FC2ブログ

67

31日の当地は 雨
久しぶりの 恵みの雨が ほぼ垂直に降る
寒かった
焼きサンマの 雲

午前 休憩所で ボーと
午後は 家に帰り ボーと

1_20190131173108de2.jpg
13.6.7 トワダアシ

2_201901311731098a6.jpg
16.6.15 黄花コスモス で流通するが コスモスではない

今日で 67歳になった
この歳になれば 感慨も感傷も 何もない
特に 何をするでもなく
普通に 夜が来た
けれど 普通が 何よりありがたい

さてと ピンコロまで あと33年
あと 20年もすれば 変更の可能性はあるが
とりあえずの 予定
明日からも 普通の生活が始まる
さあ 引き続き やるぞ
スポンサーサイト



無題

30日の当地は 晴れ
けれど空気は冷たい
夏のイノシシ肉のような 雲

3日の自治会総会の 最後の資料作りを ほんの少し
スプリングエファメラルへ 玉肥を置き 表面処理をする

1_20190130205613a60.jpg
19.1.30 福寿草
寒さのためだろう この状態から 前に進まない

2_20190130205614577.jpg
19.1.30 サクラと今日の空
実は このサクラ すごいサクラなんです
見た目は 淡い花色で 特筆することはない
ある有名なサクラの子孫で 名前を聞けば 知っている人も多いかも

例えば 天然記念物から採取した 個体でも それは天然記念物ではないんです
ただの サクラで たまたま親が 指定されている と言うだけの話
ただし それを採取することは 特別な許可がないと できませんが

誤解があってはいけませんが このサクラ 天然記念物などではありません
事情があって 入手しただけで 違法行為はありません 念のため
ところで どこのサクラかは 言いませんが

3_201901302056162f9.jpg
19.1.30 那賀川野菊
今年は なぜか 冬至芽が多く出ている
今年は 大作りもしてみるか

不本意ながら 今日は 日記風になってしまいました

3-0

29日の当地は くもり 時々 晴れ
ジンジンするような しみ込むような寒い日
焦げた鯛焼きの 雲

仕事に行く 8キロ程度は歩いたか

1_201901292140330c2.jpg
19.1.29 緑の小宇宙
ホソバオキナゴケか

2_20190129214034188.jpg
19.1.29 小さな地球たち
ミツマタ

スカーとする 勝ち方だった
強豪相手に こんなこともある
ランクが 最も影響されない スポーツが
サッカー だと言う

まあPKは別にして
後が良かった
特に ロスタイムの 3点目は
アシストが文句なし 絵に描いたようだった
このアシスト あきらめていれば 生まれなかった

大坂なおみさん

28日の当地は くもり 時々 晴れ にわか雨
風はなかった
それほどでもなく 比較的 過ごしやすい日 けれど 寒いことは事実
食べたくない イカスミパスタの 雲

友人が運んでくれた 草を畑に入れる
寒冷紗修理

1_201901282053218f5.jpg
11.4.2 チオノドクサ・ピンクジャイアント
チオノは この程度の鉢でも 球根は肥大しにくい

2_20190128205322b58.jpg
15.4.21 Kちゃんにもらった 八重ザクラ
この時期が 待ち遠しい

大坂なおみ選手の 偉業について 
一言印象は と 藤井綾子アナ

すごかった 良くやったの一言 程度かと 思いきや
ダラダラダラ いつ終わるのか
計ってはいないが 1分以上だろう
某 スポーツジャーナリスト
何を言ったのか 覚えてもいない
かくして ビールは 生ぬるい液体になった

めったに聞かない すっぴんを 聞いていての一コマ
話は シャープに短く 的確にが好み

トンボ

27日の当地は くもり
朝の積雪5㎝ 特に風はなかった
そんなに寒くはなく いつも通りの冬か けど 最低は-3度程度
揚げすぎた 揚げだし豆腐カツオ風の 雲

安くなっていたクロッカスを 買い 植え付け
アネモネ・フルゲンスの 播種
用土処理や あれこれ

1_20190127211704a4e.jpg
19.1.27 ロックガーデン
2階から見る 2年物のロックガーデン
アセビ2種 細葉柊南天 丸葉の木 ソヨゴ クリスマスローズ 八重ギボウシ ホトトギスなどが 植えてある

2_20190127211706c22.jpg
19.1.27 この中の 1軒が我が家

3_20190127211707481.jpg
19.1.27 丸くできたての地球

4_20190127211709e8c.jpg
19.1.27 謎の足跡

トンボは UVカットを している
産業技術総合研究所が
シオカラトンボの 分泌物から
UVカット成分の 抽出に成功
植物での 発見はあるが
昆虫からの発見は 初めてだそうな

君の名は その名は 極長鎖メチルケトン
化粧品などに 利用できそう とのこと

ホバリング昆虫 水蜘蛛昆虫 大ジャンプ昆虫
いろいろな 特技の正体をつかめ

統計

26日の当地は 雪
終日降った 朝2㎝ 昼間5㎝ こんな雪は 今年初めて
真珠の味噌汁の 雲

ちょっと外出 ~ ナンバ
午後 散髪 あとは 濃密で無駄な時間を 過ごす

2_20190126215527e45.jpg
19.1.26 朝

1_20190126215526ffd.jpg
19.1.26 朝のロッジ

池上彰さんの 番組を 10分程度見た
日本と世界を 比較していた
貯蓄率 家賃 水道料・・・
その内容は 意外な数字も有った
桁までは 違わないだろうが
昨今の報道を見ていると
この数字 正しいの・・・

しかし 生活内容や 充実度は 
数字で 表すことができるものも あるだろうが
そうでないものも 多いはず

歳を

25日の当地は くもり
風は無い
ちょっと寒いけれど 昼間はそうでもない
イノシシしぐれ煮の 雲

ちょっと外出 ~ ナンバ ~ 彩菜茶屋
ずっと 鶏糞運び

1_20190125175020115.jpg
19.1.25 養鶏家にとり 鶏糞は産業廃棄物
みちくさの近くに 積んであり いつでも好きなだけ もらってもかまわない
高価な物ではないが いただけて ありがたい

2_20190125175022328.jpg
19.1.25 今日を含め 1トン程度は 運んだか

3_20190125175022ebd.jpg
19.1.25 ジーンズが

かなり前に 指の所が 破れていた
かまわず そのまま はいていた
歳を考えて と何度も言われたが
ある日の 洗濯後
ミシンが かけてあった
多分 60いくつの時

そして そのまま はいていた
ところが 今日 そのすぐ下が 破れた
いかに言っても もう あきらめるか
長い間 ありがとう

9992歩

23日の当地は 晴れ 時々 くもり
昼間は微風
朝は手が凍りそう 昼間は春に近い 夕方は寒い
ちらし寿司の 雲

用土処理 鉢に除草剤 
シンパクの針金はずし セリ市で取った株だが 針金グルグルで 1鉢1時間以上かかった

1_20190123214010d42.jpg
19.1.23 原種スイセン トレブロチャンス
今 咲いている 数少ない花
販売用で 3ポットしかない
増殖率が悪いので 販売は 止めようか

2_20190123214011029.jpg
19.1.3 福寿草
出荷まで あと数日
左は アネモネ・デカン

今 電話表示は
9992歩
まあまあの 歩数だろう
しかも 半分以上は 片足 500㌘の重りをつけていた

新聞によれば
子どものケガが多く 内容は異常 だと言う
主たる原因は 運動不足
このままでは 将来大変な事になる と言う
外で遊ぶより 屋内のほうが 面白いのだろう
今日の新聞から

4835歩

22日の当地は くもり 後 ちょっと晴れ
聞くところによると ちょっと離れただけで すごく天気が 変わっていたらしい
だから ミックス酢の物の 雲

仕事に行く

1_201901222220227e9.jpg
11.10.1 野生シクラメン グレークム

2_2019012222202437f.jpg
11.10.8 野生シクラメン シリシウム

3_20190122222025557.jpg
11.10.11 スギヒラタケ
このキノコは すごくウマイ
カレーに入れるとか 味噌汁に最高
鳥取にいるとき 初めて教えてもらったが 今は 食用禁止になっている
数年前 東北地方で このキノコが原因で 何人かが なくなられたから

今日は 携帯の表示で 4835歩 歩いている
仕事で山歩きをしたが
大部分は 電波が届かず 電源を切っていた
だから もっと出ているはず
感じでは 7キロ程度は 歩いているはず

1日平均歩数は 30代の人で 大都市は 7001歩
15万以上で 6794歩
5~15万人都市で 6549歩
5万人以下の都市で 6220歩 だそうな
この爺さん 今日は山を1万歩は いっているだろう

21日の当地は 晴れ 時々 くもり
午後からは 風が来る
かんぴょう入り 巻き寿司の 雲

ラティスに 2度塗りし 設置 公開できるような 代物ではない
柿の剪定

1_2019012122093536e.jpg
19.1.21 黒柿 剪定前

2_20190121220936687.jpg
19.1.21 剪定後

3_2019012122093887a.jpg
19.1.21 草だらけ
周囲の 親株養成場所は 草に覆われる
雑草防止と その後は 堆肥にする
友人が 持って来てくれる

柿は 主食にしたいほどの 大好物
周囲の人は どうも 獲らないが
嫌いなのだろう
人生いろいろ

さて 黒柿 富有柿 渋柿と 剪定はしたが
どうも 適切にできているかどうか
分からない
毎年 同じ感じにやるが
着果する枝と そうでないのがある
教科書通りには いかない

盆栽

20日の当地は 小雨 後 くもり 時々 晴れ
午後風が来た それほど寒くはないが
サトイモの煮っ転がしと コンニャク煮物の 雲

総会と 新年会
地区68戸を 6組合に分けてある 所属する 東下組合の新年会をやる
過ぎるほど 飲み食いする 幹事さん ありがとうございました

1_2019012017431019f.jpg
19.1.20 夕方

2_201901201743117f0.jpg
19.1.20 異空間への導入路

3_201901201743140e7.jpg
19.1.20 ヒトデ型静物

毎月下旬 盆栽市へ行っている
元々 盆栽が主で 草物は 少ない と聞いてはいた
そうは言っても ボツボツ出ていたし
それなりに セリ落としていた
ところが なぜか 最近 草物が少ない

一番多く出品していた人が
体調不良で 余計に少なくなった
参加はするが 声出ししない時も多い

それでも 参考の為と
お世話になっている人に 会うために 行く

いきものがかり

19日の当地は 晴れ
朝は 手が動かないほど 冷たかったけれど
春を感じる 陽気だった
うぐいすあんのような 雲

倉庫の中に パイプで 棚を作る
ラティスに 1回目の 防腐剤塗布

1_201901192154048b1.jpg
19.1.19 白い恋人達
ヒノキ 黒いのは鶏糞 茶色は草 緑は雑草 白っぽいのはモミガラ

3_2019011921540704b.jpg
19.1.19 白い恋人達
文学的に言えば 名も知らぬ草花 本心を言っても同じ

知っていたことは
「いきものがかり」 と言うグループがいる
女性を含む 数名の構成と 名前の由来

最近知ったのは
リードボーカルが女性で すごくきれい
途中休養していたが 再開した

いまだ知らないのは
あと 何人いるか とか
どんな曲を 歌っているのか とか
どんな声なのか とか いっぱい


キゥイ

18日の当地は 晴れ くもり 小雨 快晴
寒くはなかったけれど・・・
ミカンと イチゴと シシ肉の牡丹鍋

あれこれとやり 午後は彩菜茶屋主催の キゥイ栽培講習会へ
役場へ行ったり

3_201901182054184de.jpg
19.1.18 ミルマスカラス スカイハイ
雨もこんな空も あった

2_201901182054178ca.jpg
19.1.18 トムリ 緑果実用の雄木

1_20190118205415478.jpg
19.1.18 全部で5本植えてある

キゥイの栽培講習に 申し込んだ
現地は 7~8年生の 木が植えてある畑
園主曰く あまり手をかけていない と
改良所の指導員が
説明や 実際の剪定をする

約10人の出席者の内 過去に参加した人が いるようで
質問は ほぼ 僕1人だった
柿や花木を やっていると
指導内容が 想像できる部分が 結構ある
自家栽培品を 食すのに あと3年か

重たい

17日の 県南・当地は 晴れ 時々 くもり
北西の乾冷烈風が吹く
体の芯まで 凍えた けど 生きている
アイス天ぷらの すじ雲

セリ市に行き お世話になっている 人のお宅に寄る

2_201901171729466e9.jpg
19.1.17 そこでの頂き物 うっ重たい

1_20190117172944e56.jpg
19.1.17 その中身

よく いただく
持つと ずっしりと重たい
何のデコレーションもない 四角の 平べったいケーキ
見た目は 地味そのもの
何が違うのか とにかく重たい
当然 水っぽいからではない

それで ウマイ
がばがば食べたいのを 我慢して
少しずつ 食べる
いつも ありがとうございます

大間のマグロ

16日の当地は 晴れ
風が強かったけれど それなりの気温
粒あんぜんざいの 餅みたいな 雲

眼科に ~ カインズ
草入れや 花木親木と 柿の剪定

1_201901161743449fa.jpg
19.1.16 キゥイ棚
鋼管パイプの上には 缶をかける
水が入ると 凍結破損する
幸い 缶は 家人の強い協力がある

2_20190116174345c1f.jpg
19.1.16 友人が 草を運んでくれる
雑草防止と 堆肥になる

3_20190116174346b93.jpg
19.1.16 まあるい入れ物の 米ぬか
軽トラで出かけるときは 必ず缶持参
畑に直接入れて 堆肥にする

市場10% 漁協20%
70%程度は 手取りになると思っていた が
インタビューによると 半分くらいか な と
実際は どの程度か 知らない

農林水産物は どれも 市場を通すと
生産車の手取りは 少ない
全部が 億を超えるわけがない
100円のハクサイも ホウレンソウも
生産者は どの程度実収があるのか
だから 担い手も少ない のだろう

丸く丸く

15日の当地は くもり
午前 小さな雨 その後 すごく寒くなった
午後は 比較的 過ごしやすい
べた塗り みりん干しの雲

仕事に行く

1_20190115211335506.jpg
11.5.15 姫浦島草

2_201901152113360d8.jpg
12.5.24 桃花ヤブデマリ
実は 白い花
それが 日にちと供に 淡いピンクに変化する
最初だけ見れば 名前が違うのだろう と言われそう

3_20190115211338468.jpg
13.5.8 アネモネ
これは園芸種 デカンか

まあるくまあるく
人生 人間 まるみが大事
自分は まあるいと思っていても
そうでもない場合が 往々にある

まあるくやさしく
今日 その気になれば
まあるい写真は いっぱい写せたが

楽ちん

14日の当地は 昨日に続き 快晴
春本番のよう ただし 昼間のみ
不揃いマシュマロみたいな 雲

とんどに行く
ラティス作りや あれこれと

1_201901141743194ab.jpg
19.1.13 宇宙回廊 これは昨日

2_201901141743213f5.jpg
19.1.14 白いとがった恋人達

3_2019011417432224b.jpg
19.1.14 ラティスと 今日の空
これは 10年以上前 Kちゃんからもらった
崩れかけてきたので 今日作りかえる
それにしても Kちゃんは 可愛い

4_2019011417432424b.jpg
1.1.14 ヒノキのラティス
格子模様が多いが 総桧造り 縦ラティス
あと 防腐剤を塗る

ニュースによると
遺言の書き方が 簡単になったらしい
今までは 全て 自署だったものが
財産目録など 手書きは面倒なので
パソコンOKとのこと

いやあ 楽になった
数千万円単位の 証券が 数十通あるし
金銀珠玉を 預けてある 貸金庫も
数十はある
いやあ 助かる さて 何を書こうか

カエルが

12日の当地は くもり
寒かった 特に昼前頃 ジンジンしみ込んで来る リンダ
五色かりんとう中華風の 雲

自治会役員9人で 地区内の 要補修カ所を見て回る
予算的に 全部は とうていできない
午後は 会計監査
帰って キゥイ畝に 草を敷く

1_2019011221254314b.jpg
19.1.12 寒冷紗下の トンネル
限りなく薄い ビニールフィルムだが これがあるだけで かなり好条件が保てる
朝の 用土を見れば 分かる

2_20190112212544348.jpg
19.1.12 福寿草
その中で 色が出て来た
キンポウゲ科は 鮮やか色の娘が 多い

カエルは 土の中に 今いるが
後 数ヶ月で 鳴き出す
輪唱 同時に鳴く 一斉にストップする

ふーん 不思議な世界 
と 今までは思っていた
ところが 頭の遺伝子には すごいプログラムがあるらしい
あの鳴き方は 何かの法則があるらしい

携帯電話の 音声安定に 
その鳴き声の法則が 活用できることを
筑波大学か どこかが 見つけた と

葉ボタン

11日の当地は くもり
ちょっとだけ お日様が見えた
ほっこりと 過ごしやすい日だった
イノシシ肉の しぐれ煮のような 空

役場~JA~某所~ナンバ~ナフコ~郵便局で 午前が終わる
ユーコミス堀上げ 土寄せ・・・

2_20190111172913345.jpg
19.1.11 ユーコミス
今日 堀上げた
もう少し分球しているか と思ったけれど 肥大はしていたが してなかった 
夏の花 としては 日持ちが良いと言うが
水は腐り 出荷対象ではない
水が 冷やせると いいが・・・

1_201901111729121d7.jpg
19.1.11 ユーコミス パイナップルリリーのこと
これは プンクターターと コモサ
比較的 小球なので 鉢物にする
今後は これらを 優先すべきかと

3_20190111172914951.jpg
19.1.11 葉ボタン ナフコにあったのを 見つけた

葉ボタンの「おどり作り」 と言うのを知った
できれば 2年物から始めるのが 良いとのこと
このことを知ったのは 播種期を過ぎた 9月だった
だから どこかで買おう と思っていたのだが 失念していた

昨日 思い出し あちこち探すが もうどこにもなかった
それが 今日 ナフコで見つかった
今日も今冬も 踊るぞ

竜宮

10日の当地は くもり
ジンジン 寒い日だった ちょっと こたえた
のり巻きあられのような 雲

仕事に行く

1_20190110221716ca9.jpg
11.6.4 シコタンソウ

2_2019011022171772c.jpg
12.6.2 紅花ヤマシャクヤク

3_2019011022171917f.jpg
12.6.11 ロックガーデンの ササユリ

はやぶさ2が
りゅうぐうに 近づいている
昨年10月の 着陸予定が
伸びて もうすぐ
延期の理由は 予想以上に 岩石が多く
安全な着陸場所を 見つけるのに 時間がかかったとか
その場所は たった 幅6~12㍍のカ所が
2カ所のみ

うーん 電波が届くだけでも 何時間かかるのか
もう おとぎ話の世界

サッカー

9日の当地は くもり
朝 雪がちらつく 寒い1日だった
風がないのが せめてもの
積雪1㎝弱 確か 今冬3回目
ゴボウとカレイの 煮付けのような 空

草を畝に乗せただけ

1_20190109180717d3e.jpg
19.1.9 緑の地球に雪が降る

2_201901091807189e7.jpg
19.1.9 園芸菊
この時期 屋外で咲いている
傷んだ種もあるが 今が見頃のもある
今年は 物にする

3_201901091807194ad.jpg
19.1.9 午後の棚場
暗くさみしい・・・ と言った歌が あったなあ

今夜は サッカーを見る
民放である
この前 NHKを聞いていると
NHKはBS1で放送する と言っていたのだろう
その時は NHKのみの 放送だと思い
少々 立腹していた

コマーシャルが入るのは 仕方ないが
とりあえず 良かった
テレビでは 
サッカーは数少ない 見る番組 

脳みそカラー

8日の当地は くもり 時々 晴れ
朝晩は寒いけれど 昼間はまあまあ
それなりの天気
黒糖割れせんべいのような 雲

仕事に行く

1_201901082255136bc.jpg
10.1.20 農家民宿はこば

2_20190108225515c84.jpg
10.1.20 はこばの内装は 木材のみ

3_20190108225517f29.jpg
10.1.20 画面中央 赤い屋根

場所は 四万十町
農家民宿おかみ100人 とかに選ばれ 特に客が増えたらしい
いやいや そうでなくても
料理のセンスは良かったし
おいしかった
また行きたいけれど
何せ 四万十 ちょい遠い

脳みそバーン カラー
何も思いつかない
それで 「はこば」を選んで 申し訳ありません

無題

7日の当地は くもり 後 晴れ
比較的 過ごしやすい日
だから 雲も 焦げ目有りのウインナーみたい

親木の間に 堆肥を入れ キゥイ棚に筋交いを入れ 天神様まいり

2_20190107224618132.jpg
19.1.7 こんにちは
溝掃除をちょっとすると 出て来た
そのままにしておくと 死んでしまう
我が家の小さな 池に 放してやった

3_20190107224620fc0.jpg
19.1.7 地区の天神様

天神様に
自治会3役+アルファで 新年のお参りをする
前にも書いたとおり
あまり 信仰心が高い とは言えない
しかし こういうことは 何か 理屈では言い表せない
何かがある
イヤイヤ行く必要は ないが
行って 支障が無ければ 行けばよい

今日も 勝手なお願いをしてきた
会計なので 好きな食べ物を買った

6日の当地は くもり
風もなく この時期の 温度 だろう
訳あり 不揃いおかき のような雲

畑の手入れ 池の泥上げ キゥイ棚に筋交い

2_2019010617054268a.jpg
19.1.6 この水と 井戸水で 水やりしている
今日 ここの泥を上げた

1_2019010617054112b.jpg
19.1.6 そのポンプ
三菱製 もう16年程度使用している

水がないと 生きていけない
植物も 動物も
今の場所は 無駄に出しっぱなしにしても
水不足になることは まずない
とても ありがたい

新聞に 時々掲載される
アフリカの 子ども達
水をくむために 往復○時間
当然 観賞用の花に かけることなどできない

このありがたみは よく 分かっていない

最上稲荷へ

5日の県南は 晴れ 時々 くもり
少しの風はあったけれど 穏やかだった
皮むきナスの 揚げ煮のような 雲

家族で 最上稲荷へ 帰り バイキング

1_20190105211841b79.jpg
19.1.5 本殿か
この角度の場所へ 行くのは初めて

2_20190105211842624.jpg
19.1.5 本通りからはずれると 人は少ない
キツネさんが たくさん鎮座

3_2019010521184318b.jpg
19.1.5 ここにも

4_2019010521184560b.jpg
19.1.5 賑やかな門前町で

一般的に 最上稲荷 と呼ぶが
高松稲荷 と書いてあるのも見る
そう言いながら
何とか寺 と言うのが 本名らしい
宗教に詳しくはないが
線香1束で いろいろなお願いをしてきた

ここにも 不景気の波が 来る
去年の 備前焼の店は 閉まっていた
いつも寄っていた 骨董屋さんは 品数が すごく少なかった
我が家は 今年も 幸多い年になるだろう

濡れタオル

4日の当地は 晴れ
昼間は 春の雰囲気
とりあえずは ありがたいが 植物にとって 気温の急激な変化は 要注意
まっ 1日程度なら 良いが
高級イカが入った なますのような 雲

除草剤散布や あれこれのかたづけ

1_201901042038584e6.jpg
19.1.1 北の山 那岐山方面

日本の水道水は
そのまま 飲むことができる と言えば 
多くの外国人は にわかに信じられない そうな
消毒の臭いはするが 高品質なのだろう
確かに 澄んでいるし
飲んで 腹痛との話も 聞いたことはない

乾燥期になり 夜は濡れタオルを 部屋に置いている
手もふかないし 何もふかない
なのに シミができ 見栄えが悪い
この シミ どこから来るんでしょうねぇ

サッカー

3日の当地は 晴れ 後 くもり
朝は よく冷えたけれど まっ 過ごしやすい日だった
焦げたカレイと ゴホウのような 雲

羅紗門様にお参り
ポット洗いや 舟こぎや

2_20190103224622262.jpg
19.1.3 地区内の 羅紗門様で

3_20190103224624921.jpg
19.1.3 キゥイ棚
あと火打ちと 筋交いで終わり 
エルダー線張りは ツルが延びる 4月までには 終わらないと

やはり 正月のスポーツ番組
宮沢ミシェルさん曰く
アジアで勝ち 東京につなぎ さらに ワールドカップへ
今の 森安ジャパンなら 可能性は高い

元ナデシコの 誰やら
フランスワールドカップで 優勝し 人気の底上げを・・・

もっと言って欲しかった
誰でも楽しめるよう 総合やEテレで 中継するべき と
みんなが 見られなければ それでなければ
底上げは 困難 と思うが

東京62

2日の当地は くもり 後 晴れ また くもり
風もなく 穏やかな日
訳ありきなこせんべい のような 雲

コケ玉の整理 ポット洗い

1_20190102211358f78.jpg
19.1.2 優れもの ピチッカチッ

2_20190102211359373.jpg
19.1.2 優れもの 四角頭

3_2019010221140090d.jpg
19.1.2 優れもの クルクルバイバイ

4_20190102211402816.jpg
19.1.2 売れ残り クコと雲竜ハシバミ

新春スポーツラジオ 62東京の想い出
各分野から 何人かが 思い出話

僕の 一番の想い出は
「泣いている 鬼が泣いている 鬼が泣いています」

しかし それより 強烈なのは 直接 62東京ではないが
「幸吉はもう走れません」 と
数年後に 自ら命を絶った 円谷幸吉さん
本人の真面目さなのか 周囲のせいか
当時も今も 分からないけれど
強烈な不幸な話として 覚えている

正月です

1日の当地は くもり
朝方は寒かったけれど 午後は 緩んで来た
煮しめのような 雲

荒神様にまいり ゴロゴロした後 ポット洗い

1_20190101170643abe.jpg
19.1.1 荒神様で

2_20190101170646b34.jpg
19.1.1 ほぼ毎年 1日には 勝手なお願いに行くことにしている

3_20190101170647a5e.jpg
19.1.1 カイノキのポット
ご覧のように 霜柱が 頑張っている
春になると 表面に出ている 種子も多い

4_20190101170649252.jpg
19.1.1 カイノキと 宇宙
くもりの1日だったけれど この時 30分程度 こんな空

あけまして おめでとうございます
今後とも ご指導 よろしくお願いします

見るような テレビはないし
本は 夜読めばいいし
ラジオは どこでも聞ける

だから 初詣の後は 作場にいた
午後 あまり寒く無かったので
ポットを洗う
聞いたラジオの中で 感想が二つある
明日と明後日の 予定 
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

2020年の展示会予定

6月までの 展示会は 全て中止です
急に 復活の日を迎える
6/20~6/21
那岐山麓山の駅で
販売のみで 展示はありません

パティスリーコア
総社市中央1丁目
甥夫婦の洋菓子店

新パソコンが上手く使えない
前ぶれ無くブログを止めたら そのためです

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR