無題

31日の当地は 晴れ 暑い
無料のサウナのよう

イチヂク6本サシキ
あと何したかなぁ
くくり罠を投げっぱなしだったので 仕掛ける
いつ 何が捕れるか
彩菜茶屋へ出荷 ~ 買い物など

毎年思う
去年も こんなに暑かったか と
平均気温が上がっているそうで
去年より 暑いのだろうけれど それにしても ひどすぎる

暑ければ 昼寝したり
気ままではあるが
その分 収入も少ない
鉢花を買って 言う方が無理だろう
旅行中の人にとって 車中に置いたままだと
さあ 枯れて と言うようなもの
スポンサーサイト

暑いです

30日の当地は 晴れ
暑くて暑くて暑いものは何でしょう
今日の天気
蛸入道と エイリアンが バトルを繰り返す

何をしたかなぁ
用土の処理や 野生シクラメン数球植え替えとか
いろいろ

1_201507302216051f7.jpg
27.7.30 パイナップルリリー
山野草ではないが この時期一般受けがある
鉢用種を 増殖中

ポリタンクに水を入れ
日当たりに 置いておく

仕事から早く帰れ
行くことができる日は 行くし
行かれなければ 夜風呂に入れる

鳥取市に住んでいたとき
砂丘海水浴場に よく行った
海が 人のふるさとと言っても
海水に濡れたまま 車に乗るのは辛い
真水 この素晴らしきもの

29日の当地は 晴れ 時々 くもり 夕立
何か 何か 特に蒸し暑かったような
両手に花 ほど 潤った空気が まとわりつく

ノギク 姫野ボタン カラフトミソハギのサシキ
用土の片付けで終わり

1_20150729203734773.jpg
27.7.29 夕方
今日も 穏やかに暮れかかる

2_20150729203735c12.jpg
27.7.29 吊り花マユミ 紅奴
この前のセリで取った
ちょっと無理をした いくらで売れるか

水やりをするか と思っていると すごい夕立が来た

小学校のテスト
校庭に直径20㎝の容器を 置いていたら
雨水が35㎜たまっていた
この時 直径10㎝の容器なら 何㎜たまっていたか
問題を読む途中で 答えは分かる
けれど 円周率で計算して・・・ 聞くと無駄な計算をした者が 結構いたそうな

20分程度だったが まれに見る すごい夕立だった
けれど たまたま置いてあった容器を見ると 20㎜程度
時間雨量報道を聞けば この程度はまだまだ か

ルリクガ草

28日の当地は 晴れか くもりか 雨か
降ったり止んだり でも水やりは必要な程度の量
暑いリンゴを 抱きしめるような日

野生シクラメン・コウムと レパンダムの植え替え
コケ玉に 樺太ミソハギのサシキ
西洋カマツカの剪定と サシキ
この時期は 夢かうつつかのような 午後

2_20150728204959934.jpg
23.8.10 石鎚山で
多分 ルリトラノオではないような
葉の様子から クガイソウか
いかがでしょう
画像の視野は狭いけれど いっぱい咲いていた

この時期は 花が少ない
特に青い花は 清涼感がある
だから これらを増やさなければ
ルリトラノオ カラフトミソハギ コガネバナ サギソウ オカトラノオ・・・
現職時代は ○さんと 現地への調査が多かった
石鎚山にも それが無かったら いまだに行ったことが無いだろう

無題

27日の当地は 晴れ 夕方 にわか雨 夕立ではなかった
風もないし 蒸し暑かった
日差しは弱いのに じわじわまとわりついて来る 変な 空気が 
溶けた砂糖粒が 混じっているような

法面に除草剤
剪定したのは チョウジュバイ 西洋カマツカ
昨日の 戦利品の 針金はずし
棚場の整理をしたり・・・

1_20150727205018b90.jpg
27.7.27 餌付けを 再会する

2_20150727205020e9a.jpg
27.7.27 イノシシが ルンルンした跡

箱罠を置いている 場所のすぐ近くで
イノシシが 土を掘り返している
檻にエサは置いていないが 5㍍程度まで 寄って来ている
久々に米ヌカを 撒いた
イノシシが来るか ハクビシンが来るか

この近くに仕掛けている くくり罠付近では
罠横10㎝と 25㎝の所に 足跡がある
さあ 来い
ちゃんと踏み抜け
この頃の イノシシは 美味くはないらしい が・・・

セリ市で

26日の県南は 晴れ
暑かった
帰ったら 当地も暑かった
塩水をたらしながら ジャコが這い回るような

県南のセリ市に行く

1_2015072622083778f.jpg
27.7.26 薩摩サッコウフジ
真夏の象徴のような花

盆栽のセリ市でも ピンからキリまである
ほぼできあがった物なら
セリ単位は 1~3鉢程度が多い
例えばコマユミ10鉢の素材1ケースで 競る場合もある

しかし みちくさが買うようなB級品は
1ケース単位が多い
しかも 何が入っているのか ゆっくり見る余裕はない
買い手が無ければ 2~3ケース まとめての場合もある
今日 そんな物 2口を落としたが

あるある 捨てる物から ちょっとは 値が付けられる物まで

続パン

25日の当地は 晴れ
蒸し暑い
背中にも 脇にも 腹でも 鯛焼きが泳ぐ

カラフトミソハギの サシキをする

1_20150725205303a14.jpg
27.7.25 サギソウが 咲き出した
けれど この鉢は 他の鉢の陰に置き 鉢回しをしなかった
だから 流れてしまった
盆栽ほどではないが 時々 180度回すべき

2_20150725205305579.jpg
27.7.25 カラフトミソハギ
サシキで 時間がかかるのは 何と言っても穂作り
葉が簡単にしごける物は早いが 皮がむけるものがある
こんなのは 葉1枚1枚に ハサミを入れる必要がある
だから 時間がかかる

奈良でパン1個を 買う
職場の下に 地下鉄の駅が ある
地下2階の駅で降り そこのコンビニで 野菜中心の総菜1パックを買う
カバンと パンと 総菜を持ち
さあ 行くぞ

8階の事務所まで 10階分を 歩く
降りてくる人には ほんの時たま会うが
上がる人は まず いない

昼は ワニのように パンをくわえ 首を振ってちぎる
あのパン 食べたいです

打ち合わせ

24日の当地は 晴れ
暑い
自分の体から 発酵食品の 臭いがする
匂いではなく 臭い

趣味の山野草会 秋展示の打ち合わせ
サシキは チョウジュバイと ルリトラノオ
コケ玉の 欠落カ所に カラフトミソハギをサシキ

1_20150724204858735.jpg
27.7.24 ルリトラノオ
ちょっと サシキには遅いか
サシキした日は 必ず書いておく
仕事の分散 来期の実施のためにも 重要

2_201507242049008ca.jpg
27.7.24 コケ玉の姫野ボタン
もう少しは 見られるが 盛りを過ぎてきた ちょっと 日が当たりすぎ

久世で 山野草趣味の会の 打ち合わせをする
とうふ料理専門店で とうふ料理を食べながら
まあ とうふだった
全9名のうち 8名が出席
9月最終土日に 開催を決定する

仕事か趣味か
相方と行き 昼ご飯を食べ
晩ご飯も 家族揃って食べ
幸せなこと

続パンは 後日

パン

23日の当地は くもり 時々 晴れ
そんな中 雨も混じる 変な天気
暑いとは言え この程度なら 天国のような日
天国に続く島 誰か歌っていたような いないような

病院 ~ 買い物
サシキは スズカケソウ コガネバナ
チョウジュバイ 西洋カマツカの剪定
ある所を ちょい測量する

1_201507232054164ea.jpg
24.7.23 今年は まだ咲いていない
MMとBBを 連想する あの音楽が また良かった

昨日 外国人が 日本のパンはいかがなものか と言う番組をチョイ見る
おいしいけれど 文化に合わないパンだから と
最高は 粒あんパンだけれど

奈良に住んでいた時 大阪に通勤していた
近鉄富雄駅前に パン屋がある
ここを 知ってから 毎日昼ご飯は ここのパンだった
チーズ サツマイモ ブドウ イチヂク入りの
それは それは しわく堅いパンで
この4種類を 朝の気分で 買い分けていた

10行では 書けれなくなったので 明日

お世話になっている

22日の県南は くもり 時々 晴れ
風もあり すごしやすい日だった
ただ 当地は かなり雨が降ったらしい
県内も広い

県南のセリ市に
明日の サシキ用意

1_20150722204211a41.jpg
27.7.22 焼き物のサナ Fさんからいただいた
これは 展示会用のコンテナに する予定

セリ市からの帰り いつものようにFさん宅に行く
いろいろ教えてもらったり いただいたり
画像のサナも いただいた
また 今度 何かお返しをしなければ

なくなられたWさん
Wさんに紹介していただいた Fさん
この人たちを知らなければ
知っても よくしていただいて いなかったら
現状は ない
何があろうと 忘れてはならない

プレスリー

21日の当地は 晴れ 後 くもり
当然暑かったけれど 時折風が吹いたりと
焼きたての鯛焼きを食べたり クリームソーダを飲んだり のような

役場 ~ 某所
サシキは 斑クマヤナギ フジウツギ
野生シクラメン・コウムの植え替え

1_20150721205330a17.jpg
27.7.21 遅くなった もう発芽が 始まっている

2_201507212053318e9.jpg
23.3.8 野生シクラメン・コウム

夢かうつつか 甘美なバラードが聞こえる
昼寝をしていると 耳をくすぐる

残念ながら 彼は40過ぎに 亡くなった
酒もタバコもやらないが いろいろ理由があるらしい
その一つが 高カロリー好みだったらしい
バター 糖分など 甘い物の食べ過ぎで
ちょっと太っていた
健康第一

それにしても いい声だったなぁ
エルビス・プレスリー

ウー

20日の当地は 晴れ
言うこと無し 日本全国同じでしょう
シャツが 臭い
けれども 白いおかきのような うまそうな雲

草刈りと 草集め
で 終わりのような

1_20150720203810a2a.jpg
27.7.20 カラフトミセバヤ トワダアシ ノギク ダイモンジソウの 失敗コケ玉
キクのカーブは 上出来
カラフトミセバヤが まんべんなく出ていない
トワダアシが 元気がない
ダイモンジソウが 傷んでいる これのみ日陰の植物で 飛び込みだったので やむを得ない
最大は 苔が傷んでいる

今年 初めてかどうか ウナギが出た
味を 忘れるほど 食べていない気がする
日本ウナギが 絶滅危惧種に云々 と聞くが
いないのなら 仕方がない
早く 近代に ウナギナマズを 作ってもらわねば

それにしても 環境か 取り過ぎか
サイテス付属書の 1にでも載れば
もう食べられない
国内では 種の保存法該当種になるのか
1人1切れ半では味気ないとの理由で ひつまぶしだった

国立競技場

19日の当地は 晴れ 時々 くもり
暑い のみ
風が時々来るものの 涼しさは感じない
うまい 暑さの中の 熱ラーメン

地区 ため池の法面草刈り
法面 畑の草刈り

1_201507192058453f6.jpg
27.7.19 姫野ボタンと サギソウのコケ玉
花時が 一致しないのがちょっと
それに 今後は 背景を考えよう
全高21㎝

白紙 とか
莫大な金をかけなくても
金が無くても これだけできる と言うことを見せて欲しい
宇宙を ガラスを ステンレスを意識しなくとも
どっしりとした シンプルな物を

この爺さまに まかせるなら 
100メートルロープと 棒切れ1本でできてしまう
半径100メートルの 円形単純施設が最高
E=mc二乗 世界で最も優雅な方程式
アインシュタイン曰く シンプルイズビューテフル

話題無し

18日の当地は くもり 時々 晴れ
思ったほど 暑くはなかった
金平糖のような 角砂糖のような 粉砂糖のような 雲

彩菜茶屋へ出荷 ~ 買い物 ~ ちょっとした用事
更紗ウツギのトレー 移動
除草剤散布

1_20150718221238dc3.jpg
27.7.18 平凡な午後

2_2015071822124069d.jpg
27.7.18 斑風知草のコケ玉
その向こうには サクラニワフジ
松の 盆栽もどきも見える

何かを得れば 何かを失い
東に行けば 西に行く機会を失う
そんなもん だろうとは思うけれど
2匹どころか 1匹も取れない
ある モノ が今日入手できなかった

これが 良かったのか 悪かったのかは
後で比べて見ることが できない物なので
分からない
けれど 何とかなるだろう
何とかしなければ ならないので
 

台風

17日の当地は 終日 雨
風もある
何もせず 昼寝をしたり 本を読んだり

1_20150717180443249.jpg
26.7.17 寄せ植え
1年前なので 今年は 少し様子が変わっている

岡山はなのか 岡山もなのか 知らないが
災害の少ない県と 言われる
コースとすれば 西側を通り 最悪を想定したが
風は特に影響なし 雨は 多かったが それほどでもない

今回の台風は 別として
近辺も 山崩れの恐れのある道路とか 住宅とかは
あまり 見かけない
急峻な山 大きな崖などもなく
この面では そんなに怖くないのが ありがたい

被害の発生した 地域の方に お見舞い申し上げます

ボーゴロ

16日の当地は 雨 晴れ くもり 風
朝から雨で もう来たか と思われたが
その後 夜まで降らなかった
比較的 すごしやすかった 風のせいだろう

何もしなかった

1_20150716212409913.jpg
27.7.16 10:37

2_201507162124105a5.jpg
27.7.16 18:11

朝から雨で ボーとしていた
そのうちあがったけれど ボーとしていた
歳と暑さのせいだろう
何か 体がだるい

転がって クラシックを流し
夢かうつつか
乾いた鉢に ちょっと水やりしただけ

神と遭遇したり 空中で遊ぶ気分になったり
充電できたのだろう 回復した
明日も 良き日となるだろう

幽霊

15日の当地は 晴れ
言うまでもなく 暑い
ちょっと風があるものの あまり気持ち良くない
相変わらず 鉢はよく乾く
ゴジラが出て来て 戦闘機が 周囲を警戒するような雲

除草
用土の処理
キバナセッコクの交配
棚の整理
ブルーベリー植え付け

2_20150715203748b3f.jpg
27.7.15 アポイキキョウと ネジバナ
雑草が多いか モノが多いか

1_20150715203747143.jpg
27.7.15 キバナセッコク
今日交配した
10月頃には 種蒔きできるだろう

幽霊はいるか
幽霊研究が始まったのは 
幽霊がいないことを 証明するために始まったとか
僕は絶対に会いたくはない
だから 来ないで

ベートーベン ピアノ三重奏曲幽霊 と言うのがあるらしい
今日を含め この数日で2回流れた
二小節目が 憂鬱で その雰囲気があるので 付けた名前らしい
スキップスキップ と言うほどではない曲だったけれど
そんなに 憂鬱ではなかったような

草取り

14日の当地は 晴れ
熱い暑い どちらの字を使うか
今日も風が少しあり よく乾いた
夕方には イワシやサバが泳ぐが ねっとりかためたような雲

草取り

1_2015071421480449a.jpg
27.7.14 午後
風がまくる

今日の仕事は 草取り
水は 2回もやった
草取りは 無限軌道のような仕事
やれば きりがないほどある
終わった鉢には いつの間にか また生える

草取りは ただ それだけではない
枯れて 場所を取りながら
水だけを雑草のために やる場合も多い
それの始末もある
ああ キャタピラーみちくさ

13日の当地は 晴れ 蒸し暑い
ただ それだけ
けど 本当は強い乾いた 激烈熱風が吹く
乾く乾く 鉢が 
この時期 2回も水をやることがあるのか

草取り
植え付けは クフェア デロスペロマ
赤ソバの 種蒔き
用土の処理

1_201507132018194f2.jpg
27.7.13 赤ソバ
ちょっと蒔くのが早すぎたか
雑草がはびこるし 6月上旬に蒔いた

2_20150713201821af8.jpg
27.7.13 ソルゴの中に ヒマワリ3輪
この田には 今年ソルゴを蒔いた
昨年のヒマワリから落ちていたのだろう 全部で3輪咲いている
群れ咲くのも きれいだけれど 青の中に黄色が数点も なにか魅力的

洋種シャクナゲを 田の岸に3本植えている
あと2ポットあるので これも植えてみようか
白木も既に植えている
あと ホオノキの苗があるので これも植えてやるか
コブシも どうも嫁入り先が無いようなので これも
ジャングルに なるかな

田舎で 田の岸に こんな物を植えていると 変わり者と思われる
どうせ 米も野菜も作らないし
小鳥の住処にでも なるだろう
将来の 採取木には 何年かかるか

無題

12日の当地は 晴れ
もー イヤ 蒸し暑い
うー フー あぁ 背中が 腕が 潤いすぎて
イカが泳いだり タコだったり 時折イワシも来るけれど 見上げる気にもならない

草取り
サシキしたのは 姫野ボタン
田に コスモス苗8本定植
行者ニンニクの 種蒔き

1_2015071220272814b.jpg
27.7.12 セッコク

2_201507122027295d6.jpg
同じく

この花の少ない次期に きれいな花が咲いてくれる
ちょっと作って見ようかと 思ったり
面倒くさい と思ったり
時間もかかるし
手間もかかるし

そうは言っても 明日交配してみるか
他に 数株あるし 間男になってもらおうか
高知の人から 届いた株
冬に播種 植え替えは 28~29年の冬
フラスコから出して 何年目に咲くか ふぅー

走れ 走るー

11日の当地は 晴れ
腹に鯛焼き 背中にぬらりひょん
厳しい 忍耐力を付けるために あるような日

畑に除草剤
親戚の法要に

1_20150711203538048.jpg
27.7.11 フウチソウ
このコケ玉には 11本のネジバナが 飛び込んでいる
コケ玉が大きいため ネジバナは隠れて 見つけにくい

帰る途中
右上方後方から 何かが来る
走れ走れ 光太郎 コウタロー
黒い稲妻
イノシシだった

猟師の知り合いも 昼間イノシシを見ることは まずないと
ジャガイモが食べられるか
カボチャは大きくなったか
偵察に 出て来たのだろう
明日は 罠にかかっているだろう

またしても

10日の当地は くもり
今年最悪の 空気
八重のダリア 八重のキンギョソウ ゴテゴテがまとわりつくよう
シンプルな一重が 魅力的

除草
吉野ツツジのサシキを とりあえずしてみる
某所2カ所へ
除草は 永遠のような作業 よくも生えてくる ロトでも当たれ

1_201507102051049c0.jpg
27.7.10 今日の雑草置き場

自分の地域に 地震が来るとは 思わなかった
そういったことはよく聞くこと
僕も いくらかは そう思っている
学校関係者も 自分の学校では起こらないだろう
たぶん そう思っていただろう

僕は そこまで 思いつめたことは無いけれど
自殺するまでも 思いつめるとは
可愛そうで 可愛そうで 
何とかならないものか
何と言うべきか せつない気分

・・・

9日の当地は くもり
蒸し暑かった
カッパを着て 焼きたてたこ焼きを 何個食べられるかの競争

吉野ツツジの取り木
除草 それだけ

1_20150709204737136.jpg
27.7.9 吉野ツツジ
吉野ツツジは きれいだけれど サシキがまず不可能
面倒で 効率が悪いが 取り木にする
上向きの枝は 昨年やったので今年は 横向きの枝ばかり やりにくい

2_201507092047382b7.jpg
27.7.9 タニワタリノキ
寒さに弱い と聞いていたが 当地のマイナス10度の屋外で 越冬する
何がなにやら

3_20150709204739539.jpg
27.7.9 細葉ミツバシモツケ
これも繊細でキレイ

今日 あるところに 物を送った
・・・
スーパーから持ち帰った箱に 粘着テープを貼り
組み立てる
・・・

おかしい
麻薬を送る訳では無い 金塊でもない
中身を入れる前に 貼ってしまった
はがして 中身を入れ 再度貼った
何かおかしい もともとおかしいけれど

ネジバナ②

8日の当地は くもり
が 時折 小さなやさしい雨が降る
日高昆布が 並んでコンチワと言っている

サシキは チョウジュバイ ショウキウツギ 柳葉ドウダン
作っていた寄せ植えをバラし 追加した
追加したのは ヤマドリゼンマイ ヤシャビシャク 知らない木 ショウマなど
ヘゴやコルクの 着生ランの手入れに 時間がかかる

1_20150708201245b19.jpg
27.7.7 ヤマグワ
セリに行くと 1トレーまとめての出品も よくある
僕が 買うのは ときおりいい物もある B級品
このクワは いい物ではなかった
だから ポット下部あたりの枝を サシキし メインは取り木にした

今 鳥取市まで伸びているが 全線は未開通の鳥取道
道の駅かわはら の やや北側で 20年近く前の話
鳥取道の 用地確保で 長い空き地があった 
週 何回か通る機会があり ある時 気がついた

ピンクめいてきている
その後 全面ピンクになった
100万本のネジバナが 揺れている
1カ所に座っただけで ミカン箱1杯になった
その年に 多く枯れ 3年目まで残ったのは あるかないか
この時に 決めた もうネジバナは 野では採取しない と

ネジバナ①

7日の当地は 雨
朝のザーから 夕方はソー程度になる
湿っぽいけれど すごしやすい日だった
バナナが おいしい感じ

サシキしたのは ブルーベリー 長寿梅 カラフトミソハギ
1鉢あった コナラに 針金をかける
散髪 ~ 買い物
あとは 無意味な時間が過ぎて行く

2_2015070720591321b.jpg
27.7.5 コケ玉
元々は ダイモンジソウトと ヤブコウジだった
それに カイノキの種子を押し込み ネジバナがザブンと飛び込み

1_20150707205912f70.jpg
27.7.5

ネジバナの 移植は どうもうまく行かない
しかし 飛び込みなら 画像のようによく育つ
ランの種子か ホコリか と言うほど種子は小さく 
微風でも よく飛んで あちこちに突然出て来る
だから みちくさでは 開花した鉢を あちこちに置く
そして 偶然を待つ

以前所属していた 津山ラン友会の人が 言っていたが
ネジバナが飛び込んだ鉢は 元のランも生育が 良くなる
僕自身は 他の植物に 好影響を与えるかどうか 確認まではできていない
が 寄植えや コケ玉に飛び込んでくれると 価値は上がる

ナデシコ

6日の当地は くもり
じっとしている空気だけれど そんなにひどい日ではなかった
シュガースポットが ちょっと出たバナナ かな

サシキは ブルーベリー 長寿梅 サツキ 山アジサイ・星の煌
あとは あれこれと

2_20150706203932c5d.jpg
27.7.3 河原ナデシコ 今日のために 保存していた画像

泣くな 前を見ろ などとマスコミで言う人がいるが
そうは 思わない
勝つ気でやったのに 負けたのだから
悔しいのは よく分かる
だから 思いっきり泣けばいい

ただし 自分たちのために 泣いたらいい
応援してくれたファンに 応援してくれた日本の人に 申し訳ない
そんなことで 泣く必要はない
あなたたちは 日本の誇りです
胸を張って 笑って帰って来てほしい

専門家

5日の当地は くもり
昨夜からの雨もあがり まあまあか
ひどくはないが ぬるま湯を背負ったような感じ

町の美化作業で 草刈り
サシ床用意
粗大ゴミを出す

1_2015070521255649b.jpg
27.7.5 この姿は 一目でギムノカリウム と分かる
縦が悪い
次男が育てている

今朝も 新幹線自殺のことを テレビでやっていた
防止策や あれこれ話した後
対処法を 専門家に聞いています と
そして 曰く

・水などで濡らしたタオルを口に当て 低い姿勢で避難すべきです
出口は後方1カ所の密室 パニック 燃えやすい内装とガソリン
こんな状態で できる
などだから ジュースでもいいんだろう
タオルでなくても 服でもいいんだろう でも できる

理想論と 現実の話両方をする人が 専門のような気がするが

いつもありがとうございます

4日の当地は くもり
夕方から 雨になる 
この天候のせいか すごしやすい日だった
焦げた 焼きイカが 飛び回るよう

植え替えたのは ハルニレ ツヤマヒノキ ナツツバキ ハクチョウゲ
彩菜茶屋へ出荷 ~ 買い物 ~ あるところ
草取り

1_2015070417312856a.jpg
27.7.4 ミヤマムギラン
ムギランに比べ ちょっと寒さに弱いけれど 作りやすい
しかも 花が赤くてキレイ もうすぐ咲くだろう
この株は しっかり根付いていないので まだくくったまま

パソコンのスイッチを 入れなかったけれど
この間に
多くの方に来ていただき ありがとうございました
このブログに 来ていただき ありがたいと同時に
申し訳ない気もします
なにせ 火星旅行・・・などとの内容なのに

ナデシコも ストライカーだけでは 成り立たない
いい花を作っても 売り場が無ければ 成り立たない
僕も 人に助けられて なんとかやっている
これからも ご指導お願い致します
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

10/21~10/22
◎山野草趣味の会
旧 たちばな保育園

10/28
○森林を考える集い
津山グリーンヒルズ

10/28~10/29
鳥取山野草会
鳥取パレット

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR