今日は横着

10日の当地は 快晴
朝夕は 雪男と 雪女が来る
昼間は まろにーちゃんと 赤頭巾ちゃんと 焼き芋ちゃんが 来る

ロックガーデンの 紅花アセビが 元気なし 花穂を 寒さに震えながら全摘した 元気になれ
植え替えをひたすら 桜タデ 鈴蘭 カイノキ ダンコウバイ トウテイラン チャボシラン

1_20180310220324bc9.jpg
30.3.10 ジャンボニンニク
えらく 生育が悪い
すごい量を作っている人に聞くと 今は こんなもんだ 正常に生育している と
食べるより 切り花にならないかとの 試験栽培

2_2018031022032599d.jpg
30.3.10 ヒアシンス
切り花にする
ヒアシンスは 切り花などとして 売ってはいない
だから 昨年も すぐ売れた
1本のみ ツボミが上がっている

3_20180310220327ffd.jpg
30.3.10 届けウルトラマン

コレは 桜
ヤマザクラ系と想像するが
実は とても 由緒ある個体
そこで採穂し 接ぎ木した 有名個体
どこか忘れたし 覚えていても 忘れたことにする
けれど 盗品などではない
れっきとした 許諾品です

けれど 切ろうか と
畑の陰になるし
キレイさからは ちょっと離れているので
スポンサーサイト

赤とんぼ

1日の当地は くもり
寒くはないのだが 終日 台風並みの風が来る
綿菓子も 飛んでしまいそう

散髪 ~ 買い物
シカ柵設置
植え替えは 丸葉の木 コムラサキ ハナイカダ ツルウメモドキ 姫ライラック 白花穂咲マンサク
危険分散のため 1鉢のみの物もある

2_201803011816144e2.jpg
30.3.1 シカ柵
知り合いから 渋皮が簡単にむける 岡山1・3号のクリ苗をいただいた
クリの葉は 甘いらしく 必ずシカが来ると言う
首が届かなくなるまでは 柵が必要とのこと

3_2018030118161580a.jpg
30.3.1 黄砂か 粉砂糖か 妖精が飛ぶような空間

4_20180301181616134.jpg
30.3.1 風が

植え替えの途中 休憩する
ぼんやりしていたら
「赤とんぼ」が流れる

名曲アルバムの中で
テノールが 流れる
「あかとんぼ」を こんなにしみじみと 聞いたのは
初めて

曲の解釈ができるほど ではないが
何か 
熱くなった

展示会と即売

12日の当地は 快晴そして寒い
風の当たらない車中は ムンムンするほど暑い
風が冷たい

今日は 勝山山野草会の展示に伴う 即売会に品物を搬入
妻は 勝央ファーマーズマーケットの展示に伴う 即売会に搬入
たくさん売れると 信じています

その様子を
1_20120512214321.jpg
24.5.12 岩ユキノシタ
このくらいに作れば 見栄えがする
やや大きめの容器等で 肥料多めだったのか 豪華に見える

2_20120512214320.jpg
24.5.12 姫ライラック
この鉢で このサイズは水管理が大変だろう よくやってある
以上2枚は 勝山山野草会で

午後 鳥取へ行く
以下2枚は いなば草友会で
3_20120512214319.jpg
24.5.12 斑ホウチャクソウ 右はフタバアオイ

4_20120512214318.jpg
24.5.12 黄金車
30センチ以上の鉢での栽培 とても目立っていた

この会は 斑植物と 野生ランが主体
平成の初め頃 鳥取に住んでいた時 僕も所属していた
その頃は 鳥取野生ラン会 と言い 野生ランが主役だった

以下は 鳥取山野草会で
5_20120512214317.jpg
24.5.12 ヘンリーツタ  アメリカツタと呼ぶ場合あり
サシキ3年目とのこと 秋の紅葉がすばらしい

6_20120512214315.jpg
24.5.12 僕が1番気になった草玉 種木はズイナ

どこも すばらしい展示だった
見習うべきことが いっぱいある

先般 コメントをいだいた方が お見えになる
とても 植物に詳しく 好きで 熱心な方です

縁起植物

7日の勝田郡は 曇り時々ほんの少し日差しがある
なかなか過ごしやすい日だった
けど 最低気温は-5°

24.1.3 寒アオイ
24.1.3 寒アオイ
真冬に緑を保っている植物は 縁起物と言われるものが多い
寒アオイは マイナーな植物で そんなに需要は多くない
けど 家内がけっこう好きです

24.1.3 斑アオキ
24.1.3 斑アオキ
これの大きいのは 見栄えが高い

24.1.3 斑センリョウ
24.1.3 斑マンリョウ
画像が見にくいけど なかなかきれい

24.1.3 斑フッキソウ
24.1.3 斑フッキソウ

今日 ある植物について県内の業者に価格照会をした
折り返し電話するとの返事だったが なかった

昨年 T県の業者に価格照会のfaxを送ったが 返事は来なかった

小さな花屋を 相手にしても仕方がないと思っているのだろう
今に見ていろ 仕返しをしてやる

卑怯な手段は使わない 
自分で効率的に増殖して 自給自足する と言う意味だけど

僕は お客様には公平に接する
買っていただけるからこそ 自分のメシのタネになる
こんなことがあるたびに その気持ちが強くなっていく
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

30年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

○備中草木展
7/7~7/8
旧 田治部小学校

パティスリーコア
総社市中央1丁目
甥夫婦の洋菓子店

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR