西村日南子さんへ

29日の当地は くもり
比較的すごしやすかっけど 午後から冷たい風が吹く

24.1.29 1
24.1.29 ビオラ

24.1.29 2
24.1.29 ビオラ 見える木はマユミ
僕は こんな護美の中で花を作るのが好きです
園芸植物のビオラでも こんな雰囲気なら ちょっと野生種に見える
数日前に植えたものです

さて 埼玉県の西村さんの投稿を 今朝の新聞で見ました
実名投稿の掲載だったので ブログも本名にしました
お守りについてです 
彼女は受験生とのことです

要旨は
お守りをたくさんもらった
つい 受かりますようにと思ってしまう
持っているだけでなく 努力する人に味方するのだと思う

確信を捕らえている
確かに持っているだけでは 合格しない
彼女は絶対に合格するでしょう

本人がこのブログを見ることはないでしょう
けど 爺さんから一言プレゼントします
お守りを持って 努力して 「絶対に合格する」と信じてください
あなたは 合格します

僕も二人の子供に 時々言っている
絶対に夢がかなうと信じて 努力するように と
スポンサーサイト

サクラ

28日の当地は 曇り
あまり 寒い日ではなかった 午前中は少々の雨

今日 ハウスが完成した
先輩のIさんと Aさんに 寒いのにやっていただいた
本当にありがとうございました

同時に 田の改造もしているので 画像は後日

23.12.25 サクラ前
23.12.25 シダレザクラ
古い画像だけど シダレザクラとしていただいたもの
咲いたら よく見えるようにと 田の道側に植えた

23.12.25 サクラ後
23.12.23 剪定後
が 本当にシダレザクラか
どうも 枝垂れて来ず 違うものなのか

まあ 何でも構わない いただきものだし サクラは咲くだろう
あげる と言っていただいたことに価値がある
 
今日も 池の氷が夕方まで融けなかった
鯉は 池で泳いでいる
鉢もカチカチ
たき火をして 熱いコーヒーを飲んで 三食食べて ハウスができて ご機嫌です

うどん

高松は寒かった 聞いて見ると25~26日特別に寒いとのこと

24.1.26栗林124.1.27 栗林公園

24.1.27栗林2
24.1.27 栗林公園
泊まったルポール讃岐から 栗林公園まで300メートル
会議の集合時間までに 早朝観賞に出かける
観光客らしいのは 若い女性1人のみ

花や雑木を金に換えようとしている僕にとっては きれい 見事 と言う前にランニングコストがどの程度かかるかが気になってしまう
すごいだろうな けど きれいな手入れがしてある

24.1.27竹内
24.1.27 うどん店
山の中にある 看板もなにもない店
倉庫のような感じ
けど人はいっぱいいた タクシーで来た旅行者らしい女の子もいた

24.1.27長田
24.1.27 うどん店
道端にある なんの特徴もない店 けど 人はいっぱい

香川の方に 僕と高知県のHさんを案内していただいた 昼をハシゴしたのは初めて
おいしかったです ありがとうございました
どちらも超有名店とのこと

24.1.27金毘羅1
24.1.27 金毘羅さん

24.1.27金毘羅2
24.1.27 金毘羅さん
2日目の用事は まんのう町だった
岡山方面に帰るのは僕一人なので 琴平駅でおろしてもらう
1時間余裕があったので行ってみた 確か3回目

しょうゆ豆を 下のほうのスーパーで買う
土産物屋は高いので 中身は同じで包装が変わるのみ

野生シクラメン・コウム

25日の当地は 寒い 終日曇りで寒風が吹く 時たま雪が舞う
夜も寒い 明朝は今年1番になるか

今朝は-8°だった 18日と並び最も気温が低かった

24.1.25コウム
24.1.25 コウム
葉は完全に凍結している 霜がきれいと言ったら コウムに申し訳ない
これでも大丈夫だけど 霜には当たらないほうがいい

24.1.25 コウム
24.1.25 雪のコウム
ツボミは上がりかけているけど 昨日の雪に埋もれている
当然用土はカチカチ

これで大丈夫なようなものを栽培しているけど やはり心配です
けど 本当は夏のほうが厳しいんです
夏に 別の世界に行くもののほうが多いいんです

明日から1泊で高松に出張です
退職まであと2か月
あと 高知県に2回行く用事があるはず

捲土重来

24日の当地は 曇り
最低気温-6° 朝の積雪2センチ とても寒い朝だった

24.1.24みち
24.1.24 みちくさ

24.1.24みちくさ
24.1.24 みちくさ
ポットは完全に凍っている
とけたり 凍ったり 植物は強い
見えないところで 待機している

24.1.24  1
24.1.24 町内で
高いのは 外国産のテーダマツ

24.1.24  2
24.1.24 町内で

24.1.24  3
24.1.24 町内で

24.1.24  4
24.1.24 町内で

先ほど 寒冷紗を締めてきた
かなり寒く 鉢土はもう凍っていた
明日の朝もかなり寒くなるだろう

この寒さの中 根や芽や葉がじっと寒さに耐えている と思えば感慨深いものがある
やがて癒してくれ 現実的だけどメシの種になる

トラックバックテーマ 第1355回「飛行機に乗ったことはある?」

こんにちは。 トラックバックテーマ担当の水谷です。今日のテーマは「飛行機に乗ったことはある?」です。水谷は、人生で3回(うち1回が外国・2回が日本国内)飛行機に乗ったことがあります。初めて乗る際は、とても怖かったのですが2回目、3回目に乗る際には、自然と怖くなくなってました。飛行機内で、現在どこを飛んでいるのかわかる地図を見てるとテンションが上がりますよね。(水谷だけ?)最近は、飛行機のチケットも...
トラックバックテーマ 第1355回「飛行機に乗ったことはある?」


ないし 乗りたいとも思わない
外国にもあまり行ってみたいとは 思わない
だけど ヘリには7回乗った
足の下は 透明プラスチックで けっこうおもしろい

好事

22日の当地は 晴れ 少しの淡い雲
かなり温度が高く 過ごしやすい日だった

24.1.21奥津1
24.1.21 奥津温泉 湯宿西西から奥津温泉を

24.1.21奥津2
24.1.21 奥津温泉

24.1.21奥津3
24.1.21 奥津温泉
美作三湯の一つ 奥津温泉に行く
あとは ベルの湯郷温泉と湯原温泉の二つ

途中 ランを栽培している業者さん宅により 球根を仕入れる

24.1.22奥津道の駅
24.1.22 奥津温泉の道の駅
あまり 凛々しい画像ではないが

24.1.22針犬ナズナ
24.1.22 ハリイヌナズナとベニバナオヤマナデシコ
ナズナは2月に レモンイエローの透明感のある花を咲かす
ヨーロッパアルプスの産 いわゆるぺんぺん草の仲間
ナデシコは4月に まばゆいばかりのピンク紫の花が咲く どこの産か知らない

24.1.22雪割草
24.1.22 雪割草
ツボミが上がり 春間近の感じがする
今が 一番寒い時だけど

今日初めて知ったけど ハヤブサを主人公にした邦画が3本あるとか
ハヤブサⅡも予算がへったものの 関係者が頑張っている
言葉尻を捕らえるつもりは 少しもないけど
このことを書いてるコラム氏は 夢をかなえたいとか
夢でなく実現してほしい

昨日今日と いい日だった
二人の子供にありがとうと感謝 

寒い

18日の当地は 晴れ 淡く雲がかかる
しかし 寒い 今日は今までの最低で-8度だった

24.1.18池
24.1.18 近くのため池
今日初めて凍った
全面でなく 一部だったがとにかくコオリ
右はコブシだけど 花はまだ咲かない
このあたりの気候が悪いのか
日陰にピッタリで重宝している

昨日の 野生シクラメン・コウムを見ていただいた方へ
表面にかなり荒い用土が見えるけど 底までこんな荒目の用土を使用している
20ミリを超えるような直径になれば この程度が適しているような気がする

1912年に 当時のアメリカ大統領夫人の希望で 東京市長がサクラ苗木を3000本送り
そのお返しにハナミズキが 3000本送られたきた
その時のハナミズキがどこに植えられたのか知らないが ポトマック河畔のサクラの話はよく聞く

いつ どこへか なぜか理由は知らないが再度ハナミズキが送られてきたらしい
そのお返しに 日本サクラの会が中心になり サクラの種子を送るらしい

いつでも どこでも 花を中心としたイベントの集客力が最大と聞く
花は人の心を慰める
花を作るのが趣味でない人でも 見てイヤになる人はいないだろう
突き刺さる言葉は 時々あるけど

地中海から 野生シクラメン・コウム

17日の当地は 雲が少しかかった晴れ
この時期としては 比較的過ごしやすい日だった
北の山は 雪に覆われているが 春の光を少し感じる

24.1.17 コウム
24.1.17 野生シクラメン・コウム
ツボミが上がりかけている

24.1.17 こうむ
24.1.17 野生シクラメン・コウム
この鉢は 今日高知県香美市のOさんに嫁入りした
Oさんからは 昨年ツバキ苗や穂木をたくさんいただいた 日向ミズキの種子もいただいた
植物に詳しい人なので うまく育てていただけると思う
24センチ鉢にφ20ミリ以上の球が6球植えてある

シ・コウム23.3.8集団
23.3.8 野生シクラメン・コウム
このように咲くはずだけど

生産直売が原則のみちくさでは 主幹植物のひとつとして考えている
コウムのほかにも ヘデリフォリウム シリシウム グレークム シプリウム インターミナツム ミラビレなどあり

ところで かなり前から朝キューイを食べている
まだまた かなりあってしばらくは食べられる
家内の実家の母が作ったもので 商売でないためいびつではあるが 味が落ちるわけではない
毎日買って食べるのはかなりかかるが これだけ自由に食べられるのはありがたい
ごちそうさまです

野生シクラメン・シリシウム

15日の当地は くもり
午前中は過ごしやすかったけど 午後は寒い風が吹く

今日は ビニールハウスを建てかけた
やっていただいたのは 学校と職場の先輩のIさんとAさん
このお二人には 過去からずっとお世話になりっぱなし
今回も 快くお願いを聞いていただいた
感謝を何回言っても足りないくらい

24.1.25 ハウス
24.1.15 立てかけのハウス
もう1日かかる
その向こうに もう1棟建てるつもりだけど 今回は1棟のみ
でも 今の作場の足元にはいっぱい置いている
それを移動させると だいぶ埋まってしまう
しかし こんなにハウスを建てて 誰がどうやって世話をするのか・・

23.12.29 シリシウム
23.12.29 野生シクラメン・シリシウム
異常なほど長く咲いている
いくら遅くても 11月上旬には終わるはずなのに
この個体は 大事にしなければ

交通事故もなく 無事平和な夜になった
明日は事情があり 多分記入なし

最後に高梨さん 本当におめでとう
日本の誇りです

春の息吹

14日の当地は くもり時々晴れ
過ごしやすい日だった

24.1.14 福寿草
24.1.14 フクジュソウが眠る
防寒を兼ねたハイゴケの下で芽は動いている

24.1.14ハウス内
24.1.14ツバキを主体としたもの
手前の鉢は アネモネ・ブランダ ヒナマツリ草 キクザキイチゲなど
キクザキイチゲは昨年の高温で発芽が始まり どうなるかと思っていたが ありがたいことに一部ですんだ

24.1.14みちくさ
24.1.14 みちくさの様子
まだ寒いが 日の光は春の息吹を感じる
嬉しくなる

24.1.14雪割イチゲ
24.1.14 ユキワリイチゲ
スプリングエファメラルたちで発芽が始まっているのは ユキワリイチゲとアネモネ・フルゲンス

バイカオウレンと野生シクラメン・コウムの花が上がってきた。
目に見えないところで 着々と準備が進んでいる
時の声を上げるのは近い

澤穂希さんへ

12日の当地は くもり後時々晴れ
朝の積雪1センチ
この時期としては 過ごしやす時1日だった

澤さん おめでとうございます
中学校でハーフバック
今で言う ミッドフィルダーをしていた僕に限らず 皆が祝福しています

澤さんは なぜこうなったのか
先般の新聞によると ずば抜けて人より優れている体力はない
そうかと言って 人より落ちるものはない
ビデオ分析で 何が優れているか解明しようとしたが 見つからなかった
結局 その場に合致した対応ができるのだろう と言ったような記事だったと記憶にあるような

僕は 考えられる理由は次のようなものではないかと
①周囲が見える
パスがもらえる場所に動いたり 誰がフリーでいるかとか

②決断が速い 状況判断が早く正確 トリッキーなプレーができる
アメリカ戦延長の アウトサイドキックで右に流すゴールなどスゴイ

③体力がある

④人間性がよい
ボールがもらえるとか 言うことを聞いてもらえるかとか

⑤頭がいい
国語 算数と言う意味だけでなく なんと言うか 考え方も含んで

⑥そして運に恵まれている

⑥は不謹慎と言う人もいるだろうが 僕は決してそうは思はない
ただ ①~⑤ができないと 運も少ないけど

24.1.12 北の山
24.1.12 中国山地の山
中央上部に降雪があり 日があたりとてもきれいだった
見にくいのは カメラのせい

24.1.12那岐山
24.1.12 那岐山

ストレンジさんをしってますか
サッカーに限らず 日本の現代スポーツがあるのは この人の功績が大きいことは あまり知られていないようです
興味がある方は「イギリス スポーツ ストレンジ」で検索してみてください

澤さんとは 桁が違うけど 同じ職場とか 同じ仲間で③④⑤⑥がちょっとよかったらいいけど
 

ペカン

10日の当地は くもり時々晴れ
まあ この季節の普通の日で 比較的過ごしやすかった

24.1.10おもと
24.1.10 万年青
パートさんのUさんから 職場に活けていただいた
正月らしく 縁起物のオモト いつもありがとうございます

24.1.10 ペカン
21.1.10 青空のペカン
職場の近くで
別名 ピーカン とか バターの木 と言うほど脂肪分が多い
クルミ科 北米原産でテキサス州木
生のまま食べてみたけど 香ばしくとてもおいしかった
ただ、果実の量はあまりならないとのこと

アレロパシー物質が多いのか この下では他の植物の生育があまり良くないとか
少し拾ってきたので まいて見ようかと思うがやめた

24.1.10 ウツクシマツ
21.1.10 ウツクシマツ
ウツクシマツは 滋賀県美松山が原産で 国の天然記念物に指定されている
アカマツの1品種らしい

似たものにタギョウショウがある
ウツクシマツは高く成長するが タギョウショウはそれよりも低樹高らしい
アカマツの園芸品種であるらしい

今日も平和のうちに終わる
退職まで あと2か月ちょっと

ビオラ

9日の当地は 曇り時々晴れ
5月のような気温になったり 寒くなったり 変化の多い日だった

24.1.9 ぱんじ
24.1.9 ビオラとプリムラジュリアン
みちくさでは 将来普通の園芸植物も扱う予定です
軽く 安い用土を使用したく いろいろ試しています
全てモミガラ50%を含み あといろいろブレンドしています

モミガラは軽く タダなのはありがたいが 表面張力が強く水はけが悪いのが難点です
昨年もよく咲いたけど 根はあまり回っていなかった

24.1.9 家
24.1.9 みちくさの午後

24.1.9 はうす
24.1.9 剪定をした
右からセンダン 白花エゴ ヤマボウシで程よい日陰を作ってくれる

24.1.9 ま
24.1.9 家内です
ワイルドオーツ 風知草 アシなどの枯葉を切っている

平成23年の 当地の花作りの環境を紹介します

最低気温と 最高気温の単純平均
1月 最低-6.4度 最高4.1度
8月 最低21.0度 最高32.5度

最後のマイナスと最初のマイナス気温は
4月25日で -1度
11月21日で -1度

夏の最低気温は
25度は1回もなし
24度が 6月25日の1回のみ
23度が 6月27日と8月17日の2回
あとは 22度でした

最低は-10度で 1月18日と30日の2回

今日はすごくいい日だった ひ・み・つ

縁起植物

7日の勝田郡は 曇り時々ほんの少し日差しがある
なかなか過ごしやすい日だった
けど 最低気温は-5°

24.1.3 寒アオイ
24.1.3 寒アオイ
真冬に緑を保っている植物は 縁起物と言われるものが多い
寒アオイは マイナーな植物で そんなに需要は多くない
けど 家内がけっこう好きです

24.1.3 斑アオキ
24.1.3 斑アオキ
これの大きいのは 見栄えが高い

24.1.3 斑センリョウ
24.1.3 斑マンリョウ
画像が見にくいけど なかなかきれい

24.1.3 斑フッキソウ
24.1.3 斑フッキソウ

今日 ある植物について県内の業者に価格照会をした
折り返し電話するとの返事だったが なかった

昨年 T県の業者に価格照会のfaxを送ったが 返事は来なかった

小さな花屋を 相手にしても仕方がないと思っているのだろう
今に見ていろ 仕返しをしてやる

卑怯な手段は使わない 
自分で効率的に増殖して 自給自足する と言う意味だけど

僕は お客様には公平に接する
買っていただけるからこそ 自分のメシのタネになる
こんなことがあるたびに その気持ちが強くなっていく

トラックバックテーマ 第1347回「今年の目標は何?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです!今日のテーマは「今年の目標は何?」です。あけましておめでとうございます2012年もFC2と、トラックバックテーマをどうぞよろしくお願いしますさて、2012年初のトラックバックテーマは「今年の目標は何?」です既に三が日も終わってしまいましたが、今年の目標は立てましたか?ほうじょうは、ここ数年今まで積み上げてきたものを食いつぶすばっかりで...
トラックバックテーマ 第1347回「今年の目標は何?」


家族がやっくれている 園芸店を4月から飛躍させる
収入目標は かなり高い所に置いてる
人も自分も家族も喜ぶような花屋を必ず作る

24.1.5 5
24.1.5 歩いて通勤途上の1コマ

白い恋人たち

5日の勝田郡は くもり
朝の積雪は10センチ程度あったが 比較的過ごしやすい日だった

24.1.5み
24.1.5 朝のみちくさ

24.1.5みち
24.1.5 みちくさ
早出をして 雪下ろしをする
当地では この程度なら最近は大雪の部類にはいる

以下は 本日の通勤途上の景色
昨日 車を置いて帰ったため 歩いて行った
今日は 1時間20分かかった

24.1.5 1
岡山県森林研究所
ここの構内を歩いて行く

24.1.5 2
湿生園の上の木道
タヌキの足跡があり 本日の通行は僕が2番

24.1.5 3
もう少し待てば 朝日が当たり絶好のロケーションだろうが

24.1.5 4
雪で歩道に木が傾いている

フランシスレイの白い恋人たち
最初聞いた時は どんなラブロマンスだろうかと思っていた
なんと グルノーブル冬期オリンピックの記録映画の主題曲だった

懐中電灯を持って 寒冷紗を上げに行くつもりだったが 家内がやってくれていた
助かった

雪は降る あなたは来ない

4日の勝田郡は雪
風が冷たく 大きな雪が横から飛んできた

24.1.4 雪建物
24.1.4 今朝のみちくさ

朝の積雪はこの程度
普通タイヤで出勤できた

24.1.4 雪のハウス
24.1.4 うー 寒そう

当地の雪は 日中はまず積もることはない
しかし 今日は積もった
帰りは 同じ職場の人に近くまで乗せてもらった
ありがとうございました
さて 明日はどうやって出勤しようか

24.1.4 ピンチ
24.1.4 降雪時寒冷紗自動落下装置
マイカー線を洗濯ばさみで止め 雪の重量で落ちる
マイカー線は 寒冷紗をつり上げている

今日 たまたま禅問答を聞いた
星の数はどれほどあるか との問いに
いろいろ答えがあり 僕には思い浮かばなかった
正解は これから数える だとか

無限にある数を数えていたら 何もできないだろう
イヤイヤ 無我の境地で数え 悟りを開くのか
凡人の僕にはわからない

今8時 今もかなり降っている
4時頃 家内が雪下ろしをしてくれたとか
今夜10時頃 雪下ろしに行く予定
次男が一緒に行ってくれる
助かる

イワチドリ

3日の勝田郡は 曇り
まあまあ 過ごしやすい

画像は全て24.1.3
24.1.3 1
イワチドリの移植培地を作る

24.1.3 3
フラスコ シリコン ゴム栓 グラニュー糖 ハイポネックスなど

24.1.3 4
用意完了 要領よくしたが ここまで50分かかった

24.1.3 5
24リットル オートクレーブ
最初の機械は機械式だったけど これは確か7年前に購入した2台目
デジタルで使用しやすいけど 前のほどはもたないか
なんと 30万円以上する ああー
培地作成から完了まで 2時間30分かかった

23.1.4 5
それで 夜フラスコ間移植
手前のが イワチドリのマザーフラスコ
22年にまいたもの

横着で1年遅れた
早く移植しなければ 球がくっつきやりにくい
それにしても 移植自体が面倒くさい
早く 安定した鉢まきを完成させたい

ただ フラスコも薄まき 据え置きすればいいのだが

24.1.3 6
けっこう高価なピンセットたち
フラスコ中で微妙な動きが必要なため 安物は非常に使いにくい

画像のクリーンベンチは25年目
ヘパフィルターの交換も1回もしていない
あと どの程度使用できるか

明日から仕事
これまで数十年務め あと3か月で自由人
ありがとうございました

チューリップ植えつけ

2日の勝田郡は 曇り 晴れ 雨が何回も交互にやってきた
天気解説では どう表現するのか
寒かった

今日は ほとんど農作業はしなかった
この時期 カッパでの作業はつらいので

家内の母と昼ご飯を食べに出た後 駅伝を1時間ほど見た
いつも 思っていたが どこかの関係者が英断をしないか

それは 先導のバイクを 電動自転車に変えないかと
懸命に走るランナーに新鮮な空気を吸ってもらうことと
エコのために

今日は 原種系チューリップをポット植えにした
ライラックワンダーと言う品種のみ 発芽が見られたが あとは全て未発芽
まだまだ 遅くても構わないが 余裕ができたのでやった

ホームセンターなどでは9月に入ると 球根類が並んでいる
早く植えたがる人がいるけど 遅く植えるほうが余計な管理がいらないし
腐敗する恐れも減ってくる
特にムスカリなどは 1日でも遅いほうが好結果が出る
ただし 発芽が進んでいる球は長くはおけないが

物事は何事もタイミングが重要

山野草
23.3.5頃 セツブンソウ
特に意味がある画像ではないけど 昨年 広島県庄原市の自生地を見に行った
この季節 セツブンソウ フクジユソウ イチゲ類の開花を待ちわびる

平凡で 特に問題のない日が過ぎる

今後ともご指導お願いいたします

元旦の勝田郡は 曇りのち少し晴れ 昼頃から本格的なくもり
しかし 過ごしやすい

23.12.3124年賀
今年の年賀状
トキワヒメハギ(常盤姫萩)のつもりですが
ヒメハギ科ポリガラ属
ヨーロッパの山岳地帯が原産とのこと

みちくさにもありますが 造花のイメージがあるような 派手な花です
学術名のポリガラと書いてある本もある

24.1.1 くろかす
24.1.1 クロカス植えつけ
先般紹介した 僕の植えつけ方
奥2列でもう土はかけない
7.5センチポットです

24.1.1 み
24.1.1 みちくさ

24.1.1 みち
24.1.1 みちくさ
この季節 原種植物はほとんどが地上部がない
春まで 雌伏の時間

今日も1日 農作業をした
平凡で 穏やかに幸せに過ぎていく時間
進歩がない と言われればそうだろうけど ありがたく感謝しなければ

あと3か月で定年退職
たいへんだろうけど 充実した年月を積んでいきたい

皆様 今後ともご指導お願いいたします
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

6/17~6/18
◎山の駅山草展
那岐山麓山の駅

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR