか

さて 11号鉢のこのラベルに 何が書いてあるか
播種 19.5.3 236粒まき と
ずっと据え置きし 海王星まで行って帰った頃 咲いた 3球も

こりゃあもう ダメ
よくも 我慢強く ここまで置いたもんだ
今年からは 開花球を買うことにしよう

ヒナマツリソウ

1日の当地は 雨 3時頃にあがる
冷たい雨だった

1_20150301195247a7f.jpg
27.3.1 午後の雲
今まで 気がつかなかったけれど こんな雲もあるんだなぁ
画像では分からないが 高層の雲は とてもゆっくりと 北東に流れる
低い雲は 早く南西に流れる
寒さの中 しばらく 見とれていた

寒いし 雨は降るし 何もせず

2_201503011952502b5.jpg
27.2.28 ヒナマツリソウ
大陸に自生する と言う セツブンソウの仲間
ちょっと見には 日本のセツブンソウと同じ
しかし ちょっと大ぶりで シンプルな花色 いや萼色

3_201503011952517bd.jpg
27.2.28 ヒナマツリソウ
増殖させるべく 高かったけれど 親球購入
しかし どうも実らないような・・・
けど 生えてきた 気がつかないうちに 落下していたのか
30㎝プラ鉢に セツブンソウの エライオゾームをくわえた 蟻はあがって来られないだろう
ガストン・レビュファなら パイプをふかしながら ロッククライミングをしても
蟻には 無理だろう
親には 似ても似つかないけれど セツブンソウの1年目は こんな葉姿

フレデリック・フォーサイス「イコン」を 読みかける
記憶にあるような 場面が出て来た
もしかしたら 読んでいるのかも
だけど その前も 後も まったく記憶無し だったら読めばいい
2冊で100円
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR