堆肥

31日の当地は 晴れ
さわやかクリームパン のような日
昼までもちょい 涼しい

相方と 用事に行く
堆肥をもらったので 畑に散布
鉢の整理

2_20151031173435229.jpg
27.10.30 シラキ

3_20151031173437a2c.jpg
27.10.30 マルバノキ
鉢植えで きれいな紅葉になるのは
シラキ マルバノキ ハゼ タチマユミ カイノキ ブルーベリー コマユミ ズイナ・・・

大きな養鶏場が 奈義町にある
そこから出る 大量の鶏糞の処理のため
希望者には 無料配達してもらえる
ただし 何トンかのダンプで

近くの 田んぼの所有者が
配達してもらっていたので ついでにお願いした

何か 鶏糞らしくない
聞けば おがくずと混ぜ 発酵させてあるらしい

さあ うまい野菜 きれいな花を 作るぞ
でも イノシシが心配
スポンサーサイト

続 塞翁が馬

30日の当地は 晴れ
陰に入れば ちょっと寒いくらい
キュウリと ワカメと ジャコの酢の物が 冷たい

鉢のかたづけ
相方と 用事であちこち行く

1_20151030173444088.jpg
27.10.30 今日のカイノキ
ちょっと風があり 葉が落ちつつある

相方と あちこち行く
どんな用事か 公開するようなものではないが
いろいろな 考え方がある

今日は
人により
こんなに考えが 異なるのかと
改めて 認識した

良い悪いの話でなく
考えの差
どれにしようか

塞翁が馬

29日の当地は 晴れ
さわやかライム うまうま大学芋
雨上がりの このさわやかさ

重要な用件があり 相方と行く 無事完了
鉢の整理
整骨医

1_20151029174328ffc.jpg
27.10.28 カイノキ

2_20151029174329598.jpg
27.10.28 カイノキ

3_20151029174331658.jpg
27.10.28 カイノキ この程度になれば よりキレイ

人は 選択して生きている
何かを手に入れれば 何かを失い
東に行けば 西に行く機会を 失う

いいところばかり 見ていると
悪いところばかり 見ていると
その時の気分が あったり
頭を 何かが グルグル回る

悪いことばかり 考えるのが 得策ではない
のんき過ぎても 後で困る
その時 精一杯考えれば やむを得ない

周知

27日の当地は くもり 夕方から 雨
10億年振りの 雨
でも 今の所の量は フルーツみつ豆の サクランボ程度

歯医者 かたづけ

1_20151027172335507.jpg
24.10.27 カイノキ
今年は これよりちょっと 進んでいる
後日アップ

重要法案などの 国民周知が 不十分 
と言う話は よく聞く

確かに重要ではあるが
事前に 審議中に 国民は どうやってそれを知ったらいいのか
官報で 結果を知ったのでは 意味がないし
官報など 読まないし

考えるに
マスコミ報道で知る 意外に方法がないような
と言うことは きちっと報道していないのか
報道していても 国民が読まないのか

限りなく

26日の当地は 快晴
さわやかな ガラスのリンゴ達のような日
うまそうなサンマが 泳ぐ

刈り払い機修理に ~ 医者 ~ 銀行 ~ 銀行 ~ 農協
1000万円あずけたのでもなく 1000万円おろしたのでもない
シラキ ヤマコウバシの播種

1_20151026222125bcd.jpg
27.10.26 ヤマコウバシ播種

画像は 18㎝鉢に 
二重にも 三重にも 重ねてまいた種子
なぜか
それは 全部水に浮いたから
多分 発芽しないだろうが とりあえず
数えてはいないが 500粒はゆうにある

じゃあ 沈んだのは
何と 32粒
これも全部 発芽するかどうか 不明
自家生産も 楽じゃあない

悩む

24日の当地は ほぼ 快晴
汗ばむような 1日だった
綿花のふわりが ただよう

グリーンヒルズで 販売

1_20151024194121240.jpg
27.10.24 津山グリーンヒルズ
画像より かなり人は多かった

同業者が ほかに2人いた
1人は 山野草や盆栽
あと1人は 洋ラン屋さん
どちらも知った人
話すことは 共通
売れないなぁ

多分 ちょっと方向が違うのだと 思う
なにが悪いのか 世間の波に乗っていないのか
この前から言っているように ちょっと舵を切る
回答を出さなければ どうやって 

脂質砂糖

23日の当地は 晴れ
さわやかピーマン
雲もやわらかく ナイスな日

明日からの用意
あわくら山野草展での 販売品を運ぶ
帰りに くくり罠の修理と 新品1組購入

1_2015102319362475b.jpg
27.10.23 明日 津山グリーンヒルズのイベント
1日のみだが 販売に行く
官公庁 木材関係 飲食 消防 花屋も数件 ぜひどうぞ

夕べ 風呂から出ると
相方が 料理番組を見ていた
リンゴの料理
アップルパイは 好きな部類ではあるが

ちょと見ていると 入れる 入れる 入れる
砂糖 バター 砂糖

人類が発見した 最悪の食べ物は
砂糖と脂質 と何かで聞いた

この僕 当然洋菓子も食べる
ただ 和菓子のほうを 好むだけ

コウム

22日の当地は 晴れ
ちょっと動けば 暑いけれど さわやかゼリー
コロッケ 大学芋 白あん鯛焼きの気分

24日からの用意
棚場のかたづけ

4_20151022173713ad3.jpg

3_20151022173712a66.jpg

2_20151022173711e7b.jpg

1_201510221737094de.jpg
全て 27.10.22 野生シクラメン・コウム
同じコウムでも 葉にこれだけの 変異がある
気の早い株は ぼつぼつ 花芽が見えてくる

さて みちくさでは
道の駅「彩菜茶屋」へ 出荷している
最低のものは 1ポット 100円で出している

全てのポットに 品種名は付けているし
枯れ葉 枯れた花 草は 取っているはず
200円程度までは 鉢カバーは 付けていないけれど

ディーゼル ゴム 杭
全部 見えない物ばかり

大言は言えないが 例え 100円でも 手抜きがあれば 
リピーターは 増えない

植木等さん

21日の当地は 晴れ
汗ばむような天気
とぼけた顔と イワシと ホットケーキが絡み合うような空

ちょっと ある打ち合わせに
24日の用意
医者へ 情けないけれど 仕方なし

1_201510211756392c0.jpg
24.10.21 クロタマホシクサ
3年前も 今年も だいたい同じ
遺伝子に プログラムされているのか 大きくは変わらない

棚場が 広くなりすぎ 管理が行き届かない
と言うか
できない ただ 水をやるだけ の物も多い
来年12月を目標に
半減したい と思っている

思っているが できるかどうか
せっかく作ったのに 何とかならないか
矛盾した気持ちが グラスを回る

植木等さん 分かっちゃいるけどやめられない
ちょい 意味がちがうのだけれど

10に5

20日の当地は 晴れ
タクラマカンの 熱風が水分を奪う
畑は カラカラ
ピチピチチャプチャプランランラン
ちょっとだけ 欲しい

24日の用意
あと あれこれ

1_20151020195340b72.jpg
27.10.20 24日津山グリーンヒルズの用意
花物は少ないものの 若干ある
それは 後にして 木物を用意
赤が見える
カイノキ ハゼ マルバノキ ヤマコウバシ ツタ シラキ・・・

2_20151020195341bc5.jpg
27.10.20 チュウゴクジョウオウギク
どこの産か 知らない
名前からすれば 大陸原産なのか

3_20151020195342e7a.jpg
27.10.20 白山菊清澄
ノギク の中には 産地により 適宜名前が付けられている らしい
これは どこか知らないが 白山産なのか
ハクサン でなく シラヤマ

背中でテレビが鳴り 部分的に ちょい見する
外国人に日本の食べ物を 試食してもらい
人気投票をする

缶詰は 日本のお家芸で
世界でも トップクラス と言うことを知った
だし巻きタマゴ とか 何とか忘れたが
信じられないような 種類も多いらしい

数は失念したが
ものすごい 生産量

さて この爺さん この10年で 何個程度食べただろう
まっ 5個くらいかな

無題

19日の当地は 快晴
降れば長雨 今はカラカラ
畑もよく乾き 一雨欲しいところ
キュウリと鮎が 戯れる

棚場の整理
種蒔き少し イヌビワ コハウチワカエデ アベマキ ヤマハゼ

1_20151019193709b23.jpg
27.10.19 山栗では ないような
近くの山道に 毎年落ちている
相方が拾いに行き 茹でて天日干し中
あと フライパンで煎れば良いらしいが このままでもうまい
普通の菓子よりは うまい

今日は 書くこと無し
不思議なことも 変なことも
起きなかった
現時点では

でも 世の中は 七不思議
ゴム
コンクリート
ディーゼル
1億人
花が売れない

続 んっ

18日の当地は 快晴
風もなく 汗ばむような日
グラスの中を ネオンが泳ぐ

ソルゴの刈り倒しを 子供と3人で

1_201510182023378c1.jpg
27.10.18 太陽はひとりぼっち
明日も 快晴だろう

田舎に住んでいると 地域の草刈りがある
この爺さんも いつか 子供とタッチする
あまり草刈り経験のない 子供に 練習させる
ある意味での 処世術
ごくろうさん 

昨日に続き 今日は 目の前で
不思議なことが 起きる
どうして このようになったのか 分からない
何かが 僕に 何かを 知らせようとしているのだろうか
今夜 神と遭遇してみる 

んっ

17日の当地は 快晴
暑かった
限りなくストックホルムに近いブルー
本当に 透明に近い 青だった

久世 ~ 北房 ~ 美風盆栽展
各展示会を 相方と 回ってきた

1_201510172022588f6.jpg
27.10.17 旧 せんきょう小学校 どんな字だったか 失念
久世展示会は 小学校隣の 久世エスパスで開催

2_20151017202259b70.jpg
27.10.17 フジバカマ
北房展示会で 高さ1㍍以上あった

3_201510172023003b4.jpg
27.10.17 美風盆栽会 会場の津山城址

不思議なことが 今朝 作場であった
悪いことではないような
良いことでもなく
不思議なこと
人間か 座敷童か 神様か 誰がしたのだろう

水をやっていると
普通の物を 不思議な状態で発見
相方が やるはずはない
呼んで見せたが 知らない と

説明のできない ことが 時々起こる のか

すごい

16日の当地は 快晴
ちょっと 暑いような日
風もないし 当然雲もない
空よ 水色の空よ 青リンゴの気分

歯医者 ~ 役場 ~ 某所 ~ 某所 ~ 某所
花のことは 今日は何もせず

1_201510161756107ef.jpg
27.10.16 某所で 題名 何とかサメ と書いてあった
小学校6年生の 男の子の作品
新聞紙の ちぎり絵か 貼り絵か よく分からない

2_201510161756119c0.jpg
27.10.16 某所で

この絵は 1年生の作品
名前で 男女どちらかは分からない
どちらも 横向きの白っぽいのは
ガラスに写った 蛍光灯の光
もう1枚 写したいのがあったけれど
バッテリーが なくなった 残念

某事業所の室内に 何かのコンクールの入賞作品だろう
何枚かの 展示があった どれも すごい と感じた
この絵の題名 ほしになったりゅうのきば 
感性すごい

付加価値

15日の当地は 晴れ
ここのところ 安定した空模様
焦げホットケーキと 蒸しパンがコラボしている
まったりとした クリームパンのような日

草刈り 銀行へ ケト玉作り

1_20151015180648383.jpg
27.10.15 昨日作ったケト玉
左は何かのキンバイ類か ヤブコウジ フウチソウなど
このまま置いたり コケをまいて コケ玉にしたり

2_20151015180650576.jpg
27.10.15 26.10.28作ったケト玉
右は ササと ダイモンジソウ
左は ベニアシと 開花が始まった コウズウメバチソウ
掃除をしていないので だらしないが コケが付きつつある

3_201510151806515e3.jpg
27.10.15 ワイルドオーツの ケト玉
時期不明だが 作って2年程度の ケト玉
すっかり コケに覆われている

ケト玉とは
ケト土で植物を覆い コケを自然発生させる
ホソバオキナゴケを バラバラまいて それを発生させたり
コケは付ける物でなく 付くもの
それが ケト玉の基本

早く勝負しようと思えば コケを巻いて コケ玉にする
そうすれば 植える物にもよるが
来年初夏には 製品になる
どちらも 作るつもり
ケト玉を作っておけば 相方がいくつかに コケまきするだろう

曲がるぞ

14日の当地は 晴れ
青い空に 時折薄墨色のような雲
焼き芋か グレープフルーツのような日

あれこれ ケト玉を作る
久しぶりに くくり罠を 1カ所のみ仕掛ける

1_2015101418260760c.jpg
26.10.14 黒ガキ
10年以上前 義父から苗木をもらった
今年は 成り年のはずなのに とても少ない
見た目 熟れていないような肌 堅い食感
けれど 独特の味で うまい

特記事項の ない日だが
ケト玉を 20個程度作った
誰でもは作らないし 1年半持ち込めば
かなり 良くなるはず

画像は無しだが 昨年10月28日に作った物は
それなりには なってきた
来春には デビューできるはず

アベノミクスで 景気がプラスのはずなのに
売れ行きは 良くない
ヘアピンほどでは ないが ちょっとカーブ予定

ちょっと②

13日の当地は 晴れ
穏やかで 適度なカルボナーラ
あんパンだったり 綿菓子だったり 時にはサバが泳いだり

勝北・勝田の 鉢物整理
針金かけ ガビサンイヌビワ クヌギ カマツカ ツリバナマユミ・・・
ホトトギスの植え替え

1_20151013180036c06.jpg
27.10.13 シシトウ トマト ナス 山ブドウ
ミニトマトは うまくできず ほとんど食べるところには いかなかった
最近 なり出したのは 知っていた
フン いまさら 試しにちぎって食べる
アッ こんなに甘いトマト 食べた事がない
異国の果実に似て 不思議

2_20151013180037dba.jpg
27.10.13 当然コスモス

爺さんが まだ二十歳の頃
事務所で仕事中 ある人の書類が悪く
つい 一人言で悪口を言う
たまたま その人が 窓の外にいて 聞かれてしまった
ちょっと しょげていた

やがてボスが来る
沈んでいたのだろう 訳を聞かれ一言
○○君 心配するな
人を正しく評価すると まず 悪口になる

けれど 処世術として 誰の悪口も言わない方が いい かな

ちょっと①

12日の当地は 晴れ
空を見る 余裕がなかった
けれど 完熟安納芋のような天気
甘く ねっとり 快適

昼まで 水をやったり
午後は 相方と 勝田盆栽・山野草展の見学と 引き取り

この3日間 勝山 勝北 勝田各会の関係者の皆様 買っていただいた皆様 ありがとうございました

1_20151012175923498.jpg
23.10.12 島根県の山で調査
周りはホオノキの ほぼ純林
実がないかと探したが 1粒も発見できず

はっきりと 全部は覚えていないが
だいたい 以下のような内容

・君の言っていることは本当だ
ただ 本当のことを言うと 嫌われるぞ

嫌われても日本のためになる 立派な仕事をやれ
と言う 崇高な話なのか
嫌われると 選挙に落ちるぞ と言う凡人の発想か
当然前者だろう
時の 竹下総理が ある政治家に言ったそうな

凡人は 人に好かれるのも 重要

ありがたい

11日の当地は 晴れ
寒くもなく 暑くもなく 快適

何をしたかなぁ
あれこれしたけれど 特記なし

1_201510112029092e5.jpg
23.10.15 ツリバナマユミ
島根へ出張したとき 山中で見つけた
その空間が 真っ赤に見えるほど ウジャウジャなっていた
いっぱいもらってまいたけれど 1本も発芽しなかった

いつもお世話になっている Nさんから 貴重な種子をいただいた
以前 あれば欲しい と話していたのを
覚えていてもらって いただいたもの
それを 今日まいた
人は 1人では生きられない

この種子にしても 普段のつきあいから
いただいたもの 本当にありがたい

あまり 酒は飲まないが
今日も ちょっとだけ飲んだ
思えば これも ありがたいこと

特異点

10日の当地は 晴れ
ウフフフ フフ フフフフン のような日
さわやかドライパインのよう

勝山山野草展へ販売品持参 ~ 津山山野草展
勝北山野草展 ~ 勝田山野草展へ運び ~ 出荷

1_20151010212308be3.jpg
27.10.10 勝山会場 ダイモンジソウ ツタ 黄金セキショウ

2_2015101021230962f.jpg
27.10.10 勝北会場 イワシャジン

3_20151010212310115.jpg
27.10.10 勝田会場 ダイモンジソウ 屋久島ヤブコウジ コクリュウ
津山の画像は 縦になったので 失礼ながら未計上
どこの会も 良品がありました

勝山に行く途中
これでもか この野郎 これでもか
と言うほど 信号にかかった
これほど ひどかったのは あまりないような
けど 今日も無事故で ありがたや

ところで 今日は 特異日なのだろうか
信号にはかかるは
5時前に 出荷した ロウヤガキが
閉店までに 2鉢売れたり

特異点は ホーキング博士に

花屋の儲け⑦

7日の県中部は 快晴
地中海にも バイカルにも アンドロメダにも勝る 青
スイートポテトのように 快適

昔の職場関係で 山に行く
旭川ダムなのか ダム湖を眼下にして カメラを出す
出そうと思ったけれど なかった

1_20151007201014e97.jpg
23.10.7 だから過去の画像 四国剣山ロープウェイから

2_20151007201015685.jpg
25.10.7 ミゾソバ

3_201510072010175de.jpg
26.10.7 今年と あまり変わらない

みちくさの販売は
およそ300円~5000円程度の 商品
主力は 600円くらいか

仮定 しかも虫の良い
1鉢当たりの純益が200円として
毎日20鉢 365日売れたとして 純益146万円

これだけ毎日やっている
花を半分にして 毎日の野菜を作れば
もっと利益は 出るだろう
と 時々 脳みそに電気が走る

花屋の儲け⑥

6日の当地は 晴れ
ポツポツと 10円玉程度の 綿菓子が浮かぶ
ブルー 青 マミーブルー
さわやか さわやか さわやか気分

今度のイベント用意
3カ所あるので ひっくり返したよう
あちこち行く 瓢箪から駒 棚ぼた のような1日だった

1_20151006194923184.jpg
27.10.6 ビックリおもちゃ箱
金曜までには 何とか片付けなければ
左紅葉は カイノキ
手前は 盆栽風の モミジ クコ ツルウメモドキ・・・

2_201510061949249f7.jpg
27.10.6 夕焼けとキス ぼんやりコスモス

物には 相場というものがある
出来の善し悪しで 少しの±はあるが
500円が 世間相場なら それで売る必要がある

自分で増やし 元手が30円でも500円
セリで飛びすぎ 600円でとっても 500円
300円で仕入れても 500円

だから 自分で増やさなければならない
だから 付加価値を 付けなければならない
だから 難しいし おもしろい

軽く言うようだが 多分あと1回程度 

花屋の儲け⑤

5日の当地は くもり 夕方から 晴れ
ナマズがただようような状態から 青い世界になる
初めて アンダーシャツを着る
特に 邪魔にはならなかった

役場ほか
アネモネ・ブランダ 黄花イチゲ 八重イチゲなどの植え替え
セツブンソウや アネモネ・ブランダは 発根が始まっている
残りは やめて そのまま育てることとする

1_20151005195331ec7.jpg
27.10.5 チェッカーベリー
赤く大きな実が 長くみられて これからがシーズンになる
和名 大実ヤブコウジ

2_20151005195332eb9.jpg
27.10.5 スズカケソウ
花の一部だけれど とても繊細な花
絶対に売れると思ったけれど 展示会では 売れなかった
こんなことは よくあること
思いもしない物が 売れることもある
あぁ 銀河系七不思議

3_20151005195334bf9.jpg
27.10.5 山コウバシの化粧
縦になった
赤でも 黄色でも 茶でもない
例えようもなく 甘美な ブレープフルーツの世界

さて 80%程度の経費がかかり
20%の収入か
いえいえ そうではありません
残念ながら

売れ残るもの その後枯れるもの
いろいろ あります
残っても 増殖させ 次年に販売するものも 当然ある
けれど ロスが出ると とりあえず残念です
儲かっているかどうか 分からないけれど
これだけでは 生活できません 絶対に

いやはや

4日の当地は 晴れ
さわやか フルーツみつ豆
秋の このよき日

あれこれする
みまさか山野草会への 引き取り
関係者の皆様 購入していただきました皆様
ありがとうございました

1_20151004202206e23.jpg
27.10.4 今日のコスモス

2_201510042022080fd.jpg
27.10.4 今日の展示会で
一番好みだった コナラ
右後ろは チェッカーベリー みちくさでは 大実ヤブコウジの和名で販売

3_2015100420220924b.jpg
27.10.4 八重箱根菊
展示で 一番華やかだった鉢

どこでもドア
タイムマシン
聞き耳頭巾
八身の術 影分身サスケ
スーパーマン
時間よ止まれ 不思議な少年
ステーブン・セガール

以上が 合体すれば可能
つい 昨夜見てしまった
ナイト&デイ

花屋の儲け④

2日の当地は くもり 後 快晴
あこがれの青い空 
中央アジアの平原にて の気分
さわやか ジューシー梨

明日からの 販売用意
重要な用事で 人と会う

1_20151002202941ce9.jpg
27.10.2 うつらうつら 寝転んでいたような 秋桜
草が いっぱい生えて おもしろくないけれど

2_20151002202942267.jpg
27.10.2 おもちゃ箱見参
広げ散らしたが 夕方には 片付いた
中央の紅葉は カイノキ
その手前 サツマノジギク ノギク イワギクのブロッコリー作り

下記4項目の 数字を足して下さい
植物原価 
荷造り・送料
消費税 8%
手数料 どこで売るかにより異なる

いくらになりました
99以下なら儲け
100で±ゼロ
101以上なら 赤字

この計が せめて80以下にならないと 苦しい 続く

花屋の儲け③

1日の当地は くもり 後 雨
冷たい雨だった
シャツ1枚で出勤 寒くてずっと置いてあったベストを着る
タコの酢の物の気分

3~4日の イベント準備
ずっと カッパで仕事
昼ご飯は 上着を脱いだだけで 外で食べる

2_20151001180359444.jpg
23.10.1 野生シクラメン・グレークム
シクラメンから 過去ちょっと手を抜いた
今ではグレークムも絶え 大きな後悔をしている
用意中のムギランの画像が 縦方向になるので これを使用

次はセリ市
ベストは 欲しい物があり 競争相手がいない場合
こんな時は かなり安く買える
ただし こんなことは ほんの時たま

3人以上で 競争する時はそれなりになるが
悪いのは 2人の時
1000円までと決めていても 勢いでつい行く時がある

落としても 売れればいいが 売れない時もある
近くても 県南であり 交通費もかかる
良いのか悪いのか よく分からない けど おもしろい
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR