どうしてる

30日の当地は くもり
それほど暑くはなかったけれど ちょい蒸しパン
早くなれ 青リンゴ

ちょっと用事
種蒔きしたり 売り場の整理をしたり
友人がお菓子を持って来る しばらくしゃべる ごちそうさま
もらって自分の物になったので どうぞ とすすめる

3_20160930180829f62.jpg
28.9.30 コケ玉の中のホトトギス
ベニアシの中に入っている
ベニアシは もう少ししないと 十分赤くならない
両者が ピッタリとは なかなか合致しない

2_201609301808271d1.jpg
28.9.30 ピラカンサス
セリで仕入れた物
あまり高くしていないので これは ほぼ仕入れしたのが 全部売れる
こんなのを 自作しなければ・・・

1_20160930180826997.jpg
28.9.30 大葉ヅタ
同じに作っても まだ緑の濃い個体
これの大株は 見栄えがある

昨日 奈義町へ用事で行く
道中に 前から花を作っている人がいる
内容が かなり異なるので ほとんどつきあいはない
2度ほど バコバを 買いに行ったことが あるのみ

昨日 走りながら見ると
バラを誘引したのが見えた
どの程度作っているのか 知らないが
バラの切り花に したのだろうか

バコバも やや高価で きれいな花だったのに
みちくさと同じように 経営は厳しいのか
スポンサーサイト

経費

29日の当地は くもり
涼しい1日だった
用事で 那岐山麓方面に行く 窓からの風は 冷えたマンゴーのようだった

ちょっと奈義町へ
サシキと種まき

1_2016092918194648f.jpg
28.9.29 コスモスが しかし 草のほうが多い

2_20160929181947aa2.jpg
28.9.29 クロタマホシクサ
ペガサスの彼方へ
どれかには ピントが合っているだろう ウォーリーはどこだ

X線天文衛星 「ひとみ」の 運用に失敗
責任の所在が 曖昧だとか 経費 310億円

日本防衛の要
F35戦闘機を 三沢基地に配属とのこと
1機 180億円

「もんじゅ」 ナトリウム循環など
維持だけで 1日の経費 5000万円

東京オリンピック パラリンピックは
当初予算が大幅に増え 3兆円を越す とか

太陽どころでなく 宇宙の果て のような話

山へ

28日の当地は くもり 時々 雨
蒸し暑かった たまらない
ぬるぬる仮面が やって来た

山に行く

1_20160928175246cac.jpg
25.9.28 久世マルイアルティで
現在は場所を変えているが ここで展示会をしていた
そこでの1枚

お世話になっている人から
ちょっと前に 電話が入る
○○に行かないか
二つ返事で お願いする

相方を含め 何人かで山に行く
前から欲しかった モノを採取する
そして 帰宅後 サシ穂づくり

曖昧な言葉をかけてくる人はいる
教えてくれる 気もないのに 自慢だけする人はいる
その中で わざわざ 誘っていただき ありがとうございました

儲かったか

27日の当地は くもり
暑かった 蒸し暑いのなんの
久しぶりの △蒸しパンが美味い

棚場の縮小整理
チョウジユバイの 植え替え
ちょっと客人 2組

1_20160927203658bbe.jpg
23.9.27 もうけ神社

夏が来れば思い出す
遙かな鳥取もうけ神社

写真を見れば よく覚えていることもある
5年前の今日 Yさんと鳥取へ出張
鹿野温泉の何とかに泊まり
よく冷えた 地酒を飲んだ

走っている途中 「もうけ神社」の 標識発見
すぐ道路沿いで これは どうしても寄らなければ・・・
僕ら2人のみ
あれから 儲かったか

さくら

26日の当地は 雨 後 くもり
かなり降った 生ぬるい雨
あがった後は 激しい蒸し暑さ

整骨医 ~ 買い物 ~ 役場 ~ 量販店
棚場の整理

1_2016092621522746e.jpg
28.9.26 今日の午後
特に代わりばえなく 繁茂する雑草

2_20160926215228de3.jpg
28.9.6 セッコク
この頃から かなり咲き始める
来春の花芽が 飛んでしまう

夕方のテレビで
どこかの ソメイヨシノが 咲いている
天候のせいで 狂い咲きしている

よく言うことで 特に指摘するような ことではない
けれど
咲いている花たちは 正常なのだろう
植物により 花芽形成の時期と
開花する相関関係は 決まっている

降雨量 温度 日照などの影響で 感受性の良すぎる花芽が咲く
だから 正常なのだろう と言うのは間違いか

無題

25日の当地は くもり 後 雨
季節の駆け足は早い
濡れると かき氷のような世界

水やりした後は ハウスの中にパレットを敷き 鉢の整理
午後から降るのなら やるんじゃあなかった
那岐山麓山の家に 販売品を取りに行く

2_20160925174946ddc.jpg
28.9.25 ベニアシ
ぼちぼち 茎が赤くなりかけた
もうしばらくすれば 赤いあめ色になる
でも 放任では決して赤くならない
古皮をむき 素肌を出してやる
そうすると 恥ずかしがる

1_20160925174945fa7.jpg
28.9.24 那岐山麓山の家から 南方向を見る
ここで24~25日まで 山野草と郷土玩具展示の コラボあり
みちくさは イベントに関係なく 販売品を出しただけ
これを 本日 引き取りに行く
買っていただきました 皆様 ありがとうございました

3_20160925174948c8a.jpg
28.9.24 その展示
奈義山野草会と 郷土玩具収集家の 共同展示

花の店みちくさも こんな展示を 用意したいと考えている
名前は 「花はなクラブ」 さて どうなるか

野生シクラメン

23日の当地は くもり 後 晴れ
暑くもなく 当然寒くもなく まあまあの日
スイートポテトのような日

ちょっと用事
チョウジュバイの植え替え
販売用意
明日 那岐山麓山の家で 山野草と郷土玩具のコラボ展示
ただし 当店は関係なく 山の駅への販売出展のみ

4_20160923210541ebd.jpg
23.10.8 ミラビレ

3_201609232105394e7.jpg
23.10.1 グレークム

2_201609232105381ad.jpg
23.10.1 プルプラスセンス
これは5級程度あるが 極めて結実が悪い
まだ 1度も結実していない

1_2016092321053709b.jpg
23.3.8 コウム
これは 約100球程度ある どんどん増やすぞ

野生シクラメンとの 最初の出会いは
昭和54年頃 広島市植物公園
建物入り口の 素焼き鉢に 貧弱なヘデリフォリウムが植えてあった

その後 偶然に 「山野草と野生ラン」だったかで
野生シクラメン特集を 見つけた
掲載記事の末尾に 連絡先があり
あつかましくも 手紙を出す
その後 20往復程度の 文通をし
その人を介し イギリスから種子入手 とてもお世話になった

ボロもある

22日の県南は 雨
かなりのものだった
土間に水が流れ込み ドジョウが出て来て今日は に本当になりそう

セリ市に行く

1_20160922205200837.jpg
28.9.22 斑ピラカンサス
みちくさは 盆栽店ではないし 1品ものの高価なものには 目もくれない
だから 目的は 実物や花物
B級盆栽の 素材程度で 1ケースまとめての物が主力になる
その中で 最も良かったのがコレ 全部で3鉢あった

2_20160922205202901.jpg
28.9.22 アカメギ
そして 最悪がコレ
左は樹種不明で 枯れている
右は いっぱいあるアカメギで しかも もうすぐ別世界へ行きそう

ケース物は 良い悪いがゴチャ玉手箱
その中に いくらか平均値を上回る物があれば 儲け
せいぜい数百円の物も かなりある

もう長いので 自分と似た物を狙う メンバーは分かる
全部で4~5人
相手も またあいつがいるのか と思っているだろう

手抜き②

21日の当地は くもり
ほぼ快適な温度だった
雲の割れ目から ドジョウが出て来て 今日は

ちょっと用事
用土の処理

1_20160921173413d3d.jpg
28.9.21 斑アンペライ
販売する時は 枯れ葉は取るが
これが と言うか これもさっぱり売れない
夏の間は 涼しげなんだが

2_20160921173414cc9.jpg
28.9.21 霞んでいる コムラサキシキブ
そろそろ色づいてきた
早く嫁に行くように

さて 手抜きは 非常に簡単
除草 植え替え 施肥 防除 交配などをしなかった
だから 種子もできにくかった
少ない播種量なのに 上記同様の対処

良く作ることは 困難だが
手抜きは 実に簡単で楽ちん

野生シクラメンは 昭和の時代から 手がけた
僕の主流にするつもりだった 当時は

だから 今はこの復活に力を 注いでいる
転勤解消が 57歳の時 これも一つの理由か な

手抜き①

20日の当地は 雨 後 くもり
ありがたい事に 雨台風だった
かなり降りすぎではあったが

特に何もせず
雨の日はいつもと同じ 本を読んだり ボーとしたり 座敷童を迎えたり

1_20160920201858851.jpg
28.9.20 今日の午後
午前は 雨が垂直に降りてきた
午後の風も この程度
ひどかった地域の方に お見舞い申し上げます

2_201609202018593f9.jpg
28.9.20 建物隣に ナツスイセンが
こんなのが 今まで咲いていたか
忘却の彼方

さて もこさん 花の手抜き
播種から1~2年程度で 咲くものは特に問題ありません

播種5年程度 かかる種は 大変です
みちくさでの 現時点での該当種は
野生シクラメン アネモネ・ブランダ セツブンソウ イズモコバイモ ユキモチソウ パイナップルリリー などがあります
これらは 元になる親球がなくなれば
当然ダメですし
適正に管理すれば 5年で咲いても
横着すれば それ以上かかったり なくなったりします
ブラックホールの中心は 明日に

台風

19日の当地は 雨
銀か白か 雨の1日
コンニャク入りの ヒジキの煮物 こりゃあ 健康的

ちょっと用事
雨が降れば いつものとおり
本を読んだり 神との遭遇を求めたり

1_20160919195440733.jpg
28.9.18 ピラカンサス
数ヶ月前 セリ市で落とした鉢
ちょうど 売り頃になってきた
実物は 花物より 販売期間が長く ちょっと有利か
売れ残ったら 来年も結実させるのは 難しい場合がある

2_20160919195441331.jpg
28.9.19 今日の3時57分
雨で薄暗くなってきた
雨は仕方ないが 風が吹きませんように
塗り壁さん よろしく

「しらん」

台風が 水蒸気をたっぷり含み 勢力が増してくる
ありがたい事に この地域は
比較的 この被害が少ないような 気がする

ところで 海水温が高いと 水蒸気の供給で
勢力を増す とは よく聞くが
理由を書いた記事を 見た記憶がない
ネットや 本で調べたこともない

僕より 確実に頭の良い人に 理由を聞いた時
その答えが 冒頭

シン・ゴジラ

18日の当地は 雨
風は無かったけれど かなり降った
ピオーネと オーロラブラックのバトル

相方と 量販店へ行く
後は 読書したり 夢かうつつの気分になったりと

1_20160918194505dc9.jpg
20.9.13 野生シクラメン・ヘデリフォリウム
この頃は キレイに咲いていたなぁ
途中 手抜きした そのツケが 今に続いている
今年 ヘデリの売り物は 1鉢もなし

2_20160918194506e8c.jpg
28.9.15 野生シクラメン・ミラビレ
ミラビレも 過去5株程度は あった気がするが 今はなし
これは 親株用に 少々高かったけれど 購入
早速 交配したが 販売は5年程度先だろう
横着のしっぺ返しは キツイ

新聞1面 「地球を読む」は
高度な内容だが 一応 読んでいる

今回は シン ゴジラに例え
人為的 自然的な危機に対する 危機管理を
政府から 個人まで 心構えを解いている

それはいいのだが 日本語の文中
カリカチュアライズ   ディテール   デジャブ   アイロニカル   アナロジー
の5語が 爺さんには 理解できない
あぁ 残念

ヘルメット

17日の当地は くもり
蒸し暑い 夏にバックトゥザフイチャー
ブドウの心のような 雲

植え替え ニリンソウ レンプクソウ 菊咲きイチゲ チョウジュバイ
畑に除草剤

1_20160917200928f79.jpg
26.9.21 ベニアシ
放任 よく言えば自然風に作れば こうなる
きれいな赤い茎に しようと思えば 古皮をむく必要がある
この程度になれば 1時間では無理無理

豊洲市場の様子が ニュースでよく流れている
不思議なのは ヘルメットを かぶっていること
ベンゼンが気化するとか
分からない危険物質が
あるかも知れないが
それには ヘルメットは関係ない

上から物が落ちるなどの
予想があるのなら
それは 別の不具合
何か 変な意見になるでしょうか

気温差

16日の当地は 晴れ
蒸し暑かった 久しぶりに熱帯を さまよった感じ
クリームパンを 両手手づかみで食べる

彩菜茶屋へ出荷 ~ 整骨医 ~ 精米
菊咲きイチゲの 植え替え
黄花イチゲ ハルオコシなどの 表面処理

1_201609162051509a3.jpg
28.9.16 クロタマホシクサ
白く見えるけれど 茎近くが 黒くなってくる
芸術は爆発だ みたいで 最も好きな花の一つ

2_20160916205151d26.jpg
28.9.16 銀河系宇宙のよう 黒玉星草 と書く

3_201609162051522e1.jpg
28.8 ヨツバシオガマ 立山室堂で
何か繊細で 弱々しく 高山に分布しているイメージでない
でも こんなのが群生していると 派手だろうなぁ
ピンクの群星 とするか
撮影 好青年 浮草さん

この前 テレビと新聞で
1回づつ見たりした

朝晩の気温差があるので
花色の 発色が良くなる
うーん
どうこう言うほどの 話では無い
夜昼の差 を つい そう言っただけなので

そんなことを言っていたら
この爺さん
山ほど指摘を受ける

ムーンウォーク

15日の当地は くもり
日中は 蒸し暑い
茶色の小瓶のような空

ちょっと用事
植え替えは ユキワリイチゲ アネモネ・ブランダ 青花イチリンソウ 野生シクラメン・ミラビレ

1_20160915210425ef0.jpg
28.9.15 タヌキマメ
枝豆とブドウの コントラストがいいでしょう

2_20160915210426234.jpg
28.9.15 タコノアシ
もうすぐ ゆでだこ誕生 この名前 よくつけた

今日の新聞 合計3ページ
月面レースの 全面広告
すごく 金がかかっているだろうなぁ

ところで 下に書いてある 
目的だか 何かのアピール
長すぎて 読む気がしなかった

技術に挑戦するのは
日本にとって 不可欠
もうちょっと スカッとする コピーが欲しかった
読むのが 面倒くさかった

野良猫

14日の当地は 晴れ 後 くもり
昼間は蒸し暑い そよ風もないし
新旧ゴジラが泳ぐ

アネモネ・ブランダの植え替え
ちょっと用事
あれこれ用事

1_20160914204216a3f.jpg
28.9.14 高麗ネム
今日入荷した
この時期 きれいな花が咲くが さぁ売れるかなぁ

2_20160914204218dcb.jpg
28.9.14 大実クランベリー
として 購入した
カタログに 高さ5~6㎝ 20個程度の実付き とあった
こんなに低く バランスの良い物は 初めて見た
もっと赤くなれば 有望か

3_20160914204218507.jpg
28.8 モミジバカラマツ 立山室堂で
みちくさにも モミジバカラマツがある
けれど こんなに高くなく 9㎝ポットに入っている
見た目 同じような感じだが 種類が異なるのか
撮影 好青年 浮草さん

帰る前 棚場にいると
かすかな足音が 聞こえる
そちらを見ると 野良猫が 残飯を食べている
距離 およそ10メートル
野菜クズが主であるが 一生懸命探している

こんなのを見ると 世の不条理 不平等を感じる

生きていくため 一生懸命なもの
自分のおかれた運命に 逆らえないもの
猫を見て なぜか悲しくなってきた
幸せな自分 慎まねば

上杉鷹山

13日の当地は くもり
ちょっとのコスモスで かすかな 秋色を感じる
サバとゴジラが コラボする雲

ちょっと用事
セツブンソウの植え替え

2_201609132111533db.jpg
28.9.13 セツブンソウ
ちょっと発根が 始まっている けど 大丈夫
9月中に植え替えれば 十分開花する

1_20160913211151a3b.jpg
28.9.13 2月程度前 50円で入手

上杉鷹山
えっ うえすぎようざん それ誰

すごく昔 確かカーター大統領の 来日時
気になる日本人は と 尋ねられて答え
それを聞いた 多くの人が 知らなかったらしい
僕も その人物の存在を その時知った
倹約をイメージするが とても人を大事にしたらしい

成せばなる 成さねばならぬ 何事も 成らぬは人の 成さぬなりけり
これが 彼の言葉と言うことを 一昨日知った
古書店の本は まだ積ん読状態

何となく

12日の当地は 晴れ 後 にわか雨
夜には 本格的な雨になっている
アジから サメの泳ぎに変わった

ちょっと用事
整骨医へ
セツブンソウ アネモネ・ブランダなどの 植え替え用意

2_20160912221817c46.jpg
23.9.18 野ゲイトウ
この時のケイトウが 今もコボレで 毎年咲いている
来年は 鉢まきにしてみようと思っている

1_20160912221815c04.jpg
28.8 ミヤマリンドウ 立山室堂で
この色 この姿 もうかなわない
撮影にも 手が震えるような気がする
こんなのが いっぱいあるのか
撮影 好青年 浮草さん

昨夜 小学校の同級生が10人集まった
覚えていないけれど 20年振りくらいか
やっぱり だいたい同じ顔を していた
4時間程度 話し込む

今日 夢かうつつか ラジオを聞いていた
他人と 意見を合わせよう と考えることは 間違っている
家族でも 合わないのに
まして 他人と合うはずがない
気を ちょっと抜いて・・・

昨夜のせいではないが 今日は ちょっともやもやしている

カープ

10日の当地は 晴れ
朝番は快適だけれど
片手でアップルパイを手づかみ もう一方で 青いブドウを そっとつまむような日だった

スプリング・エファメラルの植え替え セツブンソウ イズモコバイモ 八重イチリンソウ
セツブンソウと コバイモは 9㎝ポットでは夏がつらい
多くが 開花サイズではなかった
ちょっと用事

1_2016091022004184f.jpg
28.9.9 フクロウ

2_201609102200420cd.jpg
28.9.9 デメキン

3_20160910220044f14.jpg
28.9.9 チョコレート

4_20160910220045b9e.jpg
28.9.9 モスラ

セリーグのお荷物球団
広島カープが 昭和49年初優勝
当時も 今も 無関心なのに なぜ知っているか

優勝時 研修で 奈良にいた
1室4名で その中に 広島県の人がおり
毎晩 ラジオの前で 高血圧

何の偶然か その年の12月から
昭和54年まで 広島に転勤になる
周囲は 大騒ぎだった
特に興味はないが おめでとうございました

1日1升までは

9日の当地は 晴れ
暑いけれど 昼間だけになった
やっと 秋が近づいた気がする
3歳の女の子が 綿菓子をちぎったような 雲

畑に定植は コバノカモメヅル スイカズラ アスパラガス
スプリング・エファメラルの 植え替え用意
ちょっと用事

カメラを 作場に忘れてきた
だから 駄文のみ

1_201609092203384a6.jpg
28.8 ミヤマトリカブト 立山室堂で
さすがトリカブト とてもきれいな色をしている
このあたりでは 購入苗には咲くけれど この色にはならない
それに この量
それにしても 室堂に こんなブッシュみたいなところがあるのか
撮影 好青年 浮草さん

爺さんは まず冷酒 1日1升はいらない
1升瓶は 家庭用冷蔵庫には 入らない
だから 500のペットボトルに入れ 冷やしている

今夜 飲んだ後 入れようとした
ところがうまく入らない 瓶からこぼれてしまう
飲み過ぎで 酔いすぎた
このことから 飲酒運転は 絶対に厳禁

5月に お祝いで 3本セットを いただいた
それを 約3ヶ月で 飲み干した
やっぱり 日に1升はいらない

寝るぞ

8日の当地は 晴れたり 曇ったり
昨日に比べて だいぶ過ごしやすい
昨夜は この夏 一番蒸し暑かったような気がする
明け方からは 涼しくなった

近所の方の 告別式に
畑に定植する クレハデマリ イヌビワ 細葉イヌビワ ハンテンボク 西洋カマツカ ハクサンボク ロウヤガキ
ちょっと用事

2_20160908214547878.jpg
27.9.8 栗
放任栽培では 一般的に隔年結果になる
2年前は覚えていないけれど この木は 今年もよく実っている

1_20160908214546a4e.jpg
28.8 ミソガワソウ 立山室堂で
何か 同じような花を見るなぁ
けれど 室堂となれば このあたりの平地には ないだろうし
今 室堂は 当然一桁温度だろう
撮影 好青年 浮草さん

夕べ 寝られなかった 
時計は見てないけれど 多分12時過ぎには 目が覚めた
その後 6時前に ちょっと寝たような

記憶にある範囲では
こんなことが 年1回程度はある ような
今回も 心配事は特にないし
金が無い こと以外は 困ったことはないし
健康にも 家族にも 特に問題は無い
寝られないのは つらい

けど 不思議に 今眠たくはない

神庭の滝

7日の当地は 晴れ
風なく 暑い 蒸し暑い
今年 最高ではないか そうでもないだろうが ひどい日だった
つらい シャツもほんわかと香る

医者へ
畑に カクレミノとロウヤガキを植える
セツブンソウを ちょい掘って見る

1_201609072041272af.jpg
28.9.6 神庭の滝
滝には 行かなかったけれど

2_20160907204128d39.jpg
28.9.6 大木の根元で

3_20160907204129c8e.jpg
23.10.7 剣山 二の森で 多分ナナカマド
調査地の足元には シャクナゲやツツジや いろいろな物が コケの中で芽生えていた

昨日 山野草趣味の会の打ち合わせが
久世であり 相方と参加
会員9名中 7人で調整
皆様 ぜひ おいで下さい

その帰り 神庭の滝に
遊びでなく 山野草販売の打ち合わせに
相方と 紹介していただいた人の3人で行く

あいにく 上手く話はまとまらなかったけれど
後日 また 話し合うことになるだろう
とても 素敵な方でした

5日の当地は 雨 後 くもり
台風の影響か 蒸し暑かった
かじったあんパンから 小倉が飛び出したような 雲

医者へ
ちょっと用事

風は無く 待望の雨が来た 
外にあった容器を見ると 15㎜程度は 降ったのか
これで だ゛いぶ潤っただろう
畑に定植したい 苗木もあるし
午後 湿り具合を見に行った

自分でも 信じられない
薄いマルチングをはぐると 白く乾いた土
濡れていない
よほど乾いていたのだろう
赤い袖に白い雨 分かるかなぁ

特記無し

4日の当地は 晴れ
暑い 日中がすごく蒸し暑い
ぜんざいと ハルサメサラダのような 雲

法面の草刈り
セツブンソウの植え替え

1_201609042037556a3.jpg
25.9.4 ビナンカズラ
以前は いくらかあったけれど 今はほんの数鉢のみ 
それも 実が付いていない
以前は 早起きして交配していた
まんべんなく花粉を付ければ このようにきれいに球形に結実する
でもなぜか 売れなかったなぁ
これには 見切りをつけている

2_201609042037566aa.jpg
28.8 カンチコウゾリナ 立山室堂で
この花は 聞いたことが無い
花だけ見れば ニガナのような タンポポの親戚か
しかし 室堂にある と言うことは かなりの暑がりなのだろう
この色なら どこにあっても 目立つだろう
撮影 好青年 浮草さん

パイオニア

3日の当地は 晴れ
暑い
半解凍のパンに 焼きたてたまごを はさむ
雲は イワシやタラが混じる

畑に除草剤散布
ニリンソウの 植え替え 
レンプクソウもアネモネ・ブランダも 少し

2_2016090321213870a.jpg
26.9.25 クロタマホシクサ
今年も 順調に生育している
あと 3週間で咲くだろう
これは 1年草なので 毎年播種する

1_20160903212137d36.jpg
28.8 やがて旅立つ チングルマの種子 立山室堂で

撮影した 浮草さんに聞いた
何らかの理由で 裸地化した高山に 最初に入るパイオニア植物は チングルマらしい

種子が飛んで来ても 土はなく
高温と 寒冷の中で
生えたり生えなかったり
やがて ある年 芽生えが見えた
けれど 悪条件で枯れ わずかな有機物を残す
こんなことを 何年も繰り返し やがて宿根化
可愛い顔をしているが すごく苦労している

サッカー

2日の当地は 晴れ
昼間は まだ暑い 秋の気配は まだない
畑を掘って見ると かなり降ったのに よく濡れていない
かなり 乾いていたのだろう

某所 ~ 電気店 ~ 彩菜茶屋
鉢置き場の整理
遅くなっていた 秋ジャガを植えた

1_20160902203956619.jpg
28.9.2 朝ビックリ
昨夜は 農業用水から サイホンで入れっぱなしだった
朝 この様子に驚く
ヤマトヌマエビか何か 詳しくはないが
属に言う 川エビが 押しくらまんじゅう
この後 排水溝の先の 池に流し込んだ

2_20160902203957371.jpg
28.9.2 チェッカーベリー
だんだん 色づいてくる

3_201609022039589c6.jpg
28.8 クロトウヒレン
この花は 扱っていないが 感じが種子の世界のよう
これから 飛んで飛んで 行き着いた環境により 生きるか死ぬかなのだろう
立山室堂で 撮影 好青年 浮草さん

今日の某所で
若い男の子と おばさんが話していた
近くで 僕は 若い男の子と 話していた

惜しかったなぁ
確立は ゼロ% まだ 先がある
PKは 空振りして キーパーが動いた後で 蹴ってもオーケーか
などと話す
どちらも サッカーの話
冒頭の子は 急にシシャモが食べたくなり スーパーに寄りたかったけれど サッカーを優先したと 言っていた 

素直さ

1日の当地は 晴れ
昼間は暑いが 朝晩はフルーツアイスの気分
空は 秋になった 四季夏子も終わりに 近づいた

鉢の整理
ちょっと用事

3_201609012231349c1.jpg
28.9.1 クロタマホシクサ
数少ない1年草
この葉に似合わず 魅力的な黒宇宙が咲く

2_201609012231333c6.jpg
28.9.1 カラフトミソハギのコケ玉
揃いが悪く 売り物にはならない
右の 灰緑は クロマツをいっぱい蒔いて見た

1_20160901223132f35.jpg
28.9.1 イヌビワ
と言っても イチヂクの近縁
これの 小葉性の物を増殖中

4_2016090122313695e.jpg
28.8 ウサギギク
立山室堂で 好青年 浮草さん撮影
もう9月 室堂は震えあがるようだろうなぁ
風邪引かないように して下さい

田んぼの中なので
バッタもいれば イナゴもいる
だから クモの巣も いっぱいある

作業中 これらを捕まえ
クモの巣に ピンセットで持って行くと
即 糸を絡めてくるヤツ
逃げて 知らん顔するヤツ
意地を張って 取らないのか
個性か種類のせいか 知らないが
何でも 素直なヤツが 得をする
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

4/22~4/23
○北房山野草展
北房文化センター

5/6~5/7
○勝北山野草押し花展
勝北公民館 文化センター隣

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR