FC2ブログ

愛を

30日の当地は くもり
暑い 汗がしたたり落ちる 夏本番
これで 雲がなかったら どんな日なのか カーテン色の雲

散髪へ  畑に除草剤  草刈り 
昨年のサシ木を植え替え 3ヶ月ほど前にすべきなのだが クマヤナギ 紅花アセビ タチマユミ 斑イワガラミ 長寿梅 

1_2019063021401788d.jpg
11.10.6 剣山頂上から

愛が欲しい
誰か この爺に愛を

単身赴任していた 田辺市で 夕食買い物
魚売り場の 一夜干しに 「アイ」が
比較的安く 食べて見るとおいしく 何度が買う
家に買って帰っても 家族全員 おいしい と言う
このアイ 1度食べてやめる人と そうでない人が いると言う

標準和名なのか 俗名なのか 知らないが
食べたい アイも愛も もっともっと
ラジオで 太刀魚の話を聞き 脈絡なく思い出した
スポンサーサイト



イノシシかシカ

29日の当地は くもり 夜 雨になる
たまらなく 蒸し暑かった
蒸しパン三度蒸しの 雲

整骨医 ~ 彩菜茶屋出荷
アジサイ剪定  かたづけしたり 
野生シクラメン・レパンダムの種子が わずか採種でき ついでに蒔いた
センダイハギも播種

1_201906292148326c7.jpg
19.6.29 アジサイ色に染まる

2_201906292148336af.jpg
19.6.29 アジサイ色に染まる

なかなか イノシシが踏んでくれない
昨日は 30㎝程度離して
連続して 仕掛けておいた
けど 不発

まっ 相手は命がかかっている
こちらは 田畑が荒らされるのを 防ぐのと
命を ありがたくいただく
猟期の頃に比べれば
味は格段に落ちるが それは
捕れない者の 一人言

脳みそが・・・

28日の当地は 晴れ
雨もあがり 晴れはしたが 蒸し暑い
汗のバリアーができる
蒸しパン風の 雲

ちょっと出て来る ~ 彩菜茶屋へ様子見
棚の整理  アジサイとクガイ草のサシ木  くくり罠を仕掛ける

1_20190628211336718.jpg
19.6.28 谷川野紺菊 見にくいが
咲いている 野菊類が咲いている 今は6月
画像に無いが 風蘭も 20日早く咲いている
昨年 売れ残りキクを 11月に買った それも1株 しっかり蕾を持っている 今は6月

脳みそが 振動する
あっちへ行ったり 帰ったり

アジサイが 比較的売れている
けれど 場所を取る
昨年サシキしたままで 植え替えていない他種も多い
植え替えたら どこに置く
何を捨てて 何を置く

日替わりで 考えが変わり 結局そのまま
チャンスが 逃げていく
何かが 顕在化しないか

品種名

27日の当地は 雨 後 くもり
待望の雨が来る あれこれの容器を見るに どうも20㎜弱の量
今日は十分だが 1週間後に またどうぞ
雲も ヨモギあんころ餅

昼過ぎまで 舟こぎしたり
午後は アジサイ手入れや ブルーベリー 南京ナナカマド 紅花アセビなどのサシ木

1_20190627210328db1.jpg
13.1.28 冬景色 画像の意味は 特に無し

今 アスチルベが 17種19鉢ある
一応 全てラベル付き
しかし しかしですよ
現物を並べていても 同定困難
どこが異なるのか 自信を持って 説明できない

現物があっても コレ
本で写真を見て
さて 保有しているのは ナンジャモンジャ
と思っても まず分からない
そんな種は 残念ながら 多い

幸運

26日の当地は くもり
中国地方も 20日程度遅れ 梅雨入りだそうな
しかも 早々に 台風までおともだと
コゲキャラメルの 雲

役場 ~ 彩菜茶屋出荷 ~ 国保保険料支払い
畑に除草剤 アジサイ剪定・・・

10回 チャンスが来ても 1回もつかめない
ただ 1度のチャンスを しっかりつかむ
当然 後者のほうが 勝ち

チャンスは公平 かどうか 知らないが
つかむ人と そうでない場合は 時折見られる
上手く嗅ぎ分け 手堅くつかめば
状況は 好転する

小さなチャンスを 嗅ぎ分け
数多くつかむのも 特技の一つ
人生も 花屋も サッカーも同じ

あっうっ

25日の当地は 快晴
風も来る 悪魔が来たりて風が吹く
雲よ来い 明日から 梅雨になる とは言うけれど

サシ木  かたづけ  等々

1_20190625213739b89.jpg
19.6.25 ヒノキと ヤマボウシと  エッフェル塔 背景は銀河鉄道の昼

タクラマカンと ゴビを合わせたような 天気
1ヶ月以上 乾いているが
今日が 最高だったような気がする
予報では 明日 入梅と言うが

今日も 2回やった
サシ木したトレイも 乾くし
喉も お肌も 乾く

ぽんとけりゃ フワッと ホコリが立つような 感じ
降り出せば 3日もすれば うんざりするが
とりあえず 欲しい物の一つ

神経性

24日の当地は 快晴
微粒子の雲 暑い
タクラマカンの風が吹く 今日も水やり2回

アジサイ剪定  サシ木  罠追加  キク摘芯・・・

2_2019062421380390a.jpg
19.6.24 八重ザクラと銀河の果て

電車に乗るとか 会議があるとか
すぐトイレに 行くことができない状態で
行きたくて たまらない と言う話を聞く

僕は 今はいつでもいける
下記の時間の間に 少なくとも 2回は行くだろう

この前の セリ市
7時半頃 吉備サービスエリアで トイレ
その次は セリの終わった 12時半頃
その間 すぐ近くにトイレはあるのに
行きたいとも 思わない これ 逆神経質なんですかねぇ

早っ

23日の当地は くもり 蒸し暑い
雨は 意地でも降って来ない
ウインナーコーヒーのような 雲

何をしたか分からないほど あれこれ

1_20190623212204d7a.jpg
19.6.20頃 ラベル落ちアジサイ

朝起きて
右を向いて 左を見て ちょっとしたら 夕方
相対性理論と 超ヒモ理論の 相乗効果で
1日が 光のように飛んでいく
マッハゴーゴー かけれエイトマン
1日は 5時間か

1日が短ければ 一生は長く
1日が長ければ 一生は短い
と言うけれど
やりたいことは チョモランマ

セリにて

22日の当地 県南は 晴れ くもり 雨 ミックスベジタブル
けれど 暑かった
三色団子の 雲

県南のセリ市に ~ お世話になっている家に
アジサイ ノリウツギ などのサシ木

1_20190622213800cab.jpg
19.6.22 セリ市で
大きく見えるのは 親用の大実サルナシ
周囲は ケース買いのあれこれ

園芸店は 仕入れて売るのが 最も簡単
それで 全部売れれば 何の苦労もない
けれど それが不可能
少しでも 自殖率を上げなければ やってられない

それで セリも 前回から方向転換
親用と 売れるだろう安価な物 のみに声出しすることにした
大実サルナシは サシ木親用
周囲は 安価な苗物だが
今までは 積極的に落としていた
今回は 5口程度あったのに 1口だけ落とした

負け

21日の当地は くもり 夕方から夜雨になる もっと降れ
蒸し暑いけれど 可愛い可愛い雲だった

彩菜茶屋出荷 ~ コメリ
罠を2個に増やし かけ直す  草刈りほか

1_201906212136329ad.jpg
19.6.19 アスチルベ 品種名はメモを見れば 分かるのだが・・・

昨日 今年初めて くくり罠を仕掛けた
今朝見ると はねていた
見事 獲物が 踏んだのだ
けれど かかっていなかった

通り道と 仕掛ける場所は 正解だったけれど
中途半端に踏んだのか
足が沈む 一瞬に持ち上げるほど
運動神経の発達した 個体だったのか

どちらにしても こちらの負け
かけ直したが 今晩も来るだろうか

購入場所

20日の当地は 快晴
やってられない
5月から 日に2度の水やりが たまらない なんで こんなに乾いているのか
出て来い 黒雲入道

法面草刈り  アジサイサシ木  久しぶりに罠をかける  あれこれ

3_20190620212049ec1.jpg
19.6.20 青いネットの向こうは ブルーベリー
ヒヨドリから守るのに ネットをしている
このネット スカスカなのに 中は暑くなる

さて 画像を用意していたが
アップロードすると 縦置きになる
で なし

アスチルベを 2カ所で買った
A社の ビジョンインレット と言う品種
2株で 2000円弱

B社は その名でなかったけれど よく似ている
しかも サイズは5~6倍 1株600円程度

名が通った 全国規模の会社と そうでない所の差か
しかし どうせ 今度は自殖する 僕は筋の悪い客だろう

眠たい

19日の当地は 晴れ
暑い 風もそれほどないのに 鉢がよく乾く 湿度が低いのか
アイスモナカの 雲

黒大豆 タマゴメロン定植 自家用にわずか
アジサイのサシ木 用土処理・・・

1_20190619212457f30.jpg
19.6.19 小さな池周囲の 花菖蒲

2_2019061921245866b.jpg
19.6.19 山アジサイ 伊予のかんざし

4_20190619212501e04.jpg
19.6.19 こちらはアスチルベ

アスチルベは 今年 初めての栽培
比較的 苗が安い と言うことは あまり需要がないのか
と言うことは あまり 売れないのか
まっ 派手な花ではあるし 自殖するので
単価が低くても 何とかなるだろう

なにせ 物が売れない
だから いろいろ考えてはいるが 
考えがまとまらず はずれる事ばかり
けど 時々は 当たるだろう

それよりも 眠たい もう寝ることにする

ため息

17日の当地は 晴れ
暑いけれど 乾燥気味なので そんなに辛くはない
大判焼きみたいな 雲

彩菜茶屋出荷 ~ 米つき ~ 郵便局
販売の後片付け

1_20190617220349fd6.jpg
11.6.18 の販売風景

2_20190617220350a87.jpg
11.6.18 の展示

ため息のでるよーな はピーナツ
ため息を1回すると ツキが1回逃げる
と言ったのは Hさん
ため息は 息抜きに するべき とある人が言った

どれが 本当かは分からない
人が話を しているとき
イヤだから とするため息は 失礼だろう
挨拶などでは おおおうに見られるが

しかし ため息が出そうな時はある
多分 誰でも

展示会を終わって

16日のこのあたりは 晴れたり 曇ったり
朝はすごく寒い その後暑くなり 山の駅に上がると寒い
雲も 粒あんぜんざい

地区の共同作業 午後は 山の駅に

2_20190616214735437.jpg
19.6.14 那岐山麓山の駅 明日から展示会 

1_20190616214734abc.jpg
19.6.14 山の駅の 貸しバンガロー

恒例の 那岐山麓山の駅山野草展が 終わる
反省会によると
悪天候の昨日も 晴れた今日も 人出はほぼ同じ
ところが 売上げ金額は
15日が 今日の倍程度 とのこと

展示会は 植物購入の人も かなり多い
だから 物が多い 初日の午前が多い
好きな人は 雨風なんのその なのだろう
けど バイキングは 今日のほうが かなり多かったらしい
いずれにしても 皆様に感謝です

すごい

15日の当地は 下記のとおり

山の駅に行く

1_20190615173336619.jpg
19.6.15 右 丸葉の木と ショウマ ヤブコウジ
左 ヤシャゼンマイ 西別コケモモほか

2_20190615173337c08.jpg
19.6.15 梅花甘茶 五色イタドリ ナンキンナナカマド イガグリスゲ 赤花イワガラミ・・・

いやー すごかった ひどい
確か 1ヶ月以上 まとまった雨は なかった
だいぶたまっていたのだろう
午前中は まだ良かった
午後は 大雨 強風 雷
早めの終了は やむを得なかった

よりによって 肝心の初日に
すごかった
けど 無事に1日目終了 良かった
皆様 ありがとうございました

ちょっと

11日の当地は 晴れ
暑いけれど 比較的 乾燥している
だから よく乾いた
三毛猫雲

整骨医 ~ コメリ
あれこれサシ木 販売用意

ちょっと休みます
特に 問題があったのではないけれど いそがしくて疲れ気味です
しっかり食べているし 体が悪いのではない と思う
多分 日曜か月曜には エンジン始動です

もっとも こんなのを待っている人は いないだろうけれど

ん ふふっ

10日の当地は 晴れ
暑い 蒸し暑い不快な日
たこ焼き風の 雲

ミョウガ モミジを 畑に定植
週末の 販売用意

1_201906102130281b7.jpg
19.6.10 おなじみの風景
左のモジャモジャ葉っぱは サルナシ その右 矮性のユリ

2_20190610213029b27.jpg
19.6.10 これも
手前 少し白く見えるのは ノリウツギの変種 ダルマウツギ

この前 ラジオを聞いていた
地方放送局の 全国向け放送
ある地域の 生産組合の 会長さんが主役

最後に アナウンサーの質問
○○さん 家庭円満の秘訣は と
ウーン 家族にあまり期待しないこと かな
女子アナさんは 意外な答えだったような 雰囲気

聞いていると 実に朗らかな会長さん
多分 悪気の返事ではなく 達観した返事なのか
人生を 極めているのだろう

最近

9日の当地は ほぼ快晴
暑かった 風もないし ちょい疲れ

親戚の法事に行く
昼間から飲み ボーとする

2_201906092134181c5.jpg
19.6.8 アッツサクラ
シーズン終了 来年まで雌伏の時間

1_20190609213416a3e.jpg
19.6.8 ツクシカラマツ
繊細でキレイだが 病気に弱いのが 最大の欠点

ちょい 疲れ気味です 寝不足だし
昨日は 自治会の会合
すぐ終わる と思っていたのに 遅くなり
ご飯を食べて 風呂に入れば
寝る時間は 銀河の彼方

今日は 法事
墓まで歩き 炎天下にいたら 汗が出て来た
ちょっとだけ 飲んだし

夜は夜で
サッカーがあったことを 終了直後に知った

柿の木

7日の当地は 雨 後 くもり
待ちに待った お湿りだった 何となく30㎜程度か
あまりに乾燥していたので もう少し 欲しかった
雲も 可愛い可愛い

彩菜茶屋出荷 ~ コメリ
サシ木あれこれ 柿の枝抜き

1_201906072132040a9.jpg
19.6.7 白いのは 山アジサイ「紅」
白~紅色へと 変化する ちょぃ 人気種

2_2019060721320573f.jpg
19.6.7 アスチルベ
ぱっと見 同色の花に見えるが 微妙に葉をも含め 異なる
マニアならいざ知らず みちくさのような花屋に取っては 微妙な違いは 違いではない

北側の畑に ちょい行って見る
何だ 柿の実が 数え切れないほど 付いている

今 15本が植えてあり 2本から収穫している
今日見たのは 何年か前に植え 昨年まで
なれなれ と思いながら 剪定をしてきた が
少しも ならなかった
だから この冬は 放任していた

結実する 樹齢になっていなかったのか
剪定が 適切でなかったか 分からない
バカヤロー でも ありがとう

健康診断

6日の当地は 晴れ
暑い 乾いた風が強く 今日も水やり2度
ドクタースランプのような 熱い雲

町の健康診断 ~ 病院 ~ 某所
キクのサシキ あれこれ

1_201906062108380c5.jpg
19.6.6 昨日のサシ木 ナデシコ類
大鉢にサシ木して 移植するのも面倒 直接サシキした
場所はいるが どうせ植え広げるのだから 合理的

2_201906062108393ad.jpg
19.6.6 アジサイとアスチルベ

3_20190606210841c90.jpg
19.6.6 ここは青系

山田花子さん どうぞ
エッと 見るが別人だった
健診で 僕の2人前だった

見た目 僕より少し年上と 判断した
中学の同級生
同じ姓だったので 婿さんが来たのか 未婚か
と考えるまでもなく
ただの 別人だったのだろう
なにせ 面影も感じなかった

この事実に 理由もなくおかしくなった

河原ナデシコ

5日の当地は 晴れ
蒸し暑く しかも 乾燥している 今日も水2回
ドライアイスのような 高空の雲

水やり 今日も2回
かたづけたり サシキしたり

1_20190605221245fbc.jpg
19.6.5 コケ玉 カワラナデシコ
緑の中の この色は目立つ

2_20190605221247418.jpg
19.6.5 山アジサイ 紅
白いけど 紅
咲き進むと 紅色に変化してくる キツネノ嫁入り
画面右下は ノリウツギの選抜種 ダルマウツギ

3_20190605221248822.jpg
19.6.5 アスチルベも咲き出した
山野草ではないだろうが 花も派手だし キョウカノコの雰囲気もある
ちょっと ちょっかいを出して見ようか と数種を試験栽培
右のアスチルベの 左上は フナバラソウ
その左上 寒冷紗に寄り添うのは 丸葉の木

水切れ

4日の当地は 晴れ
暑い 蒸す感じがあるのに 鉢の水分を奪う
ナマズが遊ぶような 雲

彩菜茶屋出荷 ~ コメリ
花あれこれ 水やりが多い

1_20190604215341cfc.jpg
19.6.3 青の名花 渥美絞り
右の下部 葉下が黄変し 上部に枯れ込み少々

2_20190604215342fca.jpg
19.6.3 品種名忘れた
左の下部 黄変した葉と 上の方枯れ込み少々

6月と言うのに
5月の初め頃から 1日に2度の水やり
時々はあっても 連続は 今年が初めて

アジサイは葉が大きいのに
見栄えのため 小鉢で作っている
だから よく乾く

少々の葉のしおれは マイルドストレスで かまわないが
だらりとした場合 早く気がつけば 復活するが
ちょい長くなると 枯れはしなくとも
画像のように 葉が傷む
そして 商品価値はなくなり
来年まで 再度置く必要がある
自分のせいではあるが 不良債権発生

おもい

2日の当地は くもり
暑くもないし 蒸し暑さもなかった この時期 及第天気
キジトラ色の 雲

花あれこれ 法面草刈り

1_20190602211158149.jpg
19.6.2 戦い終わり

いらない鉢物を 整理している
片付けるのは 面倒臭い
けど 放り投げておく訳にもいかないし
どこかに 片付けなければ
気分が重い

今日は 石臼を 引っ張って歩くような 日だった
体も重いし
何か いいことはないか
けれど 無事に夜が来た
だから 好日

羊羹

1日の当地は 快晴
暑い 昨日の雨は ほとんど湿っていない いつまで 照るのやら
雲も 霧隠才蔵 字が違うか

彩菜茶屋出荷 ~ 靴屋 ~ 某所
サシ木いろいろ 棚場の整理 除草・・・

1_20190601215413bd0.jpg
19.6.1 野イバラ 雅
野イバラ類は 10種程度はあったけど 今は 2~3種程度か
あった中で この雅が 最もキレイ
だから サシ木で増やすことにした けど ほんの数鉢分のみ 
なにせ 置く場所がなくなる

昔々 職場にと○屋の 羊羹が届いた
ゼロが 一つ多いほどの 高級品らしい
みんなで分けたら 1人1㎝程度
それを三口で食べたら あっっっあ 早過ぎ と言われた

おいしかったけれど ヤマザキも 木村屋も 同じような
とKさんに言ったら Kさん曰く
私もそう思う と
僕と Kさんの意見 言ってはいけませんか

ちょっとあったもので
けれど さすがに 本人の前では 言わない
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

2020年の展示会予定

6月までの 展示会は 全て中止です
急に 復活の日を迎える
6/20~6/21
那岐山麓山の駅で
販売のみで 展示はありません

パティスリーコア
総社市中央1丁目
甥夫婦の洋菓子店

新パソコンが上手く使えない
前ぶれ無くブログを止めたら そのためです

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR