柿安

3月も今日で最後 当地は 晴れ
夕方から寒くなったけど 穏やかな1日だった
風はシュークリーム 空はザラメの青 雲は砂糖をまぶしたショウガ

総会の資料コピー まとめ 理事に配布で 半日がつぶれる
トワダアシ ギボウシの植え替え

1_20140331210259553.jpg
26.3.31 チオノドクサ
ホオノキをまいている鉢から 出て来た 出て来た よく来た
ギガンティアではなさそう 何かな
古土を使用しているので 時々こう言う事がある
それにしても まとめてあったもんだ

2_201403312102583e6.jpg
26.3.31 紅花ユキヤナギ
開花すると白っぽくなるけど ツボミの頃は紅色に見える

3_2014033121025753d.jpg
26.3.31 桃姫蝦夷紫ツツジ
この夏 枯れた と思い投げ出していた株
きれいに咲いたので 今年はサシキする予定
このように 夏も冬も強い種は 重宝する
しかも 半放任状態で開花 かわいい かわいい
樹姿は悪い

4_201403312102567f8.jpg
26.3.31 アネモネ・ブランダ
かわいい 美人 キュート 粒あん 甘納豆 もう何とでも表現してあげる

大新聞でも 間違えるもんだ
誤字とは 言えないのでは
某ミュージカルの コマーシャルか
「柿安ビュッフェとミュージカル」の字が 踊る

文字は どう書いてあるか いちいち確認して読む訳ではない
前後の文書 字の雰囲気 そんなのを認識して読んでいるんだろう
だから 最初は「格安」と読んだ
けどふっと見ると やはり「柿安」
ふーん ひどい誤植だなぁ
まあ 人間間違える

間違えたのは 僕だった
「柿安」が正しかった
「柿安」と言う 日本料理店の食事と ミュージカルがセットだった
中身を読んで 分かった

まっ たいした話ではない と言うことで
スポンサーサイト

仕入れ

30日の当地は 雨 のち くもり
やや風が肌寒い
午前中の空気は クリーンルーム

この時期は 乾燥が激しい
適度の雨は かん水が省略でき ありがたい
水やりに 2時間以上かかる その意味では 毎日1時間程度の降雨は ありがたい
降るわけないだろう 都合良く

久しぶりに 3人で昼ご飯に行く
セッコクを コルクに付ける
トワダアシの植え替え
サシキしていた いろんなものを 鉢上げ
セツブンソウを拾う

我が家では こぼれ種から生えた セツブンソウがあちこち自生している
もったいないので 鉢上げする

昨日 コケ玉の仕入れに行った
良品を 安価に分けていただいた

1_201403302231370c3.jpg
26.3.29 コケ玉
これには ダイモンジソウと 一部ヤブコウジが入っている
この人 コケ玉作りの職人さんで すごく立派な物が多い
これも 今は見栄えが悪いが 何かの草物と ダイモンジソウの組み合わせ

さて 仕入れの金額
セリでは 当然駆け引きや 時の相場があるが
個人の人から 分けてもらうには そうではない

だから はっきり事前に言う
商売をしている以上 安く買い 高く売りたい
欲しい物をより出すので 価格を決めて欲しい
その上で 高いと判断すれば 返させてもらう

値切りは 一切しない
人が一生懸命作った物に そんな事を言う気はない
気に入らなければ 皮肉や嫌みを言わず うちでは無理と返品するだけのこと

100近くよりだし 提示価格に一発でOK
安価とサービス品に 助かりました
ブログでは 紋切り型に書いたけど 当然丁寧に話す
聞いてみれば 値切る人が いるらしいなぁ
こんなきっちりした価格交渉をしていれば お互いに信頼関係は できてくる
この方とは 数回目

2_201403302231363af.jpg
26.3.30 とんがり帽子スイセン

3_20140330223135298.jpg
26.3.30 粒子に泳ぐスイセン

11

29日の当地は 晴れ
薄く 粉砂糖のように 雲が広がる
完全に初夏
水蒸気を感じる

コケ玉などを買いに行く
4時から 地区理事会

このコケ玉を作っている人
プロではないが プロ以上の技術を持っている人
関連を詳しくは 後日 今日はありがとうございました

2_20140329214750d6a.jpg
26.3.29 紅花ミツマタ
四国で2本求める
サシキができるのでは と思い購入するも 2本とも接ぎ木してあった
けど サシキしてみることにする

いつ頃か忘れた
結婚する ちょっと前だったような気がする
どのくらいの 人が知っているか

僕は 今も昔も プロ野球も高校野球も 見ない
けど さわやか11は 覚えている
池田高校の全野球部員11人 しかも県立高校 確か選抜だったような 気がするが 甲子園で準優勝

その後 躍進が続いたが かなり長い間 その名前を聞かなかったような 気がする
昨日は 惜しくも敗退

また これもかなり前
夏の予選準決勝で敗れ 甲子園を逃した
その直後 優勝校の一部の生徒が 不祥事を起こし 出場辞退
で 池田高校が出場することになった

マスコミの取材で 監督「棚ぼた」だったですね
そこで 監督二言
まず 相手校の選手 関係者にねぎらいの言葉をかけ
次に 確かに棚ぼただった だが我々は 棚の下に行く努力をした

昔昔 新聞のコラムで読んだ
内容が 正確でない可能性があります ご承知ください
蔦監督が 他界されたのは もう10年以上前のような 気がする

ポカ

28日の当地は 晴れ
ねっとりとした 甘い チョコクリームのような風が吹く
今日も 遠くの山が かすんで見える
近視眼的に見れば 心地よい
花粉の人は 苦しそうで気の毒

ばたばたする
植え替えは ショタイソウ
カクレミノの寄せ植えを 作る
いろいろかたづけ で今日は終わる

いやぁ 今日はまいった
僕が 悪かったんだけど
今 地区の理事をしている 理事と言っても そんなに大げさなものではない
近く 総会に向け 理事会を開く予定になっている それが29日

コミュニティーハウスの使用を 地区長に申請していないのを 夕べ遅くに気がつく
今朝一に行くと あー 先約があり 予定の時間に使えない
ばたばた羽ばたいて 代表に相談 理事に連絡し 明日4時からに変更

手間はくう 電話代はいる 自分の評判は落ちる なにより人に迷惑をかけた
慎重に 大胆にをモットーにしていた 頃もあった
思っていただけ だったけど

もっと 慎重に 物事に当たらなければ と反省の1日だった

1_201403282054512ba.jpg
26.3.28 友達との

2_20140328205451acb.jpg
26.3.28 ちょっと気になり出した人との

3_20140328205450a33.jpg
26.3.28 恋人との

原種スイセン・バルボコジュームが 咲き出した
妖精の住処

上村愛子さん

27日の当地は 晴れ
やさしい風が吹き 春を感じる
寒くも暑くもなく 吸う空気がちょっと 気になるだけ
レースのカーテンのような日

出荷の用意 出荷には相方が行く
あと ヤマコウバシをポット上げしたり 寄せ植えを作ったり
日本サクラソウの植え替え
姫シャクナゲを 岩鉢に植える これは4月の展示用

植え替えしたいのは 1万ポットはあるだろうな
ホントです できないけれど

昼に外食に行く
いつも お世話になっている人ばかり と数人で
いつか 夜にやりたいです

1_201403272046274ec.jpg
26.3.27 野生シクラメン・コウム
これは採種親 ピンクばかり
カーマインと 白は なぜか葉姿が ちょっと悪い

2_20140327204626040.jpg
26.3.27 出雲コバイモ
植えっぱなしで 7~8年経過
元々の 採種親 これからの増殖品を 今年初めて出荷した
悪いですけど やや高め

3_20140327204626301.jpg
26.3.27 アネモネ・ブランダ
今年初めての 出荷
ブランダ ニリンソウ イチリンソウ ユキワリイチゲなどは 小鉢では咲きにくい
けど 大きくすると 場所がいるし高価になるし
来年は これらや野生シクラメンの やや大鉢を作って見ようと 考えている

4_20140327204624614.jpg
26.3.27 屋久島ハルトラノオ
粉砂糖を ばらまいたような 淡い雰囲気

長野で高校3年 愛くるしい顔で オリンピック代表
この若さでヒロインに 将来どうなるか と正直思っていた
連日テレビと画像が 目に着いていた

そんな中 ある日の新聞
「その外観からは 信じられないような 真面目さ」と
まっ この表現もどうかな と思うけど 
20年たって 分かった

5回連続出場 すべて入賞
今日は 日本選手権優勝で現役引退

鉄の意志を 持った人でなければできない
20年日本一 5回オリンピック
爺さんから見れば 別世界の話
お疲れ様でした

浪花節⑤

26日の当地は 雨
まったりするような 空気に包まれる
こんな 粒あんパンのような日は 心落ち着く
水蒸気だけの 空気

某所 ~ 出荷 ~ 買い物 ~ 役場 ~ 歯医者で午後になる
買い物は ササのポットを探しに行くも さすがにもうない
役場では 有害鳥獣駆除の 手続きをする
歯医者は お金が足りず 車に取りに行く

午後は ボケー
コケ玉を 11個作ったのみ

1_201403261822441a3.jpg
26.3.26 クリスマスローズ
苦節ウン十年 黄色と淡い紫が 1株に咲く
改良の努力が実り 種苗登録の予定
ちょっとない

2_20140326182243a83.jpg
26.3.26 コケ玉
カラフトミソハギだったか エゾミソハギだったか どうしても思い出せない
鉢から抜いたのを求め ケト土で包み コケを練り込んだ
良品になるはずだけど

・旦那 この金は これこれしかじかで 手に入れた物で
・実は 兄さんが使ったのは 偽札でな 今 警察が必死に捜査しているのだ
さっ 隠さずに言うんだな その金縁メガネの男は 主犯なのか
・いえ それが どこの誰か知らないんで
・仲間を かばうのか
・いえ 旦那 本当に知らないんで
・そうか 罪を一人で被る気か いい覚悟だな まっ5年はかたいぞ
・旦那ぁ

5年服役し ある日町を歩いていると 向から馬車が来る
その中に 間違えもしない あの男が
・この野郎 待ちやがれ 今度という今度は だまされねえぞ

ちょうど時間となりました それでは・・・

教訓
小さな犯罪なら許される とは決して思っていません
世の中の いろいろな矛盾を認めつつも 慎重に行動し 過大な正義感を持たず おいしい話にはだまされるな
と 爺さんは考えました
この考えには 批判があるだろうな

クリスマスローズの 交配をしたこともない
知らないけれど 2種類を 混植したんだろうな
そんなに おいしい話があるもんか
だけど 神様のサインか 今後は 意識的にやって見るか

浪花節④

25日の当地は 晴れ
空気は汚れているが 穏やかで過ごしやすい
空中からいろいろな物がなくなれば 抜群の環境の当地
あと 1ヶ月ちょいが 花粉の人などには苦しい

大都会に住んだことがあるけれど それ比べれば はるかに好環境

今日は辛かった
終日ピンセットと 玉肥の容器を持ち 施肥
なにせ 我が家ほど鉢数があれば かなわない
もうちょっと 残っている
今夜から 雨が降りそうなので 頑張った
新葉の展開も始まった
何より 見えない所で 根が動いている
あー 腰がだるい

1_20140325205100b7a.jpg
26.3.25 オウバイ
根上のオウバイは 珍しい 黄梅のこと

2_201403252050590eb.jpg
26.3.25 吉野ツツジ
この株は 四国のセリで 落とした物
以前から 我が家にある株は まだツボミが固い

3_20140325205058c47.jpg
26.3.25 スイセン
原種スイセン・バルボコジュームの 選抜品か
昨年は3花程度 開花した
ちょっと魅力的なので 増えないかと思っていたが 植えっぱなしで けっこう増えた
ご機嫌斜めで 縦に

・ああー またやっちゃったよ 情けない
こうなったら仕方ない どうせ一生働いても20円なんて 稼げるもんじゃあない
ぱーと 吉原で遊んでやろう
よー ゴメンよ 今日は金ならいくらでもある
きれいどころを全部集めろ いる者は全員 何でも食って飲んでくれ 全部俺持ちだ

○一晩中殿様遊び
目が覚めると 日も高くなっている

・おい 姉さん 勘定を払うよ
なぁに 釣りはいらねえ みんなで分けてくれ
それじゃあ ぼちぼち帰るよ

○帰ろうと 着物を着かけていると 警察官が入って来る

・兄さん ずいぶん派手に 遊んだようだな
ところで 今支払った10円札 どこで手に入れたか 教えてくれないか

浪花節③

24日の当地は 晴れ
相変わらずプリンの天気
肌触りの良い 空気
だけど 空はかすんでいる 空気が悪い
早く 花粉 黄砂 2.5が なくならないと

今日は いっぱいする 効率よく仕事ができた
寄せ植え作り カイノキ イトスグリ ヤマコウバシ 展示会用などとして 今年売れるかもしれないが できれば2年は持ち込み 付加価値を付けたい が

植え替えは カイノキ ヒップローズ シマトネリコ レンゲ咲きミニバラ
施肥をしたり いろいろ

1_20140324205251754.jpg
26.3.24 ご存じ ティタティト
4~5年前から 植えっぱなし
夢見るシャンソン人形の気分 フランス・ギャル

2_20140324205250120.jpg
26.3.24 チューズディチャイルド
なんて名前で 購入
後ろの木は マユミ
タンポポが 咲いてくるまでは スイセンの黄色は 主張が激しい

3_2014032420525017d.jpg
26.3.24 うまく表現できないが
まだ 展葉はわずかだけれど 春の息吹を感じる
息がかかるほど 近くに早く来て

こんなもの 読んでいただき 申し訳ありません
書き始めたもので

・何が待てだ 事と次第によっちゃあ 許さねえぞ
・待ってくれ ここに20円ある 明治政府発行の札で 昔の20両くらいはある
今日は 大事な客と吉原で 合うことになっている
明日まで 待ってくれれば あと3000円を払うから
・さ 3000円 3000円 ウソじゃあねえだろうな 今度前みたいなことがあったら 承知しねえぞ
・いや 約束はきっと守る
・よし じゃあ 明日まで待ってやる

--しばらくして--
・あっ あいつの名前を聞くのを 忘れた
明日 どこで何時なんだ しまった 確か 吉原に行く と言っていたな
よし 吉原を片っ端から当たって見てやる
あー もしもし ここに金縁メガネをかけた 羽振りのいい男が来てませんか
ちくしょう どこにも来ていやがらねぇ どうすりゃあいいんだ

浪花節②

23日の当地は 晴れ
肌がもちもちするような 感じ
風もさわやか ルンルン
だけど 飛んでいる物が悪い
黄色か黒か 夕方から視界が 悪くなる
水蒸気なら 柔らかいけど この空気は悪い
都会なら よけいに 悪いだろうなぁ

相方の家の法事に 
スプリング・エファメラルを 中心に施肥
5時過ぎから 地区の会計監査を受ける 無事完了

1_2014032321454469f.jpg
26.3.23 チオノドクサ・ピンクジャイアント
小振りに咲くのも いいもんだ
きれいなピンクなのに テクニック不足 だろうな

2_20140323214544750.jpg
26.3.23 キブシ
タグが付いているところが 我が家の画像の特徴
まっ こんな作り
先般のセリで 2鉢1組のを落とす

・あの時 ちょっと分け前を と思った俺に えっ どう言った
ここに20両ある 今はこれだけしかない 
明日 どこそこへ昼に来てくれ 50両出すと
それがえっ 行って見たらどうだ てめぇは来なかった 代わりに来たのが十手持ちじゃあねぇか

兄さん 懐を見せてくれ この20両はどうした
訳を説明したところ それじゃあ その男はどこの誰だ と聞かれたが
うっかりてめぇの名前を 聞いていなかった
俺は 濡れ衣で 7年も島流しになって 帰った後 料理屋で下足番をしている
やい この7年間を どうしてくれるんだ
・分かった ちょっと待ってくれ それじゃあ・・・ 

浪花節①

22日の当地は 晴れ
穏やか 平穏 チョコレート 春のなめらかな天気
雲もすいすい ひょうたん島を追いかけて

出荷 ~ シュンラン店を身に行く
吉備ヒトリシズカの植え替え
肥料をやったり かたづけたりと
友人が来る 夫婦で来るのは 久しぶりで話が弾む

相方は 盆栽教室の人と 万博公園での小品盆栽展を見に行く

2_20140322205228679.jpg
26.3.22 即売品
会場の展示品の 画像無し
いろいろな物が たくさんあったらしい
けど 植物や鉢は買わず

1_20140322205227e79.jpg
26.3.22 帰りに寄った盆栽店
手前はチョウジュバイ
このサイズなら もっと咲きそうなものだが 終わったのか

3_2014032220522667f.jpg
26.3.22 別の店で
数十万の盆栽も 結構あったらしい
みちくさの盆栽は 最も高いもので 福沢さんお一人+α程度

僕は 歌謡曲も 民謡も クラシックも ブルースも ジャズも好きです
そして 浪花節も好きです
先般 ラジオで浪花節を聴き その概要を書くことにします
1回聞いたのみで その通り書けないが 要旨はあっているはずです

なぜ書くか と言うと 特に理由はないけれど 
必ずしも正しい者が 正直者が幸せになれる訳ではない 世の中は矛盾したこともある
と言う話を ちょっと極端に 表現してあったもので
登場する二人は どちらも正直者ではないのですが・・・
5回程度には なるか

・そこの男 ちょっと待ちやがれ
・私ですか 何かご用ですか
・俺が分かるか
・いや 初めてお会いする気がしますが
・やかましい 10年前 ここでお前が町人を殺め 金子を奪ったのを 俺は向の暗闇で見ていたのだ
・えっ

味噌カツ

21日の当地は くもり 雨や雪の寒い日 だったらしい
県南は 晴れていたけれど 風が冷たかった
朝と夕方の当地は モスラやゴジラが 押し寄せるような雲だった

県南のセリ市に行く

1_201403212037360a4.jpg
26.3.21 セリで
マツ盆栽 キブシ盆栽と 画像にはないが 鉢を落とす
ぼちぼち 草物がないかと思ったが 残念
マツは5本組のセリ
たまたま 一番目立つ 右下に 一番お粗末な株が写る

2_20140321203735c81.jpg
26.3.21 ナンテンなど
いつもお世話になっている Fさん宅で分けていただいた
八重葉ナンテン 斑ニリンソウ 八重イチリンソウ ダブルのクリスマス
白のチョウジュバイ 八重姫シャガ ピンクの姫ウツギを 予約して帰る
いつも ありがとうございます

3_201403212037352a4.jpg
26.3.21 八重イチリンソウ
白い物は きれいに写らない
なにせ ホワイトバランスもとっていない おまけに縦向き 何でこうなる

①②③の職場に 勤務する
②の時は 比較的三重県への出張が多く
食べたかったけど 機会がなかった 味噌カツを2回 別々の場所で食べた
なにせ 名古屋に近く 味噌カツの看板が 比較的多い

2軒で
お姉さん 味噌カツは初めて食べるけど これが本来の味
そうですよ おいしいでしょう

③の職場の時 石川県~岐阜県への出張があった
白鳥町に泊まり 夕飯に 近くの店に行くと
あった
味噌カツが で注文
同じ事を聞いたら 同じ答えが返ってきた

3カ所とも味が違った おいしかったけど 
君 誰が本当の君 

脳みそバーン

20日の当地は くもりと 小雨が ランデブー
そんなに冷たい雨ではないが 濡れると まだ辛い
夕方は 寒くなった
柔らかいグレーのトレーナーと 黒のストッキングが 空を覆う

セファロンファームの植え替えに ほぼ1日を費やす
根洗のササを1鉢作り
黄花コスモスの 株分け

1_20140320185036532.jpg
26.3.20 チオノドクサ・ピンクジャイアント
植え替えをしていないので どうも ジャイアントになりそうにない
これの ギガンティア種を探すも どうもカタログに掲載なし
ギガンティアの紫と ハリイヌナズナを同居させれば 補色になりすごくきれい
ハリイヌナズナは 透明な黄色い 羽のような花

2_20140320185035cd3.jpg
26.3.20 キブシ
鳥取の人から 譲っていただいた ちょっと変わったキブシ
その人も 種類が分からない と
確かに 基本種とは ちょっと違う
この株は 昨秋の展示会で使用した
この春も 使おうか ないしょで

さて 書くことがありません
今日 あれをした これをした などなら いっぱいあるけれど
クラシックを聞きながら ラーメンを食べた も書いたし
E=mc二乗 も書いたし
おとぎ話 も書いたし

ある人が ボケ防止の一つとして と書いてあったけど
ホント 話題を探すのに 四苦八苦です
しかも この程度の拙ブログなのに
とりあえず 何もなかったと 書いておこう
でも 残念 僕の頭が

おとぎ話

19日の当地は 晴れ
細胞が潤うような 空気がやさしい
昼間は2枚
爺さんの肌も しっとりとなる

歯医者 ~ 某所
植え替えは ヤクシマカカラ カクレミノ シラキ コマユミ アセビ・・・
全部で 20鉢のみ

1_20140319220445c1d.jpg
26.3.18 ヤマコウバシ
昨日 植え替えしたもの これからコケを張り自然体にしていく

2_20140319220445496.jpg
26.3.19 温州ミカン
この時期 温州ミカンは怪しい 夏の柑橘に移り 傷んだ物も多い
これは 15日にセリ市で購入
うまいから 絶対にお買い得 いつも市の時には来ているので 間違いない と

皮の手触りは悪く 失敗かと思いきや うまい
こんなにうまい 温州ミカンには そう行き当たらない
毎回 何らかの柑橘が販売されている

3_2014031922044432a.jpg
26.3.19 首をひねって見る イズモコバイモ
だいぶ前 何年になるかなぁ
兵庫県の人から 親球を50球程度購入
それから種蒔きし 昨年から開花してきた
開花まで6~7年 かかるような気がするけど 忘れた

5_201403192204437ef.jpg
26.3.19 今日の植え替え
左手前 3鉢がヤクシマカカラ
15㎝鉢をばらき 3鉢にするのに どれだけかかったやら
紺色2鉢が カクレミノ 根元にヤブコウジを入れる
水色鉢が イトスグリ
右小鉢2鉢は コマユミ

ビッグバン後の 宇宙急膨張の 痕跡を発見したそうな
日本人も 関わっているとのことで よかった
原始動波と言う波の 影響を受けた光の痕跡を 発見したと
そうか そうだろうな

10年前ではない 130億年前の事 そうか その光を見つけたのか
ふーん
やっぱり おとぎ話はおもしろい
今日の新聞から あやふやに移記 出典あきらか

18日の当地は くもり にわか雨
やさしい空気 肌に優しさを感じる
しっとりと 溶けたアイスクリームか

終日 植え替えをする
一生懸命やったけど 21鉢しかできなかった

   ここには 大物ヤマコウバシを掲載予定 だった
   だけど カメラを 作場に忘れて帰る
   高さ 1.5㍍程度

盆栽傾向の 鉢物植え替えだったので 根の整理 鉢への固定などで ひどく手間をくう
まっ 仕方ない

1_20140318182203b42.jpg
23.3.18 ツバキの玉手箱
高知県香美市の Oさんから ツバキをいただくことになった
花見本をいただき どれがいるか と
で 可能な限りいただきたいと 図々しくも お願いし 十数種をいただいた
サシキした苗が 今30㎝程度 
今年は 少し咲くか
このOさん 植物 特に樹木の大家 しばらくお会いしていません お元気のことと思います

このリンゴ よく熟れて全然おいしい
007ロシアより愛をこめて
お待たせしました フレッシュサラダと キーマカレーになります

爺さんは「全然」「より」「なります」に どうしても着いて行くことができない
「なります」は 飲食界の定番なのか
「より」は かなり有名な業界でも 多用している

本日の 新聞1ページ全面広告
「まず大根を煮て ご試食ください」
これで いいんだろうけど・・・
これを読んだので 上記を思いつく
ちょっと 一呼吸おいた 爺さんでした

リンゴ箱を二つ重ね その上で力一杯背伸びし 拙ブログを棚に上げて の本日です

それが問題

17日の当地は 晴れ 時々 くもり
風もなく 桜餅のような日だった
空気がちょっと粘り 半透明の妖精がやって来る
爺さんには これ以上ない天気

某所 ~ 某所
購入した苗の鉢替え
7.5㎝鉢でくる物が 多い だから9㎝ポットに植え替える
儲けようと思えば 結構大変
甑島シライトソウ ホシキキョウ アルペンブルー・・・
あれこれ整理したり 肥料をやったり なんでも来い

1_20140317203956157.jpg
26.3.17 姫ヨメナ
として購入
ヨメナや ミヤコワスレは アネモネ・ブランダに似て 好きな花の一つ
これは 暑さ寒さに強いはずで うまく増やすことができれば 苗代が不要になる
だけど そんなに高くできるものではない

2_20140317203956232.jpg
26.3.17 何
ランの住処

3_2014031720395537d.jpg
26.3.17 セツブンソウ
ゴミ捨てのような所に生えていた
非常に小さい球根だけど この程度でも1花は咲く
小さいけれど 開花したと言うことは 4~5年は経過しているはず
採種中落としたのか エライオゾームをアリが好んだのか

この前の記事のように 
アネモネ・フルゲンスが 棚下に咲いたり
捨てた用土から 白のアネモネ・ブランダが 増えたり
今日のように 護美の中から セツブンソウを 見つけたり
野生シクラメン・コウムが 我が家の裏山に 咲いていたり

何かを見て
何かをして
何かを話して
感動するかどうか それが問題

 

キザですが

16日の当地は 晴れ 後 くもり
妖精も 天使もまとめて来るような 天気
初夏を感じる
吹く風も 甘いシュークリーム

地区荒神様の掃除
彩菜茶屋へ出荷
チョウジザクラ植え替え
吉野ツツジを 畑に植える
売れ残りウメの 花がら整理

1_20140316183847f3a.jpg
26.3.16 チョウジザクラ
チョウジュザクラと 言う人もいるような
寒さにちょっと弱いので 自家増殖はしていない
今までも どこで購入しようと 長い根を グルグルまるめて植えてあった それでも十分咲く
今年は半数程度を ちょっと 根をカットして植えてみた
さて うまく咲くか
昨日のセリ品

2_20140316183847587.jpg
26.3.16 紅花アセビ
昨日嫁入りしてきた
プラ鉢で悪いけど ちょっとした株になっている
残念ながら 結構高価です

3_201403161838467da.jpg
26.3.18 もう1株
両側は ウメの大盃
これは 上に比べれば 安価

昨日 福沢さん 大勢でおこしください と書いた
商売をしている以上 売れたら嬉しい
だけど いつも 言うように 自分だけ嬉しければでは やがてダメになる

来ていただく 買っていただく お客さんに喜んでいただかなければ 長続きしない
キザのようだけど お客さんに 喜んでいただくのが 大目標です 

僕も 相方も無駄遣いは しないタイプ かな
景気が悪くなれば 外食 家具 花などは 後回しになるのだろうな
だから 花を買ってください とは言えないような我が家

ああ間違い

15日の高松市は 快晴 完全に妖精の世界
だけど 風が冷たい
日向はホカ弁だけど 屋内セリ会場は寒い マフラー コート着用
当地は くもりだったらしい

四国のセリに行く

1_20140315214545cff.jpg
26.3.15 吉野ツツジ
今日 大株2本をゲット
畑に植えて 親株にする
昨年 いっぱいサシキしたが 全部枯れた
非常に活着が悪い と聞いてはいたが
今年は 取り木の予定 効率は悪いけど

2_20140315214544371.jpg
25.3.28 吉野ツツジ
こんなに ハデハデな花

他にも 紅花アセビ 紅花ミツマタ チョウジザクラなどゲット

昨日 大間違いを書く
伊藤さん 行かないで と
福沢さん 行かないで が正解
伊藤さんも 前にいくらかにあったような
でも とりあえず福沢さん お誘い合わせのうえ お越しください

到着

14日の当地は くもり 時々 晴れ ちょっとお日様がのぞく
風は冷たい ジンジンさせて
早く 早く 早く来い

某所
あれこれの寄せ植え ハゼ クヌギ ナナカマド これらは1~2年先だろうな 
鉢の表面処理

1_20140314184553eb5.jpg
26.3.14 夜明けのトランペットスイセン
何年も 畑に植えっぱなし

2_20140314184552d46.jpg
26.3.14 ご存じ ティタティト
この時期 小柄で多く出回るのは まずこれ
分球しやすく 作りやすく 鉢でうまく咲く
ただし 露地で得た 充実した球根を使用すること

3_20140314184552dc5.jpg
26.3.14 シャーマンの とんがり帽子スイセン
これも 植えてからずいぶん過ぎた

画像はないが 今日2業者から入荷した
ハルサメソウ カラマツソウ ハッカクレン コザクラ クロユリ ダイアンサス イワカガミダマシ・・・
いっぱい いっぱい
伊藤さん どこ行くの 行ったら 仲間をいっぱい連れて来て

いつも言うように 自分で種蒔き サシキ 株分けなどして 原価を下げる必要がある
だけど 全部はできない
どうしても 買う物がかなりある

13日の当地は 冷たい雨
3時頃から 曇ったが 悪魔の風が来る
ゴジラが 風を吹き付ける

炊飯器購入 ~ 久しぶりの外食
ホオノキの植え付け終了
雑木類の ポットの表面処理

事情があり 大きめの炊飯器を 買いに行く
いっぱいあって どれがどうやら 分からない
低・中・高機種があり 中程度の物を買う
たまたま 立って説明を聞いていたとき 前にあった機種に決定
ゾウの前にいればそれ トラの前にいればそれ ナショナルキッドの前にいればそれ
食べ比べなければ 分からない

我が家の外食は 庶民のもの
フレンチに行くこともないし コースを食べに行くこともない
回転寿司か ラーメンか カレーか
今日は 丸亀(こんな字か)製麺のウドンに行く
トッピングは サツマイモ天ぷら 鳥の黒ごままぶし揚げ そして 昆布の天ぷら
この昆布 初めて見たので 取ってみた
おいしかった 

25.3.14コウム
25.3.14 野生シクラメン・コウム
もうすぐ 今年もいっぱい 上がって来るはず

新聞によれば
3%を拒否される 中小企業が多いそうな
大手は その購入量で 下請けをいじめるのか

例えば イオン そうしているかどうかは 知らないが
消費者は王様と おだてられる
消費者が 3パーノーと言えば やむを得ず負けてくれるわけ

14

12日の当地は 快晴に近い 晴れ
綿菓子も 粉砂糖も飛んでくるような日
何とか もっと平均的にならないものか
暑いような 1日だった
朝晩は 寒いけど

彩菜茶屋へ出荷 ~ 歯医者
ホオノキ ナナカマドなどの植え替え
転作調整に行く

後どの程度
長い人で1年から半年 短い人もいるけど
じゃぁ 僕は
分からない 歯の根元部分は 長引く
あっ そー やれやれ

1_2014031218340812e.jpg
26.3.12 山紅梅
と言う名がついていた
樹姿は悪く 盆栽作りではない
あまり高価でなかったので 親木として2本購入
八重の花だった

3_20140312183407d87.jpg
26.3.12 午後の風景
見えないけど 隠れているけど 恥ずかしがっているけど 存在している
何か 雰囲気で分かる
確実に 春が来ている

14人の 共同執筆
分担するのか 誰かがまとめたのを 全員が確認するのか
別世界の事で 知らないけれど

1人も 気づかなかったのだろうか
気づいても 言えない雰囲気なのか
残念無念 論文は不出来でも スタップ細胞は できていますように

世界最先端 誰もが注目確実 
なのに ばれないだろうと・・・

なにか メダリストのドーピング検査を 連想する
ああ 残念無念

誤解

11日の当地は 晴れ
天使の気分
この季節らしい 冷たさ

一から盆栽に行く
あれこれ植え替え 姫シャラ ナナカマド コバノガマズミ シラキ・・・

あれから3年になる
復興を 実感できる1年になって欲しい
まだ行方不明の方も 2000人以上
関係者の方が 少しでも 心安らかになられるよう お祈りします

1_20140311183304e25.jpg
26.3.11 今朝
キリリと寒い 道路上の影は 不審者にあらず

2_20140311183303bf7.jpg
26.3.11 エランシス・シシリカ
黄花節分草の名で 売られている
この大鉢に 何球植えたか不明だけど 結実しますように
この時期 この派手な花は 貴重

3_201403111833022a1.jpg
26.3.11 野生シクラメン・コウム
これはマーブル系の葉
現時点で 白花が5輪見える

4_201403111833021a2.jpg
26.3.11 野生シクラメン・コウム
銀葉系 ああ

5_20140311183301522.jpg
26.3.11 野生シクラメン・コウム
緑葉系 この鉢には白が多い
同じようにするのに 横向きになったり なぜか縦になったり

今日 盆栽教室に行った 主として植え替え方法
きのう ある人が来で その話になる

んっ なぜか話が かみ合わない
はっきり分からないけど なにかおかしい

僕は 先生じゃあない 生徒 初心者生徒
花屋をやっているし 盆栽も少しあるので 勘違いしていたらしい
もっとはっきり言ってくれれば すぐ理解できたのに

寒太郎

10日の当地は くもり
来た 寒太郎が しかも1人でなく 何人も来た
下から横から 白い悪魔

用土処理
鉢を洗う
今日は辛かった 手足 脇腹 背ロースが凍る
頭は すっきり
それにしても 寒い

1_20140310181630f8a.jpg
26.3.10 ロックガーデンのクロッカス
今日は 開きもしなかった
気持ちは分かる

2_20140310181630761.jpg
26.3.10 午後の空
ステルスが飛んでも 分からない
ブラックマンタが泳ぎ ゴジラがうようよするような 空
見えないけれど 雪が舞っている

今日は 国会中継を聞きながら 作業する
僕は ラジオはだいたいNHKしか聞かない
理由は コマーシャルがない ただそれだけの理由

午前も午後も しゃべる人が出て来て ゲストが出て いろんな話をし合間に音楽が流れる
何がおもしろいのか ゲストをほめたり 何かのことを すごいことのように話したり
どう 私たちの話はおもしろいでしょう だから 聞きなさいよ
NHKも 聞く気にならない番組がかなりある

聞くのは どちらかと言うとFMが多い
今日のように 雪が舞うときは ポケットに入れるので AMになるけど

正直言って 普段の番組より 国会中継のほうが良かった
まっ 国会中継は 真面目に聞くものなんだけど

以上 当然ながら 私の私見です
N○○のFアンカー とても魅力的な声です 

ダイズ大

9日の当地は 晴れ 後 くもり
午前中は キャンディーズ 春一番の気分
午後は 悪魔が来たりて風が吹く 寒い
5時過ぎからは 急に空気が悪くなった
霞がかかったようで 見通し悪し

昨日購入品の整理
彩菜茶屋へ出荷
フウチソウ ベニアシ トワダアシなどの 2年先の鉢植えを作る
用土処理

1_20140309182848364.jpg
26.3.9 極小カキ
3年前に愛媛県で ある調査中発見したカキ
変な物が落ちている とSさんが見つけた
どうも カキのようだが あまりにも小さい
周囲を見ても それらしき該当なし

調査しながら移動していると あちらこちらに落ちている
だいぶ拾い ついに発見
直径15㎝程度の カキの木発見 じっと動かずに立っている
宇和海が見える山中であり 人為は加わっていない
鳥や 黄金バットがかかわっているか

鉢上げしたが この後の管理が分からない
なにせ カキの苗を扱うのは 初めて
今度 聞いてみよう
Sさん ありがとうございました きっと良株に育てます

ダイズと言えば極端だけど そら豆よりは小さかった

右端1列の 多く植わっているのは ウメモドキ
早明浦ダム湖畔で 入手

ウルトラマン

8日の 広島県南東部は 晴れ
風は ちょっと冷たかった
ちょっとだけ フルーツみつ豆

広島の 山野草生産者さん宅に行く
ここ いろいろあるけれど 思ったより安い物や 意外に高いものや 千差万別
あれこれ 仕入れて来る
親株にするものもある
5時半出発

1_201403082202484a2.jpg
26.3.8 山陽道 小谷SE上り線
聞くところによると 登りか下りか 知らないけれど
いつ頃のことかも知らないけれど ここは閑古鳥が鳴いていたそうな

寄るのは 今日が2回目
昼時のせいもあり 座る所もないほど 繁盛していた
何があったか知らないが 商売をしている者にとっては 重要な話

先般 岡山県北は 雪が降り寒かった
ふっと 耳に入る
「岡山県北は 筋状の雪雲が 点在しています」
筋なのに 点々と
そんなに 気になることではないけれど

若田船長や クラークケント記者や 速田隊員のように 俯瞰して見る立場の人から見れば 点だろうな
船長は 確か若田さんだったような 速田さんの字が 違うかも
あぁ 物忘れ
 

ビバルディー

7日の当地は 晴れ 時々 くもり
寒い 風が冷たい
ヒチコックさんは 風が余っているのだろう
北北西方向から 来る来る 凍えそう

某所 ~ 歯医者
鉢の表面処理
かたづけ

1_2014030718325124f.jpg
26.3.7 マリリンモンローもビックリ
今日の午後 とにかく 風が冷たかった

歯医者は よくBGMが流れている
今 行っているところは ちょっと変わっているのでは
流れるのは 若い男の子か女の子の歌 ばかり
もちろん 日本人なのだろう 日本語で歌っている
ところが ほとんど聞き取れない 音声が低い訳ではない

歌っているのか 語っているのか わざとなのか 意味不明が大部分
僕も ちょっと耳が悪いけど
まっ 不思議なもので 流れているのは すぐ気にならなくなる

10年くらい前かな
大阪にいるとき 三重県に出張し 紀伊長島町に泊まった
田舎の宿で 晩ご飯は頼んでなく
ブラブラ 食べに出て 中華屋さんが目につく

入ると クラシックが流れていた
「四季」を聞きながら ラーメンを食べたのは この1回きり
盛り上がる所では 箸がタクトのように 動く感じがした

さあ飲め

6日の当地は くもり 夕方ちょっとだけ 晴れ間が出る
朝の積雪 うっすらとふりかけ程度
だけど 終日 雪が舞う
寒い 何とかしてくれ
今日は 終日水仕事をした 辛かった ただし体だけ

ブルーベリーや セツブンソウに 肥料をやる
汚れた鉢を 洗う
サギソウの堀上げ 霜柱の心配がなくなったら 一気に植え付ける

いやぁ 何かモヤモヤ
最初の30分は良かった あと60分は ニュージーランドのもの
やっている本人達が 一番分かっているだろうけど
まっ 思うようにはならない

1_20140306182854aea.jpg
26.3.6 さあ飲め
これを飲むわけ そうでなくて これで飲むんです
コーヒーの砂糖代わりに ちびちび食べながら 飲むんです

実は 僕は指摘された訳ではないけれど 水分摂取が すごく少ないと 自分で思っている
体調も 特にどうと言うことはないし 脱水症状もむくみもない
飲みたくないし それに お茶もコーヒーも あまり好きではない
ご飯の後も 飲みたくないけれど お茶を飲んでいる

一番好きなのは 水 だけどこれは夏限定
普段は 麦茶を飲んだり
塩辛い物が 大嫌いなので 水分を要求しないのだろうか
相方が 豚汁やサケのアラ汁などを作れば おかわりするけど

2_20140306182854659.jpg
26.3.6 梅 大杯
この前 こう書いてしまった 正しくは 大盃と書き オオサカヅキと読む
これは 売れ残りの株
針金をかけ 整形すれば良いのだろうが なにせ そのような作りに 元々なっていない

花を早めに取り 葉芽を確認後 1~2節残し剪定 しっかり日に当て 肥料をやれば 来年も咲く と教えてもらった
そのようにした 2鉢に今年花芽が 多く着いた
できれば 素焼き鉢に植え替えて用苗し この冬化粧鉢に上げると ベスト
儲けようと思えば なかなか大変

さて 夕食は何か その後 仕方なく麦茶を一杯飲むか
アルコールは 1ヶ月ほど止めている 特に理由はない 終わった後 買いに行ってないだけ 

ザックジャパン

5日の当地は くもり
夕方 余ったのか ほんのわずか日が照る
風はほとんどなかったけれど ちょっと冷や奴の気分

あれこれ剪定
施肥
用土の処理
青色申告を仕上げる あと清書のみ
1_201403051831045a5.jpg
26.3.5 セツブンソウ
平成22年 200粒播種 据え置きし 初めての開花
この夏 鉢上げする

2_20140305183103d97.jpg
26.3.5 休んでいるけど セツブンソウ
これは 平成20年 200粒播種 据え置きしている
昨年 咲いたかどうかは 現在では分からない

同じような条件で 据え置きしているが こんなに差が出て来る
なかなか 予定どおりには ならない
うまくできない物を 上手に作ると 儲かる

今朝のテレビ
チラッと ザッケローニさんが写っているのを 見た
うん 挨拶もしない 何で
よく見ると 人形だと そう分かっていても 人形には見えない
特に 肌のしわや色 何より目の表情
これが 人形か

かって 僕の職場に 僕が挨拶しても ほとんど無視する人が 一人いた
僕より 年下
だけど 必ず挨拶をしていた 別に本人がしてくれなくても かまわない
○○は ちゃんと挨拶している と周囲の人が見てくれれば それで良い
僕を無視していたあなた いまどこにいるか知らないけど 健康をお祈りします

子供にも言っている
挨拶をしろ かりに返事がなくても 他の人が見ていてくれるから と
最も ずいぶん前に 言ったのみ

今日は ザックジャパンと ナデシコでいそがしい
テレビは見ないけど これだけは別

55:45

4日の当地は くもり 時々 晴れ
あまり気温は 高くないようだけど それほど気にはならない
風もなく スイーツの気分
ちなみに 勝央町は スイーツの町として売り出し中

某所 ~ 役場
いろいろ剪定をする ヤマグワ チョウジュバイ 岩ナンテン ウツギ数種・・・
用土処理
かたづけなど 本来はここに 雑用と書くかも だけど雑用と言う用事はないそうな 仕事が雑になったら たちまち雑用になるそうな
気をつけよう

ここに 姫バイカオウレン コシジオウレン ヒュウガオウレン エランシス・シシリカの画像をのせるつもりだった
うっかり 価格カードが写り 縮小しても見えるので 見送り

ここに セツブンソウの画像をのせるつもりだった
うっかり 価格カードが写り 縮小しても見えるので 見送り

ここに ヒナマツリソウの画像をのせるつもりだった
ピンぼけで 省略

前から思っていたが 新聞には どうして広告が多い
合間に記事を読んでいるのか 広告が主なのか 分からない

記事のみにして 広告を減らせば もっと安くなるだろうし 資源の節約にもなる
いやかえって 宣伝費が入らず 新聞代が上がるのか

何か割り切れない 気分
本日の某紙の面積割合 記事:広告=55:45 ただし ざっとの目測です
記事には 番組や株式欄は 当然含みます

新幹線

3日の当地は 晴れ 時々 くもり
あまり気温は 高くないのだけれど 寒さは感じない
流れる雲も クロヒョウから アヒルに変わった気分

カキの剪定
不要プラ鉢の整理
姫ルリトラノオの植え替え
四国で採種した ウメモドキと 極小山ガキの植え替え

1_2014030318414988d.jpg
26.3.3 四国フクジュソウ
フクジュソウも種類が多いが 一般的なフクジュソウに比べ 透明感があるような気がする

2_20140303184148c0c.jpg
26.3.3 野生シクラメン・コウム
また横向き。

3_20140303184147a8e.jpg
26.3.3 野生シクラメン・コウム
これは採種親
花色も肝心だけど 葉姿がより重要 と思っている

さて 新幹線
海外での受注競争が 厳しいらしいが ソフト面が日本は充実している
運行時間を守る 停車時間内で完璧な 掃除をする
俗な言葉で言えば メンツ
責任感と誇りで 対応している
何かの番組で 両者の担当者が そう言っていた

話は変わるが
自分に責任はないが 他人の責任で 混乱することは多々ある
だから 自分は関係ないと 放置しておくわけにもいかず みんなが協力し 事に当たることも多々ある
職場に 他人に対し みんなが責任感と誇りを持ち 対応する訳だけど これがなかなか大変
まっ 健康が大事 健康でないと対応もできない

ある町の出初め式に 出席したことがある
団長さん曰く まず健康であれ そして対応現場では身を守れ
自分が健康で元気でなければ 人は助けられない と

何か 意味不明ですみません

石灰硫黄合剤

2日の当地は くもり 時々 晴れ
それでも風は春
北西の風さえ 春の息吹
夕方は 冷や奴の風に変わる

某所へ行く
マツモトセンノウ ワイルドオーツの播種
アメリカイワナンテンの植え替え
ニリンソウの鉢を緩める
セツブンソウの手入れ
鉢の整理 いろいろと

きくさん
今日は 合剤について

1_20140302201600ca6.jpg
26.2.28 ダブルのクリスマスローズ
葉の斑点は 石灰硫黄合剤
これは 親株なので たっぷりかけた だからシミだらけ

2_20140302201559e46.jpg
26.2.28 これも

効果が高いので 石灰硫黄合剤は散布するように と
数えてみれば 6人の人に言われた

うち 5人は プロの人

散布時期は
うち 2人は1月末と 2月末の 2回
うち 1人は12月末に 1回と

うち 3人の人は バケツで作り 逆さまにして つけるのが理想と
うち 2人は すべての植物に かけても良いと
うち 1人は ナンテンにはかけないほうが良いと 枯れることはないけれど ちょっと弱るからと

方法に違いはあるが 効果絶大は 共通の意見

さて 実際の散布は
散布のみなら 誠に簡単
30倍液をつくり ダラダラまけば すぐ終わる

問題は
すぐ観賞したり 販売する物には シミが着くので かけないほうが良い
鉢にかかると 見苦しい
特に ウ泥鉢 ウデイと言われる 濃い茶色の盆栽鉢みたいなの
これに着くと 非常に落ちにくい

だから 鉢には新聞紙をまくなど 作業は大変な労力がかかる

みちくさには すごい量があり 鉢の種類もいろいろ しかもゴチャゴチャ玉手箱
どうしたらよいか
僕は 面倒くさいことは嫌い
だから 片っ端から散布していく

秘密兵器登場
バケツに水を垂れ流し 適宜散布したあと スポンジで鉢を洗っていく
これが一番 効率的だった

無料の水をサイホンで 引いている
これがあるからこそ できる
全部で 水は500㍑くらい 垂れ流しになったのか
ありがたいこと

しかし まだ臭う
タマゴの腐れたような 臭いがする
きくさん ブドウは 絶対にすべきだそうです
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

4/22~4/23
○北房山野草展
北房文化センター

5/6~5/7
○勝北山野草押し花展
勝北公民館 文化センター隣

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR