赤く 赤く

30日の当地は 予想ほど強くない雨
3時頃から 薄日が差す
風もほとんどなかった
被害の出た地域の方に お見舞い申し上げます

通常のように 夏のシャツ1枚で作場に行く
寒い 寒かったので置いていたシャツを重ね着する
ここしばらく シルクのような天候だろう

カッパを着て 底網などを洗う
雨後 2~3年先の販売を目指し フウチソウなどの根洗いを準備する

1_20120930200431.jpg
24.9.30 以下画像は全部本日 一才カンボク

2_20120930200430.jpg
カイノキ

3_20120930200430.jpg
和ツタ

4_20120930200429.jpg
斑アメリカツタ 奥はキンメギ
右の緑の葉は ウオーターマッシュルーム

全体に赤みを帯びかけた

5_20120930200429.jpg
午後のみちくさ
花は少なく やや緑に生気がなくなって来つつある

AKBが どんな歌をうたっているのか 知らないけど
新聞によれば センターを最近はじゃんけんで決めるらしい
優勝?した人は すべてチョキを出したとか

それで思い出す
15年くらい前 今は東京にいるTさんと ニッセイのイベントに出席し ごちそうをいただいた
途中ゲームがあり 僕は100%グーを出し 優勝?した
はじめからグーを出すと決めてかかり 絶対に勝つと思ったらそうなった

でも事実を言うと 1回はじめのほうで負けた
でも勝ち進んだ
卑怯な手段も ごまかしも使わなかった
でも勝ち進んだ

この理由は 名前も知らない 当時50歳過ぎくらいの人が知っている
この人が ブログを見ている可能性は 限りなく透明に近いブルーだけど もし見て思い出したらニヤッとするだろう
ワイロも使ってないし 脅してもいないし 口で言い負かした訳でもない

だけど 僕に運があったと言うことだ
所詮 余興のゲームに勝った程度
スポンサーサイト

特になし

29日の当地は 台風の影響かくもり
この時期 くもりならそんなに暑くはない
今日は 二人とも温度を見るのを忘れていた

キャベツとブロッコリーを植え付ける
後は 久しぶりに花の仕事が主体だった
植え替えは カクレミノ・コムラサキシキブ・青軸シモバシラ、キントラノオ・スミレイワギリソウ・ネコノテ
 苔玉修理 鉢掃除をした

1_20120929211730.jpg
24.9.29 
2鉢は ヤブコウジとリュウノヒゲの鉢物か
左は鉢 右は鉢に入っているがグスグス 根洗いにするかどうか迷っている
ヤブコウジやリュウノヒゲは 苔玉や小山作り それに根洗や寄せ植えにも重宝する 万能選手

後ろは ツルウメモドキ
もう少ししたら 実がはじける
赤とオレンジで 1キロ離れていても見えるような気がするほどあざやか

新聞を読んでいると いろいろな記事がある
考えることはあるけど このブログに 政治的な意見を書く気はないし 書いてもいない

風呂に入る待ち時間にテレビ番組欄を見ていると
なんだったか 世界のパフォーマンスとか・・・
ONすると すごいことをやっていた たいしたもんだ 10分ほど見た

もう10年以上前と思うが 同じような番組を 何かのきっかけで見たことがある
高校生の男女が 黒と赤の衣装で 一輪車のパフォーマンスをやっていた
音楽に乗り 一糸乱れぬ演技だったけど ものすごく感動した なぜか不思議な気がした

野球欄は見ない なにか パで熾烈な優勝争いか
ちなみに セ・パの現役選手で 顔と名前が一致する人は 一人もいない
テレビ中継も 見たこともない
ほかにも見ないスポーツは いっぱいあるけど

地中海から

28日の当地は 晴れ もうピーカン
朝は寒いけど 昼は暑い暑い
最低12度 最高27度だった

アイスランドポピー花壇準備 野菜畑に獣階ネット張り 除草 彩菜茶屋出荷 安納芋堀りをする

1_20120928192325.jpg
24.9.28 野生シクラメン・ヘデリフォリウム
今日初出荷した 2鉢のみ
本番は10月だけど 山野草関係に力を入れたため ちょっと少ない見込み
何せ 鉢数が多く すべてには手が回らない

かなり前 大アバウトの大アバウトに数えて 15000鉢あった
今は その時より かなり置き場所が増えた
ただ 水をやるためだけのものが いっぱいある
減らさなければ 減らさなければ さあ減らすぞ と思うだけ

2_20120928192325.jpg
24.9.28 カリヤス 白花タデ 姫月見草 カタヒバ
ちょっとしゃれた 置き台でしょう

3_20120928192324.jpg
24.9.28 蒙古ヒトツバ
最近 蒙古ヒトツバとして入手した
ちょっと 葉が大きい気がする・・・ 似てはいるけど
かなり高額商品

4_20120928192324.jpg
24.9.28 マユミとホトトギス
マユミの葉に虫が来た
針金もかかったままだし 今年の販売にはできないので 来年か
今冬 何かのタネをまいたり 来年サシキして グレードアップする

野生シクラメンを知り 栽培を初めて30年近くなる
当初 みちくさを始めるに付け 
野生シクラメンと野生ランで 行くつもりだった
しばらくして 妻が「山野草」に興味を持ちだし 今は正解になった

今の本業はテンプレートのとおり だけど 少し盆栽らしきものが増えてきた
松やシンパクと言った本格的なものでなく 雑木盆栽だけど
商売 何が当たるか分からない
当てた者が儲ける

 

インデペンディンスデー

27日の当地は 晴れ
2日前から それまでのタオルケットから 毛布にした
でも 昼間はこれでもか と言うほど暑かった カラッとはしている

古土処理 植え替え用土ミックス 美男カズラ・ヤシャビシャク・夏咲シュウメイギク・黄花カナダオダマキの植え替え シダを石鉢に植える 表面処理 草刈り ポピー植え付け用意をやる

1_20120927192319.jpg
24.9.27 石の上にも3年
何年目か不明だけど 今年早々に嫁入りしてきた
木の名前は分からない

2_20120927192319.jpg
24.9.27 山ハゼと姫ヤブラン
山ハゼは これでも2年立っている この春 姫ヤブランとポットで同居させ 最近鉢上げした
年数を経た山ハゼに 姫ヤブランをもう少し締めてくりたいのだけど なかなかうまくいかず

即売の時期が近づいている
名札を付けたり いろいろ気をもむが あまり早く始める訳にいかないし
少々あせる
まあ  何とかなるだろう

午後の農作業中 突如 顕在化した
映画名は「インデペンディンスデー」

かなり前に ある会で映画に行くことになり 二者択一で「イン 」に行った
当時「交渉人」とともに 話題の映画だったけど 見終わり「話題にもいろいろあるな」と思った
昨夜「交渉人」を見たけど これも「話題も様々」と思った

ただ 「イン 」は劇場 「交渉人」はテレビで コマーシャルを挟みながらなので 前者のほうがまあいいか

以前「トランスフォーマー」を見た
この 後編の最後の一瞬に 見る価値があった
監督は ダーウィンに心酔しているのか

今日もタイトル思いつかず

26日の当地は 晴れ
朝はシロクマ 昼はゴリラの気分
気温差が大きく 体調維持に注意

彩菜茶屋へ出荷 古土処理 サシキの移植 
午後はあるセミナーに参加 よく分からないことが分かった でも これは勉強が必要

1_20120926203223.jpg
24.9.26 野ブドウ
茎が見えないけど かなり立派なもの
これだけになるには かなりの年数が経過している

2_20120926203222.jpg
24.9.26 午後のみちくさ
ここは 暑さに弱いものを 日陰にして置いている
神津ウメバチソウ ダイモンジソウ マツムラソウ スミレイワギリ草 ムレチドリなどがある
全部 今が旬のものばかり

彩菜茶屋で出荷していると お客さんからよく声がかかる
暑さに弱いものは
通風のよい ほとんど日陰で できるだけ地上から高い位置に置く ように話している
さらに 可能なら 日中に葉水をやる
間違っても 団扇であおいで・・・とは言わない

3_20120926203222.jpg
24.9.26 午後のみちくさ
ここは 半日陰の場所
ここも 今が旬のものがある
手前中央はイヌビワ 左中程度のものはツリバナの紅奴

もうすぐ9時
「交渉人」を見る予定
10年くらい前 ある会で映画を見ることになり
「依頼人」と「???」のどちらか 好きなほうに行くことになった
僕は?に回った
宇宙人が攻撃してきて アメリカ大統領が 自ら戦闘機で攻撃参加する
あぁ どうしても題名が出てこない 確か 全部カタカナだったような

ところで「交渉人」は これからテレビで見る
コマーシャルにいらいらするけど さてその時間はどうしよう
僕がテレビをほとんど見ない理由の一つが コマーシャルがあることだから

特にタイトルなし

25日の当地は 晴れ
コントラストの強い日差しだった
朝は寒いくらい 日中もさわやか

古土処理 草刈り 明日の出荷用意 寄せ植え作り サシキした何かの植え替えなどをした

1_20120925214135.jpg
24.9.25 ツリバナマユミ
もうすぐ真っ赤な実が開く
実はなったけど 夏の暑さで かなり葉が傷んだ
左奥に見える 黄緑の実のようなのは タヌキマメ

2_20120925214134.jpg
24.9.25 斑ボントクタデ
このタデも雑草だろう でも 鉢にバランス良く植えて なかなかの見栄えでしょう
雑草の好きな人なら 値打ちが分かる

3_20120925214134.jpg
24.9.25 苔玉
ネズミがヤ ギボウシ タコノアシ 斑入りのなにか
作ったばかり 来春には良くなるが

仕事 なかなか大変だろう
あまり深刻にならず 軽いストレスを保持し ケセラでやろう
転んだら 仕方がない しばらく様子を見て 起きるか
できるなら 転ぶ前に杖を用意しよう
それでもダメなら 誰かが助けてくれる

展示・即売会情報

9月24日現在の 山野草展など情報

○6~7日

勝山山野草展
みちくさの即売品あり

○7~8日
勝田盆栽・山野草の会
梶並体育センター
美作市梶並94-1 0868-77-2151
みちくさの販売品あり

○13日
きんちゃい館 恒例の土曜朝市
みちくさの販売あり

○13~14日
みまさか山野草の会
湯郷地域交流センター 0868-72-0783

津山山野草会
津山文化センター

勝北山野草会・押し花教室たんぽぽ会 合同
勝北文化センター
みちくさの即売あり

久世山野草会
マルイアルティ
真庭市久世2415  0868-41-0117

鳥取山野草会
パレット鳥取 市民交流ホール
鳥取市弥生町323-1  0857-39-2555

○20日
森林を考える岡山県民の集い
グリーンヒルズ津山
津山市大田920
みちくさの販売あり
山野草関係でなく 森林関係の行事
イベント 飲食 いろいろな店の1店として参加

○20~21日

山野草趣味の会
マルイアルティ
真庭市久世2415  0868-41-0117
みちくさの展示・即売あり

あわくら山野草の会
あわくら旬の里
西粟倉村影石521  0868-79-2882
みちくさの販売品あり

おおさ山野草の会
阿哲商工会大佐支所
新見市大佐刑部1406-2  0867-98-3252

北房山野草愛好会
北房文化センター
真庭市上水田3131  0866-52-5200

○11/3~11/4
那岐山野草会
那岐山麓山の家
みちくさの即売あり

やや手前味噌で失礼します

揺れる

24日の当地は 晴れ
動けば やや暑いけど かなり涼しくなってきた
作場の 最低気温は12度

カクレミノの苗を買いに行く ナツハゼ植え替え ツルウメモドキの鉢にコケ張り 棚場整理 表面処理 草刈りなど

4_20120924204501.jpg
24.9.23 クロタマホシクサ
黒玉干草と書く
みちくさにある1年草は これと タヌキマメの2種類のみ
シロタマホシクサは今年ないけど これも1年草
画像のものは 昨年の種子から 家内が育てる

10_20120924204501.jpg
24.9.24 苔玉
どちらかと言えば 洋風の苔玉
苔玉と根洗いの中間のような内容

11_20120924204500.jpg
24.9.24
白花ホトトギスとムレチドリ
ムレチドリは ラン科植物で ちょっと寒がる

12_20120924204500.jpg
24.9.24 スミレイワギリ草
スミレのような花 湿った岩場に自生 霧がかかるような場所にあるから この名 ホントかな
中国原産で 日本で選抜したものらしい
夏は 日陰で育てること

入力しながら話している イベントで何を販売するかを
毎週なので 売れるかどうか分からないけど かなりの数がいる
秋は 春に比べて花が少ないし 自家栽培品も限度があるし
仕入れはリスクがあるし なければさみしいし
ああ 揺れる

荷動き始まるか

23日の当地は 晴れ
秋の晴天は 光のコントラストが強い
木漏れ日の 場所では 目がキラキラする

彩菜茶屋へ出荷 ツルウメモドキの鉢替え シダ類植え替え 表面処理 草刈りをした
午後 親友のYさんが来る この人 草には興味がないがいつも迷惑をかけている 申し訳ない

2_20120923213526.jpg
24.9.23 ローズヒップ
ちょっとバックが悪く 見にくい
先般 お世話になっているYさんから 譲っていただく
きれいな実に 魅力を感じた
調べてみると 高栄養果実とのこと どちらにしても これは親木

5_20120923213526.jpg
24.9.23 彩菜茶屋へ出荷
秋になり 車内もそんなに暑くなく 動きが少し出てきた
姫シンジュノキ 岩ショウブ 岩シャジンなど

春ほどではないけど 秋10月もいそがしい
イベント販売も 6カ所延べ11日予定があり かなりいそがしくなる
けど 呼んでいただき ありがとうございます

6_20120923213525.jpg
24.9.23
神津ウメバチソウ 白ホトトギス 草アジサイ 班白ホトトギスなど

7_20120923213525.jpg
24.9.23
スミレイワギリ 緋ネム

8_20120923213524.jpg
24.9.23
カイノキ シコタンソウ キントラノオ 屋久島冬イチゴ 濃色小山ナデシコ

販売の日だけなら 比較的楽だけど そうはならない
持ち込み前は 
販売できそうなものを集め 枯れ葉を取り 草があれば抜き 鉢を拭き 価格ラベルを付け 花名のラベルを付け 傷まないようトレーに詰める
雨でも降れば もうどうなることやら

結果を楽しみに 頑張るだけ

ううむ 時間が

22日の当地は 晴れ 時々 くもり
それなりに涼しいが 昨年より暑いとのこと
でも ここは 朝夕はかなり涼しい 飲まないけどスプライトの気分
炭酸水は ほとんど飲まない ビールも

美男カズラの針金はずし 商品の価格ラベル付け 殺菌剤散布 表面処理
通常の水やりと 昨日ゲットの美男カズラ5鉢の針金はずしに 2時までかかった
熱心な人が作ったのだろう ほぼ全部の枝にかけてあった

1_20120922213710.jpg
24.9.22 美男カズラ

2_20120922213709.jpg
24.9.22 美男カズラ
実もいくつか着いている
葉もしっかりあるし がんじがらめに針金で曲付けしてあった だからすごく時間がかかった
人工交配がうまくいっており 全体にプツプツと着き 赤く熟れたら見事になるだろう

鉢物栽培は 水やりが仕事のようなもの
でも これに すごく時間がかかる
花をよく咲かそうと思えば 水やりも出荷の手間も省いて 花に触ればよい
けど 出荷しなければ意味がない 水がなけれは枯れる

分かっちゃいるけど 矛盾した気持ちが 交錯する
1日があっと言う間に終わる
せめて 「あっー」と言う程度に伸びないか

南南西に

21日の 岡山南部は 晴れ
涼しい風が吹く 夕方 当地に向かうほど 何か 蒸し暑い

妻と二人 南南西方向であった盆栽市に行く 盆栽市と言っても 草ものも少しはある
実物盆栽 ラン シダなど購入
また 日頃お世話になっているFさん宅に寄る 良品を安価に分けていただく
ありがとうございました

1_20120921204726.jpg

2_20120921204726.jpg
24.9.21 ゲットした商品
美男カズラ ツルウメモドキ セッコク フウラン ヒトツバ ツタ ヤブコウジ 黄花コスモス スズカケ草 野バラなど
リンゴも市で購入

個別には 明日紹介します

買うのは簡単 人より高額を示すだけ 
セリが始まるまでに 下見をし 見当を付けておく
でも 勢いもあるし タイミングを失することもある

本日 タイミングを失したのは ツルウメモドキ
一瞬迷った間に 落札宣言

余裕があったのに 買えなかったのは アセビの3鉢
驚くほど立派な株が すごく安かった
買える余裕があったのに 声を出さなかった
その理由は

多分 積むことができないだろうと思ったから
画像のとおり 詰めなかった
でも でも 無理をすれば1鉢は積めた 結果論は言っても仕方ない

ありがたい

20日は 晴れ 時々くもり
それなりに涼しいが やや蒸し暑い

彩菜茶屋へ出荷 モミガラ運び 小品鉢物作成が仕事

3_20120920212426.jpg
24.9.20 妻の作品
主体は 雑草中の雑草 またまた雑草のチカラシバが鎮座
キクバフジバカマと シロシキブと何やらが入っている
でも 現物はなかなかいいですよ

チカラシバ カゼクサ ススキ コブナグサ コウリンタンポポ タデ こんなものが こんなものが 山野草の鉢物で主役になることは 多い

それから 秋の展示では 枯れ葉がけっこうある これも風情
自然の野草が 今頃青々としている訳がない
展示会が10月は 目白押しです またお知らせします
鑑賞される皆さん 秋の山野草展示は 枯れ葉があるのが常識なのです
枯れ葉があっても 決して失敗作ではありません

だけど ダイモンジソウ ウメバチソウ セキショウ などに枯れ葉があるのは・・・ちょっと

1_20120920212426.jpg
24.9.20 モミガラをまき散らした畑
モミガラはC/N比が高く 水もはじくので なかなか堆肥化しない
チッソを混ぜ 水分を加えると 早く堆肥になるけど このまま置いておくと3年程度は かかるだろう
まあ 100歳現役と決めているので 3年程度は問題ない

昨夜 固定電話が鳴った
夜の固定電話は ものの勧誘以外あまりかかってこないのだが

近くのFさんのおばさんだった
数日前に 軽トラ1車 モミガラをいただき また少しいただくことになっていた

「明日は 脱穀の予定がない だから ゴミが飛んでこないので 明日取りに来たら」
軽トラ3車いただいた
本当にありがとうございました

やや放任が

19日は 晴れ 時々 くもり
ちょっと蒸し暑いものの 秋の気配 忍者のごとく

台風のため下ろした着生ランの整理 彩菜茶屋へ出荷 ひまわりの種子を取る 白菜定植 ニンジンとカブの除草 寄せ植え 鉢の表面処理を実施

1_20120919213212.jpg
24.9.19 空中に吊した着生ランのトレー
梅雨明けから このように 吊したトレーに横並べにしていた
理由は ヘゴの水持ちが良くなるためだったが 台風を期に 立て並べに直した

2_20120919213212.jpg
24.9.19 吊したトレー
このように ポットトレーに入れて 吊しておく
ムギラン ミヤマムギラン カヤラン セッコク シノブなど

3_20120919213211.jpg
24.9.19 これは通年 ここに吊しているムギラン
棚下の半日陰の場所で どうもここのほうが生育良好の様子 肥料もほとんどやらないけど 上への水やりの時 落ちてくるのか

4_20120919213211.jpg
24.9.19 緋ネム
熱帯アメリカ原産らしいが 当地でも越冬する
暖房まではいらないが ちょっと注意が必要
今日 彩菜茶屋で須磨からと言う人と話したが その人の隣家では 屋外に植えてあり元気とのこと
周囲は 成育中のカイノキの子苗

鉢物草本植物は 時々のマイルドストレスが必要で その方がよく根を張る
三徳山の土産物店に 木につけたセッコクが ずらりと並んでいる 売り物ではないが 水・肥料は一切やらず お天道さんまかせの放任栽培であるが しっかりしたバルブができている
子供も あまりかまうと良くない 時々横目で見ていて 信頼しつつ放任がいいと思うけど・・・
僕も あまり口をはさんで欲しくはない と思ったり 気をかけてくれればいいのにと思ったり 勝手なもの
放任も良否がある

ああっ 雨が

18日は 雨 雨 銀色の雨
湿度はあるけど 涼しい

人間勝手なもの
あれだけ乾燥し あれだけ待った雨も もう十分
今度は 10日後で十分 農業は天候に左右される

フェリシア スイートアリッサム なんだったか3種類の種まきをした
後 ヒマワリの種を取る

2_20120918171530.jpg
24.9.17 紅花小山ナデシコ
もうすぐ 満開になるだろう

いねむりをしたり FMを聞いたり 生産性の悪い日だった
まあ こんな日もあるだろう
明日から また頑張る

ああ 風が

17日は くもり 終日雨が降ったり止んだり 風も吹いたり止んだり
あまり暑くはない

台風に備え 二人で4時には作場に着いた
背の高いもの 貴重品を地面に降ろし 帰って少しまどろむ
二回目の作業は 6時開始

1_20120917173716.jpg
24.9.17 着生ランなど
つり下げてある 着生ランのトレーで 足の踏み場もない

おかげで あまり強い風も吹かず 痛んだ株はない感じ
まだ 風も雨もあるので 吊り下げは 明日の朝やることにした

友人のYさんが ある用事で来てくれる 2時間以上話し込んだか
この人には いつもお世話になっている
妻は 地区の役員で 敬老会の用事のため外出
花に関しては 何もしない1日だった こんな日は珍しい

なにわともあれ 被害がなくて助かった
南のほうで 直接台風被害にあわれた方に お見舞い申し上げます
 

君の名は

16日の当地は 時々薄日がさすものの くもり
台風の影響だろう 強い風が時々吹くし 蒸し暑い

古土の処理 緋ネムなどの鉢替え 寄せ植え準備 寄せ植え 表面処理をした
昨日までは 自分の作業のみにしていたけど 今日から二人分の仕事を紹介

1_20120916215412.jpg
24.9.16 君の名は
いつ どこから来たものか 誰も分からない
夏冬元気で この時期 淡くラッパのような花が咲く 君の名は

2_20120916215412.jpg
24.9.14 キントラノオ
山野草には珍しく 派手な花
個人的には あまり好きではないけど 好きな人も多い

3_20120916215411.jpg
24.9.14 多分 コムラサキシキブ
カタログでは ムラサキシキブと シロシキブで販売されている
でも こんなに実が付くのは 「コ」がつく コムラサキシキブだと思う
じゃあ シロシキブは コシロシキブか そんなことはないだろう 君の名は 

君の名は
ご存じ 戦前の すれ違いメロドラマ

すれ違いは いっばいある
売れると思って購入したら なぜか売れない
ないものばかり ないかと聞かれたり
予約のみして 買いに来ない人もいるし
仕事の優先順位を付けていても そのとおりいかなかったり
人と人もそう

人生相談なら 
世の中 そんなものでしょ
受け入れざるを得ないことは受け入れ 変えれるものは 変え
あなたらしく あまり気にせず 生きていきましょう

ケセラセラ ケセラセラ

秋が来る

15日の当地は 晴れ
蒸し暑い 以外の言葉は見当たらず でも ときおり吹く風は 緑のゼリー

親戚からモミガラをもらい畑に ソルゴーを畑に ニンジン畑の草取り 草刈り
今日は 爺さん農園にかかりっきり

1_20120915215825.jpg
24.9.15 霧の中 のようなチェッカーベリー
昨日アップの苔玉に こんな実を来年は付ける これは 親株用の別鉢

2_20120915215824.jpg
24.9.15 岩シャジン
本日 某種苗会社から届いた
岩シャジンは 何回か挑戦したけど あきらめた
どうしても 夏を越さない 株は生きてはいるが 開花サイズにすることができない
完売しなければ 冬越しはするけど

3_20120915215824.jpg
24.9.15 シュカイドウ
品種名は分からない けど 9㎝鉢で咲いているので 「姫」が付くのだろうか

4_20120915215823.jpg
24.9.15 掘り起こされた レンプクソウ
多分 チュー太郎君かチュー子さんだろう
白っぽく見えるのが レンプクソウの塊茎だけど チョロギのように見える
ほかにも ニオイハンゲが 掘り起こされた

水やりをしていると トカゲが逃げ出す
多分 水がかかるのが 好きでないのだろう
トカゲは虫を食べてくれる
トカゲハウスを作ろうと 調べたけど 構造が分からない 
ヤモリハウスは 1個作ってかけている
 

性格の差か

14日の当地は 晴れ
台風の影響か 蒸し暑い バターまみれの1日

草刈り 軽四改修をした
改修とは大げさ イベント出店の花を積むため 周囲に取り外し可能の 風よけをつくっただけ

1_20120914222325.jpg
24.9.14 クジャクシダ

2_20120914222325.jpg
24.9.14 ソヨゴ
ソヨゴのシルエットは 最も好きなものの一つ
なぜか うまく発芽しないし サシキも着きにくい

3_20120914222325.jpg
24.9.14 チェッカーベリー
まだ 未完成
何となく 上部にコケが少ない
これは意識的に ハイゴケを少なくし ホソバオキナゴケを置いている
まだ 実も付いていないし 来年は ホソバオキナゴケの上に 真っ赤な実を付けさせると 価値が上がる

ところで
クジャクシダは 妻の作品
ソヨゴと チェッカーベリーは 僕の作品

クジャクシダは 美容院へ行っている
ソヨゴとベリーは 自分で散髪した 手ブラシ

僕たち夫婦を知っている人は ニヤニヤするか

地中海から

13日の当地は くもり 時々 晴れ
蒸し暑い

草刈り 鉢整理 鉢替え 除草剤散布 カブ播種をした

ニンジンは 発芽したら 半分成功したようなもの と言うほど発芽がむつかしい
それが 大部分 発芽した
しかし 遅くとも8月20日までに播種とのことだけど 9月になってまいたもの さて どうなるか 

1_20120913212353.jpg
24.9.13 野生シクラメン ヘデリフォリウム
野生シクラメンが咲き始めた
例年 8月下旬から咲き始めるけど 9月になってから咲く方が理想的

地中海周辺が原産地 
以前から言うように このヘデリフォリウムは よく咲く
欠点は 小鉢ではバランスよく 咲きにくいことで 世界の愛好家が困っているらしい
この個体は うまく咲いている部類

原産地の写真を見ると 踏んで通るほど咲いている
こんなにいっぱいあると 地元の人は わざわざ見に行く気にならないのか
日本で言えば スミレかタンポポか
でも いっぱいある所を撮影してあるのだろう 当然
行ったことのない 僕にとっては 飛んでイスタンブール

地中海からの使者 の栽培方法などは シーズンになったらアップ予定

うっ 後ろから

12日の当地は 晴れ
相変わらず 蒸し暑い
この時期の この暑さ 手にべったり アイスクリームが付いた感じ
用事があって 旧加茂町に行く 標高が高く ちょっとススキの風が吹く

彩菜茶屋へ出荷 鉢のかたづけ 除草剤散布 加茂町に行く

1_20120912212116.jpg
24.9.12 自作苔玉
クヌギを主に 姫ヤブラン 画像では見えないけど ツタも入っている
ちょっと さわやかでしょう 手前味噌ではありますが
家内の苔玉は コケをきれいに散髪してある
僕のは ワイルドに伸ばしたままで 邪魔になる(と思う)ものを切る
ウサギと ライオンの雰囲気

2_20120912212116.jpg
24.9.12 ツリバナとマユミ
中央 淡い茶鉢はマユミ 画像では見にくいが 大きく右に流れ 枝を下げてある

その奥は ツリバナの紅奴
地味に見えるが けっこう高価な商品 熟すととてもきれい

最近は こんな物が増え 盆栽屋に商売替えか と 笑われる

3_20120912212115.jpg
24.9.12 今日のみちくさ

4_20120912212115.jpg
24.9.12 イタビカズラ
みちくさの展示用の 非売品
ものの本で見ると 四国に自生するとのことで 昨年四国出張の時に 岩を見たけど 見つからず
そりゃあ 道ばたでちょっと 車を時々止めただけだから

彩菜茶屋出荷の時 二人の人から 声をかけられた
どちらも 全く知らない人だけど 相手は僕のことを良く知っていた
花屋でなくても 商売をしていると こちらは知らなくとも 相手はこちらを知っている

いつ ビデオカメラが回っていても かまわない
そのように 慎まねば 慎まねば 
劉備元徳も そう言っていた 

ひまわり爺さん

11日の当地は くもり ほんの時々薄日がさす
比較的 過ごしやすい1日だった

ちょっとした手違いで 午前中無駄にした 物事はよく確認が必要
鉢の整理をして 販売品を置く場所を作った

1_20120911223802.jpg
24.9.11 ひまわりおばさん
これは 比較的若い

2_20120911223801.jpg
24.9.11 ひまわり爺さん
向のほうには 枯れてずいぶん経過した花がある
今日 2回目の刈り取りをして 陰干しを開始
購入した種子より ちょっと小さい まあ 肥料もやらなかったし・・・

ひまわりの種子を取るのは 生まれて初めてと思う
こんなに 花がらから種子を取るのが 面倒なものなのか
もしかしたら 取るのが早いのか 分からない
種子代が高いのも うなずける

3_20120911223801.jpg
24.9.11 サルスベリ 夏祭り
画像でわかりにくいけど フリルの覆輪になっている
今年 初めて見た花
やや高価だったけど ありがたいことに 想像以上販売できた
ありがとうございました

10月のイベント用の 製品作り
鉢の除草
ソルゴの移動
種蒔き・・・ ああ 暇にはならない

ウオーターマッシュルーム

ウオーターマッシュルームの 栽培について 本日みちくさに 電話をいただきました

みちくさでの 栽培方法は9月7日にあります
よろしかったら ご覧ください

進歩なし

10日の当地は くもり
蒸し暑くて ちょっと動けば 汗が噴き出してくる

以前刈払った ソルゴーを畑に入れる 今日のペースだと 10日はかかるだろう
販売品を置くスペースを作るため 鉢の整理をする

今日 特にいそがしかった訳ではないが 画像なし

片付けていて いつも思うことを 再確認した
非常に簡単で 非常に効率的に 事が運ぶ
それは ラベルを付けること

そのときは 分かるからと付けないでいると 休眠している鉢に 何があるか分からない
だから 結果的に不必要な物まで 置くことになる

それと ちゃんと付いているけど 消えているラベルがある

でも これだけ鉢数が多いと 訳が分からない
来春は植え替えようと思う鉢も そのまま
また 分からなくなるだろう

タンスを整理していて 貯金通帳や メイプル金貨が これだけ出てくればいいのに 

春日八郎さん

9日の当地は くもり ほんの時々 薄日がさす
本当に蒸し暑い

「きんちゃい朝市」のかたづけ 彩菜茶屋へ出荷~那岐山麓山の駅にいたんだ鉢物を取りに行く
草刈り--よく書いているけど ちょっとづづやっているから よく登場する
今日の草刈りは 畝の肩の部分を主に刈った なにせ 草の中で野菜を栽培しているので
うっかり カボチャの胴の部分を切ってしまった

1_20120909213637.jpg
24.9.9 菊葉フジバカマ
ぼちぼち 秋のプログラムがONになった
このフジバカマは 数年前に嫁に来たもの ちょっと魅力的な秋の花

夏には夏の花が咲き 秋には秋の花が咲く 柿の木坂は 駅まで三里
この駅は 当時の国鉄か ボンネットバス停かは知らない
植物の遺伝子は 秋を感じている

2_20120909213636.jpg
24.9.9 キントラノオ
熱帯アメリカ原産とのことだけど 当地でも越冬してくれる ただし ちょっと気はつかうけど
温度さえ確保できれば 年中開花するらしい

3_20120909213635.jpg
24.9.9 マキエハギ
本州~台湾~中国原産とのこと
万葉集に登場する花のトップらしい
暑い夏も終わり 秋の気配を感じ 詠んだのか
春になれば なぜ もっと梅を詠まないのかと たぶん僕は思うだろう
でも まだまた 暑い 万葉の人々は 早い秋を期待し 詠んだのだろう

今日も 元気で無事終わる

まあ こんなもの

8日の当地は くもり 時々 晴れ
昨年も暑かったのだろうが 蒸し暑い

「きんちゃい館」の朝市へ6時前から出発 午後はそのかたづけ

1_20120908221355.jpg
24.9.8 勝負の後で
売れ残りを持ち帰り 片付ける
持って行った物が 大部分が販売できるのが 年3回 那岐と久世が2回

あとはまあ こんなものだろう
売れる物を予想して 持って行くけど 不景気なのか 作りが悪いのか どうしても残ってしまう

ともあれ 関係者の皆さん お客さん ありがとうございました

さて お客さんと 水やりの話になった
夏は 過ぎつつあるが この時期の水やりポイント

時間を割り振る
雨のように じっくり長くやるのが理想 だけど無理な話 どうするか
たとえば 全部水やりすると 30分かかる場合
15分で一回りし また15分で回り 合計30分をかける

周囲にやる
鉢が並んでいると 外側にはかかりにくい傾向がある
周囲を重点的にやると 全体にかかる

葉の下からやる
ハギやイカリソウの葉は よく水をはじく
ギボウシやマツムラソウは 葉が大きく かかった水が 鉢から外に流れる
葉にかけ 葉面温度を下げる必要もあるが
蓮口を葉の下にしてやると 鉢上に水が落ちる

これを心がけてやると 土中に水が落ちる量が増えることになる

やはり自分で

7日の当地は 晴れたり 曇ったり 
けど すごく蒸し暑い 

田の草刈り 「きんちゃい朝市」の用意をした
けど 終わらず 明日は5時起きで用意し 出発する

1_20120907212132.jpg
24.9.7

2_20120907212132.jpg
24.9.7 いつもの風景
イベントがあれば いつもこのとおり
販売できそうなものを集め 草取り 枯れ葉取り 鉢の掃除 ラベル付け 価格設定
ああ いそがしい
ネコでなく 本物の人の手を借りたい 座敷童さんも歓迎
100~6500円までの 商品を用意した

さて ウオーターマッシュルームの育て方
むつかしくは ありません

置き場 半日陰~明るい日陰が理想 でも日当たりでも可能 日陰はダメ 夜露に可能な限り当てる

水 ジャブジャブやる ただし 1日1回で十分 皿に置いた苔玉なら それでOK

肥料 春~初夏の成長期にやる それと 秋の生育期
あまり濃いものでなく 薄めの液肥が安全 葉色が薄くなった時やる程度

冬の管理
葉は枯れるけど 地下部は生きている 水を忘れないように
凍らない程度にして ストーブのない部屋などに置く

絶対安全な越冬方法
水没させておく ただし 苔玉の場合 コケはダメになるので 春に再度作り替えること
みちくさの親株は 通年 屋外の スイレン鉢の中にある

今でもだけど 野生シクラメンはマイナーな部類になる
30年くらい前の本には 夏の休眠期に 一滴でも水をやると腐敗する と書いてあった
しかし それでも よく腐れていた
今は 屋外に置いたままで 水がしっかりかかったり 少しかかったり このほうが無事の確率が高い

彩菜茶屋でも ウオーターマッシュルームの苔玉が 比較的よく出た
みちくさの管理方法は以上だけれど

--ここからが肝心--
どんな植物も 自分の環境に合わせ 自分で試すことが 最も大事です
ひとつの例を言えば 日当たり
葉焼けしない範囲で 可能な限り 日に当てる方が成績は上がる

--ここも重要--
苔玉のコケを いつもきれいに保つのは 至難の技
半日陰~明るい日陰で 湿度と水分を「適当」に保ち・・・後は祈ったり

雨とコケはよく似合う

6日の当地は 晴れからくもり そして激しい雷雨 またまたくもり
いまだ 蒸し暑い 夜の今は けっこうさわやか

鉢の除草 かたづけ ビオラの種蒔き 「きんちゃい朝市」の用意をした

1_20120906212737.jpg
24.9.6 ビオラ播種
ビオラの種蒔きは 確か生まれて初めてと思う
用土とトレーを購入 種子袋を見ても 花の記事を読んでも 種子の上にかける土の量が不明
軽く覆土する とあるけど 軽くとは 1㎜ 5㎜
仕方なく 家内からWさんに聞いてもらう
丁寧に教えていただいた 「モミガラ燻炭ひとつまみ」かけるとか
燻炭がないので 播種用土をかける

光がないと発芽しにくい 光好性種子があるので 悩んでしまう
一般的には 細かい種子ほど 土をかけない

2_20120906212737.jpg
24.9.6 ハイゴケ
みちくさの主力に 苔玉を置いている
いつでも使用できるよう 集めてきれいにしておくけど 集めて来るのがけっこう大変
ゴミの少ない 良質のコケが採種できれば いいけど

3_20120906212736.jpg
24.9.6 雨上がりの ギボウシ 玉のかんざし
今日は水やりはしなかった
雨はありがたいけど 朝市の販売品を集めるのは 大変
今日は20㎜くらいの雨が 30分程度で降った
半日くらいかけて 降って欲しい 
雨はゆっくり降れ 飴とチョコレートはゆっくり溶かそう

テレビが 後ろで何か言っている
営業は10時からだけど 朝早く 商品を求めるお客さんがある だから 早くからやっている
遊び心と 品質第一の店とか 真剣に聞いてないけど 和菓子屋さんかな

みちくさも それが目標

玉のかんざし

5日の当地は 晴れから くもりへ 夕方にわか雨がある
水やりをしなかった
ぼちぼち 夕方から朝に変えるころ
でも 暑い日が続いているので もう少しまつか

田のハウス周囲の草刈り それを 畑に入れる
朝 お客さんがみえる その後 彩菜茶屋に出荷 ビオラの播種用意で1日終わる

1_20120905205817.jpg
24.9.5 野ケイトウ
左から順に ルビーパフェ ホルン シャロン として種苗会社から種子購入したもの
今 80㎝程度
ホルンとシャロンは 見た目が同じ どこが違うのか
この3鉢は 種子採種用として 大鉢に植えている

2_20120905205816.jpg
24.9.5 同じ野ケイトウ
左2列がルビーパフェ 中がホルン 右がシャロン
やっぱり ルビーパフェ以外は 全く同じに見える

これは 高さ30~40㎝になっている
目標は 20㎝程度までの セロシア・キャンドルにしようと思っていたのに
来年は 肥料を控えたり 矮化剤を使って見るか

本日 彩菜茶屋で 玉のかんざしを買っていただいた ご夫婦のかたに
ご説明の時 言い忘れたことがあります
肥料は 芽出し~初夏までは 多く必要ですが 
秋は 涼しくなったら少しやってください そして 葉色を見て 緑が薄いようなら液肥で調整してください

来年 発芽の前後に 植え替えをおすすめします その方が 結果良くなります
八重咲きで 種子ができないため 増殖には株分けが必要です
ぼら 赤玉 鹿沼などを混合した 高気密土を使用してください あまり用土は選びません ただし 水はけ良く

あくまでも 当店の方法ですが
このブログを見ていただく確率は 低いですけど

プログラムX

4日の 当地は くもりから 晴れ そして少しくもり 心模様のよう
昼間は暑かった

「山野草趣味の会」の 秋展示の打ち合わせに 真庭市に行く
メンバーが1人増え にぎやかになった
開催は10月20~21日の予定 後日お知らせします

3_20120904215311.jpg
24.9.4 ワイルドオーツ
早く売るつもりだったけど まだある 少々日焼けしてきたので 枯れ葉をとる必要がある 

5_20120904215312.jpg
24.9.4 ○の所にクモがいる
このクモ ここにいるのに気が付いたのは 約10日前
水をやる時かかるし ご覧のように風通しも悪く あまり虫が飛来するような気もしない
修理をしながら まだ住んでいる
時々見ても 獲物はかかっていない様子
隅のほうにも2週間

1_20120904215313.jpg
24.9.3 雑草
降雨が少なく 水やりしていても そんなに草は生えては来なかった
先般 2日連続で ほんの少量の降雨があった
日々の水やりより 少なかったのに・・・

なぜ 雨と同時に いっせいにはえるのか
小さな種子のなかに 正確なプログラムXが設定してある
せっかく ミッションXで生えてきたけど 明日除草剤散布の予定

このプログラムを正しく理解し うまくコントロールするのが勝負

ひまわり娘

3日の当地は 晴れから くもりへ そして夕方小雨
水やりをどうしようかと しばし考慮
葉の大きなものだけにやり 後は 明日の朝決める
連続2日間 手数がはぶけた 明日で ハットトリックか

法面の草刈りと その集積 ニンジンの種蒔き 苔玉のコケ用意をした
ニンジンは 果物感覚の品種 うっかりしていて 2週間 種蒔きが遅れた

2_20120903211013.jpg
24.9.3 ギボウシ 玉のかんざし
純白のユリのような花 
ほのかではあるが 甘美な香りがある 朝シャンをイメージする

3_20120903211013.jpg
24.9.3 クロタマホシクサ
昨年の残り株の種子をまいたもの
いつ頃咲くか ちょっと覚えていない
けど 充実した株なので しっかりした花が上がると思う
こんな 元でのいらない種は可愛い

4_20120903211012.jpg
24.9.3 ルリヤナギ
これは山野草なのかどうか 不明 けど 売っている
淡く 上品な花 ヤナギのような葉と 瑠璃色の花色からついた名

ぼちぼち 秋の花が上がってきた 春よりは桁外れにすくないけど

1_20120903211011.jpg
24.9.3 ヒマワリ娘
緑肥用ひまわり 特に名はないらしい
発芽能力のほどは不明であるが 来年用に採種することにする

画像は7/28 7/30頃にあり

種苗会社で 名をつけていないので 僕は「ひまわり娘」と呼んでいる
採種したのは 「ひまわり爺さん」  
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

6/17~6/18
◎山の駅山草展
那岐山麓山の駅

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR