FC2ブログ

無題

31日の当地は オレンジの日
えっ そんなに さわやか
いえいえ 火星がそう見えるらしいので
暑く 肌の潤う1日でした

野生シクラメン・コウム植え付け
畑の草刈りと 除草剤散布
買い物 某所あれこれ

1_20180731214051a0d.jpg
30.7.31 オーニソガラム・ソーンデルシー
高さ1.5㍍程度ある
切り花にしようとしたが あきらめる
なにせ この時期 出荷したその日に売れなければ 傷んでしまう

2_20180731214052bf9.jpg
30.7.31 ツルバキア・フラグランス
鉢物にどうかと 数球のテスト栽培
暑い時期なので ちょっと無理かも
フラグランス と言う名から 香りが良いのか

3_20180731214053089.jpg
30.7.31 ユーコミス・インディアンサマー
おかしい 9月開花の情報で 切り花テストに数球導入
今咲いたのでは 君 早過ぎる

今日はもう寝ます
特に何があった 訳ではない
充実した 有意義な1日だった
クォークや ヒッグス粒子が 頭を素通りする
だから 何も浮かんで来ない

これから 神と同化する 人間ができている と言う意味ではありません
早い話 寝ると言うこと
スポンサーサイト



子供電話相談

30日の当地は 最後の前日 何にするか
まっ 暑かったです 夕方 除草剤散布したら 5分程度雨が降る 勝手にしやがれ

特に お知らせするような仕事は無し

1_20180730214708cd6.jpg
30.7.30 島崎藤村 夜明け前 5:16

2_20180730214709a76.jpg
30.7.30 夕映えの二人 誰だったかなぁ フランス人の歌手だったような 19.22

いつもは あまりしないが
ここ 最近の午前
ラジオをポケットに入れて 歩く
夏休み子供科学電話相談 を聞くため

こじつけで選べば
植物関連の質問に 答えられる確率が高い
非常に 低いながら・・・

しかし 回答者達 すごいですねぇ
花も葉もすごく違うのに 子葉の形はなぜ似ているのか
普通のピーマンは なぜ未熟果実を食べるのか 答えられる?

バカに

29日の当地は
雨 くもり 晴れ くもり 晴れ ミックスフェザーサラダ
期待した雨も 20㎜程度か もう少しだけ欲しかった
風被害が なかったのは ありがたい

ゴロゴロしていたり 草刈りしたり
12時頃から 4時頃まで 過冷房の施設にいたので 暑さは よく分からない

1_2018072920501600e.jpg
25.7.31 サルスベリ「夏祭」
キレイなのだが 作りにくかったので 今はない
親木は 畑で満開になっている

2_201807292050177bc.jpg
26.7.1 フジウツギと 斑フウチソウ
フジウツギも 今は鉢では作っていない
これも 畑で満開だった

自分が 悪かったのは 分かっている
慎まねばならぬ
バカにならなければならぬ
現状を 受け入れねばならぬ
さて できるか

じぶんが わるかったのは わかっている
つつしまねばならぬ
ばかにならなければならぬ
げんじょうを うけいれなければならぬ
さて できるか


台風が

28日の当地は ストロベリーの日
えっ そんなさわやかな訳
いえいえ この名前 暑い気がするでしょう

今日はいろいろありました 家族のみの秘密です

1_2018072818394823b.jpg
23.7.2 某所
カンザシギボウシが 自生している
特にお願いしたわけではないが 知り合った人が ぜひと言うことで おじゃました
みちくさにもあるので 採取はしていません

特に 悪かった訳ではないが 早く帰って来た
台風対策も ある程度はしたし あとは達観気分
適度の雨が 欲しい
被害が どこにも出ませんように

良いのだが

27日の当地は ブルーベリー
んっ そりゃあ 収穫期だろうけれど
枯れ熟れの実のような 雲が少しある
けれど 雨は一滴も降らず
カーブ台風が来るようだが 適量の雨台風に7なるだろう

なんか 水やりばかり していたような

2_20180727213311e17.jpg
30.7.26 約束の夏 ムカデラン
我が家に来て 10年ちょっとか 老化ばかりで 新芽が出て来ない

1_20180727213310e8c.jpg
30.7.26 フウラン
夕方になれば 例えようのない 甘美な香り
例年 箱詰めし倉庫で越冬 それでも元気がない
今年は この厳冬の中 寒冷紗下で越冬した 信じられない

3_201807272133138b4.jpg
30.7.27 恵みの水
農業用水から サイホンで引いている
とても ありがたい
計測して見ると これで 約3500㍑/12時間

当地は 半月以上 降雨がない
高温であり 畑もカラハリ砂漠
ここ最近は 水やりばかりしているような
サイホン2本 自然流下1本の 無料3ルートだが
その代わり 葉が詰まれば掃除し あれこれ大変

それにしても 水不足のニュースを 見ない
よく聞く 旱魃地帯の 話も出ないし
節水のニュースも 見ない
それはそれで良いのだが 他
所では 適当に 降っているのだろうか

ヒッグス粒子

25日の当地は とろけるココアの日
うん そうだろう で心は
暑い 降らない 蒸し暑い 団子三兄弟

ほとんど 水の世話の感じ

2_20180725214741619.jpg
30.7.24 メダカの兄弟
普通のメダカをもらい 放任で増えた
残念ながら 親はいなくなった
それでも 見ていると 可愛いもの

ヒッグス博士が その存在を予言し
スプリング8か何かで 確認された

物に重さがあるのは
ヒッグス粒子が その物の周囲に
どう まとわりつくかで 決まる
わかりやすく言えば プールの中で歩く時 水が粒子のようにまとわりつくので 重い感じになる
世界の物理学者が 研究中だとか

小学3年生 物に重さがあるのは どうしてか への回答 
私が ラジオ回答のまま 記入できているかは 不明

対応

23日の当地は ココアな日
んっ ちょっとは 分かるような
とろける 心も 背中も 脇腹も ああひどい

水やりばかり やったような
その件で ホームセンターに行く

1_20180723212526564.jpg
30.7.23 廃墟

2_201807232125274ca.jpg
30.7.23 未来

3_20180723212528476.jpg
30.7.23 現在 パイナップルリリー 品種名は 見て帰るのを失念

水路から サイホンで 終日水を引いている
それだけでは 足りないので
自然流下させるため 部品を買いに行く

・これとこれをつなぐ 部品がないか
・規格品でないので 無理です
・分かっている 少々水漏れしても いいのだが
・規格品でないので 無理です

もう一人の人に 対応してもらった
最初から 分かっている 何せ鉄管と塩ビのパイプなので
融通が利かないのか 規格品の返答しか できないのか

鶏天定食

22日の当地は 完熟イチヂク
んっ 何となく同調できる ような気がする
昨日と同じ ギラギラムシムシの1日

北房町の 会員の方宅におじゃまする
彩菜茶屋へあれこれ引き取り ~ ホームセンターナンバ

1_2018072221273789d.jpg
23.2.8 水戸偕楽園

2_201807222127388ce.jpg
29.2.12 我が家から 西方面の朝

多分 苦笑かにやついてか 食べていただろう

野菜は ちょい多め
しかし 肉がいっぱいある
食べても 食べても 減ってこない
腹一杯になった頃 やっと半分になっていた
ご飯も かなり多め
小さな 小鉢もあるし 味噌汁も
けれど 完食 絶対に食べ過ぎ

道の駅 醍醐の里で
鶏天定食 880円

3/10

21日の当地は 干しぶどうか
えっ 何それ
晴れて 蒸し暑いばかり 
少し雲が出て 期待したけれど 結局ゴロっとも言わず 一滴もなし

鉢と用土処理 友人が来て話し込む
夜 義妹が来る パティスリコアのパンを持ってきてくれる 聞けば姪が手伝いに行ったそうな

1_201807212205217e6.jpg
30.7.21 青い空と 幸せの青い鳥

3_201807212205246e0.jpg
30.7.21 西洋ニンジンボク
この暑さのなかけなげ
清涼感のある 葉と花

4_2018072122052558f.jpg
30.7.21 秋のようなコントラストの強い 熱波の棚場

カジノ法案可決
いろいろ書いてあり
何がいいのか そうでないのか よく分からない

その中で ひとつ気がついた
依存症防止のため 日本人の入場は
週3回以内 月10日以内だそうな

酒やタバコと 一緒にはならないだろうが
が しかし
10日/月は依存症ではない と
これ 常習の数 ではないかと 僕は思う

これも必要

19日の当地は バナナの日
えっ そうかなぁ
シュガースポットが 35個以上
晴れて 暑い
今までで 最も多く 汗が出た

鉢の整理 畑にかん水

1_201807192128389ed.jpg
30.7.19 鉢の整理 これらは何だ
枯れたもの サシ穂を移植したあと 播種し移植したあと 売れないので捨てるもの サシキ・播種したがうまくいかなかったもの
ゴミと分け 数年寝かし 再利用する
この作業が 結構大変

11時頃だった
畑に行くと 親株用のアジサイや 切り枝用のツクバネが
別世界に行きそう ジョウロではとても 間に合わない

水利権があるので 池の水を抜き
それを 大型柄杓でかける
何とか間に合った

すごく大変で 疲れた1日だった
けれど 辛くはない

池の水抜き
好きな場所でないので 相方同伴で行く

アフリカの人

18日の当地は カボチャの日
うん そうだろう ねっとりと蒸し上がり 背中に当てると ヌーとする
たまらない 少しゴロゴロ言うものの 寝言程度
あー 少量の雨と冷気が欲しい

用土処理やいろいろと
明日収穫か と言うマクワウリが 何かから被害を受けた
食べられないそれを エサにして 罠を仕掛けた

1_20180718215536c90.jpg
30.7.18 さようなら また明日
真っ赤な太陽燃えている 果てない南のその・・・なんとか
僕の最も好きな人が 主題歌を歌っている

ラジオを聞いていると
各地の通信員との 情報交換がある
ちょっと前の放送 熊本県の女性から

熊本城近くのベンチに 黒人青年が座っている
とても 疲れた表情だった
気分でも悪いんですか と聞くと 彼曰く
「日本の夏は いつもこんなに暑いのか」

聞いて見ると どこだったかの国から 来ているが
蒸し暑さが たまらないらしい
アフリカも ジャングルから砂漠 高原都市もある

17日の当地は ライムの香り
えっ ホントにそんな日
な訳ないでしょう そうならないか と思って
この暑さはどうだ いくらかのポットは 3回水やりが必要

用土の処理のみだが 全部すれば 最低10日はかかるだろう
アジサイの不要な枝があったので ちょいサシキしてみた

1_20180717214246cd9.jpg
30.7.17 蒸気の炎が 見えないか

3_20180717214249cfc.jpg
30.7.17 何とも言えませんなぁ

2_201807172142476fd.jpg
30.7.17 ステゴザウルスを

今冬の寒さで
多くの物が 凍結枯死し
この 酷暑で 葉が痛み
人間もだが
植物にとっても 大変な年になっている

これから どれだけ暑さが続くか
分からないが
開花ホルモンに 変な影響が でなければ良いが

ヒトをも含め やっぱり平年並みが いいのでは
理想は ちょっとだけ 涼しい夏がベスト

凍結

16日の当地は うー 焼き芋の茶碗蒸し
そうだろう 全国共通の 気分
暑いと言わないことにしているが 暑い
小鉢の花も 辛そうにしている

用土の処理したり サシキしたり ちょいと草刈りしたり

1_20180716215858fc4.jpg
30.7.16 手前に見えるのは 野ギクの類
とにかく よく乾く

2_20180716215859059.jpg
30.7.16 その置き場
能率を考えれば こんな台が必要
処理しやすいし 当然体も楽
しかし 空間があるために 風が通り 余計に乾くだろう
ぶら下がっているのは セッコクや ムギラン

真備町などを始め 多くのボランティアが 活躍している
その行為には ただ頭が下がるのみで
花を相手に 暑い暑いでは 話にならない
どうか 健康注意で やっていただきたい
 
少し 減ってはいるが 
ラジオで 関係者がいろいろ話している
それは ボランティアに 行く場合の諸注意
その一つに 必ず凍らせた飲料水を 持参するように言っていた

行く人が 何時にどこから 出発するか いろいろだろう
どうやって持って行くのだろう やっぱり保冷袋みたいな物なのか

枝豆

15日の当地は うーん 焼き芋の天ぷらの日
うん ソウゾーできる
すごい日だった 天気予報がよく当たる

水利組合の 早朝草刈り
親戚の50日祭に行き 飲んで 夕方まで昏睡状態

1_2018071521170591b.jpg
22.1.12 高知県さおりが原
厳しい 寒さの日をアップ

2_2018071521170668e.jpg
27.1.4 寒中と紅 琉球アセビ

3_20180715211708242.jpg
30.1.1 空の銀河鉄道
ボールの中のアルミ線

早朝 NHKの番組
ヤマケンさんと言う人が
各地の おいしい物を紹介している

数日前の 枝豆
通常 収穫・運搬・市場で 3日目に 店頭に並ぶ

紹介されたのは 朝取りし その日に 
スタジオに持ち込んだもの
いろいろ理由があるが 新鮮さが 最重要だとか

まてよ 普通の農家では 朝収穫 夕食に食べる のが普通
シカとの 生存競争に勝てれば 家でも食べられる

分からん

14日の当地は スイカの日
なんでそうなるの
蒸し暑いの二乗の日 すごかった
何をしていても 汗が出る

彩菜茶屋出荷 アジサイの芽を整理
お見舞い ~ 某所
帰宅後 一人で夏祭りに ちょっとだけ

1_20180714214725718.jpg
30.7.14 地元八幡神社
茅の輪をくぐり

2_20180714214727684.jpg
30.7.14 本殿へ
知り合いも多く ちょい話した後 帰る

一を聞いて 十を知る 人もいるだろうし
自分でも 分かる時もないではない
しかし
多くの時は そんな訳にもいかない

だから 分からんことは 分からんのだ
すぐ 分かる時もあるが
なかなか蛍光灯が 点灯しないこともある

仕方ないだろう
国語算数のせいか 理解できないのだから
仕方ないだろう

相対性理論

13日の当地は 夏みかん
今日は 何が言いたいわけ 特に無し
蒸し暑く また蒸し暑く 焼きミカンのような日
厳しい日だった

アジサイの鉢替えと 芽の整理
ゼニゴケ駆除をする

1_201807132149369cd.jpg
24.7.28 ヒマワリ
2年前から まいていない
こぼれ種で 5花ほど咲いているが まだ 50株程度は 生えてきているような

2_20180713214937491.jpg
26.7.12 紅アシのコケ玉
カワラナデシコ クサレダマが 入っている

大鉢で作る アジサイは 比較的簡単
12㎝ポットで 作ろうと思えば ちょっと困難

いそがしいので 無駄なことをせず
仕事をすればよいが
暑いので 午後一は ウツラウツラ

冷たい物は ウマイが
食べ過ぎると 炭水化物の取り過ぎになるし

儲けたいのに 売りにも行かず
増やすばかり
相対性理論をマスターしていなければ こうは書けない

アジサイ

12日の当地は キウィの気分
えっ 何かあった いいや 何も
蒸し暑いのみ 風もないし 冷えたキウィが 食べたいだけ

アジサイの鉢替え
富有柿と黒柿の 2度目の摘果と 葉すかし
畑の草取り少し

1_2018071221383232a.jpg
30.7.12 今日の作場
赤いのは マツモトセンノオ 来年に向け 雌伏の時間に もうなっている

2_20180712213833005.jpg
30.7.12 今日は
清澄菊白山の間に 昆虫を食べてくれる 重要な生物兵器
ただし 益虫も食べるだろうが

アジサイを コンパクトに作る
決定法が分からない
ただ 大きくする 親株なら
順調に 生育している が

山アジサイなら 9㎝ポットで 大丈夫だが
品種物を 12㎝ポットで 作りたい
昨年から サシキを始めたので
今年の 開花株はなかったが
どうしても 来年は
12㎝ポットで うまく咲かせたい

すごい

11日の当地は 夏みかん
・・・何の日だったかなぁ 別に 何もない
晴れ 午後 夕立 当然蒸し暑い1日
夏みかんマーマレードが ウマイ

アジサイの鉢替え
あれしたり これしたり
地区のゴミ当番もやる

1_20180711211843e92.jpg
30.7.11 姫野ボタンの コケ玉
1花が咲いて ツボミ多し
左の葉は コナラ

2_20180711211845d1d.jpg
30.7.11 今日の作場
特に何もない 水色のパイプラインが 太陽の彼方に

晴れて 蒸し暑い日だった
夕方 暗く 冷たい風が来る
夕立模様

すごかった これほどすごいのも 珍しい
1時間弱の間に
容器目分量で 50㎜程度
建物上の溝から 泥水流入
鍬を持って かけづり回る

帰りがけ 川の水は
この前より 大量だった

晴の国岡山

10日の当地は トウモロコシ
んっ 何だ
暑いのや 白いのや 黄色が並ぶ
蒸し暑く晴れた 風もあるが 涼しさはあまり感じない でも なかったら もっとひどかっただろう

秋の 山野草展打ち合わせ
かたづけ サシキ

2_20180710211108a26.jpg
30.7.9 ヒノキベンチと 小道具

3_2018071021110940b.jpg
30.7.9 画面は 大部分が 総称野ギク

昨日見つけた 赤いアジサイをもらい サシキ

展示会打ち合わせ 7人
冷房の中 昼ご飯を食べながら

金曜日夜は 迂回を重ね
子供が 遅くに無事帰宅

爺さんは キイをたたいている
この恵まれた 環境

今の時間も 悲しみに包まれた 被災者の方
元気を出して など おこがましい
少しでも 平安な気持ちに なれますように

回り道

9日の当地は 淡いビワ
んっ それなに 特に
晴れ 時々 くもり 蒸し暑い
けれど 時折 ビワの産毛のような 風がある

除草剤散布
サシキしたり あれこれいろいろ ところで まだサシキしている人 いますか

4_2018070921451433f.jpg
30.7.9 西洋ニンジンボク
パステル調の きれいな花と葉
けれど 小さくまとまらない 従って 鉢物で売りにくい

1_20180709214510a28.jpg
30.6.18 サオリ

2_20180709214511a26.jpg
30.7.9 サオリ しかも同じ株
吟味すれば 傷んだところもあるものの まだ現役
この品種は 増殖したい

ある アジサイに 目をつけていた
サオリではない

今日 近くの山に 竹を切りに行く
途中 知っている人 4人に出会う
離れた畑で 仕事をしているので 話はせず
頭を 下げる程度

竹を 持って帰るのに 山越えの別の道を帰る

あった あの赤いアジサイが しかも3カ所も
回り道も いいもんだ
ほんの少しだが いつも通る道を はずれた所

災害後

8日の当地は イチゴの日
えっ それ何
特に意味はない 書いてみただけ
くもり 後 時々 晴れ
午後からは 蒸し暑かった

彩菜茶屋出荷 散髪
箱罠再設置 サシキしたり

2_20180708214223888.jpg
30.7.8 帰り際 明日の天気は
こんな画像が 時々出て来る
その理由は 写真を取り忘れ まあ西の空でも となる 
だから 止む無しの時が多い

1_2018070821422198c.jpg
30.7.8 毎日見ている 平和の象徴

休憩所近場で 
近くの人が所有する畑の法面に崩壊あと
多分 夕べ~今朝の 発生だろう
草に覆われ 気づかなかったが
相方が 畑に行き そこからよく見えた
だから 気がついた

地区周辺で 一番大きな災害らしい
さて どうやって復旧するのだろう

今日聞けば 勝央町内でも
大小の被害が 多かったらしい

7日の当地は ひどい日だった
終日雨で 夕方から ちょっとくもりになった
なにせ 避難勧告やら 警告やら 出て来る
しかし 幸いなことに 近場では被害はないようです

雨を見ていた
水路が詰まり カッパで周囲の草刈り
アジサイのサシキ
知り合いが トウモロコシなど 持って来てくれる いつもありがとう

1_201807072121462aa.jpg
30.7.7 アジサイ・パリジェンヌ
残念 終わりかけた

2_201807072121477d6.jpg
30.7.7 気に入っている陶板
コケ玉や根洗を 乗せる

3_20180707212148959.jpg
30.7.7 ホテイアオイと大きくなったらクジラになるメダカ

夕べ 普段 見ないテレビを
じっと見ていた

今日は 田治部の 山野草展に
販売に行く 予定だった

中国縦貫道は 通行止め
勝山から 大佐方面の主要道路は 通行止め
要するに 行くことができない
仕方なく 断りの電話を入れる

デロリアンか ネコバスでもあれば・・・
災害にあわれた方に お見舞い申し上げます

6日の当地は アスパラガスの日
えっ そんな記念日ある
細く繊細な枝が 強い雨をかわしている

どうぞ 被害が出ませんように

終日 雨を見ている
その合間に サシキし 明日からの用意をする

2_20180706174125329.jpg
23.7.5 野生シクラメン・コウム
ボツボツ 堀上げる必要有り
雨があがり 乾いてきたら 掘りに行こう

1_20180706174124285.jpg
23.7.3 ツツジではあるが
和歌山県の山奥を 走っていた
何か 赤い物が見え 降りてみると これがあった
で 少しいただいた
あれから毎年 今年も律儀に咲いてくれている

今までに ないような降雨量らしい
勝央町も 何カ所か 氾濫しかけている
僕の地域の 一部にも
避難勧告が 出た
こんなことは 記憶の範囲で初めて

幸い 当家は 
水は来ないし 山崩れの 恐れもない
けれど 作場は 家よりも 危険度が高い
どうか 無事に終わりますように
私のところも 皆様のところも

無償で

5日の当地は キュウリの日
えっ 何それ
終日雨が降った 強く 弱く 強く
雨にキュウリは よく似合う

彩菜茶屋へ鉢物を取りに行く ~ 整骨医 ~ 図書館
鉢物は 田治部の即売に 持って行く
相対性理論に基づき サシキする

1_201807052135384ec.jpg
30.7.5 即売品
金メギ 黄花コスモス 赤花野イバラ

3_20180705213541308.jpg
30.7.5 梅花甘茶 ショウマ類

親の子供に対する
諸行動は
無償で 対価を求めないことも 多い

知ってか知らずか 分からないが
困ったもんだ

夏バテ

4日の当地は フルーツみつ豆の日
えっ んっ??? 何のこと
曇って 時折雨で 午後は くもり 時々 晴れ 蒸し暑い
冷えてない 常温のみつ豆

午前は 雨で 瞑想する
法面の草集め 宇宙の法則で サシキ

2_20180704214444ecf.jpg
30.7.4 土日の販売品
アジサイが 2株咲いている
淡いピンクは 姫野ボタン 白は ウナヅキギボウシ

3_20180704214444ea6.jpg
30.7.4 夕方7時
明日は 大雨予報であるが 降るのか はずれろ

夕食の時
ちょっと 夏バテの話になる

夏バテが どう言うものか 知らないが
66歳の今まで 未体験 のような気がする
暑くても 食欲は落ちないし
夜も よく寝られるし
しんどくて 医者に行ったこともない

ありがたいことには 間違いない
今年も 未経験で 終わるだろう
ただ 関節関係では よく医者に行く

若い人が

3日の当地は 椰子の実達
んっ あっ それ何
蒸し暑い 風がかなりある 雨粒が1000個程度降る

雨予想で 水やりタイミングを見ていたが 結局降らず
適期は 銀河の彼方だが サシキする
土日の 販売用意

2_20180703213618b1f.jpg
30.7.3 時期的に 花物は少ない

1_20180703213617029.jpg
30.7.2 花物は全部でこれくらい あとはコケ玉や盆栽風鉢物など
高麗緋ネム 緋ネム 絞りキキョウ アポイキキョウ 野州花セキショウ・・・

花の お客さんが見える
しかも かなり若い
こんな若い人は みちくさには 二人だけ

以前 バイクで来た人も 若かった
数台を 時々に合わせて 乗っているらしい

山野草会も 盆栽なども
卒業生ばかりで 新入生がない
男女を問わず 若者が参入してくれなければ
先は 見えている
お月さんを見るほど よく見えている

普通

2日の当地は ウインナーコーヒー
んっ 何のこと
ただ 暑い 蒸し暑い クリームは余分

彩菜茶屋出荷 ~ 整骨医 ~ 郵便局
野ギク類の場所移動 サシキ少し あれこれ

2_201807022144377d4.jpg
30.7.2 ススキ小鉢の陰から コンニチワ
陶板の上で 半身浴 コンニチワ

朝から 晩まで 暑かった
水やりし 出荷して あと諸々
休憩で 熱いものや 冷たい物や
昼ご飯の後は ボーと休んだり
明日 3時におきるかどうか 考えたり

平凡な毎日が 過ぎて行く
この幸せに 気がついているだろうか
晩ご飯の時に 少し飲み
キーボードを たどたどしくたたく
思えば 十分すぎる毎日

砂糖

1日の当地は 宝交早生
えっ それ何のこと
蒸し暑いけれど 強い風の1日
風に当たっている時のみ ちょっと さわやか

除草剤散布
地区の仕事に出る 早い話草刈り
町の粗大ゴミに運搬
サシキ 適期は過ぎたけれど 仕方が無い

1_20180701214258f21.jpg
30.7.1 沢白ギク のラベルがある
ホワイトバランスが悪いのか 現物は紺系の花
ネットで調べたが 分からない

2_20180701214300c21.jpg
30.7.1 アポイキキョウ
アポイ岳には 固有の植物が 多いのだろうか

3_20180701214301462.jpg
30.7.1 野州花セキショウ 左のポットは タヌキマメ
この時期 さわやかなのだが 今一つ

甘いか 辛いか 比べれば 
甘党の部類に入る
全て と言ってもいいほど
成分表には 砂糖などの 炭水化物が多いことは 知っている

ここ最近 買うときも 食べる時も
つい 目が行ってしまう

昨日も お客さんと お茶を飲むとき
この 話になった
しかたなしか そう思っているのか 知らないが
話が 盛り上がった
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

2020年の展示会予定

6月までの 展示会は 全て中止です
急に 復活の日を迎える
6/20~6/21
那岐山麓山の駅で
販売のみで 展示はありません

パティスリーコア
総社市中央1丁目
甥夫婦の洋菓子店

新パソコンが上手く使えない
前ぶれ無くブログを止めたら そのためです

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR