シャクナゲ

30日の当地は 晴れ
暑い 春を横目に 初夏の感じ
レモン色した 氷を食べたいくらい

植え替えを 今日もする
ホトトギス ナベワリ シモバシラ 大文字草 天南星類 桜草 ユキザサ

2_2017033020591243f.jpg
29.3.30 吉野ツツジ が咲き出した

3_20170330205913242.jpg
27.4.1 吉野ツツジ
初めは 奈良県で発見とか 育種されたものだと 思っていた
さにあらず
洋種シャクナゲ×日本のツツジ らしい
この時期 派手な花色で どこからでも見つけられる

この春 5本程度 販売できるか
実は 取り木の発根も 今ひとつだし
それに サシキが 極めて困難

今年は ちょっと違った方法を 試して見るつもり
画像は 大鉢だが 9㎝ポットで 作りたい
スポンサーサイト

ひのき

29日の当地は やわらかいくもり
寒いことはない 柔らかい雲が おっとりとしている
柔らかな 柔らかな 綿花のよう

植え替えをする ホトトギス ホタルブクロ 
穂咲小桜のラベルがあったもの 洋種のプリムラか どんな花が咲いていたか 脳みそバーン
西洋カマツカの 種まき用意
カイノキが 余っていたので 蒔いて見た

1_20170329202724b0c.jpg
29.3.29 アネモネ・フルゲンス
が咲き出した
小鉢で作りにくいのが 残念
僕の言う 小鉢とは 9㎝ポットのこと
後ろの枯れ葉は 鉢毎乾燥保存している ユーコミス ぼちぼち定植か

3_20170329202727146.jpg
29.3.29 アネモネ・ブランダ
の 終わりかけた鉢
どうも ここ2年ほど 発芽が悪い
ちょいと やり方を 変えて見るか

2_2017032920272625d.jpg
29.3.29 ウグイスカグラ

今日の新聞に
岡山県産の ひのき のことが出ていた
植物学的には ヒノキと 書くべきなのだろうが
ヒノキでも 桧でもなく ひのき と書いてあった

県北 真庭地方は ヒノキの集散地としては 西日本有数とは 知っていた
しかし 岡山県のその生産量は 高知 熊本 愛媛を押さえ 4年連続日本一だそうな
これは 知らなかった

確かに 走っていると ヒノキ林は 多い
だから  好みの山野草の環境には ちょい悪い
いえいえ 盗採はしていませんが

見上げれば

27日の当地は 昨夜からずっと雨
そんなに冷たくはない
風もないし この時期の雨にしては 珍しい
オールトの雲が わき上がる

ほぼ1日中 パソコンと遊ぶ
と言っても 作場には ネットが来ていない
いろいろな資料の整理をする

1_20161127164923b27.jpg
24.11.27 4年前の今日

2_20161127164925792.jpg
24.11.27 カクレミノ 岡山市で

当地でも 見上げれば 
空が見えないほど カクレミノがなっている木が 1本ある
けれど むいてもむいても タマネギ状態
シイナばかりで 発芽してこない

岡山の先輩に 聞いたところ
なっている木を 知っている
で もらいに行った やっぱりちょっと 暖地でなければ
そうしたら よく発芽した

9㎝ポットに 5本以上で 見栄え良
今年は 先般セリ市の帰り 少し入手した

切るか残すか

15日の当地は くもり わずか 日がさす
終日 風小僧が来る 寒い
鼻をすすりながら 冷麺を食べる感じ

ちょい用事で出る
除草と古土処理

1_20160115175433c99.jpg
23.6.4 四国紅花山シャクヤク
花は咲いていないし 梅雨時の花を

2_201601151754345ec.jpg
25.6.16 カキツバタ かな
那岐山麓山の家

当然ながら 落葉し 枝がよく見える
この時期 剪定する物が 多い
生育期に備え ぼちぼち始める必要がある

けれど 切ってかまわないものと
そうでないものがある
アジサイやサツキは 花芽を持っているので
切られない
花芽を持っているものでも
枝調節のため 切るものもあるけれど

切るのは サルスベリ ホオノキ カキ エゴノキ・・・

盆栽展

11日の県南は 晴れ 当地も そうだったよう
春の風ではないものの 寒さはそんなに感じない
本物の 鯛焼きの気分

岡山盆栽銘品展に 相方と行く
主催者は 全員お世話になっている人ばかり

3_2016011117380977c.jpg
28.1.11 カエデかモミジか
かなりのもの

2_20160111173808c20.jpg
28.1.11 添え物のヤブコウジ
かなりのできばえで みちくさにも 近いものがある

1_201601111738061bd.jpg
28.1.11 ほんものの 
鯛焼きにも 天然と養殖があるらしい
鯛焼きは どちらかと言えば 白あんが好み

毎年 この時期に開催される 展示会に行く
ここは 西日本でも特筆もので
素晴らしい物が 展示してある
そうは 言っても この爺さんは
盆栽のことは 素人で ああ 立派と思う程度

だから 写したのも 本体より 添え物が多い
けれど この添え物が また立派
小鉢だけれど 年数を食っている
見れば 分かる それも素晴らしい

天然鯛焼き 美味し 養殖のも食べて見たい
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

4/22~4/23
○北房山野草展
北房文化センター

5/6~5/7
○勝北山野草押し花展
勝北公民館 文化センター隣

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR