あちらでは

30日の当地は 晴れ 時々 くもり
暑い これ意外特に意見無し
降るかなと思えど 来ず
ぬらりひょん来るな 害虫も来るな イノシシも

サシキは 那賀川ノギク サラサウツギ 琉球アセビ ダイアンサス
あと寄植えを作る ナナカマド+ヤブコウジ
この時期の植え替えは 要注意
急がないなら 今しないほうが安全 うちはまだまだある 

1_20140630204753864.jpg
26.6.30
手前のコケ玉に 花が咲いてきた
何だ 鳥だロケットだス・・・・・・・

2_20140630204752188.jpg
どうも センノウのような
高さ50㎝程度

28日の続き
むかしむかし かなり前
新聞で 読んだような
レーガン大統領の乗った車が 交通違反で 白バイに捕まった
大統領が乗っていたのを確認しても その警官は 違反として検挙した
さて どうなった ・・・・・・・・
職務に忠実だと ほめられたとか そんな記憶があるけど 正しいかどうか
スポンサーサイト

ワクワクする

29日の当地は くもり
そして 蒸し暑い 風もない 勝手にしろ
ガラス皿に盛りつけた ソーメンを 皿の下から見るよう

八幡神社の草刈り
散らかし放題だった 物置を片づける
那賀川ノギクのサシキ

1_20140629203800fef.jpg
26.6.29 新品トンボ
脱皮直後を 初めて見た ちょっと感動的
小川無し 池無し どこにヤゴがいたのか

2_20140629203800514.jpg
26.6.29 今年
昨年より だいぶ増えた
おかしい でも 今年はちょっと売れ行きが悪い
もうちょっとで 熟れ始めるので そうなれば出て行くのか

新聞二題
レイチェルカーソン 没後50年だそうな
センスオブワンダーは 数回読んだ
どこかに まだ置いてあるはず

つぎは おもしろい
ただ 当人達にとっては 残念だろうけど
宇宙誕生直後の 大膨張痕跡を発見 がどうも違うようだと

ビッグバン後 1兆分の1秒の その1兆分の1秒の その・・・ あいだに
1兆倍の その1兆倍の その・・・ に膨張した
このクラスの話になれば 分かる分からないの 範疇ではない
ただ おもしろいだけ

この発見 速やかに ミスを認めスッキリとしたのか

ふーん そう

28日の当地は くもり
でも 終日 小さな雨が 降ったり止んだりと続く
梅雨だろう
フルーツみつ豆と ところてんと 完熟パインヨーグルトのような日 ただし常温の

サシキは ウツギ2種 西別コケモモ
法面の草刈り
外の椅子で 雨を透かして 木々を眺めていた

1_20140628204717457.jpg
25.6.30 ブルーベリーを小鳥から守る
今年も 今日張った
ニュートリノもスカスカの このネット
入ってみると 意外と風通しが悪く 暑い
ブルーベリーには 気の毒だけど 許して

京都府警のパトカーが スピード違反で 兵庫県警に検挙され 検察庁に送検されて 不起訴になったらしい

兵庫県内の 西宮名塩SEに事故か何かの車両がいる との情報で145キロで走り 45キロのスピード違反
京都府警は 検挙のため急いでいたのだろうけど 兵庫県警によれば 連絡するなど 広域な捜査をすればよかったと

ふーん そう
縄張り意識でなく 正しく厳密に正論を言ったのだろう
でも このパト サイレンならしていたのだろうか

高速隊でなく 普通のパトが 県境を越え スピード違反の車を追えないのか

今回も 京都から法令を守って出発する
兵庫から 法定速度で 先に行っといて欲しい と言っていればトラブルはなかったのだろう

京都府警は パトの職員を懲戒処分にしたと言う だから 兵庫県警は正しかったのだろう 
ラジオのニュースで聞いたけど 完全にこの通りだったかどうかは 不明

大阪へ

27日の当地も大阪も くもり 時々 晴れ
涼しかった 信じられない
大阪は覚悟して行ったけど とても涼しかった
風鈴の音が キーンと響くような日

大阪へ行く
牛車や馬車で行ったら 何日かかるだろう
昔の人は よくやった
まあ 大阪までも行くことは ないだろうけど

1_20140627205412d08.jpg
26.6.27 ここへ行った
自動販売機が見えるでしょう
ふっと見ると 1本100~110円 買わなかったけど
行くことは 1ヶ月以上前から決まっていた
悪いことではなく 好事でだった

ずいぶん昔 大阪に住んでいる時
上司と 石川・福井に出張した
特急サンダーバードで
その時 ふっともらした 前田利家あたりは 大阪に行くのに大変だったでしょうね と
ふっふっふと笑われた 好意的な笑いだったけど

今日も エアコンを使わなかった
僕は かなり暑くても 使わない
だから 相方と一緒だと 夏の外出はいつも もめる
しつこいけれど 市内を走る時も 涼しい風がまとわりついていた

無題

26日の当地は 晴れ 時々 くもり
暑い ただ暑い
ちょっとくらい 吹いてみろ
丼の中の 濁ったスープ

役場に ちょっと打ち合わせ
サシキは 吉野ツツジとウツギ・マギシエン

1_20140626223330d6c.jpg
26.6.26 面々
みんな縁起物
不苦労 福来ろう
タヌキは 見識が広く 将来を広く見通す力がある
無事帰る 

2_20140626223329970.jpg
26.6.26 クサハナビ
午後になると 咲いてくる
なぜか 意図した構図になっていない
当然 カメラのせいにしておこう

何も今日は 話題無し
サッカー残念

サッカーのサポーター
日本はごみを拾う 韓国は拾わない
電車内で 老人に席を日本は譲らない 韓国は必ず譲る
譲らない若者に 注意もしない私
ここで どちらが正しいかどうか 言うのではない
考えてしまう私
と言う意味の コラム氏の発言を読む


ウマイ

25日の当地は 晴れ 時々 くもり
暑いなぁ
グラスの中で 常温のカルピスが揺れる

町の健康診断
子供の荷物が着いたので 受け取り
出荷 ~ 買い物 で終わる

1_20140625204500f37.jpg
24.6.25 鉢用ブルーベリー
今年は ちょっと遅れている感じ
まだ 色づいていない
また 今年初めて ビルベリーを入れた
まだ 堅く食べられるのは 1ヶ月ほど先か

町の健康診断に行く
肺がん 胃がん 大腸がん・・・
今年も飲めた ウマイ バリウムが
まっ 飲めるのは 健康だった証拠か

だけど 記憶の範囲で 血圧が高い と初めて言われた
健康に気を付けるのではなく 僕は 塩辛い物が大嫌い
カップ麺も スープは1/3程度で十分
以前 入院した病院の味噌汁も 適度な味だった

高い と言っても 許容範囲だったけど

さて と

24日の当地は 晴れ 時々 くもり
梅雨なのに 乾燥気味の風で 鉢がよく乾く
降れば もうイヤと言うだろうし 乾けば ちょっとお湿りをと
勝手なもの
アイスと キャラメルと コーンフレークの空気

サシキは ソヨゴ ナツハゼ 山で見つけたウツギ
草刈りちょっと
あと 細々と何をしたかなぁ

1_2014062420455599a.jpg
26.6.24 ヤブコウジ

2_20140624204555c8e.jpg
これも
どちらも この前の売れ残り

さてと もう一コマ
知らない人が ヤブコウジの鉢を持ち
上から 横から 斜め下から とずっと見ていた
何かな やがて呼ばれる

・これ何ですか
・ヤブコウジです
・あー 家の庭に 踏むほどある
・じゃあ 小鉢に植えられたら 2年でこんなになりますよ
・無言

大きなタグに 品名と値段が 書いてある
見てなかったんだろうな

さて 小鉢に植えただろうか もう すっかり 忘れているだろうか

価値

23日の当地は くもり
蒸し暑い
時折 微風があるものの 手でつかめそうな風
チーズフォンディのような雲
僕は食べたことがない 食べたくもない
でも チーズはちょっと好き

販売残品のかたづけ
サシキは ヤマコウバシ ソヨゴ
ソヨゴは何とかなるけれど ヤマコウバシは発根しない
苗業者さんに聞いても ヤマコウバシやクロモジは 発根しない と
この仲間は 難しいのか

1_201406232043458cc.jpg
26.6.23 緑花セッコク
この色は ちょっと珍しい どこから来たのか分からない
この春 高知の人から購入したものの中に あったのか
それとも 田辺市からか
きれいな色なので 久しぶりに種蒔きをすることにし 交配した

皆さんご存じですか
花粉は風に飛ばされる
セッコクやフウランの花粉は 風では飛ばない
ピンセットで つまもうとしたら プリッと飛んでいく 本当ですよ

2_20140623204344df4.jpg
26.6.23 黄花コスモス
お世話になっている 倉敷の人からいただいた
梅雨時の開花だし 株分けでよく増えると
この時期 主張の激しい色

さて 先日の那岐山麓山の家での 二コマのうちの一コマ
サギソウの単品と サギソウのコケ玉を販売していた
コケ玉には サギソウの他に ミソハギ アスパラガス 野ボタンなどを入れていた

ある婦人曰く
断然コケ玉のほうがステキ 特別高いとも思わないな
でも・・・ 欲しいけど・・・ 安いポットにしとこうか・・・

申し訳ない 高くて
僕も仕事柄 値切らない
欲しくても 高ければ買わない
親株にする時は エイッと買うこともあるけれど
僕は こんなご婦人大好きです 決してケチな方ではありません
それに 高いのを買わないと 恨んだりもしない

明日は 別の似たような話を




山野草展

22日の当地は 9時過ぎまで雨 そのあと くもりになる
風もなく やや蒸し暑い日だった
那岐山麓山の駅では 高原のお嬢さんの風だった さすがに 涼しい

八幡神社総代の用事があった
ウツギの サシキをする
那岐山麓山の駅に 販売品と 展示品を 取りに行く

1_20140622210931c72.jpg
26.6.21 展示会場

2_201406222109306ba.jpg
同じく

ここ 那岐山麓山の駅では 10年前山野草公園が できた
それの宣伝も含め 当時から「岡山県北山野草展」が 始まった
今年は 出展9団体 
販売は4業者と 会員の余剰株であり 21日午前中は どこから来たのかと言うほどの 混雑だった

普通の山野草展は 高齢者の方が多いが ここは 比較的若い人も見受けられる
我々業者としては 誰に買ってもらってもかまわないが やはり 裾野を広げるためにも 若い人にファンになっていただきたい
制約を嫌うのか 若い人の会員所属は 非常に少ない傾向にある
なにせ この爺さまが この世界ではティーンエイジャーに見える

関係者の皆様 購入いただいた皆様 ありがとうございました 

アルフィーNHK

19日の当地は 晴れ 時々 くもり
思ったより 蒸し暑くはなかった
雲は まったりしている 
野菜餡と 煮麺が合わさったような日

サシキは サラサウツギ
あと 販売用意
6/21~6/22 那岐山麓山の駅で 県北9団体による山野草展がある
よろしかったら ぜひどうぞ

1_20140619204439faf.jpg
26.6.19 ゴチャゴチャ

2_201406192044397dc.jpg
同じく
だいたいできた 明日は 展示品の用意と 山の駅での展示がある

仕事中 NHKFMを 聞くことが多い
その中で ジ・アルフィーがしゃべり かつ自分たちの曲ばかり流れる 番組がある
全部 彼らのためにある 番組のような
ここで 批判する訳ではない
なぜ 特定のグループばかりなのかが 気にかかるだけ NHKで

この次は マヒナスターズにでも 依頼するのか
または 希望すれば モモクロでも採用されるのか

20日 21日 都合で休みます

嬉しいです

18日の当地は 雨
連続はしていないけれど ほぼ終日降る
歌の文句では 白があったり 銀だったり
涼しかった

雨の日 お日様どうしているの
全国子供電話相談室への 女の子の質問

自然ばえの 田のヒマワリに 肥料をやる
ほぼ 終日サシキ
キク類 ルリビョウタン ヒョウタンボク ブルーベリー オオツリバナ 白チョウジュバイ・・・
本来業務ではないが 人が打ち合わせに来る

1_20140618214725c49.jpg
26.6.18 白チョウジュバイ
チョウジュバイの実を 初めて見た
ボケの仲間だけあって よく似ている

2_2014061821472580b.jpg
26.6.18 7時少し前
ブラジルと時差は 12時間
と言うことは この太陽を 朝見ているのか 今
あまりにも 相対性理論ほど離れているので・・・ 太陽が 
ネイマールも 長友も 今見ているのか

記憶が正しければ フランスでもあったような気がする
その行為に対し 実の賞なのか 架空なのか忘れたが もらったような
応援衣装である 青のゴミ袋を脱ぎ ゴミを拾って 会場を後にした
そして 世界から 賞賛された

今日の新聞によれば ブラジルでも サポーターが そうしたと
多分 若い人のほうが 多いと思う
あたたがたは 君たちは 日本の誇りです

あと 6回は無理にしても 少なくとも 4~5回は やって欲しい

マツモトセンノウ

17日の当地は くもり
降りそうで降らない 見えそうで見えない
蒸し暑く いやな天気になってきた
今日の雲は チョコレートをグチャに塗った パン

出荷用意 みちくさにとって 年最大のイベントがある
6/21~6/22 県北山草展
サシキは ブルーベリー ミツバシモツケ クガイソウ 斑ウツギ

1_20140617221159d67.jpg
26.6.17 マツモトセンノウ
名前の由来は 諸説あるらしいが 霧の中なのか

2_20140617221159a63.jpg
茎が弱く 扱いにくい
ヒョロヒョロと伸びるし 僕の好きな部類ではない
でも これが人気 なぜかどこでもよく売れる

3_2014061722115874c.jpg
26.6.17 苗  ああ また不機嫌
買えば送付中に傷むし なにより高くつく
自分で 作らねば
マツモトセンノウは 種も採種しやすいし 自分でも比較的 簡単に作れる
上2枚の画像は 売れ残りの株分けと 種から育てた株

ご覧のように 斉一な苗ができつつあり 今後は購入しなくてもいいだろう
ただし 開花に2年必要

商売は 売り上げ主義より 収益率主義でないと
そのため 株分け 挿し木 播種はとても重要
挿し木も発根率の悪い物は 今年からホルモン剤を 使用している

自分の所にしかないものは 自分で価格設定ができる
花に限らず すべての製品で言えること

新品種までは困難だけれど
良い姿の物を 安く作るのは 原則でなく鉄則

富原駅

16日の当地は 晴れ 蒸し暑い
ハケで ハチミツクリームを 塗りたくったような雲がある
朝 刑部方面へ行く時は 涼しかったのに

おおさサツキ・山野草会での 即売品を受け取りに行く
サシキは 斑コマユミ トキワガマズミ
近くで上棟式があり 餅拾いに行く

1_20140616221113aa0.jpg
26.6.16 JR富原駅

2_201406162211122e4.jpg
旧勝山町 現真庭市ある
新見市大佐へ 引き取りに行く途中にある
写した訳は 特にない 何を思ったか

3_201406162211124f5.jpg
姫新線 姫路と岡山県新見市をむすぶ キシンセン
今の時代 当然ローカルに 直通はない
ここらあたりを 乗って通ったのは 昭和40年代が 最後の気がする
ただし 今年の11月頃 乗ることになると思う
千と千尋の・・・ 雰囲気か

引き取りに行き いろいろと現状の話になる
高齢化した
新規会員が入らない・・・
どこの会とも 似たり寄ったりの 現状がある

洋ランを作っている人を 知っている
その人も 売り上げが減ったと 悩んでいる
そこで
洋ランと 山野草のコラボはどうですか と
真顔でウーンと 考えている様子 何でもやらなければ 前に向けない時代

おおさ山野草会の皆様 お買い上げいただいた皆様
ありがとうございました

残念

15日の当地は 晴れ 淡い雲がかかる
夕方から イワシが押し寄せるような 黒雲
暑い

5時から水やり 帰ってサッカーを見る
草取り かたづけ 法面草刈り

1_2014061521383023a.jpg
26.6.15 姫カンゾウ
ほぼ放任で 毎年きれいに咲いてくれる

2_20140615213829038.jpg
26.6.15 ウツボグサ
そのあたりに生えている 野草でも 小鉢で締めて作ると 見栄えが上がる
こんなのを見て どこにでもある物を 売るのか と言う人がいる

いえいえ そうじゃあないんです
そのあたりで掘ってきて 小鉢を用意し 水肥料をやり 1~2年でできます
あなた そうしますか
それとも コーヒー1杯程度で買い すぐ観賞しますか
それより 作りもせず 買いもしないんでしょう

自分たちのサッカーが できなかった
実力差が めっぽうない場合 勝ったほうが自分たちの ゲームをしたんです
負けたほうは できなかったと言うか させてもらえなかった と言うこと

日本が負けたのは 非常に残念だった
何が原因か 僕には分からないけれど 切り替えて 残りを頑張って欲しい
我々も確かに残念です
でも 本当に残念なのは やっている本人達だから

その訳

14日の当地は 晴れ 時々 くもり
夕方は ぬらりひょんのような 黒雲が来る
蒸し暑かった
こんな日に ベトぬるの ウインナーコーヒーを 飲む気にはならない

田に除草剤
今日のサシキは チョウジュバイのみ
かたづけ
法面草刈り

1_20140614215407aa1.jpg
26.6.14 ユキノシタ

2_20140614215407320.jpg
26.6.14 イソサンショ
みちくさに 1鉢のみ駄温鉢にある 初めて花を見た
花のみ見ると 何となくサキシフラガを 大きくしたような

3_201406142154063a8.jpg
26.6.14 コウライネム
上品でヒラヒラした葉と 淡いカクテルのような花
ちょっと寒さに弱いけれど 室内なら 十分越冬する

昔 本当にあった話
某課の ある程度の地位の人 Aさん
上司の○○さんに よく怒っておられるけれど なぜ怒っておられるのか 分からない
と 怖い顔で直接言った
後で その上司 Aさんは恐ろしい人だ とみんなに

誰かどうか知らないけれど
よくある話
あいつ 何怒っている
人間 一貫性が大事

分かっている けど

13日の当地は 晴れ ちょっと雲が出る
すごしやすい 1日だった
まあまあの 甘い果実

即売品の用意
2人で 大佐まで 販売品を運ぶ
帰ってサシキ マンリョウ チョウジュバイ サッコフジ

1_20140613222339eec.jpg
26.6.13 ホオノキ
おおさ皐月・山野草会は 草より木に ちょっと力点がある
だから 今回は サツキ40 雑木類40 草物20 程度の展示になっている
ホオノキの シルエットは大好物 涼しくさわやかな 高原のお嬢さんを感じる

2_20140613222338181.jpg
26.6.13 サツキ
この地区では ちょうど満開
数ある中で 一番状態の良好な物を 展示するのは どこの会の誰でも同じ

3_201406132223388e4.jpg
26.6.13 説明の要なし
会場の 阿哲商工会議所大佐支部の 正面で

家族が 無事帰宅したことか
おかえりと 言われ 嬉しいのか どちらでも同じ事
ありがとう おかえり すまんなぁ
どれも言われると 嬉しい
でも ちゃんと言えるか それが問題

12日の当地は だいたい 晴れ
ただし 2時過ぎ 爆風スランプが来る
雨で前は見えないし 台風並みの風で グチャグチャ
その時以外は ひょっこりひょうたん島のような 雲
いやいや すごい日だった
夕方は 寒い感じ

14~15日の おおさ皐月・山野草展の 即売準備
サシキは ミツデイワガサ ショウコウウツギ 吉野ツツジ 赤ミツマタ・・・

1_20140612224623701.jpg
26.6.12 販売品
季節がら 端境期で花は少ない
皐月展なので 木のものを ちょっと多めに
美男カズラ キンロバイ ホオノキ カクレミノ ツルウメモドキ ホソバイヌビワ カイノキ・・・

2_2014061222462375a.jpg
26.6.12 ヒョウタンボク
鮮やかな黄緑に オレンジのヒョウタンは 魅力的
酒は入っていないけど 毒があるのか 食用禁止

ひどい雨だった
平成の初め頃 奈良県南部の キャンプ場に行く時に
数年前に 福井に向かう 北陸道で
記憶にある範囲では これが自分の経験した 三大降雨

温暖化のせいかどうか
最近 異常な気象が多い
夏も涼しければ 人間には 快適だけれど
野菜や米 いろいろな動植物に 影響が出る

環境の変化か乱獲か ウナギも サイテス規制の対象になる
さあ 食べるのをやめるか 完全養殖をするか
バクバク食べる時代じゃあない と言うことを 反省しなければならないのか

約600

11日の当地は くもり で・・・
時々雨だけれど ジョッキを一気にぶちまけたり
時には 耳かきで 振りまくような
ミルクチョコレートと シナモンのような天気

一から盆栽に行く 帰りに某所で昼ご飯
訳あって この店には もう行かないような・・・
某所 ~ 買い物 ~ 某所
相方は 山野草会の研修旅行で 関西方面へ

本来業務は 今日はほとんどできず
この週末の サツキ展での 販売品用意
ミツデイワガサ ベニチョウジ ショウキウツギの穂作り

1_20140611223632750.jpg
26.6.11 ローリーポップと
黄色は何にしようか 甘ったるいドーナツ と付けるか

2_201406112236320d7.jpg
26.6.11 コハウチワカエデ だろう
今年 初めて実が着いた
秋には 当然種蒔きする
蒔かぬタネは生えぬ ささぬ穂木は発根しない

先日 某○○へ駄文を提出する
本日 丁重なお礼のメールが 届いた
すばらしい内容 と

このブログほど バカなことは 書けない
しかし 堅すぎてもおもしろくない
適当に調子をくずし 駄文を書いた
当然すばらしくはないが 自分の全能力の範囲です
わざわざ メールをありがとうございました
約600字

衣服

10日の当地は くもり 風もなく 蒸し暑い
例年も こんなもんか

田に除草剤
後はサシキ 紅花エゴ タチマユミ 白花屋久島ヤブコウジ あといろいろ

1_201406102201575c1.jpg
26.6.10 池の周りの 花菖蒲
10年以上 植えっぱなしで咲いてくれる

2_20140610220156d35.jpg
絞り咲き

アナウンサーがインタビューするとき 相手の服のことは 言わないそうな
インタビュー中に 話題に困った時 使うためらしい
今の爺さんが それ
しかし 服の代わりが ないなぁ
ちょっと用事ができ 外出をします
たいしたことはない 15分程度で 帰って来る
今日は 飲んでない

記事なし

9日の当地は くもったり 晴れたり
蒸し暑い 風もない 風小僧来ない
アボガドが 飛び回るような日

夕方 ちょっと草刈り
昼過ぎ 地区の仕事
あと ひたすらサシキ
オオツリバナ 斑イワガラミ フウチソウ 斑ムラサキシキブ 斑リョウブ・・・

1_2014060920551703b.jpg
26.6.9 なぜか縦の野バラ
この前した 野バラ系10数種のサシキ

2_20140609205517c80.jpg
26.6.9 クサハナビ
単価は低いけど 重宝する品種
かなり派手で 購入していただくのは 山野草の人でないかも

3_2014060920551638c.jpg
26.6.9 また縦 赤花イワガラミ
これは ちょっとした貴重品

新聞 ラジオ・・・ネタを探しているが 今日は何も思いつかず
仕方なく
ちょっと前 ロストシンボルを読んだ
まっ 小説なので 矛盾や偶然 とばしたカ所と あるにはあるが
どうしても理解できない おかしい 矛盾点があった
再度 熟読する気もなく そのままになっているが 後味が悪い
また 後日お話しするとして

今 ジャングリシャム「法律事務所」下巻を 読んでいる
これから佳境に入るところ 
残念ながら 一気に読めない

仕事 ブログ 睡眠 その他で

月と大鵬

8日の当地は 午後 強い雨が一時降る
それ以外は くもり
熟れすぎたマンゴーから 雨後は 青いリンゴの天気

作業をしているカ所の ビニールと寒冷紗の張り替え
後は ひたすらサシキ関連
したのは 緋ネム サラサウツギ キンシナンテン 極姫八重ノイバラ 極姫アセビ 琉球アセビ
後は 明日に備え 穂木作り
収益率アップのため 自分で増殖でき かつ需要の多い物を重点に

1_201406082055395b4.jpg
26.6.8 青リンゴのよう

確か 絶対に読んだことがあるはず
しかし 内容は 一言一句覚えていない
読めば 部分的に 思い出すカ所があるかも
ラジオで聞いた
足元に落ちた 硬貨を探していて ふっと 頭上のお月様に 気がついた
サマセット・モーム「月と6ペンス」

捜し物は 見つからないのですか
ふっと 力を抜いたとき 見つかるものなのですよ
何か こんな意味の歌があったな

裏山で遊ぶ小鳥には
千里を飛ぶ 大鵬の気持ちは 分かりますまい
諸葛孔明が 言ったと 本にあった

僕? もちろん小鳥で 小銭を探している

この苦労を

7日の当地は 雨
昼前から 強く弱く 気ままにほぼ終日降る
しばらく お休みください
座布団とお茶は 自分でご用意を

出荷 ~ 買い物
野バラ系とウツギ それにヤクシマカカラのサシキ
今までは無処理だったけど 今年から 発根剤を使うことにした
ある人が来て 大事な話をする

1_20140607201953ef4.jpg
26.6.7 イノシシ親の足跡
この畑は 近所の若い人が作っていたが 今年は何も作らないらしい

2_20140607201952408.jpg
26.6.7 田んぼを囲む
昨年は7月中旬に張ったらしいが 今年は 数日前に設置
既に シカかイノシシが 中を横断しているらしい

3_2014060720195133e.jpg
26.6.7 野菜を守る

この3枚は 道端などでなく 夜は誰も通らない場所だけど
県道端でも シカが出て来る
何も このあたりに限った話では無い 全国で問題になっている
画像のカ所は 全部自家用だけれど 米や野菜で食っている人にとっては 死活問題になる

都会の消費者の皆さん 生産地の苦労が 分かりますか
サイズが揃い 虫くいが無く 汚れもきれいに落とされて ラッピングされている
今や 防護柵がないと 米も野菜も収穫できない 場所が増えている

いやいや もっと大きな問題は それさえ作る人がいなくなっていること かな

回文

6日の当地は 曇ったり 時々 雨が来たり
梅雨ならまかせとけ のような天気
ゴジラグモが 押し寄せる

それでも仕事をした
地区の用事を少し
植え替えは ナツハゼ クロモジ カクレミノ
秋の展示用に ナツハゼとヤクシマヤブコウジの 平鉢を作る
かたづけなど
相方は いろいろサシキをしていた

1_201406062039212a7.jpg
26.6.6 トマト
キューイもバナナチップスもある
考えて見れば トマトのドライがあっても 少しもおかしくなかった
62年間 何も考えなかった
トマトドライがあるか と
初めて食べたけど けっこう美味い
乾かすと 甘くなるのか

2_20140606203921e20.jpg
26.6.6 ローリポップ
スカシユリの中で 人気ナンバー1だそうな
確か 去年かその前購入 植えっぱなしにしていたのに 本日開花に気づく
確かに ポップな感じですねぇ
なぜか ニックボックウィンクルを 思い出す

3文字でも 回文か
トマト 近畿 開花 最も簡単な回文 ですねぇ

モモ

5日の当地は くもり
黒トカゲと毒蜘蛛が 押し寄せるような 雲だけど
快適
昨夜の雨も上がり ちょうどの空気
快適 LOTOに当たるほど信じられない

いろいろあったなぁ
某所 ~ 買い物
播種は アネモネ・フルゲンス
サシキは 黄実ズミ 吉野ツツジ
植え替えは 斑ツリバナ 黄金ヒトリシズカ 斑マイズルソウ 芽生えたばかりのモミジ クロモジ ヤマハゼ
田に除草剤

1_20140605223002d47.jpg
24.6.5 ヤマブドウ
今年も 実が太りつつある

しっとりて サシキの季節になった
する物は いっぱいある サシ床をどこに置くか
昨年のサシキ苗が まだ植え替えしてない物が ある
いつするか どこに置くか
暇と場所と金とロマンスがない
あるのは 夢と希望だけ

ところで 温室モモ
当然 僕の目にも口にも 入らないけれど
経費がかかり 今は生産農家が 少ないとのこと

岡山県で 何件あるでしょう
何と 生産農家は1件のみで それも勝央町の人らしい
ラジオで 半月程度前に聞いた 話

山と海

4日の当地は くもり 後 雨
待望の雨が 来た
鉢がよく乾いている あと何時間で降るか
やるか どうしよう 無駄になれば もったいない
で 自然まかせにした
黒糖ハチミツのような 甘い雲

田に除草剤
かたづけ 
カッパを着て ポット洗い

1_20140604215021889.jpg
26.6.4 グラスの中の山野草
野の花 山の花には 雨がよく似合う

2_20140604215020999.jpg
けど 2日も降れば 飽きてくるだろう
数日の夏日のせいか 葉が少し傷んでいるものがある
一旦傷めば その部分は回復しない

21日からの 県北山野草展に向け 展示作品の構想を練らねば

僕は 山で待っていた
彼は 海で僕を待っていた

お互い ちょっとの不信感を持ちながら 日が過ぎていた・・・
今日話をしよう 場所はどこでもかまわない と提案した
それじゃあ行くとのことなので これから仕事に行くので 昼一にするか と

僕は 花屋で待っていた
彼は 実家に2回来てくれたらしい
めでたく 誤解は解決した 話と言っても ややこしい話では無いのだけれど

お互い 確認は大事です

裏表

3日の当地は くもり
だけど 地獄から悪魔が来たような 風が吹く
ここは タクラマカンかゴビか
水分を どんどん奪って行く
まっ 午後からは 落ち着いたけど
焦げたパンが 炭化したような雲

田に除草剤
いろいろかたづけ
モミジの 葉むしり で終わり

1_2014060322173945b.jpg
25.6.2 備南皐月・山野草展で
屋久島ヤブコウジと アジュガの寄せ植え
なかなか斬新な 組み合わせ
ちょっと 見とれてしまった

サッカー コスタリカ
今朝テレビ中継があった 見ようかな と一瞬頭をよぎったが 仕事を優先した

世界が ブラジルの話で湧いているが
昨日の 朝刊 また書いてあった
「地球の裏側で」 日系人が多かろうに 何でこう書く
いやいや 日系人の多少に関わらず 相手国が裏側 とは
南米の新聞は 日本の事を どう書いているんだろう

BとA最後

2日の当地は 晴れ 夕方から 雲が増えてくる
地獄も3日目 今日は特にひどかった
昨日までは 乾いた鉢に ジョウロでやっていたが
今日は 夕方全面散水した
空気も 濁っている

かたづけ
販売残品の整理 そのほか

1_20140602222407e0b.jpg
26.6.2 ナデシコ 七変化
濃く深い藍色 レンズの中を 青い妖精がよぎる

2_20140602222406218.jpg
26.6.2 クサハナビ
草取り 水やり以外はしない と言うほど放任で 毎年咲いてくれる
今年も いらっしゃい の気分

訪問客が すごく多いブログを Bとする
花の店みちくさを Aとする

Bは 履歴を見てお返しに訪問するのだろうか
それだと かなりの時間を要することになる

Bのブログの方で
Aが訪問すれば 相手からもあり
しばらく休めば 相手もそうなり
また訪問すれば 相手もそうする

自分が気になれば 訪問するし
そうでなければ 訪問しなくてもかまわない
何か よく分かりません

謎の女B
僕をAとする
AとBが ある夜会った
ティタティタ ティトルルルー

平岡精二さん 「謎の女B」 最近知りました
かなり魅力的な声 危ない内容 皆さん気をつけましょう

BとA④

1日の当地は 晴れ
トンネルを越えると雪国だった
目が覚めると 夏だった
今年の天気は どうなっている
マーガリンを 薄く塗ったような雲が 覆う

昨日と今日は 地獄の天気
なにせ 乾燥注意報と 高温で いくらかの鉢物が サヨナラした

いろいろかたづけ
植え替えは キンシナンテンと マンリョウ福包
粟倉山草展と 津山サツキ展での 販売品を相方と手分けし 取りに行く
両会の皆様 販売依頼をいただき ありがとうございました

岡山から ご夫婦が来店
拙ブログを見たと 来ていただいた人が 3組目です
ありがとうございました

1_201406012217472db.jpg
26.6.1 津山サツキ展

2_201406012217472ab.jpg

3_2014060122174687f.jpg
堂々とした作品が 出品されていた
腰の弱い僕には 一人で持つのが 不可能なような大作

近所の知り合いを Bとする
そして みちくさをAとする
10年ちょい前店を始め その直後にBも開店された
花とは まったく関係のない事業

相方と話しになった
BもAのことも 近所は好奇の目で見ているだろう
つぶれるか 止めるか いくらか繁盛するか

どう思う と聞かれたので
Bも繁盛するよう 心から願っている
そして Aのほうが ちょっと儲かるようになれ と本気で思っている
と 答えた

Bのほうが 儲かっているけど 特に意識はしていない
多分 ねたみ そねみ 嫉妬心を持てば もっと差を広げられるだろう
さあ 頑張るぞ 
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR