うっっ

30日の当地は くもり
風はない
風呂場で 熱いうどんを食べる感じ

あることをする
サシキは 山のツツジ イソサンショ カシワバアジサイ 野バラ 光岳キリン草 コケモモ 斑コケモモ 山アジサイ5種
除草剤散布

1_20160630203336793.jpg
23.6.30 アポイキキョウ 今年もいくらか咲いている

2_20160630203337e11.jpg
23.6.30 ウチョウラン
暑さに弱く 作りにくいので 最近は取り扱っていない
だから あまり人には進めたくない
これは 専門業者から 球根を購入し 栽培したもの

酒は ほぼ毎日飲む
冷たい 日本酒オンリー
けれど 量は 非常に少ない

だから と言う訳では無いが
甘い物も ちょい好き
今日 カリフォルニアレーズンを食べ
ふと 袋の裏を見る
うっっ あっ げっ なんと
100㌘中に 糖質73.5㌘ と書いてある
砂糖のかたまり だった
スポンサーサイト

B

29日の当地は くもり 後 雨
寒くはないが こう続くと 何とかしてくれぇ
ソーメンをすすり スパゲッティをかじるような

某所 ~ 某所 ~ 美作市役所 ~ 買い物
午後は 抜けるように本を読む

1_201606291754062bf.jpg
28.6.29 雨と合体

2_201606291754073d6.jpg
28.6.29 ユリも 大株草玉も

50年前
ビートルズがやって来た
飛行機から降りるところ
コンサートの中継を 見た

普通の高校生と同じく
音楽は 聞いていたが
ビートルズは どうも あまり好きではなかった

フランス・ギャル ジリオラチンクエッティ ダニエル・ビダル ビーチボーイズ当たりのほうに興味があった
1番は アニマルズ 「朝日の当たる家」

彼女が

28日の当地は くもり 時々 晴れ
特に午後は 蒸し暑かった
中途半端な温度の アップルパイ

ちょいとある所へ
サシキしたのは 緋ネム ナツハゼ チェッカーベリー
ブルーベリー収穫

1_2016062820232572c.jpg
28.6.28 昨日と同じ 緋ネム

2_20160628202326b24.jpg
28.6.28 昨日より よく開いた

3_20160628202327558.jpg
28.6.28 ウーン セクシー

すごく気に入った
売らずに 増殖することにした
当然 価格にもよるが
このように 横張りでなくとも
縦方向に伸びていても 花が上がれば
売れるだろう

吸い込まれていくような
妖精が 住んでいるような
絶対に 増やしてやる
アン・シャーリーを イメージする

儲けた か

27日の当地は くもり 帰るようになって降り出した
十分だけれど どうせなら 夜に降ってくれ
ちょっと冷めた ぜんざいを食す

彩菜茶屋へ出荷 ~ ちょい用事 ~ 買い物 ~ 出刃は持たずに銀行へ
斑クマヤナギのサシキ
スプレーキクの鉢上げ

1_20160627181910012.jpg
28.6.27

2_20160627181911954.jpg
28.6.27

3_201606271819133d9.jpg
28.6.27

この前 セリから持ち帰った 緋ネム
緋ネムとラベルには あるが
以前取り扱っていた
緋ネムや 高麗ネムとは ちょっと異なる

これは売らずに 増殖することにした
当日は 花はうまく見えなかった
咲いてビックリ はじけた
冬の管理が不明だけれど
これは 絶対に増殖しなければ
こんな 拾い物も 時々はある

5の3

26日の当地は くもり 午後遅くから 雨になる
暑くも寒くもない まあまあの日
クリームチョコレートから ビターに変わる空

サシキは よく分からないピンクのウツギ 多分 この近辺の自生種と思う
ナツハゼの 寄せ植えを作る
雨とともに 本と同化

1_201606262025259bd.jpg
28.6.26 四季咲き性西洋ニンジンボク
緑と 上品なピンク

2_201606262025266ef.jpg
28.6.26 サッコウフジ
もうすぐ 変わった紫花が咲いてくる

3_20160626202528838.jpg
28.6.26 コケ玉にまいてある 河原ナデシコ

4_2016062620252957d.jpg
28.6.26 ホタルブクロも 咲いている

5人のうち 3人分かった

ちょっと前 車番で八幡様の当番をした
秋祭りに参加する 小学生の名前が 
分からない 読めない

体操女子 リオ代表
20歳が一人
後は 10代
3人だけ 名前が読めた

僕には 女の子も孫娘も いない
女の子なら ひらがなもええなぁー 

何とかなるだろう

25日の当地は くもり
柔らかく 涼しい風が来る
ソーダー水 はじける水 蒸留水 みたいな日 信じられないような日

久しぶりに 家族で昼ご飯に行く ~ 買い物
リョウブ・武田錦 ヤシャビシャク 桃花テイカカズラ 姫クガイソウの サシキ
ナツハゼの寄せ植えを作る 秋に間に合うか

2_20160625205245958.jpg
28.6.25 どうしても方向の修正が できない

ホオノキと 画像下はキササゲの葉
しばらく楽しめそう
早い話が この前 売れなかったから

先日の セリ市
知り合いの人と話しても
やはり 売れない と言う話ばかり

誰のせいでもありゃしない
みんなおいらが悪いのか 尾藤イサオ

何とかなるだろう
何かの神様が 助けてくれるだろう

初出荷

1_2016062422012136c.jpg
28.6.24
この時期の 切り花初出荷
ガマ グラジオラス2種 アリウム リアトリス
完全露地栽培で作った物

まだ 遊びみたいなもので 試験栽培的なもの
これから ケイトウ アスター などの植え付けが控えている

無題

24日の当地は 雨
風は無かったけれど 濡れると寒い
素人が コンクリートを塗ったような 空

サシキは 姫更紗ウツギ あと品種不明のウツギ2種
後は 読書で終わり

1_2016062420271112b.jpg
24.6.24 某酒蔵

もう 4年前になるのか
美作市の 酒蔵へ 相方と夜行った
ここでは 古い酒蔵を使用して
いろいろなイベントを やっているらしい
詳しくはないが 1度行っただけ

その時は
有機野菜で作った カレーを食べる会だった
そして その人の指導で 文書の書き方・・・
山陽放送の アナウンサーもたまたま来ていた
おいしかったです

選挙

23日の当地は 晴れ 時々 くもり
明け方の豪雨が ウソのような日だった
今日も 熱々の親子丼が ウマイ

彩菜茶屋へ出荷 ~ 役場で有害鳥獣登録申請
昨日の サシキをする
畑などに 除草剤

あまり 詳しくは見なかったけれど
歌手 俳優 芸能関係者が 10人程度立候補

名前を聞いたことがあるのは
高木沙耶さん のみ
後は アナウンサー スポーツなど含めても
一人も 知らない人
もっとも 高木さんとて 顔は出て来ない
まっ 決して自慢はできないが

誰を選ぶか
将来を考え 慎重に考えよう

セリ市

22日の県南は 雨
それも かなり降る
ごっつい がっつり 大雨だった
寒くはないが

県南のセリ市に 相方と行く
朝夕に サシ穂作り 明日 サシキする 斑ヤブレガサ ギンバイソウ 斑ヤブコウジ テイカカズラ

1_201606222037533e3.jpg
23.6.4 フナバラソウ
かなりの地味花

2_201606222037547ff.jpg
26.6.4 紅花ヤマシャクヤク
現在 生きてはいるが よぼよぼ
結構 高価だったのに
聞くところによると 紅花は性質が弱く 多くの人が なくしているらしい
その代わりと言うか 赤のフリルが付いたものは 強いらしい 
けど高い

セリは 失敗だった
特に欲しかった 草玉用の皿は 正解だった
次の 緋ネムセットも まあまあ正解だった
けれど ケースの鉢物は 失敗した

新米なので 最後尾の席に着いている
よく 全体が見えないのに
つい いってしまった
美男カズラ テイカカズラ 黄金メギ 何かのバラ 不明
5鉢セットに つい 走りすぎた
まっ こんなこともあるか とあきらめる

特記無し

21日の当地は くもり 時々日が差す
夕べの豪雨と 9時頃のかなりの雨 よく降る
ジリオラチンクエッティ 「雨」 いい曲です
雨の被害が 出ませんように

ちょっとある所へ ~ 某所
サシキしたのは アジサイ・星の煌 アジアン系のピンク ヒョウタンボク 野バラ3種

1_20160621223755b1a.jpg
28.6.21 ブルーベリーの収穫が 本番になる
けれど 取るのが大変

2_201606212237564ad.jpg
28.6.21 深めのタッパーいっぱいが 今日の収穫

3_20160621223758155.jpg
28.6.21 突然の 斑ミヤコワスレ
予想外に 人気がある

4_20160621223759dff.jpg
28.6.21 雑草の宝庫

何か うまく動かない
ちょっと ひっかかる感じなので
これで中止します

無題

20日の当地は くもり 時々 晴れ
前戦の影響なのか 蒸し暑い
ボケーとしてくる
日光浴させたご飯に チン不足の茶碗蒸しが おかずのような

販売の整理
サシキしたのは 桃花ヤブデマリ カマツカコケモモ オトコヨウゾメ ヤクシマカカラ
ちょっと用事で

3_20160620221556914.jpg
28.6.18 アジサイ フウチソウ 空中のムベ・・・

2_20160620221555457.jpg
28.6.18 ミセバヤ 一才カナシデ ツリバナマユミ紅奴・・・

1_201606202215540ef.jpg
28.6.18 アジサイ ウチョウラン 斑コムラサキシキブ・・・

言葉とは恐ろし
言葉は 何とかの暴力 と言うコピーがあったなぁ

気に入らない時
勘違いした時
意識的な時
気持ちにムラがある時

僕も そんな時がある
・・・
注意しよう と思っても
なかなか

終了

19日の当地は 雨
昨日の 好天猛暑が一転 恨めしい雨
強く 弱くだったけれど 横から来なかったので まだ良かった
イカスミ団子が 押しよせる

昨日に続き 那岐山麓山の駅での展示・即売会へ

1_20160619201326ece.jpg
28.6.18 販売カ所
人がいない時の様子 同じ程度のカ所が 右奥にもある

2_2016061920132730e.jpg
28.6.18 同じく

3_2016061920132979c.jpg
28.6.19 展示
大きいのは マキエハギ チェッカーベリー ネズミガヤ ショウマなど
左小鉢は ヒノキゴケ
右小鉢は 屋久島ユキノシタ
その右 曲線の鉢は チヂミショウマ

今年前半のイベントは 
全て終了しました
関係者の皆様 買っていただいた皆様
本当にありがとうございました
今後とも よろしくお願い致します
今回も いろいろな 人間模様がありました
大勢 集まれば 行動も いろいろです

清酒 久保田をもらったり
好物のカレーを 作ってくれたり
子供にも感謝の 今日この頃

さあ やるぞ

17日の当地は 晴れ
相も変わらず 蒸し暑い
サイダーと ホットミルクの雲

明日からの イベントで 展示に行く
帰って用意 夕方軽トラ一車分 販売品を運ぶ

1_20160617204144d21.jpg
よろしかったら ぜひどうぞ

2_20160617204146d18.jpg
28.6.17 那岐山麓山の駅
昼ご飯を食べたり お茶にしたり
レンガ画像奥が みちくさの販売場所
さあ やるぞ

3_20160617204147e84.jpg
28.6.17 南方向を見る

みちくさ近辺は
蒸し暑く ドロッとしたような 空気
山の駅に行くと
とたんに 空気はサイダーになる
かなり標高が高いし
南が開けて 風も来る

今日 ある人から ありがたい電話
山野草とは 関係のない話
せっかくの好意だが 事情があり断ることにした
本当にありがとうございました

販売品用意

16日の当地は くもり 後 雨
冷たくはない しっとりとした雨
昆布と煮干しか 出汁を取っているような 空

ちょっとあるところへ
ひたすら 販売品の用意

1_2016061620052236b.jpg
28.6.16
販売用の 鉢物 ポット植え コケ玉・・・
真ん中のこんもりモコモコは ホオノキ
このホオノキ 栽培は比較的容易だが 種子の入手が 極めて困難
人参は 発芽したら 半分は成功したようなもの と言われる
けれど ホオノキは 種子入手が 成功の90%以上

2_201606162005238cf.jpg
同じく ガラガラ玉手箱
この時期 花は少なく どうしても葉物が中心となる

何か 今日は疲れ気味
充実しては いるんですが 

四国ギボウシ

15日の当地は 高曇りのような 晴れ
蒸し暑い
ぬらりひょんも あずき洗いも 砂かけ婆も 背中や脇きに とりつく
ほんの ときたま 吹く風がいとおしい

サシキは 覆輪アセビ 極姫アセビ カンボク ノリウツギ カマツカコケモモ
あとは 販売用意

1_20160615204739762.jpg
28.6.15 黄花コスモス
補色関係みたいに すごく目立つが 人気は今ひとつ
山野草の部類では ないかも

2_2016061520474009f.jpg
28.6.15 細葉三葉シモツケ
ゆーらゆら 風になびくのは風情があるが 今少し 背丈が低ければ

3_20160615204742a9b.jpg
28.6.15 斑クマヤナギ
これも目立つ ソーダ水みたいに キリッとしている

4_20160615204743890.jpg
28.6.15 四国ギボウシ

この四国ギボウシは
ちょっと見 どうってことは無いが
かなりの貴重品
増殖率が 極めて低いし
一般的には 白っぽい花色の中で
この青紫

以前 ある人が
これを必死で探したけれど 見つからない
こんな所で 売っていたのか と
まっ 悪気の発言では なかったけれど

うーむ

14日の当地は 晴れ
暑い 汗が今日はと しつこく来る
ガラスのシュークリームの 空

サシキは ブルーベリー ヤマコウバシ 斑紫シキブ ♀ハナイカダ
キビヒトリシズカの播種
あとは 19日からの 販売用意

1_201606142045289cc.jpg
28.6.14 散らかっている
ナツハゼ 山アジサイ カクレミノ マルバノキ ハナイカダ ハンテンボク アオダモ 西洋カマツカ カンボク タニワタリノキ 盆栽素材・・・

2_20160614204529fc1.jpg
28.6.14 こちらもガラガラ玉手箱

3_2016061420453150c.jpg
28.6.14 帰る途中で
多分クサガメ 
ミシシッピーアカミミガメとの雑種は このあたりでは まだ少ないのか

時々 おじゃましている アメーバーさん
世界の成功者は 何を考え 何を実行しているか と

例として フォードと マイクロソフトがあげてあり
要約すると
エンドユーザーは 何を求めているか
それを 考え 行動しているとか

うーん 耳が痛い
同じ製品なら安く 同価格なら 高品質に
斬新な作りや 可愛い作りや
季節感 新鮮さ 意外性 できるかなぁ

ブルーベリー

13日の当地は くもり 後 晴れ
昨夜の豪雨も 夜明け前には 上がったらしい
午後は ダニエルリカーリの スキャットみたいな雲

ちょっと ある所へ ~ 買い物
サシキは 紅花アセビ ナツハゼ 黄花風鈴メギ イヌビワ 品種不明のノリウツギ
妨鳥ネットを張る
販売用意

1_20160613203104b3c.jpg
28.6.13 奥にブルーベリーがある

2_20160613203105f39.jpg
28.6.13 妨鳥ネット張り上げ

3_20160613203107ad9.jpg
28.6.13 乙女達は まだ青いリンゴ

4_20160613203108206.jpg
28.6.13 最初に熟れ出す デューク

町おこしとか 独立で
ブルーベリー栽培を している
と言う話は 比較的よく耳にする

品種を適正に選べば
特別な管理をしなくても
まあ それなりには 収穫が期待できる

ただし 問題は 誰が収穫するか と言うこと
ネットで覆わなければ
あっと言う間に 鳥たちが頑張ってしまう
あまり 安易に考え無いほうが 良いのでは

スイセン

12日の当地は くもり 後 雨
冷たい雨ではないが 憂鬱になってくる
ピーナツバターを ムラ塗りしたような パン

スイセンの堀上げ
ミツデイワガサ マルバノキ シカに踏まれて折れたダリアの サシキ
後は 読書で夕暮れに

今日は 3枚の画像が 縦
見苦しく 申し訳ありません 修正方法不明

4_20160612183305d98.jpg
28.6.12 キササゲの葉が おもしろい

3_20160612183304cfb.jpg
28.6.12 斑イワガラミ
白いのは 花で無く 萼か何か
通路をはさみ 少し離れて

2_201606121833031b3.jpg
28.6.12 紅花イワガラミ
これがある
毎晩 ウフフ うふふと デートしているだろう

1_20160612183301678.jpg
28.6.12 緑の中で カシワバアジサイが 目立つ

天気を見計らい
気になっていた スイセンを 堀上げる
何とか 雨までに 大部分を 掘り
あと 数種類残っている

このスイセン達は 観賞のためだったけれど
来年からは 切り花にする予定

チューリップの切り花は 球根は 1回しか使えない
その点 スイセンは繁殖力も強い
しつこいけれど 商売なので 収益率を上げないと
でも 趣味だけのものも いっぱいある

ナギナタガヤ

11日の当地は くもり 時々 晴れ
とにかく 蒸し暑い
汗が背中を ぬらりひょん
昆布だしの中の 白玉のようなもの

山アジサイのサシキ
フタリシズカの コボレを拾う
販売の下準備

1_2016061120255040d.jpg
28.6.11 百合たち
手前は 名花ローリーポップ
奥は 昨年どんな名前を付けたか 忘れた
今年は 「ほくほく焼き芋」にするか

2_20160611202552144.jpg
28.6.11 ササユリ
毎年安定して 2~3輪咲いてくる

3_201606112025539dc.jpg
28.6.11 ナギナタガヤ だと思うのだが
植えているのは 切枝にする予定の 山ガキ

4_20160611202555c71.jpg
28.6.11 こちらも けど本物か

10年くらい前か
果樹園の救世主 
ナギナタガヤのことを 知った
冬から発芽し この時期に倒伏し
雑草を押さえ 堆肥になる

いろいろ探したが 見つからず
あきらめていたのが
今年 ドーンと進入
やっぱり 木の物に対しては 効果がありそう
雑草があるのが 嫌いな人には 不適切

無題

続きを読む

ハンドルを

9日の当地は 雨からくもり 午後は ゆっくりと晴れて来た
蒸し暑い
昆布と椎茸の出汁の 若竹汁のような空

出荷 ~ 買い物 ~ ちょっと用事を
アジサイのサシキと 植え替え
剪定をしたり

1_2016060920390421d.jpg
28.6.9 アジアン 青系
園芸種だろうが 最近のものとして昨年入手した
これは まだ新しいので 売れ筋だろうと
昨年サシキ みちくさでは 来年デビューか

2_20160609203905cdd.jpg
28.6.9 アジアン 赤系
同じく

言ってばかりでなく 
考えるだけでなく
ハンドルを 切らねば
今のやり方は 停滞している

自給率を上げ 新鮮な作りをし
売り上げより 収益率を重視する

長く作場にいるだけでは 意味がない
ドリフトほど 急には曲がれない
けれど 曲がらなければ
考えを変えろ

なぜ

7日の当地は かなりの雨
午後遅くには上がり 曇ってくる
ドジョウの 群れみたいな空

某所 ~ 某所 ~ 那岐山麓山の駅 18日からのイベントに備え バーコードを 作りに行く
午後は 本を読み
夕方は ヘゴやコルクに 液肥をやる

1_20160607223710524.jpg
28.6.7 雨の那岐山麓山の駅
ここまで上がれば ちょっと寒い

2_201606072237120c1.jpg
28.6.7 雨のローリーポップ
もう何年 植えっぱなしだろう
今年は畑に 植える予定

3_20160607223713fa2.jpg
28.6.7 ヤマボウシも濡れている

どうも よく分からない
景気が悪く パイの奪いあい などと言うが
別に 儲けなくても かまわない
と言う 商売人も 実際に存在する

ある物が入荷するか と照会した
名前と 電話番号を伝えているのに
何の 連絡もない

売る気もない 買ってもらわなくても大丈夫
と 無視されることを承知で 無視されているのか

僕は していないだろうな

またやった

6日の当地は くもり 後 晴れ
蒸し暑い ハダが潤うほどの タダの空気
十分すぎるほどある
別の物が 十分欲しい

出荷 ~ ある所 ~ 買い物や郵便局
アジサイ 日高ミセバヤの植え替え
鉢の整理

1_20160606202821aad.jpg
28.6.6 山アジサイの名花 星の煌
聞くところによると 別の名前もあるらしい
ちょっと違うからと 名前を変えたのか
それは 別にして とにかくキレイ 私キレイ

2_20160606202915148.jpg
28.6.6 キンロバイ

昨日 今頃キンロバイが と書いた
作場のあちらこちらで 咲いている
調べて見ると ちょうど今が 花期 だった
恥を 銀河の彼方に向け オープン

実は 同定できない種が ちょいちょいある
今日も 不明のノギクを 調べるが
分からない 貴重な1時間を 浪費する

そのうち 相方が どこかにあったポットから
あった とラベルを持って来る
消えそうに 「姫小浜菊」と読めた

一昨日

5日の当地は 雨 後 くもり
この時期は 地面の気持ち悪い所がある
土はじめじめ 蘚苔類か何か 感じ悪し
梅雨は 仕方ない

相方と 出荷と買い物など
法面に除草剤散布
鉢の除草や あれこれ

1_20160605221436b09.jpg
28.6.5 ジャイアンツ田んぼ予定地
来週に 田植えイベントがある
その準備だろう 区割りなどしていた
テントでは 焼きそばなのか 何か焼いている様子
久賀ダム堰堤から

2_2016060522143765f.jpg
28.6.5 ショウマ

3_20160605221439baa.jpg
28.6.5 なぜかこの時期 キンロバイが一輪

4_20160605221440218.jpg
28.6.5 ダルマウツギ
ノリウツギの 矮性種とのこと
改良されたものか 選別個体かは 知らない

今日は5日 3日のことを どう言う
一昨日は 書類などでは使うとしても
おととい と言っている

今日の新聞に 文筆家 と言う人が
おとつい と書いていた

調べて見たら 
地域によっては 「おとつい」 と言う 地域もあるらしい
難しいのか 多様性があるのか
どちらも違って どちらもいい
と 金子みすゞは言うだろう

4日の当地は くもり 後 雨
とうとう入梅らしい
夕方は 焼き芋と 上着が欲しいような気温

田んぼに クローバー定植 雑草を押さえるつもり
鉢の除草
ミヤマムギランの引っ越し
アネモネ・フルゲンス ナンキンコザクラの播種
ハクウンボク ウリハダカエデ 品種不明のモミジの植え替え

1_2016060422071509b.jpg
28.6.4 ハンテンボク または ユリノキ 別名チューリップツリー
向きが悪いけれど 個性的な葉に 銀の雨

昨年の日付は知らないが 本日入梅らしい
歌には 雨がつきもの

赤い袖に 白い雨
雨が 小粒の真珠なら
銀の雨が降る 銀の雨の中
どうも 白っぽい透明感を思うらしい

雨が降れば 水やりは必要ない
梅雨の雨は 降りすぎるけれど
夜降って 朝までにやんでくれたら
透明に近い ピンクの雨

サッカー

昨日も 3日も当地は 快晴
透明感があり 湿度が低く 初秋のような日
太平洋に 洋梨3個程度の雲

エビネの植え替え
午後 なぜか頭痛がし 夕方まで寝ていた
こんなことは いつあっただろう

1_2016060322435674c.jpg
28.6.2 作場の様子 透明感あるかな

2_2016060322435898e.jpg
28.6.2 透明感あるかな

4_20160603224401be7.jpg
28.5 タチカメバソウ 長野県にて
みちくさにも 以前中国山地産があったけれど 30㎝程度だった
この個体は 50㎝もあるらしい
撮影 好青年浮草さん

今日のサッカーは できすぎだった
簡単に勝てるな と思わなければ 良いが
ブルガリアチームは 好感が持てた
何かあれば サイドラインに ボールを出してくれたし
行き過ぎた プレーも 見られなかった
リオも ワールドカップも やれ

福山市の方から 荷物が届いた
私の勘違いか 何か分からないのだが
ご迷惑をかけたことは 事実
ブログで理由は 公開しないが ありがとうございました

特定・・・

1日の当地は ほぼ快晴にちかい
秋のようで 青の透明感のある日
それなりに暑いけれど 風は心地よい
スイートポテトと 茹でじゃがのような 雲

ちょいと用事
田に シャクヤクを植える もう 鉢作りはやめることにした 切り花用にする
あと 何をしたか忘れた

1_20160601223852e4e.jpg
28.6.1 オオキンケイギク
法面に侵入してきた 特定外来生物

2_2016060122385358d.jpg
28.6.1 山アジサイの名花 星の煌
ちょっと開いてきた
すいこまれそうな 濃い青花

3_20160601223855420.jpg
28.6.1 今日の日暮れ スプートニークス 空の終列車

特定外来生物は
繁殖 栽培 移動などが 環境保護のため 禁止されている
オオキンケイギク キョン オオクチバス ブルーギル ボタンウキクサ 
などが対象

他に何があったか 記憶にないが
聞いたことも無いような 種が ズラズラとあった

さて このオオキンケイギク
見た目にはきれいなので
刈らずに残されているのを よく見かける
その場合 違法かどうか どうだったかなぁ
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

4/22~4/23
○北房山野草展
北房文化センター

5/6~5/7
○勝北山野草押し花展
勝北公民館 文化センター隣

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR