肥料①

31日の当地は 晴れ のち くもり
しかし 暑い
一気に生育が 早まっていく 相対性理論のように
ドロップスの雲が 泥色になっていく

キクの植え替え
ヘゴに ミヤマムギランをくくりつける

1_20150331223316d72.jpg
27.3.31 今日の出荷
向こう3鉢は アネモネ・ブランダ
手前は 菊咲きイチゲと姫リュウキンカ 一番手前は レンプクソウ

2_20150331223317386.jpg
27.3.31 クリロー
咲いてはいるのだが 見るだけ

4_20150331223321376.jpg
27.3.31 アネモネ・ブランダ

さて 肥料
山野草には 肥料は必要ない
サボテンには 水をやらなくてもよい
よく言うけれど こんな事は無い
山野草にも 肥料は絶対に必要 ただし 園芸植物のように多くはいらないが

知り合いの人がよく言っていた
○○君 風呂に入って死ぬ者はいるけれど
入らずに 死んだ と言う話は聞いたことがないぞ
この人 好きで 飲むと風呂に入らず 寝てしまうことが多かったらしい

山野草の肥料も同じ
多すぎるより 少なすぎる方が 安心できる
どの程度必要か 不明な物には 少量から様子を見ること

ちなみに 爺さんはやらないほう
相方は 多めが好きなほう
ちょっと 何回か 書いてみようと思います
スポンサーサイト

何とうまい

30日の当地は 快晴
何日 この好天が続くのだろう こんなのも珍しい
限りなく透明に近いカーテンのような 空
ココア あんこ ココア のような日

キク 斑テンナンショウ 姫ショウジョウバカマ ほかいっぱい植え替え
どんなキクがあったか 濃コンギク アワコガネギク ノジギク 中国女王菊 那賀川ノギク 高齢ノコンギク 屋久島ノギク キヨスミギク まだあった

1_201503302243013f2.jpg
27.3.30 品種を メモしてくるのを忘れた
我が家のロックガーデンで

2_20150330224303718.jpg
27.3.30 姫リュウキンカ

3_20150330224305f60.jpg
27.3.30 姫エゾムラサキツツジ

11月の イノシシよりうまかった
12月の イノシシとは同程度
3月の イノシシより 断然うまかった
昨日 狩ったという シカのこと

シカは これまで10回程度は 食べていると思う
最後は 3年前の2月 四万十町の民宿「はこば」で トマトソース煮を
これまでは そんなにおいしい とは思わなかったけれど

イノシシは 秋から冬に シカは 草の新芽がでる頃が 最もおいしい と言う
野生なので 季節 性別 年齢によるのだろうが 今日のは クセもなく ほとんど牛肉
とにかく おいしかった

1ヶ月前に 燻製をいただいた
塩漬けにしているので 近いうちに燻製を作る
Fさん ありがとうございました

シカを

29日の当地は ほぼ快晴
ココアな気持ち 栗饅頭の気分
雲 どうだったか
上を見る 余裕が無かった

ノギク類 シラン・・・植え替え
ミヤマムギランを 一部箱から屋外へ
キクは サシキをするよりも 冬至芽を使用する方が 能率が上がる

1_2015032922350747a.jpg
27.3.29 アネモネ・ブランダ
明日 彩菜茶屋へ出荷予定

2_20150329223509a51.jpg
27.3.29 ニリンソウ
これも

3_2015032922351098b.jpg
27.3.29 フジ桜の 湖上の舞 か

4_201503292235120af.jpg
27.3.29 吉野ツツジが 咲き出した

イノシシを捕ったとき 止め差しをしてもらった人が 夜みえる
何事だろう
シカを今日取った この前 燻製をすると 言うとったろう これでやってみたら と

シカは イノシシと異なり 新芽を食べる頃がおいしくなるらしい
いただいたのは なるほど 油が回りかけている
燻製用 焼き肉用 
そして おいしかった方のため 冷凍にと3分割
ありがとうございました

夕日

28日の当地は 快晴
暑かった 春なんてもんじゃあない
雲も焼きカステラ 空は青いリンゴ 風はシュークリーム

ユキモチソウの植え付け 相方も あれこれ植えていた
いつものお客さんみえる ありがとうございました

1_20150328222207f7d.jpg
27.3.28 ユキモチソウ
遅くなりすぎた 芽は出るが 真っ直ぐ鉢の中心に来るかどうか 宝くじ3等

3_201503282222106c5.jpg
27.3.28 アネモネ・ブランダ
うーん 今日も 世界で最もきれい

4_20150328222211106.jpg
27.3.28 今日の様子 主として増殖用ハウス
何色 恥じらい色になって来た

5_20150328222214b47.jpg
27.3.28 八重イチゲ
「雪の精」と言う 個体名を持っている
増殖用に 30㎝鉢に植え替えた

おじいちゃん もう帰ろう
まてまて お日様が 山に隠れたら帰るぞ

誰でも 子供の頃の小さな断片が 記憶にある
秋 田んぼで農作業をする祖父との 会話を今でも覚えている
早く帰りたくて
帰っても 今と違い テレビもない時代だったけれど

今は 日が短い
もう日が沈むのか 
あれも植え替えたい 明日の用意もしておきたい もう帰らなければならないのか
1日が E=mc二乗のようなスピードで 終わってしまう

Sさん 今日は移動物置 ありがとうございました 助かります

助かります

27日の当地は 快晴
言うこと無し ムーミンが今日は の感じ
けれど 暑すぎる
花芽が 早く 不自然になってこないか心配
葉は ハイトップギア

岩チドリ 亀甲ヤブレガサ ほかいろいろ植え替え

5_20150327215240dd5.jpg
27.3.27 アルバートハモンド カリフォルニアの青い空 だったかなぁ
今日の昼頃

1_20150327215234743.jpg
27.3.27 チオノドクサ・ギガンティア のような
ギガンティアと ハリイヌナズナの寄せ植え 3日間くらいは見つめる気分

2_20150327215236fa3.jpg
27.3.27 アネモネ・ブランダ
もうすぐ 鉢いっぱいに 開花するはず

4_20150327215239820.jpg
27.3.27 法面の アネモネ・ブランダ
一人で行くはずはないのだが

3_20150327215237bd1.jpg
27.3.27 ダブルのクリロー
ちょっと前は この程度なら5000円はした
今は 1500円でも厳しい 知り合いも嘆いていました

シュークリームを食べた 何年ぶりとは言わないが かなり昔から食べていない
しかも 近所の高級店のもの おいしかった

以前から欲しかった 移動式物置が 明日やって来る
事情で処分することになったらしい
どう処分しようか と それならあそこが必要かも 
と 声かけいただいた

学校と職場の先輩が 午前みえる
手土産までいただき ありがとうございました 助かります 

妖精達が

26日の当地は 快晴
雲はあったのか 風はどうだ
若葉の見えるベランダで お茶ときんつばの気分

サギソウ 岩チドリ コアニチドリ ヒトリシズカの植え付け
役場に行く

1_2015032621560615f.jpg
27.3.26 アネモネ・ブランダ
世界で最もきれいな花 播種から5年程度 か

2_20150326215608a81.jpg
27.3.26 アネモネ・フルゲンス
これも 世界で・・・

3_20150326215610290.jpg
27.3.26 姫エゾムラサキツツジ
これも 世界・・・

4_2015032621561196d.jpg
27.3.26 ギョウジャニンニクも 元気を出しだした

4/11からの展示と販売で 気もそぞろ
画像の羅列で 失礼します

申し訳ありませんでした

25日の当地は 晴れ
寒い 朝は氷がはり 植えたばかりの岩チドリは 霜柱の舟
冷や奴と 冷めた天ぷらと 燗冷ましを ガラガラポン

某2業者さん ~ 銀行 ~ 某所
サギソウ 岩チドリ コアニチドリ ウチョウラン植え付け

1_20150325214610ff6.jpg
27.3.25 サギソウ
圧倒的にポット数が多いが ちょっとだけ鉢にも植えてみた
6月の 山野草展用に 芸術的な1鉢を 作る予定

2_20150325214612b1b.jpg
27.3.25 ヨシノツツジ
ピンクが出て来た もうすぐ花だらけ になるほど咲いてくる
しかし トリプルアクセル 高梨紗良と 霧隠才蔵にはまった画像

ブログを見たので とお客さんがおいでになったらしい
僕はあちこち 相方も用事で外出のため 留守にしていました
せっかく おいでいただいたのに 申し訳ありませんでした 
今度は お手数ですが ご一報お願い致します

しかし 勝央町とまでしか 書いていない
山野草を作っている 変わり者と言えば 分かる人も多い
けれど 「花の店みちくさ」では 近くの人も分からない
よく見つけていただけました
お気をつけて おいでください

まあ・・・

24日の当地は 晴れ
けれど 風強く寒い 朝は雪が踊る
半透明の 豚まんを食べる気分

岩チドリ ウチョウラン 日本サクラソウ 南京小桜の植え替え

1_20150324223024bb3.jpg
27.3.24 岩チドリと ウチョウラン
手前から2トレー目 黄実ズミ
その奥は ブルーベリー
茶色プランターには ハンテンボクをまいている

2_20150324223024781.jpg
27.3.24 イカリソウ・夕映
チョコレート映のような色

体のガクガクは 朝治っていた
けれど あれこれある
全てが 思うように ならないことは分かっているけれど
まあ・・・ 世の中 こんなもんだろう
明日から また頑張る 

無題

23日の当地は 晴れ
気持ちはグー だけれど 風はちょい冷たい
雲は クリームが少し焦げた クリームパンのよう

一生懸命やった
かたづけ
植え替えは 姫カンゾウ 姫ヨメナ 日本サクラソウ ブルーベリー サギソウ 
腰も 背中も うずく
夜 地区の用事で 800枚コピーに行く

1_20150323214517028.jpg
27.3.23 スイセン・ムーンシャドウ
バルボに似ているが 植え付け記録には こうある

2_20150323214520d5d.jpg
27.3.23 ヒアシンス
これは 平成13年に スクーピング増殖し 植えっぱなしのもの
毎年 咲いてくる

3_201503232145228ec.jpg
27.3.23 ご存じ ティタティト

4_20150323214522329.jpg
27.3.23 原種スイセン・バルボコジューム
法面に植えっぱなしの物
もうすぐ タンポポの中で ウォーリーを探せ

5_20150323214524b50.jpg
27.3.23 カリュー
後ろに見えるのは マユミ

疲れた なぜか分からない 体中がギタギンギタ
働けたのは 幸せです
今日は 日記で完了

飲めば酔う

22日の当地は 晴れの 穏やかな日
暑かった
小さな小さな 金平糖が 群れたり離れたりの雲

いろいろ植え替えをした
ヒトリシズカ 黄花コスモス クリンユキフデ ダイコンソウ オケラ 細葉オケラ 土佐ミズキ シラキ

2_201503222223590f4.jpg
27.3.22 出雲コバイモ
何で 縦向きになるんでしょうねぇ
システムに 欠陥があるのか
クリーム 茶 白が混じった花色 これは高さ8㎝

3_20150322222404210.jpg
27.3.22 コシノコバイモ
両者 並べて見れば 少し違う
ちょっと緑っぽい花色 これは高さ15㎝

5_20150322222406415.jpg
27.3.22 屋久島ハルトラノオ

4_2015032222240791a.jpg
27.3.22 アネモネ・ブランダ
今日が 初出荷

6_20150322222408f50.jpg
27.3.22 雨でちょっと傷んだ アネモネ・フルゲンス

20日に お世話になっている方から 大アサリをいただく
21日に 酒蒸しをすることになった
それなら 冷たい日本種が合うだろう とちょっといい物を 家族が買ってくる

ちょっと 多めに飲んだ
気がついたら 11時前 こんなことは 何年ぶりだろう
だから 今日は 定量をたしなんだのみ
けれど だけど 冷たい日本種は ピーナツにも 茶碗蒸しにも バナナにも合う

今日も 力いっぱい 頑張った

座敷童

20日の県南は くもり 帰ると 晴れていた
コンクリ床の 日陰にいたので 肌寒かった
半袖で 足湯につかり 逆立ちしたような日

県南のセリ市に行く
3月なので 草物が出ているかと思いきや マツが多かった
帰り お世話になっている Fさんご兄弟宅に寄る

1_20150320221316673.jpg
27.3.20 チオノドクサ・ピンクジャイアント
なかなか 鉢ではジャイアントにならない
けれど これだけまとまると キレイ
鉢では 開花球サイズの 球根がなかなか取れない

2_20150320221317e4e.jpg
27.3.20 ウメ 玉牡丹
白八重の 豪華な花 ウメは枯らさずうまく作ることができる
ただし 枝振り作りは なかなか

3_20150320221318feb.jpg
27.3.20 クリスマスローズ
空に溶け込んだ 八重ピコティー
現状の株を維持し あまり増殖する気はない
経営的には あまり手を出さない方が いいのでは

座敷童が 来てくれる
飲料水を作場に持って行く ポリタンク 落としてへこんでしまった
相方が持ち 爺さんが力の限り押しても 復元しなかった

穴はあいていないし 仕方ないと 台所に置いていた
次の日 へこんだ後は 筋状に見えるが 復元していた
家族に聞いても 誰もさわっていない
座敷童が直してくれた これ以外の理由は 見当たらない
ありがたい 来てもらって

8兆円

19日の当地は 雨 後 くもりから晴れへ
午後の風の ふわふわ やわらかいこと
ゼリーと若葉を くるんだような風

午前は ボーと
午後は 馬力をかけて植え替え
屋久島マイヅルソウ 五色ドクダミ 柳葉ドウダンツツジ シダレモミジ ツルウメモドキ ウメ タンナゲンカイツツジ

1_20150319203713bde.jpg
27.3.19 相方は出荷に
イワザクラ 右はバイかオウレン

2_20150319203715f37.jpg
27.3.19 ツクシショウジョウバカマ
左にちょっと見える 紫っぽいのは 糸スグリ 遅めのフクジュソウ

3_20150319203716bd6.jpg
27.3.19 何とか売りたい オウバイ

昨日の新聞に 何のこと と言うような記事有り
現在の総農業所得 4.1兆円を 10年後に 8兆円にするげな
ふーん で 誰が何を作れば 所得が倍増するわけ
みんな 高級果物でも作るわけ コシヒカリを作っても 倍にはならないだろう
あっそうか 補助金をたくさんくれるのだろう
高齢化 農業離れ TPP 補助金だろうな 当然

残念です

18日 くもり 後 雨

お世話になっていた方の 告別式が倉敷であり 二人で行ってきた
私どもも 努力はしているつもり
しかし 助けていただける方に 巡り会わなければ 今のみちくさはない

Wさん 本当にありがとうございました
今までの ご恩は決して忘れません
遠くから ご冥福を お祈り致します

どっちでも

17日の当地は 快晴
全国と同じ 初夏の気分
雲はあったような気がするが 灰色の脳細胞は 覚えていない

植え替えは 大マイズルソウ ヒメイズイ タイツリソウ 至仏岳姫シャクナゲ トキワヒメハギ 岩チドリ
堀上は 岩チドリ

1_20150317224518a20.jpg
27.3.17 縦のコシノコバイモ

2_20150317224520ad4.jpg
27.3.17 出雲コバイモ
どこが違うのか
コバイモだけは 写真を見ても 判別不能

3_20150317224521cc8.jpg
27.3.17 彩菜茶屋へ出荷準備
今日は 出雲コバイモ 八重菊咲きイチゲ ユキワリソウ ヒマラヤユキノシタ フクジュソウ イカリソウ・夕映え クレマチス・モンタナ

4_20150317224523433.jpg
27.3.17 クレマチス・モンタナ

特定外来生物・・・現在、113種類の動植物、昆虫、魚類などが指定されている。自然界で・・・
以上 新聞原文のまま

特に おかしいところはなく 普通に読める 普通に
モンシロチョウを見て動物が・・・  イタセンパラを見て動物が・・・ とはあまり言わない

けれど 新聞では んっ
カエルも ウナギも クジラも ゴジラも 黄金バットも 動物でいいのでは
確かに 分けた方が わかりやすい 
どっちでも かまわない

辛い日

16日の当地は 晴れ
風もないし 初夏のよう
はんてんを着て 栗ぜんざいを食べる気分

今日は 確定申告の最終日 と言うことが 昨夜分かった
7時前 作場に出発した 用意をしようと

山裾を歩いて行くと カサコソの音
小鳥か 小動物か だんだん音が大きくなる
罠が見える所まで行くと 何か動いている
イノシシゲット
すぐに 電話で止め差しの依頼

1_201503162245178e6.jpg
27.3.16 135㎝
知り合いの人と 解体を始める
確定申告を どうしよう
税務署に電話すると 救済措置はない 自己責任になる と

解体を交代で手伝いながら パソコン起動
家族交代で かけ持ちし 協力し昼前に下書き完了
解体は 昼過ぎ完了 浄書し 税務署に行く
帰って 屋久島アセビ5本を植え替え
ああ 息つきをしたら

電話がある
倉敷の知り合いの方から
Wさんがなくなった と
この方と知り合いにならなければ 今のみちくさはない
お世話になりっぱなしだった
ご冥福を お祈りします

人の恩

14日の当地は 晴れ
春を感じる日だった
雲は やわらかく やさしく 金平糖のようだった

那岐山麓山の駅に花の様子を見に ~ 彩菜茶屋へ出荷 ~ 買い物
洋種シャクナゲ ホオノキ エゾ紫ツツジ 屋久島ハルトラノオ の植え替え

1_20150314221526167.jpg
27.3.14 ヒマラヤ方面と言う 小さなシャクナゲ
半日陰の寒冷紗下なので うまく写っていない
紫色の 素晴らしい花

3_201503142215318ec.jpg
27.3.14 ニリンソウ
もうすぐ 花があがって来る

4_20150314221530e34.jpg
27.3.14 アネモネ・フルゲンス
すねて 縦向き
もっとキレイに開くはずなのに おかしい
もうすぐ 開いてくるのか
フルゲンスは 淡い紫色が 最もキレイ と思う

田辺市に住んでいた時は 2週間に1度 帰省していた
なので 暇を見つけて あちこちと行って見た
串本シュノーケリングとか 潮岬に スイセンを見に行ったり
トルコ軍艦の 記念碑にも行った

1890年 トルコ軍艦が 日本表敬から帰国中
串本沖で遭難 500人以上が 犠牲になったなかで
乗組員69人が 地元民の献身的な対応で 救助・介護されたと

それから95年後
イラン・イラク戦争で 危険地域から 200人以上の邦人が 救出された
自国民より 日本人を トルコ政府が優先した と言う
人の恩 とは何かを考えさせる 今日の記事

恩を仇で返す人も いるにはいるが
僕は 人に助けられて生きている 

金持ち

13日の当地は 晴れ 後 くもり
風は無かったけれど 酷寒の朝から 春が来る
安納芋焼き芋 あずき甘納豆 スイートポテトの日

植え替えは 洋種シャクナゲ 屋久島トラノオ
表面処理や あれこれと 仕事が弾む

2_20150313213235db0.jpg
27.3.13 出雲コバイモ

1_20150313213233b7a.jpg
同じ鉢
これは 10年くらい前に購入し 植えっぱなしにしている 採種親
ぼちぼち 本格的になってくる

ゴールドラッシュの頃 誰が儲けたか
それなりに掘り出し 堅実に儲けた人も いるだろう
だけど 本当に儲けたのは 臨時にできた飲食店や 雑貨店だそうな

古本屋に この前雨の日に行った
大金持ちになる方法 と言う本が 何種類もあった
しかも 1冊50~100円 読んだら金持ちに なれるのだろう
既に 1冊持っているので 買いもせず 見もしなかった

誰が 金持ちになるのか
印税が 入る人なのだろう

だろう

12日の当地は くもり 後晴れから快晴
まだあったのか まだあるのか この冷たい風
ほぼ 終日吹いた
背中に ツルツルと よく冷えた冷や麦が

寒かったけれど みんな頑張った
植え替え
屋久島ハルトラノオ ツツジ カイノキ ヤマブドウ 黄実ズミ 

2_20150312221818786.jpg
23.4.24 アネモネ・フルゲンス
今年もツボミがあがって来た 1週間で 初花が咲くだろう
種子を取ろうと思うが 過去はうまくいかず

1_201503122218164e7.jpg
23.5.3 八重イチリンソウ
ニリンソウは ほんのわずか ツボミが見えだした
もうすぐ 賑やかになるだろう

はっきり覚えているカ所が 3カ所あった
上下二巻の中で 覚えていたのは 3カ所だけ
後は 記憶から飛んでいた 何せ 銀河系誕生以前に 読んだので

でも この本どうしよう
古本屋に行っても 2冊で10円か 捨てるのは気が進まない あげる人も思い当たらない

そりゃあそうだろう だろう フレデリック・フォーサイスの 代表作を読んでいない訳がない
「イコン」
巻末に掲載されている 彼の本 
どれも読んでいると思うが 内容は一部の本しか覚えていない

この レンコンの脳細胞は どうなっているのか
唐突ですが 今日も無事

こりゃあもう

11日の当地は 雪が舞うくもり 午後からは ゆっくりと日差しが出て来る
けれど 風は冷たい
春への鍵は まだかかっている
アンパンマンと バイキンマンが 戯れる

散髪 ~ 用土を買いに
草取り かたづけ
転作の申請など 米も豆も 一粒も作らない まっ 何か植える

1_20150311213419967.jpg
27.3.11 エランシス・シシリカ
標準和名 黄花節分草として 販売されている
透き通った マンゴーをちょっと垂らした レモンイエロー
とても この時期に鮮やか

さて 11号鉢のこのラベルに 何が書いてあるか
播種 19.5.3 236粒まき と
ずっと据え置きし 海王星まで行って帰った頃 咲いた 3球も

こりゃあもう ダメ
よくも 我慢強く ここまで置いたもんだ
今年からは 開花球を買うことにしよう

洋ラン

10日の当地は くもり
終日 乾寒烈風に 雪が混じる ひどいもんだ
レンジが故障したご飯 アジフライに雪ふりかけ カレイの氷ナポリ風

ポットや 鉢のかたづけを ちょっとしたのみ
ずっと 部屋にいた

1_2015031021261936a.jpg
27.3.8 セロジネか

2_20150310212620b6e.jpg
これも セロジネの雰囲気

実は 洋ランが嫌いな訳では無い
35年前に 震えながら1CP 1000円で求めた シンビジューム5種類
今も 放任状態であり 数年に1度程度咲く

3_20150310212621dfc.jpg
左は 黄色いリボン
右は 和名 マツバランに似ていたり アスコセントラムの仲間かと 思ったり 分からない

ソフロニティス・コクシネア デンドロ原種 エピデンドラムなど求めたが 全て別世界に行ってしまった
特に これがデンドロビゥムか と思うような 原種に魅力を感じていた
あと マスデバリアも

4_20150310212624f01.jpg
リカステ
洋ランが好きで ラン友会に入ったけれど 転勤があった
どうしても 加温が必要で 転勤にはきつかった
その頃は 単身赴任だったため 日中家を空ける時 帰省時の火災も怖かった
そして 例会にも 出られないことが多かった
だから 退会した
もちろん 円満退会であり 今でも 会員の方にはおつきあいしていただいている
ありがとうございます

カトレアたち

9日の当地は 雨
時折 やや斜めに降るが だいたい直線
よくもこんなに あるもんだ
かなり 貯金しているんだろう

したがって 何もせず
本を読んだり ボーとしたり
夜は ちょっと理事会へ

1_20150309222420c26.jpg
27.3.8 カトレア系が 多く見える
多くの人が カトレアなど 派手な花に目が向くが
この僕が好きなのは 洋ランでは 以下のようなもの
昨日の 津山洋ラン会の 羅列を少し

2_2015030922242100b.jpg
ウサギ天使の尻尾

3_20150309222422a4a.jpg
セロジネか

4_2015030922242536e.jpg
元気玉

5_2015030922242573f.jpg
カットキューイ

実は その昔 僕もこの会に所属していた
定例会にも参加していたし 忘年会にも出た
今は メンバーも変わっているが 当然 当時の人も残っている

さあ ではなぜやめたのか

一期一会

8日の当地は ほぼ快晴
春のよう
ココアな気分

新築住宅の見学 ~ 津山洋ラン展 ~ 買い物
畑の親木の剪定 ウツギ2種類 ヤマグワ 黒花ロウバイ コニファー
那岐山麓山の家に 販売品の引き取り

リクエストのあった 2種類をアップ
山の駅で 買っていただいた方からです

1_20150308224437d46.jpg
25.4.12 レンプクソウ
昔むかし あるところでフクジュソウを掘ったおじいさんが その根に絡んでいたのを見て 連幅草と名付けたそうな

2_20150308224439057.jpg
25.3.29 レンプクソウ
妖精を思わせるような 雰囲気
高気密土に植え 日当たりで育てている
水やりは表面が乾いた頃 葉のある時期が短いので 肥培をするが 多すぎると伸びてしまう
安全のためには やや少なめに

3_201503082244420ed.jpg
23.8.1 ムカデラン
れっきとした ラン科植物
紀州方面に 多いと聞く
霜 寒乾風には当てない 今の時期は 日当たりの場所に置く
ストーブのある部屋もダメ

4_20150308224443c39.jpg
23.8.1 ムカデラン
水は 乾燥の時期なので 特別寒い時以外は ぼつぼつ1日1回程度か
以上2種とも みちくさでの方法
ご質問があれば コメントください

那岐山麓山の駅で 販売品を かたづけ中
・あのぉ もしかしたら 花の店みちくさの方ですか
・エッー そうですけれど どうして
・育て方を探していて ブログを見つけました ここ県北なので もしかしたら と思って

どこで どんな人と出会うか 不思議
県南からの 美人でした

あえぐのは

7日の当地は 雨
冷たい雨だった 今日行った 那岐山麓山の駅は 標高が高いが 思ったほど寒くはなかった
よく冷えた 堅めの 天ぷらをどうぞ

那岐山麓山の駅に 販売品を持って行く
夕方取りに行くも 結局 1泊させることになった
午後 地区の打ち合わせを 少し

那岐山麓山の家では 明日まで おひなまつり展 急いでどうぞ
画像は 全て27.3.7
1_20150307222630710.jpg

2_20150307222632dff.jpg

3_2015030722263557f.jpg

4_20150307222636129.jpg

5_20150307222636046.jpg

新聞から2題
防衛施設省を新設するとか 要員1800人
新たな募集か 各省庁から出向か知らないが ずいぶんな大所帯

コンビニが 統合するらしい
勝ち抜くために 効率的で大規模な仕入れで 原価を安くする
納品業者は 価格をたたかれるんだろうなぁ

両者とも 何かが良ければ どちらかが困窮 

糖分

6日の当地は 晴れ 時々 くもり
朝晩は 寒い 夕方は冷たい風が吹く
久しぶりに イワシの小群が泳ぐ
昼間はマッシュルーム 朝晩は毒キノコの気分

明日の販売用意
主として 広葉樹の針金をはずす

1_20150306201508c3a.jpg
27.3.6 明日の販売用意
那岐山麓山の家で 21日~8日まで おひな様イベントがある
明日は 最終2日前 販売に行かせてもらうことになった
けれど 時節柄 開花中のものは ほとんどない
ウメ 出雲コバイモ ユキワリソウ オウレン 紅花アセビ クリスマスローズ程度
お近くの方は ぜひどうぞ もちろん ひな祭りに

1日当たり 砂糖消費量は 日本が45㌘ 世界平均は63㌘だそうな
貧しい国もあり このあたりを考慮すれば 欧米では100㌘くらい食べているのだろうか

健康のため WHOは 45㌘を25㌘にするよう 勧告か指導か 何かをしたらしい
しかし 350㎜の炭酸飲料に 40㌘の砂糖が入っている
多くの人が 飲んでいるのだろうから
まず 飲まない爺さんに取っては 1日平均30㌘程度 食べているのだろうか

人間が発見した 悪魔の食べ物は 脂肪と砂糖だそうな
しかも 同時に食べるのが 最も悪いと
皆さん 気を付けましょう 

盆栽④

5日の当地は くもり 後 晴れ
風が冷たい 時々 白い物が混じる 僕の頭より少なかった
シャーベットの ピーナツクリームを食べる気分

ブルーベリー クリスマスローズ スプリング・エファメラルに 肥料をやる
かたづけなど ほかいろいろ

1_201503052033595ee.jpg
27.3.5
左は 黄実ズミで 本日のサシキ するつもりではなかったけれど アクシデントで枝折れ
捨てるのも もったいないし ちょっとしてみた
右は 姫ライラック 25年にサシキしたのを 昨日鉢上げ
不要な枝を切り サシキしておいた

3_20150305203402a2b.jpg
27.3.5 黄実ズミ
昨年の今頃 種蒔き
何本かに 秋 針金をかけて置いた もうすぐ鉢上げし 養苗していく

4_20150305203404f73.jpg
27.3.5 吉野ツツジ
洋種シャクナゲ×日本のツツジ の交配種らしい
ハデハデで 株全体が ピンクの炎のように 見える
サシキが困難で 取り木を 昨年6月頃した

さて ほぼ完成したもの 中程度のもの そして苗を用意する
これで 盆栽のプロになる
種蒔き 挿し木 取り木したものも 10年もたてば かなりの物になるはず
特に 取り木は 曲がりの良いカ所をすれば すぐに見られる

盆栽が好きだけれど・・・と言われる人
決して 高尚で 取っつきにくいものでは ありません
好きな物を 好きなように 作って行けば いいのです

盆栽③

4日の当地は くもり のち 晴れ
風は強かったけれど 何となく春を感じる
ブラックマンタや オコゼや ニモのような雲も 穏やかに見える感じ
ちょっとぬるめの風呂で 燗冷ましを飲む

植え替えいろいろ
姫ライラック ヤブコウジ ムラサキマユミ マンリョウ メギ・・・

1_201503042012394d3.jpg
27.3.3 赤松と クコ
赤松はこの樹形としては ほぼ完成
クコも まあこんな物
両者とも このまま樹形を保って行くと 樹肌は荒れ 幹は太り風格が出て来る

2_201503042012426b8.jpg
27.3.4 カングミ モミジ
どちらも 樹形は決まりつつある
カングミは 剪定で形を整え モミジは 芽摘み 葉摘みで枝数を増やしていく

3_201503042012431d6.jpg
27.3.4 イヌビワ
樹形としてはほぼ固定している 後は枝数を増やしながら 風格を持たせつつ 枝を曲げたりと

今日の5種で この程度なら 15000円はかからない
この先 楽しみながら10年もたつと かなりの物になってくる
昨日の2種と 今日の5種で 7種 金額にして どこで買おうが3万円弱か

盆栽が好きだけれど 持ってない方 この1年程度のうちに 3万円程度 投資してみては
ずっと 楽しめます
明日 もう少し 楽しむ方法を

盆栽②

3日の当地は くもり 後 雨
こんなにズバッと 予報が当たるのも そんなにはない
冷たい雨だった
氷入りの 煮麺を食べる気分

サギソウの堀上げ
親鳥とウインナーを 燻製にする
大事な話に ある人の所に行く

数日前 ビーフジャーキーを食べた
知り合いの人から シカの燻製をもらう
シカと知って食べても その気がしない
ビーフジャーキーの感じ
捕れたら燻製にする

1_20150303173823fe7.jpg
27.3.3 黒松
いちおう B級盆栽 これだと1万円もしない
マツが好きならマツを 実物が好きならウメモドキを 葉物が好きならモミジを 花物が好きならチョウジュバイを
と言うように 自分の好みの盆栽を 1~2鉢は求める
盆栽が好きなのに 苗ばかりではおもしろくない

2_20150303173826aeb.jpg
26.4.7 イワカガミダマシ
学術名はソルダネラ 標準和名はイワカガミダマシ
名前は今一だけれど 世界で最もきれいな花のひとつ

3_20150303173827e6d.jpg
23.4.14 イワカガミダマシ
山野草趣味の会の 展示・即売で ある奥さんが
「また枯らすかなぁ でも この花の魅力には勝つことができない」
と 買っていただきました

コンビニコーヒーなら数杯分 普通の昼ご飯1回分
ちょっとのランチやバイキングに行くなら 2~3ポットは買える
要は 人生観 価値観の違い

何万もする盆栽でなくとも 1万円出せば かなり見られる株はある
あと 種類によっては 5000円程度も出せば十分 これを1鉢
合わせて 15000円の出費
この出費で ある程度の完成品を 枯らさなければ ずっと見ることができる
続く
あっ みちくさで買う必要は なし
 

盆栽①

2日の当地は 晴れ 時々 くもり
うーん ちょっと寒かったけれど 春に近づいている
雲も 風船がスキップしているよう

サギソウ ウチョウラン 岩チドリの堀上げ
今年は 助っ人がいるおかげで 他のことに手が回せる
マツの 針金はずし

みちくさのお客さん 即売会で話をする人
ちょっと 盆栽に対する考えが ちょい異なります
この爺さんと ただ 悪い と言う訳ではない

多くの人が言う
「暇と金がない」 盆栽に 金はかからないんですよ ある意味
1_201503022035221bc.jpg
27.3.2 ウメ 大盃 オオサカヅキと読む
この前 杯 と字を書き間違えていた
これは まだ接ぎ木の跡が見え 盆栽とは言われない

2_20150302203523fe2.jpg
27.3.2 クロマツ
盆栽と言えるかどうか 意見が分かれるところ

では 私の考える 盆栽とは
暇がない
そんなはずはないでしょう 
商売ほど多くはないだろうし 水やりだけで 手入れもそんなに時間は かからない
ニュアンスとして 今から初めても 自分には時間が足りない と言う意味で 言う人もいる つまり高齢で

高くつく
完成した 立派な物をどんどん買うのなら 確かに金はすぐなくなる
しかし そんなことをする必要はない

で 僕の考えを 数回にわたって
①まあまあの物を 小遣いの範囲で少しは買うこと
②画像上のウメ程度の 盆栽途上のものを 少し用意する
③種蒔き 取り木 サシキなどをする

長くなるので またにします
長くなると それでなくてもおもしろくないのが 読む気がしなくなるでしょうから

ヒナマツリソウ

1日の当地は 雨 3時頃にあがる
冷たい雨だった

1_20150301195247a7f.jpg
27.3.1 午後の雲
今まで 気がつかなかったけれど こんな雲もあるんだなぁ
画像では分からないが 高層の雲は とてもゆっくりと 北東に流れる
低い雲は 早く南西に流れる
寒さの中 しばらく 見とれていた

寒いし 雨は降るし 何もせず

2_201503011952502b5.jpg
27.2.28 ヒナマツリソウ
大陸に自生する と言う セツブンソウの仲間
ちょっと見には 日本のセツブンソウと同じ
しかし ちょっと大ぶりで シンプルな花色 いや萼色

3_201503011952517bd.jpg
27.2.28 ヒナマツリソウ
増殖させるべく 高かったけれど 親球購入
しかし どうも実らないような・・・
けど 生えてきた 気がつかないうちに 落下していたのか
30㎝プラ鉢に セツブンソウの エライオゾームをくわえた 蟻はあがって来られないだろう
ガストン・レビュファなら パイプをふかしながら ロッククライミングをしても
蟻には 無理だろう
親には 似ても似つかないけれど セツブンソウの1年目は こんな葉姿

フレデリック・フォーサイス「イコン」を 読みかける
記憶にあるような 場面が出て来た
もしかしたら 読んでいるのかも
だけど その前も 後も まったく記憶無し だったら読めばいい
2冊で100円
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

4/22~4/23
○北房山野草展
北房文化センター

5/6~5/7
○勝北山野草押し花展
勝北公民館 文化センター隣

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR