ありがとうございました

31日の当地は くもり
終日 北西の 冷たくしみこむような風が吹く
シャーベットを ぶつけられる気分

今日は ものすごく多くの仕事をする
ただし ちょいづつ

ムスカリ・アルメリアカムと ハリイヌナズナの寄せ植え
剪定は フジ ツルウメモドキ 岩ガラミ あといくつか
細葉タムラソウの播種 ヤマガキは たった1個しか 充実した種がなかった
ツルコウジ採種
小鳥のフンから 種子採種 あといろいろ

3人で 休憩所の掃除をする
手伝ってくれるかどうかは 別にして 家族がもっと増えて欲しい 爺としては

7_20121231195019.jpg
24.12.31 ツルウメモドキ
売るはずのものだったけど 残る
来年のため 剪定をする

8_20121231195019.jpg
剪定後
剪定方法をしらないので 思うまま気ままにする
良否は別として すっきりした
画像では よく分からないけど

ところで
みちくさに 直接来ていただいた方
彩菜茶屋 きんちゃい館 各地の展示場などで購入していただいたみなさん ありがとうございました

また 拙文でありながら 訪問していただきましたみなさん ありがとうございました
そして 家族にも感謝です

今後とも ご指導を よろしくお願いいたします
皆様に ご多幸がありますよう お祈りいたします
スポンサーサイト

じゃぶじゃぶ

30日の当地は 昨夜からの雨が 午前中降る 午後は 今にも降りそうなくもり
この季節にしては 大量の雨だった
よほど 余ったのだろう

だから 今日は ほとんどせず
朝 トンネルの換気に行く
彩菜茶屋が明日午前で しばらく休みなので 鉢物を取りに行く 
ついでに ムスカリ・アルメリアカム1袋と 苔玉の皿代わりに 平石の安売りを買う
トンネルを 降ろしに行って終わり
チューリップの植え付けは できなかった

1_20121230172959.jpg
24.12.30 
この池には 過去 50匹程度の魚が出入りし 現在は2匹のみ
地元の池干しの時 フナを捕まえ 放したり
妻の実家から コイをもらったり
鳥か イタチか 取られてしまった

今は Iさんからいただいた5匹のうち 1匹
ホームセンターで 夏3匹買ったうちの 1匹 のみ
ドジョウ ザリガニ タニシ 川エビは 多分いっぱいいるはず

2_20121230172958.jpg
24.12.30 雨のみちくさ
寂しい
枯れ木 枯れ草ばかりのよう

花屋 と言うイメージから 遠く離れた感じ
ビオラや 園芸シクラメンが 好きな人から見れば だけど

チューリップ植え付け ヤマガキと細葉タムラソウの播種
ウチョウランとチドリ類の播種
これは 天候にもよるが1日で完了する

あとは サギソウなどの堀上げ フラスコ出し 樹の針金かけがある
だけど まだ ほかにもあるだろうな

瞳に星が

29日の当地は くもり
だけど 今までが寒かったせいか 春のような1日
朝晩は 寒い

ビオラを植える プラ鉢を買いに行く
ビオラを植える
鉢にする食器の穴あけで 夕方になる

1_20121229193836.jpg
24.12.29 ビオラ植え付け用意
ステンレス台は 妻の友人から いただいたもののひとつ
美作市のYさん
すごく重宝している
用土は 安価にするため 市販の花の土にパーライトを混ぜて使用

2_20121229193835.jpg
チューリップ
ビオラだけでは おもしろくないので どの鉢にも3球のチューリップを植える
ビオラの花色は 紫 明るい青 エンジなので
チューリップは 白 ピンク 黄色など 補色になるような物を選んだ
3鉢に1鉢程度 ムスカリ・アルメリアカムも 1球入れる

3_20121229193835.jpg
30弱作る
うまく咲くかどうか 分からないし 今年はこれでやめる
ビオラ2~3株 チューリップ3球 時々ムスカリ・アルメリアカム1球
絶対に売れる
ただし 開花が揃えば

喜ばれることに 喜びを
どこかの コマーシャルにあった

だけど 僕も 本気でこう思っている
喜んでもらえないようなら リピーターになってもらえない
誰でも 気に入った店に 買い物に行く
理想は 自分も人も嬉しいこと

今日の爺さんを マンガに書けば
大きな 瞳に 星マークがある ルンルン気分

ひらひら

28日の当地は 午前 雪
午後は 小雨
朝は 小鳥の羽毛ほどの雪しかなかったのに
寒さの中 粉雪が降り出した
やがて 牡丹雪に変わり 小さな雨に

ハウスの雪降ろしをしたのみ
昼過ぎから雨になり 雪が重くなるので 2回目の雪おろし
家にも少し寒冷紗があり 子供が下ろしてくれた
整骨医に行く

1_20121228170646.jpg
24.12.28 昼過ぎ

2_20121228170645.jpg
同じく

今年も あと3日
ビオラを 植えてしまうつもりだったけど 出来ず
何とか 今年中には終わりたい

ビオラとチューリップの鉢を 30くらい作るつもり
売りたいけど 残れば まあ 自分で楽しむか

揃って咲けば 値段にもよるが売れると思うけど
問題は ビオラと チューリップが 同時に咲くかどうか
各チューリップもだいたいの開花時期しか 分からないし
ビオラもどうか

播種月日と ビオラ開花の関係を知らない
チューリップも 種類毎の 開花時期が分からない

ちゃんとメモして 将来に備えよう
なにせ 理由にはならないけど まだ初舞台

ファンタスティック

27日の当地は 快晴
朝晩は寒い
作場にある温度計は 最低が-8度 百葉箱などには入っていない 
北海道の観測所並み
でも 昼間は小春日和
行ったことはないけど カナリア諸島のマーガレットのよう

スイセン2ポット植え あとは チューリップの植え付け
始めたのは 11時頃
それまでは ラベルを用意したり ポットを用意したり
なにせ 用土が凍って 植えられない

2_20121227214035.jpg
24.12.27 野生シクラメン・コウム

1_20121227214035.jpg
朝 霜をまとい やがて元気になる
ここ最近は この繰り返し

3_20121227214034.jpg
24.12.27 ビナンカズラの葉も

4_20121227214034.jpg
やがて回復

しかし 植物は強い

かつて 自然の仕組みの説明をすることがあった
キリンが歩き回るのも 鳥がアフリカの草原を 飛び回るのも
キリマンジャロの 夕焼けを楽しんでいる訳じゃあない
その大部分が エサを探すため だと

なぜ 植物は動かないのか
動かなくても ご飯がたべられるから と

それも 自生地でならまだしも
勝手に 小さな鉢に植えられ 迷惑なこと
可能な範囲では 助けなければ

ウー

26日の当地は 晴れ
風が冷たい
何とかして欲しい

用土購入~整骨院
クロッカス ミニアイリス チューリップの植え付けをする
肩が なかなか直らない

1_20121226174502.jpg
24.12.26 原種系チューリップ
原種ではないけど あまり交配が進んでいないのだろう
球根も小さい

袋には 植えっぱなしで毎年咲くとは 書いてあるが・・・
トルケスタニカ ライラックワンダー クリサンサ ホンキートンクなどなど

以前は グレイギーチューリップが 多くカタログに掲載されていた
けど 今は見えない
上品で 端正で個性的だけど 残念ながら 花がアッと言うまに終わる

かなり植えたけど まだある 明日中には片付ける

5時頃 家に帰る途中 快晴の西の山を見る
スカイラインのコントラストが 黒と淡い空を見ていると
ふっと 音が浮かぶ
スプートニクス 「空の終列車」 ユーチューブでどうぞ

ウー 寒い
表題が ウー で
最後が寒い
分かるかな
分かる人は 大勢いるとは思うけど

うふふ

25日の当地は くもり
風は青く冷たいつぶ 
最低は-7度 何とかして欲しい

球根などの買い物~整骨院
クロッカスの植え付けをする

1_20121225173342.jpg
24.12.25 今日の釣果
チューリップ クロッカス ユリ アネモネ スイセン アイリスなどがある
割引価格のシールを見て ビックリサンタ ホント

明日から植え付け開始
用土を10袋買ったけど どうも足りない
ビオラ+チューリップもあるし

球根をチェックし購入した まだ未発根 少し発芽が始まる なんの問題もない
まだまだ 残品があったけど・・・

ところで
安かったのなら 安く売れ とは言わないでください
球根に限らず 何でも世間相場と言うものがある
今の時期 球根はこれが世間相場 ただ ここはちょっと安かったけど

例えば 岩シャジンの鉢物が 普通1000円で売られていたとする
若干の 高低があっても まあ1割程度
これを 仕入れに失敗し 800円で入れても 世間相場は1000円程度
自作し 100円で出来ても 世間相場は1000円程度

花屋に限らず 安く作り 世間相場で売るのは 鉄則
付加価値を付けられれば もっと高くしてもかまわない
お客さんが 納得して購入できるものを作らないと

でも でも 花や食料品などは どうしてもロスが出てしまうんですよ 皆様
だけど だけど これは自分の責任 人のせいではない

ブルーハワイ

24日の当地は 晴れ
寒い 最低は-7度
昼間も風が強い
ブルーハワイを ぶっかけれられる気分は こんなものか

用水路の掃除
毎年 田植え前には 地区の行事として掃除する
けど
今の時期は 田に水はいらないので 落ち葉がたまっている
今は 水を独り占めで使っている 掃除くらいは
整骨院へ行き 帰りにチューリップ購入
広葉樹などの整理
畑の手入れをする

1_20121224172541.jpg
24.12.24 北の山
撮影したのは 8時半頃 山頂には雪が見える
冷たくキリリとした 空気 

2_20121224172539.jpg
24.12.24 クコ
昨日 岡山で入手
クコは 今年から取り扱いを始めた
意外と 人気がある
針金はかけてあるけど もうすぐ 追加の針金かけをする 剪定方法を調べなければ
こんなに太くするには どのくらい時間がかかるのか だいぶかかっているだろう

3_20121224172538.jpg
24.12.24 岩オモダカ
これも 岡山で
てっきり 岩オモダカの銘品 三笠山と思ったら
ラベルに 済州島 と書いてある
同じようなものがあるのか それとも
三笠山は 済州島産だったのか

山野草店ではあるが
ビオラとチューリップの 寄せ植えを作る
ビオラは 自分で苗を作った
チューリップは 値引きで購入
明日 100円ショップに 鉢を探しに行く
少しでも 原価を安くは 原則

ところで チューリップ
今 買えば かなり安くなっている
チューリップは あまり 早く植えると腐敗することがある
それに 植えた以上 水も必要

今からでも 十分間に合う
ただし お気に入りの品種が 売り切れたら困るけど

ありがとう

23日は 岡山市はくもり 風が冷たかった
夕方 帰ったら それ以上に 冷たい風だった
シャーベットミルクが 飛んでくる

仕入れに岡山に行く
今日の主目的は 鉢だった
ほかに 肥料18㍑缶 サルナシ クコ 済州島ヒトツバ 食用カキを入手

1_20121223171909.jpg
24.12.23 種子
数日前にアップした 小鳥
まだ 来ている

昨日 気がついたけど 留まっている木材の下に フンと一緒に種子が落ちていた
大きいのは ネムか
全部で 6種類が見られた
もうけ もっと欲しいので トレイを下に置いた

けがをしないよう 遊びの範囲で来て いっぱい落としてくれるように
これは 何か分からないけど 当然まくこととする
混合寄せ植えにする

今日もまた

22日の当地は くもり
昨夜は 冬にしては かなりの降雨だった
あまり 寒くはないけど
出て来い 出て来い
赤ワイン リンゴジャム 野菜のスープ煮 を混ぜたような空気

整骨院~ホームセンターに行き 安売り球根を買う ついでに 米ぬかをゲット
ケイトウの種子精製
クロッカス フリージアの植え付け
アネモネの 吸水開始
花器の底に穴を開ける

1_20121222172108.jpg
24.12.22 クロッカス
充実した球根で 半額だった
7.5㎝ポット2球植え かなり窮屈だけど
用土に葉が入っている たまたまこれがあったので使用した
悪影響はないと思うけど おすすめはしません

2_20121222172107.jpg
24.12.22 ビナンカズラ
売ろうと努力したが 売れず
もうダメだろうから また 来年にする
何か 変わった色をしている
ほかの株は 実が赤くなったけど これは 白っぽいままのがある

この前の きんちゃい朝市で 白実のビナンカズラがないか と声をかけた人がいる
そんなものが あるのかどうか 知らない

3_20121222172105.jpg
24.12.22 ヤブコウジとリュウノヒゲの寄せ植え
今年 販売しようと作ったけど やめた
まだ 植えたてのように見えるし コケも張っていない
春に コケを張り もう少し成長させ 実がついたら 来年売ろう

昨日の新聞によると
AKBが 3年連続シングルでミリオンセラーを出し
2年連続5作が ミリオンとか

僕は メンバーで知っているのは 篠田麻里子さんだけ
知っている曲は ひとつもない
多分 時々 耳には入っているのだろうけど 知らない

20年くらい前~最近の若い人の曲 つまり 20年前は その当時の若い人 と 
ロックンロール ヘビーメタルは どうも苦手

歌謡曲 演歌 Jポップ 長唄 民謡 浪曲 クラシック シャンソン デキシー カンツォーネ オペラ ランバダ ジャズ バラード ラテン タンゴ などは大丈夫 

定形外

21日の当地は くもり
今にも空が泣き出しそうな
勝央町の山の麓で
何を思案の爺さん一人
声かけ欲しいなお客さん

整骨院に行く
マツの針金かけ
ポットの整理をする

1_20121221164537.jpg
24.12.21 これが

2_20121221164536.jpg
こうなり

3_20121221164536.jpg
こうして

4_20121221164535.jpg
こんな ポットに植える

マツの 基本的な針金かけは知らない
全く いいくらいにかけ 好きなよう適当に曲げた

そして 盆栽用の鉢ではなく こんな観葉植物を植えるような 鉢に植える
もちろん おとなしい 盆栽用鉢も使用する

こんな鉢を使用する訳は
この10月に 津山グリーンヒルズで 販売をした時
マツやヤブコウジなど 和物が予想より売れた
しかも 小さな子供を連れた 若い家族だった

落ち着いた 盆栽とまではいかない和物を テーブルに飾りたい からと

盆栽風のものの 売れ行きも良くないので ガラリと雰囲気を変えてみようと
売れなかったら 置いておく
樹物は 長く置けば 風格が出て来る

何が売れるか分からない
とりあえず チャレンジャー

金色

20日の当地は 晴れ わずかな雲
寒くはなく むしろ快適
カリフォルニアの青い空

広葉樹ポットの整理 下記のとおり
やっぱり直らないので 整骨院へ行く 強度の筋肉痛とのこと

1_20121220173720.jpg
24.12.20 金色の朝
昼間は カリフォルニア気分でも 朝は冷たい -7度だった
だけど 景色はきりりとしている
人間も 鳥も 植物にも辛いけど

2_20121220173719.jpg
24.12.20 ハウスの整理
ここは 広葉樹が多くある
針金をかけたままのものの 針金外し
①100円で処分するもの ②そのまま売れそうなもの ③針金をかけるもの ④植え替えが必要なもの ⑤どうしょう などに分け 並べ替えや掃除など
バックにはNHK FMが流れている
クラシックも 歌謡曲も バラードも 長唄も 民謡も カンツォーネも好き

3_20121220173719.jpg
24.12.20 国道端の看板
勝央町は 金太郎ゆかりの地 金太くんは今回のゆるキャラコンテストで 何位だったか

4_20121220173718.jpg
24.12.20 夕方
空を見ろ 鳥だ ロケットだ いや スーパーマンだ 
いや スーパースラロームだ サンタだ いや トナカイだ
明日も 好天だろう

多種類がある 山野草店は 全部自分で 生産するわけにはいかない
仕入れしたものは どの程度 暑さ寒さに 耐えるか分からない
書物に書いてあることは 必ずしも 正しいとは言えない
たとえ 寒さに強いものでも 南からいきなりやってくると 寒さに慣れていない

だから 試す必要がある
寒冷紗下に置くのと トンネルの中に置くのと 
正直言って どの程度 耐寒性があるか分からないものもある
お客さんに聞かれると 言葉に詰まることもある

恋か ライバルか

19日の当地は くもり 時々 晴れ
お日様は ほんのわずか出たのみ
松茸ご飯の松茸程度
風が冷たい 強い風ではないけど 背中に突き刺さる

野生シクラメンと スプリング・エファメラルと 和シャクヤクに施肥
これらは 何カ所かに分けて置いているため よくここに登場する
広葉樹ポットの 整理・剪定などをする

1_20121219171440.jpg
24.12.19 鳥の名は不明
3日前から 来ていることに気づいた

2_20121219171439.jpg
24.12.19 羽ばたいて

3_20121219171436.jpg
24.12.19 アタック
ステンレスの面に アタック アタック ナンバーワン
飽きもせず しょっちゅうやっている
敵と思っているのか
恋しているのか

ナルシサスが 水に写る自分に恋し 思いがかなわず 死んでしまった
そこに一輪の花が咲いた
スイセン
スイセンの学術名は ナルシッサス
だから 何とかの人をナルシストと言う

遊びならいいけど くちばしが傷まない程度に やって 害虫を捕ってくれるように

4_20121219171436.jpg
24.12.19 ヤマガキ
近くの山の 道端に自生している
大きく見えるけど 10円玉程度

ヤマガキの盆栽は とても高価だけど
形を整え 実を成らせるには かなりの年数がかかると聞いた
そこまではできないけど 曲付けをして 寄せ植えの主木にしたり 将来のために欲しい と言う人に買ってもらえるか

なぜか ここ数日肩こりがひどい
だいたい 肩こりがあるけど ちょっと今回は強い
明日は 直ることにしておこう

  

16日の訂正です

16日に マツの画像アップしています

名前が違っていました

正 ジャノメマツ
誤 ニシキマツ

勝央200㌔レース

18日の当地は くもり
ここのところ 青空が見えず
孤独の太陽は ウォーカーブラザースだったかな
太陽がいっぱいは アランドロン
出て来い

今年の夏休み 全国科学子供電話相談室で 5歳だったか 女の子から
「雨の日 お日様 どうしているの」と

ミカンにかけたり 作場に使用する寒冷紗を切る
ポピー咲きアネモネと アネモネ・フルゲンスを採種用として 大鉢に植え付け
姫ウラシマソウ植え付け
スプリング・エファメラルに施肥をする

1_20121218214319.jpg
24.12.18 ピンセットと播種床
水苔には クロタマホシクサをまいている

200㌔程度の自動車レースでは 軽トラでも十分完走する
ただし GTR VSOP TPP などとは勝負にならない
軽トラでも リタイアはしないけど 遅れる

このピンセットは 某倒産品販売所で見つけた
ステンレスで かなりの安値だった
僕もクリーンベンチで使うものは かなり高価ものを使用している
けど 土作業には そんなに良質の物を使用していなかったけど
これは 使いやすい
手も疲れず 能率も上がる
ある程度の 道具は必要

2_20121218214318.jpg
24.12.18 みちくさで
この程度のトンネルでも 寒さに弱い物も だいぶ耐えてくれる
この 上部には 寒冷紗が1枚かかっている
朝晩の ビニールの開け閉めは 面倒だけど 横着は許されない

カイノキ苗 細葉イヌビワ 緋ネム イソサンショ 中国ミツバオウレン 斑ヤマホロシ プロトプテリス・クルタなどが見える

商売で経費を抑えるのは当然
最近は 100円ショップが多く 品数も多い
陶器の鉢は少ないが プラ鉢は比較的多く 和シャクヤク ブルーベリーなどには利用している
100円もいいけど 長く使用する 道具類は ある程度の金をかけるほうが 結果安く付く  

天気が

17日の当地は 昼前後雨 後先はくもり
そんなに寒くはない
けど 今にも降りそうな 

今日は 作場でほとんど何もできず
補修用の寒冷紗を切っていたら 降り出した
針金かけをしようとした クロマツも用意しただけ

午後は 某所に 某用事で行く
中身は ひ み つ
別に悪いことではないけど 公開まではできず
霧の中から 何かがニューとの感じ

今年は かなり長いこと 水やりをしていない
何か 乾く頃には降って見たり 天気が悪く 乾燥しなかったり
こんなに長く 水をやらないと 鉢中の空気が汚れてくる
まあ しっかりと降れば 当然換気できるけど

野生シクラメンと スプリング・エファメラル達に 昨日追肥しておけば良かった
今 姿が見えない スプリング・エファメラルも 根がもう動いている
特に葉のある期間が短いので 今から肥培が大切
ただ 量は カンでやるので あまり公開できない

どの程度が良いか分からないけど みちくさでは 姿が見えない割には 多めかな

この気分

16日の当地は 晴れ 時々 くもり
風はやや冷たいか でも 何か 春の感じ
風が冷たい と言いながらも 春の風
肌が喜んでいる

ポピー咲きアネモネ アネモネ・フルゲンスの植え付け
松の整理
草を畑にまく
かたづけ など
そして 選挙

1_20121216171959.jpg
24.12.16 作場から
完全に冬風景 だけど 今日の空気はホットレモン

2_20121216171959.jpg
24.12.16 草モミジも もう終わる

3_20121216171958.jpg
24.12.16 ニシキマツ
マツは この時期どうしても下葉が枯れてくる

4_20121216171958.jpg
数分後
枯れ葉を取れば きれいに見える
上が1000円なら これは1200円か

枯れ葉 花がらを取り 鉢をきれいに洗えば 同じ物でもきれいに見える
要するに 商品価値が上がる

だけど 山野草は 元気な部分でも 切ることがある
例を取れば 成りすぎた姫リンゴ
花数が多すぎるセッコク などは品がない

植え付け 種まきはほぼ終了した
後は 鉢の整理やかたづけが サブの仕事

大仕事は
ウチョウラン イワチドリ コアニチドリ サギソウ などの堀上げ
フラスコのサギソウ出し が残っている

今晩はいそがしい サッカー 選挙

クリーミー

15日の当地は 昨夜の雨も上がり くもり 終日霧に包まれる
ずっーとこんな日は あまり記憶がない
安定した 雲と霧
ウインナーコーヒーに 囲まれている気分
作場全体で スプーン1杯くらいの雨が降る
夜になり 雨が降り出した

ガマズミと カクレミノの播種をしただけ
でも カクレミノの 種皮除去にすごく時間がかかった

1_20121215173945.jpg
24.12.15 ガマズミと カクレミノ
もしかしたら コバノガマズミかも
カクレミノは いただいた物 緑のサヤは充実していなかったけど 紫のほうはたぶん大丈夫
発芽率はどの程度か 初めてまいてみる
貴重品をありがとうございました

3_20121215173944.jpg
24.12.15 1日中こんな感じ
あまり寒くはなく それなりに安定した天候

2_20121215173944.jpg
24.12.15 植木鉢減菌
煮たり焼いたりできないので 紫外線と寒気で 減菌中
この前の 粗大ゴミ収集でもらって来た

以前 ある雑誌で 鉢の減菌について こんな記事があった
・氷点下になる夜に 屋外に並べ 水をかけておく

ちょっと それは違うでしょう
氷膜ができれば 外気が当たらず せいぜい-2~-3度だろう
直接 もっと低い温度にあてなければ より有効ではない
何となく 濡れていれば 温度が下がるような気はするだろうけど

現に 静岡県だったか どこか
氷点下になりそうな夜 霧状の水を噴霧し ミカンの葉に氷の薄膜を作り 冷害から保護する と言ったような記事を読んだ

南へ南へ

14日の
県南部は 晴れ 時々 くもり そんなに寒くはない
当地は くもりだったらしい
しかも 寒かったとか 今朝の氷が 夕方に溶けていなかった
夜の今は 冬には珍しいくらいの 雨が降っている

朝 年賀状に「元旦」と押印
その後 県南部に 仕事で行く

1_20121214201243.jpg
24.12.13 彩菜茶屋
現時点で みちくさの 売り上げトップはここ
県北でも 最も盛況な 道の駅の一つとのこと
ここへ出荷する みちくさの方針は 最後に記入

2_20121214201243.jpg
24.12.13 原種系チューリップ
昨日 植え付けした
もっと 遅くてもかまわないけど 植え付け
すべて 9㎝ポットで 2球植え
本当は もう1サイズ上がいいが まあスペースもあるし

3_20121214201242.jpg
24.12.14 ゴールテリア
今朝の様子 霜で真っ白 ポットはガチガチ
寒さにも強く セクシー
ヤブコウジと並び 正月用などとして ちょっと多めにしようかと計画中
草玉に押し込んだり リュウノヒゲとの同居もグッド 岩に付ければまた格上
構想は 頭にある

さて 彩菜茶屋への出荷
・枯れ葉や花がらを取るのは 常識
・花物なら 開きかけの時 出荷するよう努力する
・ポットには すべてに鉢カバーを付けている
・すべての鉢に ラベル有り
・持って見て 1番見栄えのいい方向に ラベルと価格表示を向ける
・いたんだ物は 取り替え 悪い状態のものは置かない
・ハケとちりとりを持参し 客が倒した時の こぼれた用土を掃除する
・ハサミと ピンセットを持参し 傷んだ部分を掃除する
・鉢やポッは 汚れを取っている
・鉢替えしたものは すぐ出荷するが 植え替えしたものは 活着を確認してから出荷する
以上は 実践している内容
悪かったら すぐ人の口にのる

Oさん 今日はありがとうございました

オレンジ色

13日の当地は 久しぶりの 快晴
フルーツみつ豆の さくらんぼ程度の雲
朝晩は寒いけど 小春日和だった
風は むしろ なまめかしい
透明に近い オレンジガラスを通るような 風

年賀状の最後の印刷 4回5色刷りのにわか版画師
かたづけ
彩菜茶屋へ出荷
チューリップ植え付けをする

残念 カメラを作場に忘れてきた

少し 冬支度をした
-8度にもなれば 当然だろうけど まだ1月 2月の寒さに比べれば 遅ればせながら 何とかなることにする
と言っても
軒下の 霜が直接かからない場所に 数鉢を移動しただけ
吉野ツツジ ツリバナマユミ クコ 寄せ植え 石付けのものの 一部
それと 水トクサを 水盤の中で 水中保存した

僕は 平成14年の 店開店以前から
盆・暮れ・正月・すべての休日を 作場やその関連で過ごしてきた
もちろん
風邪で寝たことはあるし 家の用事があればするし 地区の行事には参加するし 買い物にも行くことがあるし 各会の展示会にも行く 遊びにも行く

要するに 家でボーとこたつのお守りをしたり 退屈だからテレビを見たり 何もすることがないのでゴロゴロしたりが ないと言うこと

今年の 春だったか おもしろくなくて 半日ゴロゴロしていたのが 唯一の例外

思えば 
これに かかり切りになれる幸せ
元気で いられる証
家族の協力が得られる幸せ

気分は タイマグラばあちゃん
元気で 働ける幸せ 

うふふ

12日の当地は 晴れ のち くもり
午前中は 小春日和
午後は ちょっと寒くなった
熱い鯛焼きが だんだん冷めてくる

アネモネ・ブランダをトンネルに入れる
年賀状の 3回目を刷る
クロマツの剪定をする

クロマツの剪定は 適期を3ヶ月過ぎている
でも まあ大丈夫だろう
ニュートンだったか ガリレオだったかが 言った
地球を動かすのは簡単だ
ただし 足場がいる

剪定も 摘んでいる時より 足場を作る方が難しい

1_20121212192423.jpg
24.12.12 カクレミノ
このところ 毎朝こんな感じになる

2_20121212192423.jpg
24.12.12
ちょっと温度が上がれば回復するけれど 植物は強い

3_20121212192422.jpg
24.12.12 エランシス・シシリカを植えている
どうしても霜柱が 持ち上げてしまう
チューリップやスイセンのような 植え方をすればよかったか
だけど エランシスでは 試していないので

5_20121212192422.jpg
24.12.12 北の山を
ちょっと温度が上がってくるらしいが 中国山地は根雪になるか
雪は 決してロマンチックではない 寒いだけ

若い頃は スキーに熱中したけど 今は あんなもの・・・

花の店みちくさ を充実させる
今の場所を 国道端に移し 1000台分程度駐車場を作る
きちっと舗装し 年配者向けに 1台あたり広いスペースをとる
販売用には 明るい屋内を作る
珍しく 変わった花を世界中から集め どこより充実した内容にする
鉢はすべて陶器にし きれいに拭き 高級感を出す
可愛く センスが高く 季節感のあるものを安価で販売する
山野草のみならず 盆栽やハーブ ビオラ パンジーなども充実させる
高い商品知識を持った 従業員を雇用し きめ細かいサービスに徹する
クレームは良く聞き 十分説明し 適切な対応をする
あーあ すみません

ラジオを聞いていると よく似た話を聞く
まあな と思ったりする場合もあるけど
思わず
笑ってしまい
漫才よりおもしろいな と思うことがある

皆さん 聞かなければ あと3日しか放送がありませんよ

いつもお世話になっているIさんに ブログ作成に どの程度時間がかかる と聞かれました
今日に限れば 電源ONから 今ちょうど30分経過しました 

捲土重来

11日の当地は 久しぶりの晴れ
チャーハンのベーコンほど 雲が出る
風も弱く 過ごしやすい
最も 最近寒かったので そんな感じがするだけだろう
でも 今日の最低は-7度だった

汚れたポットと ラベルを洗う
無料の水が来るので ありがたい
年賀状を2回刷る

1_20121211172539.jpg
24.12.11 プレオネ
大輪トキソウとして販売されている
中国が主な原産地で カトレアかと思うほど派手な花
なぜか 山野草を扱う店に多い
春まで このまま眠る 屋外では枯れてしまう

2_20121211172538.jpg
24.12.11 恋ごごろ
人参は 発芽すれば 栽培は半分成功したようなもの と言うことらしい
発芽に水分が必要で しかも8月20日が 播種限度らしい

まいたのは 9月3日
あきらめていたけど 見事に発芽した
でも 食べられるようにはならないだろうな
あきらめてはいた
でも 11月17日に初収穫
そして 今日の画像
まだ だいぶある
肥料は油かすと 米ぬかをまいただけ

フルーツ感覚のサラダ用とのこと
かじった跡があるのは 今日のもの
人参特有の臭いはあるけど 気にならない
かんでいくほど 甘くなってくる
タキイ種苗の「恋ごころ」

TPP3

10日の当地は 晴れと 雲の 乱れうち
午前に かなりの雪 昼頃から 強く寒い風

セツブンソウ 菊咲きイチゲ 青イチゲなどを トンネルにしまう
チェッカーベリーの種まきをする
種まきに 2時間程度もかかった

1_20121210173314.jpg
24.12.10 9時前
雪は降る
あなたは来ない
雪は降る
すべては消えた

2_20121210173313.jpg
24.12.10 10時過ぎ
昨日 ほとんど溶けていたのに 1時間ちょっとで これだけ積もる

TPPに賛成の人は
・供給地域の天候不順で いざと言うとき 食料が入ってこない
・遺伝子組み換え 農薬使用など 安心・安全な農産物が入ってこない
・国際紛争などで 入ってこない
確かに その通り 間違いはない

話がそれるけど
・ずいぶん昔 米あまりの時代 飢えの地域に送ったら と言う新聞投稿があった
その時 僕は思った

うん 確かに
輸送の問題 保管の問題 それ以外に次のことを思った
大量の水 大量の燃料 穴の開いていない鍋 がいるな
飢餓の地域で 確保できるかな

国際紛争でエネルギーが入らないとか
そのほか 何かの理由で エネルギーがなかったら ご飯食べられますか

僕の家では 食べられない
田舎のことだから 薪を集め 2日目には食べられるだろうけど

何をどうすべきかは 分からないけど TPPは総合的に考える必要がある

トラクター 200万円
コンバイン 250万円
田植機 70万円
大アバウトだけど こんなに必要

僕のうちは 懇意な人から譲っていただいて 6万円弱で 米が買えた
これ 1年の必要量

田んぼがあり 農機具もまだあり まだ60歳の僕でも 米を作っていない
それぞれ考えがあるけど 
どうなろうと 10年先 20年先に 米を誰が作るんだろう
僕のうちは いつまで 譲ってもらえるだろう
 
 
 

TPP2

9日の当地は 晴れたり 曇ったり
風は冷たく 強い
背中に 山本リンダが ジンジンさせて

土の処理
寒冷紗修理
事務所の模様替え
ハイゴケ採取の1日

1_20121209171328.jpg

2_20121209171327.jpg

3_20121209171327.jpg
24.12.9 初めての積雪
約3㎝
この程度の雪の時が 1番寒い感じ
降雪前は寒く 降ると温度が上がるのが通常だけど リンダさんが来る
リンダさんの ジンジンは意味が違うけど

我が国の 1戸あたり所有耕地面積 2.27㌶ 1.80㌶ 1.2㌶
我が国の 1戸あたり所有水稲面積 1㌶
先ほどネット検索 何でこんなに数字が違うのか
調査年度が異なるにしても 違いが多すぎる

まあ 1.5㌶ 反あたり8俵の収量 1俵15000円として
180万円の収入
これから 農機の購入・維持・管理費 燃料 薬剤 肥料 脱穀・出荷の手数料など引かれる
いくら 手元に残るか
それと 減反があるので 1.5㌶所有していても 実際の栽培面積は少ない

それにしても 自分の周囲を見渡しても 1㌶の土地所有をしている人はいるのかな

赤字になるのに なぜ米を作るのか
・先祖伝来の土地があり 荒らす訳にはいかない
・家族や親戚 町にいる子供のためなど自家米を作るついでに 全部の面積で作る
・理屈では説明できず 土地があるから作る・・・などの理由

先般 テレビのインタビューで TPP賛否を聞いていた
二人の人の 両極端の放送だった 二人とも 見た感じ70歳くらいの 米作農家の男性
・食料自給は 重要でどうしても国内で作る必要がある
・経済全体から見れば 農業はわずかな数字 加盟は仕方ないだろう

知り合いの 米関連の男性の話
・本気で米を作る人は 地区に2~3人でいい
・会社勤めなどしているので 米が作れる 趣味みたいなもの
僕も 同意見

米作りは 赤字です
10年先に 誰が米を作っているか
加盟でも 非加盟でも

本当に本気な人に集約したり 会社組織にしないと 米作りは やがて誰もいなくなった になります
続く 多分

TPP1

8日の当地は 晴れと 雲がシャッフル
風も冷たく ふところと同じ 氷のように寒い

きんちゃい館の朝市に行く
午後は 子供が使っている部屋の ちょっとした手直しを3人でする

1_20121208172942.jpg
24.12.8 きんちゃい館で
誰かの正月用の寄せ植え
葉ボタン ヤブコウジ ナンテンなどで いかにも正月用
僕も 葉ボタンを作ったけど Bナインでミニ作りにはできたけど 見事なレースフラワー

2_20121208172941.jpg
24.12.8 興津早生
植えて数年 今年初めて収穫できた
どんなに美味か 今夜食べて見る

僕は農家の長男
人に作ってもらっていた残り1枚で 親が2年前まで 米を作っていた
僕は 野菜は作るかもしれないが 米は作る気がない
子供2人も 農業に関係のない仕事で 将来農業をするかどうか 話したこともない

最近知ったこと
岡山県の 農業従事者の平均年齢は69歳ちょい しかも 全国4位の高齢化
全国のそれは 66歳ちょい これは 酪農や施設園芸農家も含むため 米に限れば もう少し高齢になる

あと 10年したらどうなるか
単純に76歳ちょいにはならない
早くやめる人 頑張る人 若年者の就農 いろいろな要素が絡むけど でも でも 70歳代になるのは間違いないだろう

米だけに限るけど
かりに 参加し自由化になっても 猶予期間とか準備期間で 10年程度先に効力発揮なのか
自由化になろうがなるまいが 10年先に 誰がどれだけ米を作っているか
多分 続く

きんちゃい館の売り上げは ○○だった
今は 花もない 苗は土中にある 
ああ 夢は夜開く

Oさん ありがとうございました

7日の当地は 晴れ 
豚汁の 肉切れほどの雲が出る
風も強くなく あと数マイルで 小春日和か

ポット洗いをずっとする 地味な仕事ですが そんなに辛くはない
夕方 安カーペットを買いに行く

どうも記事不足
昨年のを見ると 現役なので出張があったり その時のことにしたり だいぶタマゴ焼きの役割をしていた
明日から 政治抜きで TPPの感想などにするか

1_20121207162758.jpg
24.12.7 明日の用意
今年最後の きんちゃい館朝市がある
花はないし 盆栽系を持って行って見る せめて ガソリン代くらいは欲しい
クロマツ ニシキマツ クコ ツルウメモドキ ヤブコウジ ササなどの寄せ植え ビナンカズラ 石化ヒノキ マユミ 大実姫コウジ(チェッカーベリー)かな

今朝の気温は 最低-8度 最高1度だった
霜も強く 特にカクレミノ 野生シクラメン サンインシロガネソウが ひどく辛そうだった
けど すぐ回復した
野生シクラメンは 大丈夫かと言うほど霜に弱そうだけど 意外と丈夫
コウムの花が上がりかけた
ただ サンインシロガネソウは 夕方もぐったり

-8度クラスは だいたい1~2月上旬
今年は 今からこんな状態で 無事越冬開花するか
加温・保温するような種類はないが 辛そうな姿を見ると こちらも辛い

Oさん ありがとうございました
予定どおり ミッションに入ります

6日の当地は 晴れ 時々 雲がかかる
昨日に引き続き 冷たい風が吹く
ニュースによると 全国的らしい
足裏に鈍痛がおこり 背中にキュッと 何かが来る感じ

鉢土の整理
午後は 寒さの中 ひたすら鉢を洗う
中厚手のゴム手袋で 手はそうでもないが 足と背中が冷たい

1_20121206170941.jpg
24.12.6 後ろはカイノキ
昨日は 初めての風花
今日は 初めての雪 昨日が初雪なのだろうか

毎日となると 何か書くことがなくなる
そんなに ニュースがあるわけでなし 花もあまり触っていない
ユキモチソウの種子は どうも小さすぎて 発芽能力がない感じなので すべて廃棄した
万一を考え 生えたらいいな と言うところへ捨てる

8日は きんちゃい館の土曜朝市
11月は用事で欠席したけど 人は少なかったらしい
まあそうだろう
1月 2月は休むので 12月は行くことにする
花物はないので 樹を持って行く

正月前と言うことで 餅つきなどあるかもしれない
もし そうであれば 人も多いだろう

マユミ クロマツ ツルウメモドキ ビナンカズラ クコ ヤブコウジあたりが持っていけるかな

ちょっと一息

5日の当地は くもり
風もなく 昨日ほどではないが 寒い
今朝の最低は -5度だった
今年1番の大霜 寒さを別にすれば ファンタスティクな景色 

彩菜茶屋へ出荷 もう樹のものがほとんど
シクラメンの表面処理
ユキモチソウ堀上げをする

1_20121205171950.jpg
24.12.5 ユキモチソウの種子
明日は 種皮を取り 越冬準備をする
ただ 小さく 発芽能力がどの程度あるか心配

2_20121205171949.jpg
24.12.5 ユキモチソウ
今日 堀上げ水洗した
新聞紙にくるみ よく乾いたら 買い物袋にやや密閉して 3月上旬まで保存する
ストーブのない 温度変化がなるべくない 寒い場所に置く
時々 点検し 腐れがある球は 処分する

手前の小球は 21年11月に播種 据え置き栽培を続けた物
来年は 小さいながらも 少しは咲くだろう

22年 23年にまいている大鉢は 堀上が面倒なので そのまま物置で乾燥保存することにした

優先順位が ちょっと上の ユキモチソウと 野生シクラメンの処理完了
ちょっと 安心した

みちくさにある 野生シクラメンは レパンダム パーシカムは寒冷紗下では ちょっと厳しい
そのほかの
ヘデリフォリウム コウム ミラビレ シリシウム グレークム プルプラスセンス プシウドイベリクム などは屋外で枯れることはないけど 小鉢栽培では花・葉とも傷む
やはり 商品にと思えば 完全霜よけは必要
加温などは してはいけない

誰だったかな
松村・・・かずこさん かな
着物服を着て 「帰って来いよ」を歌っていた女性歌手
唐突ですが

風が見えるか

4日の当地は 晴れ 時々 くもり
寒い 風が冷たく 強い
おいらは 風の子 風小僧 ヒューヒュー ヒューヒュー
冷めたコーヒー 濃いピーナツバター 青いワインがまとわりつく

野生シクラメンの表面処理をし トンネルに移動する

1_20121204165118.jpg
24.12.4 風が見えるか
上だけ固定し フリーにしてある寒冷紗が 騒ぐ
この方が 風を含まず 風が逃げる
マリリンモンロー 7年目の浮気

2_20121204165117.jpg
24.12.4 テントウ虫ハウス
上のふたが開くので あけて見たけど 現物は見つからず
いるのかいないのか

21.12.5 土 かぜで終日寝る
21.12.6 日 地区の行事 粗大ゴミ出す 果物定植 フウランを箱入り娘に

22.12.11 土 サギソウ堀上げ
22.12.12 日 マラソン応援 サギソウ堀上げ

23.12.10 土 ヤマコウバシ カイノキなどの種子処理 バルボコジューム・コンスビクス植え付け
23.12.11 日 マラソン応援 種子処理 広葉樹の冬サシ

過去 何をしていたか調べて見た
バルボは 今年は堀上げなかった
種子は ほぼまいたし
サギソウ堀りを 始めるか
サシキは1本も活着せず 新聞の100%活着記事を見て したけど

明日は 何をしようか
原種チューリップ アネモネの植え付け
ハウスの 広葉樹整理
まだ 野生シクラメンも残っている
でたらめな針金かけ
楽しい仕事が続く

地中海がなつかしいか

3日の当地は くもり 快晴 晴れ くもりの順
風は 強くはないが 冷たい
背中にゾクゾクとくる
青いリンゴ 強烈なレモン 水玉模様に囲まれている感じ

昨日の粗大ゴミを じっくり検分に行き 鉢をゲット
野生シクラメンの表面処理
姫ウラシマソウの植え替えをする

アイスランドポピーに水肥をやるが まだ小さい こんなので 無事越冬するのか心配
山野草店に合うか

1_20121203171402.jpg
24.12.2 処理前

2_20121203171401.jpg
24.12.3 処理後 主としてコウムが多い

除草は 早くやればやるほど 効率が上がる
1㎝の時より 5㎝になったほうが 抜きにくい

ゼニゴケも 初期にやれば ピンセット1回で済むが
増えると 大変

120%理解しているが やらなければ分かっていないより より悪い
あーあ 弱い

3_20121203171401.jpg
24.3.8 野生シクラメン・コウム
コウムは ヘデリフォリウムに比べ 小鉢でも咲いてくれる
けど プランターみたいに大鉢なら より多く咲く
高価格になるのが 恨めしい

4_20121203171400.jpg
24.5.15 姫ウラシマソウ
姫ウラシマソウ 南国ウラシマソウ ムサシアブミは 当地の屋外で越冬することは確認済み

ユキモチソウは 近いうちに堀上げる
これら サトイモの仲間も 強いのや弱いのやいろいろ

何に限らず 本に書いてあることや 環境の異なる人の経験談を鵜呑みにせず
それを参考に 自分で試して見るべき

だけど だけど 初めての貴重品は どうしても保護する傾向にある
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

10/21~10/22
◎山野草趣味の会
旧 たちばな保育園

10/28
○森林を考える集い
津山グリーンヒルズ

10/28~10/29
鳥取山野草会
鳥取パレット

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR