レンゲソウ

30日の県南は 晴れ
けど そんなに熱くはない 予想外だった
もうすぐ熟す リンゴのよう

RSKバラ園で開催されている 春の大盆栽展に行く
帰宅後 購入したものの植え替え
セッコクを木にくくりつける
帰る途中 購入した軽石の底を平たくする

1_20130430220237.jpg
25.4.30 備中国分寺
バラ園から帰る途中 寄ってみた
レンゲ祭りが 昨日まであったらしいので レンゲを見たかったけど ほとんど咲いていなかった
どうも うまく咲かなかったのか と想像して見る

盆栽が主ではあったが 山野草 サツキ サボテン・・・いろいろあり
卸値ではないけど 増殖用の親木として あれこれ求める

行った主目的は 親木購入と どんな物が どの程度の価格で販売されているのかの 情報収集

今日 何年ぶりかで プリンを食べた
販売に出展されている Fさんにいただいた しばらくぶりなので 不思議なおいしさがあった

今回もWさん Fさんに ご迷惑をおかけした
情報を得 無事帰宅し 充実した1日だった
スポンサーサイト

生命線

29日の当地は 晴れ
すっかり ココナツ娘と アイスクリームマン

彩菜茶屋へ出荷
ツバキの植え替え
これは 香美市のOさんから 2年前にいただき サシキしていたのを鉢上げ
金魚をはじめ すばらしい品種がいっぱいです
Oさん ありがとうございました そして お元気ですか

1_20130429223256.jpg
25.4.29 堀とポンプ
この池は 約9立方メートルあり ポンプかん水している
昨日 ストライキ権を行使されたが 今日は支障なく動く

この堀と 井戸の2系統を使用しており 
井戸のポンプは電気代 これは混合油で動いている

2_20130429223256.jpg
25.4.29 堀へ
農業用水路から 塩ビパイプで引いている
自由落下で 無料の水

井戸も 自然に湧いてくれるし 本当に助かっている
無料 涸れることもない
ただ 井戸はかねけ水なのが ちょっと悪いけど

経費を抑えるのに とてもありがたい
しかも 毎日絶対不可欠のものだから
みちくさの生命線

負けます

28日の県北は 晴れ
さわやかな気分
山野草展を回るため 早出で水やり
ブルーグレイの空は 午前6時
ダイヤモンドダストのような霧が 舞っている

大佐~北房~久世~津山の山野草展めぐり
即売会で 親木として求めたものを 植え替える
シモツケなんかの 植え替え

1_20130428223351.jpg
25.4.28 おおさ山野草会 シャクナゲ

2_20130428223351.jpg
25.4.28 北房山野草会 石付け
イワユキノシタ 何とかヤナギなど

3_20130428223351.jpg
25.4.28 久世山野草会 素芯ユキモチソウ

4_20130428223351.jpg
25.4.28 津山山野草会 素芯ウラシマソウ

みちくさには 製品より素材が 当然多い
しかし 展示品も用意している
けど 皆さん 本当にお上手です

分かっていたけど うちは 落ちる 今回も再確認した
商売は 光速回転 高速回転が重要
ひとつの物を そんなに長く持ち込めない と言うことにしておこう

みちくさで 求めていただいた素材が使ってあった皆さん ありがとうございました
山野草展の帰りに 寄っていただいた皆さん ありがとうございました 

まあいいか

27日の当地は 晴れ
朝は 寒かったけど かなり温度が上がる
太陽と南風が ランデブー
黄金のランデブー アリステア・マクリーン すごく おもしろいです

彩菜茶屋へ出荷
28~29日の 大佐山野草展の即売品の用意
セツブンソウの種子採取

1_20130427223445.jpg
25.4.27 即売品
多分 この2トレーで 50種類程度はある

2_20130427223444.jpg
25.4.27 即売品
ここは クロユリ フウリンダイコンソウ シロバナフウリンダイコンウが主
左奥に タイツリソウが見える
2年前か このタイツリソウを見たOさんは ハートがぶら下がっている と言った うんさすが
彼は今 西表で頑張っている

3_20130427223444.jpg
25.4.27 ドウダンツツジの向こうに誰か

同じことでも いろいろと判断が違う人がいる
人と人でも 対植物でも 同じようにやっているはず なのに
誤解が生じたり とんでもない方向に取られたり 
同じように育てたはずなのに うまく育たなかったり

初心に返れ

慎まねばならぬ 慎まねばならぬ
劉備元徳が そう言ったとか

大佐山野草会の皆様 ありがとうございます

ちょっと疲れ かな

26日の当地は くもり 気まぐれなにわか雨
寒い 小悪魔の風が吹く
アイスクリーム 青リンゴ 水ようかんを混ぜた風
そんなのが 背中に流れて来る

セッコクを 石や流木にくくりつける
セツブンソウの種子採取
28日からの用意
軒下に 寒さに弱い物を取り込む

今日は画像無し
ちょっと 余裕がないか な

今日 ビッグバン発生
水やりしていて セツブンソウの種子がはじけているのを 発見
見回りに 2時間程度かかった
これから 2~3日が勝負だけど 28日の朝は早出がある
明日中に 全部取ることになるだろう 多分

ビッグバンから 140億年
発生の 10のマイナス何乗秒後かのうちに 宇宙の元ができた
何のこっちゃ
誰が どうやって調べた 考えた
年中屋外で カトレアを栽培するする方が はるかに簡単

眠たいし ちょっと余裕がないのかな
特に疲れた気分はないし 辛くはなくて 楽しいのだけど・・・

ここ数日 寒さに弱い物を 出し入れしている
新葉が展開し ここに霜をくらうと 一発ノックアウトになる
これはけっこう 大変
こんな苦労分かりますか

特技を忘れないようにしよう
ケセラセラ

さあ

25日の当地は 晴れ
風もなく穏やかで 平和そのもの
カリフォルニアの青い空 美しく青きドナウ

セッコクを 石や流木に付ける
売り場の整理
かたづけなど

1_20130425222039.jpg
25.4.25 トンネル整理
寒冷紗の下で 小さなトンネルでも かなりの植物が栽培できる
カトレアだとか ナゴランなどはダメだけど 山野草店の普通の物は大丈夫
しかし かたづけと言うものは 面倒くさいけど仕方ない

2_20130425222039.jpg
25.4.25 八重桜
妻の親戚のKちゃんから もらった
数年前から 毎年きれいに咲いてくれる
左はマユミ 右はコブシ

ああ いそがしい
28日は山野草展示会の 即売を依頼されている
みちくさからは 行かず 売っていただくだけ
あと1組 お客さんが来店予定

目は回らないけど 回るほどの気分
言っていただけるだけ 嬉しいこと
さあ やるぞ

ああ別れ

24日の当地は 雨
かなりの量の雨が降る この時期にしては珍しい
アルハンブラの想い出はあるけど アルハンブラの雨はあるか

妻は 小品盆栽教室と 地区役員の総会に出席
彩菜茶屋へ出荷に行く
その後 ホームセンターをまわり モミジを探すけど 希望の物がなかった
13日の 趣味の会の販売内訳の整理
セッコクを 木にくくりつける

1_20130424230322.jpg
25.4.24 ビオラとチューリップ
チューリップの色は まだ分からない
まあ 家で楽しむか

2_20130424230322.jpg
25.4.24 ホオノキ
最も好きな 木のひとつ
中心の1本は 山裾でいただいたもの
根元に ホオノキ実生苗を2本植え ナンテンとヤブコウジを添えた
ホオノキは堅く 曲げにくいので この先どうなるか分からないが 様子をみることとする

3_20130424230322.jpg
25.4.24 フジ
フジがやっと咲き出した
これは 特に商品ではないけど 今年は化粧鉢に上げてみるか
今年も きれいに咲いてくれそう

今日 別れがやってきた
22日のセリで入手したものに 今日買い手がついた
とても枝振りがよく 全体にツボミが付き もう10日程度で咲くだろう

写真を写す暇もなかった
花屋も できるだけ回転を早くすべきで
理想の別れではあるけど
ちょっと さみしい

不思議だけど そんな気持ちになった
お買い上げ ありがとうございました

腐っても鯛

23日の当地は くもり
熱いか 寒いか分からないような日
風が ある訳じゃあない
アリステア・マクリーン 金門橋 を読む感じ

明日の出荷の用意
ホオノキ マルバノキの植え替え
表面処理をする
妻は 所属している山野草会の総会に出席

1_20130423225219.jpg
25.4.23 亀甲斑ヤブレガサ
四国の競り市で 驚きの価格で入手

盆栽の人が集まるセリでは フウランはあまり高くない
オモトの人が集まるセリでは 山野草はあまり高くない
と言うように 非主流の物が出品されると 安価になる
それが これ

近くなら たびたび行くことができるけど 遠くだとそうも行かない
でも 毎回行かなければ 何が出品されているか 分からない
ああ 哀愁列車
爺さんの心も ユラユラ揺れる

2_20130423225219.jpg
25.4.23 新品長靴
980円の長靴が破れ 買わなければと思っていた
安い物はすぐ傷むので 2500円ちょっとの物を買う
いい すごく履きやすい
軽い 天使の長靴のよう
破れていない長靴は こんなに いいものなのか
特に 雨天 濡れた草の中を歩く時

3_20130423225219.jpg
25.4.23 年季物の長靴
すっかり破れ みすぼらしい

実はこの 長靴 信じられないくらい 高価な製品です
破れているので 当然 水場には弱い と言うか 使用できない

これだけ破れていても 内布はしっかりしており
履いてみると

履いてみると
新品の2500円のものより
はるかに はるかに 履きよく 足にフィットします

人に履いてもらう訳にはいかないが
人前では さすがに はきにくいが
くどいけど 新品2500円より はるかに 履き心地は上
水場以外では しばらく使用予定 

県南にて

22日の県南は 晴れ
風が冷たい
昼弁当は 多くの人が 車の中で食べていた
3枚目は 厚手のジーシャツだったけど 寒い
枯れ葉の舞うような風だった

二人で 県南の競り市に行く

欲しい物が 6点あり 3点をなんとかもぎ取る
1点は 競り負け
1点は 躊躇したすきに 手をすり抜けた
1点は あっけにとられた

あっけにとられたのは ミニライラック3鉢組
どうしても欲しく 下見の時 6500円まで行く 勢いでも7000円までと 決めていた
競るどころか あっと言う間に1万円を越え 2人の争いになってしまった
声を出すことも なかった

後で聞くと 大勢欲しい人がいたらしい
途中で あきらめたらしいけど
四国に 嫁に行ってしまった
すばらしい枝振りと ちょうどのサイズ あと10日で開花と言った株

何に限らず 花時は どうしても高くなる

以下は 他の人がおとしたもの
1_20130422222345.jpg
25.4.22 イワチドリ
これだけになると 見栄えが上がる

2_20130422222345.jpg
25.4.22 イワチドリ
これは苔玉仕様
特に難しいことはなく 僕が作っている サギソウと方法は同じ
これにすると 置き場所がいるし 単価が高くなるのが難点

県北では ゴールデンウィーク明け頃に開花になる
みちくさでは 大部分を7.5㎝ポットで作っている

シダ類を当てにしていたが 残念ながら今日は 出品がなかった
四国に比べれば 交通費がかからないので もうちょっと思い切って 行けばよかった

ここだけの秘密の話だけど セリは1人が・・・
2人で行けば 意見を求めるようになるし 気にしない訳にはいかないし
だけど 後でグズグスは言われないから まあ 二人で行くか

市が終わると Fさんご兄弟宅に行くことが 恒例になってしまった
今日もまた 良品を安価に分けていただいたり お土産をいただいたり 技術的な指導を受けたり
本当にありがたいです
また Wさんが 県南の山野草展をまわり 良品を求めてきていただいた。
皆さんに 感謝です

黙考

21日の香川県は 晴れ
朝晩の当地は寒く 四国も レモンスイーツのような気温
ほんわかブリザードか

香川県での競り市に行く

1_20130421220009.jpg
25.4.21 讃岐富士
今年 何回見ただろう 
正しい山名は分からない ウドン山にしておこう

2_20130421220009.jpg
25.4.21 夕方の瀬戸内海
よく晴れ 見通しのよい日だった
1㍍ちょっとの柵を越えたら 海へ直行

3_20130421220008.jpg
25.4.21 瀬戸大橋
絶叫モノレールではない

さて 今日 競り市に行ったが あまり持ち帰れなかった
欲しい物が 少なかったこと
欲しい物が 高かったこと
岡山ICから高速に乗り 往復の交通費だけで かなりの金額になる
これだけの金額を 必要経費として 商品に転換することはできず
何をしているのか 分からない

現在 何カ所かへ行っているが 今日の所は 少し欠席することにしよう
誤解があってはいけないが 商品が悪いとか 雰囲気が悪いのではない
みちくさに合う 商品が少ないから

盆栽は 盆栽市へ
ランは ランの市へ
ビオラは 一般総合市場へ行くべき
山野草専門は 長野にあるけど 遠すぎるし 参加に制約がある
どこでもドア どこかにないか

明日は 県南に出張
現在では ここの競り市が 最もイイ感じ

無題

20日の当地は くもり 後 雨
朝 かん水するかどうか迷う
すぐ降りそうにはないし 迷う けどやった 2時間かけて
3時頃から降り出した
微妙な時間
めったに食べないけど マンゴーの微妙な味わいか

某場所で用事~彩菜茶屋へ出荷~買い物
石に タンチョウソウをくくりつける
彩菜茶屋で知り合った 大阪の人に ヤシャゼンマイを頼まれる
で 明日の朝 彩菜茶屋へ持参する
妻は 非常に重要な用事で外出する
夜は 地元農事組合法人の総会 と入った1日

今日は カメラを出す暇がなかった
と言うか 雨が降り出したのでやめた
だから 画像無しです

倉敷のWさんが 地元の山野草会の展示に行き 変わった物を3鉢購入していただいた様子
22日に いただきに行く予定
いつもありがとうございます

今日 石にタンチョウソウを くくりつけた
いつ 商品になるか分からないし 石が高価なことから かなり単価の高い商品になる
売れるかな
それに 石は すごく場所が必要 困ったもんだ

明日は 二人で海外出張

将来に

19日の当地は 晴れ
風はちょっと冷たく かなり強かった
駅馬車が走るよう 

植え替えは モミジ ヤマシャクヤク ギボウシ・タマのカンザシ 秋咲きシュウメイギクなど
将来の展示に向け 屋久島ウメバチソウを石鉢に植える ほか
重要な親戚づきあいで 夜に二人で外出する

1_20130419232835.jpg
25.4.19 アイスランドポピー
この一角を カラフルなアイスランドポピーで 飾る予定だった
除草剤をまき 種子散布のみの ロープライスガーデンだったけど ほとんど草に覆われた
この花は2花目 あと10輪程度は咲くか
やはり ポット苗を植えなければ うまくいかないか

2_20130419232834.jpg
25.4.19 玄人好みのチューリップ
こんな所に 誰が植えた
岸を見ろ 鳥だ ロケットだ いや爺さんが植えた

3_20130419232834.jpg
25.4.19 ○ツツジ
妻のいとこの子供からいただいた
八重 マシュマロ 紙風船のようなツツジ
今年は ちょっとサシキして見よう

さて 秋から来年用に いろいろ作った
今日は 石鉢に屋久島ウメバチソウを植える これは ちょっと暑さに弱いけど 石鉢ならうまく乗り切ってくれるか 
それから 6月の展示用に 極姫イグサとサギソウの苔玉を作る
写真には写したけど 今日はカット 生育に合わせ またアップします
ただし うまくできたら

石鉢 石付けの長所は 暑さ寒さに対応でき 長い持ち込みに対応できること
その反面 高価 場所が必要になる
なかなか 悩ましい

18日の当地は 晴れ
熱風が 水を奪う
爺さんの肌も 潤いがなくなっていく

6月の県北山野草展 10月と4月の趣味の会用の作品を作る
午後から お客さんがみえる
植え替えは ウメモドキ モミジ カマツカ スノキ

展示品は 早く作り 持ち込みが長い方が 見栄えが上がる
この4月に懲りたので 早めに用意した
6月 ヤシャゼンマイとヤブコウジ ナツハゼとあれこれ など
10月 ホトトギスの宝石箱 ダイモンジソウ など
4月 ユキワリコザクラ石鉢 セイヨウシャクナゲとシダの石付け など

1_20130418222218.jpg
25.4.18 ヤマシャクヤク
タツタソウやオサランと並び あっと言う間に花が終わる
でも 花はツボミまで 咲いたら終わり と言うことは良く聞くこと
この前の販売でも ツボミ株が 予想よりよく売れた

2_20130418222218.jpg
25.4.18 販売品あれこれ
手前に見えるのは アオバナイチゲ 奥はヒメシャクナゲ
ソフトフォーカス と言うことにしておこう

3_20130418222218.jpg
25.4.18 チョウジザクラ
淡い羽を持った妖精が グラニュー糖をまきながら 飛んでいる 

隣県から あるグループの「花部会」の方12人がみえる
事前に電話をいただいた時 山野草ではなく 花部会と聞いていた
だから どんな人たちかな と思っていた
山野草専門の人ではなかったが でもさすが 花には詳しい様子
いろいろ買っていただき ありがとうございました

でも
他県から 研修の一環にと みちくさを選んでいただいた
とても 嬉しかったです


おいしかった

17日の当地は 晴れ
さわやかさを追い抜き 夏は来る
あなたが来るわ 太陽が 
チョコレート 栃羊羹 焼き栗を混ぜたような天気

久しぶりに 二人で出荷に行く
かたづけを兼ね 明日に備えた用意をする
実は 明日 ちょっと多くのお客さんがある
マルバノキ ナツハゼの植え替えをする これは6月と 10月の展示に使う予定

1_20130417222248.jpg
25.4.17 
売り頃の物を前に出し 模様替えをする
通路に置いたのは ユキザサ

2_20130417222247.jpg
25.4.17 モナカの気持ち
開花しているユキモチソウが あと3鉢ある
限りなく早く 嫁入り先が決まるのを待っている

花とは関係がないが 自分で作った燻製を 久しぶりに食べた
まあ こんなもんだろう
サクラか ヒッコリーか リンゴか未確認
焼いても 煮ても 揚げても でない味だった

やってもやっても 仕事は終わらない
ひとつやれば 次が待っている
ちょっとしんどいが 辛くはない
むしろ おもしろい

燻製

16日の当地は 晴れ
風が強く タクラマカンの風
四季夏子

着生ランを箱から出す
クコの芽を整理
植え替えは ヨシノツツジ マルバノキ オウバイ マツモトセンノウ ヤマアジサイ ヤシャゼンマイ・・・
洋種シャクナゲを植えるため 水岩石に穴開け
用土処理 あれこれ

1_20130416221438.jpg
25.4.16 ヨシノツツジ
どうしても増やしたいため 早めに花を取り 植え替える
ベルギーだったかな 花びらで広場に絵を描くのは
みちくさでは タヌキが憩う

2_20130416221437.jpg
25.4.16 クロマツ
最近ゲットしたもの
葉先が重なり 見えにくいが スッキリ伸びて 上の方で芽を処理してある
早く売りたし 持ち込みでより格上げしたいし 複雑

3_20130416221437.jpg
25.4.16 商品達
今花盛りのものを 集めている棚
濃色ヒメコザクラ プリムラ・オーリキュラ カラフトビランジ ニリンソウ・・・

今度の土日は 販売はないが その後6月中旬まで お呼ばれしている
本当にありがたいことです
関係者の皆様に 感謝です

週末は 妻は3日連続
僕は 2日連続で出張 もちろん花に関して

気持ちにゆとりがなかったのだろう
この1年間 燻製を作らなかった
次男に手伝ってもらい スモーカーを作ったのは1年以上前
今日 数日前から塩漬けしていた鳥を 燻製にした
全部で6切れ

自家製スモーカーだけど 全部で4段の棚がある
今日は 1段のみ使用しただけで ずいぶん余裕があった
高級な食材は使用しないけれど にわとり タマゴ 魚 練り製品 今後はいろいろやろう
疲れたけど 平和で有意義な1日だった 今日も 

散髪に

15日の当地は 晴れ
白い空気
白い渚のブルース 初夏を感じる

昨日のかたづけをし 販売品を棚に並べる
クロマツ タヌキマメ ナンキンハゼ モミジをまく

1_20130415222320.jpg
25.4.15 スイセン
我が家の野生で咲く スイセン
もう 10年くらいの自然児

2_20130415222319.jpg
25.4.15 ジョンキル
ご存じ 糸葉スイセンと呼ばれるジョンキル
これも繊細な小型スイセン
ティタティトほどではないが 作りやすくキレイ

3_20130415222319.jpg
25.4.15 チューリップ
ラベル落ちだけと 原種系チューリップ
スギナとチューリップ

4_20130415222318.jpg
25.4.15 タルダ
原種チューリップ・タルダ
もう少し もうちょっと 葉幅が広ければ
でも 9㎝鉢でばっちり

ありがたいことに 即売は予想どおり程度の売り上げだった
だけど どうしても仕入れ品が多くなる
売上高より 利益率を上げるために 自作できる物に力を入れたい と ずっと考えているものの なかなか
本格参入1年経過で 遅きに失したけど 長期計画を立てるぞ

散髪に行ってきた
僕は ある程度伸びてくると ウェーブがついてくる髪を持っている
ここ最近は 悪く言えばぼさぼさ
よく言えば 巻き毛になっていた
こんなのが好きなことと 散髪屋に行くのが嫌いなので 本心はもう少しおきたかった
でも 周囲の声があったので

さて 行くのが嫌い
なぜ と言う理由はないが 散髪 歯医者は嫌い

苦労度

14日の 真庭市は晴れ
コショウ サンショを混ぜたような ピリッとした風がある
快適

終日 展示・即売会
妻は 出荷のあと 昼頃から参加

展示品の一部を
1_20130414222842.jpg
25.4.14 
右から カラスバオモダカ モミジ カクレミノ

2_20130414222842.jpg
右から レンプクソウ ダイリンカンアオイ ニリンソウなど

3_20130414222842.jpg
ツリバナマユミ紅奴

4_20130414222842.jpg
タンチョウソウ

所属会員9名 出展者9名
所属会員より 出展者が少ないのが通例だけど ここはすべての人が展示する
皆さん 立派な作品でした ただし1~2名以外

通常 山野草の展示会は 1日目の朝一に来場者が集中する
それは 即売品の良品 珍しい物を入手するためで
展示会を見る前に まずゲットをする
そして 展示を見て 展示してある素材を また求めることになる

今日 観光バス1台と マイクロバス1台の 会所属の人の来訪があり てんてこ舞いをした

でも でも
今日の売り上げが 1000万円
昨日が 2000万円
今日も 昨日も 2業者2人づつで 販売した

今日 いそがしかったけど
昨日の組は 倍程度いそがしかった
お疲れ様でした
そして 買っていただき ありがとうございました

ありがとうございました

13日の当地は 晴れ
ちょっと寒かった
風が冷たく ゼリーを持った天使がおりてくる
一転 午後は ココナツ娘

今日は 二人とも展示・即売会に行く
昨日まではいそがしかったけど 今日はちょっと精神的にも安定

きんちゃい館からは 昼過ぎに帰り いろいろかたづけなどする
その時の画像を ちょっと

1_20130413221053.jpg
25.4.13 タルダ
原種チューリップ・タルダ
これは 葉のバランスが良く きれいなチューリップ
水やりする前に 写せば良かったけど 水やり後なのでこのとおり

2_20130413221053.jpg
25.4.13 バルボコジューム
原種スイセン・バルボコジューム
かなり草が生えているので 見栄えが悪いけど これは きれいかわゆい
横着していて 販売品はないけど ちょっと本気にならなければ
今年から来年に肥大させ 販売は2年先

朝ご飯を食べていると 緊急放送
以前住んでいた近くも かなり揺れたようだし
子供も 大丈夫だった
被害があまりなくて よかった

今朝マイナス4度
7時頃からかん水し その後 きんちゃい館へ行くつもりだったが
凍結してできず
ジョウロを持って 走り回る
そのため 出発が遅れ 到着予定が大幅に遅れる
ご迷惑をおかけしました

両会場で買っていただきまして ありがとうございまた

よくやった

12日の当地は 晴れ 時々 くもり
風が冷たい 北の山に雪が見える
雪が降る 春はどこかへ ゆきなさる

販売品の用意に明け暮れる
午後は 会場に展示に行く

1_20130412225539.jpg
25.4.12 レンプクソウ
展示品のひとつ
まあまあだけど 葉のふさがりと言うか ちょっとばらついた感じ

3_20130412225539.jpg
25.4.12 モミジバオモダカ
だいぶ年季が入っている

今年 多分一番いそがしい日だった
何せ きんちゃい朝市と 展示・即売会がガッチャンコした
一般園芸植物のように 1品種1トレーで用意するようなことはできない
1トレーに 10種類くらい入る場合もある
300円のサクラソウから 4300円の織り姫までラインアップ
ぜひ おいでください
見るだけなら 無料です

僕は 13日は きんちゃい館 14日は マルイアルティー
妻は 2日とも マルイアルティー

よくやった日だった

ああ

11日の当地は くもり にわか雨
風もあり 冷たい日だった
湖愁を思い浮かべる

終日 イベント用意
カメラを出す暇もなかった
にわか雨があったので 軽トラで 販売品を家に持ち帰り 準備した
まだ 終わってないけど

明日は 早起きして 2カ所の販売用意
12時前には 展示のため出かけるので 明日11時までと 夜でどうしても完了しなければ

目は回らなかったけど その忙しさ
化け猫も来なくて良かった
座敷童やコロボックルも来ず

鳥取のSさんが Oさんからのアズマイチゲを 持ってきてくださる
わざわざ ありがたいことです

13日 きんちゃい朝市

13~14日 山野草趣味の会の 展示・即売会
3業者の販売があります
真庭市久世 マルイアルティー久世

お暇なら おいでください

妖精達

10日の当地は くもり 夕方から雨になる
この邪魔者めが
ちょっと寒い1日だった
井上陽水さんの こころもようのよう

午前は 初心者の盆栽教室に行く
出荷の用意で終わるが 雨で能率が落ちる
明日中には 絶対にしなければ

今日の出席者は9人
いろいろ知らないことを 教えてもらった

さて 昨日の画像ですが
1_20130410224045.jpg
25.4.9 アキグミ
見づらいが 多分5~6年前に播種し そのまま置いていたもの
根がトレーに絡みつき さらに地面に伸びていた

2_20130410224044.jpg
25.4.9 植え替え後
根洗いし 小鉢に植え付けた
根は ポットの中で運動会で よく生きていたものと思うほど

不要枝を取り 落葉後に針金で 枝配置を整える
倉敷のFさんに教えていただいた
人が捨てるような物を うまく作り込むのが 醍醐味と

ただ 違うのは 自分が捨てて自分で拾っただけ
もっと 早くしていれば

3_20130410224044.jpg
25.4.9 チューリップとビオラの寄せ植え
こんな物が 山野草屋にあるのか あるのだ
彩菜茶屋へ出荷準備中
ビオラもだけど チューリップも改良が進み 妖精の世界
ただ 困るのは開花がいつになるのかが 分からない
4月上旬と言われても なかなか組み合わせが難しい

4_20130410224044.jpg
25.4.9 アネモネ・ブランダ
なぜか今年は 大鉢の調子が今ひとつ
初心に返らなければ
シェーンカムバック ブランダカムバック 妖精にしかられる

5_20130410224043.jpg
25.4.10 アネモネ・ブランダ
これは 今日の別の鉢
あと20日もしたら ブランダ イズモコバイモ セツブンソウ キクザキイチゲなどの鉢を 1日数回チェックする必要がある
いつ ビッグバンが起きるか分からない ビックリパンではない

昨日 妻は倉敷方面に行く
またしても Wさん Fさんご兄弟にお世話になった
貴重品や 良品を分けていただく
いつも ありがたいことです

おかしい

今日は9日
おかしい
なぜか画面がおかしく うまくかけない

1_20130408204401.jpg
これは きのうアップの 南光アヤメ

何が原因か不明

無題

8日の当地は晴れ
悪魔が来たりて風が吹く から
限りなく透明に近いブルーの天気
この表現 自分でも意味不明
桃色吐息にするか

いろいろ植え替え
ギボウシ ホオノキ カクレミノ いろいろなヒトツバ コアニチドリ まだあったな
表面処理
もう 13日の用意

1_20130408204401.jpg
25.4.8 南光アヤメ
アヤメの類は 一般的に花が短い
その代わり 次々と咲くものもある
この南光アヤメはどうか

上品 華麗 妖艶 妖精 冷酒 柑橘 そんな表現
倉敷のFさんにいだいたもの
大事にします

2_20130408204401.jpg
25.4.8 きんちゃい朝市の用意
朝市は13日だけど 今から用意しないと できそうにない
もう ひどい霜はないだろうし まだ 強烈な太陽はないだろうから 外に用意しておく
何があったかな
テシオコザクラ クロユリ イワユキノシタ ホタルブクロ イカリソウ 種類にすれば50種程度はあるはず
これよりも 13~14日の 山野草趣味の会の用意が大変
なにせ 展示品もかなり用意する必要がある

悲しき願い
誰のせいでもありゃしない みんなおいらが悪いのさ
尾藤イサオさんだった
正しくは みんなおいらが悪いのか だった

ユーチューブで聞くと
なんと あのアニマルズも歌っていた
かなり新鮮でよかった
でも アニマルズと言えば 朝日のあたる家
僕の最高に好きな洋楽です
数十年前からの 好み
でも 花はもっと前から好きだった
好きだった 嘘じゃなかった 好きだった 

残念

7日の当地は がらがらおもちゃ箱
風 くもり 雨 薄日 小雨 何でも来い ちょっとだけあられが降る
あられと ひょうの区別は知らない
強風が 寒波をつれて 今日吹いた

サギソウの植え付けを済ませた
妻は あれこれ植え替えした後 友人とサクラソウを作っている人の所へ行く

1_20130407222720.jpg
25.4.7 クリスマスローズ
今シーズンの売れ残り 別の場所に 同程度ある
生ものは これだから辛い
枯れたり 売れ残ったり リスクが高い

けど 自分がすべて悪い
品種 仕入れ数 販売見込み カンと運が悪く 実力が足りなかった

誰のせいでもありゃしない みんなおいらが悪いのさ  
悲しき願い もう50年近く前の歌かな 誰だったか

13日の きんちゃい朝市
13~14日の 山野草趣味の会に向け 目が回るいそがしさが待っている
でも まだ 回ったことはない

プレ・?・・・

6日の当地は 雨
風もなく穏やかで なめらかな すべすべの天気
ただし 作業はしづらい

彩菜茶屋へ出荷
実生松の陶器鉢への鉢上げ 今日完了した
表面処理 いっぱいいっぱい

1_20130406170810.jpg
25.4.6 チューリップ
プレスタンス・○○
品種メモを 作場の机上に忘れてくる

2_20130406170810.jpg
同じ
原種系チューリップは 魅力的だけど 葉のバランスが悪いものが多い
その中で ライラックワンダー タルダなどと並び プレスタンスは器量よし

13~14日に 山野草趣味の会の 展示・即売会が 真庭市久世で開催
だいたい 販売品と展示品は用意できたけど 最終調整中
展示用として ヒメイズイを石鉢に植えた
頭の中には あと ツルソバと 開花するようならロードデンドロンがある

にわか作りを 古いように見せるのも技術のうち
そんな作品が いろいろな展示会に行くと あちこちに並んでいる
一目で分かるもの よく見ると分かるもの そんなのに行き当たると 思わずにんまりする
しかも みちくさからの購入品で作ったものに行き当たると ナデナデしたくなる

それにしても

5日の高松市は 晴れ
非常におだやか
ウドンが つるつるしてくるよう

仕入れに行く
眠たい 眠気が吹き飛ぶほどてではなかった

1_20130405220632.jpg
25.4.5 高松市か坂出市か
スーパーマーケットで 醤油豆を買う
土産物店で買うより かなりの割安
しかも 真空パックより 普通の袋入りのほうが安価
そのスーパーの駐車場で

知った人が 石川から新宮市に転勤した時
周辺にヤシがあるのを見て ビックリした と言っていた
現役時代の 高知出張を思い出す

2_20130405220632.jpg
25.4.5 その駐車場から
香川県北部には こんなにストンと 切り立ったような地形が多い
過去の 隆起・沈降・降雨などの影響か 岡山から見れば 特徴のある山並みが続く

商売は 安く買い 高く売るのが原則
今日の市にて
思ったより安く入手できたもの 高くて負けたもの いろいろある

岡山北部から行けば 交通費がかなりかかる
ガソリン代の一部にでもなればと 競売品を用意したけど 想像より安かった
でも スグリとか ヒメイズイなど想像より安かった

自分の物は 高く売れろ
買う物は 競争相手がなく 安く買えるように
思いは みんな同じだろう
そうならないだけで

えっ

4日の当地は 晴れ
おだやか
雲少し クモが巣を張る モクモクと

先月開催した 盆梅展の反省会がある
ウチョウランの植え付け
妻は 植え替えや表面処理を いっぱいしていた
お客さんから コーヒーの差し入れがある 逆でありがとうございます

1_20130404223045.jpg
25.4.4 バコパと えーと
フェミニン ファンタスティック
日本語のほうが好きだけど この花には横文字
明日 海外へ同行する

2_20130404223045.jpg
25.4.4 濃色サクラソウ
画像ではわかりにくいけど 紫に近い小花でミニサイズ
マミーワインカラーと 改名したい気分
ビオラとチューリップは 開花が一致しない
早く咲け咲け チューリップ
でも 何かヒョロヒョロと伸びている

3_20130404223045.jpg
25.4.4 アネモネ・ブランダ
ブランダの売り物も あとこれだけになる
残っても 別にかまわない そうなれば 球根を肥大させる

4_20130404223045.jpg
25.4.4 姫リュウキンカ
この時期 最も目立ちたがり屋のひとつ
高額商品ではないが 目がいってしまう

盆梅展の帰り 妻に頼まれていた トイレットペーパーを買いに寄る
エッ ホント
16年間の単身中 何回か自分でも購入したはず

1袋 198円 次のが298円 で298円のを買う
指1本で下げられる 重さ
トラックにとっては 空気を運ぶほど軽量
パルプ 運搬 製造 卸 運搬 小売り 途中の経過は知らないが
どこで どうなっているか 原価の秘密を聞きたい
でも ホント どうやって作っている

明日は 5時前に起床 海外出張

何とも

3日の当地は 晴れ 風強く寒い
雨上がりで いろいろ混ざった空気
黄砂ごと 吸い込み肺も 黄砂んし

彩菜茶屋へ出荷
午後は花屋さん3軒まわり ちょっと求めました
本来の仕事は サギソウポット1鉢のみの植え替え
それから ギボウシ少し
何ともの1日だった
転勤する人に会う ご健勝をお祈りします

1_20130403222730.jpg
25.4.3 出荷の一部
ちょっと判別しにくいが ポットのみのサクラが「富士桜湖上の舞」
ハードカバーに入れてあるのが「富士桜」
湖上の舞は ちょっと幹がねじれ傾く性質がある 富士桜の変異なのだろう
タンチョウソウ バイカカラマツ などあり

2_20130403222730.jpg
25.4.3 今日の風
サイダーと ポテトチップスと ポップコーンを混ぜたようなもの

3_20130403222730.jpg
25.4.3 チョウジュバイ
チョウジュバイと ハツユキカズラの苔玉 石台付き
濃いオレンジの花も上がって来た
これは ちょっと高額商品

4_20130403222730.jpg
25.4.3 コウチテンナンショウ と言うらしい
コウチテンナンショウとして購入
どこがどう違うのか分からない
天南星の同定も困難

この仲間で 一目で分かるのは ユキモチソウと ナンゴクウラシマソウ オオハンゲ程度
親として購入したため 大きめの鉢に ドカンと肥料をやっている
肥培して 種子をとる予定

できないものは仕方ない と決め込んでいても 気になってしまう
できないものは 本当に できない
でも あきらめきれない あせってしまう
やはりと言うか 当然と言うか 僕も凡人中の凡人

バルブ達

2日の当地は 雨 後 こぬか雨
風はなく そんなに寒くはないのだけど 1㎝だけ寒い
雨の作業は辛い 雨の日はやっぱり相合い傘でなけりゃ
雨の中の二人でも 妻とビニールの下で農作業
雨の日は 飴でも食べ食べ ああ甘え

ビニール張りの下で 終日マツの植え替え
妻は ギボウシ植え替えと 表面処理
5日のイベントのため 園芸植物を明日買いに行く電話を入れ 終わり

1_20130402223413.jpg
25.4.2 ヒアシンス
H11年に スクーピング増殖し
H13.11.24に植えたままのもの
10年以上も放任で いまだに咲いている 上出来の子供達

2_20130402223413.jpg
25.4.1 スイセン
これは比較的新しく H22.10.17に定植したもの
いちおう全部看板がある
ヒアシンスと同じく 増殖して鉢上げ・販売と思っていたけど 暇無し
野生の中で生きている

3_20130402223413.jpg
25.4.1 スイセン
H22.12.12に定植 品種名不明

4_20130402223413.jpg
25.4.1 クロマツ
今日のメインディッシュ
朝からずっと植え替え
ポット植えしてあったものを 陶器鉢に植える
と言っても 食器に穴を開け それに植えたものもある
画像にはないが 白地に梅の花びらを散らしたような 食器も使用してみた
何となく 酢の物でも入れるのか
しかし こんなの 買う人がいるだろうか
まあ 気まぐれ屋につきあう人が ちょっとくらいいるか

雨だったので 空気は良かった
湿気も当然あり 爺さまのお肌も潤った様子

倉敷のFさんから 電話をいただく
お願いしていた 鉢物が用意できたとのこと
なるべく早く 取りに行かなくては
いつも ありがとうございます

スーツを

1日の当地は 晴れ 時々 くもり
ものすごく 最高に とてつもなく快適
ただし 空気がきれいであれば

今日は 時別な用事があり 下記のとおり
鉢の表面処理に明け暮れる
剪定した枝を もったいないのでサシキしてみる

1_20130401223132.jpg
25.4.1 地元 八幡神社

2_20130401223131.jpg
25.4.1 同じ境内で

3_20130401223131.jpg
25.4.1 参詣道

今日から2年間 八幡神社の総代が回ってきた
地元を離れていたことから 子供の七五三以来 30年振りに参拝した
周り当番とは言え 今までお世話になったお返しに 何とか頑張りたい
よろしくお願いします
1年振りに スーツ着用

4_20130401223131.jpg
25.4.1 ユキモチソウ
箱入娘で無事越冬 今日植え付けた
右は 播種2年目程度と思うが ラベルを失い はっきりとは分からない
けど まだ咲かないだろう
左は 十分開花する

倉庫の横に自生している ユキモチソウが今年も咲くか
咲いたらアップします
このユキモチソウ 「モナカの気分」の商品名で売ろうかと 考えたけど

いそがしくて ネコの手を借りたいほど
そこいらのネコではダメだけど 日本昔話に出てくるようなネコなら 仕事がはかどるだろう
でも 背筋が寒くなり 震えて仕事にならないか
やっぱり けんかしながら 二人でやるか
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

6/17~6/18
◎山の駅山草展
那岐山麓山の駅

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR