FC2ブログ

なまはげ

30日の当地は くもり 時々 晴れ
冬らしからぬ 1日だった
モミジの 落ち葉みたいな 雲

黒大豆をいただき その処理
相方と 用事を済ませて ツクバネの植え広げ

1_20181130201214124.jpg
30.11.30 清澄白山菊
この菊は 長く観賞できる
そりゃあ 花びらは反り返って 痛み 肌の張りはないが もう少しはいける
来年は 何かとの寄せ植えを 多く作る予定

3_201811302012179e2.jpg
30.11.30 リンドウと フウチソウと あれこれ入ったコケ玉
地球に帰る 色づきになった
山野草は これも 冬の趣

男鹿の ナマハゲは 知っていた
能登の アマメハギも 聞いたことはある
宮古島の パーントゥも 確か聞いたことはある
あとは 初めて知りました
世界無形文化遺産に 来訪神として 登録された
各地元は 観光や伝統継承と 喜んでいる様子

しかし 問題は これから
観光客が 当面は増えるだろうが
リピーターが どの程度あるか だろう
各地元をも含めた 地道な努力が 多分必要 
スポンサーサイト



臨時の仕事

29日の県北は くもり
特別に寒い ほどではなかったが 重苦しく低い雲
濡れ落ち葉が 重なるような 雲

仕事に行き 帰り 散髪

1_20181129211852cd1.jpg
30.11.29 津川ダムの 広葉樹も ほぼ冬支度

2_20181129211853fd3.jpg
30.11.29 堰堤付近のモミジ
これも シーズン中は 真っ赤だったのに

さて 今仕事に行っています
週2回 原則火曜日と 木曜日の
2日間
今の時期は 花作業も 比較的少ないし
誰か いないか と言われたので
つい その気になって

今は 津川ダム方面と
白水の滝周辺
もうすぐ 岡山市北区のほうが 追加になり
3カ所を 週2回で 回ることになる 

山の恵み

28日の当地は くもり 後 雨
しばらく降っていないので 恵みではあるが どうも雨量は 少なそう
あまり 寒くはなかった
どんな花が似合うか 分からないような 雲 日が過ぎた クリスマスローズか

燻製したり あれこれと 少しずつ

1_20181128170250ce2.jpg
30.11.28 シカ肉 燻製前

2_201811281702512a4.jpg
縮んでこうなった

3_201811281702530e3.jpg
30.11.28 マユミと 今日の空

シカ肉の 燻製を作った
昼に 試食したところ ウマイ
今日は スモーカー材料に リンゴを 使用

一般的には
シカ肉の燻製など 食べようとしても なかなか難しい
人からいただいて 自分で 解体した

同じ肉でも 牛や豚とは 趣が異なる
なにせ 自ら 解体したのだから
ありがたくいただく 無駄にはしない
と 頭に 念じている 

危険を買う

27日の当地は 快晴
朝晩は 寒いけれど 昼間は 信じられない天気
透明な バラの花びらのような 雲

出勤

1_20181127213011931.jpg
25.11.27 美男カズラ
今は 取扱は止めた あまり売れないので

2_201811272130131be.jpg
26.11.21 細葉柊南天
この時期 なかなか上品な 透明感の黄色になる

安全は 金がかかる時代に なってきた
しかし 金で 危険を買う者も 時々見る

今朝 通勤途上
前の車が その前の車に マクロ接写ほど 近づいている
しょっちゅう ブレーキランプが 付いている
車間距離は 2~5メートル

時々 信号で バックミラーに映る顔は
どうも 50代女性

ブレーキパッドは減り 燃料は食い 危険度アップ
僕の 哲学からは 銀河ほど離れたひと

愛してる

26日の当地は くもり
過ごしやすい 日だった
雰囲気とは違うけど スミレの雲

植え替え2種
家で 相方とちょい用事
用土処理や かたづけ

1_2018112617365595d.jpg
30.11.26
左 オステオスペルラム アキラ グランドキャニオン
右 フェリシア スプリングメルヘン
すごい 名前
もちろん 山野草ではない
同じように見えるが 種子はかなり 異なっていた

3_20181126173658765.jpg
30.11.26 ずっと こんな空だった

愛してる
好きです
もう離さない

この肌触り
爺さんの肌を やさしく 刺激してくれる
23日から タイツを はき出した
一度はくと 春までは 絶対に分かれられない
妙なもんです
少しくらい 暑い日でも はなせない

ただし 網タイツではない

あれこれの1日

24日の当地は 晴れ
冷たい 初霜と初氷
薄くやわらかい 霜は 2度ほどあった
けれど 今日を 初としておこう
キリッとした サザンカの雲

ナイフ 合板 黒大豆 包丁 かたづけ
意味不明でしょうが 本来業務は できなかった日だった

1_20181124203406902.jpg
30.11.24 メダカも冷たいだろう

3_20181124203409aa9.jpg
30.11.24 黒大豆
親戚から 好きな時好きなだけ取れ と いただいている
今回が 7回目くらいか
黒大豆の 茹でたの ご飯 何にしてもウマイ

4_2018112420341035d.jpg
30.11.24 アース色 しばし 雌伏の時間

猟をするのなら
海山の物を供え お願いすること
解体するときは
何だったかを供え 感謝すること
そうすれば うまくいく

解体用ナイフを 物色中
知らない人から 声をかけられた
解体と用具についても 
いろいろ 教えてもらった
ナイフ2本で 8000円弱 もうすぐ取れるだろう

分からん

23日の当地は くもり 後 晴れ
風が冷たかった
午後は ラベンダーの雲

知り合いの人のお宅へ
かたづけ 用土処理 ちょっと草刈り

1_20181123172819d6b.jpg
30.11.23 バラバラ
夕方までには 何とか 格好がついた

3_20181123172822565.jpg
30.11.23 地球色のコケ玉
紅アシが主体
しばらく 宇宙をさまようように 地上部は眠る

分からない
それを 前提のうえです

カード決済を する人は
5%還元

100円の買い物で 110円の出費
現金払いの人は こうなる
カードを使えば 110円支払うが
5%の還元
で 結局 カードなら 5%の消費税で
今より 安くなる訳 ???

脳みそは宇宙に

22日の当地は くもり 後 晴れ 時々 くもり
風が 強く冷たい ゴチャサラダの日
雲は カリフラワーか

野菊類の摘花
播種は ヤマコウバシ カイノキ
トンネルの用意

1_201811221748392d7.jpg
22.11.21 愛媛県大月町
絶景宇和海 画像は ブロガー本人

3_2018112217484290a.jpg
26.11.21 コケ玉 

22日なのに
うっかり 21日の 画像を探してしまった
昨日 出荷に行くのに
勝間田駅まで走った所で
タグを 忘れているのに 気づく
引き返した

昔々から見れば 信じられないが
よく 忘れてしまう
忘れるのは 認知症ではない
と言うので 少し安心しているが・・・

落ち葉

21日の当地は 晴れ 時々 くもり
寒い 朝夕のみだけれど 寒い
昼間は 準小春日和
サザンカの花びらが 舞う空

用事で津山まで
彩菜茶屋出荷 ~ ナフコ ~ 知り合いのお宅へ
黒豆をもらいに行く
落ち葉集め

1_20181121215208a8f.jpg
30.11.21 昨日のクコ

2_20181121215210618.jpg
これも同じ 今日5鉢とも 出荷してきた

落ち葉集めしながら 思い出した
昔 母が 話していたことを

・○○さん 家の近くの 落ち葉を集めてもいいか
・どうぞどうぞ

と言うことだったらしい
数日して 行って見たら 全部かき集めた後だった
と 笑っていた

○○さんの土地ではなかった 場所で
母も 言う必要は なかったかも知れない
けど 2人の性格が キッチリでている話

欲しいもの

20日の県南は 晴れ 時々 くもり
日陰は 寒かった
淡い淡い ムラサキの野菊のような 雲

県南のセリ市へ 帰り お世話になっている 人のお宅へ

2_201811201801243a5.jpg
30.11.20 クコ
これと同じような 物を作っている 人を知っている
サシキから 製品まで 6~7年程度かかるらしい
大変大変

3_20181120180124edf.jpg
30.11.20 来年用のアジサイ イボタ 石化ハシバミ・・・
セリ落とした物より 分けていただいた物の方が 多い

物欲は あまりない方だと思う
テレビも 冷蔵庫も 諸々も 新製品を追うことはないし

しかし 健康や安全や余裕や金は 欲しい
金に特化した 話をすれば
いったい いくらあれば 満足するのだろう か
もちろん 自分自身の ことですが

セリ市の帰り 吉備サービスエリアで ロト6を 2枚買う
不思議と 高速で買えば 過去には当たった
1000円が
もうすぐ 2億程度を 手中に収めるだろう

用土

19日の当地は くもり 時々 はれ
風もなく穏やかな1日
朝は 寒かった
ゴテゴテの サザンカのような 雲

インフル予防接種 ~ 役場 ~ 返し物 ~ コメリ ~ ナンバ ~ 彩菜茶屋
アネモネ・フルゲンスと アネモネ・デカン植え付け
かたづけなど

1_20181119213020539.jpg
30.11.19 なんだかんだ言っても 便利な赤玉土

2_20181119213022708.jpg
30.11.19 その微塵

鉢花には 当然 用土が必要
地元の山裾や そこらあたりで
鉢用の用土は 採取できない
だから どうしても 買うようになる

山野草は 大部分が 砂類のみであるが
木や 例えば今日の アネモネなどには
赤玉土が 必要

出て来い出て来い 池の鯉
赤玉土1袋から
約1リットルの 廃棄用土がでる

秋の想い出

18日の当地は 快晴 後 くもり
朝は寒かったけれど 霧が晴れ お日様が見えると 小春日和まであと10メートル
チョコレートコスモスの 雲

3地区合同の ○○お楽しみ会へ スタッフとして参加
カイノキ タコノアシ採種
アネモネ・フルゲンス植え付け
トンネルを作る

1_20181118213308a17.jpg
22.11.18 宇和島市 遊子水荷浦
すごい 車中から正面に見えた時は 何か分からなかった
天空の城みたい
段々畑中央の 小さいのは 軽トラック

2_2018111821330958e.jpg
24.11.18 金比羅さん裏道
人が多いのは 石段がある 正面側で ずっと 両側に土産物店などがある
キレイなのは ほとんど人がいない こちらの道
善通寺の 山野草セリ市に 行った時

3_20181118213311ae3.jpg
26.11.18 イノシシ
この頃 奇跡的に3頭をゲット
あれ以来 さようなら
取れないので 譲ってもらったりしながら 解体
今日も ショウガ焼きを食べた
尊重して ありがたく いただいている

@ [ ; / ?

17日の当地は 晴れ
小春日和で 風もなまめかしい
さすがに ちょい キリリとしてはいるが
コスモスが 流れるよう

明日の地域の 祭り用意
用土の準備と 腐葉土採取
棚の整理

1_20181117205812be2.jpg
30.11.17 清澄菊白山
腕が悪いけれど 野菊類の中では 最もきれいなものの ひとつ
黒紫の軸 透き通ったピンクがかった 紫の花

2_201811172058146d0.jpg
30.11.17 原種チューリップと キヨスミギク白山

1メートルは
光が真空中を 約3億分の1秒間に進む距離

1秒は
セシウム原子が出す光が 約92億回振動する時間

国際度量衡総会で 1キログラムの 定義が変更になるらしい
二つの方法があり その一つが
アボガドロ定数から 導き出す方法
シリコンは 1辺が0.5ナノメートルの 立方体の中に原子が8個・・・

果物は 大好きであるが 例外的に アボガトは嫌い
ああもぅ \@;],/.p5:]???

Wさん

16日の当地は くもり
生暖かい感じ でも 朝は寒かった
チョコレートコスモスの 雲

堆肥ふりが完了
キクの整理とか 用土の準備
禅寺丸と西条を 植え付け これで 構想した柿は 全て終わり

1_201811162147074b7.jpg
24.11.9 足摺野菊 備南山野草会で 以下2枚とも

2_20181116214708539.jpg
24.11.9 濃色野紺菊と西洋カマツカ この会は かなり質が高い

3_201811162147091a4.jpg
24.11.9 石付けクコ

隣の 地区の人だけれど
近くでも 稲やレンゲを作っており
前を よく通る人
モミガラも よく分けてもらう

この人と 話をすることは よくある
もうすぐ 70歳だろう

一緒に コーヒーを飲んでも
ちょっと 情報交換しても
必ずこの人 「ありがと ありがと」 と言う
見習わなくては Wさんを


飛び込みで

15日の県北は 晴れ 時々 くもり
県境近くであり 寒かった
厚物のキクのような 雲

仕事に行く

2_20181115205021a7b.jpg
30.11.14 丸葉の木 丸葉マンサクとも

3_201811152050228db.jpg
30.11.15 津賀ダムの紅葉も 終わりか

4_20181115205023a57.jpg
30.11.15 尾根の向こうは 鳥取県か

昨日 全く知らないお宅に
飛び込み
玄関に菊鉢が いっぱい飾ってあり
作り方を 聞こう と思った訳

ご主人は 在宅だったが
奥様は たまたま留守だった
主として 奥様の作品らしい

知っている範囲で と教えていただき
家内がいる時 また来て下さい と
失礼かとは思いましたが ありがとうございました

紅葉狩り

14日の当地は 晴れ
終日 かなりの風 けれども 春の風の雰囲気 そんなに寒くはなかった
朝晩は 寒いけれど
アイスランドポピーのような 雲

堆肥まき
飛び込みでキク鉢がある家に行く ~ 献血
今日は 3人も人が来る 良い内容ばかりだった

1_20181114211637897.jpg
30.11.14 白花穂咲きマンサク

2_20181114211639dbb.jpg
30.11.14 ブルーベリー

3_20181114211640693.jpg
30.11.14 ミヤマシグレ

芋けんぴは 大好物
今でも好きだけれど 1年程度前から
あまり食べていない
それは 原料が 芋・砂糖・油 のみだから
要するに 炭水化物の 宇宙だから

芋屋金治郎の 全面広告が掲載されていた
かなり 有名で 高級店なんでしょうねぇ
でも 僕は 普及品で十分

変な性格なのか 食べないほうが良い と言うものは
好きで食べはするが あまり食べなくても 辛くはない

13日の当地は 晴れ
風もあるし 寒かった
淡いひなげしのような 雲

仕事に行く

2_20181113204410510.jpg
30.11.13 白水の滝周辺
葉も多くが 落ちて来た
赤や黄なら キレイだけれど ここは ご覧のとおり

自家用の柿が 昨日で終わった
残るは 干し柿のみ
また これがウマイ
ちょっと 甘すぎるのが 難だが
相方が うまく作った
かびるので 冷凍庫保存になるだろう

仕事帰り 西条柿の苗を買う
甘柿のみ 植えているが
干し柿用も 植えよう と言うことになった
西条柿の 熟柿も これまたウマイ

堆肥

12日の当地は くもり 昼頃パラパラする
寒い 風は無いが 寒い
これが 普通なんだろうが
ゴテゴテの グラジオラスのような 雲

午前中 堆肥まき 後は 読書

1_20181112205556684.jpg
30.11.12 堆肥1トン袋

2_201811122055584cb.jpg
30.11.12 ここは ナスを 植えていた場所

3_20181112205559449.jpg
30.11.12 トチノキ 
特に意味はなし 畑に2本植えてある

1トン袋堆肥を 3袋買う
言うところによると 野菜クズなどが主体で
安全・効果が 高いと言うので

3トン と言っても ふればわずか
どこに 入ったのか 分からないほど
ただ 狭い範囲に投入するので
結構 入っているだろう

今日 片付けたかったけれど
雨で 半分残った
明日は用事がある 水曜にかたづけてしまう

いくらかある

11日の当地は 快晴
久しぶりに 本来の気候に 戻りつつある
朝はそうでもなかったが 夕方から チョイ冷え
淡いピンクの かすみ草のような 雲

ヤマダ電気へ
播種は ヤマコウバシ
かたづけや あれこれと

2_20181111210131e0c.jpg
30.11.11 目の前の本

これは まだ 読んでいない
他にも 足元に 数冊ある
ゼロ円~10円~50円程度の本
ジャンルは 特にない
書名もあまり考えず
上下も 適当に 買った物が 
いくらかある

読みたいけれど 今は 雨の日程度
それは
読み出したら 止めるのが 困難だから

無題

10日の当地は 晴れ 快適な日
スイートバジルの 雲
でも この先が 心配

キクの予防 モミガラまき
Iさん宅へ 地区の飲み会

2_20181110215621967.jpg
30.11.10 近くのカイノキ 残念ながら雄木
黄色葉のカイノキが 欲しい と言う人は 結構います
ところが 黄色になる木から 採種しても 多くの場合赤くなる
どうも 黄色は 劣勢の遺伝子を 持っているのか

3_20181110215621341.jpg
30.11.10 我が家のカイノキ
昼頃 突風がある
5分弱だったけれど ほとんどの葉が 落ち 土に帰る

朝 Iさんから電話
午後 暇が取れないか と
中身を聞き 即オーケー 相方と 家まで行った
内容は省略するが とてもグーな話
Iさん ありがとうございました

夕方から 地区8軒で 飲み会がある
荒神様当番を 1年間やり
それが ここで終わった
その 打ち上げをやった
皆さん お世話になりました

8か10か

9日の当地は 昨夜の慈雨も上がり 曇ったまま
今日も 11月の気配はない
ゴテチャのような 雲

草取りや モミガラまき その他いろいろ
相方と某所へ

1_20181109213713d00.jpg
30.11.9 カイノキ

2_20181109213715ee2.jpg
28.11.3

3_201811092137150b4.jpg
29.11.3
今年は 夏の暑さのせいか うまく紅葉しないまま 土に戻る

時々 早出で セリ市に行く
コンビニで朝ご飯の時もあり 車中で食べ
ゴミを捨ててから 発車

8か10か分からない
もしかしたら 店内で食べて 出発するのが いいのかも

食べる場所とか 物によるとか
低所得者には 金券を支給とか
どうなっているのか 理解不足

どちらにしても 売りの場合 みちくさには関係ない
けれど 仕入れや資財は 10なんだろう

紅葉

8日の県北は 快晴 後 くもり
午前中は 県境付近なのに 信じられないような 青空だった
ポカポカ陽気
うどんげのような 雲

仕事に行く

1_20181108221437d4f.jpg
30.11.8 津川ダム周辺 3枚とも

2_20181108221440e96.jpg

3_201811082214406de.jpg

僕が見た中で
どこの紅葉が 最もキレイだったか

上高地 黒部ダム周辺は 20年程度前
大山周辺は 過去 何回か
蒜山も

全体が 燃えるような紅葉も キレイだが
緑の針葉樹の中に 1本ある カエデも捨てがたい

鉢で キレイに赤くなる カイノキも キレイ
それが 今年は ない
2月の厳冬で 枯れてしまった

ナッツを植えた

7日の当地は 晴れ
ここ数日ほどではないが とても立冬とは 思えない日
コスモスのような 雲

出荷 ~ ナンバ ~ 某所
ペカンとクルミを 植えた あと いろいろ

1_2018110721063935e.jpg
30.11.7 ペカン

2_20181107210641776.jpg
30.11.7 菓子クルミ

あと 5年程度で 結実する 
はずだったペカンが 台風で 倒れた
どうしようと思っていたが
苗があったのを 昨日 見つけた
あと 15年程度で 食べられるか

菓子クルミは 相方が 植えよう と言うことで
昨日 ホームセンターで 見つけてきた
1本のみ あった
どの程度で 結実するのか 書いてはないが
ペカンほどは かからないだろう

熊さん

6日の当地は 快晴
これで3日目か 夏の雰囲気
枯れ尾花が 空をゆらゆらと

出勤 その前に 水やりに行き 残りは相方にまかせる

1_20181106215105099.jpg
30.11.6 紅葉の名所 などではない
今 時々 仕事に行っている近く
名所でも何でもないが この奥に 白水の滝 がある

この前 熊の足跡に遭遇
シカではない 後ろに蹄がないので
イノシシでもない
それ以外で こんな大きな足跡は
熊か 未確認生物のどちらか

奥山に行くときは
鈴やラジオを とはよく言うが
人間は 食べ物を持っていることを 知っている
と 逃げず むしろ近づいてくるのも いると聞く
でも あっちへ行け 持ってない

青の世界

5日の当地は 快晴
暑い 久しぶりに 汗が出る
スモークツリーのような 雲

野菊達の整理 草取り 田の溝掃除

1_2018110522324575c.jpg
30.11.5 カイノキと宇宙

特に理由はないのですが 今日はこれて おしまいです

除籍図書

4日の当地は 快晴
典型的な 小春日和
白玉星草のような 雲

相方と某所へ
野菊たちの整理
ヒゴスミレ エイザンスミレ ヤマコウバシ ダルマウツギの播種
草刈り

2_201811042134380b3.jpg
30.11.3 高尚な本たち

1~4日まで
除籍図署の 無料配布があることを
2日の夜に 知る
早速3日 一番に行って見た

それで もらったのが これ
ニュートン プレジデント 写真と見出しのみ 見る可能性が高いか
シリコンバレーは うっかり 「下」のみ
他に 健康診断・人間ドックに落とし穴あり
ビジネスの極意は、インドの露天商に学べ など

園芸の本を 期待したのだが・・・

野菊たち

3日の当地は 晴れ
冷たい風もなく 小春日和
朝夕も 寒くはない
ビオラのような 雲が行く

図書館へ ~ 某所 ~ 自治会の買い物へ相方と
畑に定植 モミジ ヒノキ ウラジロの木
カイノキ播種 いろいろ

1_20181103205138b63.jpg
30.11.3 野菊たち これは来年の親木なので 自由奔放放し飼い

3_20181103205139699.jpg
30.11.3 濃色野紺菊

4_2018110320514139e.jpg
30.11.3 あれやこれや 野ギク類は 既に峠を越えています

野ギク類に 重点をおいたのは 昨年から
失敗した
それを元に 今年はまあまあの 出来

那賀川野菊 濃色野紺菊 オビトケ菊 足摺野路菊 野紺菊 磯菊などは かなりうまくできた
しかし 他のキクや 盆栽菊は イマイチ
剪定時期や B9で 来年は より高品質を目指す

しかし・・・ ですねぇ
売れないんですよ
うまくできたものでも ダメ 菊にかぎらないけれど

一面では

2日の当地は くもり 時々 晴れ
風もあるし 朝夕は めっきり冷たい
ジャンパーも マフラーも じゃまにはならないが さすがそこまでは 勇気がない
ゴテゴテグラジオラスのような 雲

野ギク達の整理と予防  カイノキは種
日陰用・採取用などの 親木を定植 マユミ シラキ 口紅とサラサのドウダンツツジ ヒョウタンボク ヒノキ モミジ

1_2018110217590765a.jpg
30.11.1 津川ダム

2_20181102175908535.jpg
30.11.1 津川ダムサイト

3_20181102175909be5.jpg
30.11.2 コスモス畑

物事は 一面だけでは分からない
画像について
1枚の写真は 旅情をそそる場合も 多い
しかし 丸い地球の ほんの一部では 分からない

ダムサイトの紅葉状況 こんなのは よく分かる
まだ早い

きれいなモミジ 1本だけなら あちこちある

コスモス畑も 多い
近くに行くと 分かるが 草も少なく 苦労がわかる

物事 表だけでは 分からない
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

2020年の展示会予定

6月までの 展示会は 全て中止です
急に 復活の日を迎える
6/20~6/21
那岐山麓山の駅で
販売のみで 展示はありません

パティスリーコア
総社市中央1丁目
甥夫婦の洋菓子店

新パソコンが上手く使えない
前ぶれ無くブログを止めたら そのためです

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR