本⑥

31日の当地は 快晴
暑い 粘っこい 息苦しい
あー 本格的な夏 夏の日の恋 夏の想い出 真夏の出来事
夏は いろいろあるな

昨日まいた ソルゴと
今日のソバ ヒマワリ コスモスを ミニ耕耘機でかき混ぜる
相方は あわくら山野草会での 販売品の引き取り
関係者の皆様 購入していただいた皆様 ありがとうございました

1_20150531224458785.jpg
27.5.31 生きざま

柴田錬三郎「生きざま」を 昨夜読み終わる
柴田さんの本は 記憶にある範囲で 初めて読んだ
この本は 戦国時代の人なので 名前は読みにくいのが 多かった
それは それで仕方のないこと

困るのは やたら読めない漢字を 多用してあること
長けていた たけていた 六十の老坂 おいさか 輩 ともがら 破落戸 ごろつき 
ズィスイズアペンか 変換できない漢字も多い
こんな字を使えば 頭がいいと思うのだろうか

誰でも読め 意味も理解できる漢字のほうが いいと思うけれど
違うんですか
スポンサーサイト

新聞

30日の当地は 晴れから くもり
夕方から雨 乾いていたので 良かった
カッパを着て 動き回るほど暑かった

田にソルゴをまき 耕耘機で耕す
あまりに乾き 砂塵の中で動き回るようなので 途中でやめる
かたづけしたり トウカエデ他に 針金をかけたり
雨を見つめ 舟をこいだり

1_20150530200621f83.jpg
26.5.30 セッコク
この株は 今年はとっくに咲き終わっている

どう表現すればいいのか 知らないが
新聞の1枚で 見開き 合わせて4ページ分
これの倍数なら 特に問題は無いが
あと1枚 2ページ分が 挟まっている日がある

この1ページが ちょうど真ん中にあれば良いが
不思議と それより前にある
これが 何の弊害があるか

朝 チラッと読んだ後 夕食後片付ける時
その1枚が どうしてもはみ出してしまう
何で 真ん中に はさまないんですかねぇ

セット

29日の当地は 快晴
砂漠の サバンナの 風が吹く
良く乾く 喉も渇く 洗濯物も
熱波の中で 汗をかきながら 甘納豆を食べる

明日からの あわくらでの販売品用意と 運搬

1_20150529203927b7a.jpg
27.5.27 何
他のものと 葉が絡まっているが 何だ
ヤブデマリのような ガマズミのような ノリウツギのような 
この前のセリで取ったけれど 売らずに親にしようか と
小鉢で この程度の集合花ひとつでも 咲けばいいが

やっと 箱罠に大型獣が入った形跡がある
数日続けて 来ている
草も倒れているし 仕掛けを落とす ひもがある奥まで来ている
今日もたっぷり エサをばらまき ロックを外した
明日の朝が ドキドキハラハラ ドキハララ

冬のシカは 何度か食べた
けれど あまりおいしくはない
シカは この時期が最高らしい
さてさて 来ているのは シカ
そして 仕掛けは 見抜かれないのか

超一流

27日の岡山県は 晴れ
完全に 夏
好きにしろ と言うほど暑い
空を見る気も しなかった
ぬらりひょんが 背中にいるよう

びなん皐月展に行く
帰宅後 表面処理

1_201505272043090fc.jpg
27.5.27 赤花岩ガラミ
すごい 欲しい

2_2015052720431025c.jpg
27.5.27 斑フウチソウ
水盤は 横60㎝程度

3_201505272043123a1.jpg
27.5.27 品種は分からない

毎年行っているが ここはすばらしい鉢が 出品されている
作風よし 持ち込みよし 鉢もきれいに洗ってある
サツキが半数程度
後は 山野草や雑木盆栽
中途半端な ものはない

お世話になっている 会長さんには会えなかった
たまたま 同じ日に 児島でサツキ展があり そちらに行かれたとのことだった
目の保養になった
とても 僕には作れないけれど
前置きしてある 山野草も最高でした

無題

26日の当地は 快晴
風もなく 暑く 暑く 蒸し暑い
ピーナツクリームに さらに マーガリンを混ぜたみたい
不快な肌

いろいろやった わずかづつ
黄実ズミに 針金かけ
ヘゴやコルクに 水肥
置き場所 いろいろ変更
除草・・・

2_20150526221014d6e.jpg
24.5.26 セッコク
今年は このヘゴ付けは 2週間も前に咲いた

1_20150526221013a2f.jpg
24.5.26 植えっぱなしの ヤマボウシ
今年は 一つも咲かなかった 去年は 忘れた

山野草の会員さんから 何度も聞いた
今年は 花が早い
予定日より早く咲いて 展示会に飾る花が終わった
ニュースを 聞いていても どこそこのバラ園は 1週間早く咲いた・・・
などと 

1日も違わず とは無理な話であるが
予定が狂うと 目算も狂う
商売も 難しい
信じられないが 6/20からの販売予定品に
もう ツボミがあがっているものがある 

舌を

25日の当地は 晴れ 夕方1時間ほどにわか雨
いい雨だけど 12時間後なら もっと良かった
蒸し暑い バタークリームの中にいる感じ

更紗ウツギの剪定 去年とその前にサシキした株
野生シクラメン・コウムの播種
かたづけなど

1_2015052522161934f.jpg
27.5.25 雨上がりの夕方
コケ玉も だいぶ成長した

2_20150525221620e53.jpg
27.5.25 舌噛み宇宙人

レプティネラ スクウォリダ プラッツブラック と言うラベルが付いていた
園芸名なのか 学術名なのか 分からない
お世話になっている人が 知り合いから もらったらしい
小鉢で作れば 売れるのではないか といただいた
一目見て 何か全然分からないが キク科のような気がした

さすが○○さん よくキク科と分かったなぁ
いや そんな気がしただけで
この2行 ホント それとも 僕の作り話
それはともかく 撮影後に植え替え
地下も 変な感じの根だった

何じゃ

24日の県南 当地は 晴れ
暑かった
日本列島 どこかの国のような形の雲

セリ市に行く 今日は一人で

1_20150524220217fa0.jpg
27.5.24 その釣果
山アジサイ・七変化 タイワンオギ 日陰ツツジなど

2_201505242202196a4.jpg
27.5.24 ケース単位でのもの
クリ ツバキ マユミ 西洋カマツカ イヌビワ ピラカンサス ツタ・・・
今日は 思いの外 グッドな市だった

セリ市に行きがけ
ナンジャモンジャの 生け垣が目にうつる
かなり 大きな木だった
帰りに 失礼ながら おじゃましたら
とても 丁寧な対応を していただいた

近くで見ると ナンジャモンジャではない
葉が短すぎるし 花も雰囲気が違う
名を教えていただいたが 失念する
フェミニンな やわらかい ムーミンのような花
帰りに ご主人に 車の誘導までしていただく ありがとうございました

人生模様⑥

23日の当地は 晴れ
夏が近づいてきた 午後からは蒸し暑い
定番の蒸しパンを食べるような 日向で麦わら帽子をかぶって

姫ライラックの剪定
サシキは 姫ライラック 山アジサイ・星の煌
午後 盆栽展 ~ 買い物

1_2015052322081365f.jpg
27.5.23 カエデ
日本盆栽協会津山支部の 展示会

2_20150523220814ebb.jpg
27.5.23 こちらもカエデ
さすが 立派な年季物

・お兄さん これ始末しないと クレームが来るんじゃあない
・あっ すいません
と言いながら 店内に入っていく
すぐ出て来ると思っていたが 出て来ない
相方の買い物が終わる 10分程度の間には 出て来なかった

このお兄さん
振り向いて 店内に入る頃には
忘却の彼方 オリオンより はるかむこうだろう
ブルーベリーの 葉の下で 営巣活動をする ハチを指しての出来事
まっこんなものか 見習いたくはないが

不思議

22日の県南部は 晴れ
帰っても良く晴れて 暑かった
薄く 薄く 透き通るような フカヒレのような雲

セリ市に行く
ここは 屋号を持った プロのみ参加できる
当店は 当然下位クラス
朝早いので 5時に水やりスタートした

1_20150522212541ab8.jpg
27.5.22 ノリウツギ

2_2015052221254368d.jpg
27.5.22 アジアン
東南アジアのヤマアジサイと 日本のヤマアジサイの 交配種らしい
きれいに良く開くらしい
いつもお世話になっている Fさん宅で分けていただく

3_20150522212544a14.jpg
27.5.22 ヤマアジサイ 星の煌
まだ展開始め 山アジサイの中では 最も人気のある品種のひとつ

不思議な光景に出会う
高速のサービスエリアで トイレ休憩をした時に
車から 男女が降りてくる
どちらも40歳ちょい前くらいの 二人
どこにでもいるような ごく自然体の二人

二人して 多目的トイレに 入った
んっ・・・
僕は トイレから出て 気になるので 1分ほど待つ
全部で5~6分 自然体で出て来た
それを待っている こちらのほうが 不思議か

老体

21日の当地は 晴れ
この空の色 何に例えるか 
ずっと考えていたが 浮かばず
ずーと ごっつく ぐー とくるような空
暑かった

今日も草取りと かたづけなど
セッコクを いくらか ヘゴにくくりつける

1_20150521213942c02.jpg
27.5.21 セファロンファーム
と言う名でいただいた
調べたが 分からない どうも アッツザクラのような

2_201505212139430c3.jpg
27.5.21 ヤグルマソウ
引くと

3_20150521213945009.jpg
27.5.21 ヤグルマソウ
ちょっと大ぶりなのが 気になるが なかなかのもの
締めて作れば もう少し小さく作れる
この時期 けっこうさわやか

年齢が 青年と老年を 分けるのではない
それは その人の考えが・・・
と いろいろな人が言っている
では 内側は別として 見栄えの老体は 何で決めるのか
年齢を聞き えーと思う人は 時々いる

目尻のしわが・・ どこそこに肉が付いてきたら
などと言うが 諸説あるような
その一つに
足と尻の境目が 無くなれば老体 だと
僕にはまだ あった でも 誰が見てくれる訳

クコ

20日の当地は 晴れ
蒸し暑い 夕方になって 風が来る
薄い湯葉だったり チョコレートパンだったり 飛んでいく

田に除草剤
鉢除草とかたづけ

1_201505202134270b0.jpg
25.5.20 一才カンボク 久しぶりに縦になっている
何年か前 この名前で購入したが 花が来たのは初めて
ヤブデマリの仲間だったのか

2_20150520213429c08.jpg
27.5.20 クコ
見にくいが 左は ちょっと葉が枯れかけている

3_20150520213430fa2.jpg
27.5.20 もー縦
画像では 下部が枯れている

以前 1度はアップしたことがある
クコは 正しく管理していても この時期落葉する 個体がある
水もやり 適正に管理していて 落葉するのは 異常ない
なぜか知らないが こうなる
けれど 心配することはない

一部落葉だったり 全体の色が さえなかったり
いろいろ
不思議なのは このような個体のほうが
よく結実する 傾向がある
秋には 緑の葉に オレンジの実が キラキラする

走れ

19日の当地は 晴れ 後 快晴
熱いのなんの
太刀魚が数匹 群れ泳ぐ程度

田に除草剤散布
ひたすら 草取り
生える 生える 生える どこの誰だか知らないけれど どこから来るのか 棚上の鉢にも いっぱい生えてくる

1_201505192202572ae.jpg
27.5.19 チョウジソウやアシ類

2_201505192202583e9.jpg
27.5.19 忍者のようだが
右がフウチソウ主体 左はササ
3つのうち 1つを山の駅山野草展に出す予定
どれにしようか グラタン パパイヤ チョコーレート

朝一に 除草剤を散布していた
罠を仕掛けている方向から バサバサガサ と暴れる音
走れ 走るんだ
毎日点検しているのに 今日は見ていなかった
走れ 早く行け 携帯を握りしめる

逃げられては 困るので そっと近づく
異常なし
かかった形跡無し 絶対大型獣がいた音はした
近くの藪の中を 通ったのだろう
と言う朝のスタート

水③

18日の当地は くもり 夕方から雨
今も降っている 濡れても そんなに寒くはない
煙突を住処にしているのか 一反木綿が空を飛ぶ

黄花アズマギク ヒトリシズカの播種
やっと 畑にピーマン トマト ナスを定植 たったの6本
今年の展示を目指し ヒメイズイを大鉢に
1年後のために 黄花ホウチャクソウを 2年後用に タンチョウソウを植える
かたづけたり 草取りしたり

3_20150518212739890.jpg
23.5.18 ナンジャモンジャ ヒトツバダコのこと
某所に ナンジャモンジャのポット苗を 昨年頼んでおいた
まだ 返事無し 忘れているのか 無視しているのか 言っては悪いと思っているのか

くもり 5時前から雨 朝にはあがる予報
当たれ 絶対に
こんな雨はありがたい 3時間以上が節約できる

さて 園芸の本によると 趣味家向けですが
日中に 水をやるな と書いてある
茎と葉の付け根に 水がたまり 腐る
葉面の水滴が レンズになり 葉焼けする

そんなこと 無いような気がするんですが
梅雨明けの日中に 葉面温度低下のため 葉水をやる
みちくさでは ですよ

6°30′

17日の当地は 晴れ
風無し 初夏の1日だった
アンダーと シャツ1枚でも暑い
熱く甘い いなりを食べるよう

地区溝掃除と 池の土手草刈り
ちょっとかたづけなど
出荷 ~ 販売残品の引き取り
予想より 多く売れた 関係者の皆様 買っていただきました皆様 本当にありがとうございました

1_20150517203253c15.jpg
27.5.17 ウツギ・マギシエン
更紗姫ウツギが終わり マギシエンが満開
親木しかないので 2年後のデビューを目指し 今年サシキの予定

ご飯を食べていると 背中でテレビが わいわい
伊能忠敬が測量何とか・・・ 
磁石は 必ず北を指すので それで測量を・・・
んっ 磁石は 北を指す 北北西に進路を取れ ヒチコック
そうかなぁ

磁石と言っても 磁針のことではないのか
磁石は 北をささないのでは
真北と磁北は 一致しない
岡山あたりでは 磁北は 真北から西に6度30分偏っているはず
磁石 磁針 西編 どうだったかな 

10行に

16日の当地は 晴れ
朝は快適だったけれど そのうち暑くなる
汗ばむほどではないが 微風もなし
リンゴがのぞいたような アップルパイの雲

みまさか山野草会の 販売に 相方と2車程度運ぶ
昼頃までいて その後 勝央山野草会の展示に 行く
そして あれこれと
そして 夕方に

2_20150516214427e68.jpg
27.5.16 みまさかの 展示
作り込んだ物の展示がある
会長さんによると 花が進み 苦労したと
あちこちのバラ園なども 早いと言っている

1_20150516214426fee.jpg
27.5.16 販売光景

3_2015051621442948e.jpg
27.5.16 勝央山野草展で
ここは セッコク 岩チドリが主体の山野草会
ずいぶん 長い持ち込み品の展示
右下の やわらかく甘い曲線は 日陰ツツジ

ここから下は 10行以内を目標とします
ぴったり10行に おさめる技量は無いので 以内に
なぜか
駄文 拙文 ろくでもない事を ダラダラ書いても 仕方ないので
あと 5行

今日は 樹物が良くでた
来る人が異なるからか 展示品によるのか
花が進み 樹が多くなり どうかなと思ったが
フタを開けると さにあらず
ちょうど 時間となりました

・・・

15日の当地は 晴れ
暑い 蒸し暑い 風でもあればいいのに
できたての蒸しパンを 背中に入れて動く

アネモネ・フルゲンス カラマツソウ3種の播種
姫ライラックの剪定と サシキ
明日からの 販売準備

1_20150515212703426.jpg
27.5.14 麦秋
昨日 那岐山麓山の駅での 山野草展調整会議がある
帰りに 那岐山をバックに
今 これだけの麦を 作場周辺で見ることはない

2_20150515212705397.jpg
27.5.15 アンドロメダから 愛をこめて 姫ウラシマソウ
奇々怪々のヘルメットを 被っている

3_201505152127069d7.jpg
27.5.15 みくさで
販売用意で この野郎と言うほど 散らばっている

今日もいろいろあった
いいこと 良いこと 好ましいこと おもしろくないこと
よく言う 1000円しかない 1000円もある
いくら頑張っても 仕方ないことと 自分の考えで変えられること

オーストラリアの誰だったかな スイマーの
彼も言う 人は替えられないが 自分は替えられる
確か 長谷部誠も 同じようなことを 言っていた
さあ 明日から また頑張ろう

借金

13日の当地は 晴れ 時々 くもり
きょうは さわやかグレープフルーツ
ちょっと熱いけれど チョコバナナの気分

溝周辺の草刈り
アネモネ・フルゲンス ヒトリシズカの種蒔き
ハウスかたづけ

1_20150513201042136.jpg
27.5.13 チョウジユバイとクモの巣
売る場合は困るけど クモの巣は大事にしなければ
大きな昆虫は係らないが この程度だと 小さなパピヨンなどは ヒットするだろう

2_20150513201043d0a.jpg
27.5.13 エキストラバージンの オリーブオイルで食べたいような
このシャクヤクは 明日開きかけるだろう

3_201505132010458d7.jpg
27.5.13 乱雑なハウス
昨年のサシキ 昨秋と今春の植え替えなどの 記録をし 不要な鉢を片づける
なかなか できなかった

今日の新聞にも 掲載されていた
ギリシャの債務
さて 日本は 借金が1000兆円を越えた
少子高齢化 成熟した社会 社会保障と老朽化インフラ整備
この先 成長は見込み薄
このまま ずっと増えれば どうなるんですか
5000 9000兆 その上は何だ

そうなったらどうなるか 新聞にものらないなぁ
みんな 言いたくないからなのか

水②

12日の当地は くもり 後 かなりの雨
今日の雨は そんなに寒くはない
ゴゴゴー イカスミがしみ込んだ ぼろ雑巾のようなのが 飛んでいく

砂漠の風で よく乾いていた
あと5時間もすれば 降るだろう ちょっとそれまでは 待てそうにない
水やりの後 散髪 ~ 医者
某所
あとは 舟をこいだり ボーと哲学者になったりと

1_20150512212820f35.jpg
24.5.12 黄金車
鳥取市での 山野草展にて

2_20150512212821c2f.jpg
26.5.12 野生シクラメン・レパンダム
不定期咲きの プルプラスセンス以外では 野生シクラメンの しんがりをつとめる
画像ではそうでもないが とても魅力的な品種
今年も 咲いている

梅雨明け~9月上旬は 根を冷やすため 夕方やる
同時に その頃は 可能な限り 葉水をやる

どんな水をやるか
住まいの棚場は 上水道
そして 作場は 60%程度は井戸水 残りは流れ水

できれば 気温より少し高い水温の水をやりたい
真夏は 別だけれど
特に 冬は 気温が上がった午前中に 気温より高めの水温水を

冬は 井戸水がグーで 流れ水はノー
逆に 夏は流れ水がグー 井戸水は冷たい
と言うことは 春秋以外は 適切な温度の水をやることはできない
花の店 みちくさではの話

水①

11日の当地は 晴れ 後 くもり
今日は サハラの風が来た
ターバンの代わりに 麦わら帽子
マントの代わりに 赤いシャツ

彩菜茶屋へ出荷
スプリング・エファメラルを 少し日陰に回す

1_20150511214314089.jpg
27.5.11 クロユリ
フリチラリアの仲間 人気はあるのだが 夏の高温で花芽が付きにくいのが 玉に瑕

2_201505112143153a6.jpg
27.5.11 セッコク 雷山
これは 何かの広葉樹の根に 着生させている
活着するまでは ちょっと気を使うが 付いたら放任で 大丈夫

3_20150511214317497.jpg
27.5.11 今日の午後
今年は 花が早い 相対性理論ほど 花が早い
この土日の販売は 花がとても少ないだろう
ホタルブクロも もう咲き出した

砂漠の風が吹くも 水は朝やったのみ
数鉢は 夕方しおれていたので やったけれど

基本的に水は 1日1回にしなければ 大変だし クセになる
ちょっとくらい 厳しくても そんなに簡単には 枯れることはない
単純にはまねしないでください 責任は持てません
植え方 鉢 植物のサイズにもよるし 追々に書くこととします 

人生模様⑤

10日の当地は 快晴
タクラマカンの風か吹き よく乾く
クセになるので 夕方の水は やらなかった
壁相手の ピンポン球が弾けるような 雲が少し

地区の溝掃除
彩菜茶屋へ出荷
用事があって 津山へ
かたづけなど
今日の販売は 相方が行った
勝北山野草会での販売 関係者の皆様 買っていただきました皆様 ありがとうございました

1_20150510221627548.jpg
27.5.10 ヒナソウ
高価な物ではないが 可憐でかわいげ

2_20150510221629dd5.jpg
27.5.10 八重姫シャガ
葉と補色になり かなりさわやか
人気品種のひとつ

3_201505102216300f7.jpg
27.5.10 ダイアンサス・ブルーヒルズ
僕は小型のダイアンサスが 大好物
数十種あったが 小鉢のバランスに良い 10種類程度になっている

新見駅
僕は 米子方面行きを待っていた
待合室には 30歳くらいの男性と 僕の2人のみ
そこに 中年女性が入って来る 何かそわそわしている
・急行に乗るんですが 改札してくれるんでしょうか
・えっ するんじゃあないですか
・えっ 何のこと・・・と 僕は考えたのみ そりゃあ発車まで 1時間以上あるし・・・

やがて 駅員が改札しますと出て来る
即 女性は改札をとおり ホームに並ぶ
まだ 45分ある

僕は 鈍行に乗るため 席を立つ あと5分程度で 入って来る
この女性 45分間 立って待つんだろうなぁ

最後に 新幹線に乗ったのは 5年くらい前かなぁ
どうして 指定席なのに 並んで待つのでしょう
この行動には ついて行くことができません


9日の当地は くもり 後 晴れ
久しぶりの 青いリンゴの 気持ちの良い日
雲も シュークリームか マッシュルームか ユースクリームか

勝北山野草会の 販売に行く

1_20150509203717c96.jpg
27.5.9 会場 押し花と共催

2_201505092037186c2.jpg
27.5.9 会場内
人がいない訳では無い
販売にもいない 会場にもいない この時を待っていた

3_20150509203719abb.jpg
27.5.9 展示
作り込まれた展示品が 並んでいる
押し花があるので 会場はより華やか

考えを 変えなければならないか
花物7 樹物3程度の割合で 販売品を用意した
はっきり覚えてはいないが いないが
樹物で売れたのは 津山ヒノキ1 ツクバネウツギ1 ヤマグワ4
樹ではあるが 更紗姫ウツギは 別にちょっと 置いといて

若い とても若い女性がやって来て 庭に植えられる 実の食べられるものがあるか と
ヤマグワで良ければと言う訳で あった4鉢 全部買っていただいた
これを除けば これを除いたら
売れたのは2鉢のみ

樹は 捨てた方が いいのだろうか

人生模様④

8日の当地は 快晴 だろう
聞くところによると 風があり 鉢がよく乾いたそうな

水やりの後 9時過ぎから ずっと某所にいた
建物の中で かなり制限された行動だった 結果は良かったけれど

1_2015050821505360f.jpg
24.5.8 オオハンゲ
あまり 人気はないが

2_201505082150564b8.jpg
25.5.8 セッコク
今年も きれいに咲きかけた

昨夜 ご飯の時 数分間テレビが 目に入った
岡山県北西部 新見市
世界遺産でなく 市内の世間遺産の 紹介だとか

画像の JR新見駅 えっ これが
僕が高校を出て 初めての勤務地が この新見市
最後に 新見駅を見たのは 昭和40年代後半
ものすごく変わっており 昔のイメージはない

何十年も前の ある場所での ある会話を 鮮明に覚えていることがある
ところで これがなんで 人生模様
続く

事実一部

7日の当地は 晴れ 後 くもり
初夏の1日だった
熱々の 小さな粒子が 勢いよく飛び回る
暑い時には 熱いお茶を

アネモネ・ブランダの播種は あと少し
アネモネ・フルゲンスが 今日から弾けだした
明後日からの 販売用意

1_201505072149346f2.jpg
27.5.7 もくもくと金平糖
上が アネモネ・フルゲンス 下が アネモネ・ブランダ
同じアネモネでも これだけ種子の形態が異なる
ブランダは弾け飛ぶが フルゲンスはそれほどでもない

2_2015050721493671e.jpg
27.5.7 販売品
右下の 大きな葉は ホオノキ

3_20150507214937ee9.jpg
27.5.7 セッコク
杉の皮付き板に 直接付けてある
島根県産とのこと

4_20150507214939ab6.jpg
27.5.7 ここは 花物主体
上左は更紗紅ウツギ 中はダイアンサス類
下左の緑っぽいのは カラマツソウ ちょっと赤っぽいのは 南京コザクラ
下中は屋久島ハイヒカゲと 何かの交配種 右は斑ウツギ

ちょっと 今日は事実のみの それでなくても お粗末中のお粗末

本⑤

6日の当地は くもり 時々 晴れ
風なし 暑くもなく すごしやすい日だった
シフォンケーキに チョコチップが混じったような 雲

9日からの 販売品の用意
今日で 出雲コバイモの採種・播種が終わる
アネモネ・ブランダも 後1日程度か
ブランダの種子は いつ弾けるか分からない 今日だけでも 同じ鉢を 5回程度はチェックした

1_201505062032033d9.jpg
24.5.6 ホオノキ
今日は カメラを持つ時間もなかった
もっと 忙中閑の気分に ならないと

現在 くくり罠は1個設置しているのみ
周囲には スキップスキップランランラン とシカの足跡がある
てんでバラバラで 特定の通り道が 判断できない
どこに 仕掛けるか悩む

ふと 池波正太郎のことが 頭をよぎる
忍者を題材にしたものが多く その能力は かなりの組織を相手にしても 互角に戦えるほどに 書いてある
不思議と 忍者の食料のことは 多く書いてはない
何やらの丸薬を食べれば 3日は大丈夫とか・・・

彼らが その気になれば イノシシもシカも鳥さえも 簡単に捕獲でき 充実した食生活ができるだろう
あの時代 継続繁殖を考えて 適量を捕獲していたのだろうか などとフッと浮かぶ

シカは 今が最高らしい 仕掛けてみようか
昔から 罠は仕掛けなければ かからない
宝くじは 買わなければ 当たらない

クコ

5日の当地は 快晴
やはり 天気の日はグー
雨は5日に1回 それも夜降ってくれれば 文句なし
金平糖が 何個か散らばるような雲

家族で 粟倉旬の里に バイキング
いやぁ 人が多かった
うまい と書いてあった「イノシシコロッケ」 肉が入っていたかなぁ
一番おいしかったのは タケノコの天ぷらと 鶏のマリネ風

岩チドリの表面処理
かたづけ

1_201505052059065fc.jpg
27.5.5 クコ そして未来へ

2_201505052059071c4.jpg
こうなった
今日は 真面目にクコの手入れについて

画像のように 根元から多くの 「ぼう芽」が出て来る
これを できれば早めに切り取り 株元をスッキリさせる
出ないと ぐちゃぐちゃになり 見栄えが悪い

クコは なぜか夏に 落葉する株と そうでない株がある
水切れなどで 落葉させなければ 問題はない
花は 春と秋の2回咲くが なぜか赤い実は 秋の花に付く
そして 何となく 落葉する株のほうが 実付きが多いような・・・

風が通り 日に当てるが 水が切れると あちらへ行ってしまうことがある
肥料は どの程度か 主観なので 説明できず

83㍍

4日の当地は くもり にわか雨 後 晴れ
雨は午前で上がり 水やりもいらない
こんな日は 理想
不思議と風が そよとも吹かない 夕方はちょっとあったけれど
雨の後は 風で早く 株が乾いて欲しい
○△□の雲が行く

河原ナデシコ マクワウリ 出雲コバイモの播種
法面の草刈り
販売残りのかたづけ 等々

1_2015050420270024b.jpg
27.4.24 久世展示会
この会は いつ見ても見事

2_2015050420270126c.jpg
27.4.24 ハルオコシ
うまく作ってあるなぁ

3_20150504202703aa0.jpg
27.4.24 何だったかなぁ
ナルコユリか アマドコロか
どこで 区別すればいいんですか

乗っているフィットは 約18㎞程度走る
僕は だいたい 省燃費運転をするので
ホーイングジャンボは ㍑当たり どの程度走るのか 飛ぶのか
ビックリした
新聞によると 500㎞を6000㍑だそうな
何と ㍑当たり83㍍も飛ぶ

人が乗った時の重さ 空中を落ちないように 飛ぶ
フィットなら 最低でも100㎞は 走ってくれないと

本④

3日の当地は くもりから 雨
くもりや雨が こんなにすばらしいものか と実感した
なにせ 長く降らなかったので
雲も 可愛いムーミン

岩チドリ鉢の 表面処理
出雲コバイモの 採種・播種
細葉ヒイラギナンテンの剪定

相方は 勝山に販売品を 取りに行く
関係者の皆様 お買い上げいただいた皆様 ありがとうございました

1_2015050320360383b.jpg
27.5.3 この前 1冊10円 もう1冊は無料で入手
ちょっと字が小さいので 夜は読みにくいけれど・・・
しばらく本を読んでいなかったけれど 今日から再開
なぜ 読まなかったか
それは 読めばつい長くなり 寝るのが遅くなる
いそがしいのに 眠たいのが辛いので 我慢していた

そうは言っても 人生にとり 有意義な本は 読んでいない
有吉佐和子さんは 比較的好きな人です
特に印象に残っているのは 「私は忘れない」 「海暗」
前者の舞台は「黒島」 沖縄か鹿児島か そのあたり

以前 聞くところによると 知り合いのご主人が「黒島」で 研究をしていたらしい
本の話をすると 「黒島」は複数有り 同じかどうかは 分からないとのことだった

人生模様③

2日の当地 県北 鳥取県は 快晴
夏そのもの
ココアも あんこも もつ鍋も 煮立っている

勝山山野草展に販売品を運び 観賞~倉吉山野草展に 相方と

1_2015050220354706d.jpg
27.5.2 勝山で ヤシャゼンマイ
この会は 山野草のみでなく 樹物も多い
なかなか 年数をくっている

2_201505022035499f5.jpg
27.5.2 道の駅犬狭峠から 蒜山方向を見る
スーパーマンでなければ この位置から 蒜山は見えない

3_201505022035502cd.jpg
27.5.2 倉吉の展示会で トワダアシの苔玉と言うか 鉢植えか
これだけ安定させて生育させることは 難しい
枯れなし 全体がバランスよく茂り 山形で 葉枯れも病気もない
この会には 初めて行った

帰り 奥津温泉の 道の駅でバイキング
案内された席は 窓側で 全体が見渡せた
いろんな人がいる
取られては食べられない と 箸をもったまま いろいろする人
脳みそが詰まった 頭を支えるためだろう 肘をついて食べたり
帽子をかぶったままの 男性がいたり
一方
見習わなければ とほれぼれするような 人もいるし

そう言われても②

1日の当地は 快晴
これだけ降らないと バカも書けない
いくら何でも ちょっと降ってくれなければ
キュウリでも カッパでも 狼煙でも持って来い

明日からの 販売品用意

1_20150501203412a2a.jpg
27.5.1 ボタン
花王と言っても 最近はゴチャゴチャの 花は好まれない
みちくさに3株有り 画像は盛りを過ぎ 1鉢は今日出荷 あと1鉢が未開花

2_20150501203413311.jpg
27.5.1 雪餅草
宇宙人勢揃い
今 ムサシアブミ ウラシマソウ マムシグサ 南国ウラシマソウ 姫ウラシマソウ 素芯ウラシマソウが咲いている
最近 四万十で種を採種した物が 多く咲いている

3_201505012034147f4.jpg
27.5.1 明日の販売品

僕は 羊羹に限らず 何を食べても おいしい
だから 特に どこどこがおいしいので行くか と言われても あまり興味がない
景色がいいとか 何かおもしろいものがある などなら ついでもいいが
食べるために わざわざ行くことも ないだろうし

コンビニ弁当 回転寿司 山野草展に言ったついでに寄ったファミレス スーパーの弁当 もちろんうちの物
わざわざ 出かけなくても 何を食べても とてもうまい

けれど ほんのわずかだが 行きたい店がある
そこで 何がおいしかったか
よくよく考えれば 米がうまかった
例えば 山陽道下り線 淡河サービスエリア 今は知らない
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

6/17~6/18
◎山の駅山草展
那岐山麓山の駅

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR