FC2ブログ

星キラッ

31日の当地は くもり 午後 小雨
あんまり寒くはないが 午後は ほとんど何もせず

用土の袋を整理したり  キク植え替え  多肉サシ木で 昼が来る

1_20200331222522131.jpg
20.3.31 星咲き一輪草

2年前か 仕入れをした
その時 トレーの 隙間を詰めるのに
星咲き一輪草 5ポットを入れてもらった

その名前から キンポウゲ科とは 分かる
二輪草とか 黄花イチゲの 類と想像していた

そして 昨春開花 どきっと一目惚れ
販売せず 親株にすることにした
休眠後 堀上げると キキョウとか オダマキのような ゴボウ根
株分けもできず 種も実らなかった
今年こそ 結実しますように
スポンサーサイト



ウォーリーを探せ

30日の当地は 晴れ 時々 くもり
何か うそ寒い感じ
上着を着たり脱いだり セーラー服を脱がさないで

除草剤散布
タヌキラン イガグリスゲ キク ユーコミス植え替え

1_202003302130556ca.jpg
20.3.23 何だ

これは この前のセリで 落とした鉢物
セリ人も 出展者も 関係者も
名前が分からない
全員が 分からない と言うことは これまではなかった

対生 単葉 鋸歯で 検索するが出て来ない
針金で曲げてあるので
樹木 つる 両方見たが 検索にかからない

どなたか この画像で 分かりませんか

径5㎜程度の 房状の花を 持っています
白とクリームの 中間色のようです

無題

29日の当地は くもり
今日は ゾクゾクと寒い 気温は低くないが ここ最近 温度が高かったので 体がビックリした
普段より 休憩多め

畑に除草剤散布  キクとオカトラノオ植え替え あれこれで夕方

1_20200329215846279.jpg
20.3.29 ああ勝央の 花売りじーさん 不要な花を摘んだ トクワカソウ

何か インスタ映えするもの 無いか
あるある 畑全面に ブランダを咲かす とか
足の踏み場もないほど ムスカリを咲かす とか

山野草は 地味系統が多いため
何か 目立たない
最も カトレアやビオラに あまり興味が無いので
山野草を やっているのだから

けど 最近特に思うのは・・・
目立つ 山野草も無ければ 売れないし
ブランダ ムスカリ ヨシノツツジ 丸葉ショウジョウバカマ 大文字草

あまびえ

28日の当地は 雨
冷たくは無く 垂直に来る 雨だった

彩菜茶屋出荷 ~ 整骨医
雨の合間に 初夏と来年の 展示品を作る

1_20200328212355e46.jpg
12.3.16 ヨウラクラン 四国香美市にて 出張時に
この事務所の人は ヨウラクランと言う名前も そこに 着生していたことも ご存じなかった

来い 来てください 
ただし 見えないように お願いします
妖怪 あまびえ

江戸時代に 肥後地方で 海から現れた 
半身半魚 と言う
疫病を防ぎ 豊作をかなえる 妖怪だそうな
んっ この功績 妖怪じゃあないだろう

どちらにしても
神頼み いえいえ 妖怪頼み だろうと何だろうと
みんなが 治まるのを 待っている

幸せ

27日の当地は 雨 冷たくは無かったけれど
柔らかい雨が 終日降った

整骨医
ダイハードを読みつつ 雨の合間をめがけ オカトラノオ植え替え

2_2020032721162298c.jpg
20.3.25 黄花イチゲ これは売れた ただし昨年までは 明日から出荷予定

全裸にカッパ
チリも積もればチョモランマ
旅するスワローズ男
ラジオを聞いていれば よくラジオネームが出て来る
この3人に限らず 非難的な投稿は 無い
無いのか あっても 読まないのかは 知らないが・・・

切れ間が無いほど ツイートできたり
この爺さんのように ブログを発信したりできるのは

基本的に 幸せなのだろう
爺さんは 金はないが 幸せです

アネモネ・ブランダ

26日の当地は 晴れ
もう 2枚で十分 けれど 朝は しっかり霜だった
金平糖雲

整骨医  キク オカトラノオ サラサウツギ植え替え
畑に 深山ビャクシン 紅花ユキヤナギ定植

1_20200326212516387.jpg
20.3.26 アネモネ・ブランダ

最も好きな 花のひとつ
アネモネ・ブランダ
数年前までは それなりに 発芽していた
ところが ここ最近 発芽してこない
同じ場所 同じ用土 同じ水
おそらく 同じまき方

けど 出て来ない
フェルマーの定理が 絡んでいるのか

潜在意識は 覚えているはず
顕在化せよ

達観

25日の当地は快晴
朝は 霜だったけれど 昼間の外は 2枚で可
雲も スキップする

整骨医 ~ JAのATMへ
肥料やり  用土作り  かたづけ  明日の植え替え用意

1_20200325220328a1e.jpg
20.3.25 盛りを1週間過ぎた 屋久島ハルトラノオ

我が国で 有数の 高山植物の大家
生産も しているらしい その人によると
どんなに頑張っても 植え替えは 1日6トレーが限界・・・

医者 農協 用土 肥料 かたづけ 植え替え用意 その他諸々で
1日が過ぎ 1株も 植え替えできなかった
前に書いたように 要植え替えは数は
理想ではあるが 4桁にもなる
どんなことをしても 2人では 不可能

親切な 化け猫以外が いっぱい来てくれなくては
できなくてもかまわない それで 仕方ない  

見たのだ

24日の当地は 快晴
ナツナツナツナツ ココナッツ 昼間は暑い

用事で出て かたづけしたり サシキしたり 堀上げる球根の位置表示 などしていたら 夕方になった

1_20200324212831571.jpg
20.3.24 夢のオレンジ特急

見た 今日見た
若くて きれいな奥さんが 歩いていた
子どもを 二人連れて
一人は ベビーカーに
もう一人を おんぶして

何と言う物か 知らないが 前に抱く と言うか
腹部に 子どもを逆おんぶしているのは 時々見る

けど 背中におんぶは いつから見ていないだろう
覚えていないほど 昔のような 気がする なつかしい
それにしても 素敵な人でした

試しに

新しいパソコンです
画像が出来ません
上手く使えません

医者

23日の当地は 快晴
朝晩は 寒いけれど 初夏気分

彩菜茶屋出荷 ~ 某所 ~ 郵便局
植え替えは キクのみ

1_20200323214906c84.jpg
20.3.23 法面にて
バルボコジュームは 確かに植え付けた ムスカリ・アルメニアカムと 花ニラが咲き出した 
どこからやって来たのやーら いかつい顔にやさしい目

10年ほど前 仕事中 どうにもならなくなり
近場の医者に行く
ここに行ったのは これ1回切りで 行く気にもならない
人間に診てもらいたい 気分

最近は かかりつけ医を決め そこに行っている
けれど ここ3年ほどで 4回のみ
カメラ2回 めまい むかつき
ありがたいことに 医者に行くことは ほとんど無い
内科的には ここ10年で 6回が 記憶の範囲

そのかわり 整骨医は お得意さん

姫カンゾウ

22日の当地は 晴れ 時々 くもり 軽くにわか雨
当然 春本番

昨日のセリ入手品 権兵衛さんの 針金外し グルグルまきで えらく時間がかかった
地区の用事少し  植え替えは 黄花コスモスのみ

1_20200322222731e95.jpg
14.6.15 姫カンゾウ

画像の通り 派手で魅力的な花
姫 と言うだけあり 小型種

今年 いく鉢か仕入れし 芽が混んでいたので 分けた
10.㎝ポットだったが あけてビックリ
底網が 2枚入っていた
意味分かりますか

最初7.5センチで 養苗 その後9㎝へ移植 さらに10.5に植え替え 出荷
その時 横着して 網を取らず植えたので 2枚入り
3枚あるはずが 2枚だったので 1度は取ったのだろう
根が絡み放題で 株分けにえらく時間がかかった

困り事

21日の県下は快晴
けど 日陰はちょい寒かった

県南のセリ市へ

1_20200321213436262.jpg
14.3.25 ヨシノツツジ

県南のセリ市へ行き 帰りいつものお宅に寄る
今日のセリは 3組を落とす
超小型花台 ツルウメモドキ そして 困ったさん
この 困ったさん キレイに曲付けしてあるが
セリ人も 出展者も 誰も 名前が分からない
調べたが 現時点で不明

ボケも多くあり 欲しかったけれど 止めた
何せ 5~7トレー程度を 1件として競る
多すぎて 積むことができない

何せ プロのみが対象なので まとめてとなる

野菊たち

20日の当地は 快晴
とにかく暑い 全国的だったようだが

彩菜茶屋出荷  墓参り  植え替えは ダルマホトトギスのみ

1_20200320212837c6e.jpg
20.3.20 ヨシノツツジの季節になった これが 増えてくれない

野菊類は 数種類の 柳芽を植え替えたのみ
それも 売れ筋のもののみ

あとは 捨てることにした
あまり売れないし 手間と置き場が必要
捨てる と言っても 親株程度は残すし
今後の サシ木親にする
それに 展示用の株とか

サシキしても 普通のサイズでは 売れない
だから 極小作りができる 種を特定していく つもり
コロナも影響するし 売れないなぁ

フルゲンス

19日の当地は 晴れ
今年最高の 温度だった 暑い
けれど 陰は結構寒いけれど

施肥  植え替えはホトトギスのみ

1_20200318211051779.jpg
20.3.18 アネモネ・フルゲンス 採種用

いろいろな色がある
赤 オレンジ 藤色 白 ピンク・・・
ブランダと並び どうしても 自給したい花

過去 毎年播種するが 出て来ない
種子に発芽能力が 無いのか
必要な 前処理ができていないからか
用土 水 環境が悪いのか
どうしても 出て来ない

過去 1本だけが 棚下で発芽・開花した
だから 発芽しないはずはない ガンバレ

読解力

18日の当地は 晴れ 春も本格的になった
雲も バナナのように 甘い

水やりし 施肥していたら 昼になった 姫カンゾウの植え替えのみ

2_20200318211052b9c.jpg
20.3.18 出雲コバイモ これは再種用の大鉢

世界に比べ 子どもの読解力が
たまらなく 低い とのこと
法学部出身で 結果 数学者になった
国立何やらの 所長が ラジオで話していた
新聞や本を読み 会話が必要・・・などと

木村治美著 「もう一つ別の生き方」の中に
哲学者ショーペンハウエルの 名文句がある
読書とは 自分で考える能力のない者のすることだ
読書とは 他人の頭でものを考えることだ

読書が 全面的に否定されているのではないが の注

ヒマワリの絵

17日の当地は 晴れ 時々 くもり
朝は寒かったけれど 日が当たると それはそれは
午後 冷たい風が来る

2台のタイヤ交換 結局 今冬はスタッドレスは いらなかった
キク 南京小桜 シモバシラ バイカカラマツ 植え替え

2_20200316211617e57.jpg
20.3.16 それで これに替えた

ギラギラする 銀色の絵
あまりに 派手すぎて ちょっと戸惑う
見たとおり ヒマワリの アクリル画

HIROの サインがある
聞くところによると 結構有名な人らしい
倉敷で入手したのだが
どうも 近くの人らしい
検索しようとしたが 見つからず

確かに 明るくはなった
まっ すぐなれるだろう

バラの絵

16日の当地は くもり 雨 強風 3種盛り合わせ
寒かった

彩菜茶屋出荷  キクと ツクシショウジョウバカマの植え替えのみ

1_20200316211616202.jpg
20.3.16 バラ

消費税5%の時
10500円の入札で 落札した絵
周囲の雰囲気が どうも10000円の感じだったので
+500円で 見事落札

もう 15年くらい前 だったような気がする
長く 休憩所を飾ってくれていたが
額も傷み 絵も画像ではそう見えないが
たるんで 落ちて来そうなので はずした
額の長さは 120㎝程度
絵の部分だけは 置いておくつもり

飲み会 が主

14日の当地は くもり にわか雨
けれど 冷たくはないし 風もない

サラサウツギ アスチルベ ベロニカ・パープルアイシウスの 植え替え
OB会に行く

1_20200314211019be6.jpg
20.3.12 ペチコートスイセン・バルボコジューム
法面に咲いているので 全体を見れば タンポポと人は思う

年に1度のOB会に行く
総会のあと 懇親会だけれど まっ飲み会と思っていただければ
コロナの関係で 
当初予定人員より 少なくなったらしい
なにせ 出席するか の確認が3度もあった

14人の出席だったが 誰もコロナのことは 気にしていない様子
普段から バランスのとれた 生活を・・・・・・・・・
良く手も洗ったし 大丈夫だろう

来年は新見市 次は岡山市 そして津山市と
3カ所の 持ち回り開催 ちょい飲み過ぎたか

小鳥たち

13日の当地は 晴れ 時々 くもり
春真っ盛り
風もなく 穏やかな 花見日和 まだ あまり咲いてないけれど

用土処理
植え替えたのは サワキキョウ アスチルベのみ 後者はまだ多数

1_20200313215019824.jpg
20.3.12 銀河系センダン

カメラを向けると
ヒヨドリは 一斉に逃げてしまう

電線に止まる小鳥は 頻繁に飛んで 向きを変える
エサを探したり 外敵を 警戒しているのだろう

ところで センダンの実を食べに来て
食べるでもないのに しょっちゅう飛び回り 体の向きを変えている
どうして エネルギーを 無駄に使うのか
多数いるので どれかが 各方向を向いている
だから 落ち着いて 食べればいいのに
金子みすゞでないと 小鳥の気持ちは 分からない

不明

12日の当地は 晴れ 暑いなぁ
雲も ココナッツデート

クマヤナギ センダイハギ 紫センダイハギ ヤグルマソウ植え替え

1_202003122102469ed.jpg
20.3.8 法面のバルボコジューム タンポポが咲いている と人は思い込んでいる

「すっぴん」を聞いていた
数日前 鉛筆の話だったかの 途中
藤井アナが 肥後・・・ あっ つい出てしまった と言った

昨日は 福島県のどこかにある
リカちゃんのお城 だかなんだかの話を かなりしていた

肥後守 花の店みちくさ リカちゃん人形 映画つぐみ いろいろな書籍名
NHKでは どれを言っても良いのか
悪いのか その基準が分からない

ついはずみで 言うこともあるだろうし
特にどうと言うことはない ちょい気になっただけ

ドロップス

11日の当地は くもり 時々 晴れ
春もすぐそこ と言うより もう来ている
雲も ピンクのバラの色

彩菜茶屋出荷  トクワカソウの植え替え

1_20200311222644d80.jpg
20.3.11 昔々神様が・・・ ドロップス

賞味期限など なんのその
そんなことを 気にしていたら どうなる
けど でも これは さすがに
賞味期限を 10年近く過ぎた ドロップス発見

含有量は 砂糖 水飴 牛乳 脱脂粉乳の順
捨てるのも もったいない
セツブンソウ 出雲コバイモ アネモネ・ブランダに
食べさせることにした

栄養ドリンク 缶コーヒー ドロップス
食べて 元気になるだろう

セリ市へ

10日の兵庫県は 雨
当地も 多分雨 冷たい雨では無かった

さて 兵庫県の某所へ行く 紹介していただいたセリ市へ

2_20200310223201cb4.jpg
20.3.8 ミニスイセン ティタティト
例年なら ホームセンターに 山積みだが 最近あまり見ない
来年は 10ポット程度作るか 20にするか

今日のセリ市は
盆栽は無かった 今日だけでなく ほとんど無いらしい
山野草 国産野生ラン コケ・シダ類 外国の着生ランもあり 斑入り物 花物盆栽風 鉢・・・
初めてであり 通常の出展品は まだ不明

主催者も 親切そうな人だったし
ちょっと 遠いが 4月も できれば行きたい感じ
まっ 聞けば 四国 島根の人も 参加があるらしいし
今日は 和歌山ナンバーもあった
お世話になりました

株分け

9日の当地は 晴れ 後 くもり
ああ暑い感じ 3月ともなれば こんな日も時にはあるだろうが 今年は多すぎる

町の転作打ち合わせ
カナダオダマキ 野菊類 バイカカラマツ 黄花ホトトギス メリティス・メリソフィラム植え替え

2_20200309214406016.jpg
20.3.9 バイカカラマツ

鉈でたたき切るか 鋸を使うか
と言うほど 株分けしにくいのは
センダイハギ タヌキラン アスチルベ となる
ただし 自分で経験した物のみ

画像の バイカカラマツは 別の意味でやりにくい
画像右は 掘り出し中に かけた物で
成長点を 持っていない
なにせ 根は 綿根で非常に 柔らかいが 絡み合っている

土を落としていても 根をちょい引っ張っても
ぽろぽろと 紡錘根はちぎれてしまう

達観できるか

7日の当地は 晴れ 後 くもり
春から冬になる気分の 日 午後は それなりに寒かった

畑に除草剤
サルナシ 都忘れ アスチルベ 南国浦島草 素芯浦島草 ムサシアブミ植え替え

2_2020030721470031c.jpg
20.3.7 南国浦島草 発根発芽済み 多分大丈夫だろう

また 今年も この季節がやって来た
気分の 分かれ目の頃
植え替えしたほうが 良い物
当然 数えられないが まず5000ポットはあるだろう

また 当然であるが できるわけが無い
優先的 と思う物から 始めるが よくは分からない
気があせる

そこで 達観気分 ケセラセラ
当然 できるだけしか できない
だから それでいいのだ パパは

ラジオ

6日の当地は 晴れ 暑い
桜餅の 雲

畑に除草剤
役場 ~ 彩菜茶屋出荷 ~ コメリ
アジサイ 姫フウチソウの 植え替え

1_20200306210435365.jpg
20.3.3 放任栽培のクロッカス

仕事中は よくラジオを 聞いている
それも NHKの AMか FMのみ
唯一の理由は コマーシャルが無いから
まっ そればかりではないが・・・

公共放送なので 「花の店みちくさ」 などとは言えない
けど 時々 弾みで商品名が ポロッとでる
人間なんだから それは 仕方ないが

ところで 今日 ふと思った
映画名や書籍名は 具体の名前が 当然のように出る
んっ どこが違うんだろう

NTT

5日の当地は 雨 後 くもり
そんなに冷たくは無いが とても カッパを着る気にはなれない

黄花ホトトギスの 植え替えのみ

1_2020030321004953b.jpg
20.3.3 野生シクラメン・コウム

きれいなお姉さんから 電話
いつもドコモをご利用いただき 誠にありがとうございます
○○様で いらっしゃいますか
今回は スマホの ご案内を させていただきます
あーじゃ こーじゃ・・・

ウーン ガラ系を変える気はない
スマホの必要性は 感じないし
今のが終われば G4に変えるだけ

そうでございますか 失礼致します

知っている者も 少しはいるぞ お姉さん 

んっふふふっ

4日の当地は 雨 後 くもり
濡れると そりゃあ冷たいが 寒くはなかった

眼科へ
南京小桜 斑アマドコロ 姫カンゾウの植え替え

3_20200303210052959.jpg
20.3.3 ロックガーデンのクリロー 後方株立ちの木は 丸葉の木

スレンダーな 若い女性
長い髪
大きなマスクで 顔はよく分からない
視力検査で ○の切れ目を 見ている
指で 方向を指し示しながら
ついでに 声出しの答え
んっふふふっ
看護師も 平気な顔

定期検査に行き 座っている前席での 出来事
お陰で 異常なし

アネモネ・ブランダ

3日の当地は 晴れ 時々 くもり
今日の作業は アンダーとトレーナーの 2枚で十分 暑い
雲も 笑う

用土作り  モミガラを畝間に
植え替えは アジサイなど 12ポットのみ

2_2020030321005174a.jpg
20.3.3 アネモネ・ブランダ

今年の初花が 咲いた
このブランダ なぜか発芽率が高いときと
そうでない時がある
種子が悪いのか 播種後の扱いか 分からない

いずれにしても 咲いてくれると ほっとする
何せ この爺に言わせると
世界で最もきれいな花 になる

何とか維持できているが
発芽~育苗を 上手くやり
多量安定生産を 目指したい

約2度

2日の当地は 晴れ 時々 くもり 午後は強風
春なのにー の気分

農協 ~ クリーニング ~ 郵便局  自治会の用事
姫ライラック ヒョウタンボク 斑シモツケ アジサイ 大実サルナシ植え替え

1_20200302220158636.jpg
12.4.4 ユキワリソウ 原種系

今日のニュースによると
当地は 平年比約2度 気温が高かったらしい
へー これで たった2度 
まてよ たった2度 低かったら どうなっていただろう
毎日 凍えていただろう

まてよ もし 夏に
たった2度 高かったら どうなる
高山系は 別の世界に行くか
まてよ けど人間は どうなる
たった 2度で

東京柔道

1日の当地は くもり
さすが3月 初夏か

家の周りに除草剤  墓参り
花イカダ 丸葉の木 姫ライラック カイノキ C級盆栽種木・・・ 植え替え

1_20200301214204471.jpg
20.2.23 小豆島で まだ 見たことはない

東京五輪柔道 井上康生男子監督
代表選手発表は 異例の記者会見 だったそうな

開口一番は 代表者でなく
夢破れた 選手のことだった

「これまでの選考大会を思い浮かべると ぎりぎりで落ちた選手の顔しか浮かばない ・・・ 全てをかけてここまで戦ってくれた」
一人一人の名前を 丁重に読み上げた 途中 何度も声を詰まらせながら

メダル至上主義でなく
努力した 選手のことを 高く評価した

新聞からだが 表現のアレンジはしました 
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

2020年の展示会予定

6月までの 展示会は 全て中止です
急に 復活の日を迎える
6/20~6/21
那岐山麓山の駅で
販売のみで 展示はありません

パティスリーコア
総社市中央1丁目
甥夫婦の洋菓子店

新パソコンが上手く使えない
前ぶれ無くブログを止めたら そのためです

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR