FC2ブログ

66

31日の当地は 晴れ 時々 くもり
今朝は 今冬2番目の冷え込みだった
昼間は そのせいか あまり寒さは感じない
実態は 冷凍お好み焼きではあるが

柿とツクバネの 植え付け用意
ポット洗い

1_20180131180652b60.jpg
24.1.31 職場の飲み会
サプライズで 誕生祝いをしてもらい 感激
うっかり 1本足りないけれど

2_20180131180653bfd.jpg
25.1.31 節分草
横の葉は シクラメン・コウム
今年は まだ1花も咲いていない
けれど これが本来で 1月の開花は 早すぎる

3_20180131180654bee.jpg
29.1.31 左の枯れ葉 思い出せない ピンクのすごくきれいな花
オギと リュウノヒゲなどのコケ玉

66歳になった
特に 感慨は無いのだが
66年たったのか

ピンコロまで 34年
寿命が延びているので 数年したら 予定を延ばすかも
しかし 可愛い年寄りに ならなければ
言葉に出されなくても
嫌われたら 損をする

何と言っても 家族が大事
これに 嫌われたら 長生きの意味もない
スポンサーサイト



アネモネ・ブランダ

30日の当地は くもり
寒い 気温も低く 風も冷たい
凍結金平糖が 飛んで来る

柿植え付け用意 しばらくかかる
ポット洗い

6_201801301821353ca.jpg
20.3.6

5_201801301821338c1.jpg
24.3.29

4_2018013018213244d.jpg
20.3.6

3_201801301821305c2.jpg
25.3.19

1_20180130182129afb.jpg
25.4.10

春が待ち遠しい
本心から
寒いので 最も好きな 世界で最もきれいな 花の一つ
アネモネ・ブランダの画像羅列
ピンク主体の 鉢もどこかに 隠れているはず

皆様 お風邪に ご注意を

雪は

29日の当地は くもり
風が冷たい 寒い 冷たい ジンジンリンダ

ポット洗い 柿定植用意
役場 銀行 郵便局 買い物 その他

2_20180129174814c75.jpg
30.1.29 作場

1_20180129174812e16.jpg
同じく

雪は降る あなたは来ない
アダモ

いつ降ろしたか 記憶に無いほど
昔の雪
寒冷紗から 落としたのが たまっている
低温のため とけてこない

雪の下は ある程度で 保護されている
本当は 30㎝程度 全部にあれば良い
が あるのは一部のみ
空気に触れ 震えている ガチガチ

飲んだり

28日の当地は くもり 時々 雪
風が無かったのが せめてもの救い
早く オレンジだの 焼き芋だのと 書きたいが

地区の総会・新年会

1_20180128213047c78.jpg
30.1.28 作東バレンタインホテル
ここで 新年会をやる

2_20180128213048031.jpg
30.1.28 この周辺は クリスマス時分には LED照明のメッカ
見たことはないが 知り合いのブログを見ると かなりのもの

3_20180128213049f0c.jpg
30.1.28 チャペルで 今日も1組あったらしい

僕の自治会は 約70件
その中が 6組に分かれており
所属する組の 総会・新年会があった

出席20名 焼酎2名 冷酒1名 後は全員ビール
冷酒は 僕で300ミリリットル瓶が 出て来た
何と 1人で 全部飲んだ
適正量の 4~5倍
「君恋し」と「無錫旅情」を 歌っておいた

来年は ちょっと模様替えすることが 総会で決まった
しかし 飲むことに変わりはない 幸せです

無題

27日の当地は 雪 後 くもり
風の冷たい 寒い日だった
やっぱり今日も 冷凍イモの氷つけ

来年に植える 柿の位置決め
ポットを洗う 1月目標だったけれど あまりの寒さに遅れ気味 月越えするだろう

1_2018012719354257d.jpg
30.1.27 かおりちゃんにもらった 八重桜
明日は 寒いだろうが 晴れるだろう

2_20180127193543330.jpg
22.5.28 山野草展
美作市の 清滝と言う場所で
窓向こうの 白っぽいのは 本物の滝
この近くに 節分草が自生している

冬景色 いくつか
植付けしてある ポットに水が貯まっていた
凍り付き 雪解け水が抜けていなかった
数ポット見られた

揃えてある長靴
自殺ではない
何をするにも 足元が冷たい
せめて 長靴で防寒を

ストーブの前で 揃えた両足
首は 朝からずっと夕方まで マフラーが

26日の当地は くもり
風が冷たい 雪が混じる 朝の積雪1㎝
いつもより 寒かった
冷凍ミカンも 氷代なし

午前中は それでも あれこれ頑張った
午後は ギブアップした

1_20180126171819aba.jpg
30.1.26 白と緑のブルース
西洋カマツカの 赤実が見える相対性理論

3_20180126171822280.jpg
30.1.26 直線と緑
この松は あまりにも直線で 商品としては 考え物
後ろの葉は カクレミノ 
モコモコは 大実クランベリー
後ろのスケルトンは ブルーベリー
まだ寒さが続くらしい 元気で芽が出て来い

時は 正月前後
背景の 広葉樹は葉が落ちている
みんな 厚着をしている
けれど 息は白くない

池森正太郎さんの 小説はおもしろい
剣客商売を 読んではいるが
見たのは 昨夜が初めて

遠くに ビルが見えるではなし
舞台設定に合わせ 撮影するわけにはいかない
これに限らず やっぱり本のほうが おもしろい

達観気分

25日の当地は くもり
時々風花が舞う 
昨日までほどではないが 冷たい風が来る
冷凍庫で ミカンを溶かす気分

ポット洗いを始めるが 冷たくて中止
犬走りを作ったり スイセンの間を 耕したり

3_20180125193358dd5.jpg
30.1.25 青い海原 群れ飛ぶカモメ

2_2018012519335659f.jpg
30.1.25 心打たれた

1_20180125193355d5d.jpg
30.1.25 白い珊瑚礁

どこに置いたか
見つからない物が多い
接ぎ木テープ 表札 軽トラの予備キー
昨日は ユーコミスの球根が 
どうしても 見つからなかった
そりゃあそうだろう
昨秋は 掘らずに 据え置きしていた

運動の 半分以上は 物探し
これは 農協の窓口で見た 高齢者川柳

もうすぐ 見つかるだろう

無題

24日の当地は くもり 雪が舞う
悪魔が来たりて雪をはく 風も冷たかった
背中の恋人 すきま風

犬走りを 少し作る
後は 春の備え

1_20180124213050dc1.jpg
30.1.24 ヌートリア
遠回りする通勤路で 音がする
5匹の子供が 泳いで行き 保護者は
子供が逃げるまで こちらを牽制する
やがて 誰もいなくなった
母性愛発揮

2_20180124213051e51.jpg
30.1.24 鉢に針金を通す
急いでいるときは これが 結構面倒で時間がかかる
春の 植え替え地獄緩和のため ストーブの前で ボツボツ

3_2018012421305285a.jpg
30.1.24 某社のカタログ
タキイ・大和種苗から よくカタログが届く
みちくさの 栽培内容からして 両社からの購入は 少ない
それに 趣味価格だし

この画像 ペチュニア
なかなか セクシーな色
しかも 夕方に 甘い香りがするとか
けど やっぱり買わないだろうなぁ 
青い髪の女は夜の匂い

・・・

23日の当地は くもり 後 晴れ
しかし しかし 午後から 北西の風が来る
台風以上 強烈な冷気
寒冷紗も 一部修理が 必要
冗談を書く気にもならない 冷凍マンゴー氷風

午前 少しポットを洗ったのみ

1_201801231938567ae.jpg
30.1.23 我が家の二階から 朝

3_2018012319385967d.jpg
30.1.23 画像からは わかりにくいが 強烈爆風

「この仕事を選んだ以上、金儲けはできない」
誰か 知らないが
外国のアーティストの 言葉だそうな

カーラジオだったため
誰か はっきりとは 認識していないが
ラジオで紹介が あるので まぁそれなりに儲けてはいるのだろう

さて 肝心の私は
このアーティストに 言葉の上では 同調します
しっかりと 楽しんではいます
ありがたい事で ございます

白い恋人達

22日の当地は くもり 雪
ひどい日だった
昼から3時頃までに 10㎝程度積もる
タマゴのような 大きな雪片だった

彩菜茶屋へ 初出荷 福寿草 紅花アセビ2種類
雪おろし 午後ずっとしていた 肩や腕が 痛くなった

1_20180122195352e30.jpg
30.1.22 考える光景

3_201801221953540ed.jpg
30.1.22 夕方には

暖房の効いた部屋で
コーヒーを飲んだり アイスクリームを 食べる人には
雪は 白い恋人

転勤で 雪おろしが必要な場所に
2度 住んだことがある
すごい量ではなかったが
雪おろしは 本当に大変
実際は 雪おろしより
降ろした雪を片付けるほうが より大変

テレビで見るような 雪おろしは 恐ろしいだろう

幸運

21日の当地は 晴れ 時々 くもり
キンカン砂糖煮のような 日
朝晩は 寒い

ポット洗い
あと チェッカーベリーや コウズウメバチソウの 播種

1_201801211750366c9.jpg
22.1.12 高知 さおりが原
樹の間に シカが見える

2_20180121175037494.jpg
23.1.20 四万十川

3_20180121175038e57.jpg
23.4.27 大花エンレイソウ
今年も 少し芽が 動き出している
北海道では 雑草扱いらしい

我が母校 勝央中学校
受験生のため
下級生が考案した 給食が出たと テレビで

予想できる カツなどとならび
「幸運スープ」が 出たらしい
野菜の中に 何が入っているのか
思わず 笑った
受験生の皆さん 頑張って下さい

幸運スープと関係はないが 僕も 今日 幸運でした
それはそうと 「コーン」が入っていた

手袋

20日の当地は 晴れ
来週から 氷の冷凍のように なると言う
オレンジマーマレードの 今は幸せ

ひたすら ポット洗い

1_20180120174426183.jpg
30.1.20 仲良く並んで

2_20180120174427007.jpg
30.1.20 イチニイチニ

手袋は 必需品
言わずもなが

用途により 
寒暖により
使い分ける

何を持っても 文句も言わず
モミジの手を 維持してくれる

今日は ずっと防水手袋を使用

今日も あっと言う間に 相対性理論の時間
明日は オームか コマドリか

たまごの気分

19日の当地は くもり 時々 晴れ
ほんわかとした 日だった
風も寒気もなく ありがたい
温泉タマゴの日

燻製をしながら
あとは ひたすらポット洗い

1_20180119174824fc5.jpg
30.1.19 燻製前
上は 見てのとおり
下は イノシシ シカ 親鳥

2_2018011917482692f.jpg
3.1.19 2時間後に完成

3_2018011917482726e.jpg
30.1.19 そして 昼のおかずに

上が イノシシ その右 黒っぽいのがシカ

好みが 当然あるが
タマゴが 最もウマイ
半熟にして 数日 相方が 何かに浸けておく
熱燻にすると
黄実が やや固まり じゅわっとなる
これが たまらない

もちろん 肉もうまい
口をねじりながら食べる 親鳥も また格別
ああ 何もかも 幸せです

恋するハニー

18日の当地は くもり
けど 予報通り 寒くはなかった
茶色の小瓶 みたい

ほぼ ポット洗いで終わる

1_20180118174333b0e.jpg
30.1.18 恋するハニー

ハチミツが 某所で 見つかった
賞味期限 2007年 さすがに 食べたくない

そこで スプリングエファメラル達に 食べさせた
けど おかしい 固まっていない
ハチミツなら この時期 白く濁っているはず

見ると 予想通り 「加糖はちみつ」 とあった
固まらないはず

ブドウ糖 しょ糖など施肥するくらいだから
多分 大丈夫だろう
施肥は 自己責任でどうぞ

京都にて

17日の当地は 雨が 降ったり止んだり 冷たい雨ではなかった
気分的に 落ち込んでくる
しかし 乾燥した大気を 和ませてくれるとしたら まっいいか
トマトサラダ オリーブオイル風

雨の合間に ポット洗い
ヤブコウジ 屋久島ヤブコウジ チヂミヤブコウジ 西洋カマツカの播種
後は ボーとしていた

2_20180117222355677.jpg
30.1.17 雨の御堂筋 ではないが
雨に煙る 枯れ草模様

3_20180117222356040.jpg
30.1.17 フクジュソウ
1鉢のみ あがって来る
後ろに見えるのは 大花エンレイソウ 四国カッコソウ

その時 京都市岡崎にいた
5階建てアパートの4階

瞬時に布団をかぶり
壁際に転げていった
壁際が良かったかどうか 別として 体が動いた
そして 倒壊を覚悟した
それほど 揺れた
実際には 水屋がずれた程度で 被害はなかった

あれから23年
被害に遭われた方の ご冥福を お祈りします

本は読め

16日の当地は 晴れ 時々 くもり 夕方から 雨模様の雲
今での寒さに なれているのか 暑いような日だった
とりあえずは良かったけれど 水平線がグッド
それでも 久しぶりの 焼き芋はうまかった

畑を耕す もう止めるつもりだったけれど 草花を植えよう と思ったりして
用土の処理

1_20180116174519f65.jpg
30.1.16 軽石鉢の ヤブコウジ
このサイズだと 実は難しいかも
けれど もうすぐ 新芽で満杯になるだろう
若葉モミジのような 手に抱かれ

2_201801161745216e6.jpg
30.1.16 ヤブコウジ
84穴トレーの苗
この春 小鉢に植え替える

本の朗読CDが 売られている
当然 全部が入る訳もない
聞いたことは無いが
粗筋が分かり 名言のカ所を 朗読してあるのだろう

NHKラジオでも 「耳で聞く短編小説」 と言う番組がある
これも 全部読まれているのかどうか 知らない

でも やっぱり本は 全部自分で 読まなけりゃあ

下は 僕の机
名作などはない
けれど 当然全部読んでいる

4_20180116174524ef6.jpg
30.1.16 いつもここにいる

ヤブコウジ

15日の当地は くもり 後 晴れ
寒かったのが ウソのような 1日だった
あまりの 落差は おもしろくない
地上と樹上の間で うろうろする

畑を耕す 終わったつもりだったが もうちょっとあった
友人が持って来てくれた 草を 畑に入れる
歯医者に行ったり いろいろ

1_20180115181651eb8.jpg
30.1.15 ヤブコウジ
ヤブコウジは 小鉢でも 大鉢でも使え 便利
赤い実で 正月前などには 少しは 需要があったが 今はダメ
そこで マイクロ鉢に 昨年からしている 画像は後日にでも

何か 変わったことでもしなければ 人は見てくれない
厳しい時代だが うまくやった者に 幸運は訪れる

お客さん

14日の当地は くもり
寒い 冷たい 勝手にしやがれ
積雪2㎝
あまり勝手にされても 困る アネモネの葉も 痛みがち
氷を 冷凍庫に入れる

自治会の監査をやっている で 総会に向けての 監査に行く
松の 針金かけ
知り合いの ご夫婦来店 いろいろと雑談

1_20180114195711267.jpg
30.1.14 作りかけのロックガーデン
大きな石が欲しいが 自分で持てる範囲で 集めている
今植わっているのは 紅花アセビ 丸葉の木 ソヨゴ 細葉柊南天 クリスマスローズ 菊咲きイチゲ

2_20180114195713dda.jpg
30.1.14 松っ茶アイス みぞれ風
松は 肌の荒れを付けるためにも 通年屋外で作る

3_20180114195714251.jpg
30.1.14 白い哲学者
池の 氷の部分に 雪がある

作場に見えた人は 奈義町の人
那岐山麓山の家 近くで
今朝の積雪 10㎝程度とのこと
直線では 10㌔程度だろうが
ここよりだいぶ 寒い所

何もかも ピリピリになっている とのことだが
キャベツ ネギ カボチャ ハクサイ漬け物を
わざわざ 持って来てもらう
いつも ありがたい

野菜好きの当家 トラックいっぱいでも 食べる

13日の当地は くもり 時々 晴れ
寒い 風はそれほどでもないが とにかく寒い
正確度不明の 最低気温は-9度
葉が 唐揚げせんべいのように なっている

親戚の 満中陰法要に行く
その後 作場に行くも あまりの冷たさ 
松に針金をかける 当然 部屋で

1_201801131554448e5.jpg
 23.6.8 だから 松江市宍道湖の 嫁が島
盆景を見ているよう
みんなが まだ寝ている早朝に

2_20180113155445420.jpg
28.6.6 アジサイ 星の煌
青系の中で 最も人気のある一つ

3_201801131603456ae.jpg
28.6.28 緋ネム
これは かなりの売れ筋
残念ながら みちくさでは 増殖はするが 花上がりに 問題有り

かなり 寒い
今日は -10度に迫る 最低気温 
作場で -7度程度は記録しているが
さすがに 今回ほどのは
初めてのような

通常の寒さには 問題ないはずの
アネモネ・フルゲンスも
とても 礼儀正しい

でも この寒さの中 夕方にはシャキッとしている
見習わなければ 

暑寒

12日の当地は 快晴
けれど 寒い冷たい 風は吹く 嵐はない 低温がある
外での仕事は ほとんどしなかった

で 休憩所で 松の針金かけ

1_201801122204172b5.jpg
30.1.12 通勤途上から 那岐山系を見る

3_20180112220419aa5.jpg
30.1.12 白の特異点

ちょい見する テレビ
きれいな女性が 半袖でしゃべる
男は スーツなど
寒いのを我慢しているのか それとも 暑いのをか
どちらにしても 無駄

寒中の JR阪和線 我孫子駅前
府議が ワイシャツ1枚で 熱弁
ちょっと 違和感がありすぎる ニコニコ
ニコニコ 後で言っときます
どうも 奥方のようであった

西郷どん

11日の当地は くもり
風花 北西の爆風スランプあられちゃん
氷を抱えて 寒中水泳をするみたい

畑を耕す 一応終了した
ポット洗いを始めたが 10分程度で ギブアップ 休憩所で 松の針金かけに変更

2_2018011121565529c.jpg
30.1.11 黒松 かけ方の 基本を知っている訳ではない

1_201801112156547af.jpg
30.1.11 全てがQになる

「西郷どん」 と言うのが 始まるらしい
絶対に 見ないだろう
紅白も 大河ドラマも 見たことがない

最近 ちょい見る コマーシャル
青い作業服の男女
自分も 体が動くような 音楽
切れのある踊りが 新鮮
何より 御託を並べないのが ナイス

中電工
誰が作ったのか スッキリすべすべ

夢見るシャンソン人形

10日の当地は くもり
小さな雨が降る 北西の風も来る
厳しい日だった
背中に ゾクッと かき氷

ポット洗いや 鉢のかたづけやら 夏の想い出

1_2018011017365055b.jpg
25.8.13 だから 夏の画像

2_20180110173651cbf.jpg
27.8.6 鳥取の知り合いの人
商売ではない
手の込んだ 年期物が多い すばらしい物があります

中学か 高校の頃
テレビでの 記憶はないが
ラジオで よく流れていた
「夢見るシャンソン人形」

今でも 多くの花には この曲を イメージする

フランス・ギャルさんが 亡くなった
70歳 ガンだそうだ

でも アイドルだったが
他の曲は 全然覚えていない
まだ 早すぎる

4月

9日の当地は くもり
昼前後に 強風と 地面からわき上がるような 雪が来る
いやはや ひどい日だった
かき氷に 雪をかけては 美味くない

午前 ちょっと出かける
ポットなどを洗う ちょっと辛かった

1_20180109173650d51.jpg
24.4.15 タツタソウ
白っぽく見えるが 透き通ったような 淡い紫
ものすごく きれいな花だが
ものすごく 花持ちが悪い

2_20180109173651e48.jpg
25.4.18 山シャクヤク
これも 花が早く傷む

聞くところによると 今日は 4月中旬の予想がある
早く そうなって欲しいが 
低温期がなければ 花芽もうまく 持たない
やはり 平年並みでないと

毎年 見ていると 気温の変化で 若干の差はあるが
だいたい 同じ時期に咲いてくる

あの 小さな芽の中に
神様が作った プログラムがある
うっかり 今日 シャクナゲを折ってしまった
どうなるか サシキしてみよう

8日の当地は 雨 ずっと降った
黒豆煮付けの 空

図書館へ 本屋へ それで終わり

1_20180108162300c14.jpg
30.1.8 これだけで 817円
古本も 安いとは限らない
そんなに 古書と言う感じでもない文庫本が
当初定価の 2倍以上で売られていた
どんな 価値があるのか 分からない

夕べ 人体 骨 を見た
カルシウムの塊で 筋肉組織を 支える物 
と思っていたが
最近の研究で 新事実が 分かったと
若さを保つ 記憶力・免疫力・筋力・精力アップ だと

高齢者が 大腿骨骨折で 認知症になったり
死亡したりするのも 骨からの分泌物が 
ストップするから と言う

幸い 骨を丈夫にする 方法もやっていた
たまたま 自分もやっていたことだった

名案なし

7日の当地は くもり
風もないし 穏やかな 日だった
ピーナツバターのような 空

用土の処理 ポット洗い
地区の人の 葬儀 告別式に行く

1_20180107173111035.jpg
30.1.7 近くのため池
木の根元 やや右の こんもり
ヌートリアが見える
全部で 6匹見えたが カメラを出すまでに 岸辺に行ってしまった
これが 居着けば 稲に被害が出る

2_201801071731128b5.jpg
30.1.7 ちょっと 待っていたら 3匹出現

10㌔圏を 眺めると
津山IC 美作IC
大型スーパーが 9件
ホームセンターが 6件がある
当地は 田舎であるが そんなに不便な所ではない と思っている

我が自治会は 約70戸
その中で 昨年だけで 11人の方が 亡くなられた
反面 子供は1人が 生まれたのみ

高齢化が進んでいる
この現状を 何とかできないか そんな名案はない

生物

6日の当地は くもり 時々 晴れ
夕方は 厳しい風が来る
でも まあ こんなもんだろう
モナカの日 中は アイスか粒あんか

畑に堆肥のすき込み
ポット洗いのあと 医者へ

1_20180106174143597.jpg
28.5.14 旧城山
鳥取市の裏山 登れば 日本海や湖山湖が 見える
山野草展に 行った時

2_20180106174145a74.jpg
29.5.22 寄島沖
県南のセリ市に行った帰り 何かの用事で ちょっと回り道した時

人間と 猿は 遺伝子の90数%が同じ
70%程度だと もう 植物などの世界
と 言っていた

4種類の 塩基
アデニン チミン グアニン シトシン から 生物はできている
これらの数と 組み合わせで
人間になるか 大腸菌になるか
はたまた アネモネになるか 
と読んだ記憶があるが
ホント

5日の当地は くもり
そんなに寒くはない けれど ジンジンリンダ じっとしているとこたえる
焦げたサバ のような雲

医者 ~ ナフコ ~ 某所
ポット洗い 夏の横着が蓄積している 1月中が目標だが 厳しいだろう
畑に モミガラなどを すき込む

1_20180105173633368.jpg
30.1.5 ロックガーデンの センダン
大きくなりすぎたので 切った
この ツル加減どうでしょうか 意味分からないでしょうか

2_201801051736348a7.jpg
30.1.5 夕方

エッ どう答えようか
何となくは 分かるが
正確には どう 答えたらいいのだろう
「花はなぜ枯れるのですか」
確か 3年生の女の子

今日 印象に残ったのは
・鳥は 宇宙まで飛んでいくのか
3年生の 男の子

・虹は 誰が書いているの
3歳の 女の子

植物に関してのみでも 答えられないのが多数

人類の敵

4日の当地は 晴れ 時々 くもり
朝は 1.5㎝の雪 午後からは 風も出て 寒かった
ライチシャーベットの朝

医者 ~ ナフコホームセンター ~ 郵便局
片付けたり 渋柿の種まきしたり この柿は 接ぎ木用の台木にする予定

1_20180104165822953.jpg
30.1.3 午後のきびプラザ 駐車場

2_20180104165823ede.jpg
30.1.3 きびプラザ
この中の バイキングに行く 1080円
それにしても この箱物
いつどうして建てたのか 維持費が大変だろう

3_20180104165825827.jpg
30.1.4 今朝の作場 グルノーブル 白い恋人達

4_20180104165826ea7.jpg
30.1.4 モネの庭
こんなのを 見たのが 今日で2回目
小さな池に 8匹の金魚が住む
泥の中で 朝から晩まで 動かなかった
あと 7匹は 草むらや土管の中か

バイキングは 肉料理も3種類
その存在を感じない イノシシコロッケ
焼きたてパイが 何種類か
魚や あれこれと
この価格なら お得感があるみたい
適正量の 2~2.5倍は 食べただろう か
食べたかった ぜんざいはスルーした
米粒も麺も 一切食べなかったが

脂質 糖分 バイキング
これらは 人類の敵

飛ぶように

3日は 岡山市 ~ 吉備中央町あたり
晴れ くもり 雪 風花 冷風
イチゴの詰め合わせのような 日

最上稲荷 ~ 吉備中央町のバイキングへ 3人で

1_20180103173833de5.jpg
30.1.3 最上稲荷

2_20180103173834e73.jpg
30.1.3 奥の院への途中 八畳岩から市内

3_20180103173835756.jpg
30.1.3 奥の院

自分でも 信じられない

各自別行動で 12時40分集合 と
指定したのは 僕

奥の院へ 行くことにした
いくら登っても 果てしない 急な階段が続く
あと 30分程度しか ない

休まず 小走りのように登った
自分でも このような走りができたのは
高校の時 以来のような感じがする
なぜ こんな体力が・・・ 銀河の彼方の気分

無題

2日の当地は 晴れ 時々 くもり
穏やかで とても 過ごしやすい日だった
何か 我が家の これからのような日だった

ロウヤガキの播種
6~7年後には 切り枝だが 採取できるだろう これから 毎年 播種するつもり
用土処理

1_20180102173212b79.jpg
20.3.6 原種スイセン・バルボコジューム

2_20180102173213be8.jpg
25.3.23 ハリイヌナズナと ムスカリの混色
残念 花時が 一致しなかった

3_201801021732150f5.jpg
23.3.5 節分草

この程度のブログでも
たった 10行の話題さえ
見つからない日がある
たった 10行
それが 今日

考えるのを 止めた

だから イメージする
今年は 例年になく よく売れる
家族に 良いことがある
穏やかな 気持ちで 年末を迎えるだろう
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

2020年の展示会予定

6月までの 展示会は 全て中止です
急に 復活の日を迎える
6/20~6/21
那岐山麓山の駅で
販売のみで 展示はありません

パティスリーコア
総社市中央1丁目
甥夫婦の洋菓子店

新パソコンが上手く使えない
前ぶれ無くブログを止めたら そのためです

カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR