無題

30日の当地は 快晴
朝晩は寒いけれど 日中はやや暑
空を見ろ 鳥だ ロケットだ いや 水槽の底だ

医者へ ~ ナンバ ~ ナフコ
草刈り
ハリイの植え替え ちょっと遅いな
人が見える

7_201709302032137b4.jpg
29.9.30 空を見ろ 鳥だ ・・・

6_20170930203212db6.jpg
29.9.30 八重桜と カイノキ

5_20170930203210972.jpg
29.9.30 空の終列車

選挙が始まる
1人区で 2人は当選できない
いくら 次点の人に 徳があっても できない

ぐぜの心 「ぐぜ」の字が 分からない
ぐぜの心とは お互いが譲ることらしい
1本の傘がある 
自分は濡れてもいい あなたに貸してあげる ではダメ
二人して傘に入り 二人とも 濡れていこう
そう言うことと 聞いた記憶がある

人生とは なんと 難しいこと 矛盾したこと おもしろいこと
スポンサーサイト

投資

29日の当地は 晴れ 時々 くもり
いゃあ 暑かった 例年こんなに暑いのか
けれど 朝は 寒かった
エノキダケと キャベツのスープみたい

相方と 銀杏 山栗を 拾いに行く
モミガラを畑に

1_2017092922085324f.jpg
29.9.29 ギンコール?の 匂いか
よく 鼻につく これの果肉処理が 大変

2_20170929220856074.jpg
29.9.29 ハリイと クロタマホシクサ
何か 神秘的 水中の小宇宙か

3_20170929220856fe2.jpg
29.9.29 シラキ
だいぶ色づいてきた もう少し 葉が小さければ
右のくねくね棒は 野梅

100万円貯金しても 増えないし
投資しようと思っても 分からないし どうしたらいいのやら
新聞に掲載された 市中の人の言葉

僕は 今日投資した
10000円弱
ホスタ アリウム アネモネ2種
直接 金にはならないが
切り花用や 鉢用にする

そして 本来の目的は
これらの子孫を増殖し 利が利を生むようにする

物心ともに

28日の当地は くもり 後 晴れ
ちょっと暑めの天気
ピオーネから ビッテロビアンコに変化

モミガラを畑に入れる
男ヨウゾメの寄せ植え作り ラセンイ植え替え

1_20170928224808ffb.jpg
29.9.28 太陽とキス
雑草に抱かれた コスモス

3_20170928224811557.jpg
29.9.28 ホオノキ
結実まで 20年程度かかるか
これは 日陰用を主目的として 植えている
しかし この葉は 涼しげで魅力的 

4_20170928224812fd1.jpg
29.9.28 鬼太郎の ハンテンボク
これも日陰用 ただし 意外と水揚げがよく 切り枝にできないかと

2_20170928224811bfe.jpg
29.9.28 モミガラを入れた
右は ナス トマト
左は 大根 モロッコインゲン ネギ ゴーヤなどで 相方が手入れしている

画像の畑は 粘土質
だから モグラやイノシシ被害を心配しながらも
有機物を 多投している

昨年から 近所の人に モミガラをもらっている
今年も いただいた
相手曰く 不要なので 取り除いてもらえば ありがたい
そうは言っても こちらも重宝している

昨年は もみすりが始まってから もらえないかと言った
今年は いるのなら 取りやすいようにと シートを引いてもらっていた

この人 物心両方に 余裕があるのだろう

信号機

27日の当地は くもり 後 雨
寒くも暑くもない 平凡な日
素人の 手塗りコンクリートのような空

刈草を ギボウシやホオノキの 間に入れる
目医者 ~ カインズ
特に何もできず

1_20170927171252851.jpg
29.9.27 今日の夕方
左中央 何となく 白っぽいのは コスモス

走れば 車用も当然見るが
歩行者用を 必ず見る
赤青の 目安になるので

ところが
歩行者用が 点滅を始め
車用が赤になるのに 信号により 時間差がある
あれ 困ります
燃料節約や 何より 安全のため
全国共通に 絶対すべきです
どう思われます

無題

26日の当地は 晴れ
もー 暑い 久しぶりに汗が出た
ココナッツミルクの世界

某所 ~ 某所 ~ 買い物
かたづけ オウンゴール10点から 9点くらいになった

1_2017092618321831c.jpg
29.9.26 ラピュタへ
野焼きの煙と 空がドッキングして カスピ海ヨーグルトになる
いつも思う 何で畑の堆肥にせず 焼き捨てるのだろう

2_201709261832193ff.jpg
29.9.26 空よ 水色の空よ
ちょっと暗すぎるので 開けている
まだ 暗いと思うが ぼつぼつと

今日も いろいろとかたづけをした
みちくさに 来た人でないと 分からないが
そりゃあ あるある
数だけは 一流なので

売れもせず 売りにさえ 持って行かない物がある
それを 片付けているが
どうしても 愛着のある物があるし
よく 一旦停車する

心を鬼にして 捨てている
ゴメン

いざなぎ

25日の当地は 快晴
暑くもないし 世界中で 青クレパスの大安売り
水槽の底から グッピーや プラティーが 落ちて来そう

彩菜茶屋へ出荷 ~ 某所
草取り かたづけ あれこれ

3_201709252059567d3.jpg
29.9.24 ロウヤガキ
色づき始め もうすぐ 嫁にやりたいが

2_201709252059543e4.jpg
29.9.25 スノキ
コレの葉も 魅力的
今秋の展示品の予定

1_20170925205953c03.jpg
29.9.25 男ヨウゾメ
赤い葉と オレンジの実は 魅力的
数年前 ちょっとだけ騒がれたけれど 今は 実が多く付いた株が 売れる程度

ラジオを聞いていると
期間だけは 「いざなぎ景気」を
越えたらしい

しかし 自分や 売れ行き 
人の話など 聞けば 実感がない

園芸の世界も 厳しい
普段 お世話になっている人 曰く
安い物 超高級品 変わった作り 小作り
他店にない商品でないと 売れない
分かってはいるが それが困難

糖尿病

24日の当地は 晴れ
ちょっと 暑いなぁ けど 鳥カラみたいな日だった
イエティの足のような 雲

かたづけしたり
那岐山麓山の家に 販売品を引き取りに行く 買っていただきまして 誠にありがとうございました
知り合いが 二人来店

1_201709242149008d4.jpg
29.9.24 倉庫とカイノキ

2_20170924214901fec.jpg
29.9.24 八重サクラ 太陽の彼方に

糖尿病で 最も恐ろしいのは
三大合併症 目と 腎と 足

新聞によると 患者は1000万人を 越えたとか
その代わり 予備軍は減った と言うので
一軍が 増えたのだろう

僕は医者に行くほどではないが
血糖値が やや高い

だから 酒を止めることにした 簡単なことだ
それから 甘い物も 控えることにした 簡単なことだ
出た食事も 食べる順番を 変えることにした 

ブランダ

23日の当地は 晴れ
比較的 過ごしやすい やっぱり9月も下旬
砂糖をまぶした リンゴが浮かぶ

奈義山野草展に販売品を 相方と運ぶ ~ 知り合いの人宅に行く サトイモをいっぱいもらう
この地区は黒ぼく土で サトイモは とびきりうまい ありがとうございました
長寿梅の植え替え

3_20170923200656636.jpg
29.9.23 イチゴツナギ 左は 岩ヤツデ

2_20170923200655949.jpg
29.9.23 テイカカヅラ
夢見るシャンソン人形のような 曲線

1_20170923200653292.jpg
29.9.23 ツリバナマユミ
葉焼けもせず きれいどころ

昨夜の ブランダの記事
僕の言葉足らずで 大きな誤解を生みました
申し訳ありません 正しく 書き直します

アネモネ類は 普通 カラカラ乾燥状態で 届きます
ゆっくりゆっくりゆっくり 吸水させ 植え付けるものの
ほとんど腐敗しました 但し みちくさでは

みちくさのブランダは 全て 種子からの自家生産です
だから 8月に植えても 9月でも 腐敗することは ありません
育苗鉢から堀上げ 即 植え付けます

市販球を8月中に植えれば 腐敗しない ではありません

アネモネ・ブランダ

22日の当地は くもり 夕方から雨
寒さを感じる日だった
ヒラタケと豚肉の 炒め物のような空

ちょっと外出
サシキは 天目カズラ 大葉ツタ 菊葉フジバカマ 時期が悪いなぁ
明日からの 販売品用意

1_20170922212114156.jpg
29.9.22 コウズウメバチソウ ムレチドリ 岩ショウブ 黄花ホトトギス

2_201709222121173e8.jpg
29.9.22 赤葉は
左から 洋種岩ナンテン 夏ハゼ シラキ

3_2017092221211772b.jpg
29.9.22 出荷前日
必ず こうなる
雨でも降ろうものなら 悲惨な状態
何とか 持ちこたえてくれた

知り合いの方から アネモネ・ブランダの球根が欲しいと 言っていただいた
花屋としては 注文していただくのは 至福の気分
今回は 遠くの方で 堀上げて送付する必要がある
既に 8月には植え付けしているので 様子を見ると 少し動いている
こんな状態で お金をいただき うまく咲かなかったら 申し訳無いことになる

基本 当方の考え方は
特に花物は 開花を確認してから 出荷するようにしている
そうでないと 間違っていたり ご本人のニュアンスが 異なる場合がある
たとえ 500円の1鉢であろうと 中途半端な品は 失礼に当たるし 当方の信用にも関わる

今回は ご注文いただき 誠にありがとうございました
以上のような理由で 今回は 断念いたします

余談ですが
記憶の範囲では 大和農園のカタログに 掲載されていたような気がします
タキイ種苗は 確認したところ 見つかりませんでした
アネモネ・フルゲンスは 掲載がありましたが

余談追伸
アネモネ球根は カラカラ乾燥状態で届くのが 普通です
吸水がとても難しく 私の成功率は10%にも 至りません

せっかくのご注文に 添えませんが 本当にありがとうございました

野生シクラメン

21日の当地は 晴れ
暑かった 平年より1度程度 高かったらしいが
そうなのか
汗が出た
白玉団子が ハワイで泳ぐ

昨日の 夏ハゼを化粧鉢に上げる
かたづけしたり
土日の 山野草展の販売品の 化粧直ししたり

3_20170921205733a07.jpg
24.9.28 ヘデリフォリウム
この個体は 多分販売したはず

1_201709212057312d7.jpg
29.9.21 カシの根元で咲いている

2_2017092120573452d.jpg
29.9.21 ヘデリフォリウム
確か 10年以上前に 植えたはず
こぼれ種で 徐々に増えている
アリが エライオゾームが付いた種子を運び 意外なところで咲いてくる

そもそも 野生シクラメンを知ったのは 40年くらい前
自然と野生ラン と言う雑誌だったような気がする
そこに
英国シクラメン協会 日本支部の人の 連絡先があり
ありがたい事に 何十通もの手紙のやりとり
イギリスから種子を買ってもらったり
すごく お世話になった
既に お亡くなりになったが 大きな影響を受けた恩人

ギアは上げている
早く メインの一つに するぞ

南で

20日の県南は くもり
暑くもなく 当然寒くもなく 快適な日だった
カボチャスープに クリームが 浮かんだような日

県南のセリ市に 相方と行く
あいにく 気に入った物がなく 一言も発声しなかった

1_20170920205407976.jpg
29.9.20 イワギク
知り合いの人の所に行く
長寿梅と イワギクが あと少しで開花の様子
長寿梅はあるので これを買う

2_2017092020541011c.jpg
29.9.20 あれこれ
ススキ「月あかり」 桃花姫足摺野菊 濃色野菊 本キリシマなどをもらう
この方 何を作ってもうまいが 特に 野菊の類とアジサイが主体
しかも その作り方が独特 一見 何コレと思う物がある
いつも お世話になりっぱなし

3_201709202054096a9.jpg
29.9.20 ピントが甘い 夏ハゼ
最後にここに寄る
1㍍程度の株なら 実がいっぱい着いているけれど このサイズなら数個程度
明日 ヤブコウジなどと 仕上げ鉢に上げ 秋~来年の販売用に使う

セリ会場が近ければ 気に入る物がなければ 帰ればイイが
2時間かけて行けば そうもいかない
付き合いもあるし 
行った以上 何か一つでも と思ってしまう
今日も いい日でした 

再度タマゴ

19日の当地は 晴れ
風もなく ちょっと 蒸し暑い
パッパラパーの チャーハンの空

彩菜茶屋へ出荷 ~ 医者
かたづけしたり あれこれと

3_20170919220458998.jpg
23.9.18 野ゲイトウ
今年もまいたけれど 抜き捨てた
先祖返りか 穂に色がつかなかった
種苗会社のノウハウなのか 高い種子ではないし 来年買い直そう

2_20170919220458f72.jpg
24.9.11 サルスベリ 夏祭
親木用として畑に植えた株は 開花している
ポット植えは どうもうまく 開花しない
難しいのか 下手なのか

1_20170919220456f74.jpg
20.9.13 野生シクラメン・ヘデリフォリウム
復活の日を待ち 努力中

また 今日もやっていた
100歳超の元気者は
豚肉を毎日食べ
1日に タマゴ 1~2個
違うだろう が 僕の持論
健康だから 食べられるんだろう

それはそうと
僕は タマゴを どの程度食べているのだろう
肉 魚を 1度も食べないと言う日は 無い気がするが
今日から 1ヶ月 記録してみよう

台風後

18日の当地は 晴れ 後 時々 くもり
台風一過のせいか 朝は抜けるような青だっだ
昼前から 暑くなった
白系おでんのコラボ

ヤマコウバシと 屋久島ヤブコウジで 来夏の展示品を作る
あと 片付けたり あれこれと

1_20170918213602460.jpg
29.9.18 物置からの 天水を集めている
ボウフラが沸いてくるので 入れている
もうすぐ 地さな池に お引っ越し 新住所になる

2_201709182136046ea.jpg
29.9.18 メインの作場
あと 2時間もすれば 眠りにつく

ありがたい事に
台風被害は 周辺ではなかった
風は ほとんど吹かなかったが
雨が多かった
作場の 洗面器を見れば
110㎜は降っているが それ以上は 
どの程度 こぼれたか 不明

全国的には 大変な様子
大きな 被害が出ていないことを
お祈りします

異国のよう

17日の当地は くもり 
3時頃から 雨になった
どうぞ 被害が出ませんように
ウナギと ドジョウと ナマズの コラボ

ちょっとかたづけしたのみで 早めに帰る
ピロリ後遺症で まだ かゆみが残る

2_20170917163317925.jpg
26.9.29 紅アシ
放任でこうなれば 楽だけれど 何回かに分け 計数時間の作業でこうなる
相方がやったもの

1_20170917163314d54.jpg
24.9.19 緋ネム
これは売れるのだが 安定して用意できない
異なる種があるのだが ピントが異なるのか ツボミさえ持っていない

鹿沼市だったか ブルーベリーを作り
週末レストランを やっており 充実ライフだと

日も短くなり 早めの帰宅で
久しぶりに 人生の楽園を 幕間に見た

この種の番組は 多分 
うまくいった人のを やっているのだろう

それは ともかく よく 「ここは人がいい」 と言う
そりゃあ無いでしょう
じゃあ 前の土地は 人が全体的に 悪かった訳

ちなみに 今回のことについてではありません

かゆい

16日の当地は 雨
そんなにひどくはないが ポツポツと 終日降った
明日も来るだろうが 強い風は来ないだろう と信じる

医者に行ったのみで 午後から帰る

医者は ニッコリ笑って一言
ピロリ菌薬の 後遺症です
飲み終わり 1~3日目で 来院する人は多い と

ちょっと 今日はこれで 終わります
明日は 直っています

120

15日の当地は くもり 時々 晴れ
ちょっと 蒸す感じ はるか彼方の 台風の影響があるのか
えびせんのような 空

古土処理
畑に植え付け ホオノキ コムラサキ ミヤサマカエデ ヒノキ

2_20170915200554edf.jpg
29.9.15 コムラサキ
これは 仕入れた物
きれいな実が鈴なり
みちくさのは こうはなっていない
挑戦してみるか

1_20170915200552b1b.jpg
29.9.15 やっぱりキレイ

100歳で ピンコロと宣言している

120歳に上げるか

イギリスの リンダ・グラットンさん
彼女 いえ 教授曰く
今 10歳の子供は 50%が100歳まで 生きる と
健康寿命かどうか 知らないが
そんな 予測らしい

この爺さん 目標を120にするか
嫌われるだろうなぁ

無題

14日の当地は 晴れ 時々 くもり
暑い 久しぶりに シャツがかなり濡れた
何とかしてちょうだい 風小僧さん

畑に あれこれ定植
採穂用は 柳葉ドウダンツツジ 紅花ドウダンツツジ マルバノキ
日陰と切り枝用は キササゲ ミヤサマカエデ ホオノキ 穂咲きマンサク ブルーベリー 花スオウ
植え替えは プロトプテリス・クルタ

1_20170914214351f50.jpg
29.9.14 クルタ 
発芽が始まっていた けど 発根していないので 大丈夫だろう
オーストラリア原産 和名は 頭巾ラン

2_20170914214351dfb.jpg
29.9.14 クルタ
これは掘らずに このまま保存した
リンクしている ヒロロさんから 親株をいただいた

最近は 化粧もしている
ジーパンや 赤や黄色の シャツを着ていたり
話題の人をまねたり
しかも 一人ではなく 
集団で コンテストまでやっている

文句も言わず
何を言われても 聞き流し
異国の言葉のように すましている
なかなか まねができない
山田の案山子

無題

13日の当地は 晴れ
蒸し暑かった 風も お客さんもなかったし
ダマのできた クリームシチューの空

彩菜茶屋へ出荷 今日は ナツツバキの大鉢一つのみ
長寿梅の植え替え
かたづけ

1_201709132153585b9.jpg
29.9.13 強め遮光のハウス
ちょっと 暗すぎるかも

3_2017091321540175f.jpg
29.9.13 手前は ムレチドリ これランです
左は 黄花ホトトギス これは 売れ筋です

2_20170913215404779.jpg
29.9.13 コウズウメバチソウ
これは 北からやってきた
自殖し収益率を上げたいが 残念ながら 夏越しがうまくいかない

周囲の いろいろな話を
じっと聞き
うまく表現もできず
ピント外れをやったり
失敗したり

動かない 大きな
可愛い目が
じっとしている
世間のことを知ってか 知らずか
マネキン人形

イワチドリ

12日の当地は 雨 後 晴れ
マッシュルームカットのような 雲が 一つ二つ あともう少し
久しぶりに 蒸し暑い日だった

玄米を頼んでいたので 受け取りに行く
オウンゴール防止のため かたづけ

2_201709122220456d3.jpg
29.9.12 イワショウブ
これは 結構人気がある しかも 毎年 今年はどうか分からない
後ろ右は 肥後シオン 左は 二色センダイハギ

3_20170912222040916.jpg
29.9.12 ヤブとタヌキマメ
田の法面に 200本程度咲いている
作場から 直線200㍍は離れており どうしてこんなにか不明
来年は 田んぼ一面に蒔いて見るか と思うものの
コスモスなども同じで 除草がほぼ不可能

1_201709122220386fe.jpg
29.9.12 タヌキマメと コムラサキ
コムラサキは コケ玉になっている

昭和の終わりから 平成の初め 鳥取市に住み
鳥取野生ラン会に所属し ランを中心に やっていた
その頃 あまり見かけなかった 岩チドリが 欲しくてたまらなかった

やがて 数球を入手 大事に育て
交配で種子を取り フラスコで増やしていた
かなりの数を持っていたが バイオも
10年くらい前にヤメタ 売れないので

そして 今日も数を減らすことにし 整理にかかる
それは 売れないから
今後は 趣味用大鉢と 販売用高級品に絞る

負けるぞ

11日の当地は くもり 時々 晴れ
ちょっと 蒸し暑い日だった
みちくさグレーの空

草を畑に入れる
大鉢に 除草剤散布
彩菜茶屋出荷 ~ 某所

1_20170911214727e44.jpg
25.9.12 ユキワリイチゲ
この頃に 掘っていたのか
でも 今年は 中鉢1鉢しかない
販売用は 用意していない
それは 小鉢では 非常に咲きにくいから

2_201709112147313d5.jpg
26.9.11 タヌキマメ
今年は 販売用としては 作っていない
高くなるので 作りづらい
来年は こぼれ種を集めて 田んぼ中にまこうか と思ったりして

何ヶ月か前 書いた
このままでは オウンゴールになる
しかも 1点では済まず
何点も入れてしまいそう

その後 ゆったりとではあるが
フォーメーションを 考え 実行している
長くしてきたので 一気には 片付かない

一応 今年中に が目標
なかなか 考えるとおりには 行かない
ズバッと やれないので ゆっくりやる

初体験

10日の四国中央市は 晴れ
蒸し暑さと 秋風が交互に来る リンゴサンドのような日

四国中央市 旧土居町でのセリに 相方と行く

1_20170910220201842.jpg
29.9.10 ロウヤガキ
実もしっかり固定し 熟れて売れるのを待つのみ
左下の ちょい赤いのは ヤマコウバシ

四国中央市での セリ市に初めて行った
ここは 盆栽より 山野草が多いと聞いたもので
しかし 残念なことに
今回は たまたま盆栽系が 多かったらしい
そんな中 コムラサキ 斑ヤツデ 斑ユーホルビア スノキ 白ナンバンギセルを持ち帰る

行って見ると 知った人が 5組6人もいた
この世界も 狭い

ただ ちょっと遠い
1度行かないと 様子は分からない
しかし 1回では分からない

20代後半

8日の当地は 快晴
ちょっと涼しめの 熱帯のような日
ギラギラ太陽の彼方

ずっとかたづけ
いろいろな物が 雑多に置いてある

1_2017090822104609d.jpg
29.9.8 ハギとシシ
でなく ハギに これでもキチョウ
昼ご飯中なのか

2_201709082210470d5.jpg
29.9.8 夜明けのマルシェ
火星の夕焼けのよう 行ったことはないけれど

よくやった
どうしても勝つ と言う気迫が 上だったのだろう
メンバーも 当然ながらだいぶ変わって来た
職場でも バランスの取れた年齢構成が必要で
スポーツも 多分同じだろう

しかし 見ると
20代後半の人が多い
東京では 30歳近くなる
若い人の実力不足かどうか 知らないが
もうちょっと 出て来て欲しい

ぺろり

7日の当地は 雨 それも終日
強く 弱く やわらかく なめるような雨
キノコソテーの空

従って 何もせず
ビニール下の バラバラを片付ける

2_2017090718005283d.jpg
29.9.7 休憩所の前
イヌビワ 山香ばし 鳴門カエデ ヘンリーツタ 白花長寿梅が見える

1_20170907180049396.jpg
29.9.7 クロタマホシクサ
昨日 相方が植え替えた

この前 胃カメラ実施
その後 検体検査の結果
ピロリ菌と 同居していた
聞くところによると この年齢で 70%程度は 
持っている と

今朝から 薬を飲み始めた
いろいろ 副作用があると 聞いている
その内の一つ
胸焼け・呑酸症状が ちょい出て来た
我慢して ぺろりと 呑むことにする

んっ ?

6日の当地は くもり
時折 霧雨みたいなのが来る
ひざしはないものの 蒸し暑い日だった
キノコソテーのような 空

医者へ
彩菜茶屋へ出荷 ~ ホームセンターナンバ
植え替えは 長寿梅 ヤシャゼンマイ サルナシ 白実ヤブコウジ 斑アオキ ピラカンサス

2_20170906215318d4c.jpg
23.9.7 日が当たる 御在所岳
6年前の今日は 菰野町湯の山温泉に 泊まっていたのか

1_20170906215316567.jpg
23.9.7 御在所岳
この時は コブシの仲間の調査に行った
自生地の足元に シロタマホシクサが 咲いていた
特別な地域でもあるし 当然採種はしていない

スダチの生産が盛んな徳島県神山町で、収穫したばかりのスダチを陰干しする「予措」(よそ)が本格化している。
4日ほどかけて余分な水分を飛ばすと、実が傷みにくくなるという。9月末まで続き、10月から全国に出荷される。
-新聞から-

何回読んでも意味を理解できない
26日から収穫したのを 県外出荷
今収穫しているのは 県内用 加工用
予措した物を さらに保存しておき 10月から出荷

大きな誤解か 読み取る能力が無いのか それさえ分からない

タマゴなど

5日の当地は くもり 時々 晴れ
夕方から 雨になった
ぼちぼち ばら寿司のような 天気になってきた

近所の方の 葬儀・告別式に行く 最近 身近で亡くなる方が多い
草を移動させたり 紅花ヤマシャクヤクを 鉢から 地に下ろしたり

1_201709051814155a7.jpg
29.9.4 餅米の 天日干し

2_20170905181418063.jpg
29.9.4 通勤途中で
この家は ずっとこのスタイル
天日干しがウマイ と聞くが 食べ比べたことは無い

タマゴは 1日2個
豚肉は毎日
焼き肉もよく食べる

健康長寿の人は こんな食生活
と言う テレビがある

本当にそうなのだろうか
元気な人だから そんなに 食べられるのではないのか

周囲を見ても 何十年も肉は食べない
と言う人でも 元気な人を知っている

陽気でよく笑う などと言うのは そうだろう と思うけれど

夏風邪

3日の当地は 晴れ
今日は暑いけれど 鳥カラッとしている
横になって空を見上げていると 夢うつつに グリム童話が流れる

寝込むことはなかったが ちょい 体がだるく 水やりしただけみたい

1_20170903203011db8.jpg
29.9.3 穏やかに日が落ちていく
右下トレーは 畑に定植予定
穂咲きマンサク ミヤサマカエデ スオウ モミジ ウリハダカエデ

友人が 今日も草を 持って来てくれた
体がだるいので 荷下ろしは 手伝えれない と
何じゃ わし 3~4年風邪ひいてないぞ
健康が うらやましい

熱は無いが ダルっぽい
これで 熱でもあれば 生きてはいられない
何せ 37度代前半でも 寝込むほど 熱には弱い
そのせいかどうか めったに出ないけれど

今日は ティッシュを 何枚使ったものやら
ジュルジュル ギッチョン ネバネバ チンチン

初体験

2日の当地は 快晴
昨日から 秋になった
台風が連れてきた冷気で また 暑くなると言うのか イヤになる
イワシが サッカーをしているよう

家のかたづけをする
草刈りを ちょっと

2_20170902215036978.jpg
25.9.2 スプレー菊か
道の駅 「久米の里」だったと 記憶している
下葉も枯れず 上作の菊

1~3日寝たのは 10回以下
仕事を休まない程度の 諸症状は でも30回程度か
いや もうちょいあるか
クスリを飲んだのは 1~2回か
医者へは 1回も行っていない
夏の経験は 初めて

夕べから ちょっと 喉が痛い
熱もないし 普通に行動している

以上 記憶の範囲の 風邪の経験回数
期間は 平成になってからの29年間

無題

1日の当地は 快晴 後 晴れ
汗が ずいぶん少なくなった
体を動かせば 当然出て来るが
日陰で 鉢をいじるには そんなに辛くない
どうやら セビリアンブルーが 余っているらしい

節分草の植え替え 大鉢が あと10程度あるか
友人が 草を運んでくれている 樹の間に入れる
知り合いから 野菜をもらった いつもありがとう

1_20170901222946f61.jpg
29.9.1 エーゲ海の真珠

2ヶ月振り程度で
2階の 自分の部屋で入力
この部屋は狭く 窓も小さく
暑くて やっていられない
だから 1階でやっていた

今は 裕次郎と 石川さゆりの歌が バックになっている
いやぁ ウマイ
石川さゆりさん レイさんとか 高橋真利子さんの歌 歌って欲しいなあ

ワールドカップには行くし
何事も無い平和な日だった 言うことなし
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

10/21~10/22
◎山野草趣味の会
旧 たちばな保育園

10/28
○森林を考える集い
津山グリーンヒルズ

10/28~10/29
鳥取山野草会
鳥取パレット

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR