来い猪

30日の当地は くもり 時々 晴れ
ちょっと 蒸し暑かった
風もないし 風を切って歩くこともないし・・・
どんな雲だったか よく見ていない
茶碗蒸しほどではないが ふかし芋のような 天気

役場 ~ 買い物 ~ 某所 ~ 郵便局
植え替えは ホオノキ シラキ
播種は 散斑ツリバナ
イベント用意

2_2014093018213555a.jpg
26.9.30 赤ソバ
自家採種品のせいか 発芽率が とんでもなく低い
このポットには 50粒程度は 蒔いただろう
ほとんど 発芽がないのもある

1_20140930183427f23.jpg
26.9.30 罠
田んぼのぬた場に かなり前から仕掛けていた
すぐ近くには 来るが 肝心の所に足を置かない
そこで近くの 山に仕掛け直すことにした

山の持ち主の 了解を得る必要はないけれど ちょっと話した
やってくれ いっぱい取ってくれ と
そう そうは思っているんです けど おこしにならない
みんな 困っている
人間様の口に 入らないものもいっぱいある
今は 栗 これにはシカのほうが 多いらしい

やるぞ 見ておれ 口には出さぬが やってやる
スポンサーサイト

走れ 早く

29日の当地は 晴れ
昨日に続き かなり暑い
タンスの中か カバンの中にでも 隠していたのだろう
熱気が 飛び出して来た

売れ残りのチェック
植え替えは ゼンマイ ナナカマド シデ だったかな
オオマイヅルソウ ヒップローズ ユキザサの播種
かたづけしたり

5_201409292041373f1.jpg
26.9.29 ノコンギク
一輪の開花が 始まった
みちくさの 最重要イベントが この土日にある
ちょっと 開花が始まる 最高の状態になれ

ケニアの デンス・キドメ選手
世界新記録 2:2:57 すごい
東京の優勝タイムが 12分代と記憶しているが どうだったか
それにしても なぜ
靴 食べ物 人間の潜在能力 これらは そんなに変わらないだろう

練習方法が 変わったとしか素人には 思えない
科学的な根拠による 効率的な手法が 開発されたに違いない
それと アフリカ勢と言う理由も あるか

今日の メインメニューは それではない
新聞によれば 世界新記録 とある
そうだったかなぁ
記憶によれば トラックと違い マラソンなどはコースが それぞれ異なるので 「世界記録」と言うんじゃあなかったか
どちらでも意味は通じるし たいした話では無い
それに いつもの事ながら 調べて書いているのではない
灰色の 脳細胞が正常かどうか 分からない どちらがあっているのやら
ねぇ ポワロさん

ベニアシ

1_201409292041407a8.jpg
26.9.19
枯れ葉だらけで 踏んで通るような草

2_20140929204140bf9.jpg
26.9.29 あれ 横向き
紅を帯びてきた

3_20140929204139865.jpg
26.9.19 
枯れ葉を取ってすぐは こんな感じ

4_20140929204138ef8.jpg
26.9.29
10日たつと こうなってくる
さらに 飴色に艶っぽくなる
日向で管理している

全高120㎝ 5800円
ちょっと セレブの世界

無題

28日の当地は 晴れ
暑かった 30度くらいは行っているか
泳げ 焼きたて鯛焼き君の雲

植え替え多種 カクレミノ キハダ ネム 姫ライラック ゼンマイ・・・
勝山に 即売品を受け取りに行く

2_20140928213058dd9.jpg
23.9.28 倉吉 三徳山
用事があっての 帰り道で
足下は 確か10㍍程度あった 何とか堂で
高所恐怖症の僕は 震えながら 決死のポーズでした

写真3_花
サガリバナが マングローブの川を 旅する
夕べの開花から 早朝には 落下するとのこと
この早朝の 河童の いやサガリバナの川流れツアーが人気らしい

写真4_早朝
パペーテの夜明け いや 西表のそれ
何時頃か不明であるが 夜が明ける頃
サガリバナが 流れるのを見に行く
撮影 岡山出身のOさん 西表で某研究に取り組む若者

勝山で 買っていただきました皆様 関係者の皆様 ありがとうございました

ホトトギス

1_20140928213058970.jpg
26.9.28 ホトトギス
ホトトギスの季節になった
葉がやけ込みやすいけれど それさえ気をつければ この時期重宝する
何年か 前の物
画像ではわかりにくいが 左はすばらしい と自画自賛
半日陰で管理

左は 全高31㎝ 2000円
右は 1800円
プラ容器を 陶器に替えて出荷

西表

27日の当地は 晴れ
ちょっと暑い
風もないし 汗ばむような日だった
今日の空には あまり魚が 泳いでなかった

今日・明日の 勝山一草会展示会の 即売品を運ぶ
根洗の掃除

画像はないけれど 質の高い 展示品がたくさんあった
即売も 数業者 会員の余剰苗など たくさんあった

何回も 一緒に飲んだことのある若者が 西表に在住している
このたび あつかましくも 現地の写真をブログに載せたい とのお願いに快く応じていただき 既に何枚か送っていただいた
何回かに分けて 紹介します
これからおおいに飛躍する 好人物です 感謝します

写真1_サガリバナ
サガリバナ
マングローブ林に 夜に咲き 朝に散るとのこと
この花が 川に散り それを見るツアーが 人気とか 
その画像は 後日

写真2_カニ
サガリバナが 大好物のカニ
花が好きなのは 爺さんだけではない
撮影 岡山出身のOさん 西表で某研究に取り組む若者

大葉ツタ

1_20140927201828d07.jpg
26.9.27 オオバツタ
この時期 燃える男の赤い○○○○○
それはそれとして ご覧の色になる
大作りにしての 展示は 注目の的
日当たりで管理している

高さ19㎝ 600円

用意完了

26日の当地は 晴れ 時々 くもり
風があったけれど なぜか ちょい蒸し暑い
きみきみ もう戻らなくて いいからね
妖怪が 出るほどではない

イベント用意

2_20140926182424b69.jpg
26.9.26 枯れ色

3_2014092618242356e.jpg
26.9.26 おませ色
手前 赤いのは テンモクカズラ 
奥は カイノキや ベニアシが見える
明日から28日まで 勝山文化センターで 展示・即売会がある
みちくさの 展示はないけれど 即売品を持って行きます

画像はないけれど 岩シャジン 白岩シャジン コウズウメバチソウ 岩ショウブ ダイモンジソウ 紅花ウメバチソウ ムレチドリ等々 花物も用意してある

今年は 現時点で7カ所のイベントに 参加予定
皆様 よろしくお願いします

屋久島カカラ

1_20140926182424744.jpg
26.9.26 ヤクシマカカラ
調べてはいないけれど サルトリイバラの仲間なのか
小葉でコンパクト 刈り込めばさらに良くなる
手が痛いのが 悪いけれど
日向でいいのだろうが 半日陰で管理している

高さ12㎝ 500円

無題

25日の当地は くもり 時々 晴れ
ちょっと蒸し暑かったのが 時間とともに 快適になる
トトロが出て来そうな 風が吹く

用土の処理
後は イベントに向けての用意
この土日 勝山山野草展に 即売品を出すことになっている
そして 10月第1週 趣味の山野草の会 展示・即売がある
花の店みちくさにとり 最重要のイベント

2_201409252001450de.jpg
26.9.25 暮色ワインカラー
いよいよ 本格的な枯れ葉色
この時期 青々としているのは ヤブコウジ アオキくらいのもの
枯れ葉が目立つのが 山野草本来の姿
枯れ葉が付いたノギクは ちょっとだらしないけれど
それを取り 足がながくなったノギクは セクシー

枯れ葉が嫌い と言う人は 山野草趣味があまりない人
けれど それは 良い悪いの話ではない
趣味が異なるだけ

ブログを通じてのお客さんがみえる
ありがとうございました

クロタマホシクサ

1_201409252001454a5.jpg
26.9.25 黒玉星草
みちくさには 5種類の1年草がある
クロタマホシクサ ポントクタデ チョウマメ タヌキマメ タコノアシ
とあり その内の稼ぎ頭
放任でも こぼれ種から 少しは増えるけれど 商品となればそうもいかない
こんな 労力はいるけれど 元手がかからない種が 大事
植え替え直後以外は 日によくあてている
もっと 豪華にもうすぐなる と言うかさせる

9㎝ポット 1ポット400円  

宝石箱

24日の当地は くもり
雨になるかと思いきや 降らず
夜になって ぴちやぴちゃと言い出した
予報があたり 蒸し暑い日だった
雲は 焼きナスのようにどんより 焼きナスはうまい

ちょっと植え替え 白花マユミ マンリョウ シナノキ タカネバラ
後は 出荷の用意

1_20140924194904f68.jpg
26.9.24 あるある宝石箱
いつもの風景だけれど 他の山野草店さんに ないものが みちくさにはけっこうある つもり
画像では分からない
アオダモ ホオノキ シラキ 縞トネリコ キブシ マルバノキ カイノキ

2_20140924194903058.jpg
ヤマコウバシ コナラ カクレミノ 南京ハゼ

相方は どちらかと言えば 草物で
僕が退職して 樹物を多くやり出した
どちらも重要で 人がもっていないものを 作らなければならない

今日 iPhoneの話から 付加価値の話になる
画期的な 新商品など そう簡単にできるもんじゃあない
要は 付加価値を高める 必要があると
大きく違わなくても ちょっと人より 高品質なものを

ラベルを付ける ポットをきれいに洗う 枯れ葉を取る 
花屋でも できることは 多くある 
するかしないか だけ

運もある

23日の当地は うすい雲があるも 晴れ
日中は ちょっと暑いけれど フルーツみつ豆の気分
夕方の雲から ギャバンゴガギューンを 連想する

かたづけ
いろいろ 試しに植え替えしたなぁ
ブルーベリー メグスリノキ シデ 西洋カマツカ クヌギ ウメモドキ スオウ アメリカロウバイ ツリバナマユミ まだあったような

2_201409232030595ec.jpg
26.9.23 今日の彩菜茶屋への出荷
岩シャジン コウズウメバチソウ ツリフネソウ 岩ショウブ リンドウ まだあったような

1_20140923203059635.jpg
26.9.23 昨日のセリ品
ケース買いしたもの 全部で13鉢あった
その中で 1番だったのは 石を抱いたカエデ
このカエデは 高さ13㎝
最低は 右の 西洋カマツカ
ヤマコウバシは おもしろい曲が付けてあった

新参者の僕は いつも最後列に座っている
全部で 5~6人がそう
だから 単品など以外は ケース全部を 把握して声を出すわけではない
だいたい数は分かる
だから 可能な限り 早く暗算し 競っていく
良品とそうでない物が ケースには混ざっている
運が良いときと そうでない時もある

いちいち確認は できない
セリ人の声かけから 落札まで 10秒もない時も多い 

気の毒に

22日の県南部は 晴れ
当地も そうだっただろう
日向は暑かったけれど 不思議な風がずっと吹いていた
気分は カリフォルニアの青い空

セリ市に行く
大市だったけれど 草物は少なく 盆栽が大部分だった
それでも 小品1ケース ノコンギク寄せ植え 小鉢を落とす

1_201409221844102fe.jpg
26.9.22 ノギク類
帰りに お世話になっている Fさん宅に寄る
足摺ノギク イワギク 紺菊 あといくつか
画像のノギクや チョウジュバイを譲っていただく ありがとうございました

2_20140922184410077.jpg
26.9.22 スズカケソウ
さすがFさん うまく作ってある
うちのは こうはいかない

朝53号線を 南下する
20キロ弱の間 前を某社のトラックが走り その前を 初心者マークの 軽が走るのにつきあう
軽も けっしてのろのろではなく 普通に走っていた
20キロの間 大部分を トラックがあおって走る

気の毒に
プロドライバーさん いそがしかったのか 性格なのか 分からないけれど
あなた 大変ですね
嬉しい 充実した走りでしたか
もう少し 余裕があれば いいですね

付け加えれば 軽の前にも 切れることはあっても 車は走っていた

亘幸男さん

21日の当地は 晴れ うすい雲が流れる
7月でなく この頃がオリンピックにあっている
新鮮な 回転寿司の気分

終日 棚場の整理をする
今秋 販売するものと そうでない物を 分けかける

2_20140921201222044.jpg
26.9.21 近くの田んぼで
稲こぎの藁クズを 焼いている
ああもったいない 堆肥になり土壌を肥やすのに
最も 最近はイノシシ被害が多く ミミズが増えるので 焼くべきなのか
この田んぼに限らず 焼く人が多い

紙頼みで 食二題
福岡の「あまおう」に対抗し 栃木で開発された「スカイベリー」
試験販売で 1粒700円で 取引されたそうな
で 実際の販売価格は いくら
苺1粒で700円 付加価値が高ければ そうなるにしても
苺に これだけ出せる人が どのくらいいるだろうか

広島市の 亘さんの新聞投稿 実名だった
食品は国産か輸入品か 「安価と安心を同時に求めようとすれば どこかに無理があることを承知すべき」

堆肥原料を焼く スーパー超高級品 食の問題
全部が 関係あるような 
人生観の違い で使い分けるしかない 

ベニアシほか

1_201409212012230a0.jpg
26.9.21 暮色ベニアシ
僕の 一番気に入っている一品
ベニアシ ミソハギがほとんどで リンドウが数本入っている
これより高価なものも 多くあるけれど なぜかこれが一番
売れろ 売れるな
このバランス感覚 自分で言うのも何ですが いいでしょう
日向で管理している

全高75㎝ 5000円

75%程度

20日の当地は くもり 後 晴れ
雲もさわやか イワシかアジか 泳いでいる
風は 地中海風味
朝晩は かなりのもの
タオルケットから 毛布に替えて2日目

用土処理
あと かたづけ
田の草刈り などで終わる

1_201409202011100a6.jpg
26.9.20 暮色雑草
花は少なく この季節野草本来のアースカラー
ボッーと見ていると 体ごと染まっていく感じ

2_20140920201110333.jpg
26.9.20 八重ハクチョウゲ
ホワイトバランスが 取れていないので 見づらいけれど
これ 結構値が張ります

1升瓶が15日程度で 空いている
最近 このペースでは ちょっとグラッとする
この程度では 強い弱いの話ではないかも けれど
ちょっと飲み過ぎのような 雰囲気

関節と頭は弱いけれど 内臓は 特に問題はないはず
基本的に アルコールに弱いのだろう
松本ちえこは 65%の人が好きだろうけれど だったかな 
僕は 75%程度に してみるか

樹木へ

19日の当地は 晴れ 薄曇り
穏やかで やさしい マンゴーのような1日
流れる雲に 季節を感じる こんな百恵ちゃんの歌があった

田の草刈り
植え替えは 少量多品種 ツルウメモドキ リョウブ ハルニレ ヤブコウジ ツリバナマユミ ヤマブドウ スオウ・・・ 

2_201409191814234ba.jpg
26.9.19 草刈り途中
何度も書いたけれど 草刈りをするためにある 田んぼ
稲も野菜も 作る余裕はない
いわゆる 孫子の代までも 草刈りか
それももったいないので 今後 ローメンテで栽培できる 樹木の切り花を植える事にする
草刈りは必要だけれど 植木のためにやるのなら 希望がある
切り花のみでなく 見て楽しむものも植えたい

もう1枚には すでにあれこれ植えてある
列挙すれば
ペカン 西洋カマツカ トチノキ 姫ライラック ウツギ類 シラキ ヤマブドウ モミジ2種 トキワガマズミ ミズキ類 ナンテン類 パイナップルリリー などなど

クコ

1_20140919180242c00.jpg
26.9.19 クコ
この前の セリ市でゲット
このクコ
年2回開花する 春の花には実がならないけれど 秋の花には結実する
オレンジの きれいな実が栄える

それから 注意
夏前に 落葉することがあるけれど 枯れた訳では無い
理由は知らないが 水やりをしていると また発芽してくる
どうも 落葉した個体のほうが 実付きが良いような・・・不明

今年のセリで 2回目の出展だった
競争相手が多く 価格も高い
1回目は 脱落だった
今回も 2口のうち 1口のみゲットできた

高さ14㎝ 3500円前後か 

キンズ

1_20140918202644205.jpg
26.9.18 キンズ
柑橘の仲間
1年生程度の苗を 根上曲付けしてある
針金ははずしたけれど ここまでするには 大変だっただろう
冬期は ちょっと保護が必要
今は 半日陰に置いてある

1ポット 200円

よし やった

17日の当地は 晴れ
この時期らしく 朝晩は涼しく 昼は結構暑い
それでも さわやかになった
夕焼けは ケニーワインカラー
これ 分かりますか
変な意味ではないし 分からない と言っても頭が悪い訳では無い
この分野に 興味を持っていなければ 分からないだけ

2_20140917201225c7f.jpg
26.9.17 ルリヤナギ
この前の セリで取った どうにもならない物
増し土したので きれいに見えるが 根もかなり露出していた
センスない プラポット
だらしなく伸びている 枝

ここは花屋なんだから また入荷するだろう
どうしても欲しいので 分けて と売れてしまった
それ以来 探しても なかなか入手できなかった

たまたまあったものを 捨てるよりは とセリに出品したのだろう
そして 僕が 安く落とした
とても このまま売れる物ではないし 売る気もない
来春 挿し木親にするつもりでゲット
おまけに 実もいくつかなっている
こんな 思わぬ物を 拾える時もある

すぐ後ろは キンズの根上曲つけ
向は チョウマメ

松ぼっくり

1_20140917201225454.jpg
26.9.17 徳島産のクロマツ
ポット植えしてあったのを 塗り鉢に植え替えた
クロマツは 珍しいものではないし これは樹姿を 整えてあるわけでもない
ちょっと 珍しい からと売れる物
肥料を少なめに管理すれば 3年程度は この姿近くで維持できる
活着を確認し ギンギラギンの場所で 管理する

入手困難なため やや高めの950円を 現時点で想定

さあ 来て

16日の当地は 晴れ
今日は 暑かった よほど温度が 余っていたのだろう
これでもか と言うほど ウルトラレーザービームが 飛んで来る

植え替えは ミニキューイ キンロバイ
田の草刈り
彩菜茶屋へ出荷 ~ 買い物 ~ JA

2_20140916203357513.jpg
26.9.16 午後の枯れ葉色
もうすぐ 少ないなりにもハイシーズンになる
セリで取ったもの 仕入れ品 自分で作ったもの
仕分けし 販売の準備がある

来い来い 来い来い来い みんな出て来い来い来い
妖精も 美女も 座敷童も 福の神も コロボックルも 化け猫以外の猫も

岩シャジン

1_20140916203358c85.jpg
26.9.16 岩シャジン
秋の山草の王様的存在
かなりの株を 仕入れることができた
残念ながら 当地では どうしても開花株にはできない
枯れることはあまりないが 花が上がって来ない
ほとんど日陰で 管理している

高さ30㎝程度 価格1000円が基本

海を越えて

15日の高松は 晴れ
日陰は それほどでもなかったけれど 暑い
さすが 岡山より 赤道に近い

セリ市に行く
水やりは 子供に頼んだ

1_20140915200233689.jpg
26.9.15 ウメと鉢

2_20140915200233b6c.jpg
右が キンズの根上と 縞ツルボ
中が 八重のハクチョウゲ
左が 根上モミジ

他に チョウマメ クコ ルリヤナギ 

海を越えて ららら星の彼方
行くぞ アトム ジェットの限り
空を越えて ららら星の彼方
行くぞ アトム ジェットの限り

ジェットでは星を越えられない
アトムは ジェットでなく ロケットエンジンでなければ 理屈に合わない

今日の市もいろいろ
安く買えて 喜んだり
これだけするか 仕方ない と勢いで飛んで見たり
ジェットもロケットも ゴチャゴチャ
ちょっと いい人と 知り合いになれた

ウフッ

14日の当地は 晴れ
暑かったけれど 結構さわやか
雲が カプリ島の沖でゆっくり泳ぐ

ノギクのサシキ
用土の処理

朝 背中でテレビを見る
沖縄の黒豚だったか 世界一美味いと
子豚は 30度以下で風邪をひくので 夏の沖縄でも ストーブが必要らしい
その時の 飼育している人の 話

人間なら 衣服で調整できるけれど 基本的にブタは それができないので
うーん これを聞き流しても どうって事はないが
悪気で言ったのでもないし ウケを狙ったのでもないだろう

言葉尻をどうこう言う気は 一切無し
思わず言っただろう この言葉に 
声は出さなかったけれど 良質の笑いがでた

ムレチドリ

1_2014091422131240d.jpg
26.9.14 ムレチドリ
属名は分からないが れっきとしたラン科植物
この時期 見てのとおりの けっこう派手な花が咲く
ちょっと暑がりだし ちょっと寒がり
冷暖房までは いらない
凍結させなければ 枯れることはないが 花が上がるかどうかは 保証できない
まあ 豊かな気分になれれば
70%程度の 日陰で管理している

高さ15㎝程度 1ポットが 高めの1000円程度

13日の当地は 晴れ
久しぶりに イルカが飛び出すような天気
大人の雲が たなびく
やっと 青いリンゴの風が吹く この時期のさわやかな天気

菊咲きイチゲの植え替え
畑に除草剤散布
鉢のかたづけ
ソバの種蒔き

1_201409132019458d7.jpg
26.9.13 菊咲きイチゲ
アネモネ・ブランダと似たような ミヤコワスレと似たような
過去の写真を 探したが 見つからなかった

駒帰 駒草 藁にまみれてよ育てた栗毛 
地名 高山植物 三橋三智也 の順だけれど これは特に関係なし

コマクサを ほんの少量仕入れたが 案の定うまくは咲かなかった
コマクサ イワナシ チングルマなど 育てにくい種の代名詞のようだが
知り合いの方によれば
昨年 コマクサの種子を買い 今年少しの開花があったとか
今年が ちょっと涼しかったので そのせいかな と言うことでしたが 岡山で種子からコマクサ開花とは ちょっと驚き
今日は ありがとうございました

以前 東京で昼ご飯の時 たまたま隣の人が 根室から上京中とのことで
オオバナノエンレイソウが 畑の雑草で 抜いてしまう・・・と
やはりシロクマは北極で タロイモは熱帯で と納得する 

どうしよう

12日の当地は 晴れ 後 くもり
風はない 相変わらず 暇と金もない
希望は はち切れるほど ある
脂肪分たっぷりの クリームパンのような雲

いろいろしたぞ
出荷 ~ 買い物
鉢のかたづけ
植え替えは バイモ ツワブキ
でも これだけ

毎日だと 話題に尽きる
多くの日 ONするまでに 内容は決まっていない
無理にでも 穴埋めしていたけれど 今日はまだない
どんな終了に なるか
チャップリン 「街の灯り」ほど 劇的には絶対にならない
1_20140912202422303.jpg
26.9.12 梅
見にくいけれど 手前2本は ウメ
皆さん 樹姿は別にして どちらの樹がいいと思います
当然 左 葉がしゃきっとしているし 元気そう
僕も そう思っていた

ところが 右の樹のほうが 良いそうです
この時期 ウメの葉が こうなっていると 花芽を持っている証拠だと
現物を見た プロの方の話です

この樹何の木 じゃない いつ売れるか
もし売れたら 買っていただいた人に 開花状況を聞いてみるつもり
売れずに 自分で 確認できるか
結局 このラスト
あぁ お粗末

キッスは目にして

11日の当地は 晴れ
底抜け とまでは行かないが さわやか
暑いけれど 気持ちはまあまあ
やっと 青いガラスのリンゴ

セツブンソウの植え替え
展示会用の鉢に コケ張り
かたづけしたり

2_201409112023163bb.jpg
26.9.11 午後のみちくさ
やっと 大人の秋色づいてきた
言う人に言わせれば 枯れ葉が主役になりつつある 本来の山野草の時期
左から 西洋ニンジンボク サッコウフジ ベニアシ コハウチワカエデ
瓶のすぐ右下は コナラのコケ玉
クロタマホシクサが入れてあり もうすぐ咲くだろう

以前から 思っていた
メインボーカルより バックコーラスのほうが セクシーな声に聞こえる
ビーナスの 「キッスは目にして」 のバック
あの うふっとも ウフッともとれる声 かわいいの一言

今日 森進一の 「あなたのブルース」 を聞く
何度も 聞いていたはずなのに
カエルとお化けを 合わせたような
ウワァァーとも ウワァーともとれる声
すごく 気になります

歌に限らないが
縁の下の力持ちも すばらしい
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

4/8~4/9
◎山野草趣味の会
真庭市 元「たちばな保育園」

おおさ山野草展
新見市大佐

4/15~4/16
津山山野草会
津山文化センター

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR