耳学問

30日の当地は・・・
今朝 雨が降っている 今は 比較的さわやか水ようかん

明日の 即売会の商品用意がある
屋外仕事なので これには 雨がキツイ
何とか 曇って来るだろう

1_2017063007221918e.jpg
23.6.30 ウチョウラン
これが 最後の仕入れ品だったか
今は 扱っていない

2_20170630072221593.jpg
24.6.30 ウチョウラン展で
奥津温泉近く 水の館と言う場所で 毎年開催されている
ここ 最近は ご無沙汰失礼

3_20170630072222d01.jpg
25.6.30 草花火
午後2時頃から 咲いてくる

ワインは 他のアルコールに比べ 健康に良いのか
昨日調査と同時に
300万件の レシート調査をしたらしい

それは アルコールを買った人が
同時に どんな買い物をしているかの 調査

ワイン派以外は
バター 脂質 高カロリー等の比率が 多かった

それに比べ ワイン派は
野菜 果実 魚等の健康的な食品が多かった
つまり ワインだけで 健康 なのではないのだと  
スポンサーサイト

耳学問

29日の当地は くもり
べとつく 油 ギラギラ光る ああ不快

近所の方の告別式に
サシキは 岩ガラミ 南天・折り鶴 アジサイ
アジサイの植え替え
相方と某所 ~ 某所 ~ 銀行

1_20170629201539305.jpg
23.6.27 ウチョウラン
キレイだけど 作りにくいし 増殖できないので 今はない

2_20170629201541e6a.jpg
24.6.6 ダルマウツギ
ノリウツギの小型で ノリウツギの個体選別か変種か何か と聞いてはいるが

3_20170629201541018.jpg
26.6.17 松本センノウ

この前 早朝ラジオを聞いていると
総合的な食生活 とかだったかの 番組があった

北欧のどこかで
飲酒と健康の 調査をやったらしい
ワインを飲む人たち
ビールが主の人たち
ウイスキーなど 蒸留酒のグループ と

10年後の 健康調査をした それによると よるとだ
ワイン派の人が 一番長生きしたらしい

しかし これには伏兵があった 続く

耳学問

28日の当地は 晴れ 時々 くもり
ピーナツバターを 手づかみで食べる日

相方と某所
サシキは アジサイ 赤葉ヤブデマリ 桃花ヤブデマリ ナンジャモンジャ ウツギ・マギシエン ミニバラ・・・
アジサイの植え替え

1_2017062821181690b.jpg
29.6.28 青花の有名種 渥美絞り

昨夜 新聞を読んでいた
横から テレビの音が聞こえる
長寿日本一は どこそこで
どんな食べ物が 多く取られているか
あれは これは そして

切れ切れに聞いていると
何をどうすればいいのか
あまりにも 複雑すぎ 項目が多すぎ
結局分からない

最も 新聞の方に 主眼を置いていたし 続く

ちょっと

25日の当地は くもり にわか雨
手づかみでカルビを食べ その手で 顔をぬぐうような日

ちょっと事情があり 3日程度休みます

無題

24日の当地は 晴れ
夕方からくもり 夜雨になっている
しっとり マンゴーのように振り 底まで濡れますように

サシキをする 吉野ツツジ アジサイ コデマリ 紅花アセビ ミツデイワガサ・・・
ちょい用事で 二人で外出

1_2017062420165540e.jpg
29.6.24 セイアン
西安と 書くのだろうか
日陰で作れば ドライフラワーのように 長く楽しめるらしい

2_20170624201656867.jpg
29.6.24 同じく
花色が固定していないのか 意図的に異なる色を 寄せ植えにしてあるのかは 不明

何か分からないが ちょっと疲れ気味
体なのか 灰色の脳細胞なのか どちらが不調か分からない
特に 心配事もないし 
まっ 人間だから 何かの悩みはあるが
それが 普通だろう
早く ケセラセラに ならなければ

ようこそ

23日の当地は 晴れ
蒸し暑い けれど 周りはビタミンカラー
いろいろな色が あふれる

サシキをする 吉野ツツジ 紅花アセビ 姫シャクナゲ エニシダ・・・

1_201706232032444e1.jpg
29.6.23 昨日のアジサイ

2_20170623203246f77.jpg
お菓子の玉手箱になった
観賞用ではなく 増殖用親株
来年は 余裕株も作りたい けれど 今年は辛くても切る

ブロ友 ヒロロさんご夫婦が来店
しばらくぶりに会い
いろいろ情報交換
と言っても 僕の方が 多くもらったけれど

この人 家の立地がすごく良い
みちくさよりも ずいぶんと
近々 花屋開店でしょうか
そうなれば みちくさとは 趣の異なる店になるだろう

お土産までいただきまして ありがとうございました
今後とも よろしくお願いします

アジサイ

22日の県南は 晴れ
まあ さわやかな方だろう あと3日で バナナも食べ頃
風がちょっと 欲しかった

県南のセリ市に けれど 欲しい物が無く 不参加で帰る
帰りに いつもお世話になっているお宅に おじゃまする

1_20170622204133684.jpg
29.6.22 さおり

2_20170622204135f6d.jpg
29.6.22 万華鏡

3_20170622204136f62.jpg
29.6.22 ファーストグリーン

帰りに 譲っていただいた一部
ちょい 盛りを過ぎている 花や
まだ ツボミも

これらは 山アジサイではなく
いわゆる 品種物 要するに 園芸種
山野草屋で これを 増殖するのだ

他に 山アジサイ「星の煌」も 求める
これは 青系で 永遠の名花 と呼ばれている

アジサイ以外でも 少しは 園芸物がある
雑貨屋に なるぞ けど 野の花が主体

再考②

21日の当地は 雨からくもりへと その後 晴れ
ありがたい雨だった けれど ちょい足りない
東海地方は大雨
もっと うまくならないものか

野生シクラメン・コウムの 播種
サシキしたのは テイカカズラ 姫クガイ草 ミツデイワガサ 柳葉ドウダンツツジ・・・

1_20170621204520497.jpg
29.6.21 ホオノキ
キレイでやさしい色 と見る人はいるものの 売れない

2_201706212045232e7.jpg
29.6.21 アジアンビューティー
山アジサイと 園芸品との交配と聞いている
赤・ピンク・青系がある
今後は 増殖予定

3_20170621204523241.jpg
29.6.21 ブルーベリーも 熟れだした

前から 前から 分かってはいた
自分が決断せず ズルズルと なっていただけ

花が咲いているか
実が着いているか でないと売れにくい

例えば 安かったけれど
サラサウツギの 終わりかけの物は売れた
でも きれいなホオノキは 売れない

過去には 相方がやり 見向きもしなかった花物の サシキをしている
リンゴとは 話が異なるが 再考に変わりなし

再考①

20日の当地は 晴れ 後 くもり
肌に プリンの感じ
やっと 雨模様か んっ で この場合 何で模様

シクラメン種子採種
ヒアシンス バルボコジウム シラー スイセン・・・ 球根堀上げ
コウムとヘデリフォリウムの 一部を植え付け
アジサイや いろいろサシキ

1_20170620202044700.jpg
23.6.20 コバノズイナ 花セキショウ ギボウシの寄せ植え

2_20170620202047e10.jpg
23.6.20 ショウマ ギボウシの 寄せ植え

「つがる」は もともと青リンゴ
玉回し 遮光ネット 反射シートなどを駆使し
日焼けさせ 赤いリンゴとして 出荷している

東北果樹試験場に赴任した 所長が
そんな苦労をするのは 大変
味も食感も変わらないのに もっと楽をしなければ
と 赤いリンゴの推奨を 戒めた

ところが 赤くした方が 高価格で販売できることを知り
「これなら 何としても「赤」くしなければ と舵を切る」
ずいぶん前 こんな感じの 記事を読んだ記憶がある

無題

19日の当地は 快晴 またもや 快晴
しかも 焼き芋の天気
初めて大汗をかくような 日

ヒアシンス堀上げ
サシ床用意
販売残りの整理
守れ ブルーベリー

1_201706192047033e6.jpg
29.6.19 奥が ブルーベリー置き場
毎年 熟れる頃になると ヒヨドリが来る

2_201706192047040e9.jpg
29.6.19 仕方なく ネットを毎年張っている
これが無ければ 売り物にも ジャムにもならない
自分で収穫した果実で作る ジャムは至福の香り
熟れれば 至福の気分 どちらでも可

する仕事が いっぱいある
草刈り 堆肥投入 畑に定植する木々 除草剤散布 球根堀上げ サシキ 植え替え
何からするか 計画概要はたてるものの すぐに予定変更

父の日のお菓子が 明日無くなる
もらったシャツは 明日 初めて着る予定

相対性理論に則り 化け猫以外の 猫の助太刀を待ち 座敷童を歓待したり
思えば 幸せな日々を 送っている
充実度 200%

来訪無用

18日の当地は 晴れ
今日も ゴマと唐辛子のような日
何もかもから 水分を取っていく
山の駅でさえ 暑かった

地区の用事に行く
那岐山麓山の駅に 販売やら撤収やら

3_20170618203730212.jpg
29.6.16 コウヤボウキ
得も言われぬ フェミニンの香り
ほっぺたをくすぐられる とは 爺さんの言葉に 相応しくない

1_20170618203727278.jpg
29.6.16 ひめのぼたん
姫のボタンではない 姫野ボタンが 正解
石の上にも 3年くらいか
何か 他のものも 突っ込んでみるか

本日 再認識した
こちらのブログを 見もしないのに 訪問してくる 
自分への アクセスを求めるためだろう

数ヶ月おきに 1回訪問すると
何回か来て その後来なくなる
これを 3度試して見た
迷惑です あなたの誇りも無くなるでしょう
これで 僕のカウントを 上げても嬉しくはありません

昨日今日 即売で 多くの人に買っていただきました
本当に 感謝です

那岐山麓山の駅

17日の当地は 快晴
また カイセイ 
今日明日は 晴が嬉しいが ぼつぼつ雨が欲しい

終日 販売に行く 早くから 2往復運搬

1_20170617205852d92.jpg
29.6.17 販売様子

2_2017061720585315c.jpg
29.6.17 山の駅から 南方向を
標高が高く 通り抜けるだけの風は 涼しい
それでも 今日はバナナの風
中に 蒸しパンが混ざっているよう 下界は暑かったのだろう

3_20170617205854faa.jpg
同じく
バンガローは 本日満杯の様子

もちろん 名前を知っており
冗談を言える人も 多い

顔は見たことがあるが 名前が分からない人が 多い

顔に覚えは無いが
どうも こちらを知っている様子
この場合は 適宜の話をする
こちらは 多くの人に 知られている
何処で 誰に見られているか 分からない

慎まねばならぬ 慎まねばならぬ
これは 商売をしている人 共通の話

さあやるぞ

16日の当地は くもり 後 快晴
いやんなっちゃうよ ああ驚いた
欲しいな 雨と○○と相対性理論

那岐山麓山の家で展示用意 ~ 知人宅 ~ 販売の最終用意
山の家は さすがに涼しい 風もサイダーで 肌はヒヤビヤ
けれど 18日までは 雨も風も ご遠慮を

1_2017061621125825e.jpg
29.6.16 夏椿 夏ハゼ トワダアシ ショウキセキショウなど

2_201706162112599c1.jpg
29.6.16 紫マユミ コウヤボウキ 桃花岩ガラミ 姫野ボタンなど

3_20170616211300c55.jpg
29.6.16 那岐山麓山の家

明日から 展示即売会があります
今年 日本最高の規模で開催
さあ 遅れを取らないよう ぜひ お越しください
僕も 展示品運搬などのため 明日は 遅くとも5時頃から 行動開始

うん 今回より 規模の大きな展示を除き 最高となる予定です

疑問

15日の当地は 銀河の彼方まで続く 快晴
言うことなし これほど晴天が続けば これまたイヤになる

販売用意
熱風スランプアラレちゃんが来る この時期に 2回の水やりとは

1_20170615221104bf7.jpg
29.6.15 展示予定品 

2_201706152211062e6.jpg
29.6.15 
紫マユミ 南京ナナカマド 屋久島ヤブコウジ イガグリスゲ 斑姫イズイ 四国ギボウシ 桃花岩ガラミ ネム コウヤボウキ・・・

ところで ブログへの 訪問者数の件で
僕のへ来ていただいている人で
1日の閲覧者が 三桁の人も多い
しかし そんな人が いちいち 相手を訪問するんでしょうか
と言うか 訪問できるんでしょうか

聞いたところによると
自動的に訪問し 自分にも来てもらう
と言った ソフトがあると 漏れ聞きました

あなた
自分のプライドが許しますか 本当だったら

ようこそ

14日の当地は 快晴
カリフォルニアにも パラオにも サントリーニにも 負けないような空
乾燥が 激しすぎる

販売品の用意を終日

3_20170614221410c59.jpg
29.6.13 柏葉アジサイ
親用として 地植えにしている

2_20170614221408512.jpg
29.6.13 ササユリ
ヤマユリではない ササ
我が家に 1球のみ生育している 絶滅危惧種

1_2017061422140727d.jpg
29.6.14 ハンターが ガを ゲット
ガの幼虫は たいがいが悪者
クモクモ ガンバレ 

ようこそ いらっしゃいませ
この前 「何だ」 4回シリーズで書いた
関東からの ブロガーさんが 
家族で お見えになる

勝央町在住の ご家族の元へ
用事があって 来ておられる
思えば 不思議な縁です

特に大事な植物は 新幹線同乗で ご一緒とか
そこまで 大事に育てられ 植物も幸せでしょう
ありがとうございました

ぐぉーぅー

12日の当地は 晴れ
朝晩は 寒いよう
サクランボ  ブルーベリー パイナップルの ミックスサラダのような日

販売品の用意

1_20170612203916876.jpg
2.6.12 アジアン系のアジサイ
ピンク 赤 青と3色あるが
用土を同一にしたので 花色がやや不鮮明

2_20170612203918dc6.jpg
29.6.12 草花火
ようやく上がって来た
今年は 鉢数が少ない

3_20170612203918881.jpg
29.6.12 赤系ミニバラ
あるにはあるのだが 売れ行きは 今ひとつ

4_20170612203920e65.jpg
29.6.12 午後の棚場
手前中央は 野菊数種

昨日 雨の中 草刈りをした
ガリッ ギュン トンカン
ゴジラが 常時火を噴く ホントです

刈払機で きれいな草刈りをするには
方法は 2種類
地面すれすれに 草のみ刈る 超高等技術
今ひとつは ノコ歯の摩耗も 土砂の飛散も気にせず
土や石をも 刈り取る方法

知っている人が 刈っている
ずっと 石も土も 一緒に刈っている 

あと5日

11日の当地は 土砂降り ~ くもり ~ 晴れ
比較的 さわやかだった 雨どき以外は エアーサロン○○

雨の中 寺の行事に参加
ウツギのサシキ 
サシキ用土を買いに行くが コメリ ナフコ ナンバ カインズ すべて見つからず さて どうするか

1_20170611210453de4.jpg
29.6.11 正義の味方 カマキリ
この前まで 1㎝そこそこのが 歩いていた
何を食べているのか 知らないが 倍以上になっている
早く ガや 毛虫を食べてくれ

2_201706112104542c1.jpg
29.6.11 青系はアジアン それから みらい
親用なので 花は 早めに切った
近々サシキする予定

山の駅 山野草展及び販売まで
あと 5日
展示品を用意し 車約3車分の
販売品用意
草を取り 高いものは支柱を立て 鉢を洗い 品名ラベルを立て バーコード添付

雨が降らなければ 能率は上がる
それでも いそがしいけれど
みちくさの 年最大イベント

ザディトゥモローだったか 映画名は忘れた あと7日
みちくさの余裕は あと5日

映画のため

10日の当地は 晴れ 後 遅くから くもり
セメントとピーナッツが どんよりと流れる
やや 蒸しパンのよう

鉢の除草
サシキしたのは ウツギ数種 七色シモツケ 

1_20170610203917bd2.jpg
29.6.10 アジサイたち
手前は アジアンビューティー ぼんやりは みらい と言う品種
奥は 何だったかなぁ
今年 初めて導入 今後の増殖用
もっとも アジアンは 販売用が30株程度ある が保存しているのと ちょっと色違いなような気がするので 買う

2_2017061020391837d.jpg
29.6.10 永遠の名花 ローリーポップ
分球して 畑に植えよう
と10年程度 片思いしている
よくも 咲いてくれる この鉢で 10年以上

3_20170610203919301.jpg
29.6.10 ブルーベリー
今年は嫁に行くか はたまたジャムになるか どちらでも良し

4_20170610203922a4a.jpg
29.6.10 フウチソウのコケ玉
本体だけで 直系30㎝はある
流れる葉先を含めば 70㎝程度は あるかどうか

昨日 ブログ書いてなかったなぁ 毎朝 チェックしている
えっ あんな拙なるものを 見ていただいているんですか 実は 夕べ 映画を見ていたもので

今日も インデペンデンスディーを やっている
けれど 見たことがあるので パス

いつも 見ていただいている方が 来店
いつも ありがとうございます
また いろいろと 教えていただきまして ありがとうございました

シラネアオイは うまく夏越しさせ 採種して下さい
見ていただいている ことを 前提に書いたのではないのですが・・・

北の国から

8日の当地は くもり 後 晴れ
がぉう バリバリ ぶぉう

ずっと 鉢の除草
キクを 1ポットに挿し芽する

4_20170608220923e14.jpg
29.6.8 夕方に
ゴジラと ジラゴが バトルする
火を吹く 氷をはきかける がおぅ バリビリ
明日も 好天だろう

1_20170608220919194.jpg
29.6.8 八重石立ホタルブクロ
ソフロニィテス・コクシネアは 茎と花が 同サイズほど
これも負けず 茎葉に比べ 花は大きい

2_20170608220920e5a.jpg
29.6.8 白ホタルブクロ
石立に比べ 高さ40㎝程度
どちらが好きかは あなた次第

3_20170608220921632.jpg
29.6.8 北の国から

「白い恋人たち」は グルノーブルから
「白い恋人」は 北海道から
北海道へ行った人の お土産
いつもありがとう

しかし これは 前に 何かあったな
生年月日か 体重か 
今は 信用回復したのか

北は 絵になるのだろう
北の国から来たスパイ 北国行きで 北国の洋子
北北西に進路を取れ も北だし

二者択一

7日の当地は 雨
寒くはないが 青緑の宝石のような雨が降る

町の健康診断へ
後は 早引きする

1_201706071431538bb.jpg
23.6.7 宍道湖の夕暮れ
この後 宴会30人程度と 記憶している

2_20170607143155421.jpg
24.6.7 白いチョウの群舞
山アジサイの 品種は 画像からは分からない

3_201706071431572f3.jpg
25.6.7 トワダアシ
この現物は もう無いが 今年は ちょっと遅れ気味か

さあ どうする
健康診断の受付は 7:30~10:30
6:30に行き 1時間待って 受付するか
9:30に行き 同じようにするか
しかし 行って見なければ 何時間待つか 分からない

早く終われば 早く食べられ 早く仕事ができる
でも 1時間は待つ
後に行って 早く終われば それもまた良し

結局9時過ぎに行き 30分程度 待ったか
要は 価値観の違い こんな場合も 価値観と言って 良いのだろうか

別に使え

6日の当地は 晴れ
今日も お姫様の天気 さわやかフルート

ゼニゴケ退治
かたづけしたり ずっと何かはしていたが

1_20170606204619057.jpg
26.6.4 縁起ものたち
ブログを始めた頃 6月の1枚目の画像が これ

2_20170606204621597.jpg
29.6.5 フェアリーリング
リングじゃあないな

3_20170606204621fc5.jpg
29.6.5 右の白っぽい一角は 枝豆
その左は マクワウリと カボチャ
この田は クローバー畑にする予定
だから トラクターは入れず 除草剤で維持予定
1回での 全面均一散布は 無理 
だから 迷路模様にやって 2回で終了

ニュースによれば
この前 問題になった
身代金目的か 何やらのウイルス
作ったのが 中学生 だそうな
知識と技術は 年齢とは関係なかった

しかし おしい
この技量を どうして別の方向に 使わないのか
本当に もったいない
僕には想像もできないが あんなことが できるのなら
きちっと反省し 正義のために使って欲しい

無題

5日の当地は 晴れ 後 快晴
ここのところ 空気が乾いている だから夏みかんの気分
さわやか

除草剤散布
あとは 鉢や用土の かたづけ

3_20170605203446516.jpg
29.6.5 本当は もっとキレイに見えるはず

1_2017060520344164d.jpg
29.6.5 空飛ぶ真珠
表面張力の存在を確認 これで よく分かった

2_20170605203443c69.jpg
29.6.5 紅花ヤマシャクヤク
長く長く 至福のツボミを楽しみ 開花
すぐに 散っていくはかなさ
最も この花は それがいいところ

一昨日のラジオ
高齢男性が 俳句投稿していた
季語は無かったが・・・

正確に覚えていないが
「今日が今までで 一番良い日と 毎日思っている」 と
これを 17音にしてあった

幸せな人
意識的に そう思っているにせよ なかなか
 
ケセラセラがモットーの僕には とても まねができない
人生の達人だろう

思わず・・・

4日の当地は 快晴
しかし 比較的過ごしやすい
空の青 綿あめの空 山 ビタミンカラーがキレイ

除草剤散布
子供の手伝いで センダンの枝落とし 電線に行きそうだけれど 中電は切ってくれないし
サシキした苗の植え付け ノリウツギ 斑ムラサキシキブ マルバノキ ハナイカダ・・・

3_20170604221756cb8.jpg
29.6.4 何パピヨン
縦画面だけれど このチョウか何かが 茶色のチョウのサンバ
50匹程度はいるだろう
タマゴを 生み付けていなければ いいが

2_20170604221755503.jpg
29.6.4 今日の1枚 咲いているのは 河原ナデシコ
中央3ポットは 早生枝豆の 予備苗

1_20170604221753508.jpg
29.6.4 アジサイ 未来
みらい と言う名を持つ

今 日本の曲ベスト3の
「さよならをするために」 が本田路津子さんで 流れる

先ほどは 「恋の片道切符」が 平尾昌明さんで
できれば ニール・セダカで
この曲は じっとしていようと思っても 体が動く

いやいや 最も動くのは
ビーナス 「キッスは目にして」
どうしても 動いてしまう

目を閉じて聞くのも 体が動くのも
音楽は 素晴らしい

桃花ヤブデマリ

3日の当地は 晴れ
ジャガイモ坊やと タマネギばあさんの雲が行き交う
ちょっと 蒸し暑い

用土の処理
野生シクラメン・コウムの播種
そのほか いろいろ

1_20170603222421ab6.jpg
29.5.18 桃花ヤブデマリ
キレイだけれど 紅花か
白はきれいに写らないが 実物は本当に白花
じゃ 何で 桃花

2_20170603222423d4a.jpg
29.6.2 桃花ヤブデマリ

3_20170603222424e40.jpg
29.6.3 桃花ヤブデマリ

下2枚
ホワイトバランスが 悪いが
実際は 淡い紅色になってきた

この花
開花から長く きれいな純白
花が進み 散る前になると 紅色に染まる
誰が どうしてこの名を与えたか 知らないが
売る方に取れば やっかいな花
対面販売なら 説明をするが
普通なら 初期に「桃花」をいぶかる人も多い だろう

アネモネ・ブランダ

2日の当地は 快晴
けれど 涼しく 時には風を冷たく感じたり
ダイヤモンドと5月のゼリーの 空気

終日 用土の整理
午前友人が 午後知り合いが来店

1_201706022222553f5.jpg
29.6.2 ヤマコウバシ
ゼリーと スニーカーのような色
なかなか貴重な樹なのですが 最近は あまり売れない
今も 秋も キレイ

2_201706022222567cd.jpg
29.6.2 あっああ アネモネ・ブランダが
申し訳ない

3_20170602222258f8a.jpg
20.3.6 アネモネ・ブランダ

今日は ずっと 用土処理をしていた
何もない鉢を 逆さまにし
古い土を 捨てていた
ゴロゴロゴロリン 何かが転んで来た
気にも止めなかったが 見ると
アネモネ・ブランダ

他にもあるか と探したが
小球があっても 見つからない
仕方が無いので 植え付けしたが
この時期には 初めて キレイに咲け
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR