監督

31日の当地は くもり 時々 晴れ にわか雨
風もない 蒸し暑い日だった
虫も喜ぶ 蒸し暑さ

親戚の満中陰法要に行く
マツの 芽と葉の処理

1_20130831214826416.jpg
24.8.31 タヌキマメ
今年も 開花の真っ最中
珍しいのか わずかではあるものの 想像以上に売れる
この時期 鮮やかな ショッキングムラサキ
日が当たらなければ 開かない

いやあ バレー残念でした
名誉のため 世界の底上げのため 金のため
理由は何にしても 監督業も 国際化している

中国の 大砲ろうへい(字不明)監督も 確か7~8年前には アメリカナショナルチームの監督をしていた
岡田さんは 中国サッカー
ザックジャパン
スケートなんかも コーチは外国人が多い
いいんじゃあないですか

ワールドクラス
背中で テレビが鳴っている
何かのコマーシャルで アニマルズ「朝日のあたる家」が流れる

何回目かで 悪いですけど 邦楽のベスト3
川は流れる
さよならをするために 本田路津子さんで
栄光の架け橋

そして
外国の曲は
朝日のあたる家 アニマルズ
想い出のグリーングラス 歌唱力のある人で

何を書いたか 不明 今日は 今日もか
スポンサーサイト

ヒトは・・・

30日の当地は くもりから雨 そしてまた くもりから雨
台風も来るし 吹いたり 降ったりしなければ いいが
温度は高くないものの 蒸し暑い
風もない 風の谷のナイ風

特に何もせず
某所に 3往復する

1_2013083018183349c.jpg
25.8.30 夕方のみちくさ

アイスクリームと戯れたり
パトカーの屋根に上がったり 
目立つためだとか
ネット依存が 中高生で 数十万人
仕事中 勉強中も 何を書き込むか 考えていると言う

ヒトはどこから来て どこへ行くのか

と言うほど 哲学的ではないが 
爺さんは 何でブログを書く
当初は 商売に 役立てようとしたから
何人かの方は ブログを見て来た と言っていただく方もいます
でも わずかの方

ぼけ防止に 
そんなことを言えば 見ていただく方に失礼

表現力アップ とは言えない この ダラダラ駄文
じゃあ 何のためにしている

ヒトはどこから来て どこへ行く
キリンの首は なぜ長い
イノシシは 山から来て 田を荒らす
シマウマの縞は 白地に黒か 黒地に白か

爺さんは 何のために書く
明確に 答えられない

思いつかず

29日の当地は くもり 時々 晴れ
日射はそんなにきつくないけど ひどく 蒸し暑い
台風の 影響がちょっとあるのか
のらりくらり ぬるりべろり

田に除草剤
赤ソバをまく
マツの針金はずし
古土処理

1_201308292147520f1.jpg
25.8.29 赤ソバ
パンフレットによると この地方は 8月下旬播種で その色を最大限発揮するとある
10月下旬 さてどうなるでしょう

2_20130829214752d8a.jpg
25.8.29 クロマツ
今日 針金を外す
できが 良いか悪いか 不細工か悪いか おかしいか悪いか
我流の文人風の 曲付け
肌は爺さんのようにきれいだし 葉も若々しい
まだ 風格らしきものは ない

来春に 1本づつ小鉢に植え 数年待つ
少量の土 肥料をおさえ 日光と霜に当て 
芽を押さえ 必要なら 再度針金をかけ
待つこと 数十年 立派なマツに なるだろう
けど 3年程度以下にするか

十分な土地に生まれれば
まっすぐに育つだろう
それが 少ない土 少ない肥料 しょっちゅう芽を摘まれ 時には針金で縛られ
全く 申し訳ない
それに比べれば 爺さん達は 

特になし

28日の当地は 晴れ
ちょっと 風がある
やや乾燥気味になってきた
雲は 秋の形
花のワルツを聞きながら サンマやサバが 泳ぐ

彩菜茶屋へ出荷~買い物
針金かけをあれこれに ヤマコウバシ 姫ライラック イヌビワ ムラサキマユミ・・・
古土処理
妻は 要望の電話があり 外商に行く ありがとうございました

1_20130828220319d76.jpg
25.8.28 イヌビワ
かなりの株 盆栽とまでは行かないが それに近い雰囲気
残念ながら 他人の作 他人の関係

2_20130828220318e2a.jpg
25.8.28 ヤマハゼ
これは 僕の作
一昨年種蒔き 今日寄せて 展示会に出す
ただし 来年用
手前の石は 高級 佐治石
正面予定の やや左から写す

バレーボールすごかった
世界の竹下から 18歳ですか セッターが
経験を積んでいけば 先は長い
リベロも新メンバー

4年ほど前かな
今夏有名な 四万十町に出張する
松月荘だったかな 泊まったのは
そこの 女将さん曰く
大山加奈さんが この部屋に泊まった と

高校総体か何か 高知県であったのか
その時 高校生の彼女が来たらしい

僕が泊まった当時 ちょっとスランプだったのか 女将さんが心配していた
何日か 一緒に過ごすと 情が移るのが人間

考える

27日の当地は 晴れ
日中の暑さも からっとなってきた
雲も秋 朝夕も涼しくなって来た

地区の方の 告別式出席
彩菜茶屋へ出荷~買い物
セツブンソウの植え替え

1_20130827214642005.jpg
25.8.27 近所の田んぼ
みちくさ近くの田
これまでは田の中を 通り過ぎて行くだけだったけど 最近暴れている
この田も 半分以上がダメだろう

2_2013082721464040a.jpg
25.8.27 シチョウゲ
紫丁花と書く
この時期 上品なやわらかい紫色

いつも 拙文ながら 真面目なブログを書いている が 今日は より以上真面目に
僕も60を過ぎ 地元に帰り 地区の告別式に出席することも 多い
そこで 最近思うことを一つと 自分の思いを一つ

お供えの 多い少いがある
兄弟の人数 子供の人数で 多い少ないも 当然あるが
それ以上に それらの人が現職かどうかで 変わってくる
定年退職していれば 職場からは届かないだろう
だから 少ないと言うことは 言い換えれば 早死にせず 長生きしたと言うことだろう

職場から届かないと言うことは 
いいことなのでは
両親が存命である僕も いつかの将来 職場からお供えも 弔電も届かない
 
もうひとつ
ある家庭においては 年齢の順に行かなければならない と強く思っている

僕は 両親を いつの日か送り
次は 僕の番になる
その時は 妻と 二人の子供達が送ってくれるだろう
39年後に ピンコロの予定

美味くない

26日の当地は くもり 後 晴れ
最低気温16.5度だった
マイアミの午前5時
さわやかを通り越し タオルケット1枚では 寒い感じ
風も時々あり このまま 秋になれ
午後 一時は蒸し暑い
ナタデココか ホットコーヒーか

買い物~彩菜茶屋へ引き取り~某所
ピラカンサの植え替え

彩菜茶屋は火曜日が 定休日
そのため また 水曜日に持って行く
夏は 1日で 水が切れるので

1_2013082621405574a.jpg
25.8.26 ホオノキとカエル
雨ガエルは よく葉の上や枝で休んでいる
蛇からの防御のためか

2_20130826214054294.jpg
25.8.26 画像が悪くて・・・
得体のしれない物体が 中に浮く
白いベールの中で 浮いている
水をやっている途中 毛虫を発見
オレンジ色で 2㎝程度
毛虫には悪いが 普通 別世界に行ってもらう

今日は ふと クモの巣に投げて見た
毛虫が クモの巣に付くか付かないうちに クモがやってきた この早いこと
あっと言う間に 糸でくるみ 少し離れた場所で待機している
たぶん 毒液を注射し 内蔵を処理しているのだろう
と 思っていた

ちょっと 目を離しているうち なくなっていた
そんなに 早く 食べられる訳はない
探したけど見つからない 落としたのだろう

毛虫は 昆虫の子供
親は食べるけど 子は食べないのか
それにしても 家はガタガタ
明日は 新築しなければならないだろう

特になし

25日の当地は 昨夜からのかなりの雨が 朝あがる
その後 小雨をちりばめながら くもり
夕方から 晴れてくる
時々 風もあり 比較的さわやか
季節はうつる 心模様

草刈り
クワとロウヤガキに 針金をかける

1_2013082521454949d.jpg
25.8.25 クサハナビ
年間を通じ 最も派手な花のひとつ
ほぼ放任で 咲いてくれる

2_201308252145481ed.jpg
25.8.25 置き場か
ちょっとのつもりで 置いていたら こうなってしまう
時々 片付けても またこうなってしまう
大きなのは ベニアシと十和田アシ

3_20130825214547840.jpg
25.8.25 今日のみちくさ

4_2013082521454713c.jpg
25.8.25 高空の暗殺者
片方の土台は 一輪車
今日は使用しなかったけど 明日か明後日か
クモの家は 崩壊する
虫を待ち受けてくれているが・・・

5_20130825214546388.jpg
25.8.25 クモ
画像になっていないけど クモの子がいっぱい
西洋カマツカの枝に 住んでいる
親は見えないけど 近くに潜んでいるか
早く大きくなって 虫退治してくれ

棚には 水をやるだけで 商品にならない物がいっぱいある
自動かん水装置があれば 手間暇は掛からないが 場所がいる それに明日は水をやる必要がある
人生回り道をしても 無駄はない と言うが 棚の上は別
だけど とりあえず 棚上げしておく

よく降った

24日の当地は 雨 時々 くもり 夕方から曇り
かなり降ったけど 大雨による被災地がある
早く 復興しますように
夕べから今朝10時頃までに 約100㎜降った感じ

久しぶりに外食
カエデに針金かけ
後は待機

1_20130824212145309.jpg
25.8.24 カエデ
品種名は分からない
梶並神社方面に 昨秋 シラキを探しに行った
シラキは 見つからなかったけど 近くの民家に このカエデがあった
まだよく分からないが 大きくなればすごく見応えがある
了解の上 種子をいただく
今年も 行こうと思っている

盆栽仕様ではないが ちょっと曲がっているほうが 観賞価値が上がる
我流で ちょっと曲げてみた

2_201308242121441e5.jpg
25.8.24 佐治石に付けた セッコクとイワオモダカ
先日 鳥取の方に分けていただいた
台も上物 植物も かなり年季が入っている
ここだけの話だけど 自作したことにして 展示に使おう

今日の昼ご飯
回転寿司だったけど
寿司はシャリが決め手 寿司を引き立てる醤油を使用 こだわれば店内調理・・・ まあ 自店の自慢か方針か

それはそうと
ちょっと離れた席に 夫婦か何か 二人連れが座った
かなり いい男 多分もてるだろう
それが 左手をずっとテーブルに もたせ
箸をもったまま 湯飲みを持つ
ああ 残念 
相手の顔は 分からなかった

23日の当地は くもり 時々 にわか雨が降る
夜の今も降っており 久しぶりのまとまった雨になっている
悟空は来たが 水蒸気も有り余る
雨や汗で 香りたっぷり

わな免許を取りに行く
彩菜茶屋へ出荷
マツの剪定と 針金はずし
ブルーベリー園に 早生種の苗を買いに行く

1_2013082322133027d.jpg
25.8.23 ぼら土
みちくさにとっては なくてはならない用土
けど 売っていない
細粒はホームセンターに 売っているけど 小粒はどこを探してもない
月1回 県南にセリに行くため 専門店で買うことにした

2_2013082322132937c.jpg
25.8.23 みちくさで
手前味噌ではあるが 草ものは かなりのものがある と自負している
培養中の物と 混合で置いているため 乱雑だけど 集めればいいはず
場所と 置き台とがあれば 余裕を持って広げられるけど 今は無理
近い将来 適当な場所に 店を持つ

3_20130823221328448.jpg
25.8.23 ロウヤガキ
倉敷のFさんから ほとんどゼロ円でいただいた
まだ結実せず 雄木か雌木か不明だとのこと
7割くらいが雄木になるらしいが 雄木もないと 実はならない

ちょっと長くて 申し訳ありませんが
読書趣味の 私の読後感です

夜明け前 ある城下を 剣豪宮本武蔵が訪れた
殿様と指南役の前で 朝飯を食べる武蔵と剣の話になる
「この中には 人が切れる者はいないようだ」
「我々に 人が切れないと申されるか 勝負を・・・」指南役達はいろめく
殿様が「武蔵 どういうことか」 と
武蔵は 殿に控える太刀持ちの 稚児の頭に 飯粒を2つ付ける
そして 稚児の その剣を抜き 稚児に切りつけ 剣を納める
座敷のものには 何が起こったのか どうなったのか さっぱり分からない
見なされ 稚児の飯粒を
飯粒は 2つとも 真っ二つに切れ けが一つしていない しかも 初めて抜く剣で

以下 武蔵
人を切ると言うことは 100回戦って100回勝つことである
たとへ 最初の99人を切っても 100人目に切られたら 人を切ったことにならない
武蔵にとって ただいまの技は 極めて容易なれど 人を切るのは まだまだ至難の技

ぶるぶる震える 指南役達

商売 車の運転 仕事 安全 全部に共通する話だと思った
人前で この話を2回したことがある
ありがたいことに かなりうけました

読書の好きな僕が 歯医者の待合室で読んだ 劇画から

赤道に近く

22日の県南は 晴れ
暑かったけど 県北よりちょっと さわやかな感じ
でも 熱帯夜は 連続しているらしい
5時過ぎに帰る途中 弓削あたりから 雷雨になる

競り市に行く
お世話になっている Fさん宅におじゃまする

1_2013082221511601d.jpg
25.8.22 吉備サービスエリアで
競り落としたもの Fさんから譲っていただいたもの

2_20130822215115a6c.jpg
25.8.22 左からベニアシ フサスグリ ロウヤガキ
画像では分からないが フサスグリは すばらしい株
こんなフサスグリは 見たことがない
ロウヤガキも だいぶある

3_20130822215115ed2.jpg
25.8.22 雨上がりの空
夕立が上がり さわやかな空
今夜は 過ごしやすい

セリの後 またFさん宅におじゃまする
有意義な情報 良株を安価にいただいた
妻は セリの途中から Wさん Kさんとランデブー
お土産までいただき みなさん 本当にありがとうございました
無事帰宅で 感謝

ピタゴラス定理

21日の当地は 晴れ 雲はある
たぶん 昼間も同じだっただろう
今日は 特に汗が出た

彩菜茶屋へ出荷~ 鳥取方面へ
今日は 珍しく二人で

知り合いの方を 訪問する
1_20130821215214558.jpg
25.8.21 佐治石に付けたラン

2_201308212152134f8.jpg
25.8.21 あれこれ
展示会で知り合い 今日 初めて訪問した
すごい
特別な珍品ではないが 持ち込み年数が半端でない
台も ヘゴや根でなく 貴重な佐治石が大部分
ヘゴにも 種子が飛んだのか 発芽が多く見られた
ちょっと見たことがないようなものが 並ぶ
少し 譲っていただいた

3_2013082121521283f.jpg
25.8.21 へぎ石
同じく分けていただいた へぎ石
草玉を置くことにする

いろいろ情報もいただき 良心価格でありがとうございました

4_2013082121521278c.jpg
25.8.21 ラベルがあったけど なんだったかな
彩菜茶屋へ出荷に行き 求める
100円売り 1000円買う
さあ 増やすぞ

久しぶりに 二人で外出
けど 昼はコンビニ弁当を食べた
あまりの暑さで 車内に植物が置けない
そのため こうなった
みちくさの鉢物が売れないのも 分かる 理解できる 仕方ない けど残念

笑うのが その昼ご飯
妻は チンしたキノコ明太スパゲティ
僕は 醤油ラーメン どちらも熱々
南高梅おにぎり プリン付き

岡山・鳥取県境の 黒尾峠で日陰に車を止める
さすが 高地 渡る風は レモンライム
二人の座る位置は ピタゴラスの定理 あちらとこちら わたる風は 梅干しライム 

This is

20日の当地は 晴れ
いつもより ひとつかみほど 風がある
焼け肌にウチワ
本当にひどい
誰のせいでもありゃしない みんな高気圧のせいなのか

野生スイセン・バルボコジウムの堀上げ
あと ぶらぶら ごろごろ

1_20130820214521fa8.jpg
23.8.20 野生シクラメン・プルプラスセンス
2年前の画像

今日 ラジオがかかっていた
クオークのように 音が脳みそを通り抜ける
どこかの旅行業者が 国内で初めてオープンした
サロンと旅行業務を 同一の部屋で始めた

お客は コーヒーなどを飲みながら 旅行の内容を相談する
パソコンの取り扱いが 苦手な高齢者にも評判・・・

そこまでは 了解
社長曰く
パソコンの苦手なお客様も スタッフの手助けで 効率的に進められる
イノベーション・・・ ん

英語はできるが パソコンはダメ
客は テノベーソウメンでも 持って行く必要があるの
それとも イノシシ弁当でも出るのか

これを聞いて 潜在意識が 頭をよぎる
フラワーはレインに濡れて・・・ と言う歌が 数十年前にあったような
確か 高田みずえさん
ズィスイズアペンの 僕の頭が脳みそぱーん
実によく理解できる曲であります

来い悟空

19日の当地は 雲があるものの 晴れ
時々風があるも 焼け空気にウチワ
人にも 野菜にも 花にも 社会にも悪影響が多いだろう

雲は夏だけど 空は秋色トンボ色

スプレーギクに水をやる サイホンで
あまりの暑さに ハウスにミニ寒冷紗を追加する

1_20130819215931224.jpg
25.8.19
スイカはアラジン
マクワは銀俵
イノシシカーニバルの後だけに 収穫は少ない
銀俵は 昨年に続き2年目の栽培
おいしかった けど なにか傷つきやすい
だから 今年はたっぷり敷き草をした
ミミズが発生し よけいにイノシシが来た

2_20130819215931538.jpg
25.8.19 近くで
右手のほうに みちくさがある

3_20130819215930e3b.jpg
25.8.19 近くで
上の同じ場所から 北を見る

4_201308192159296fa.jpg
25.8.19 ケイトウ
だいたいイメージどおりにできた
だけど 密度が薄く 1鉢あたりもっと多く本数がないと

5_20130819215929cce.jpg
25.8.19
ちょっと ボリュームが少ない
販売は 無理だろうな

雨も無し 夕立もなし 銀の雨は降らない
せめて 曇り空にならないか
来い 孫悟空 きんとん雲をいっぱい連れて

超相対性理論

18日の当地は・・・
もう ずっと同じ 晴れ 時々 くもり
時折 そよ風が吹くも すぐ燃料切れか
有り余るほどの 水蒸気
夕立がしばらくなく 一雨欲しいところ
スプレーキクが 少し乾き気味
肌に ぬるぬる妖怪がやって来る

セツブンソウ アネモネ・ブランダの植え替え

1_20130818215037128.jpg
25.8.18

2_201308182150364b0.jpg
25.8.18

3_20130818215035cd1.jpg
25.8.18
カメラ技術はない ただ シャッターを押すのみ
熱気と水蒸気が 写っていないか

4_20130818215035ccb.jpg
25.8.18 ホオノキ
そんな中で いっぷくの清涼剤
ホオノキの大きな葉は とてもきれい
特に 水やりや風で揺れる様は ペパーミントキャンデー
このホオノキ
栽培は困難

何が難しいかと言えば 種子が拾えない
種子が手に入れば 発芽率は比較的高い
入手は 落下とのタイミングが 合わないから
いい場所にある よく実のなる安定した個体を探すのが ポイント

球根の植え替えを していて
ふっ と気がつけば 11時
もう 11時か
暑い盛り 時間を忘れ 作業に没頭できるのは 幸せなのか
妻は 知らないけど
忍者ハットリ君か 超相対性理論のように 時間が走る

魅惑

17日の当地は 晴れ 時々 くもり
相変わらず蒸し暑いけど ちょっとだけ 風が吹く
珊瑚礁ほどではないが 山野を走る風は 心地よい
あなたを待つはテニスコート
そよ風のメヌエット

ソバ植え付け予定地に 除草剤散布
アネモネ・ブランダ植え替え
夜に 所用で外出した

1_20130817220129d48.jpg
25.8.17 アネモネ・ブランダ
ほんのちょっと遅れたか
でも 影響はないだろう
魅惑の宵
天使の誘惑
妖精の住む森 もう何でも似合いそう

3_201308172201299fe.jpg
24.4.10 アネモネ・ブランダ
世界で最もきれいな花
天使と妖精が住んでいる

2_20130817220128d1c.jpg
25.8.17 サッコウフジとカマキリ
水をやっていると 時々出て来る
彼か彼女か ここに住んでいるのだろうか
どっちにしても カマキリもテントウ虫もカエルも大好き

所用で出かけ 行事の後 ちょっとアルコールが入る
飲み過ぎたかな
でも 帰ったあと入力している
このすばらしきもの アルコール
だけど 1合もいらない
同じ程度気持ち良くなるのなら 1000円かかるより 100円ですめば これいいこと
飲んべえのようだけど 10日間飲まなくても 大丈夫

夜 飲めるのは
健康である 特に悪いこともなかった これ好事

待機中

16日の当地は 晴れ 時々 くもり
いつもより ちょっと 風がある
それでも 厳しい日だった
ぬらりひょんが来る

除草剤散布
ヘゴに吊すアルミ線を付ける

1_20130816220023e49.jpg
25.8.16 シチョウゲ
見にくいけど 淡く上品な紫

2_201308162200229dc.jpg
25.8.16 屋久島ケイビラン
見にくいけど クリーム色の小さな花が咲いている
ケイビランのほうが 大きく派手な花が咲く

3_2013081622002274a.jpg
25.8.16 カワラナデシコ

4_201308162200211ff.jpg
25.8.16 屋久島何とかノギク

5_20130816220020cad.jpg
25.8.16 サルスベリ 夏祭り
みちくさで 今咲いているのは こんなもの
あと少しあるけど 今は最も少ない時期

今 待機中
午後は 外作業をする気にはならない
することもあまりないが したいことはある
汗は噴き出すし どうにも出ることができない
雌伏 あと半月か

キスオブファイヤー

15日の当地は 晴れ ちょっとだけ くもり
風はほとんどなく かなり厳しい日だった
毎日 手帳を付けているが 天気の横に「暑い」と 連続書き込みあり
キスはしないけど キスオブファイヤー

野生シクラメン・コウムの植え替え
マツの剪定
図書館に行く
墓参り

あまりの暑さに耐えかね 午後 図書館に行く
予想どおり 快適だったのは 最初の10分程度
すぐに 肩や腕がジーンとして 1時間ほどで帰る
扇風機を回し 発汗に耐えるほうが快適

職場で夏 上着を着ている 数少ない一人だった
車も 一人の時は 風と走る

1_201308152159440a1.jpg
25.8.15 サギソウ
なぜか これが売れない
暑い時なので どうしても 持って帰るのが大変なのだろう
大変失礼ながら 何人かの人が出荷しているが みちくさの品質が上の気がするが
キスオブファイヤー

2_201308152159434b6.jpg
25.8.15 7時前
墓参りに行き その後 水やりに行く
今日は 2回やったものが かなりある
本当に よく乾く

新聞によると 野菜や魚の収穫に異変がある

たまたま 昨年の今日は最高は29度と 飛び抜けていたが
並べて見ると 昨年より ちょっと高いだけ
二酸化炭素か 何が原因かは 別として
ほんのちょっとで この暑さ
どうなることやら

ちなみに 今日の最低は23度で 今年最高
まだ 熱帯夜はない
昨年は 8月の終わり 最低26度 27度が連続してあった
どうだったかは 記憶にないけど

キスオブファイヤー 情熱的でしびれるような曲 かなり古いけど
死の接吻 アメリカの小説 ちょっと意味不明の箇所があるので 再読しようと思っている

68年間の平和
ずっと もっと 続いて欲しい

大部分手遅れ

14日の当地は 晴れ
天気安定し 夕立もなし
風もなく 安定した水蒸気含有率
皆様 残暑お見舞い申し上げます

野生シクラメン・コウムの植え替え
彩菜茶屋へ出荷

この暑さで 出荷していた鉢も 枯れているものがある
ああ 少額とは言え 財産が減っていく

1_20130814215852dd7.jpg
25.8.14 野生シクラメン・プルプラスセンス
プルプラスセンスは常緑で 不定期に咲く傾向がある
この草の中で 3年目の開花 だと思う
咲くたびに増殖しようと思うが 今だ手つかず
一つの理由が 結実がめったになく 増えにくい 残念
別名の オイロパエウムのほうが好き
色気があるでしょう

2_201308142158516b7.jpg
25.8.14 野生シクラメン・ヘデリフォリウム
ヘデリフォリウムは 10月に本格的に咲く
毎年 この株かどうか不明だが 少しは8月にも咲く
これも 6月中に植え替えておくべきだった
ただ ヘデリフォリウムは 小鉢では作りにくいため 躊躇している

3_2013081421585180e.jpg
25.8.14 コケ玉
見えないが 本体としてマユミを植えている
それに 野ボタン サイコアシ ミソハギを7月にサシキした
ホトトギスは 確か春に直接まいた
野ボタンは咲いたが これでは商品にはならない まあ 来年だろう

すべて 手遅れ 手遅れになっている
誰のせいでもありゃしない みんなおいらが悪いのか
悲しき願い アニマルズで聞くのがおすすめ
それにしても 暑かった
でも 今朝は19度

雌伏数年

13日の当地は これまた 晴れ
ときおり風があるけど 青い珊瑚礁には ほど遠い
38度にもなるけど 朝は比較的涼しい
なんと 今朝は19度だった 信じられない涼しさ
みちくさの温度計では 最低25度を越えた日は まだない

イズモコバイモ 野生シクラメン・コウムの植え替え

1_20130813212746095.jpg
25.8.13 イズモコバイモ
雌伏6年 平成19年に播種した物が 今春開花
今年植え替え 来年販売予定
きれいな 色白娘

2_20130813212745b74.jpg
25.8.13 野生シクラメン・コウム
これも19年に蒔いて 放任していた物
たぶん 去年くらいから 咲いていただろう
コウムは 本来は7月上旬までには 植え替える必要があった
知っていながら やらないのは 最も悪い

3_201308132127454cf.jpg
25.8.13 もっと光を
ゲーテの時代は 照明も暗く 目がちょっと悪かったのらしいが゛
光は アインシュタインにまかせておけ
今年の夏は もう光は
さっき ペルセデス流星群か 1つだけ見えた
見えて欲しい光明と ちょつと控えて欲しいものと

暑いそれだけ

12日の当地は 快晴に近い晴れ
そりゃあ 当然暑い
熱い味噌汁や 厚いカステラならいいが

昨日は 作場で38.5度あった
体感的には 10日が厳しかった そして昨日 今日は ほんのちょっと空気が乾いていたか

田に除草剤をまく
セツブンソウの植え替え
後は 瀕死の白鳥のようにしていた いや黒鳥か

1_201308122051168e7.jpg
25.8.12 後で

2_20130812205115dc3.jpg
25.8.12 マクワウリ
味はまあまあだけど 雨とイノシシで 見栄えが悪い
右下1個は 品種が異なる

3_20130812205115604.jpg
25.8.12 みちくさから 19:09
作場から帰るのに 7時を過ぎることはあまりない
ちょっと水やりに時間がかかり 遅くなった
この画像のような 山並みを 日本語ではどう言うのか
要するに 暮れるスカイライン
こんな景色を見ると 必ずメロディーが浮かんでくる
スプートニークス 空の終列車

暑い時は ゼリーや水ようかんがおいしい
だけど このての食品を開封する時 必ず水分が 表面張力かなにかでこぼれてくる
人前のテーブルでの開封は 何か食器の上で 両手に力を入れ 慎重にはがしていく
これが 面倒くさい
おいしい物を食べるのに 何で 恐れる必要がある
思い切り シンクの上で 引きはがし 手を汚し それを舐めるのもまた楽し

もうちょっと 容器を大きくすればよかろうに
今度は 中身が詰まってないと 文句がでるか
服の上に 甘味がしたたり落ちたら もう大変

思いつかず

11日の当地は 晴れ
モクモクモク 入道雲
ジメジメジメ 水蒸気
ベタベタベタ 濡れたシャツ
40度を超えた所 大変だろう
四万十方面は 出張で数回行った
そんなに暑くなるのか

田の草刈り
セツブンソウの植え替え
アザラシのように あえぐ

1_20130811214019426.jpg
25.8.11 サッコウフジ 15:29
大鉢に植えているけど 葉が多いので よく乾く
葉は厚めなので 比較的しっかりしているけど 花穂がぐったりしてくる

2_20130811214018510.jpg
25.8.11 サッコウフジ 15:41
しっかり水をやると 11分後には 穂が立ってきた

3_201308112140171d2.jpg
25.8.11 たき火
暑いから たき火をする
ここに 紅花ソバを植える予定
きれいに草を焼きたかったけど とても 近寄れなかった

セツブンソウの植え替えが かなり遅れ心配だったけど 発根もしてなく 問題なかった
まだあるし イズモコバイモや野生シクラメンコウムが 残っている

ところで 狩猟免許のわなに合格した
合格率90数%
かなり難しい資格なら はじめから公開しても まあいいけど
この 合格率で落ちたら 言い訳できないので

まだ 取れてもいないのに 取れたらどうして料理しようか などと考える
未来でイノシシとの遭遇
ところで わなはまだない
いつもお世話になっているAさんに わなの相談をする
中略
箱わなを 1基作ってもらうことになった
この方に いままで どれだけお世話になったことか

もう いや

10日の当地は 晴れ 午後 にわか雨
水やりが省略できるほどは 降らず
たまらない
雰囲気では 昨日のほうが厳しかった

きんちゃい館朝市に行く
あとは ぼっーとしていた

1_20130810201920ad5.jpg
25.8.10 ナツボウズ
実が落ちたので 蒔くことにする

2_2013081020192048c.jpg
25.8.10 その中身

3_2013081020191939e.jpg
25.8.10 着生ラン
左から オサラン ムギラン ミヤマムギラン

4_20130810201919686.jpg
25.8.10 グミ
捨てる場所に置いていたのを 3月に鉢上げ

5_201308102019183d7.jpg
25.8.10 
そのグミに 我流で針金をかける
何とかなるかどうか 不明

6_2013081020191701f.jpg
25.8.10 イヌビワ
ほんのり色香が出て来た

もういや
この蒸し暑さ
勝手にシンドバット
勝手にやってこい
画像で 今日はごまかした

けど モスクワ37度 ホント
こんな中で走っている人には 頭が上がらない
日本の 123フィニッシュ


小麦

9日の当地は 晴れ
風無し 夕立無し 金無し
しおれたナデシコのように ぐったりした1日
体から 水気がなくなっていく

針金はずし
針金かけ
ソバとケイトウの播種
マツモトセンノウの 種子精製
彩菜茶屋へ出荷 でも これだけした

気になっていた 雑木の針金を外す
皮が薄い モミジやカツラに 針金の後が残った
後が残るくらいでないと 効かないし 緩くかければ効かないし

1_2013080920304680f.jpg
25.8.9 ソヨゴ
昨年 コケ玉にしたソヨゴ
シルエットが好きでコケ玉にしていたが 枝は乱れていた
3日前にかけ その時は葉がバラバラの方向に向いていたけど 直ってきた
ちょっと コケが乱れている

2_20130809203046c15.jpg
25.8.9 明日の商品
きんちゃい館朝市での 販売品の一部
7~8月は どうしても売れない まあ つきあいの意味もあり

もともと白くはないが よく焦げてきた
小麦色のマーメイド 松田聖子

冬のサンモリッツに 照る太陽
グレートバリアリーフで 踊る太陽
カリフォルニアの 熱い太陽
僕の日焼けも その太陽と同じ

小麦色のマーメイド 松田聖子
小麦色の農夫 僕
文句あるか

一升までは

8日の当地は 晴れ
夕方 またまた夕立で 畑は全然乾かない
相変わらず 蒸し暑い
妖怪が 長い舌で舐めまわる
やめろ 妖怪には舐められたくない 天使か妖精でないと

イズモコバイモ セツブンソウの植え替えのため 鉢を軒下に移動
なにせ 乾く暇がないので 困ったもんだ
マツモトセンノウの種子採種
フウチソウの 枯れた皮をむく
スプレーギクの鉢上げ 
クロタマホシクサの鉢替え くらいかな

去年も マツモトセンノウの種子を採った
こんなに早かったかな なんか 秋ではなかったかと 意識の片隅がため息をつく

1_20130808204003b4d.jpg
25.8.8 ズズシクサ
右手前と 酒箱上がトワダアシ
右パレット上と 左白水盤がベニアシ
実物が 珊瑚礁の風に揺れる姿は 涼感あり
10日の きんちゃい館朝市に持って行く

2_20130808204003aff.jpg
25.8.8 ムーミンのような空気
7時前の様子
夕立の後で ちょっと温度が下がる天使の時間
昨日にかえりますが 天使と悪魔 ダビンチコードの作者は ダンブラウンだった

特別変わったことがなければ 晩酌をしている
一升までは いらない
特別高級な酒を飲んでいる訳ではないが 今日は なぜかぜんぜん美味くなかった
体調良好 精神安定 天下太平だけど なぜだか今日は美味くない
ちょっと飲んで やめた

飲むのは だいたい 冷えた日本酒
1晩に 約100ミリリットル
一升まではいらない

僕 元気

7日の当地は 晴れ
今日も夕方 かなり激しい夕立がある
ここのところ ほぼ毎日
おかげで 有り余るほどの水蒸気がある
こんなに 金と暇と美女が来ないか

医者に行く
トワダアシの美容整形

1_20130807205219512.jpg
25.8.7 トワダアシ
売っているけど 売り物にならないほど 乱れる
買う人がいないので こんなに放任にしていた
10日の きんちゃい朝市に行くので ちょっとおしゃれに

2_20130807205218eea.jpg
25.8.7 同じく
うーん 株もとスッキリ
古皮をむいて 日に当てると きれいになってくる

3_20130807205218c54.jpg
25.8.7 サッコウフジ
連日の たたきつけるような雨で 咲いた花から傷む
悲しき雨音 悲しき美女 悲しき販売花見本

4_20130807205217e01.jpg
25.8.7 6時半頃
雨もあがり 柔らかな ゼリーのような空気
これを写した時は 暑くもなく 蒸し暑くもなく 天使の時間
入力している今は 天使と悪魔ほどの違い
誰だったかな ダビンチコードの作家 天使と悪魔

6/26 健康診断
コレステロールが高い 要精密検査とのこと
尿タンパク ちょっと+

7/12 献血
すべて異常なし
尿検査はなかったけど

7/30
すべて異常なし
尿タンパク 異常なし

30日は ちょっと気になる症状があり 受診したもので 26日とは全く関係ない
さて 僕は 爺さんは健康なのでしょうか

レントゲンはがんのリスクのほうが高い とか
長生きしたければ医者にかかるな とか
かかるのならがんがいい とか
どれがホント

どれがホントか ワイワイワイ
グラタン パパイヤ チョコレート

6日の当地は 晴れ
夕方から 自動かん水装置が 今日も働く
野菜農家も消費者も もうすぐ影響がでるのか
とにかく 乾くことがい
相変わらず 蒸し暑い

一から盆栽教室に行く
草寄せ
そのほかは ほとんどせず

1_201308062033133c5.jpg
25.8.6 サギソウ
なぜか サギソウがあまり売れない
熱すぎるせいかなあ そんなに高くはしていないはずだけど
売れないから フラスコ蒔きはやめている

2_2013080620331293d.jpg
25.8.6 ミヤマムギラン
花の残骸が少し見える
この春 入手したもので まだ 根がきっちりとヘゴに伸び込んでいない

金メダルで めでたい
爺さんは おもしろくない
何で こんなことでトラブルになるのか
十人十色と言うけど 人との関係は 難しい
自分がすべて正しい ほど人間はできていないが
お互い 理解し合うよう 努力しないと

5日の当地は もー
朝 くもり
昼前から 強く弱く 深く浅く 終日にわか雨
この天候不順 どうにかならないか
熱いウインナーコーヒーを飲みながら 時々みつ豆を 逆立ちしながら 食べるような

田の草刈り
鉢の除草
あちこち用事があり 午後は出かける

1_20130805220509901.jpg
23.8.5 アネモネ・ブランダ
今年は まだ何もしていない
アネモネ・ブランダ 野生シクラメン セツブンソウ イズモコバイモ
もう 植え替えしなければ

2_20130805220509add.jpg
24.8.5 マクワウリ
去年の今日 初めて収穫したけど 今年はもう少しかかるか
イノシシがサマーカーニバル そのせいで 樹勢がかなり弱っている
去年は 乾燥のため 畑にかん水した 今年はビショビショ
その影響もあるか

今日の雨は すごかった
勝央町にも 大雨警報が夕方出た
でも でも 5時前頃特にひどく降り 用土を入れている容器の感じでは 50㎜以上位降ったのか

自動かん水装置が 作動するのは嬉しいけど もうちょっとやさしい雨が降らないか
被害が発生している地域の 安全が確保されるよう祈ります

ビナンカズラ

4日の当地は きっと暑くなるでしょう
今も すごく蒸し暑い
朝 書くのは2回目くらいかな

ちょっと 沈んでいます
正確には昨夜 0時10分頃 雄花が2花すでに開いていた
おかしい 夜明け頃咲く と聞いているのに
そして 3時30分に起き 雄花を見ると 1花咲いていた
花粉は うまく取れなかった

既に 花粉は落ちた後なのか
そこで昨夜 開きそうな花に 小袋をかけておいた
それを 今朝回収

花粉は 袋の中になかった
雄花にも着いていない

今朝から ずっとネット検索
雄花の画像をいろいろ見たら 我が家のとほとんど同じ
花粉はどこにある

ビナンカズラは自然界 ようするに放任でも 結実する
ただし 人工交配をしないと ミラーボールのように きれいにはならない
聞いた人によると 夜明けにスプーンのような物を受け ピンセットで花を叩くと花粉が落ちる

落ちない 着いていない これが正常か
どうしよう 放任か 採種を継続するか
潜在意識から 回答がまだない
とりあえず これから 作場に行きます

ひまわり

3日の当地は 晴れ 時々 くもり
風もほとんどない
地獄の暑さ

田に除草剤
ケイトウなど 余った種子播種
かたづけなど

1_20130803215000fb9.jpg
25.8.3 ひまわり畑

2_20130803215000691.jpg
25.8.3 ひまわり

この前の大風で 傾いたまま
直るかと思ったけど まっすぐにはならない

今朝 3時半に起きた けど ダメだった
ちょっと 考え直さねば
これから用事をする
すみません

2日の当地は 晴れ 時々 くもり
風無し 熱い
体に塗った ミルクキャラメルを妖怪がなめに来る
美人が来れば許せるけど 
何とかしてくれ おとみさん 春日八郎か違うか

サシキは 野ブドウとサッコウフジ ちょっと遅いかな
古土処理
ベニアシ トワダアシの古皮をむく

1_20130802202549193.jpg
25.8.2 イヌビワ
イヌビワが 色づき始めた ほんのり乙女の祈り
後ろは 山ルリトラノオ

2_201308022025483c5.jpg
25.8.2 イヌビワ
本当に微妙な色 淡くやわらかいピンクで これから色香が出て来る
ウーン ごくり

3_20130802202548534.jpg
25.8.2 ツリバナマユミ 紅奴
この前の風で 鉢が倒れ 実が落ちた
かなり貴重な木で 売れ残ればタネを蒔くことにしていた
でも 仕方ない 落ちた以上蒔くしかない
いつ蒔く 今でしょう あっごめん
超グリーンシーズ でも 生えるかもしれない

4_20130802202547c8b.jpg
25.8.2 姫ライラック
姫ライラックのサシキ
これも遅いけど 風で折れたので やむなくする
遅くても何とかなるか 残り物に福がある
飛べ 走れ 伏せ 行け さあ活着しろ

目覚ましは 4時半になった
4時45分から 行動開始
遅かった 今日も間に合わなかった
明日は もっと早く起きる

その昔
仙人から言われた
明日の朝 わしより早くこの場所に来ること

夜が明ける頃行くと 仙人はもう来ていた
次の日 暗いうちに行くと 仙人はもう来ていた

お前は わしより早く来る気があるのかと
次の日のため その日は 夜から待っていた
そうすると ひたひたと仙人が来て

よし わしより早かったな

誰だったかな 中国の賢人だったような
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

6/17~6/18
◎山の駅山草展
那岐山麓山の駅

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR