野生シクラメン

5日の当地は 晴れ
熱風爆水蒸気が 相変わらず来る
頼んでもいないのに 茶碗蒸しを盆に乗せて

用土処理や2回目の水やりをたり

1_20170805220020b90.jpg
23.10.1 野生シクラメン・グレークム

2_201708052200213ae.jpg
23.10.1 野生シクラメン・プルプラスセンス
旧名 オイロパエウム

野生シクラメンの中でも
これだけは 不定期咲きと 言われている
現に 姿は良くないが
今も 1球咲いている
この暑さの中
明日 現物を 撮しておこう

思えば この野生シクラメン
みちくさの 主流にするはずだった
ちょっと 手を抜いた しっぺ返しが
今も 続いている
スポンサーサイト

金魚

25日の当地は 晴れ
好天ではなかったけれど やっぱり春
木綿のオレンジ達

ノギクの植え替え 泡黄金菊 那賀川野菊 野紺菊 千本菊 中国女王山菊 
シュンラン植え替え

1_20170325201336d1b.jpg
29.3.25 金魚葉ツバキ イエローサブマリン ついに浮上
寒さに弱いのか 花びらが焼けている

2_2017032520133815a.jpg
29.3.25 コレでは 売ろう と言う方が無理
みちくさで 史上初の開花
高知県香美市の人に 穂木をいただいたもの

みーさん 申し訳ないです
金魚葉のこの性質なのに 買っていただき
本当に申し訳ありません

これに限らず
暑さ寒さに 弱い物も多い
一応 難しい種は アバウトな説明はする
分からない時は 正直に話している

ツバキは 寒さに強い と言う 固定観念があった
これから 気をつけなければ
可能であれば 1年は自分で 栽培したいが・・・

Kラーメン

19日の当地は 晴れ
穏やかである
スイートポテトでも 砂糖でも ぜんざいでも 持って恋

軽トラのタイヤ交換
植え替えは 松本センノウ アジアン系ピンクアジサイ 山アジサイ・星の煌 ほか
用土の処理

1_201703192028417ab.jpg
29.3.19 ミラビレ として某社から購入した どう見てもコウム
葉が ちょっと違うようだけれど ミラビレの花ではない
まぁ 同業者として 残念ながら こんなこともある

2_20170319202842e6d.jpg
29.3.19 ハウスの中
このハウスは ちょっと暗くしている
大文字草 オサバグサ スズムシ草 シラネアオイ 蓮華ショウマあたり用
他の物も いっぱいあるけれど

一昨日の続き
Kラーメンは 富良野出身の人が 作っている
僕は 5回以上は いただいた
麺の上に見えるのは 挽肉 人参とピーマンの細切りのみ
でも 確実にウマイ
ほかの 大勢の人も そう言う

退職後 飲食店を始められ
1度行ったことがある
たびたびは ちょっと遠いので 残念
今でも 営業されているのだろうか 本当にウマイ

基本

15日の当地は もー
くもり 晴れ 雨 風 でも槍は降らなかった
寒い 1日だった
正座して アイスクリームを食べる

ちょっとかたづけしたり
水玉模様のカードありますか あっと見ればカインズのカードを 出していた ナフコにて 帰りにコメリで 赤玉土を買う

1_20170315160332eb9.jpg
23.3.8 野生シクラメン・コウム

2_20170315160333b43.jpg
23.3.8 コウム

3_20170315160334f06.jpg
29.3.13 コウム これは大事にして 採種親にしなければ

マイケル・ジョーダン選手
ご存じ 伝説的なバスケの 選手
しかし 彼も人間 スランプも経験した
そんなとき 監督がこう言った
好調な時は 基本練習を繰り返していた時だった

どうも コウムが上手くできなくなった
途中手を抜いたけれど 今はそうでもない はず
何が悪いか 分からない
水か用土か それとも・・・
絶対に メインの一つに回復させる

コウム

2日の当地は くもり 時々 晴れ
昨日と違い 寒かった 風が冷たい
黄金バットのマントも ヒラヒラしっぱなし
鼻水がにじむ

用土の処理
ポットなど洗う
サツキの植え替え
表面処理

1_20170302203622fd0.jpg
29.3.2野生シクラメン・コウム
10年くらい前に 何球か植え付け その後放任
奥に見えている シュッとしたのは 15年程度前に植えた ヒヤシンス
完全放任で 毎年 咲いている

2_201703022036232f0.jpg
29.3.2 野生シクラメン・コウム
田んぼの法面に 5年くらい前から 毎年咲いている
ここに植えた記憶はない
用土に混ざって 小球が スッテンコロリンか
エライオゾームを求めて アリが運んだかの どちらかだろう

確か エライオゾームだったなぁ
カタクリとか フクジュソウとか 種子についている 甘味成分があるところ

野生シクラメンは みちくさの メインにするつもりだった
だった と言うことは そうはなっていない と言うこと
今年も 数十球はあるが どうも販売できそうにない
何が原因か 不明だが どうもうまくできない
途中 手を抜いた時期があり 後悔している
今 鋭意努力している

表面処理は 販売の為にも また 見た目の悪さから 手入れが疎かになる
だから キレイにしておかないと
節分草 岩チドリ 榎本チドリ コアニチドリ 姫ライラック ササ ダンコウバイ 錦糸南天 菊咲きイチゲ ニリンソウ カイノキ 梅花甘茶 ヤブコウジ・・・順番にやっていく
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR