FC2ブログ

ストロー

31日の当地は 晴れ
昼間は快適 それ以外は寒い
風もなく それなりの天気
ほほにバナナ 反対は渋柿

カイノキ播種
柿5本 キゥイ5本 吉野ツツジを 畑に定植
家庭菜園の 手伝いチョイで 夕方になる

1_20181031211153d4d.jpg
30.10.31 明日も晴れるだろう

ストローのみで 何ができる
それを象徴として これから他のものに 取り組むのなら
グーだけれど

それより ひどいものは いっぱいある
トロ箱 ペットボトル レジ袋
そして 車のタイヤ

まさか 紙ストローの包装に
ナイロン系では ないでしょうね

現実に これらがなくなれば 生活は一変する
過去の 生態系には 無理だろう
スポンサーサイト



無題

30日の当地は 晴れ
ホントにさわやか 朝晩は 寒いけれど
グレープフルーツが ほほにやさしい

キゥイ棚用の パイプを相方と運ぶ
切り花用にスイセンを 増殖用にスカシユリを 畑に定植
販売用の矮性ユリを鉢植えに 冬至芽採取用の小菊を鉢替え
カイノキ播種 そんなところか

1_20181030213935f15.jpg
30.10.30 9時過ぎか 霧の中の少女
霧が キノコのようにゆっくり 薄くなれば 必ず晴れる

無題 としたが 何も思いつかない
3種の柿を 主食替わり ほど食べた とか
いただいた 黒大豆の茹でたのを 腹一杯食べたとか
ペナントレースで どっちが勝ったのか 知らないし
国会中継も 時々聞いたし
無事に過ぎてゆく 時間に 感謝する

落書き

29日の当地は 晴れ
ポカポカを 氷がはさむような日 初めて通勤に 手袋使用
青いリンゴが ほほを刺激する

出荷 ~ ナンバ ~ ナフコ ~ 某所
チューリップ植え付け完了 畑にツクバネ3本定植

1_20181029215504ef3.jpg
30.10.29 ヤマナシ
出荷していたが 水をもらっていなかった
こんなことがあるので ロスも多い
文句も言いたいが・・・

3_201810292155076be.jpg
30.10.29 カキとキゥイ
カキは大好物 新たに6種購入 近いうちに定植予定
キゥイは 棚がいる
近いうちに 助っ人を頼み 作設予定なのだが

2_20181029215505bcf.jpg
30.10.29 リンドウも咲き出した

閑谷学校に 落書き発見
こんなニュースは 比較的よく聞く
近場では
帝釈峡の 雄橋に 彫り込んだ と言うことも聞いた

あぁ 可愛そう
落書きされた対象物と した人
その対処が せいぜい
落書き注意の 看板程度
それ以上のことも できないだろうし・・・
これは 人格を 落とすだけなのだが

チューリップ

28日の当地は 晴れ
朝夕は寒い 3枚着ても 寒い
昼間は ポカポカ小春日和
マンゴーが ほほで匂う 臭う

地区の草刈りに
近所の人に モミガラをもらう
球根植え付け

1_20181028211321886.jpg
30.10.21 何だ何だ 大山の展示会で
キク科とは想像するものの 種名が分からない
ホームセンターに あったとのこと

2_20181028211322682.jpg
30.10.21 ホクシア 大山で
手がけたことはないが このサイズで咲くのか
サシキ後 矮化処理などせず 咲くのなら魅力的
小さな 塗り鉢にいれれば 良いのでは

今日は 球根を植え付けた
バルボコジュウム トレブロチャンス
原種チューリップ・タルダほか

チューリップは 大晦日に植えても 咲く
早植えは 管理期間が長いので 今までは12月植えにしていた
今年は 2ヶ月早く植え付けた

その理由は 霜柱に 球根が押し上げられ 
その処理が大変だった
だから 早く根を張らせ 少しでも動きにくくしよう と
さて どうなる

別世界

27日の当地は くもり 後 本ぐもり
風も冷たい 夕方は寒いのなんの
ほほを刺激するのは 青いブドウ

ツクバネ・茶の木 は種
盆栽展に

1_201810271752066b2.jpg
30.10.27 シンパク 深山ビャクシンのこと
縦1㍍程度ある

2_20181027175208aeb.jpg
30.10.27 カエデ
横70㎝程度

3_20181027175209587.jpg
30.10.27 ブナ
縦70㎝程度 葉が落ちるには 早いような・・・

4_20181027175211524.jpg
30.10.27 カリン
横120㎝程度

案内状が 届いた
行って見たけれど 
ご覧のとおり 別世界 銀河系宇宙
何とかに登録されており
銘 が付いている

改作デモは 知っている人がやっていた
改作前でも なかなかの松

知っている 業者の人も 6人が見えた

でも あまりの世界に 魅力は感じなかった
ここまでのものは 何か 通り過ぎたみたい 

左に ②

26日の当地は 晴れ 後 くもり
まぁ それなりの日
フルーツトマトが ほほをなでる

販売用意
あわくら山草展へ ~ 役場 ~ JA

1_2018102617433202b.jpg
30.10.26 富有柿と黒柿
今は天国にいる 義父からもらった 黒柿
独特の味で もっとも美味い柿の ひとつ
今日 初めて試食 十分いける

2_20181026174334219.jpg
30.10.26 あわくら旬の里
ここで 展示会がある

さて 人は 無意識に左を 選ぶと言う
大小 販売店は
この 人の本能を意識した 陳列をしているらしい

入り口から 入店し 
左右に 通路があると
重点的な品物は 左通路に置く と言う
さらに 圧倒的に 右利きの人が多い
左に回り 右手で商品が取れるよう
左通路の 右側に 力を入れるわけ

知らなかった 花屋で 活用できるだろうか

何が気にいらないのか

25日の当地は 晴れ 後 快晴
世界に誇るような 天気だった
スギやヒノキを 通して見る空は 青の世界
リンゴもブドウも ほほに心地よい

仕事に行く

1_20181025201635f66.jpg
30.10.25 津賀ダム周辺
ちょっと色づいた 県境まで直線10㎞弱か

2_20181025201636d8c.jpg
30.10.25 鳥取県境は すぐそこ

同じようなことを 言うのに
気分斜め
何が気に入らないのか
面白くないのか
言い方が悪いのか

そこまで怒るとは お気の毒
怒れば 損をする
不機嫌になれば 運が逃げていく
頭を下げていれば
くだらない嵐は 過ぎて行く

左に ①

24日の当地は 晴れ
スッキリオレンジのような日
風もなく ちょっと 生暖か
ほほに当たるのは 柑橘の気分

キクの防除
知り合いにいただいた 貴重な種子をまく 1日かかってしまった
その他いろいろ 

4_20181024215006fdf.jpg
30.10.24 濃色野紺菊
来年は ちょっと変わった 作りにしようと思う

3_201810242150058a1.jpg
30.10.24 中国女王菊
剪定とB9で 少し低くしなければ

2_20181024215004940.jpg
30.10.24 品種不明 野ギクでなく 小菊か
来年は 低く作らねば

1_20181024215002c39.jpg
30.10.24 足摺野菊
上作ではないか と思っているのだが
来年は 立木に沿わせて見るか

人は 無意識では 左を選択する傾向が ある
昨日の ラジオで 聞いた

何の目標もなく 歩いて行くと
左にカーブしていく
同じような 知らない通りを どちらに行くか
そんな場合も 左を選択する傾向 と

この本能か何かを 知り
商売も これを基本にしている と言う
花屋には 無関係だろうが
聞く限りでは ちょっとは利用できるのか どうか 

はるか宇宙

23日の当地は くもり 後 晴れ
さすがに 濡れると寒い
イチヂクの冷たいのが ほほにピリッと

某所仕事に行く

1_20181023211250448.jpg
30.10.23 白水の滝 女滝

2_20181023211252e74.jpg
同じく

昨日 Aさん出演の ラジオを 聞いていた
有名作詞家Aさん 有名漫画家Bさん

リスナーからの質問
・Aさんの 頭の中は どうなっている
・うーん 現実が少し あとは 宇宙のような・・・ 以前 Bさんと 話したことがある 頭は宇宙みたいな・・・

要するに 理性と才能に 裏打ちされた
待ち時間 うーん 適切には 言い表せないが
神が 降臨するのを待つと言うか
自然に 沸いてくる と言うか

透明度

22日の県南は 晴れ
結構 暑い感じがする
茹でた栗が ほほを刺激する

県南のセリ市に1人で ~ お世話になっている人 2軒回る
アジサイや 用土を安価でゲット ありがとうございました

1_20181022222900f52.jpg
30.10.21 米子道 蒜山サービスエリアから見る 蒜山高原

3_20181022222902086.jpg
30.10.22 蒜山サービスエリアから 大山を見る

2_2018102222290170f.jpg
30.10.22 米子道から見る 大山

・それ 釈迦ガ岳か 本当か
・こんなに 近くに見えるのは はじめてだろー
大台ヶ原に 行った時 奈良県の人が 話していた

「あれ」でなく 「それ」と言うほど 近く 多い被さるように見えた

仕事で 大台ヶ原には 7~8回 行ったけれど
僕も 詳しくは分からないが
こんなに 近く見えたのは 初めてだった
それに この日は 日出ガ岳尾根筋から
尾鷲湾の 何となく さざ波のようなものも 見えた
透明度 200%


それもありか

21日の 鳥取 岡山県北は 晴れ
前日の 予報ほどではなかったけれど まあまあ
熟柿が ほほにさわるような 暑い日

相方と 高嶺 ~ 大山 ~ 北房の展示会を回る 1日がかりだった

1_20181021220121f2d.jpg
30.10.21 高嶺の会場
こぢんまりと してはいたが なかなかの展示だった

4_201810212201261bb.jpg
30.10.21 北房の会場
ここは 毎回 盆栽系と コケ玉が比較的多い
今年から 菊の会員さんだった人が 加入と言うことで 華やかな鉢もあった

2_201810212201230fa.jpg
30.10.21 大山の会場

3_201810212201241a6.jpg
30.10.21 大山で
「チキュウカン」の ラベルが 添えられている
初めて見た 葉はシェフレラ 実はメロンかのよう

相方は この 大山の展示には 何度か行っている
僕は 初めてだった

いやあ ビックリしました
山野草展 と銘打っているが それは6割あるか
あと 盆栽系 観葉植物 サボテン 園芸菊・・・
コノフィツムや リトープスまでには えっっ
 
聞くと 植物なら 何でも可 と言うことらしい
いろいろな人に 楽しんでもらえるから と
そのせいか 2日目の昼前にしては 人が多い
これも グッド なのかと思った

疲れた

20日の当地は 晴れ
昼間は暑いが 夕方の 寒いこと
凍った ブドウが ほほに寄り添う

某所彷徨 そんなに 急な山ではなかったものの 疲れた
種子を集め 帰宅後 夕食後まで調整
明日は 蒔くことができないし
月曜 火曜もだめ

1_20181020221533b28.jpg
30.10.20 左は野紺菊 右は 画像が悪いが 濃色野紺菊

ちょいダルイ もう寝ます

即売品

19日の当地は くもり 時々 晴れ
穏やかで 平均的な 地平線のような日
ほほをなでるのは 甘い柿

販売品の準備
北房山野草展の 会場に 販売品運搬

1_20181019221152a3f.jpg
30.10.19 小菊たち 
野ギクの血が 少しは入っているかも 知れないが
不明の 小菊たち

2_201810192211536b4.jpg
30.10.19 大文字草と イワシャジン

3_20181019221155034.jpg
30.10.19 野紺菊 蝦夷野紺菊 谷川野紺菊・・・

4_201810192211568d3.jpg
30.10.19 那賀川野菊 中国女王菊 濃色野紺菊・・・

20日 21日と 
北房山野草会の 展示がある
販売要請をいただいたので 1車分持って行く
いつも ありがとうございます

持参したときは 
展示品の 搬入中だった
取りに行く 日曜日 早めに行き 観賞させてもらう予定

道の駅 醍醐の里に寄るが
5時前なのに リサイクルセンターが 閉まっている
残念 古本が 買えず

30万円

18日の県北は くもり
歩けば汗ばむが じっとしていると冷えてくる
なにせ 手を伸ばせば 鳥取県境
冷たい レモンが ほほをなでる

某所へ出勤

2_20181018211807e90.jpg
30.10.18 津賀ダム
まだ 紅葉はしていない

1_20181018211806696.jpg
30.10.18 同じく

何気なく 新聞を広げていると
オリンピック記事
何と 開会式入場料
税込み12000~300000円 と書いてある
記事を 詳しく読まなかったけれど
これだけ いるんですか

テレビでも 開・閉会式を 全部見たことはない
なんか 白々しくて すぐ飽きてしまう
もし 近くに住んでいても
多分 おそらく きっと 行かないだろう

神祭り

17日の当地は 晴れて 快適
リンゴ味の ミカンが ほほをなでる

自治会用事でJAまでと 神祭り
キクの枯れ葉取り
ヘアリーベッチ播種

1_201810172142448dc.jpg
30.10.17 国司様
3人でお参り

2_20181017214246fc7.jpg
30.10.17 稲荷様
6人でお参り

当自治会には こんな神様が
10カ所ちょい 鎮座しておられる
かなり前から お参りする人は 少なく
参拝は 記入のとおり

自治会3役のみ であったり
時には 少し 人数が増えたり と

信心とか 何とかより 行くことになった
これも 何かの縁
何がどうなる と言うのではないが
良いことが あるだろう

身長差

16日の当地は 晴れ
暑くも寒くもなく 普通の日だった
歩いたので ちょっと 汗ばみはしたが
ハウスミカンのような日 食べることはないけれど

出勤で 1日歩く

1_20181016221224ce6.jpg
30.10.10 谷川野紺菊
谷川岳に 自生しているキク だと思っていたら
さにあらず
湿っぽい 谷川沿いに 多いからだそう

体重制限のある スポーツは
柔道 レスリング ボクシング あたりか

女子バレーは よく頑張ったけれど
惜しかった

バレーボール バスケットボール バドミントンは
身長差で 優劣が つきやすい気がする
これを 分けて競技ができれば 
いいのだが
競技時間や 施設が 間に合わないだろうし
なんか ハンディが 大きいな

果物

15日の当地は 晴れ
朝夕は 寒いくらいだが 日中は暑かった
昔食べた ポポーが ほほを刺激する

彩菜茶屋出荷 ~ ナフコ ~ ナンバ ~ コメリほか
ツクバネを定植したり 用土処理

1_20181015221506900.jpg
30.10.15 富有柿
剪定が過ぎたのか 着果は少なかった

2_2018101522150809a.jpg
その代わり 大きな実になったが

この爺さんは
1日1回は 果物を食べなければならない と言うほど 好き
高級品の 必要はないし ドライフルーツでも可

けれど 食べ過ぎはダメで ちょっと 抑えてはいる
しかし 樹上で完熟した 果実はうまいの二乗
ブルーベリージャムは 
相方が作ってくれ ほぼ毎日食べている

昨年は 栗と柿
今年は 柿数種と キウイ2種の 苗木を用意している
自作している者の 幸せ

方程式正解か

14日の当地は 晴れ
可愛い日だった 暑くも寒くもなく 明日食べ頃の バナナが ほほに当たる

キクの手入れ かたづけ
午後 某山野草会の人が バスで来店 ありがとうございました
こんなことが 3日毎にでも あればいいが

1_201810142153531aa.jpg
29.10.30 足摺ノギク
今は ツボミが堅く 花色も 分からないような状態
この世の中のことは 全て計算式で表せる と言うが
開花のプログラムも そうなのか
あと 半月もすれば 画像のように なるだろう

2_20181014215354f05.jpg
29.10.24 野紺菊
今 花色が分かる程度に 緩んでいる
針金で曲げて 低いところから 全体にばらまいてある
今年も そのつもりだったが 芽数が少なく 画像のようには ならないだろう

今年のキクは まあまあのできに なりつつある
今は 園芸種との中間的なものを 出荷しているが
あと 10日もすれば すみれ色の 野ギク達の季節になる

雑感 しかし深刻

13日の当地は 晴れ
気温もキリリとしている
青リンゴが ほほを刺激する

菊の予防
大文字草 神津ウメバチソウ 野ギク類の 枯れ葉取り
終日 同じ姿勢だったので 体がしびれるよう

1_20181013211642692.jpg
30.10.13 秋の気配 野菊たち

2_20181013211644125.jpg
30.10.13 秋の足音 野菊たち

3_20181013211644f7a.jpg
30.10.13 忍び足の秋 野ギクではないだろう

噂話を 耳にした
野ギクも 売れなくなった
キクに限らず みんなみんな 景気の悪い 話だこと

彩菜茶屋へ出荷している キク達が 
売れたと メールが届く
そんなに多くは 出していないし わずかな話
いっぺんにたくさん 出荷しても 
置くところもないし

噂話ではない 自分も思う ホントの話
けれど 今に見ておれ

車窓二態

12日の 県北は くもり
3枚着ても 寒かった なにせ 県境まで 1㎞もない
シャーベットミカンが ほほをなでる

今日が 出勤2日目 本来は 昨日だったが 雨のため 1日延びる

1_20181012221726688.jpg
30.10.11 雨のみちくさ筋
濡れると寒い 2日続きの雨

2_20181012221728487.jpg
30.10.12 津川ダム
この奥に 行った
まだ 紅葉は 微塵も感じられない

通勤途上の 信号待ち
軽自動車 50代のお姉さん
ハンバーガーのような物を ほおばっている
しかも 大口で しかも 誰かと話しながら
2㍍の距離で見たが どうも 誰も乗っていない
安全運転を してください

大型トラックの 見た目 35歳くらいの お姉さん
弁当を食べている どんなのかは 分からないが
前と手元を気にしながら 確かに 箸を使っている
ハンバーガーか パンにしたら いかがでしょうか

東京へ

10日の当地は 雨
言うほどには 寒くはなかった
ピッテロビアンコが ほほにさわやか

彩菜茶屋出荷 ~ 図書館 ~ 役場
津山のある所 ~ カインズ
特に なにもできず 雨の合間に かたづけと施肥

1_20181010222858fe5.jpg
30.10.10 屋久島野紺菊 コケ玉石付け

2_2018101022290018f.jpg
30.10.10 サシキいろいろ
見えるのは アジサイと 野ギクたち

3_20181010222902263.jpg
30.10.10 肥後紫苑
ずいぶんと 背が高い
人気薄では と思っていたが 残りあとわずか
切り花に なるのか

東京には 出張で 5回程度行った
京都は 2年弱 住んでいた
大阪は 3回で 計10年くらい 住んだか

アメリカの 某雑誌が
北米以外で 行きたい都市は?と調査

東京が 3年連続 1位
京都が 3位から 2位へ
大阪が 12位 と言う
ふーん と言う感想のみ 持った
が 嬉しいこと

初出勤

9日の当地は 晴れて さわやか
グレープフルーツのような ほほ

初出勤

1_20181009215628440.jpg
30.10.8 勝田での展示会
左は野紺菊 赤は大葉ツタ

2_201810092156308b1.jpg
30.10.8 草物達

3_20181009215632e7a.jpg
30.10.8 この会は 盆栽と草物 両方の人が所属する

今日から 臨時のアルバイトに 行くことになった
期間は 来年2月末日まで
週2回

某所から 人がいないか と聞かれ
爺さんでよければ と言うことになった

2カ所の現場を 回ってきた
ラビンの里がある 黒木ダム周辺と
美作市の 白水の滝周辺

特に 観光地ではないが
周辺の紅葉が きれいになれば 紹介予定

勝央町金時祭り

8日の当地は 晴れ 暑いけれど 乾いている
バナナチップスが ほほをなでる
この時期 1日2回の水やりの 記憶は無い

米を 友人の紹介で 買いに行く
勝田盆栽・山野草展に
小菊の鉢替え

勝北と勝田の それぞれの展示会で 
買っていただきました 皆様 関係者の皆様 ありがとうございました

1_2018100821362187e.jpg
30.10.7 勝央町金時祭り
今年で37回目 生まれて初めて行った

2_20181008213623321.jpg
30.10.7 なのはなファミリーの ステージ
自治会の役をやっているので 仕事として行く
そうでなければ 行かなかった

3_2018100821362482c.jpg
30.10.7 飛べ イスカンダルへ 金時君

各地区 団体 いろいろなテントがあった

その中の 健康測定に行って見た
骨密度 5段階のB
BMI 17.6
体脂肪率 15.1
内臓脂肪レベル 2.0
基礎代謝 1352Kcal

問題は次
体年齢 35歳 ※基礎代謝をもとに算出した体の年齢です の注
ウソだろう 本当でありたいけれど 間違いだろう

ササニシキ

6日の当地は くもり 後 晴れ 強風 蒸し暑い
予想に反し 雨は降らなかった
2人とも 販売などで作場不在 急遽水やりの依頼
助かった
安納芋が ほほをただよう

僕は 勝北山野草展で販売
相方は 明日からの 勝田山野草展の設営に

1_20181006210804e24.jpg
30.10.6 ツルマンネングサ
マンネングサは 知っていたが ツル・・・は知らなかった
面白く優雅

2_201810062108065bd.jpg
30.10.6 コウヤボウキ
山野草愛好家は こんなのが好きなんです

3_20181006210807ccd.jpg
30.10.6 キイジョウロウホトトギス 
どんな字か 分からない
キイは多分 紀伊 ジョウロウとは 高貴な女性のこと
今年の暑さ この地方 どうやって夏を過ごしたのか 不思議

コシヒカリと 双璧をなす ササニシキ
その ササニシキが
平成の初め 作付けが激減した
その理由は 平成5年の冷夏で
収量が 激減したから とのこと

それで 寒さに強い 「ササ結」が 開発された と
今年は 冷害 いや例外としても
温暖化で リスクは減っているはずなのに
いやいや 寒い地方での 作付けを 目指しているのだろうか

今日の新聞から  ササユイナと読む

広島カープ

5日の当地は くもり 時々 日が差すが 雲行きが怪しい
熱い 蒸し暑い 蒸しパンみたい
過熟した ネクタリンが ほほを探す

明日からの 販売用意
夜に 自治会の用事

1_20181005214714195.jpg
30.10.5 大文字草 緋ネム アシタカジャコウソウ 大葉ツタ 神津ウメバチソウ・・・
台風が来そうなので 家に持ち帰る

2_20181005214716299.jpg
30.10.5 持ち帰った 野ギクの類

今シーズン 広島カープが 独走優勝した
初めて優勝した 昭和50年だったか
広島に住んでいた
そりゃあ もう 大変だった

今年 3年連続の リーグ優勝だそうな
僕は 特に カープが 好きなわけではない
顔と 名前が合致する人は 
1人もいない
でも おめでとう
好きでもないが 嫌いでもない

無題

4日の当地は くもり
ちょっと なまめかしいような空気
シュガースポットが 過ぎる バナナが ほほをなでる

シカと親鳥の 燻製
販売品の用意をする
けれど この土曜から台風 販売場所は屋外なので 果たして並べられるか

1_20181004212350e1b.jpg
30.10.4 ヘリが来る
ヘリが来れば 興味深げに 見上げる
薬剤散布をしている
棒の上に 止まらせようとしたが 0.1秒早かった

3_2018100421235411e.jpg
30.10.4 野生シクラメン・ヘデリフォリウム
親株用として 大きめの素焼き鉢で

アーア
あれもこれも アーア
ため息の出るような あなたの口づけに 甘い儲けを夢見る じじい心よ
金色に輝く 熱い砂の上で ゴロンとうたた寝したい 人魚のように
日に焼けた ほほ寄せて ささやいた○○は どうにでもなれ

ペカンパリン

2日の当地は 晴れ
風もなく 穏やかで 可愛い
茹でて 冷めた クリで ほほをなでる

ちょっと 急用ができあちらこちらへ
いただいていた モミガラのかたづけ ジャンボニンニク植え付け
Kさん来る
知り合いの人が クリやサトイモ持参で 来る いつもありがとう

1_201810022233445db.jpg
30.10.2 イワシャジンと 神津ウメバチソウ

3_20181002223347a88.jpg
30.10.2 西洋カマツカ
切り枝にできないか と植えてみたが 切れるような枝に伸びない

2_201810022233463d8.jpg
30.10.2 ペカン倒伏

ペカンなるナッツを 知ったのは10年近く前
家から 直線3㎞の所に 1本 品種不明
15㎞の所に2本 こちらはカーチスと言う 品種とのこと

そのうまいこと アーモンドなんか 問題外
これを 栽培すべく
種まきしたのが 多分8~9年前
ものの本によると
播種~結実は 14~17年かかるらしい

それが 台風で倒れた 
再度まくか どうする

バレーボール

1日の当地は 晴れ
結構 気温は高かった 快適ではあったが
梨が ほほをなでる

モミガラ運び2回 菊の枯れ葉取り いろいろ消毒 用土処理 あれこれ

1_20181001212614b81.jpg
23.10.3 道の駅さめうら
早明浦ダムの 近くにある
ここと 道の駅あぐりで 見栄えの高い 石組みを見つける
今 それを作成した人と 話し中

昨日は 惜しかった
175㎝の平均身長に 対し 相手は
約10㎝ 高い その分 手も長いだろう
今までは プリンセス○○ などと言っていたのが
いつからか なくなっていた
 
バレーに 限らないが 
得点すれば はち切れる 笑顔
失点すれば 反対の表情
国境を越えた 指導体制 と言うか 
優勝請負人 と言うか
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

2020年の展示会予定

6月までの 展示会は 全て中止です
急に 復活の日を迎える
6/20~6/21
那岐山麓山の駅で
販売のみで 展示はありません

パティスリーコア
総社市中央1丁目
甥夫婦の洋菓子店

新パソコンが上手く使えない
前ぶれ無くブログを止めたら そのためです

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR