眠たい

31日の当地 及び県南は 晴れ
とにかく暑い もう夏
レースのカーテンの裏を ネズミが集団で走るような雲

津山サツキ展での 即売品を運ぶ
そのため 水やりを早くから始め 寝不足気味
昼前から 備南皐月・山野草展に行く

思いがけない人3人と 会場で偶然に会う
と言っても 初対面のかたばかり
昭和の終わり頃住んでいた 芦品郡新市町の方
しばらく 思い出話をする

1_20140531204843847.jpg
26.5.31 モウコヒトツバか

2_20140531204843ff6.jpg
26.5.31 品種名メモせず

3_20140531204842dd6.jpg
26.5.31 手前モミジバヒトツバ 奥コバノズイナ
この会の作品は かなりの年季物
すばらしい鉢物が展示してあった

会場もスーパーの中にあり 常連以外に 買い物ついでの人も多い
おまけに 車はいくらでも止められる
接待を受け 良品安価で入手 おまけもいただいた
ありがとうございました

津山の紹介は明日に
さあ 早く寝よう
スポンサーサイト

ちょっと

30日の当地は 晴れ
とにかく暑い
ホワイトチョコレートが よどんだような空気
遠くの山もかすむ 空気が汚れている

明日・明後日のイベント準備
粟倉山野草会での 販売品を運ぶ
「あわくら旬の里」であります ぜひどうぞ
鳥取道だったか 無料区間の粟倉かな そこで降りたらすぐ会場です

明日は 津山でサツキ展もあり

1_20140530210229642.jpg
26.5.30 青シラン
きれいだけれど 小鉢では とても作りにくい

2_2014053021022841e.jpg
26.5.30 セッコク

3_20140530210228812.jpg
同じく
こんな作りが 大好物

今日は なにか疲れた
特に体調が悪いことはないけれど どうも気分が悪い
明日も早いし 今日はもう寝る

ガメラ

29日の当地は 晴れ
黄砂と水蒸気で かすんだ夏空
ヨーグルトと バタークリームを 中途半端に混ぜた空気

終日 イベント用意
アネモネ・フルゲンスの種蒔き

1_20140529205128f0b.jpg
26.5.29 来た

2_201405292051286cf.jpg
ガメラが
正当性ガメラだった
最近のカメは ミシシッピーアカミミガメが 主流と言う
奈良猿沢の池は ほぼ100%これだと

ラスカルと同じく ペットを安易に自然に放すと こうなってしまう

3_201405292051270f7.jpg
クサガメだった
この溝は 農業用水路なので 出口はいっぱいある
池か川か どちらかに行って はやく恋人を見つけるように

カメに限らず
ブラックバス ラスカル オオキンケイギク キョン
どれが 特定外来生物か忘れたけど 固有種が席巻されるのは あまり良くない
ミシシッピーアカミミガメは ミドリガメとして 販売されている

4_201405292051264ba.jpg
26.5.29 イベント用意
これは 5/31~6/1に開催される 津山サツキ展で販売してもら物
あと 花物を明日用意する
みちくさにも 特に花物は 外国産がかなりある

英語で

28日の当地は 晴れ 時々 くもり
時折 やや強い風が吹くも 基本的に暑い
空では クリームソーダーを豆乳が 追いかけるような雲

土日のイベント用意をしたり あれこれしたなぁ
世の中 雑用と言う用事は無いとのことだが 書ききれないほど 多種多様な仕事
そう 田んぼに 除草剤もまいた
毎日 少しづづまいているので 10日以上かかるだろう

1_20140528210924311.jpg
26.5.28 コアニチドリ
きれいでしょう でも なぜかあまり売れない
ブームが 過ぎ去ったか
だから フラスコで増やすほどでもない

2_2014052821092342b.jpg
26.5.28 イワチドリ
基本的には ピンク系の花が多いが 白もある
やはり 白はちょっと高価
イワトヂリの白だけ フラスコにまいて見るか

鉢の表面処理をしていたら
スーザン・オズボーンと言う アメリカ人シンガーの 「浜辺の唄」が 英語で流れた
当然 言葉は分からない
「浜辺の唄」も 何となく分かるが 全部を覚えている訳ではない
歌詞の 深い意味も知るわけが無い

けど 3分間手が止まった
何か 引き込まれるような 気分
気分で聞いた
僕にもフォースがあるか

BとA③

27日の当地は 晴れ 時々 くもり
暑い 風もなく 汗がにじむ
ヒラメひらひらのような 雲
手づかみで クリームパンを食べ それで体を触りまわる

着生ランに肥料 緋ネムの植え替え 古土の処理 棚下と田に除草剤散布 

1_2014052721263965b.jpg
26.5.27 テカリダケキリンソウ
小鉢 無肥料 日光で締めて作るとコンパクト

2_201405272126388ed.jpg
26.5.27 セッコクおきな
セッコクは鉢作りのほうが よく増えるが
やはり 着生ランは 岩かヘゴかコルクで

ある男を Bとする
僕を Aとする
BがAをほめた
BがAの悪口を言った さあ どうなる

Bがほめる人間に ろくなやつはいない
Bがけなす人間は 普通いい人だろう

Aは 立派な人物で無いことは 自分で分かっている
周囲に Bのようなのがいる
皆さんの 周囲にも多分いるでしょう

BとA②

26日の当地は 雨
強くもなく 寒くもない雨だけど 農作業には都合が悪い
朝 止んでくれたら 水やりが助かる非常に有効な雨
ヒジキを食べるような 雲

鉢のかたづけ ポット洗い うたた寝で夕方

1_20140526202746f99.jpg
26.5.25 赤ソバ
画面左上で発芽している ど根性ソバ
昨年まいていた 田からも自然ばえがいくらかあり ツボミを持っている
けど これはよく頑張っている

赤ソバの種をあげる と言った人をBとする
前もって ちょうだいと言っていた 僕をAとする

ぼちぼち枯れてきた 近いうちに話があるだろう けど 無い
多分 収穫し 精製してからもらえるのだろう けど もらえない
まくのは 半年先 そのうちもらえるだろう けど ダメなよう
途中会った時も また持って来る と言ってもらっていた けど なぜだ

もう 間に合わないかも と別ルートから種子を購入した
あれから 3年くらいたつかなぁ
その気がなけりゃあ やると言わなければいいのに
事実です

四国へ

25日の高松は 晴れ
空気が動かない 暑い日だった
投網に絡まったような 天気
雲は チーズのように 流れる

4時50分から 水やり
6時10分 セリ市に出発
どうしても 自分でやる必要のある場所のみやり あとは子供にまかせる

1_20140525223408e2a.jpg
26.5.25 お持ち帰り
シダレモミジ 紅花ネム 紅花エゴ ヤナギバドウダンツツジ 五色ドクダミ

2_201405252234071a4.jpg
26.5.25
中国小アヤメ セッコク

3_20140525223407b8b.jpg
26.5.25
帰りに 別の場所で求めた ナツハゼ クロモジ

行ってガッカリ
何もないなぁ と思ったが 
結果的にほぼ満車で帰る

今日は 荷も少なかったし 人も少なかった
ここのセリは 7~8月は開催がなく この時期は だんだん荷が減って来るらしい
どこも同じだけど やはり春と秋

ある資料を失ったらしく 探しても見当たらない
内容を うろ覚えだったので Y君に電話で聞いた 外出中なので後で電話する と言ってくれたが こちらの都合なので 夜電話すると 切った
ところが 彼から電話してくれた ありがとう

BとA①

24日の当地は 晴れ 時々 くもり
風も時々あり この時期なら まっ普通か
クリームパンをちぎったような 雲が ゆったりと流れて行く

ゼニゴケ防除 田の畦草刈り 除草 かたづけ いろいろと
相方は ポットの表面処理をやっていた

1_20140524204749e64.jpg
26.5.24 ダイアンサス・ブルーヒルズ
原種か園芸種か 知らない
けど 山野草の卸売り店にある
ご覧のように 結構ハデハデな花

完全な原種に フレイニーと言う種があり 今開花している
けど売れない
いそがしく 今年ダイアンサスに 手が回らなかったから
ブルーヒルズより いいと思う

2_2014052420474918f.jpg
26.5.24 ヤハズヒゴタイ
キンポウゲの仲間だけど なぜか増殖率が 非常に悪い
ちょっと やり方を変えて見るべきか

信頼が高い人を Bとする
普通の人を Aとする

職場の人が Aに言った この前の照会はできつつあるか
Aは そんな書類は知らない と言う
その課の人は 絶対出しているはず よし Bに聞いてみよう
Bは 知らない と言った

そうか Bが知らないと言うのなら 課のミスで 照会はしていないだろう
すぐ 対処するように

こんなBさんに 少しでも近づきたい と思った
結局 僕は思っただけだったけど
昭和50年代半ば 東広島市で 本当にあった話

あと 2回程度の予定
BとAにした訳は 最終回で

ズィスイズアペン

23日の当地は 晴れ 時々 くもり
風もなく 初夏の気分
チョコバー 冷えたコンニャクゼリー 抹茶アイスを 恋する

草取り 整理 が主だったような 気がする・・・

1_20140523231056c43.jpg
26.5.23 イワチドリ
今 満開 でも これがなかなか売れない
人気が無いのか
彩菜茶屋に出荷しているのも 不思議と安いポットは あまり売れない
かえって 高価で多く本数がある物が よけい売れたりして

2_20140523231055956.jpg
26.5.23 野草 ではあるが
野生シクラメン・コウムが 雑草に隠れる
今日は 早引きして これらの除草をする
何せ 作場にもあるが 家にも数百ポットあり こちらも草満開

家を建てたいが ままにならない
ダイレクトメールだけは よく届く
今日の パンフレット

完成予定パースです
エコキュート、エコウィルなどでお困りなら ご相談を
環境省より認定を受けました

何 何を書いてあるわけ
何で 分かるように書かないわけ あっ 多くの人には 分かるんですか
「より」も こんな使い方は 好きではない 好みの問題では無いのだろうけど

阪神はバースで勝った 掛キュートも 岡ウィルだったか も頑張って だいぶ前に 久しぶりの優勝
僕は 阪神ファンではありません
野球は いつから見てないか忘れた 誰がいるかも分からない 30年くらいは 見ていないだろうな

県南にて

22日の県南は 晴れ 時々 くもり
日向は暑かったけど 日陰では一時 ちょっと風が肌寒かった
もみじ饅頭と レモンのキッスのバトルのような雲

レモンの・・・ 確かこんな名前だったような 岡山で推奨している ロールカステラ

県南のセリに行く
5時から 水やりを始めた

1_20140522220422fe2.jpg
25.5.22 島根産のセッコク
今年も同じように咲いている と言うことは 売れなかった

今日のセリは なぜか人も商品も 多かった
今まで見たこともない人も かなり参加
別の人に聞いても 知らない人が多いらしかった

みちくさのような 弱小業者にとっては 人が多すぎるのは困る
要するに 競争相手が多く 高いので
ただし 商品も多く集まり あまり変わらない と言う人もいる

誰にとっても同じだけど 欲しい商品があり しかも それを欲しい人がいない時がベスト
時たま そんな時がある
ちなみに ここのセリは プロしか入れません

帰りに いつものようにFさんご兄弟の家に おじゃまする
ものすごい物を 分けていただいた
相方は Wさん Kさんとランデブー
皆さん ありがとうございました

キャタピラー

21日の当地は 晴れ 時々 くもり
平凡な日では なかった
微風~ちょっとの風
雨上がりの さわやかな空気
こんな日は めったにない
君たち キューイ パパイア マンゴーだね のよう

草取り 鉢の整理 施肥 かたづけ
某所 ~ 郵便局 ~ 買い物

1_20140521221407ad3.jpg
26.5.21 ショウキウツギ
やっと1本入手した
何人かの人が 持ち帰ろうとしたが 何とかディフェンダーが止めた
今年 サシキする

2_2014052122140661f.jpg
26.5.21 斑サルナシ
結構な代物 昨秋だったか 今春だったか 某所でセリ落とす
ツボミも見えてきた どんな花が咲くか
花より斑もの 赤花でも咲こうものなら 金庫に隠しておくか

草取りが終わり 元の鉢を見たら また次のが生えている
肥料をやったはずなのに 粒肥料が もうつぶれかけている
ラベルが 消えかけている
植え替える鉢が またまた増えていく

毎日繰り返し いつまでたっても 終わらない
だから 売り物も増えていくのだろうけど
キャタピラーみちくさ

感謝しなければ罰が当たる

20日の当地は くもり 夕方から 雨
ゆっくりした やさしい雨だった
上から 真っ直ぐに落ちてくる
濃い水飴に 黒の棒を差し込んだような 雲

鉢のかたづけをした
数が多いと なかなか全部に 目が届かない
種蒔きしたまま 忘れていたり
枯れて 気がつかなかったり
要するに 水をやるためだけの 鉢が多くある

1_20140520210656ce6.jpg
26.5.20 エゴノキ
エゴノキが咲き出した
白花が一般的だけれど 赤花と呼ばれる 淡い紅花もある
これは 少々高い

秋までに 即売にあと3回 お呼ばれしている
津山のサツキ 西粟倉の山野草 大佐のサツキ 
そしてみちくさも参加する 県最大イベント 9団体合同の 県北山野草展と販売

今日も 1箱荷物が届く
収益率のためには 自作が最高だけど 全部はまかなえない
何を用意すべきか 構想を練っている

堂々巡りで 行き当たりばったりになるだろう
でも 呼んでいただき 感謝しています

ここからが

19日の当地は 晴れ 切り干し大根ほど乾燥している
風無く暑い でもまだまだ序の口
淡いレースのような中に キューイとパパイヤの雲が 流れる

畑に除草剤
鉢の除草と かたづけで終わり

1_20140519221742ce1.jpg
26.5.19 トワダアシ
まだ 20㎝程度
これから 40~50㎝にはなるだろう
容器を洗い 玉肥を取ってから 写せばよかった

さて 昨日の 残り1件
溝掃除の前 経費の報告があり 資料の配付があった 1枚紙のもの
屋外作業なので メガネをかけずに行った
字がよく見えないため 「読めないなー」と言ったら

隣の人が 「国語算数ができるかどうかの差がでるなぁ」と言った
この人 確か2歳ほど年下
ほとんど 話したことがない人
まっ 僕に言ったんじやあないだろうけど

さて ここからが肝心
おい 爺さん お前はこんな事 人に言ってないだろうなぁ
もし そんなことがあったら 直ちに止めるように
品格が落ちるぞ

えっ本当に

18日の当地は 初夏の晴れ
安定した天気で 暑い
ヒラメが泳ぐような雲

田がある地区の 溝掃除
除草で終わり

1_20140518210016ad1.jpg
26.5.18 チョウジソウ
径20㎝強のコケ玉 販売する時は 容器を陶器に替える

2_20140518210015af9.jpg
裏側には ギボウシが入っている
クロタマホシクサを直まきしているが まだ生えてはいない

3_20140518210015a28.jpg
芸術写真にならず

現職の頃 仕事で剣山に出張をしたことがある
山に最も近い場所に 「民宿まつうら」さんがあり 何回か泊まったことがある

今日は 話題が2件あり その内1件を

県南から ご夫婦2組が来店 初めての来店になる
それぞれ 徳島と宮崎出身と言うことで いろいろ話をしている内
仕事で  剣山に行き・・・と話すうち
なんと 今日の人は 「まつうら」さんと 親戚だとか
一気に 話が盛り上がる

分からない どこでどんな人と つながりがあるか
偶然ではあるが 奇跡のような偶然
先日 里帰りし自分の山で掘ったと言う ユキモチソウなどいただく
ありがとうございました

見られている

17日の当地は 晴れ
微香のある微風が来る
何か いろいろのものが 混じり合っている感じ
ジャコが泳ぎ回るような 雲

あれこれかたづけをしたり
カラマツソウの 種蒔きをしたり
除草したり
夢想したり 好事があるような
勝央山野草展に行く 意外な組み合わせで

1_20140517211752ded.jpg
26.5.17 ヤグルマソウ
石付けした これはとても魅力的
展示会で 以下同じ

2_2014051721175297d.jpg
コガネグルマ

3_20140517211751425.jpg
ヤシャゼンマイ イワチドリ他のコケ玉

4_20140517211751cf2.jpg
展示会の風景
この会 一般的な山野草よりも セッコクとイワチドリが多い
特に 石と木に付けた セッコクが年月を感じさせる

昼前 コーヒーを飲み終わり 行こうと思っていた直前 2人の人が突然来店
2杯目のコーヒーを飲み 4人で行くことにする
先に昼ご飯を食べるべく 某所に寄ると
別の山野草会の人が 昼食中
どこで 誰に会うか分からない
この 組み合わせにビックリ顔だった

ところで 僕たち夫婦は 気をつけなければ成らない
いいかげんな 行動はできない
こちらには分からないが
全然会った記憶のない人が 声をかけてくることがある
こちらのことを知っている人は 多い
何せ 展示会などで販売していると よく見られている

イリーナ・パンタエバァさん ロシア出身のモデル
子供の頃から ずっとビデオに撮られている と考えていたそうな
そのため 所作が身につき トップモデルになる

僕とは 全然意味が違うけど 

ア・ハモンド

16日の当地は 晴れ もう晴れ
終日 風が吹く カリフォルニアにも パペーテにも タクラマカンにも 負けないような風
ちょっと強かったけど こんなにさわやかな風は 珍しい
鉢は よく乾いた
おやつに食べた 白あん鯛焼きみたい

鉢の 除草
サシキの用意
あれこれ かたづけ

1_201405162234595ee.jpg
26.5.16 止まった風
山の広葉樹も 風にあおられ葉の裏が白く見えている

2_201405162234584c6.jpg
26.5.16 ホオノキ
中央 葉裏が白く見えるのは ホオノキ
ずっと こんな調子だった
「風とモンロー」 と書いたら 意味が分かる人どれくらいでしょ 僕もよくは分からないけれど

記憶の範囲で 青空 心地よい強い風 乾燥 これが終日続く日も 初めてのような
薄く 薄く 粉砂糖を流したような やさしい空
雲があったかどうか よく空を見ていなかった 淡い花びらみたいな色だったような 

「カリフォルニアの青い空」 アルバートハモンド
でも これ失意と挫折の曲だそうな

僕は ありがたいことに 充実していた

数日の間

12日の当地は くもり 昼前から雨
多分 今日はずっと降るだろう
イワシとカツオの バトルのような雲

販売残品の整理
アネモネ・ブランダの播種
午後から 用事で帰宅

1_20140512132007b63.jpg
26.5.12 セッコク 新速玉
田辺市で購入したもの
この人 品種の混在には 非常に神経をつかう人
だから 名前は正確なはず

2_20140512132006eff.jpg
26.5.12 野生シクラメン・レパンダム
赤紫が基本色であるが 白花もある
まだ数が少なく 販売までには 最低5年はかかる

用事があるため 15日まで ちょっと休みます

先般の 体調不良が再発したのではない
自分や家族が 病気やけがをしたのではない
親戚にも 何もない
行って見たいけど 温泉旅行に行くわけでもない
怒って 家出するのでもない
作場には 毎日出る予定

わざわざ 宣言することはない 拙ブログですが
基本的に 毎日更新予定なので

ありがとうございました

11日の当地は 晴れ まったりとしている
日向は ちょっと暑いくらい
ミルクチョコレートキャラメル のような天気

今朝は 4時45分 水やりスタート 眠たい
午前は 地区の溝掃除
みまさか山草展会場の かたづけ手伝いと 販売残品の引き取り
アネモネ・ブランダの播種
相方は 勝北山野草展の販売へ

1_201405112211027a5.jpg
26.5.11 着生ランの置き場
ヘゴやコルクは 場所を取る
これで 少しは整然とした 水やりも効率的

2_20140511221102d57.jpg
26.5.11 今日のみちくさ
野か山か はたまた草原か

冷たいご飯や 冷たいお茶は我慢できるけど 冷たい言葉と 冷たい態度は我慢できない
つい数日前に ラジオで知った 中国のことわざらしい
正確でないかもしれないが だいたいこんな意味

今日 僕に対しそんなことがあった
仕返しを いつかしてやろうか・・・
けど やめた

欲や怒りを抑えて 心を穏やかに保ち 飲食や快楽はほどほどを 心がけつつ 適度に体を動かすのが 長寿の秘訣
夕食後 たまたま読んだ新聞 貝原益軒が言った言葉

読む前にしないと決めていたけど やっぱり止める
醜い顔になりたくないから

昨日今日 買っていただいた皆様 ありがとうございました

人いろいろ

10日の当地は 晴れ
風があり さわやかだけど よく乾く
上品な 淡い和菓子のような天気

みまさか山野草会の 販売に 午前中行く
午後 知らぬ間に 小舟をこぐ
ヘゴをかける 棚を作る

5時 かん水スタート予定だったが 5時15分になる
明日 もう1日早出予定

1_20140510212313843.jpg
26.5.10 販売

2_20140510212313383.jpg
26.5.10 会場
2月に 盆梅展をやった会場
ウメは出展者が20人以上だったけど 半分程度の人で 会場を埋めてある
それでも 程度の高い作品が 並んでいた

3_201405102123121db.jpg
26.5.10 カッパ
知り合いのIさんの展示
この方 陶芸センスが高く このカッパもうまい 画像処理が悪いのは 僕の責任
他にも 鉢 イノシシ お地蔵さん・・・

販売は 会員のかたにお願いしているので
しばらく 購入するお客さんを見ていると 人いろいろ

丁寧に 扱っている人
自分の見たい物を取れさえすれば 倒れようがお構いなしの人
値段の札を 端から端から 全部抜いて見ている人
気に入った物を 知人に買え買えと 進める人
無いものばかり 無いかと尋ねる人

物に対する 礼儀正しい人を見ていると 好人物に見えてくる不思議

宝石かごみか

9日の当地は 晴れ
マッシュポテトと マッシュルームが 組んずほぐれつするような雲
終日風が強かった よく鉢が乾いた
夜は寒い 季節外れの霜にならないように

販売用意 1日中
10~11日 2カ所の展示会に お呼ばれしている
この時期 2カ所はきつい
やっと 格好を付けた
明日は 水やりが必要 5時にはやりかけないと

1_2014050920302127d.jpg
26.5.9

2_2014050920302131a.jpg

3_20140509203020174.jpg

もうー グチャグチャ
何がどこにあるやら 分からない
結果的に売れたり 売れなかったりする物が ミックスケーキ

だけど みちくさの商品は まず宿根草ばかり
売れなかったら 株分けしたり 種蒔きしたり 原価を安くしなければ

僕は みまさか山野草会で 湯郷温泉へ
相方は 勝北山野草会で 北の方へ
どちらの会のかたも 呼んでいただき ありがとうございます

掃きだめの鶴
石の中の玉
マスで量り 牛車で運ぶほど
月とすっぽん
いろいろの場面で いろいろな表現がある
意味は異なるけど 何か同じような場面を イメージする

みちくさは
苺とブルーべーリーの 詰め合わせ
可憐な花と 雑草のビックリ箱
天使と座敷童の 共同生活
あんな物と こんな物の 丼ガラガラ
さあ どれだ

ラピュタ

8日の当地は 晴れ
穏やかで まろやかで 白あんのような天気
夕方30分程度 暴風雨と雷 台風並みですごかった
八十八夜も過ぎたのに 朝晩が寒い

販売用意
農協 ~ 山の駅 ~ 某所
那岐山麓山の駅で 県北山野草展が開かれ その打ち合わせ
本来なら会長出席だが 所用があるとのことで 代理出席する
販売は 4業者と 趣味の人が4~5人か
6/21~6/22まで

1_20140508210301129.jpg
26.5.8 那岐山麓山の駅

2_201405082103005b5.jpg
26.5.8 山の駅から
南方向を見る
那岐山麓にあり 見晴らしはこのとおり

ここは たびたびイベントが 開かれる
那岐山山開き ひな祭り 日の出の観賞 佐織折り--「さおりおり」は この字で良いのか--
「県北山野草展」も 10回目を迎え
毎年 こんなにどこから人がくるのか と言うほど 大勢の来場者がある
一般的な山野草展と異なり 若い人や 子供連れも かなり多い
だから 実付きブルーベリーなんかに 結構人気がある

凛とした雰囲気に見えるのは 寒い時
まろやかに見えるのは 霧がある時
さわやかに感じるのは 汗を飛ばす風がある時
気持ち良く見えるのは いっぱい売れた時

この近辺での 数少ない場所
天空の城を ちょっとだけ感じられる

数時間

7日の当地は 晴れ
コーンフレークと アーモンドチップを 混ぜたような空
風もなく 本当に適当な日和だった こんな日ばかりなら 言うこと無し
だけど 人間堕落するだろうな

販売品の用意
広葉樹で 名前の分からないものが いっぱいある
オトコヨウゾメと 姫ガマズミの区別が どうもできない
何となくは 分かるけど

1_20140507223714601.jpg
26.5.7 お客さん
某会の方々に来ていただく
記念写真を写す と言う場面で 後ろから写させてもらった
本番には この僕にも入れと 
遠くの方から ありがとうございました

2_201405072237136e6.jpg
26.5.7 出荷用意
いつもの風景 だけど
今回は 2カ所同時にある
もう ガラガラ ピカピカ玉手箱

お前のブログは 毎日見ているぞ
あんたのブログには 毎日行っているぞ
と言っていただく 二人の大先輩 でも 書くことが無いんです
こう 毎日となると 材料が浮かんで来ない 来い鯉 プカプカと

今日 朝の水やりに始まり 夕方の片付けまでに 不思議なことに数時間しか無かった
飛ばしすぎだろう 相対性理論 もっとゆっくり歩け

虎に後悔③

6日の当地は 晴れ 時々 淡いくもりになる
綿菓子のフィルターを 通したような空気
夕方から ちょっと寒くなる

地区の理事をしており 5人でちょっと草刈り

出荷の用意
この土日 2カ所で即売がある
幸い展示は無いが 2カ所となると 仕分けが大変になる
展示・即売に来る人は 普通かけ持ちになる どちらに どんな物を どれだけ持って行くか
普段からしていないので 除草が大変 あと3日間がいそがしい

1_20140506210507a00.jpg
26.5.6 アネモネ・フルゲンス
終わりかけの花 どうも果実の肥大が悪い うまく採種できるか

2_20140506210507d4d.jpg
26.5.6 フジ
お世話になっている方からの 頂き物
毎年 豪華に咲いてくれる 今年は ぼつぼつ植え替えが必要かも
これは 商品ではない

3_20140506210506847.jpg
26.5.6 ブルーベリー
これは 確かウッタード
やっと アブが来だした 頃合いを知っていたのだろう
リムスキー・コルサコフ「熊蜂の飛行」 ぜひユーチューブでどうぞ

就職して 数年目くらいか 電卓が入り出した
こんな すばらしい機械ができたのか
手のひらで 計算ができる
今のように3桁では 買えない 当然4桁の価格だったような

卓上型電機計算機も タイガー計算機も すぐに席巻されてしまった
やがて 物置に無造作に積まれた タイガー計算機
くず鉄で売ったのか ただ廃棄したのか 定かではない
なにせ 40年前の話

それから10年程度~現在 何かの拍子に 脈絡もなく思い出す
捨てるのなら どうして どうして 1台もらっておかなかったのか 
シリコンオイルをさしておけば 今でもインテリアになるし 時たま計算もできるだろう
懐かしさと 愛おしさと 後悔の 機械式タイガー計算機

お世話になっている方が 今入院中
早く退院し 相方と早く昼ご飯でも 食べられますように

虎に後悔②

5日の当地は 雨 後 くもり
寒くもなく 風もなく やさしい雨だった
昨日今日と 何があろうと 天使とバラを感じるような日

セツブンソウと 出雲コバイモの播種
セツブンソウは終わり 明日頃から アネモネ・ブランダの採種が始まるか

午後 薄い殺虫剤を 今年初めて散布
本来はしたくないのだが 新芽を何かが食べに来る
仕方がないので クモやテントウ虫に 謝りながら散布した

1_20140505210859830.jpg
26.5.5 ムサシアブミ
みちくさの 個性派スターの一人
素芯で 並品よりちょっとばかり高価
この手の物は 好き嫌いがかなりある

初めて職場に出勤した日
喧噪の中にあった
算盤の音も聞こえるが チーン ガラガラ バリバリ ガチャン チーン
何だ何だ
重さ3キロくらいか 横30㎝ 奥行きと高さが15㎝
この物体が ハードロックの音源だった

非常に優れもので 取って付きのダイヤルを合わせ ハンドルを必要数回転させると 掛け算割り算ができる
電子計算機が 職場に1台 手に乗る計算機が無い時代 エクセルもロータスも関係なし
すぐ この音になれてしまった
この物体が 機械式タイガー計算機だった

まだ 幸せをかみしめている退院後
ずっと この気持ちを忘れることなく 健康と安全には 注意しなければ

健康と安全

4日の当地は 晴れ 午後からやさしいくもり

除草 
セツブンソウと出雲コバイモの播種など

岡山盆栽組合の皆様 救急車の手配 ありがとうございました
岡山北消防署の皆様 ありがとうございました
光生病院の皆様 ありがとうございました
そして 家族も当然ながら
また 拙ブログに訪問いただいた皆様 ありがとうございました

4月30日 8時30分出発
1時間程度過ぎた頃 何かいつもと体が違う 気になるほどではないのだが
危ない運転でなく ブレーキ アクセル ハンドルも 通常どおり操作できる
鋭角のカーブも 支障ない

10時過ぎ RSKバラ園に付き 下車したとたん ちょっと足がぐらつく
おかしいと思いながら 組合の人に挨拶をして回る

その直後
立っていられなくなった
吐き気 体の浮遊感

頭にも異常なく 無事昨日退院
家から60キロ離れており 相方にも苦労をかけた

突発性の何からしいが 健康のありがたさを 感じながらキイをたたいています
皆さん 本当にありがとうございました

1_201405042050537da.jpg
26.5.4 姫ライラック
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

4/8~4/9
◎山野草趣味の会
真庭市 元「たちばな保育園」

おおさ山野草展
新見市大佐

4/15~4/16
津山山野草会
津山文化センター

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR