今日の感想

31日の当地は 9時過ぎから 雨
憂鬱で しかし 嬉しい雨
昨日が 初夏だったので 寒さがこたえる
嬉しいのは 水やりをしないで済むだけのこと

彩菜茶屋へ出荷 ~ 某所
アマドコロか 大型のそれらしき物の 植え替え
余っていたので カイノキを播種 

2_20170331165718509.jpg
28.3.12 甲斐コバイモ

3_20170331165719788.jpg
27.3.22 コシノコバイモ
両者とも どこが異なるのか 説明はできないのだが

コシノコバイモは 昨年しっかり実り 目算200粒程度は 採種できると喜んでいた
ところが 4月中旬 あと10日もしたら 播種可能の時
無情にも 霜が来た しかも強く
寒冷紗下に置いていたが 茎がしおれ 止むなくその時点で播種

グリーンシーズもいいとこで 残念ながら 今年発芽しなかった
しかも 今年は 2花のみしか 開花せず
朝晩鉢の移動をしている

カッパを着てでも 作業をしたい気分だが
寒くてそれもできず
昼過ぎに早引きし キャサリン・ネビィル 「マジック・サークル」を読む
スポンサーサイト

屋久島ハルトラノオ

1_20170331165717626.jpg
29.3.30 屋久島ハルトラノオ

画像が小さく 見分けにくいが 根と言うか茎が むき出しになっている
そりゃあ 茎はむき出しに決まってはいるが
小さな小花
初めて見る人には うっ コレは何だ
この時期に咲いてくれるのが 嬉しい
7.5㎝ポット 500円

シャクナゲ

30日の当地は 晴れ
暑い 春を横目に 初夏の感じ
レモン色した 氷を食べたいくらい

植え替えを 今日もする
ホトトギス ナベワリ シモバシラ 大文字草 天南星類 桜草 ユキザサ

2_2017033020591243f.jpg
29.3.30 吉野ツツジ が咲き出した

3_20170330205913242.jpg
27.4.1 吉野ツツジ
初めは 奈良県で発見とか 育種されたものだと 思っていた
さにあらず
洋種シャクナゲ×日本のツツジ らしい
この時期 派手な花色で どこからでも見つけられる

この春 5本程度 販売できるか
実は 取り木の発根も 今ひとつだし
それに サシキが 極めて困難

今年は ちょっと違った方法を 試して見るつもり
画像は 大鉢だが 9㎝ポットで 作りたい

姫リュウキンカ

1_20170330205911d0b.jpg
29.3.30 姫リュウキンカ 
りュウキンカは 暑さ寒さに強く また 繁殖力もかなりの物
花の少ない時期に あでやかでよく目立つ
最も 白花リュウキンカも あるが
9㎝ポット 300円

ひのき

29日の当地は やわらかいくもり
寒いことはない 柔らかい雲が おっとりとしている
柔らかな 柔らかな 綿花のよう

植え替えをする ホトトギス ホタルブクロ 
穂咲小桜のラベルがあったもの 洋種のプリムラか どんな花が咲いていたか 脳みそバーン
西洋カマツカの 種まき用意
カイノキが 余っていたので 蒔いて見た

1_20170329202724b0c.jpg
29.3.29 アネモネ・フルゲンス
が咲き出した
小鉢で作りにくいのが 残念
僕の言う 小鉢とは 9㎝ポットのこと
後ろの枯れ葉は 鉢毎乾燥保存している ユーコミス ぼちぼち定植か

3_20170329202727146.jpg
29.3.29 アネモネ・ブランダ
の 終わりかけた鉢
どうも ここ2年ほど 発芽が悪い
ちょいと やり方を 変えて見るか

2_2017032920272625d.jpg
29.3.29 ウグイスカグラ

今日の新聞に
岡山県産の ひのき のことが出ていた
植物学的には ヒノキと 書くべきなのだろうが
ヒノキでも 桧でもなく ひのき と書いてあった

県北 真庭地方は ヒノキの集散地としては 西日本有数とは 知っていた
しかし 岡山県のその生産量は 高知 熊本 愛媛を押さえ 4年連続日本一だそうな
これは 知らなかった

確かに 走っていると ヒノキ林は 多い
だから  好みの山野草の環境には ちょい悪い
いえいえ 盗採はしていませんが

2点

28日の当地は くもり
昼前から 夕方まで
怒濤の嵐が来る 風は吹くは たいしたことはないが 雨は降るは
寒いし イヤになるし 冷凍マカロニか お前は

植え替えばかりする
ホタルブクロ類は 痩せている 今年咲くか
ホトトギスは 普通品はまあまあだが 黄花や富士の雪などは生育が悪い
縞ツルボと 広葉縞ツルボを間違え ミックスで植えてしまった
菊は ラベル落ちだったし 
後は ラッキョや黄スゲ
小葉性イヌビワは貴重品 一昨年入手した物で 今年は10本程度のみ 販売できるか

2_20170328230433b9f.jpg
29.3.28 エイリアン風の 屋久島ハルトラノオ

川島がいなかったら 2点は 取られていただろうな
ペナルティーキックを止めたのも スーパー
それ以上なのが
ゴール前 敵味方入り交じっている時
間から来たシュートを 右足先で止めた

普段テレビを見ないので
テレビ欄など ほとんど見ない
今日 タイ戦があることは 知らなかった
子供が教えてくれ 見ることができた
ア リ ガ ト 

非難覚悟で

27日の当地は 晴れ
ちょっと風があったりで ジャンパー調節が大変
右手に冷酒 一方の手には ホットドッグ

植え替えをした 那賀川野菊 白山菊清澄 姫小浜菊 浜菊
玉肥を置いて回る

2_20170327201324e65.jpg
24.5.7 ダイアンサス・フレイニー
恋人の気分
7.5㎝鉢に合っており セクシーな ブルーピンクのような色
けれども 売れない 
不思議な事実 まだ いくらかはあるだろうか

稀勢の里関 照の富士関 両者ケガだったと 新聞で知る
どちらも立派 相撲に興味のない自分も 本当にそう思う
表では 稀勢の里関だが 負けた 照の富士関は 悔しいだろう

ところで 今朝のテレビで見た
稀勢の里関が 救急車で病院へ行くのを

呼ぶ必要もないのに 軽い気持ちで 救急車を利用する
そのため 本当に必要に場合に 間に合わない
と ニュースで良く聞く

本人が悪いのではない 関係者の配慮が欲しかった
非難されるかな・・・ 僕の意見を

初体験

26日の当地は くもり
寒くはないが おもしろくはない
今日は 水やりはパスできた
こしあんから 大好物の粒あんへと変わる

植え替えは 白山菊清澄 ダルマ野紺菊 斑菊 白岩菊 薩摩野菊・・・
畑に 琉球アセビと 極姫アセビを 親用に定植

1_2017032617480941b.jpg
27.10.20 中国女王山菊
と言う すごい名前を持っている キレイです

2_201703261748102ea.jpg
27.10.20 白山菊清澄

菊の植え替えは あと1~2日で終わる

今日 白山菊清澄を 植え替えた
今まで したことがある はずであったが
実際に 今日してみて この菊は
多分 初めてだっただろう

脇芽も多く だいぶ取れる だろうと始めたが
分けられない
ランナーも多いのだが それが短く しかも発根していない
アバウト2割程度は 増えたか
ご覧のとおり キレイ

金魚

25日の当地は 晴れ
好天ではなかったけれど やっぱり春
木綿のオレンジ達

ノギクの植え替え 泡黄金菊 那賀川野菊 野紺菊 千本菊 中国女王山菊 
シュンラン植え替え

1_20170325201336d1b.jpg
29.3.25 金魚葉ツバキ イエローサブマリン ついに浮上
寒さに弱いのか 花びらが焼けている

2_2017032520133815a.jpg
29.3.25 コレでは 売ろう と言う方が無理
みちくさで 史上初の開花
高知県香美市の人に 穂木をいただいたもの

みーさん 申し訳ないです
金魚葉のこの性質なのに 買っていただき
本当に申し訳ありません

これに限らず
暑さ寒さに 弱い物も多い
一応 難しい種は アバウトな説明はする
分からない時は 正直に話している

ツバキは 寒さに強い と言う 固定観念があった
これから 気をつけなければ
可能であれば 1年は自分で 栽培したいが・・・

特記なし

24日の当地は 晴れ
ちょっと冷たい風が吹く
何か うそ寒い感じ 冷えて堅くなった 焼き芋はまずい

彩菜茶屋へ出荷 某所 図書館
植え替えは シラキ 細葉縞ツルボ 斑ハラン 菊

1_20170324203839622.jpg
29.3.24 ちょっとづつ 色が出て来たか
ロウヤガキの後ろは 水岩石 苔むさないか と待っているが なかなか

2_201703242038416c8.jpg
29.3.24 ティタティトと クロッカス
特に 意味のある 画像ではない

用事があり 5時頃には 帰るようにしていたら
4時過ぎに 盆栽用菊が届く
てっきり ポット植えが来る 
と思い込んでいたのだが
抜いたプラグ苗そのままが 届いた
あわてて 用土を配合し 植え付ける

特に悪いことや 心配事は無いが
ちょっと重いです
気分が
よく分からない

本気度

23日の当地は 晴れ
時折風があるも 春のひより
まだ 堅めの 座布団の感じ

ちょい家の修理と 物品移動
植え替えたのは アマナ 白ラッキョ 斑入ハラン 

1_201703232002512ad.jpg
29.3.23 ニリンソウ
これは 今年から止めることにした
小鉢での開花は 困難であるし そのせいかどうか 売れない
このトレーは ラベル落ちで 何か分からないので 置いていたもの

2_20170323200252d94.jpg
29.3.23 出雲コバイモ
これは 継続して増殖・栽培する予定
播種~開花に 5~6年
向こうの鉢は やはり頑張る 節分草
3_20170323200253d6d.jpg
29.3.23 チオノドクサ・ピンクジャイアント
コレは 今日のテーマから言えば 栽培中止
今度 露地にでも植えるか

電波も ウサインボルト選手も
どんなに頑張っても 光にはかなわない
ものには 努力しても かなわないものもある

本気で 栽培品種と 数を減らさなければ
何減らすか 具体の品種名は未定だが

春に 発芽を確認して 保存の良否を決めたり
多すぎるものを 減らしたり
時間は有限
どんなに頑張っても できない

このままでは 絶対に オウンゴール

ちょっとはなぁ

22日の県南は 晴れ
けれど 終日 冷たい風が吹き 足がジンジン冷えた
すごい日だった
4時過ぎ 帰ったら 当地のほうが過ごしやすかった

県南のセリ市と お世話になっている方の家に 今日は一人で
帰ってから 用土処理

2_201703222045479ac.jpg
29.3.22 チョウジュバイ
今日は 獲物が少なかった
結局持ち帰ったのは コレと ツリバナマユミ・紅奴のみ
お世話になっている方の家で 陶板のコケ玉置きを 安く譲っていただいた

トライライトエクスプレス瑞風 120万円
ななつ星九州 90万円
トランスイート四季島 90万円
いずれも 1編成当たり30~34人の 定員

何日か知らないし 何人分かも知らないが
銀河のような 金額
この世の中 こんなのに 乗ることができる人が
いるもんだ
何せ 予約が取りづらいらしい

ちょっとはなぁ 山野草に回したら

花たち

21日の当地は 雨 後 くもりと強風が 同時に来る
ひどい日だった
けれども 乾燥が激しかったので お湿りと骨休みになる
揺れる 回る 干しダコを作っている見たい

農協 ~ 役場2往復
山アジサイや 岩チドリ シチョウゲなどの 表面処理

ほとんど買わないのに
大手種苗会社から よくカタログが届く
この手の花は あまり買わない
時折 球根類や野菜種子を 求めたり程度

カタログには ラバテア  デンドランセス  ジャステシア  アルピニア  プセウデランテムム  シスタス  ワイゲラ
訳の分からない 名前の羅列
和名で通っていたのが 学名になったとか
知らないが
ほとんど 宇宙の世界

無題

20日の当地は 晴れ 後 くもり
焼きたての タマゴみたいな日
穏やかで ほんのりしている
ちょっと 雨間近か

植え替えのみ
散斑のハラン 桃花白糸ホタルブクロ(変な名前) 斑クマヤナギ 松本センノウ フナバラソウ・・・
ちょい 花以外の用事で人が見える

2_2017032019592247c.jpg
29.3.20 春色販売品が揃ってきた
手前左は ダイアンサス・ブルーヒルズ 小山ナデシコ
右向こうは 原種チューリップ・タルダや 何だったか

図書館で借りた本を 読み終わる
この人の本は 外国の文化が分からなければ
よく 理解できない場合がある が
大筋では いつもながら 手に汗の本

小さな 不明点は いっぱいある 例えば
マルコーニ = フェリスと言うことが
シエナに分からない訳がないだろ
フィレンツへ行くため 飛行機を予約したのに
なぜ フレッチャアルジェント高速列車にしたのか

ダン・ブラウン 「インフェルノ」

Kラーメン

19日の当地は 晴れ
穏やかである
スイートポテトでも 砂糖でも ぜんざいでも 持って恋

軽トラのタイヤ交換
植え替えは 松本センノウ アジアン系ピンクアジサイ 山アジサイ・星の煌 ほか
用土の処理

1_201703192028417ab.jpg
29.3.19 ミラビレ として某社から購入した どう見てもコウム
葉が ちょっと違うようだけれど ミラビレの花ではない
まぁ 同業者として 残念ながら こんなこともある

2_20170319202842e6d.jpg
29.3.19 ハウスの中
このハウスは ちょっと暗くしている
大文字草 オサバグサ スズムシ草 シラネアオイ 蓮華ショウマあたり用
他の物も いっぱいあるけれど

一昨日の続き
Kラーメンは 富良野出身の人が 作っている
僕は 5回以上は いただいた
麺の上に見えるのは 挽肉 人参とピーマンの細切りのみ
でも 確実にウマイ
ほかの 大勢の人も そう言う

退職後 飲食店を始められ
1度行ったことがある
たびたびは ちょっと遠いので 残念
今でも 営業されているのだろうか 本当にウマイ

再開

18日の当地は 晴れ 後 くもり
曇っていても 寒くはない
さすが3月半ば
焦げたクッキーみたい

墓参りに行く
ポットに 価格などのラベルをつける
植え替えしたのは カクトラノオ クサナギオゴケ 小山ナデシコ ハナイカダ タチマユミ

1_20170318225217053.jpg
29.3.18 夕日のガンマン じゃなかった 
夕日とキス 原種スイセン・バルボコジュウム
道沿いの法面に植えているが 今までで気がついた人は 1人のみ
タンポポと 見間違う それに草の中にある 1000程度は咲くか

2_20170318225219b43.jpg
29.3.18 ケガニ 北海道から届いた しかも3ばい この場合の「ばい」は どんな字か

3_20170318225220d52.jpg
29.3.18 今日は

時は 昭和46年8月
場所は 網走市某所
泊まったところで 丸い大皿に
ケガニが丸ごと1ぱい どどーんと 初めてのご対面
おばちゃんに 食べ方を聞いた

それから 半世紀
感激の対面
こんなのが3ばい うち2杯を5人で食べる
今度食べるのは ピンコロの35年後か
ごっつあんでした

勝ち抜く

17日の当地は 晴れ
本物の春のよう 数日は続くらしいが また寒さがぶり返すだろう
ブリ大根はうまい しかも アラで買う 腹の部分が何とも言えない

先般の みまさか盆梅展の総会と 反省会に
植え替えたのは 何かのキンバイと ヒトリシズカ 合わせて10ポット程度
午後から 人が来たり 用事で出かけたり

1_201703172055491e2.jpg
27.3.17 クレマチス・モンタナ
えっホント 2年前 こんなに咲いていたかなぁ
どうも 日付を間違っているような

新聞によると
全国に ラーメン店が 約40000店
1年に その内 約1割が廃業している
しかも 開店1年以内の廃業が そのうちの半数近く
厳しいなぁ

ラーメン通ではないが 特筆すべきラーメンには
当たったことがない
反対に まずい のには 時々出会う
何処も厳しい
今まで 最も上手かった Kラーメンを 後日紹介予定

無題

16日の当地は 晴れ
もう 可愛い可愛い天気
焼き芋でも 蒸しパンでも持ってこい

ずっと植え替えをした
峨眉ヒトリシズカ 吉備ヒトリシズカ ヒトリシズカ 竹島ラッキョ ユキワリソウ 梅花オウレン ユキザサ 散斑吊り花 オトコヨウゾメ
ちょっと用事があり 夜 岡山空港へ行って来た

1_2017031623084734e.jpg
23.3.16 ヨウラクラン
香美市で
少しいただいて来たのが 枯れてしまった 残念

2_201703162308482d0.jpg
24.3.16 アンパンマン資料館
土佐山田駅の構内にある
2年続けて 16日に香美市に出張していたのか
今日 気がついた

3_20170316230849ca5.jpg
26.3.16 紅花アセビ
この株は 今 我が家のロックガーデンに 植わっている
見てのとおり 紅花アセビは 豪華
この前も セリ市で3本落としたが なぜか 出品が少なく 高価

ロックガーデン植えしたのも 観賞を兼ね 適宜サシ穂を採取するため
こんなに大きくなくても 小鉢にシュッと植え 数輪咲いたのもキレイ

今 みちくさには 紅花 琉球 屋久島 極姫 斑入 基本種と 6種類のアセビがある

基本

15日の当地は もー
くもり 晴れ 雨 風 でも槍は降らなかった
寒い 1日だった
正座して アイスクリームを食べる

ちょっとかたづけしたり
水玉模様のカードありますか あっと見ればカインズのカードを 出していた ナフコにて 帰りにコメリで 赤玉土を買う

1_20170315160332eb9.jpg
23.3.8 野生シクラメン・コウム

2_20170315160333b43.jpg
23.3.8 コウム

3_20170315160334f06.jpg
29.3.13 コウム これは大事にして 採種親にしなければ

マイケル・ジョーダン選手
ご存じ 伝説的なバスケの 選手
しかし 彼も人間 スランプも経験した
そんなとき 監督がこう言った
好調な時は 基本練習を繰り返していた時だった

どうも コウムが上手くできなくなった
途中手を抜いたけれど 今はそうでもない はず
何が悪いか 分からない
水か用土か それとも・・・
絶対に メインの一つに回復させる

サウジアラビア

14日の当地は 晴れ
かなり冷たい 厳しい 辛い風が吹く
イチゴミルクは もういらない

用土の処理
植え替えは ドディカティオン(シクラメンモドキ) ワニグチソウ 屋久島マイズルソウ プリムラ・オーリキュラ ヒトリシズカ 吉備ヒトリシズカ ニオイハンゲ

寒いうえに 立ち仕事だったせいだろうか 腰が重く 体がだるい
誰のせいでもありゃしない みんなおいらが悪いのか 尾藤イサオ

1_20170314223559091.jpg
29.3.14 スクレランサス・ユニフローラ
の残骸か
どうしても復活させたい 少しでも緑が見えたら 再生する

2_20170314223601dbf.jpg
29.3.14 今日のハウス まだ地球色

3_20170314223601ee2.jpg
29.3.14 ミックス
ツクバネと宿主の モミジが植えてある
いつ どこから来たのか 左の緑はリュウキンカ 見にくいが上方向に ユキワリイチゲインベーダー

サウジアラビアの サルマン国王が来日
サウジアラビアの 正式国名は 勉強不足で知らない

「安倍首相とサウジアラビアのサルマン国王が13日、首相官邸で・・・」と掲載されている
しかし 他の大部分は
ただ 「サウジ」 とある
首相のコメントも 「サウジとの友好関係を・・・」との発言

首相も言うし 全国紙も この表現なので 問題は無いのだろうが
田舎の爺さんには 何か不自然に感じる

両方G

13日の当地は 晴れ 時々 くもり ちょいにわか雨
基本的に 春の1日だった
きなこ餅になったり 粒あんになったり 砂糖菓子になったりの空

植え替えは シラキ シダレモミジ ナンキンコザクラ 甲竜アマドコロ スズラン コザクラ類 
彼岸が来るので 墓掃除に

1_20170313202704833.jpg
24.7.7 ツツジとヤシャゼンマイ
和歌山で入手した 地元のツツジと ヤシャゼンマイ 

西部で ゴールドラッシュになった時
一番儲けたのは 金採掘人でなく
それらの人に 物を売る 商人だった と言う
その頃売っていた Gパン
丈夫な 作業着だったらしい

この前 図書館に行った
衝撃的な題名の 本を借りた 思わず手に取るような 題名

中身は まだ読んでいない
買わせようとする 意識的なものなのか
僕は 借りたけど

灰色の・・・

12日の当地は 晴れ
こんな日があると 後が心配
ちょっと寒くなっただけで 辛くなる
やはり ゆるやかな右肩上がりで無ければ
たき火の前で スイートポテトと 大学芋の 両手に花

畑に鶏糞堆肥を入れる やっと終わり
植え替えたのは みちくさの経営者 じゃなかった ボケ ホオノキ イトスグリ ヤマコウバシ 

1_20170312220950f68.jpg
29.3.12 ヒナマツリソウ
朝鮮半島産だそうな 節分草より やや開花時期が遅く 花は大柄

2_20170312220952927.jpg
29.3.12 節分草は 小振りの花が やや傷んで来た

3_20170312220953382.jpg
29.3.12 ヒナマツリソウ

理由は 分かっている
この 灰色の脳細胞でも
ただ 決断できないだけ

水も ほぼ毎日やるようになってきた
コレが かなりの時間を必要とする
鉢数が多く 植替えや 草取りや 表面処理や 
あれこれの作業が 追いつかない
だから 売りたくても 売ることができない鉢が多い

解決策は ひとつ
取捨選択する必要がある ワ カ ッ テ イ ル

続き

11日の当地は 晴れ
春が来た 春が来た どこに北 北にも来た
スモークチキンを 食べる感じ

畑に堆肥を
野菜を植える キャベツ レタス 何とかレタスみたいなの ヒヨドリの食害防止にネットをかける
植え替えは ホオノキ キササゲ ヤブコウジ イトスグリ 白実マユミ
彩菜茶屋へ出荷

1_20170311220021886.jpg
29.3.11 出た何が お月様

2_2017031122002259f.jpg
29.3.11 この角度から 紹介するのは初めての作場

しつこいですが 昨日の続きを 少し
歯間歯ブラシから 目をそらし ほぼ 食べ終わりかけた頃

3人組が入店
僕は 出入り口を背にして 座っていた
だから 3人はこちらに気づかず
知り合いが 一人いた

座敷に上がり 店員Aさんが靴を揃える
その手で 直接コップに 氷を入れ
帰り レジでのお金のやりとりは Bさんも当然素手で
まっ 気にしていたら 飢え死にする

吐き気

10日の当地は 晴れ
強く冷たい 風が来る
そぞろ寒のような 寒さ
そぞろ寒は 秋の季語だけれど

役場 ~ 図書館 ~ コメリ ~ 昼ご飯
植え替えしたのは イヌビワ ブルーベリー キササゲ ホオノキ シデ

1_20170310192425ef4.jpg
29.3.10 パッキンを オオトカゲが食べる
花作りには 蓮口は絶対必需品
プラスチック部は長持ちするが パッキンが早く痛む
これのみ 売っていないだろうか

2_2017031019242693e.jpg
29.3.10 ティタティト
ホームセンターで売っている 今頃のミニスイセンは まずコレ
増殖率もよく 作りやすい
放任で よく増える

某所に 昼ご飯を食べに行く
ここは おいしいほうだし 値段もそこそこ

別のグループが 早く行っており
当然 早く食べ終わった
そうすると その内の一人が
歯間ブラシを 使い出した
片手で隠すでもなく しゃべりながら
吐き気を もよおした

食べた気がしなくなった
ここまで 感性が落ちるものなのか

お菓子

9日の当は 晴れ 時々 くもり
今日も寒い 西から風が来る よくも こんなに余っているもんだ
うちにも 余り物がある 100万円札が ぎっしり

鶏糞堆肥を畑に
植え替えは 西洋カマツカ ネム シラキ ブルーベリー テイカカズラ コムラサキシキブ

1_20170309192240cbf.jpg
29.3.9 饅頭

これは 最近いただいた饅頭
そもそも 饅頭は だいたい似たような物
ハッカ味とか ヨモギの味とか 変わり味があるものの・・・

しかし これは 初めて食べたけれど おいしかった
ここから 車で約30分
川柳の町 として売り出している 久米南町の
「川柳饅頭」

このお菓子屋さんに ちょっと聞いてみたいことがあるが
気に入った
今度の お土産に 使ってみようか

無題

続きを読む

こちらこそ

7日の当地は 晴れ 時々 くもり 時折雪が混じる
寒い 冷たい 凍る 強烈なダブルのロック 終日北西の寒風

鶏糞堆肥を カクレミノや姫ライラックを植えてある 畑にまく
ポット洗い は辛い
お客さんが見える

2_20170307193056668.jpg
29.3.7 横から来る
このあたりは ありがたい事に 災害の少ないところ
ここ数年の台風よりも 今日の風は 爆風だった

3_20170307193058a12.jpg
29.3.7 黄梅
20数個 ツボミがあるが 2輪咲いている
この頃の黄色は 特に目立つ
手前は節分草で 今日嫁ぐ
左は 紅葉がきれいな タチマユミ
左上は ラセンイ

初めてのお客さんが 岡山方面から 見える
節分草を たくさん買っていただきました
ありがとうございました

ところで お二人とも とても丁寧なかた
こちらが言わなければならない
「ありがとうございました」と 「すみません」を
何度も言っていただく

こちらこそ 本当にありがとうございました
その上 お土産までいただいた
本当にありがとうございました

無題

6日の当地は 晴れ
午前の穏やかな天気が 午後には 烈風が来る しかも 冷たい
ギンギンに冷えた 缶コーヒーを7風に向かって飲む

植え替えが主
モミジ ネムノキ シラキ ダンコウバイ ハゼ カイノキ ルリビョウタン
猟の指導を 県から受けている
その実施指導や 現状指導があり 追加で くくり罠二つを仕掛ける
明日は イノシシ処理に いそがしくなるぞ

2_20170306180156593.jpg
29.3.5 日向オウレン
この時期咲く 数少ない花の一つ
植え替えをしていなかったため 出荷できるポットは 少ない
画像は 石鉢に植えてあるもの

今日も元気で 1日が終わる
相変わらず 相対性理論のように 日が過ぎる
無事で何より

謎の女b

5日の当地は 晴れ
可愛い ピンクの 甘い 焼き芋の日
ココはどこだ 4月の国か

物置などのかたづけ
植え替えは ニンジンボク 長寿梅 紅花エゴノキ アケビ

1_2017030520213404e.jpg
29.3.5 桃花大輪フウロ
左は 原種チューリップの タルダ

2_2017030520213688a.jpg
29.3.5 アセビ
なぜかこの個体は ツボミの期間が長く なかなか開かない

3_20170305202137d7f.jpg
29.3.5 節分草

家族で 物置のかたづけをする
何せ 田舎のこと
立派な家ではないが 図体はでかい
ほとんど不用で有りながら 置き場所があるために
とりあえず 置いてある不要品が いっぱい

とは言え かたづけと言いながら A地点から B地点へ 動かしただけ
これから 整理するのが 大変
 
謎の女b 僕をaとする・・・ 平岡精二
なかなかの歌ですよ
でも 皆さん 十分ご注意を

植え替え

4日の当地は 晴れ
春の桃色を感じる
とても穏やかな日だった
桜餅と日本茶を 静かに飲む

植え替えのみ
ブルーベリーと ビルベリー

1_20170304181110050.jpg
27.2.24 ラインベルトセンセーション

3_20170304181114d4d.jpg
29.3.2 同じ場所の ラインベルトセンセーション
もう 何年も植え替えをしていない
球根が詰まり 花数が 減って来たのか
1週間花時が 違う
今年も 他の品種は まだ咲いていない
露地切り花用に 頑張って増やすことにする

ブルーベリーと ビルベリーを 植え替えたけれど
合わせて たったの21鉢のみ
ずっと やったのに

根がはびこった やや大きめの鉢は 時間がかかる
これだから 盆栽系の鉢物は 時間的ロスが多い
同じ 木物でも 寄せ植え用などは ずっと早いけれど

最も 用土を買いに ホームセンターカインズに行き
ミジン抜きと 用土調合をしたので 始めたのは11時頃から
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR