不調なので

31日の当地は 快晴 後 晴れ
日陰は あまり汗が出なかった
こうなれば ありがたい
流しソーメンのような空

アネモネ・ブランダ 節分草 出雲コバイモの植え替え
日陰に持ち込んでやる

1_20170831224335e8d.jpg
29.8.31 タヌキマメ
バックは ワイルドオーツ

2_20170831224337959.jpg
29.8.31 これも バックは テンモクカズラ

3_20170831224338e57.jpg
29.8.31 テンモクカズラも 赤くなっている

何か うまくつながりません
やっと ここまできたものの これで終了します
スポンサーサイト

春の声

30日の当地は 晴れ
クレパスで書いたように すっかり 秋色の空になった けど 暑い
今日は 風があって 比較的よかったけれど

近所の方の 葬儀・告別式に

1_201708302122055eb.jpg
29.8.30 今日の夕方

僕は 能力はないし 資格もないが
自分の 戒名は そのうち 自分でつけたい
と考えている

葬儀は 特に変わったことでなく
世間並みの 方法でおくって欲しい と思っている

ただ 葬儀のあとは 想い出の写真などでなく
自分で撮りためた 花を使って欲しいと思っている

そして ヨハンシュトラウス 「春の声」 を
絶対に バックに流して欲しい

35年先の ピンコロの時 きれい事など 不要

ちょいと

29日の当地は 晴れ 時々 くもり
熱々の焼き芋を 抱えているよう

草を木の根元に 寄せる
あと かたづけしたり
近所の方の お通夜に

1_201708292221365d3.jpg
24.2.3 町内で
暑いので 雪の画像でも

2_20170829222138a44.jpg
25.2.14 みちくさから

失礼なことは 分かっています
自分のことは 棚上げしておきます
どこの 誰のかは 当然言いません

月に1~3回の更新
内容は 特に読みたい ほどではありません
それなのに 拍手数だけでも 3桁中ほど
訪問者数は 分からない

どうして こうなるのか 理解不能です
僕が そのブログをまねする と言っても 不可能
爺さん流で行きます

こんなもの

28日の当地は 晴れ
暑い 昼間が 少しも涼しくどころか ここ最近 暑い
暑いビートで 真夏のカーニバル

出荷 ~ 某所 ~ コメリ
ヤブコウジ モミジの植え替え
某所

1_20170828214142d2b.jpg
29.8.28 巻枯らしした センダンの枝 その先端に異星人

2_20170828214144f73.jpg
29.8.28 広葉の草と アスパラガスが 生えている
何と 頑張ることか
枝が折れなければ 有機物はあるし もっと生育するだろうが・・・

3_20170828214149c80.jpg
29.8.28 厚さ2㎝程度の鉢に チェッカーベリー

4_2017082821414623d.jpg
29.8.28 松の薄鉢
あと2年程度したら 前置きにできないか

水や肥料の程度
冬の管理や増殖方法
栽培方法について 事細かく聞いてくる人がいる
絶対ではないが 
こんな人は まず買わない

同業者が何人かいて
話になるが
だいたい 共通してこんな結論になる

買う人は 聞くことも簡単な傾向がある
買う人は 結論が早い

食べ物か

27日の当地は 晴れ
蒸し暑さも ほんのわずか 減っているようないないような
3歳の女の子の 水玉模様ワンピースのような空

地区の草刈り
近所の人がご逝去 打ち合わせなどに行く
黄花イチゲの植え替え
草刈り

1_201708272208186ba.jpg
29.8.25 パン

その名は 「こだわりクリームの バナナロール」
この前 胃カメラの日
軽い物を食べて下さい とのことで
これを買う

食べた後
何気なく見ると 書いてある

原材料名 
小麦粉を筆頭に 全部で 29種類
スパイ用語のように 聞いたことも無いのが 並ぶ

気にすると 食べる物は 無くなるが・・・

花火

26日の当地は くもり
ここ最近の 蒸し暑さより 少しだけマシな日
カレイの煮付けが 泳ぐ

節分草 クロマツの植え替え
草刈りと 草寄せ

1_2017082621302267a.jpg
29.8.26 千本菊
菊の中では トップバッター
ぼちぼち終わりかけている
画像は 大鉢植えだが 展示会の季節でも無く 需要は少ない
年間 数ポット用意すれは 良いか・・・

2_201708262130238d8.jpg
29.8.26 八房性サルスベリ
花の少ない季節に 色彩的にも重宝する
ただし 暑い時期なので 特に大鉢は売れ筋ではない
9㎝ポットが 経営的には 安定している

3_2017082621302448d.jpg
29.8.26 クロマツ
これも 需要が無いので 見限ることにした
これを

4_20170826213027594.jpg
29.8.26 こうした
細い物のみ植え替え 他は廃棄
線香よりちょい太い程度だが 10年は経過している
自由に曲げて 趣味用兼販売用にする

この前 ラジオを聞いていた
戦火の多い国の人を
花火に誘うと 断られることがある と言う
それは 戦争を連想するからだと

僕は 今年も 花火大会には
1度も行かなかった
ちょっと入っているし そんなに興味はないし
ニュースで見たり 想像するだけで 事足りる

ありがたい事に 
戦火を連想するからではない幸せ

密室の経験

25日の当地は 晴れ
午後 にわか雨が来る
ひょうたん島の雲

ちょい用事
草刈り

1_201708252006138f9.jpg
29.8.25 今日の空の終列車

小さな部屋に 案内された
ベッドがあり 飲み物や テッシュが用意されている
いろいろ 教えてくれる
相手は きれいなひと
親切で キラキラ光る目が 印象的

やがて 別の人が入って来た
さあ 入れますよ

初めての胃カメラ 鼻から入れた
痛くも えずきも無かった

お陰で 異常なかった

遊子水荷浦

24日の当地は 快晴
昨日ほどではないものの できたてのカボチャコロッケの日
日中は ボーとしていた

某所 ~ 農協 ~ 郵便局
アネモネ・ブランダ 庭フジの植え替え

1_20170824213507ed0.jpg
29.8.24 郵便局の窓口にあった

2_20170824213509a37.jpg
22.11.18 遊子水荷浦
宇和島方面に 二人で出張した
ジャコ天が有名らしいが 食べなかった
と言うより 二人とも 名物という認識を もっていなかった

3_20170824213510f62.jpg
22.11.18 ゆずみずがうら と読む
帰宅後 食べた と聞かれ 初めて知った
残念

4_20170824213512235.jpg
22.11.18 上まで歩いたらしんどかった

仕事途中に ちょい寄ってみた
すごい の一言

郵便局のパンフレットを 思わず持ち帰った
眞鍋かをりさんは 愛媛県出身らしい
このパンフレットには タレント と書いてあるが
実際 彼女は何をしているのか 知らない
なにせ テレビも見ないし 週刊誌なども 見ないので

それは ともかく よくやったなぁ
それにしても 最近の大雨
ここ 大丈夫なんでしょうか

19

23日の当地は 晴れ
暑い ダラダラ出て来る
ニュースによれば 岡山県は今年1番の暑さとか
大空にバカヤローと 言いたくなる
マッシュルームと三枚肉の 炒め物のような空

アネモネ・ブランダ イズミコバイモの植え替え
棚の整理

1_20170823215249eac.jpg
29.8.23 出雲コバイモ
これは 球が白いので 掘り出しやすい

4_201708232152536c9.jpg
26.3.27 出雲コバイモ
どうも 必ずしも大球が 開花率が高い とは言えないような・・・

2_201708232152501f0.jpg
29.8.23 アネモネ・ブランダ
とうとう ブランダに手をつけた
つかむ ピンセットが 震え震えーるぜ

3_20170823215252168.jpg
25.4.10 アネモネ・ブランダ

数人の男性が立つ
周囲は 新緑に包まれている
1人はコート姿 他は スーツ姿
57.6.27 小樽市で とあった
これは 最近見た資料のこと

昨日 北海道に出張した人がいる
札幌か小樽かは 知らないが
気温 19度だったらしい

6月下旬コートが と思ったが
どうも 日付誤記ではないのかも

22日の当地は 晴れ にわか雨
今年は にわか雨が多い しかも かなり降る
当地では 災害は出ていないものの 何の影響か多い
この時期になれば 朝夕も寒いくらいになることがあるのに 蒸し暑い

彩菜茶屋へ出荷 ~ 某所
草刈り

2_20170822211957d3c.jpg
29.8.22午後 雨を見たかい
かなり降っている

1_20170822211955ed0.jpg
29.8.22 今日届いたカタログ
バラを買う気はないが このページ全て 何らかのパテントがついている
古い品種にすごいのがあるのに 新しければイイと言うものではない
例えば ピース ロイヤルハイネス

水をやるのに
山間のため池から流れる 水を
サイホンで 取り入れている
溜める100㍑容器に ボウフラが住んでいる
ちょっと 困るので 小さな 魚を入れている

この金魚か フナ金か知らないが
人なつこいのなんの
ジョロでくんでいると その中に入って来たりする
物怖じしない性質のを 継代増殖しているのだろう
ボウフラがいなくなったら 小さな池に移動させる

鳥を飼う

21日の当地は 晴れ
蒸かしたカボチャ 熱々安納芋 鍋焼きうどんがウマイ

節分草の植え替え
某所 ~ 刈り払い機購入 さすが新品はカルイ

1_20170821202318590.jpg
23.8.10 石鎚山山頂
さすが 涼しかった

2_20170821202320717.jpg
23.8.10 石鎚山 
北壁直登を試みる
どうも しつらえてある 歩道の方が早くて安全な様子

趣味で 鳥を飼っている
寒九鳥 九官鳥でなく 寒九鳥を

この鳥 雪山に住んでいる と言う
寒い夜に
明日こそ 巣を作る と決意するが
日が昇り 暖かくなると また 手抜きする

僕は 何羽飼育していることか
この 鳥の飼育は そろそろ止めておかなければ
とりあえず 決意する が
また明日 何羽復活するやら

20日の当地は 晴れ
文句なし 暑い
盆を過ぎたのに 朝晩も涼しくならない
厚焼きタマゴは なかなか冷めない

棚のかたづけ
草刈り で終わり

2_20170820220747672.jpg
29.2.28 節分草
今 植え替えている
販売用は終わったけれど 育苗用の大鉢が まだ残っている
この節分草 観賞用鉢に盛りだくさん植えようとしているが この時期には展示会もないし
まっ 販売用に 少し作って見るか

同じ種類の物も 多くあり
全体に 棚には いっぱい植物が並んでいる
そのためか
病気は あまり気にならないが 害虫が多い
ピラカンサスの鉢が 2鉢並んでいても
片方は 一夜で丸裸になるのに
もう一方は 健在だったりと

柔らかい葉上には 小さなキリギリスが 遊ぶし
これには クスリも効果がないし

クモ ハチ カマキリ テントウ虫 カエルも来い来い 

無題

19日の当地は 晴れ
ねばったるい
カスタードクリームの鯛焼きが 泳ぐ

彩菜茶屋へ出荷 ~ 某所
あれこれ 時期が悪いけれどサシキ
コスモスの種子を 田にばらまきする 後は放任で咲くか

3_201708192201545f4.jpg
22.1.12 高知県 厳冬のさおりが原

2_20170819214432211.jpg
29.1.31 棚場
保存している1月の 一番最初と最後の画像を 掲載
特に 意味はないが 今日も写さなかったので

盛夏の今 あまり出荷する物はない
花が少ないし

それより 地元の人以外は
買い物や食事の際 車内が暑すぎる
だから 枯れないまでも 傷んでしまう

自分でも経験がある
どうしても欲しく 買っても
昼ご飯の時など 持って移動する必要がある

彩菜茶屋は 関西方面の人も多く
欲しくても 断念する時がある

どちらか

18日の当地は 晴れ 午後 すごい夕立がある
この近辺は 雨の少ない場所なのだが 今年は強い雨が多い
茶碗蒸しと あんこが おかずのような日

植え替えは 出雲コバイモ
かたづけしたり
午後は 相方と ある会議に行く 行ってびっくり玉手箱 なぜこんな所に 知った人が3人もいるのだ

2_20170818203405d15.jpg
28.4.5 黄花イチゲ
君は 世界で一番美しい

1_201708182034034d2.jpg
28.4.5 アネモネ・フルゲンス
君も 世界で一番美しい

かつて スラローム界を 席巻した
インゲマル・ステンマルクさん
彼の 子供達への スキー指導のテレビを見た

ステップターンもなし 精神統一の綱渡りどころか
スキーも はくかはかないかのような感じ
彼曰く 子供達に 雪やスキーの 楽しさを体験して欲しい

先日 スケートの指導をしている 放送を見た
体を持ったり 手助けしたりの 技術指導の感じ
日本の 有名選手が 出ていた

どちらが より効果的なのか 僕には分からない

危険箇所

17日の当地は 晴れ
今日の茶碗蒸しは 熱々の カボチャ入り
塩っぺと たくわんのミックス空色

某所 ~ 某所 ~ 役場
節分草 青花イチゲの植え替え

1_20170817212226a42.jpg
29.8.17 青花イチゲ
二輪草 ハルオコシ 黄花イチゲなどと 区別はできない
だいたい終わった
後は ブランダと 出雲コバイモ
ところで みちくさの節分草 1ポットに3~4球入っており お買い得です うーん 価格は未定

ベスト1沖縄 2高知 3岡山
ワースト1山口 2長野 3熊本 だそうな

僕が広島県に住んでいた頃は
今回ワースト4だった広島が ワースト1と 聞いていた

近年の災害で 行政も 指定カ所を見直ししたせいなのか
それにしても 我が岡山は3位
出張が多かった高知県は 結構険しい気がしていたが
森林が しっかりしているのか

それにしても 災害が多いこの頃 被害が無ければ良いが
土砂災害特別警戒区域指定数 今日の 新聞から

法律で

16日の当地は 晴れ
夜 にわか雨が降る
熟れの浅いマクワウリが とっぷんと流れるような 空

某所へ
大花イチリンソウの植え替え
寺に 用事で行く

1_2017081621531172e.jpg
29.8.16 枝豆
相方の実家からもらう
早速 わずかな冷酒と一緒に おいしくいただいた

2_20170816215313277.jpg
29.8.16 大花二輪草
調べても分からないが イチリンソウの 変種ではないのか
なぜか イチリンソウは まず売れないが
これは 花期が少し遅いせいか 少しは売れる

夜 食べ放題の店の 番組をやっていた
僕は あまり行かないが
それでも 時々は 家族で行くことがある

飲み放題・食べ放題は 絶対に元が取れない
けれど 食べ放題なら まっ何とか
けれど これがいけない

体調をくずすし 自分の体を通して捨てることになる
おまけに 余分な物が くっつくし

医療費高騰の原因にもなるし いっそ
日本国憲法で 食べ放題を禁止したら

復活の日

15日の当地は くもりから 雨 午後遅く 晴れてくる
タマゴと青菜の サンドイッチのような日
ちょっとだけ 過ごしやすくなってきている

2_2017081520263644e.jpg
29.8.15 春おこし
アネモネ・ネモローサのこと

植え替えも 終わった訳ではないし
水やりも 日々
次々と 仕事は先に行っている
だから 始めた

こんなもの 待っている人はいないだろうが
まっ ズルズル行けば
何ヶ月も 休んでしまいそうなので
頑張って見る ことにした

相対性理論か エメラルドの伝説か
乗り遅れはしないぞ

少しの休暇

7日の当地は ずっと雨 今も雨
被害が 出ませんように

少し ブログを休みます

節分草 コバイモ アネモネ イチゲ類の植え替え
水やり
で 手一杯です

えっ 夜もやるのか
いえいえ 早寝早起きで 頑張ります

3_20170807185418ede.jpg
27.3.26 アネモネ・フルゲンス

2_2017080718541701c.jpg
27.3.26 アネモネ・フルゲンス
この鉢を 堀上げたら

4_20170807185419aab.jpg
29.8.7 アネモネ・フルゲンス
これだけしかなかった
やはり 絶対に自分で 増殖しなければ

なるべく早く復活します
拙ブログではありますが その時は よろしくお願いします

そのエネルギーは

6日の当地は 晴れ
台風の影響か 風がある
その分は涼しいが 焼けイモにバター

彩菜茶屋へ出荷
用土の処理や かたづけ

1_20170806215743f5b.jpg
29.8.6 みすぼらしい プルプラスセンス
どうしてこんなに 出来が悪いのか 分からない
以前は 上水道 
今は 山からの流れ水 それ以外は 変わらないと・・・

2_201708062157448c4.jpg
29.8.6 ハウス この1棟の管理が 大変

変な台風が 来ている
南の島で たっぷり水を 補給して 無料のエネルギーを 蓄える

ところで 水蒸気の供給で
なんで エネルギーになるのか

過去 何人かに このことを聞いたが
みんな 「しらん」 と言うばかり

あまり 調べる気もしないが
これを 有効にと言うか
人工的に 作ってエネルギーに と言う人は
いないのか

野生シクラメン

5日の当地は 晴れ
熱風爆水蒸気が 相変わらず来る
頼んでもいないのに 茶碗蒸しを盆に乗せて

用土処理や2回目の水やりをたり

1_20170805220020b90.jpg
23.10.1 野生シクラメン・グレークム

2_201708052200213ae.jpg
23.10.1 野生シクラメン・プルプラスセンス
旧名 オイロパエウム

野生シクラメンの中でも
これだけは 不定期咲きと 言われている
現に 姿は良くないが
今も 1球咲いている
この暑さの中
明日 現物を 撮しておこう

思えば この野生シクラメン
みちくさの 主流にするはずだった
ちょっと 手を抜いた しっぺ返しが
今も 続いている

何で

4日の当地は 晴れ
ギンギンの晴れ
ムシムシの水蒸気
あぁ 蒸しパンから 茶碗蒸しに 

彩菜茶屋へ出荷 ~ ナンバなど
用土の処理

1_20170804204255847.jpg
24.2.2 みちくさ
この頃になれば 夏がうらやましく

2_20170804204257ffa.jpg
24.2.3 町内で
ああ 寒い

素敵なドレスは
つぎはぎだらけの ボロ服に
飾り立てた馬車は
ただの カボチャに

12時と同時に
元に戻った マジックショー

んっ 
ガラスの靴 片方は どうして そのままなのか

今日 なぜか こんなことを思った
でも おめてとう シンデレラ

無題

3日の当地は 晴れ
今日も 汗臭い自分と同居
蒸しパンから 茶碗蒸しに変わる 意味は特に無し

用土の処理のみ

1_201708032140324d2.jpg
29.8.3 通勤途中で
本日の画像 芸術性を求めていたが 全てシャッターをただ押した だけの画像になる

2_20170803214032028.jpg
29.8.3 白無垢だましタケ

3_2017080321403437d.jpg
29.8.3 ゴジラごっこ雲

怒りは 19秒我慢すれば 大丈夫と言うし
暑さは 風を受ければ 大丈夫だし
おもしろくないことは 砂糖をなめる恵比寿様をイメージすれば 大丈夫だし
喉が渇けば 麦茶を飲めば 大丈夫だし
物事 こんなものと割り切れば 大丈夫だし
さあ 明日に備え もう寝よう

ウォーリー

2日の当地は 晴れ
憎らしい水蒸気
もう うんざりする 外仕事は 今の季節つらい

用土の処理
畑に除草剤

1_20170802220739000.jpg
29.8.2 ムカデラン
ウォーリーを探せ
花は何処へ行った

2_2017080222074100f.jpg
29.8.2 本日の雑草
あーあ 何か売り物があるのか

3_2017080222074264f.jpg
29.8.2 ムカデランの花
このヘゴ株に 2花しか咲いていない

相変わらず 元気でやっています
暑いので 昼は長めのゴロゴロではありますが
それなりに 仕事は進んでいる

けれど なかなか目に見えて来ない
あまりの数なので
どこに何があるか よく分からなくなるし
花でもあがって来れば 何とかなるのだが

ウォーリーを探せ
どこかで 待ってくれているはず
でも 何が ウォーリーなのか

天と地と

1日の当地は 晴れ
8月になった 蒸しパンも後2週間か
昼間は まだまだ 暑いだろうけれど

ずっと用土の処理と 家庭菜園への用土の運搬

3_2017080122121220a.jpg
29.8.1 秋の空 センダンがアクセント
スプートニークス 空の終列車の イメージ

1_201708012212090fa.jpg
29.8.1 野梅古木
結構古い樹で 清楚な白花が 上品な程度咲く
盆梅展へ持って行っても 売れない
来年の盆梅展は 今年より 1週間早くなる
山野草店としては その頃 売る対象は ほぼ皆無

哲学的な意味など あろうはずがない
いくつかの 根元を撮してみた
夕方 ふと見上げると 焼き芋の季節のような宇宙
なので 天と地と と書いては見たものの

しっかり根が張っている
と思っては みるものの
経営者としては 番外編
この前 夢で 潜在意識の指示があった

今日の作業も その一環
指示通りやろうとしたら その下準備がいる
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

10/21~10/22
◎山野草趣味の会
旧 たちばな保育園

10/28
○森林を考える集い
津山グリーンヒルズ

10/28~10/29
鳥取山野草会
鳥取パレット

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR