感謝のみ

31日の当地は 晴れ 時々 くもり
午前は 天使だったけど 
午後は 氷雨のイメージ 寒風小次郎が来る

いろいろ 片づけたり
ポットを洗ったり

1_20131231172214f40.jpg
25.12.31
このサイズの鉢は なかなか売っていない

2_20131231172213684.jpg
25.12.31

明日から 新年になるけど 今日の続き
ちょっとした 区切りではあるが
特に大げさなことをしない 我が家では よけい そう感じる

そんな中で 感じることは 思うことは ただ感謝
山ほど マスで量り牛車で運ぶほど 小さないいことがあった
中ぐらいの好事か 時々
仕事か 遊びか分からない第6次産業に没頭できるのも 家族や皆さんのおかげ
本気で感謝します

最後に 人様の語録紹介で終わります
どうぞ 今後とも よろしくお願いします。
そして 皆様のご多幸を お祈りいたします

誰だったかな 名前があったけど失念
少額ではあるが 寄付を続け50年 心の満足を感じる

岡崎朋美さん
スケート人生 感謝しかない

そして 60年後に 自分の出生を知った人
・・・60年は全く取り返しがつきません 自分だったらどうか 出口のない 持って行きようのない無念にうちひしがれて錯乱し 天を呪うでしょう
「しかし 彼は感謝の言葉を口にしたのです 貧しかったけれど親はできることを精一杯やってくれた 兄たちもかわいがってくれたと」
・・・これからの人生に幸多かれと 祈らずにはいられません
スポンサーサイト

数字

30日の当地は 晴れ ~ くもり ~ 晴れ
朝は 厳しい冷え込み 午後 少し寒風太郎
朝のシンデレラから 魔法使いのリンゴ への天気変化
友禅流しのような雲

刈り取っていた 草を集める
理事長と 地区の用事で出かける
かたづけ
妻が 車の中を掃除してくれる

1_20131230171859ca0.jpg
25.12.30 午後
空の終列車のよう

新聞1面の数字
4000人強
全国の 所在未確認の幼児数

マルハニチロが 430万食回収
1袋10円かかっても 4300万円
100円なら 4.3億円
原因は何か知らないが 1企業の負担額
大変なことだけど しかし これは 物

いったい 人間はどうなる
所在不明でも 無事で 親に保護された生活を送っていればいいが
何とも 切ない数字

チャンネル

29日の当地は 快晴はあっと言う間 晴れたり 曇ったり
冷や奴風太郎が来る どこにこんなに 風が余っている
コッペパンを ちぎって投げたような 雲

燻製をする
ロウヤガキの播種
ポット洗い
お宮の掃除に行く
彩菜茶屋引取り ~ 荷物発送 ~ 携帯電話会社

1_2013122920243624b.jpg
25.12.29 ペールギュントの夜明け
のような天気
最低は-8.5度
池に 今シーズン初めての氷

2_201312292024355b7.jpg
25.12.28 氷で
毎年 氷が張ると いつもの風景
今年も 温度計は ほぼ正確

某電話会社での 奇々怪々な出来事
充電しても すぐ電池切れになるので 対応

取り次ぎショップで
不便なもんだなぁ 電池が不調だと 使えない訳 と言うと
若い男性社員が 無言で軽蔑したような目で見て
取次店でなく 本店へ行ってくれ とのこと

数日たった 今日
かなり前に機種変更 と思い込んでいたが
3年弱前に 変更しているとか
おかしいな そんなに最近かなぁ 誰か寝ている間に黙って変えたかなぁ と言ったら
若い女性が 本人でないと 変更できませんので と言った

あっ そう そうだろうなぁ
僕は 座敷童の友人が欲しいけど まだいない
そう あなたは正しい 完全に正しい話をしている

僕 チャンネル狂ってますか

寒いだけ

28日の当地は くもり
今朝は-5度
ドクタースランプ 爆風スランプが来る
足の先と 背ロースが凍る
氷の微笑 デイアフタートゥモロー 好きにしろ
ついでに 白い恋人達

餅つき
ポット洗い
ロウヤガキの播種

1_20131228172816d69.jpg
25.12.28 うっ 寒い
北の山には雪があるけど 曇ってよく見えない
朝 割れたポテトチップスの 雪がちょっと降る
まだ 今年は わずかな積雪もない

2_20131228172815053.jpg
25.12.28 ロウヤガキ
面倒くさいけど ぬらりひょんのような 表面のゼリーを取る

3_20131228172815287.jpg
25.12.28 なぜか縦のポット
シーズン中は いそがしくて洗えない
どうしても この時期になってしまう
無料の水が来るのが ありがたいけど 冷たい
夏から今まで長い間に 化石にはならなかったけど 朝は固い

昨日 お世話になっている方が 盆梅展のことで来店
いろいろの用事の中で 山野草だけでなく ウメ盆栽も出品して欲しい と
ウメ盆栽は持っていない
今から作れるはずもなく できた物を買うようになるだろう

ウメの鉢物は 2種22鉢を用意したけど
今度 四国のセリ市で 求めるか

それより気になるのは 2月下旬では 山野草は非常に少ない
何があるか
セツブンソウ オウレン3種 フクジュソウ クリスマスローズ 寒咲アヤメは咲くか
まだ 先だけど 盆梅展がスタートになる

5000円

27日の当地は 朝少し日がさす その後くもり 北気
冷麦寒太郎が 吹き付ける
仕事にならない

郵便局 ~ 買い物
ポットあらい
洗車

帰ると 妻が洗車していた
仕方なく 自分のも洗う

ホントの話だけど
購入してから 多分10回も洗ってないだろうな
走行 1万㌔弱
来年8月で 5年になる
なにせ シルバーメタは 汚れにめっぽう強い

妻も あんまり洗わない
空気がきれいなので 汚れない・・・

花でなく 「やすらぎ」が商品と思っている これらは掃除しているはず

1_20131227172610f3e.jpg
25.12.27 で その車

2_201312271726092d5.jpg
25.12.27 ビナンカズラ
売れなかったので 実を取る
何で これが売れないのか 何でかな

3つの職場を経験した
ここ 20年位を例にとれば 飲み会の金額は5000円が目安か
1の職場 いろいろな人が段取りしていた
2の職場 主として 若い女性がしていた
3の職場 若い男女だったな

5000円より高い時は 今日はちょっとだったなぁ
安ければ まあまあかな と言うのが どうも大多数のよう

グルなんとか ゴチバトルとか言う 番組がある
特に見たことはないけど 家族が見ているのを 時々横からのぞいたり
料理を平気で 5000円とか それ以上とか言う

ふーん 1品でそんなにする料理が この宇宙に存在するのか
どんな人が 食べているんだろう

以前 服を買いに行った
すごく高価なのを見ただけで 買わなかったけど
こんな服 誰が買う
・ここの店員は こんなのを着るんかー
・ジャスコで買うんだろう と妻

網膜剥離

26日の当地は くもり 昼前から雨になる
雨は定規に沿って降る
ピーナツバター 黒酢 カマンベールチーズのような天気

眼科医に行く
農協へ
特に何もせず 早引きした

1_20131226175440973.jpg
25.12.26 ヤブコウジ
ヤブコウジと リュウノヒゲの寄せ植え
正月用だけど どうしても実が多いものから 出て行く

30歳の頃 第1回目の網膜剥離
40歳の頃 2回目 どちらも左目
いずれも 目に外から衝撃があった時 発生した
2回目は ヒノキの下で 上を見上げた瞬間 枝が落ちてきた

人により 前兆は違うだろうけど
僕の場合 始まった時は
目をつぶっていても 夜の闇に目を閉じていても 光を感じた
金平糖がはじけるような 小さな光が いっぱい見えた
あくまでも 僕は だけど

友人の父親は
病名は聞いていないが 眼病で大学病院に 緊急入院した
その時は
頭と目が 同時に痛くなったらしい

知っている範囲では 目については この二つの症状が出たら 即行動が必要

1年毎の定期検査だった 異常なく ありがたかった

アルキメデス

25日の当地は 晴男さんと 春子さんが 4月のデートみたいな日
朝晩は 寒い

年賀状を少し書く
フリージアを植える
某所 ~ 買い物 ~ 銀行 ~ 農協
クロマツの剪定

昨年までは にわか版画師だったけど 今年は横着した
その代わり 宛名は悪筆自筆 裏にも精一杯書いた

1_20131225181008560.jpg
25.12.25 今朝
こんな日はありがたい
けど ゆっくり右肩下がりになり 3月から上がるのが理想

2_20131225181007118.jpg
25.12.25 クロマツ
我が家に いつからあったか分からないが 約30年前から 手を入れている
擁壁に近く 風通しも悪い
下の方は どうにもならない

3_201312251810070d5.jpg
25.12.25 同
下の方は 未手入れのままパチリ
この樹高まで放任だったので 車枝はあるし 懐に枝は少ないし
けど 30年手入れしたので ぱっと見には何とかなるか

場所が狭く 剪定には 毎年苦労する
手が届きにくい枝は 適当になってしまう

足場があれば 地球は動かせる
剪定は 足場があれば 簡単なんだけど
アルキメデスだったかなぁ 言ったのは

妻は 盆栽教室の打ち上げ
頼んでおいた トリとブタを求めてきた
夕食後 塩漬け 29日に燻製

貯金から 1万円余分に降ろしてきた
明日 入れに行かなければ
地区の金なので 仕方がない
単純な計算違いをした 爺さん

日本は

24日の当地は
雲男20人 晴子3人 風子1人 小春子3人が 入り乱れてかくれんぼ
ちょこざいな 小僧 名を 名を名乗れ
黒雲雲の助だ

クロッカス ミニアイリス フリージアを植える 合計28鉢
フリージア 1袋を植え忘れた 明日植えよう
古土処理

市販されている球根は 普通開花する
端境期用として これらの利用は 非常に有効・・・
農家向けの専門誌には こう書いてある
当然です 
その割には 28鉢は少ない

だけど アネモネ・ブランダや アネモネ・フルゲンス セツブンソウ コバイモ類は しっかりある

1_201312241723306e7.jpg
25.12.24 防風林
ヒチコックの風を防ぐための 防風林
本来は 常緑樹のほうがいいけど

2_2013122417232970e.jpg
25.12.24 
いつもの 当然の風景
芽は 春を待っている

ウズベキスタンなど 中央アジア5カ国は 「日本を触媒にした地域協力」を合い言葉に 経済発展を目指して・・・

同国首都タシケントに 日本人が建設にかかわり 70年近く前完成したナボイ劇場がある
66年の大地震でも倒壊せず 日本人の技術力の高さが 賞賛されている

この劇場の外壁に こう書かれているとか

「極東から移送された日本国民が 劇場の建設に参加し 完成に貢献した」
「日本国民」とは戦後 同国に抑留された捕虜とのこと

以前は「日本人捕虜」と書いてあったのを
カリモフ大統領が「日本人と戦ったことはない」と言う理由で 書き換えさせた 

初めて知った
知らないことは 山ほどある
そうだったのか

項羽と劉邦

23日の当地は 晴れ 後 くもり
この時期らしい 天気
青い眼の人形から ブラックオックスに変化

マツの針金かけ
白マユミの播種
鉢の除草
買い物
燻製をする

一升瓶を買う
紙パックの日本酒は わりと純米酒が多いのに ビンのはなぜか少ない
まっ こるほうではないけど 醸造アルコール入りは やめとこう となる
最も すごく高価なのにはあるけれど

1_20131223174703c7e.jpg
25.12.23 今朝
北の山は すっかり白い
頂上は 根雪になるかも

2_201312231747038d2.jpg
25.12.23 燻製を
しわく かたく かみ切れないゴムみたいな 鶏肉
だけど これがうまい すき焼き 燻製 炒め物 かたくしわいほど美味い
手前 2ブロックのみはブロイラー
臨時に買った 練り物と
今度は29日に ちょっと大量にやる予定

3_20131223174702c87.jpg
25.12.23 ウメ
これは ウメの鉢物
決して ウメの盆栽ではない
ツボミも多いし 3月初めには 豪華な鉢物になる

4_201312231747016a0.jpg
25.12.23 んっ
これ何
普通のオートで写した画像
近くの 真言宗の寺が 毎年やっている クリスマスイルミネーション
ああ 平和 ずいぶん昔からだけど 誰も文句を言わないのだと 思う

夕べ 項羽と劉邦を読み終えた
ほとんどタダで入手した 司馬遼太郎さんの 下巻のみ

長男が持っていた 横山光輝さんのも 読んだことがある

大筋似ているが 若干よりちょっと 内容が異なる
いろいろな資料から 想像と直感で書くのか 知らないけれど
紀元前の話
この頃の資料が あるんですかねぇ
時間旅行をしたのか

今日も 相対性理論
朝から 夜が一気にやってきた
楽しんでやれば ホーキングもかなわない 

ごもっとも

22日の当地は くもり 北気 ちょっとだけ晴れ 風花 雨
ルーレットに その都度天気を決めてもらう
沢田研二 勝手にしやがれ 字が違うような

地区の用事を 6人ですませる
懇意な人に 話を聞きに行く
マツに 針金をかける

1_201312221742275b4.jpg
24.12.22 ビナンカズラ
今までセリ落とした物で 全然売れないのが このビナンカズラ
今年もある
大株なので ある程度の値段はするけど 困ったもんだ

ちょっと 土地を求めようか と考えている
そんなに 便利な所ではないが まあまあの所
いろいろ話を聞いたが あれこれ面倒くさい
土地家屋調査士などに 丸投げすれば面倒はないが 経費がかかる
まあ 経験と思い 面倒くさいのを 楽しむつもりでやって見たら・・・と

唐突ですが
鎌田実さん ○に近い△
美輪明宏さん 人間生きていりゃあ何とかなる
爺さん ケセラセラで 行け行け

21日の当地は 雨 午後から特にひどくなる
この時期 こんな雨はあまりない
もし 雪だったら かなりの量だろう
シャレード 第三の男 嵐が丘のような1日

クロマツと クコに針金をかける
歯医者に行く
あとは 何もせず

一昨日の夜 歯磨きしていると 違和感
詰めていた プラスチックの小片が取れた まっ 1回で直ったけど

1_20131221171300af8.jpg
25.12.21 ウメ
濡れて朝日があたり 妖精のよう
技術不足で うまく表現できない

2_20131221171300b47.jpg
25.12.21 北の山
数回 降ったけど 今日はかなり降っている
もうすぐ 毎日だろう

3_20131221171258c26.jpg
25.12.21 クコ
針金をかける
細枝が多く枯れ草と溶け合い うまく見えない
まっすぐな枝が見えるが かけていない枝もある
それらは 不要なので今後切る予定  

雨が降れば 雪でなく良かった と思い
雨の中で いくらかでも針金かけができ 良かった
歯も 1回でなおり まあ良かった
快便だし コーヒーを飲み 四国で求めたホシイモを食べ ご飯もおいしかった
朝目が覚めたし 今も特に問題はない

ちいさな好事は 毎日いっぱいある
そんな中
今日は 中くらいの好事があった
ありがたい

おっお 寒

20日の県南は くもり
5000円の仕入れを 止むなく1000円で売るような 風
寒かった
帰った当地は 雨 風も強く冷たい
こんな日は 冷酒に限る ほんの少しだけ

県南の セリ市に行く

こんなセリは 初めてだった
声を出したのは たったの1回 それも取れなかった
あと 全然声無し
欲しい物が なかったなあ

1_201312201730343aa.jpg
25.12.20 トキワガマズミ
鉢は セリ場外で直接求めた
帰りの園芸店で求めた トキワガマズミ
中国ガマズミはあるが トキワガマズミは初めて見た
今 花芽が付いている

2_20131220173033d6c.jpg
25.12.20
別の園芸店で求めた クコとササ類
ササはコケ玉に クコは 針金でタコにするつもり

だいぶセリに行ったけど 直接の獲物がなかったのは 初めて
単価を下げるためには 満車にする必要があるけど いつもそうとばかりとは 限らない
来年はきっと 充実したセリになるだろう
冬は 山野草系統は 少ないなあ

19日の当地は 重いくもり
風はなく 比較的過ごしやすい
ゴジラもモスラも 来る来る

アネモネ・フルゲンスの植付け
マツの針金かけ

妻は鴨鍋と 猪鍋を食べに行く
陶芸教室に 最近通い出した 食器でなく 鉢や陶板を作っている
そこの 掃除と打ち上げ

3_20131219173417a80.jpg
20.3.6 アネモネ・フルゲンス
ブランダには負けるが きれいなアネモネ

1_20131219173418c6c.jpg
25.12.19 クロマツ
セリ市で落とした物
苗を作っているので 針金をかけた
左のようになるのに 10年くらい かな

2_2013121917341818d.jpg
25.12.19
さて どうなりますやら

僕は合鴨は食べたけど 野生カモを食べたことはない

今まで食べた 野生鳥獣は次のとおり
クマ 1回
タヌキ 1回
キジ 1回
ヤマドリ 5回もないな
ニホンシカ 10回弱かな
イノシシ 20回程度はあるか
ウサギ 何回かはある

カモシカ ニホンカワウソ アユモドキ などは 当然無い
わなには まだ 何もかからない


我が意

18日の当地は 雨 雨 また雨
そんなに冷たくはない
定規を当てたように まっすぐ降ってくる
ヤモリ イモリ タモリがまぜこぜ

遅出 早引きをする
作場では なーんにもせず ちょっと年賀状を書いたのみ
この季節になれば カッパ作業は辛い

1_201312181635401e1.jpg
25.12.18
キンギョバツバキが 雨に濡れる
無料の水をためる ドラムに 同心円の輪

2_20131218163539d8a.jpg
25.12.18
サッコウフジの葉も もう限界か

3_20131218163538e88.jpg
25.12.18
リンドウと ダイモンジソウの寄せ植えも 冬のたたずまい
右は ウメの「大杯」

今日の新聞
才能や容姿は生まれながらに 不平等不公平なのである 理不尽な現実と折り合いをつけて ひとは大人になる
それはそう
皆が大臣なら困るし 皆が社長にはなれない

今朝 暇にまかせて ミスユニバースの動画を見ていた
すらりとして 美人ばかり
でも そのうち見るのが面倒くさくなった
美人で 才能もあるのだろうが 何か魅力がない
あまりかけ離れているためか そんなに感じないなあ
 
暮らしは分が大事です 気楽が何より薬です
そねむ心は自分より 以外のものは傷付けぬ 

ねたみ そねみ 嫉妬 ある以上の不平不満は 自分の内外を醜くする 
と 信じている僕にとっては 我が意を得たりだった
堀口大学さんの 詩だとか

無題

17日の当地は くもり それも重い
今にも降りそう
風はなかったけど ちょっと寒かった

ポリポットを洗う
地区の人の 告別式に出席
僕より若く 本当にお気の毒なこと ご冥福をお祈りします
健康と安全は 重要

1_20131217172945bfe.jpg
25.12.17 今日の午後
うら寂しく しかし 商売柄 当然の風景

2_2013121717294450d.jpg
中間どころ左は 琉球アセビ
手前左の緑葉は 縞トネリコ

熊本県で デコポンを作っていると言う西田純一さん
自分で考えて経営し 販売先を開拓してきた農家は生き残っている
TPP関連の新聞から

僕も考えている
ただ それが正しいか 間違っているか 分からない
考えていても それを実行しているか どうかも 分からない
正しくても ハードルが 高すぎるかも

今は 楽しんでいることは事実
だけど やるぞ
 

笑え

16日の当地は くもり
冷たい風が吹く
ゴジラや マンタや バルタン星人が襲いかかって来る

昨日 落としたものの鉢替え
クロマツ シマトネリコ 琉球アセビ 姫イチゴの木 サボテンを落とす
サボテンは 次男が育てたいので 取ってくれと

1_20131216172351ce8.jpg
25.12.16 琉球アセビ
どんな花が咲くか 知らないけど つぼみはかなり赤い
根巻き苗だったので 鉢に上げる
これは 10本単位でのセリだった

2_201312161723504ab.jpg
25.12.16 姫イチゴの木
真ん中の緑が それ
前回 たった1本だったけど セリ市に出ていた
1㍍くらいで 実も付いていたが セリ値で万近かった
この時 初めて見たけど そんなに値打ちがあるのか
3本セリだった

3_201312161723502f8.jpg
25.12.16
ツツジ科と言うことで ブルーベリー スノキ ドウダンツツジのような花

今朝の新聞
カーリング女子の がっくり顔
ノルウェーに勝ち 出場を決めた後の はち切れるような笑顔
同じ人でも こうまで違って見える

以前の新聞
恵比寿様が 砂糖を食べるような 笑顔でいなさい
人生 笑って 笑って 笑いなさい と

なかなか そうはいかないなあ

盆栽

15日の瀬戸内は 晴れ 時々 くもり
風は強かった
朝晩の当地は くもり 北気日より
ブラックマンタが泳ぐ
瀬戸内とは えらい天気が違うもんだ

四国のセリ市に行く
今日は 次男と二人で行く
親がやっている セリを見ておくのもいいか と
決して 儲からない花屋を継がせよう と言う下心はない

1_20131215211312cf4.jpg
25.12.15 本線から 与島PEに降りる

2_201312152113123da.jpg
25.12.15 全体を

3_201312152113110d2.jpg
25.12.15 文人風のクロマツ
今まで 盆栽風の雑木はいくらかあったけど 初めてクロマツを落とす

4_20131215211310a87.jpg
25.12.15 同じく
山野草ばかりでなく 店に行けば 盆栽もある
と言う風にしてみたら とアドバイスいただき 初挑戦
売れるかな まっ だめなら個人の楽しみにする

5_20131215211309bab.jpg
25.12.15 セサミの誰か
あんパンには あんこが入っている
メロンパンには メロンは入っていない
の歌が流れるなか メロンパンの移動車が営業していた
その横での監視役

景気の影響や 盆栽離れか 盆栽の売り上げは いまいちらしい
一流の物は持てないが なんとか手入れをしていけば 時間の経過で価値は あがっていくだろう
この歳になれば 盆栽に囲まれてボケーとしているのも いいだろう
いやいや 売るぞ

クリスマス

14日の当地は くもり ほんのちょっと晴れ
エイリアンのような 北西の風が吹く
捨てられて シェルブールの雨傘 熊蜂の飛行のような天気

きんちゃい朝市に行く
ロウヤガキの種蒔き
かたづけ

きんちゃい館では 予想どおり売れなかった
花物は 今頃ないし やっとガソリン代程度
それでも ありがとうございました

それよりも 耳寄りな話を聞く
わな猟について
現物もないし ピンと来なかったけど 予想外の方法を聞いたり 名人の極意を聞いたり
奥深いものがある 果たして 僕のわなに引っかかるのか

酒が好きな人がいたり 饅頭のほうが美味い と言う人もいる
海へ行くより 山へ遊びに行く人もいる
最も 両方の人もいるけど

1_2013121417154796d.jpg
25.12.14 ヒチコックの方向

2_201312141715465c9.jpg
北西

3_20131214171545196.jpg
西南西くらいかな 
寒々とした 風景

クリスマスも近く
ホームセンターや花屋は 冬の花があふれている
シクラメン ポインセチア ベゴニア・・・
遠くからでも 浮かんで見え 華やかに窓辺を飾る

嫌いではない きれいだし ウキウキの季節
だけど 枯れていても 野の物に魅力を感じる

それの否定は 決してしないけど 窓辺に並べたりはしない
枯れ葉の下で 霜の下で じっと待っている
そんな花に 魅力を感じる
精神論の話では ありません
 

スクランブル

13日の当地は くもり 時々 晴れ
強烈で冷たい風が 終日吹く
こんなに吹かずに 北極方面でしまっといたら
なにせ 温暖化なので

整骨医に行く
いろいろかたづけ
ウメの鉢替え

1_2013121317542338b.jpg
25.12.13 ウメ
何だったか 品種を忘れた
素焼き鉢に入れてあったのを 塗り鉢に入れ コケを張る
表面が にわか作りなのは仕方がない

2_20131213175422a0f.jpg
25.12.13 十和田アシなど
数が少なく 余裕のある場合は こんなにきれいに切らないほうがいいです ホントは
そうすると 少しでも霜よけになるので
ただ 切ってもあまり悪影響は出ていません ただし 当地では

3_2013121317542114a.jpg
25.12.13 夕方の空
今朝は 今冬最低の-6度
明日も 寒くなるだろう

関西経済同友会の代表幹事の 税制改正に対する意見
関西国際空港の運営権を民間に売却するコンセッションを後押しする・・・

TPPを カッコで環太平洋戦略的経済連携協定 と書いたり 
もう少し 簡単には書いてあるが
スクランブルを やはりカッコで 緊急出動と書いたり
TPPもスクランブルも だいたい皆さんご存じのはず

それよりも こんなのに意味を付けてもらえたら
僕は コンセッションの意味が さっぱり分からない
横文字を使えば 優秀に見える と僕は思わないんですけど

初雪

12日の県南は くもり
風が強く 寒かった

当地は 積もらなかったけど初雪だった
朝晩は 風強く とても寒い
なぜに 爺をこんなにいじめる
夕方は 透明感のある寒さ 明日朝は リンダジンジンさせて になるだろう

倉敷のFさん宅に おじゃまする

1_201312121806129e8.jpg
25.12.12 帰る途中の園芸店
ほとんどが園芸植物で 山野草もちょっとある

2_201312121806118cc.jpg
25.12.12
サルココッカと ササを ほんの少し求める
ササ類は なぜか卸カタログにない

Fさん宅には ウメを受け取りに行った
四国方面から 仕入れてもらっていた物で 盆梅展で販売する予定
安く分けていただき メリットもなく 本当に申し訳なかった
おまけに 海産物をいただく
行きたいし 行くのは申し訳ないけど 本当にありがとうございました

新聞を よく読んでいるほうかどうか 知らないが
いくらかは読んでいる
コラム2カ所と 投稿欄のコラム 人生相談などは必ず読んでいる

人生相談で 思うこと
自分の考えと 似たような回答の場合や
ちょっと異なるけど まあ そんなもんだろうと思ったり
えっ そんな考えもあるのか と驚いたり

どうしても替えられないことは受け入れ そうでないことは受け流したり 価値観の違いを認めたり・・・
と言うようなことなのか

人は変えられないけれど 自分を変えることはできる イアンソープ
まっ それはそうだけど  

特記無し

11日の当地は またも
晴れ くもり 爆風スランプが くじ引きで交互に来る
台風のような風が 時折吹く
キッス 閻魔大王 ポールマッカートニーの共演か

一から盆栽に行く
盆栽教室で Mさんからいただいた ルビーサンザシ 四季なりロウヤガキをまく
ロウヤガキに 四季なり性があることは 知らなかった ありがとうございました
燻製をする
あと 特になし

1_20131211174500d3a.jpg
25.12.11 昼過ぎの空

2_201312111745001f1.jpg
25.12.11 燻製箱
次男に手伝ってもらい 数年前に作る
今までは 家に置いていたため 夜しかできなかった が
今度 作場に移動したので いつでもできる

3_20131211174459662.jpg
25.12.11 途中で
定番の 鶏ブロックとウインナー
3段置きに作っているので つめれば だいぶ置ける
問題は 直火として 七輪を置いているため 落ちた油分が燃えて 臭いが付くこと

だけど 世の中は 肉もエビもグチャグチャなので まっいいだろう
今回の鶏はブロイラーだけど 廃鶏のしわいしわい まだまだしわいのが 最高に美味

特に 書くことがない
今日は ちょっとたるんでいたけど 1日があっと言う間に終わる
あれもこれも したいことがいっぱいあるのに 朝起きたら もう夜か

どこかで 1日が短ければ 一生が長く
1日が長ければ 一生が短い と 聞いたけど・・・
100歳現役と決めている 爺さんは あと39年か

好事

10日の当地は もう
晴れ くもり 寒風 北気をトナカイに背負わせ
グチャグチャになったところで サンタがまき散らす
そんな天気
明日は 北国雪か 朱里エイコ 字が違うか

種蒔き 
オトコヨウゾメ カイノキ コマユミ ニシキギ コバノガマズミ ムラサキマユミ アオハダ この木何の木
だいたい 種蒔きは終わった
ただし 草物がある
あと ロウヤガキ 白マユミ クロマツくらいかな
山に ヤマガキを取りに行く

1_20131210173727218.jpg
25.12.10 ヤマガキ
すぐ近くの山で 4本から採種
このカキは 畑に直まきし 切り枝用にするつもり
幸い 土地があるので
まあ 10年弱で切れるかな

2_20131210173726321.jpg
25.12.10 午後の空

かなりの好事あり
今日はこれにつきる
生きて行くには いろいろな心配がつきもの 全部は排除できないけど リスクを回避し 少しでも良くしなければ

愛キャンプ

9日の当地は くもり 夕方から小雨
そんなに辛くはないけど ちょっと寒い
チョウザメが泳ぐ

かたづけ
西洋カマツカ の種蒔き
地区会計の用事で 税理士事務所に行く

1_201312091639534ac.jpg
24.12.9

2_20131209163952522.jpg
24.12.9 愛キャンプより はるかに温暖

ネパール僻地で 女性眼科医のグループが 年2回 数日の眼科診療をしている と初めて知った
寒冷高地で 紫外線が強く 栄養状態も悪く 眼病も多いらしい
山を越え 峠を越え 家族に連れられてやって来る

カイロを張り 3枚着て 寝袋で寝ると

スペインだったか 数百年前の難破船救助から 今も感謝のセレモニーが続いている
こんな 地味で誠実な行動が 絆を作って行くんだろう
とても 誰にでもはできないけど
アイキャンプより 愛キャンプが適切

米2

何かひっかかったか どうしてもかけれない

TPPがどうなろうと この周辺では この先どうにもならないような 気がする
我が家は 米を作っていないし この先 作る予定もない
完全に卒業したのは 我が家くらいか
でも 一部やめている家は あちこち見受ける

みんな年配だし 機械は高価だし 米は安いし 米離れしているし
我が家では 10万円もかからず消費量を買うことができる
しかも 労働の必要はないし 機械や燃料も不要

花屋がいそがしいのと
米作りが おもしろくないのと
米が儲からないのと

いろいろで 作らない
みんなが こんな考えを持ったら困るけど
もう 作りたくても作れない

8日の当地は 快晴 ~ 晴れ ~ くもり・・・とは言い切れない
何とも 複雑微妙な天気
風なく 小春日和に近く 最低気温も+だった
けど 遠く 北の山はうっすら雪化粧
哀愁のサブリナ

鉢のかたづけと 古土の処理
午後ちょっと 宮総代の打ち合わせ

1_20131208175250d9b.jpg
25.12.8 当然 鉢類
販売もしているし 使ってもいる鉢
あっち行ってホイ だったのを片づけた いつまで整然としているやら

2_20131208175249e00.jpg
25.12.8 ソバ
1粒万倍 とまでは行かないが だいぶある
もう少し 田んぼにあり 来年は赤ソバ畑にする
お暇な方は ぜひどうぞ
ただし 来年咲いたら

3_20131208175249dfe.jpg
25.12.8 高取八幡神社
大晦日 午後11時から祭典
当地区の当番は 元旦7時 ~ 12時

5原則死守が 大変らしい

アオハダ

7日の当地は くもり 時々 時々 晴れ
くすんだ色の 小悪魔のような風が吹く
雲は 破れた革ジャンみたいなの

古土の処理
播種は ロウヤガキ ホオノキ この木何の木
種子を 拾いに行く
溝掃除

1_201312071727589f1.jpg
25.12.7 カクレミノ
ここ数年 一もぎ100粒の種子が取れるくらいなっていた
数万粒はあっただろう
今年は 一つも ただの一つもない 落ちてもいない

2_2013120717275748d.jpg
25.12.7 町内某所
種子はいくらでも 取れたけど
用土が見えないくらいまいても 生えては来なかった
うまく 受精していなかったのだろう

去年 岡山の人に案内していただき 採種したものは よく生え 今15㎝くらいになっている
こちらは ちょっと寒すぎるのか
やっぱり 適地でないと うまくない

その代わり アオハダをしっかり 拾って来た
昨年もまいたはずだけど 今どちらにいるのやら
多すぎて どこに置いたか分からない

サッカー
まあまあの組 と言っては相手に失礼か
何処と当たっても ほとんどがFIFAランクが上なので 見くびれない
失礼だけど ブラジル イタリア スペイン ドイツなどの組でないのが まあまあか
組み合わせが良かったと 錯ー覚くしないように

それは困った

6日の当地は 霧 後 くもり
普通 霧がゆっくり消えれば 晴れるのに おかしい
風もなく あまり寒くはない
淡い 淡い 砂糖菓子のような あまーい天気

植物に関しては 生産性のあがらない 日だった
朝 地区用事を少しだけ
かたづけなど
午後は 某所 ~ 公私混合の買い物
だけど レシートはきっちり分けたし 1円の横領もなし

1_201312061728035fa.jpg
23.12.6 コマユミ
四国 白髪山で
残念ながら 実は一つもなかった
白髪山山頂からは 早明浦ダムが チョコ粒のように見えた

2_20131206172802a82.jpg
24.12.9 みちくさで
あと3日では 降雪はない感じがするけど 明日から寒くなると言う

ラジオで
岡山のドライバーは 救急車に道を譲らない と
転勤か 結婚か分からないが 県外から岡山に来た人からの どこかへのメールらしい

39年間 西は広島 東は京都まで転勤したが どこも譲っていたような・・・
ただ岡山も譲っているようには 思うけど
まれな結果に遭遇したのかもしれないが 
どちらにしても 救急車に限らず 緊急車両に譲らないようでは 余裕がない なんて話ではない

爺さんは 横断歩道で 手を上げているような子供に会えば 嬉しくて仕方がない
自分の小さな余裕と 小さな幸せを感じる

特異日

5日の当地は 霧が昼前に晴れる その後 快晴
すぐ くもり 夕方まで続く
風はなく 小春日和で ヒトは過ごしやすい
黒い落ち葉 ナス ゴーヤのミックスベジタブルの雲

朝 ちょっと地区の用事
あと 終日 古土の処理 結構根気があると 自覚する

1_201312051749393c8.jpg
25.12.5 午後の空気
風がないので 野焼きの煙が 墨絵のよう

2_2013120517493808d.jpg
25.12.5 ゴミを取り除いた古土
本来は こんな物は出るべきでない
売れ残り 枯れたもの 苗床などの用土残り
できるだけ長く休ませ 再利用する

特異点は おとぎ話に出て来る
爺さんには 特異日だった
グリーク「ピアノ協奏曲イ短調」が流れる うーん グー
仕事も弾むが 本来は
コタツで寝転び 夢うつつで聞くのが 最高
まっ 今日はヘリも来なかったし いいか

仕事を終え 作場から帰る途中
ランダム再生の ウォークマンから「さよならをするために」 本田路津子さんが流れる うーん グー
特異日だった

今日も 好事が山ほどあったけど ちょっと安心したことがあった うーん グー

反省を

4日の当地は 10時過ぎまで 霧
晴れて来たので このままか と思いきや くもり 時々 北気
寒くはなかったけど スッキリせず
魅せられて 枯葉 マイアミ午前5時 を混ぜた天気

ずっと 種蒔き
整骨医へ

いろいろ種蒔きした
特別な方法なので ずいぶん時間がかかった
うまくいくかどうか 分からないので まだ非公開
クコ コバノガマズミ カイノキ ウメモドキ オトコヨウゾメ 等々10数種類

1_20131204175459fed.jpg
25.12.4 クマヤナギ
このみっともない 枯れ葉か残骸は 決して切ってはならない
信じられないが この残骸のようなものが 来年充実した実になる

2_20131204175459fce.jpg
25.12.4 ヒャクリョウ
紅白のおそろい
手前のレインボーカラーは 洋種ナンテン

3_2013120417545714b.jpg
25.12.4 今日の空
羊羹のお化けが 空を駆ける

ちょっと失敗しました
致命的ではないし 取り返しのつかないこと ではないけど
もっと よく話を聞いて うまくやればよかった
反省して また頑張ろう
そうしなければ 仕方ない

特記なし

3日の当地は 晴れ
小春日和だったけど・・・ 心配
仕事をするには 楽だけど
春が うまく来るか
種類は分からないけど 田の岸にスミレが咲いていた
今日も 天使の誘惑

かたづけ
チョウジュバイの植え替えと 根ぶせ
詳しい人に聞くと チョウジュバイは オールシーズン植え替え可とのこと
さて うまく活着するか
ソバの収穫

1_20131203175556e92.jpg
23.12.6 早明浦ダム
現役最後の3年間は よく四国に行った
この時 早明浦荘でいただいた ウメモドキがいっぱい生えた
放任だったけど たまたまうまく曲がり 来春植え替える

今日は 何か不思議な日だった
体調も特に悪くないし 心配事がある訳でもない

朝 スコップを使っていたら ムーンウオークの気分
倒れたり 転んだりはしなかったけど フンワカ天使のよう
同時に すごく甘い物が 食べたくなった
チョコレート 甘納豆 クッキーを食べる

それは直ったけど 何かボンヤリしたような 感じ
妻とけんかもしてない 家族とも何もない
男の更年期か
今日は 早く寝る

アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR