トランスフォーマー

31日の当地は 晴れ 時々 くもり
日陰は ちょっとだけ寒い感じ

彩菜茶屋へ出荷~整骨院~買い物
ゼニゴケ駆除
正月用にヤブコウジの鉢物作り
ポット洗いをする

1_20121031193917.jpg
24.10.31
手前がブロッコリー むこうがキャベツ
さて どんなのができるか

2_20121031193915.jpg
24.10.31 ホウレンソウ
白く見えるのは 石灰と米ヌカ
石灰は 全層すき込みすべきだけど 表面にまいただけ
昨日 プラグ苗を植える

本によると
宮本武蔵の ある場所での出来事
指南役の武士の前で ある技を披露する 普通の武士には決してまねることのできない 高度の技だった
そして 武蔵が言ったとか
人を切る と言うことは 100回戦って 100回勝つことである
例え 99回勝っても 最後の1人に負けたら 勝ったことにはならない
武蔵にとって ただいまの技は 極めて容易であるが 人を切ることはまだまだ至難の業

読書好きの僕が 歯医者で読んだ 劇画の一コマ

トランスフォーマー3作目は 特に何ともなかった
でも 臆病者の方が生き残ると 2作で言っておきながら
再度 野望を持ち 正義のオートボット・オプティマスに挑み
そして 破壊された

何で 言ったのか 言わせたのか
スポンサーサイト

トランスフォーマー

30日の当地は くもり
温度はちょうどいいくらい
午後 ホウレンソウのプラグ苗を植えている時 生暖かい北風が吹く
ちょっと 小春日和の感じ
ヨハンシュトラウス「春の声」を思い出す
僕の1番好きな曲です

右肩が痛くて 整骨院へ行く ちょっと腫れて少し熱を持っているらしい
明日から ちょっと通院か
ホウレンソウの定植
ゼニゴケ掃除
タヌキマメの種子精製をする

夕べ トランスフォーマー2作を見る
やっぱり2作だった
テレビと同じ 最後の1分だった 表現は少し異なっていたけど

テレビ 時には臆病者の方が生き残る
DVD 時には腰抜けの方が生き残る

腰抜けはあっているけど
生き残るだったか 得をするだったか いいこともあるだったか
夕べのことなのに 覚えていない
ダーウィンの説と 同じ

今日 3作目を見る これはなんだろう

南半球から

29日の当地は 晴れ
日中は 暑くもなく寒くもなく
牧神の午後への前奏曲を 聞く感じ

降霜期に備え 寒冷紗の下に 小さなビニールトンネルを張る
この簡単な保温で栽培できるものしか 作らない
ランの植え替え
後は ひたすら延々単調に 鉢のゼニゴケを取る 腰が痛くなった
みちくさの雑草で 1番の厄介者
どこの作場でも 同じだろうけど

1_20121029173601.jpg
24.10.29 プロトプテリス・クルタ
オーストラリア原産の ランらしい
鳥取のTさんから いただいた
もう何年もここで過ごしている すっかり居着いている
ちょっと 遅くなったけど 一部を植え替えた

春に開花するけど 南半休の原産地では いつ花開くのか
Tさん ありがとうございました
順調に増殖しています
和名は ズキンラン 頭巾ラン 
そう言われれば 頭巾に見えるのか

今日も元気で 無事終了

トランスフォーマー

28日の当地は くもり

午前は 地区の草刈り
午後 ホームセンターなどを回って見る
表面処理を少し

バーゲンの知らせが 届く
行って見ても どうも安くない
別の店に行くと そこの方が安かった
注意が必要 うまい話には気をつけろ

1_20121028201333.jpg
24.10.28 イチジクとキューイ
イチジクが 3本植えてある
イチジクと言えば 桝井ドーフィン
けど 日本在来種が 栽培しやすくうまいと聞くので 日本種を購入した

キューイは 黄色種
なぜか 2回連続して枯れたので 放っていたけど ホームセンターで見て つい買う
今度こそは 成らせるぞ

2_20121028201332.jpg
24.10.28 ツルウメモドキ
根上がり盆栽風に仕立ててある
もうすぐ 実が割れる
赤とオレンジの 超派手な実がはじける
そのタイミングで ある現物を全部処分したいのだけど

3_20121028201332.jpg
24.10.28 コナラ
22年1月に播種したもの
日陰で生育させ ヒョロヒョロな 文人風に仕立てる予定だった
でも日陰過ぎて 本来ならしっかり太くなるコナラが これこのとおり
方針を変え 画像のような姿にするつもり
来年4月の展示会に向け 寄せ植えの用意にかかる

トランスフォーマのことを 過去 何回か書いた
2作目の 最後の1分間が勝負だ と

コマーシャルのないものをみたい と子供に話していたら 今日借りて来てくれた
3作あると

では テレビで見たのは何か

とりあえず 今日1本見る
例の言葉は 何作目の どのあたりに出てくるのか
本当にすばらしい 言葉です
座右の銘にしています

いつも悩んでます

27日の当地は 晴れ 時々 くもり
朝は寒いけど 昼間は暑い
これだけ温度があれば 植え替えをしたいけど 昼間だけだし
植え替えしたい物はいっぱいあるのに 来年の春には地獄の植え替えが待っている

彩菜茶屋へ出荷
鉢の表面処理
フウチソウの種まき
苔玉をくくり付ける 石に 接着剤でワイヤーを付ける


1_20121027195249.jpg
24.10.27 初めてのアングル
南東方向を見る
カイノキの一部がきれい

2_20121027195249.jpg
手前の木はセンダン
7~8年前に見つける
小鳥が運んだものだろう
この左側には マユミ ヤマガキ コナラなどが植えてある
防風林にしている
かなり大きくなり 小鳥もよく来ている

さて
今日のタイトルは いつも悩んでいます
知り合いのブロガーは ぼけ防止にブログをやっている と言っています

僕のぼけた頭では タイトルさえ なかなか決まらない
シクラメンのことを書くとき タイトルをシクラメンにすれば 簡単だろうが それもおもしろくないし
本文となれば なおさら

本当に 感性がお粗末で なかなかいいことが書けない
夢の中に コロボックルや 座敷童が出てきて なにか教えてくれないか

周りのようす

26日の当地は 晴れ
気分良好 木陰から赤毛のアンが出てきそうな1日

ツルウメモドキの鉢替え
後は ひたすらスプリング・エファメラルの表面処理

ちょっと 作場周囲の様子を 画像は すべて本日撮影

1_20121026195001.jpg
黒カキ
亡くなった 妻の父からもらったカキ
早くから食べられ 摘果しているものの 隔年結果になりにくい
だいぶ食べたけど まだ100個程度あるか
樹上で完熟した果実を食べるのは 至福の時間

2_20121026195000.jpg
イチジク
外国産らしいが 品種名は不明
夏果もいいけど 秋果のほうが 多くなり 甘い
残念なことに 鳥や昆虫も大好物で 完熟を待たずに取る
だから ちょっと残念

3_20121026195000.jpg
ササ防止
イチジクやカキなどを植えている場所に ササが侵入してきた
除草剤は ササ以外も枯らすし 食べるものに吸収させてもおもしろくない
遮光率の高い寒冷紗で 光合成を阻害させ 枯らすつもり
近いうちに もう1枚張る予定

4_20121026194959.jpg
ロウヤガキ
2㍍程度の高さ
鉢で50㎝程度に作り これだけ実を付けさせると豪華
これは 親木にしようと植えたけど まだサシキなど何もしていない

5_20121026194959.jpg
野生シクラメン・ヘデリフォリウム
何年か前に播種したままのもの
エライオゾームだったか そんな物が種子にくっついており アリを呼ぶ仕組みになっている
アリが エサとして巣に運び 勢力を拡大していく
我が家では 野生シクラメンが 思わぬ所で咲くことがある

6_20121026194958.jpg
アタゴガキ
これから年末にかけ 真空パックにして売られている
昨年 妻の母にあわし柿にしてもらった けど すぐに軟らかくなってしまった
販売されている柿は 何か特別なことがしてあるのだろう
今年は 樹上で完熟した 熟し柿にしてから食べる予定
まったりして 得も言われぬトロトロになる
けど 本来はこうして食べるカキではない

田舎で 土地があり 樹上で完熟した安全なものを食べることができるのは きっと幸せです
自分では あまり気がついていないのだろうけど

情報収集に

25日の某所は くもり のち晴れ
昨日も今日も 過ごしやすいけど 朝夕は寒い
北の国からこんにちは

今日は 情報収集に走る
今後も 時々は行く必要があると感じた場合
多分 もう行かないだろうなと感じた場合
やっぱり 今までの所が上と感じた場合

1_20121025190732.jpg
24.10.25 今日の釣果の一部
鉢は かなり安く買えた 
サッコウフジ2鉢は 園芸店に寄り道した時にあった
かなりの幹姿のが1本 もう1本は普通
1本は化粧直しして 寄せ植えに使う予定

同じ商品でも 買う相手によりかなり異なる
鉢 山野草 雑木類 盆栽 ラン類・・・全部が同じ場所で入手できない
それぞれ得意な分野があり それを見つけるのが大変
のんべんだらりでは まず 見つからない
過去の経験で 最も効率的に見つかるのは 一にも二にも信頼関係が大事 

赤く

24日の当地は 晴れ
暑くもなく 寒くもなく 快適
ジャスミンの香りがただよう気分

彩菜茶屋へ出荷
水菜の植え付け
ツリバナマユミと 風鈴ガマズミの播種
セツブンソウと アネモネ・ブランダの鉢処理

1_20121024194043.jpg
24.10.24 ブルーベリー
ブルーベリーは 食べるだけではない
スノキの仲間で 秋の紅葉はすばらしい
実を成らせて枝作りをして 初夏と この時期の販売が可能
この個体は 現時点で最も葉がきれい 
コードネームは 6-1-10-11

このコードネームの意味分かりますか
どんなに頭が良くても
特別な発想ができる人でも わからない
ただ 日本のある職場に勤務する人が見れば 思わずニヤッとするだろう

2番目の個体は 2-8-17-35 がついている

2_20121024194043.jpg
24.10.24 カイノキ
なぜか 全体が紅葉せず 画像のように一部だけ紅葉する
それも 毎年 
誰かの気持ちに似て不思議

3_20121024194042.jpg
24.10.24 赤く 赤く
日増しに赤が増えていく
まるで 安定した子供の絵のように

唐突ですが
どんな目的で 花屋をやっているか
確かに好きです 花を作ることに喜びを感じる

でも 本当は 人に喜んでもらいたいから
・みちくさの花は きれい
・変わったものがある
・親切に話してくれる
・行くといいことがある

お客さんに こんなことを考えてもらったら 売り上げが増えることになる
自分だけ儲けようとしたら その時だけになる
大げさに言えば 社会に貢献すれば 自分に返ってくる

言うだけなら 何でも言える 

美風盆栽展

23日の当地は 雨からくもり 時々雨 夕方薄日が差す
風も冷たく 季節は巡る
停留所で待つ トトロの頭に落ちる水滴のよう

雨なので 売り上げの整理をする
昨日Fさんからいただいた 貴重品の鉢替え
Wさんが来られる
夕方 美風盆栽展に行く
画像は本日分
1_20121023193855.jpg
津山城址か城趾かどちら
サクラの名所 
位置が高く 下側道路から見上げると サクラがすみのよう
下からはよく見るけど 城趾公園内でサクラを見たのは 数十年前か

2_20121023193854.jpg
津山市街を見る

3_20121023193854.jpg
ヤマコウバシ
葉が遅くまで残り 今はオレンジマーマレードの感じ
淡く 黄~オレンジ系に紅葉し 妖精気分

4_20121023193853.jpg
モミジ 琴の糸
ふんわかふわり 天女の羽衣

5_20121023193853.jpg
本日の収穫
これだけゲットする
30㎝素焼き鉢 16個
石 7個
イヌビワ 1本 これで1000円札 数枚 ニッコリの買い物

山野草栽培には 大きな素焼き鉢は 必需品
石には シダを付けようか それとも盆景にするか
イヌビワは 曲線が良かった 来年の展示会用に使用予定

雨やくもりは すかっとしない
早く晴天になれ
時々は 雨もいるけど
今夜は寒いだろう
ぼつぼつ 霜に弱い物の対応がすぐできるよう 用意が必要

倉敷にて

22日の倉敷は 晴れて 暑い

一人で 県南の盆栽市に行く

1_20121022204229.jpg
24.10.22 今日の収穫
もともと盆栽市なので みちくさの欲しい 草物はとても少ない
何が どれだけ出品されるかは 出品者のみぞ知る

今日は 欲しかったのは 石とクコの盆栽のみだった
石は 希望の半分以下入手
クコは 想定よりやや高く 声かけをやめた

石には シダ類 セッコクなどを来春つける
それまでには また少しはとれるだろう

帰りに いつもお世話になっている Fさんご兄弟の家に寄る
モミジ葉シダ 野ブドウなどをわけていただく
いつもだけど 安価に分けていただき 行くのが悪いような気がする
情報もいろいろ教えていただいた
ありがとうございました

イベントが終わった
植物に接する時間が 確保しやすくなる
いろいろ することがいっぱいある

鉢の除草と表面処理
セツブンソウ アネモネ・ブランダなどの処理や施肥
不要品の整理
来年の寄せ植えなどの準備
ビオラ植え替え・・・

Wさんが 明日みえる
気をつけておいでください

久世にて

21日の当地は 快晴
午前中の日陰は寒い 午後の日当たりは熱い
フルーツシャーベットと ココナッツの気分

二人とも 久世での「山野草趣味の会」の展示・即売
僕は早くから 妻は彩菜茶屋へ出荷後来る

1_20121021204025.jpg
24.10.21 展示会で クロタマホシクサ

2_20121021204025.jpg
左から 姫イタビカズラ ツルイワギリ カクレミノとヤブコウジ 銀杏シダ

3_20121021204024.jpg
展示の様子

4_20121021204024.jpg
即売の様子
3業者が販売

知り合いの方が 大勢見えました
見ていただいた方 買っていただいた方 ありがとうございました

今朝 久世に行く途中のラジオ
番組名は分からない
女性パーソナリティーが言っていた 自分のために 男性に歌って欲しい曲3曲をあげると・・・
3曲とも知らない曲 3人のうち1人は 名前のみ知っていた

ちなみに僕の好きな ではなくジンと来る  日本の3曲を上げると

・「川は流れる」 中曽根美樹さん
いつ頃から好きなのか 分からない おそらくずっーと昔から
ドラマチック セクシー 心にしみ入る感じ

・「さよならをするために」 本田路津子さん るつこ こんな字か
ジンと来る 
いろいろな人が歌っているけど BさんやCさんではダメ 本田さんでなければダメ 彼女が歌っているのを5年ほど前に知った

・「栄光の架橋」 ゆずのお二人
数カ月前に知る
何か 心豊かになる感じ やるぞ と言う気持ちになってくる

津山にて

20日の当地は 晴れ
午前中 日陰でじっとしていると ちょっと寒い風が吹く 青いリンゴの気分

妻は 久世での展示・即売会
僕は 津山グリーンヒルズでの テント村出品

午前中 知り合いのYさんが 手伝いに来てくれる
お礼は ホルモンうどんと缶コーヒーのみ 本当にありがとう 助かった

1_20121020205917.jpg
24.10.20

2_20121020205917.jpg

3_20121020205916.jpg

4_20121020205916.jpg

花の店みちくさ の場所は1番端だった
アップしようとして 気がついた 賑やかな場所の画像がない
自分の場所のみ写した

お客さんは 対象が山野草の人ではなかった
そのため 展示会の即売で売れるような物は ほとんど売れず
大実姫コウジ 紫シキブ 白シキブ程度のみ

反面 画像のような 高価な 完成品が比較的よく売れた
しかも 家族連れのような 若い人に多く買っていただいた
話をしていると 居間や窓辺にちょっと飾る 和物が欲しいのだ と

今日は 知り合いに多く出会った
前の職場の人 山野草に関係ある方 地元の人
皆さん いろいろとありがとうございました

妻も 久世でいろいろな方に出会い 話を聞いたり お土産をいただいたりで 
早速 今日の夕方はワタリガニ
明日は 鯛のカルパッチョ
次は 鯛の味噌汁の予定

皆さん 本当にありがとうございました
感謝ばかりの1日でした

いそがしかった

19日の当地は 晴れ 時々 くもり
うそ寒い日だった

午前は 販売品用意
午後は 久世での展示・即売の用意に行く
夜 津山での販売品用意

1_20121019211926.jpg
24.10.19 カイノキ
子苗を植えてから 7~8年か
だいぶ大きくなったけど
なぜか 毎年 きれいに紅葉しない
例年 西側 画像の左のみしか紅葉しなかったけど 今年は 東も少し赤くなった
どうしてかは 分からない
鉢植えは 真っ赤になるのに 不思議

2_20121019211925.jpg
24.10.19 イベント前の いつもの光景
秋は 花が少ない

どうしても津山での 用意ができなかった
僕は 夕食を済ませてから用意に行く
妻は 地区役員の集まりに生き 終わった8時頃来る
次男は 仕事から帰って 8時過ぎから 来てくれる

作場周囲は 山と田んぼで 夜はさみしい
人の泣き大声のようなものが 山裾を通る
多分 キツネだろうけど 気持ちのいいものじゃあない
ステレオのように 東から西に通り過ぎた

明日は 次男に水やりを頼むことにしていた
妻は 7時半には 久世に出発する
僕も その頃には出る
ところが 急遽仕事がはいった
だから 暗いうちに作場に行き 夜がしらみ始めたら水やりをする
何せ2時間かかる

今夜は二人とも ありがとう
何事もなく 無事 今日も終わる
かなり充実した1日

ありがとうございました

18日の当地は くもり
夕方は 西の方にきれいな茜雲
明日は晴れるだろう
20日頃に予想されていた台風が来ない ありがたい

大佐に販売品を運ぶ ただし 同業者の方に依頼する 引き取りは当方が行くことになった
粟倉に販売品を運ぶ これは自分で行く 風が冷たい 乾いたドライフルーツの感じ
後は 展示品や販売品のチェック

1_20121018202848.jpg
24.10.18 姫イタビカズラ 右は屋久島冬イチゴ
久世での展示品の一部
ヒノキ板の看板は 津山での店名PR用 わざわざ残した 生き節がいいでしょう
字が下手なので ワープロでひな形を作り 墨で書く

2_20121018202848.jpg
24.10.18 販売品の一部
久世と津山に分ける
久世は単品主体 津山は草玉や寄せ植え主体のつもり

3_20121018202847.jpg
24.10.18 販売品の中のホウレンソウ
「民宿はこば」で食べた ホウレンソウがどうしても食べたい
有機肥料で うまいホウレンソウを作る
けど けど いそがしくて 定植する暇がない

4_20121018202847.jpg
24.10.18 ロウヤガキ
今日 嫁入りして来た
夕方の写真なので ちょっと見にくい
もしかしたら ロウヤガキでないかも

今日 倉敷のWさんが来られる
しかも わざわざ 我が家のために
同じ倉敷の Fさんご兄弟の作品を 持ってきていただいた

安く分けていただいたり わざわざ運んでいただいたり 
本当にありがとうございました
嬉しいです

偶然は、用意・・・

17日の当地は 昼前から雨 かなりの量が降った
ちょっと濡れての作業は 寒かった

今日は カッパをちょっと着た
どうしても必要だった

20日からの イベント用意をする

大佐と粟倉の会には 明日 即売品を持参する
だから どうしても今日 用意する必要があった
おおまかに集めていたのに ラベルを付け 家に運搬
そして 仕分けとトレー詰め
雨が降らなければ 作場でできるのに

18日 2カ所に運搬
19日 展示品を飾りに行く
20日 2カ所で販売
本番よりも 18~19日が秋のピーク

ところで この時期の花
通常なら日陰に置くべき 岩シャジン 大文字草 ウメバチソウなども 少々日が当たっても大丈夫
部屋に飾る人も多いが 外気浴も重要
できれば 毎日少しは日に当て
そして 夜露にあわせること
原種植物は 夜露が大好き
でも これらは霜には弱い

パスツール
・偶然は、用意のできる人にしか、恵みを与えない。
今日の 山中教授のことなどを紹介した コラムで知った

・幸運は 準備にほほえむ
確か フランスのことわざで 以前から僕も大好きです

でも 僕は・・・
用意もしていないし 準備もしていないし 努力もせず 
幸運のサインを待っている

あーいそがしい

16日の当地は 快晴
昼前後以外は この世に雲があるのだろうかと言うほど 存在を感じない
やっぱり 秋

草刈り・・・今日でほぼ終わり
ワイルドオーツと○○の種まき
スプリング・エファメラルの表面処理
草玉つくり
イベント用意で終わる

1_20121016202012.jpg
24.10.16 白花ホトトギス 大文字草
ホトトギスは淡い紫
大文字草は 白く 淡く 和菓子のような花
このようなのが好みだけど 需要はそうはならない

とにかく 大文字草は 赤系統がよく売れる

2_20121016202011.jpg
大文字草は 手前2株以外は同じに見えるけど
近くで見ると 葉や花に特徴があり これでも数種類がある
夏を越し 来年も咲く
ただし 株が小さくなり 花も小柄になる
だけど 寄せ植えや草玉には ちようどのサイズになる

3_20121016202011.jpg
24.10.16 岩シャジン
繊細で ピリッとして とてもきれい
悪いことに 夏を越した株は 開花サイズにならない
この近辺ではまず 咲かない とにかく暑がる

適地でも作りにくいのだろう かなり高価です

今日は元気です たぶん 

疲れているかな

15日の当地は 晴れ
初めて上着を着 合計3枚で 作場に行く
昼間は暑かった
冷たいパンにはさんだ あつい焼きそば

来週のイベント用意
草刈り
某所に種子を拾いに行く
アイスランドポピー播種
寄せ植え

1_20121015210540.jpg
23.10.1 野生シクラメン・グレークム

2_20121015210539.jpg
23.10.1 野生シクラメン・プルプラスセンス

3_20121015210539.jpg
23.10.1 石鎚山頂
去年の出張の時

潤いのあるはずの 花の中で仕事
潤いと余裕があるはずなのに
気がつけば 今日は写真がない
何か 疲れているのか

今日も 一生懸命仕事をした つもり
来春は アイスランドポピーの花壇ができるはず

来週はいそがしい

14日の当地は くもり
昨日に引き続き 寒い
昨日は 日中 日が照ったので良かったけど 今日はうそ寒い
麦茶と 冷や奴と ゼリーのような日

勝北に販売に行く
妻は 各地の展示会巡り

1_20121014203103.jpg
24.10.14 勝北文化ホール

2_20121014203102.jpg
同じく

押し花と共催で 賑やかだった
会員の方同士の話が聞こえた
「芳名帳が足りない」
想定より 大勢の訪問者だったのでしょう

販売もかなりありました
関係者の皆様 ありがとうございました

来週は おもちゃ箱をひっくり返すほど 嬉しい いそがしい週になるだろう
当初 3カ所のイベント予定だったけど +1になった

20~21日
販売品依頼のみが 粟倉と大佐の両山野草展
展示・即売が 久世での 山野草趣味の会

20日
津山グリーンヒルズでの 山野草販売
これは 森林に関するイベントであり みちくさはテント村への出展です

関係者の皆様 よろしくお願いします

多忙な1日でした

13日の当地は 晴れ 後 時々くもり
朝の気温3度 手が冷たい

きんちゃい館の朝市に行く
帰りに みまさか山野草の展示会に行く
残った即売品の整理
ビオラの植え替え →本当にビオラです
スプリング・エファメラルの表面処理
妻は 勝北山野草の販売に行く

1_20121013215131.jpg
24.10.13 きんちゃい館

2_20121013215131.jpg
同じく
常連の人も多い

3_20121013215130.jpg
24.10.13 みまさか山野草展で
湯郷温泉で開催中
正面は コバノズイナ
立派な作品が並んでいる

4_20121013215129.jpg
同じく
 
突然ですが ビオラの植え替え中 なんの前ぶれもなく 映画のシーンが頭をかすめる
「街の灯り」
チャップリン主演
中身は 正直 何とも言えないけど
最後の瞬間のために 見るような映画
女優 「あなたなのね」
チュップリン 「今は見えるんだね」
最も 全部見なければ 意味不明

トランスフォーマーと同じ 最後の瞬間がベスト

また 話が変わるけど
フレデリック・フォーサイスの
「アベンジャー」
最後の1行で すべてが分かる
これから読もうと言う人
決して 最後の3ページは読まないでください

秘境

12日の当地は 晴れ 後 時々雲が出る
さわやかな日だった
まあ あまり動かなかったし

即売の用意に かかりきり
勝北山草展と きんちゃい朝市の2カ所用
夕方 勝北に即売の一部を運ぶ

1_20121012211345.jpg

2_20121012211344.jpg
24.10.12
いつもの出荷前の ありふれた風景
ただ 出してトレー詰めするだけなら そんなに問題はないけど
なにせ 品名ラベル 価格ラベルを立てて
枯れ葉などを取り
汚れた鉢は ちょっと拭き 何をどれだけ出したか 内訳記入
雨でなくて何より

今度の土日は 4カ所である ありがたいけど 仕分けにゾッとする
大佐 久世 津山 粟倉の4カ所 延べ7日間

3_20121012211344.jpg
24.10.12 みちくさの やや全体

4_20121012211343.jpg
24.10.12
細い道が 秘境に通じている
離合はできない
ガッチンコすれば 1台程度なら何とかなるけど 2台来れば 片方は200㍍程度バック

国道端など望まない
県道でなくても 町道でなくても
離合できる道路端に 早く移転したい

難しい

11日の当地は くもり 後 晴れ
暑かった

ある所から 僕も所属しているOF会に協力要請があり ツル取りに行く
このツルは 20日にイベントで ツル籠作りに使われる
イベントには みちくさも参加
詳しくは 後日お知らせします
夕方は 13日の即売品の準備

1_20121011214653.jpg
24.10.11 ノコンギクかヨメナか

2_20121011214652.jpg
この花を コンパクトに作ることができれば かなり見応えがある
今年を含め 3年 摘芯して小さくしようとしたけど ダメだった
どうしても 30㎝以上にならなければ 開花しない

通常の方法では ダメだろう
iPS細胞ではないが 常識以外の方法でなければ そうならないのか
とりあえず 来年は矮化剤を使ってみようか

今 背中で聞くニュース
JAが 脱原発宣言をしたとか

電力が足りなくなったら どうするのだろう
TPPで 米がドンと輸入されたら どうなるのか
放射能に おびえて暮らす生活が 大変なのは当然
景気後退で 苦しい生活をするのも大変
だから 難しい

二人の息子は 農業には直接関係ない会社勤務
将来 孫ができても 多分農業はしないだろう
マスコミからの情報は 景気の悪いことばかり

iPS作業

10日の当地は 晴れ のち くもり
暑かった

僕が中学1年の時だったかな
東京オリンピックが 今日から 始まった

ほとんど覚えていない
円谷さんのマラソン
三宅さんのウエイトリフティング
東洋の魔女くらいかな

潜在意識は よく知っているはず
なかなか 顕在化してこない

彩菜茶屋へ出荷
13日からの 出荷用意
届いた ロードデンドロンの鉢替え
スプリング・エファメラルの表面処理と施肥をやる

1_20121010192722.jpg
24.10.10 スズカケ草
なかなか通好みかな
Fさんから 安価に分けていただいた
懸崖鉢に植えると 優雅な曲線を見せる

2_20121010192721.jpg
24.10.10 スプリング・エファメラルの鉢 
去年秋に植え替えた 雪割りイチゲの売れ残り鉢
1年経過すると 肥料で汚れたり 何より ゼニゴケがついて 見苦しい

3_20121010192721.jpg
24.10.10 処理後
汚れた表土を取り 新しい土を入れた
施肥は アネモネ・ブランダとセツブンソウのみにする

今日は iPS再生をした
本当に
・一生懸命に
・ピンセットで 汚れを取り
・施肥して 鉢を再生した

山中教授の インタビューを見た
感謝の言葉しかない
母親に報告できた
できる人は 言うことがちがう

どうなんでしょうね

9日の当地は 晴れ
昼間は暑い
空は セビリアブルー どんな色か知らないけど なんか青そう

子供と草刈り
ツルウメモドキの植え替え
寄せ植えの修理
表面処理と施肥
勝田の販売品残りの整理実施

1_20121009202143.jpg
24.10.9 ブルーベリー
品種名は不明
現時点で みちくさにあるブルーベリーで 1番紅葉がきれい
ブルーベリーは スノキの仲間で 実が成る以上に紅葉がきれい
曲を付けると 寄せ植えの主木になる

2_20121009202143.jpg
24.10.9 地中海から
野生シクラメン・ヘデリフォリウム
いよいよ最盛期になる はずなのに ならない
大鉢が少し咲くだけで 販売用の小鉢に 花上がりが少ない

3_20121009202142.jpg
24.10.9 野ケイトウ
きれいに咲いてきたが 伸びすぎる
もっとコンパクトになれば 十分商品になる
来年は 矮化剤を使ってみよう

ソルゴーの残りを 今朝刈ってしまった
子供が手伝ってくれ 早く終わった
ありがとう

彩菜茶屋への出荷時 展示会の時など よく声をかけられる
「きれいて欲しいけど 来年咲かないだろうし」

山野草で 継続して咲かせることができる花は かなりあるけど
クロユリ 岩シャジン 神津ウメバチソウなど 夏に枯れることはないけど 次年にフラワーサイズにすることは 一般的に困難

でも
ビオラも枯れてしまう
園芸シクラメンも 一般的には咲かすことは困難
シンビジウムも 同じ
切り花は 当然枯れる

こんな方は 生活に潤いの花など 購入することはないのでしょう

この4月 久世での展示・即売会で
ソルダネラ 和名イワカガミダマシを購入していただいた 中年のご婦人の言葉にグッときます
「また枯らすかな でも この花の魅力には勝てない」

いろいろと良かった

8日の当地は ブドウとイチゴに カクテルをかけたような天気
昼間に 動けば汗ばんだ 

子供が手伝ってくれ草刈り 勝田へ即売品の引き取りが仕事

1_20121008200902.jpg
24.10.8 ソルゴーの中で
左側が次男 右は地元の人
ソルゴーは1回刈り取ると もう発芽しないと思っていたのに 2番芽が背丈ほど伸びている
野菜畑で堆肥にしたいけど 多分 この田にそのままになるだろう
だから この田で堆肥になる 焼いたりはしない

2_20121008200902.jpg
24.10.8 ロードデンドロン
今日 北国から嫁入りしてきた
ほとんど見分けがつかないけど 各トレーとも異なる品種
すべて 学名のままで舌をかみそう
多分 中国とかネパール辺りが原産だろう

これらロードデンドロンは 当地でも増殖させることはできる
ただし こうは姿がまとまらず 花芽もつきにくい
どうしても 涼しい環境が必要になる
春には すばらしくきれいな花を付ける

3_20121008200902.jpg
24.10.8 ジャイアンツ田んぼ
勝田に 即売品を引き取りに行く途中にある
僕は ジャイアンツ限らず 野球に全然興味がない
だから たまたま 通りすがりに写したもの

今日は 子供が手伝いをしてくれ 早く終わった
田んぼを 順繰りにすこしづつ刈っていくと いつも刈っているような気がする

勝田盆栽・山野草の会の方 ありがとうございました

なんじゃ なんじゃ

7日の当地は 晴れ
本格的な秋になりつつある

草刈り 勝山に即売品の引き取りに行く 雑用が仕事

1_20121007200348.jpg
24.10.7 勝山で
ヤブコウジの感じ 後ろはカリヤスか

2_20121007200348.jpg
24.10.7 勝山で ニシキギ
ぼつぼつ 色づいてきた

3_20121007200347.jpg
24.10.7 鞍馬石らしきものの上の 西洋カマツカ

勝山の展示会も 立派な作品が多かった

4_20121007200347.jpg
24.10.6 勝田での この気何の木
実は ナンジャモンジャの木

5_20121007200346.jpg
昨年5月に 町内でのナンジャモンジャ
標準和名は ヒトツバダコ
画像で全体樹形は見えないけど 5㍍程度あり とても盆栽になるようには見えない

今日 おもしろいことがある
ブログに訪問していただいている方には まず分からないけど
例によって名前は出さず
ある人が ある人に いつもお世話にっているからと それ見よがしに ある人の前で わざわざ物をあげている
このある人 自分がいつも正しい と考えているのだろう 言動からそれと判断される 
でも なんか小さい 本当に可愛そうな人と思ってしまう

勝山山野草の会の方には 即売のお世話になり ありがとうございました

こりゃなんじゃ

6日の当地は くもり
曇っているのに 雰囲気はさわやか

勝山と勝田の展示会に 即売品を運ぶ
どちらの会場も 立派な作品が展示されている
勝山にはカメラを忘れて行った

1_20121006212606.jpg
24.10.6 勝田の即売会場の様子
右手前がみちくさの販売品 これ以外にも少し置いている
全部は無理にしても 多くが売れるといいが

2_20121006212605.jpg
24.10.6 サイコアシ
左にちょっと見えているのがハツユキカヅラ 次は? サイコアシ 赤メギ

3_20121006212605.jpg
24.10.6 席飾り
勝田は盆栽と山野草の合同なので 両方ある

4_20121006212604.jpg
24.10.6 これ なんじゃ
一目でハスカップかと思う でもちょっと違う
ブラックベリーでもないし ラズベリーでもない
教えてもらって分かった

屋外で大きくなると 5月頃開花する
木全体から ふんわか妖精が飛び立つように 全体が白く覆われファンタスティック
そんなのは見るけど そうか盆栽仕立てにできるのか
回答は明日

今日 ある会に出る
例のごとく どんな集まりで 誰が どうしたかは書かないけれど
処世術と言うか 常識と言うか 振る舞いを考えることがあった
気をつけよう

晩ご飯を食べていると 次男が言ってきた
「親父 初心忘るべからずの 初心の意味がわかるか」

ちゃんと答えた
「実は 俺もそう思っていたけど 違うことを最近知った 失敗したことを忘れないことらしい」

息子よ安心しろ
お前は 30年程度知らなかっただけ
この父は 60年も知らなかった

たまたま 両者のこのタイミング
処世術 常識 矛盾のない言動
とても重要

完了

5日の当地は 晴れ
イワシの大群が 時々現れる 特に 夕方多かった
ちょっと暑いけど やはり秋に包まれる感じ

キャベツ ブロッコリー ハクサイ 葉ボタンに薬剤散布 きれいなレース模様ができている
マユミの紅奴 1本植え替え
スプリング・エファメラルの表面処理
そして 明日からの即売用意をやる

1_20121005200433.jpg
24.10.5 今朝の状態

2_20121005200433.jpg
24.10.5

昨日の画像の状態から 片付けて これは今朝の様子
2カ所分の 即売品の一部

これを 二つに分け さらに完成したものを追加し 今日は終わった
明日は 朝1に勝山に運び 午後は勝田に運ぶ
きっと評判が良く 売り上げが上がる だろう

勝山の展示は 6~7日
勝田は 7~8日
場所は9/24にアップしています

グズグズ言っても仕方がない
変えることができないものは 仕方がない
自分の気持ちで 変えられるものは そうしよう

おとなしくしていれば 頭の上を 通り過ぎていくものもある
さあ またガンバルンバ

今村順子さん

4日の当地は 晴れ
大小の透明な泡が飛んでくるような風が吹く
しかも 終日
こんな天候の日は 記憶にないような感じ

終日 イベント販売の用意

2_20121004221650.jpg
24.10.4 いつもの出荷前の様子

3_20121004221650.jpg
24.10.4
2カ所の販売用の用意をする
シーズン最初の頃の展示会は 訪問者が多い傾向にある
10月の土日と その前は 嬉しい期待を持つ忙しさ

三木市の今村順子さんの 新聞投稿 
内容は「食物粗末に扱う番組をやめて」
大食いや 食物を粗末に扱う番組をやめて と言う内容で 僕も同感

世の中 満足に食べられない人もいるのに 無理をして食べ競争をするなど バカバカしい
ここまで極端でなくても 食べ過ぎは 結局自分の体を通して物を捨てること
--飲み会の時など ついやってしまうけど--

この投稿を読み 最近の新聞を思い出した
1/3ルールと言うものが 食品業界に 暗黙のルールとしてあるらしい
この結果 まだ十分に食べられる食品が 大量に廃棄され 莫大な金額になる

TPPの農業分野参入に 賛成の人 反対の人
こんなこと どう思われます

例のごとく

3日の当地は 晴れ 松茸ご飯の 松茸ほど雲がでる
まだ 食べていないけど
2枚着ていると ちょっと暑い

彩菜茶屋へ出荷 持ち帰った鉢の整理
キャベツ ブロッコリー ハクサイ ニンジンに施肥
アイスランドポピーの花壇予定地の除草
サシキ苗の植え替え
鉢の表土処理が仕事

1_20121003215955.jpg
24.10.3 出荷の用意
例のごとく 広げて広げて 注意して歩く
美男カズラ マツムラソウ ムレチドリ 矮性キキョウ スミレイワギリソウ

2_20121003215955.jpg
同じく
緋ネム ダイモンジソウ コウズウメバチソウ

10月はイベントと 出荷でいそがしい
嬉しい忙しさだけど 4月に比べれば 普通なら余裕がある
今秋は 新規の場所が3カ所あり 秋のほうが大変大変

3_20121003215954.jpg
24.10.3
左から ハツユキカヅラ ズイナ モミジに飛び込んだホトトギス
画像が悪いけど 想像以上にいいですよ

今日はちょっとおもしろくないことがあった
まあ順風満帆ばかりでない
でも それ以上にグッドな話もあった

例えば誰かに何かをもらう
仮に イチジクにしようか
いただいた相手 いただいた理由
素直に喜ぶ事もあれば なぜくれたのか 詮索する場合がある
でも とりあえずお礼は言わなくては

名馬

2日の当地は 晴れ 時々 くもり
少し暑い 天気予報は やや高めと出ている

来年3月の 美作梅祭りの会合がある だいぶ先なので また紹介します
ワイルドオーツの植え替え そのほか あれこれ掃除や表面処理をやる

1_20121002213007.jpg
24.10.2 岩ショウブ
なかなかきれいで 人気がある
これは遠くから 嫁入りしてきた

2_20121002213007.jpg
24.10.2 ホトトギス
ほかにもホトトギスが咲いてきた
今年 手をかける暇がなく 放りっぱなしにしてきた
いっぱい咲いているけど 売り物になるものはない
やっぱり 手をかければかけるほど 答えてくれる
向こう側は ギボウシの玉のかんざし

3_20121002213006.jpg
24.10.2 午後のみちくさ
緑から 色がついてきた

無事これ名馬
これは 今日の新聞から

昭和50年頃 セントラルのお荷物球団と言われていた カープがリーグ優勝した
確か 2回目のリーグ優勝後 日本一にもなった

日本一になったこの年 セ・パを通じ全試合フル出場した選手は たった4人
山本浩二 衣笠幸男 高梁義彦 ジムライトルの各氏で すべてカープの選手だった
無事これ名馬と言われるように カープが独走優勝したのも ある意味当然だった
これは 昭和50年後半に 新聞で知ったこと

この記事を読んでから 健康・安全の話をするときなど 引用させてもらっている

僕も60歳になった
肝に命じていよう
今日も元気で 無事終わる

--名前の漢字が違っているかも--
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

4/22~4/23
○北房山野草展
北房文化センター

5/6~5/7
○勝北山野草押し花展
勝北公民館 文化センター隣

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR