想定外

22日の 岡山県は快晴
甘納豆と アップルパイを 恵比寿様が食べる

県南のセリ市 のつもり 相方と行く

1_20170422215304a10.jpg
29.4.22 口紅ドウダン と 紅花ドウダン

2_201704222153061e0.jpg
29.4.22 いろいろある
口紅ドウダン シラン3種 紅更紗ウツギ 箱根ウツギ センダイハギ

朝早くから 県南のセリ市に行く
水やりは 子供に頼んだ

春の大市で 物は豊富
ざっと見 終了は2時を過ぎるだろう
最大の問題は 欲しい物が 見当たらず
挨拶だけして 帰ることにしたのは 初めて

帰り お世話になっている方や
他の業者さんに寄り これらを仕入れる
結果的に 有意義な日だった
あれやこれやに 感謝の日 今日も

火星人

21日の当地は 晴れ
うーん 焼き芋 大学芋 バター抜きのスイトーポテトの日

除草剤散布
北房の展示会に 販売品を運ぶ

1_2017042121532024a.jpg
29.4.21 シラネアオイ
黄色は 黄金葉ヒトリシズカ かなりの高級品
バックは ヤブレガサ 左側は イトスグリ

2_201704212153229ec.jpg
29.4.21 クリンユキフデ
ハルトラノオとの 違いがいまいち不明
花期は ちょっと遅めではある

3_2017042121532307d.jpg
29.4.21 北房文化センター
周りには 花水木が
字は思い出せないが ひととようさんの 「花水木」は名曲と聞くが・・・

「火星の人」を 借りて読んでいる
著者 アンディ・ウィアー
訳者 小野田和子
これに限らないが 訳者と言う仕事は 忠実に訳すだけでなく 国民性を考え 対応しているのだと思う

映画「俺たちに明日はない」も フランスギャル「夢見るシャンソン人形」も 直訳すればつまらない題名と聞く
だから 「超訳」と言う言葉も ヒットの一因か
ラジオでは めったに「夢見るシャンソン人形」が 流れない

さて 「火星の人」の映画名 「オデッセイ」は見たい

無題

20日の当地は 晴れ
こんなのを 穏やかと言わなければ 穏やかな日はない
こんな天気 こんな日が続くことを 祈りたい

北房での 販売品用意

1_20170420193206988.jpg
29.4.20 ヤマシャクヤク
山野草は はかない種も多い
その典型が これだろう
ツボミと長くつきあい 咲いたかと思えば 散りかけたりして
このはかなさが たまらない と言う人もいるのだが

2_20170420193207eba.jpg
29.4.20 ハナミズキ 背景はハルトラノオ
品種名は分からない
セリ落とした物で 12㎝ポットで咲いてくれる 根元に曲付けがしてある
だいたい ハナミズキには 針金が効きにくい
どうやって 曲げてあるのか

今日も 花に携わる
思えば ありがたいこと

フウラン

19日の当地は 快晴
かなりの日だけれど さすがに まだ 汗は出ない
可愛い フランス人形のような日

天南星類の植え付け
役場 ~ 図書館
販売用意 急遽来週の 北房山野草展で 販売させていただくことになった

1_201704191925132e8.jpg
29.4.19 役場近くの 八重桜

2_20170419192515001.jpg
29.4.19 文化センターと
まだ 中に入ったことがない

3_20170419192515a32.jpg
29.4.19 向こうのさくらの陰が 図書館

さくらは
桜でもなく サクラでもなく
さくら が似合う
なぜかは 分からないが

日本が誇る 野生ラン フウラン
「風らん」と言うが
なぜか ネオフィネチア・ファルカタの方が 好き

このフウラン 白花で清楚
しかし 何より その甘美な香りが たまらない
本当に しびれるほど 甘美

うふふ

18日の当地は 晴れ
何度か知らないが 生姜糖のような日
肌に 湿度を感じる

ササに 除草剤散布
いろいろ蒔いた 細葉オケラ タコノアシ 赤花オケラ フナバラソウ ゴンズイ オカトラノオ クサレダマ サワキキョウ
素芯ウラシマ ユキモチソウ マムし草類の植え付け 昨年堀上げ 保存していたのを 本日発見
枯れることは無いが さて咲くか まだ残りがあり 明日植え付け

1_20170418213040d5b.jpg
29.4.18 べっぴん アネモネ・フルゲンス

2_20170418213042815.jpg
29.4.18 ドウダンツツジと 銀メギ
右上 葉が波打つのは 行者ニンニク

3_20170418213042049.jpg
29.4.18 萌葱色になりつつ
画像手前は 野菊類と ホタルブクロが多い

昔々 狸とタニシが 伊勢参りに行った
狸が始め出発
やがて 田んぼで タニシと合流した
そうこうしているうち 鳥居の見える場所まで着いた
そこで タニシ曰く
ここまで歩いてきたが あの鳥居まで 競争してみるか と

100年ほど前 作曲された 長唄「狸とタニシの伊勢参り」 だそうな
今日 作業とともに ラジオで聞く

爺さん 相対性理論やアンドロメダが 出て来るはず
万々一 競争の結果を知りたい方は コメお願いします 
アクセスカウンター
プロフィール

花の店みちくさ

Author:花の店みちくさ
妻の協力があり、平成14年9月16日開店していた花屋を 平成24年4月からリニューアル開店しました
山野草+αの花たち
住まいは岡山県勝田郡勝央町 
1952.1.31生まれ 
花好きじいさんです

パソコンから、異常音がでています。
いつの日か、故障したらブログを中止する可能性があります。

29年の展示会
◎はみちくさの 展示・即売
○は販売のみ

4/22~4/23
○北房山野草展
北房文化センター

5/6~5/7
○勝北山野草押し花展
勝北公民館 文化センター隣

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR